<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
390970678.jpg
シアタークリエで上演中の東京セレソンデラックス公演『わらいのまち』を観に行ってきました。
セレソンが東宝と組んで舞台をやると知ったのが1年位前。ものすごく意外な組合せだなぁという想いと同時に、どんな舞台になるんだろうとワクワクしながら待ち続け今日に至りました。セレソンと言えば、これまで最後列からも表情がしっかり分かるクラスの劇場での上演が主でしたから…、宅間さん、これはもしかして勝負に出たかな!?とか思ったり。数年前の大阪での中型劇場での上演成功がきっかけになったのかもしれませんね。
ちなみに、今回は「東京」セレソンデラックスではなく「東宝」セレソンデラックスというコラボ名になってます(笑)。こういう細かい芸が好きだw。

初日が開けてからまだ間もない頃に観に行ったのですが、平日のマチネ公演にもかかわらずお客さんでビッシリの客席!恐らく8割くらいは埋まっていたのではないでしょうか。想像していたよりもお客さんが多くてちょっとビックリしました。宅間さん、この舞台上演前にものすごくたくさん宣伝頑張ってたからなぁ~。前日には「わらっていいとも」と「レディス4」の生2本に出てましたし!
客層はまさに老若男女といった感じ。初老の方から学生風の人まで幅広いです。すごいよなぁ。あと業界関係の方もけっこう来ていたみたいです。俳優さんも見かけましたしね。セレソンの芝居は色んな人に愛されているんだなぁと実感いたしました。

今回のお芝居は、ここ最近の「泣き」をテーマにしたものは封印し「笑い」にこだわったという作品。宅間さん自身、「泣き」の芝居を多く書かれていたのでちょっと気分転換したくなったようです(笑)。
セレソンの芝居はこれで3作目(生で見るのは)なのですが、「笑い」で攻めてくるお芝居を見るのは初めて。過去の作品でこれでもかってくらい号泣させられて放心状態になりかけてたし(笑)そういった泣けるセレソンの作品がものすごく好きだったので…正直、「笑い」にこだわった作品を同じように好きになれるかどうか不安はありました。基本的に「笑い」よりも「泣き」系の作品が好みなので…(バラエティ番組とかほとんど見ないしね 汗)

しかしながら…、その心配は杞憂に終わりました!!いやぁ、これは面白いっっ!!ものすごくストレートに笑いのツボを刺激される作品だと思います。新しい笑いではなくて、ちょっと懐かしさも感じられるような笑いかなぁ。誰にでも分かりやすい芝居、というのを心がけているセレソンならではのコメディ舞台だったと思います。笑いのテーマもドギツイものはなくて、素直に思わず「あはははは」って声に出して笑えてしまう、みたいな。
すごいなぁと思ったのは、ドタバタコメディの中にもちゃんとしっかりとしたストーリーが息づいていることです。コメディのお芝居とかでたまにあるのが、なんのストーリーもなく力技で客席を笑わせようというシーン。でも、今回のセレソンのお芝居にはそういった雰囲気は一切感じませんでした。ちゃんとそこにストーリーがあって、その上でみんながアタフタしているからついつい笑っちゃう、みたいな感じ。なので、たまに出てくるアドリブもものすごく楽しかった。
もしかしたら、少し古風な…と感じることがあるようなコメディ劇かもしれませんが、私には逆にそれがものすごく新鮮に感じられました。こういうレトロなコメディもいいものですよ!見終わったあとにはなんだかホッコリ、幸せな気持ちにさせられるお芝居です。こういう雰囲気もセレソンらしい。


出演者
宅間孝行、片桐仁、岡田義徳、田畑智子、柴田理恵、西村直人、櫻井章喜、伊藤高史、弓削智久、菊池優、佑希梨奈、松岡依都美、金子さやか、小谷早弥花、渋谷飛鳥


以下、ネタバレを含んだ感想になります。


舞台はとある田舎の古びた温泉旅館のロビー。ここで巻き起こるワンシチュエーションコメディ作品です。
温泉旅館が舞台になっているということで、クリエの入り口も…
390971039.jpg
こんな風に暖簾がかかっていましたし(笑)、劇場スタッフ全員が温泉旅館のハッピを着ているという徹底ぶり。劇場に入るというよりも、温泉旅館に案内されてるって気持ちになるかも!?
ちなみに本編に出てくる温泉旅館"まつばら"には露天風呂がないらしいです(笑)。飛び込み客も歓迎ってくらいの寂れた温泉旅館ってことからストーリーが始まっています。

