<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
387517765.jpg
えぇっと…すみません、暴走しましたw。前日に引き続き、『美女と野獣』観に行ってしまいました(爆)。まさかBBで連荘する日が訪れるなんて夢に思ってなかったよ。公演回数も4061回…昨日より1つ増えただけですねw。

きっかけは昨日のオフステイベント。飯田君はホワワ~ンとした感じで「よかったら明日も来てください」とニコニコ語ってました…。まさにあのお誘い言葉に見事に乗ったこの私(爆)。あの中で、本当に飯田君の言葉に惹かれて連ちゃんしちゃった人っているだろうか(最初から計画していたんじゃなくて)。飯田君、本当に来ちゃったよって伝えたいくらいですw。
なにげなーく四季のHPの当日券調べてみたら、やたら良席が1つだけポツリと空いていたんですよね。もうそれで急にテンション上がっちゃって…気がついたら最終画面の『お買い上げありがとうございました』の文字が出てた(爆)。もしかしたら今週で飯田ビーストにも会えなくなるかもしれないし…そう考えたらなんか居ても立ってもいられなくなって、もう一度どうしても会いたくなって、暴走しましたw。

ずばり、飯田ビーストに会いたい一心で大井町へ突発しました(笑)。
これ、なんか、去年の暴走と似てきたな…(あれからもう一年… 爆)。これで自制しないと。なので最後かもしれないって気持ちで行きました。

お客さんの入りは、サイドの後方席はけっこう空いてるんですが、イベントのないふつうの平日にしては中央ブロックはかなり後ろまで埋まってました。それに、客席の反応も昨日よりも良かったような気がします。拍手も大きかったしコメディシーンでの笑いの反応もけっこうありました。なんかちょっとホっとした感じ。
カーテンコールでは飯田君にどこからか「ブラボー」の歓声が上がってましたね。私はもう常に心の中でブラボー状態なんですが(笑)個人的に声がかかってたことは嬉しかったです。

そういえば、ロビー入り口のスタンプの絵柄が変わったみたいです。1周年記念のものから違うものにチェンジしたということで…昨日はそれに気づかなかったので本日押してきました。次はいつくるか分からないしね(飯田君が居ればすぐ足を運びそうな予感がしますが 爆)



主な出演者
ビースト:飯田洋輔、ベル:坂本里咲、モリース:林和夫、ガストン:田島亨祐、ルミエール:道口瑞之、ルフウ:遊佐真一、コッグスワース:青木朗、ミセス・ポット:早水小夜子、タンス夫人:倉斗絢子、バベット:小川美緒、ムシュー・ダルク:寺田真実、チップ:牧野友紀


以下、ネタバレ含んだキャスト中心感想です。



387532470.jpg
メインキャストは全員同じですが、女性アンサンブルの吉田千恵さんが抜けて倖田未稀さんが入ったようです。
ちなみに、アンサンブルさんの中に昨年のアイーダで出ていた方がいるとけっこう注目してしまいます。特に大石眞由さんは目を惹きますよね。オープニングで二階の窓から歌っているしナプキンガールとしても頑張っている姿を見るのは嬉しい。ただ、影山徹さんは見つけられなかった(汗)。
それから、昨日オフステに出てきてくれた成松さんも今日はかなり注目してみました。やっぱりオフステに出てた役者さんって自然に親近感みたいなものが沸いて応援したくなってしまいますね。

アンサンブルと言えば…これはちょっとネタばらしになっちゃうかもしれないんですが…群集がベルの家の前に集まって野獣を殺せ!と叫んでるシーン。あそこでみんな武器を取ってるんですが、一人だけササーッと舞台袖へ下がってくアンサンブルさんがいるんですよね。それに今回初めて気がつきました。
あぁ、あの人が…って納得。その方の顔をもう