ある寂れた町にある温泉旅館に久しぶりに朗報が入ってくる。"まつばら"の三男で主人でもある信雄が町おこしの助っ人として政治家を招待することに成功。なんとか町に活気を起こそうとお笑いイベントを企画していたため、従業員達のテンションは一気に上がる。政治家の先生に泊まってもらうということで準備に余念がない。
ところが、その日に限って突然家を出ていた問題児の長男・富雄が突然まつばらに帰ってくる。富雄は町長だった亡き父親と折り合いが悪かったために「権力者」という類の人間に対してはただならぬ想いを抱いていた。そのことを知る面々は必死に富雄を旅館から遠ざけようとするもののなかなか巧い具合にことが運ばない。
そんな折に、信雄が政治家の大関先生を迎えに行っている最中にある2人の男性がまつばらにやってくる。"大関先生"という名前ですっかりその人が男性だと思い込んでいた留守番組の次男・将雄と中居頭のくにゑは手厚く向い入れる。ところが、しばらくして信雄とすれ違いになっていた本物の大関代議士が秘書と共にまつばらへ。先にやってきた飛び込み客2人を「大関先生」だと思い込んでいた将雄たちは、本物の大関代議士と秘書をぞんざいに扱ってしまう。
さらに、歓待を受けていた飛込み客2人と富雄が鉢合わせして大盛り上がり。事態は収拾がつかないまま妙な方向へ…。

今回の物語は「勘違い」がいくつも出てきます。くにゑたちが「勘違い」してしまう大関先生が一番大きな事件になるわけですが(笑)、そのほかにも中居の真知子とまつばら次男の信雄の恋の駆け引きに関する「勘違い」富雄が盛り上がった飛び込み客2人を中国人マフィアと思い込んでしまう「勘違い」、などなど。
これだけ色んな「勘違い」が出てきてどんどん事態がこんがらがっていくのですが、それが見事にストーリーの中で噛みあっているんですよね。「勘違い」なのになぜか現実的に成立してしまっている(笑)。それゆえにどんどん間違った方向に進んでいってしまう面白さといったらなかったですよ!よくもまぁ、あれだけの出来事を巧い具合に展開させたものだと感心すらしてしまいました。

もう、最後のほうはみんな追い詰められて大変なことになるわけですが(笑)…解決はあんなに大騒ぎしていたのがウソみたいに短時間でカラッと展開されます。
今回のセレソンは「泣き」はないよって謳ってますが…心がジーンと温まるシーンは出てきます。それがこの解決シーン。ドタバタな大騒動を繰り広げてきて、最後にそれぞれが真実にたどり着く。そのときに巻き込まれていた人々は我に返って自らの気持ちと対峙するんですよね。富雄が大関先生に頭を下げたシーンがそういった意味でとても印象的でした。あそこはなんだか、心が熱くなったな。
ドタバタを通して、みんなが少しだけ気持ちの上で成長して、最後はなんだか微笑ましい大団円。笑いだけでは押し切らない良さが滲み出てる作品だと思います。「泣き」はたしかにないけれど、大笑いしたあとに心が温かくなるような素敵な舞台でした。

アドリブだろうな、と思うシーンもいくつか出てきまして…仕掛けていたのはやっぱり宅間さん(笑)。元プロレスラーの暴力ママ・かつ子にハタかれるシーンがあるんですけど、そのときに「落書きをした」と怒鳴られるとき…「落書きにはなんて書いてあったの?」みたいな切り返しが宅間さん演じる富雄から出てくるんですよ(笑)。それを聞かれたときのかつ子役の佑希さんの狼狽ぶりがやけにリアルで思わず笑ってしまいましたww。
他にも、富雄が旅館を出て行くのを誰も止めないみたいなシーンがあったんですが…ここで富雄が未練がましく色々とブツブツ呟くわけで。くにゑ演じる柴田さんのところに来た時に「ドラえもん」系の話をボソボソ始めてて…もう、柴田さんが俯きながら必死に笑をこらえてるのが分かる(笑)。それを見ながら「くにゑさん、実は泣いてる振りして今笑ってるでしょう?」と何度もツッコミ入れて遊んでた宅間さんwww。
ほかにもチョコチョコありましたが…これたぶん日を追うごとに色んなバリエーションが出てくるんじゃないでしょうかねぇ、宅間さんのいたずら(笑)。

セットのレトロ感もすごくよかったなぁ。宅間さんってこういうレトロな雰囲気をすごく愛してますよね。町おこしで「わらいのまち」イベントをするって設定なので旅館にはちゃんとその宣伝ポスターも貼ってある。そこにセレソンメンバーの皆さんが2Dで出演してます(笑)。
ラストにアフロで松原3兄弟があまり面白くないw漫才をやるんですが、「わらいのまち」イベントにはどうやらアフロな人たちがたくさん出てくるような雰囲気だったかも(笑)。このアフロのカツラをかぶった将雄役の片桐さんに富雄役の宅間さんが「お前はそれ被っても全然違和感ないな」みたいなことを言ってツッコミ入れてたのがやたら面白かったです(笑)。

登場人物は多いほうだと思うのですが、みんなそれぞれ強烈な個性を発揮していて面白かった!すごいと思ったのは、これだけの人数が出ているにもかかわらず、ちゃんとしっかりしたキャラクターがあって埋もれている人がいなかったことです。チョイ役、みたいに感じる人がいなかった。これってすごいことだと思う。

片桐さんはいつも濃い役柄が多い役者さんだと思うんですが、今回のお芝居ではどちらかと言うとけっこう常識人で受けの芝居が多かったかな。それがとても新鮮でよかったです。
岡田くんはものすごく舞台向きだと思ったなぁ。あのどこまでも通る声!聞き取りやすいセリフ、バタバタしながらもしっかりした芝居をしてたし…正直彼がこんなにいい役者さんになっているとは思っていなかったので驚きました。何度も母性本能くすぐられたし、可愛かったですよ。
田畑さんはセリフの間とか動きがとにかくすごく可愛くて面白い。セレソンの世界観にしっかりはまったお芝居をしているので流石だなぁと思いました。ちょっと残念だったのは声がちょっと潰れてしまっていた事かなぁ。お稽古でかなり頑張りすぎちゃったのでは?
柴田さんはもう、あの役柄に超ピッタリで(笑)!若い子からは煙たがられるようなキャラクターをやらせたらピカイチですねw。それでいて、勘違いからドタバタに巻き込まれちゃってアタフタしちゃう面白さ。あの翻弄のされっぷりが面白くて最高です。冒頭にはアドリブで「ヘ○サゴ○」について語っていたのも笑いましたw。

セレソンメンバーの伊藤くんは今回坊主の役柄ということで…すっかり涼しい頭になっておりました。彼があんなに坊主役が似合うとは(笑)。劇中で何度もハタかれてたのでちょっと心配でしたけど(汗)。
神村役の西村さん…最初誰だか気がつかなかったよ!芳賀さんの代役で出演した渋谷さんもすごく頑張ってたし、探偵役の弓削くんもすごい舞台栄えしててよかった!他の皆さんも超個性的で存分に楽しませていただきました。

そして富雄役の宅間さん、登場はけっこう遅かったんですけどやっぱり流石の存在感で。ヤクザな兄ちゃんなのにどこかワルになりきれず、実は純情で素直な性格・・・っていう役柄がピタリと当てはまってました。何度か泣いちゃうような仕草が出てくるんですが…それがものすごく可愛いんですよね(笑)。顔くしゃくしゃにしながら手を当てて泣いちゃうみたいなw。コメディ的な宅間さんの泣きの芝居も大好きになりましたよ。


あ、それから、パンフレットも楽しいですよ。
o0800045011470036913.jpg
この、どこかで見たことのあるような表紙に思わず笑ってしまった(笑)。薄いのに内容も充実しているので、観劇される方にはお勧めです!


今回の舞台、また映像化しないかなぁ。WOWOWあたりで流してくれると嬉しいんだけど。
とにかく本当に楽しい舞台だと思うので、気が向きましたら是非劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。ストレートで単純な笑いにハマってみるのもいいものですよ。


関連記事

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ストレート演劇 comments(4) -


コメント

Re: はじめまして

みなみさん、コメントありがとうございました!

「わらいのまち」大阪公演、とても盛り上がったそうですね。
ツイッターで宅間さんがとても喜んでましたよ~。
毎回アドリブも進化しているようでw、私もそれに翻弄されてる皆さんを見に行きたかったですw。
おそらくDVD化すると思うので、その時まで楽しみに待ちたいと思います。

また気が向いたら遊びに来てくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 顔が緩みっぱなしの2時間

yumikoさん、コメントありがとうございました。

現在は地方を旅しているセレソンの「わらいのまち」。
本当にとてもよくできているコメディだなと思いました。各地でも盛り上がってくれればいいなぁと。
時折出てくる宅間さんのアドリブ振りが楽しかったですよね(笑)。
今回のもWOWOWで放送してほしいなぁ~。ブルーレイ画像で残したいですw。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


フォーム

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。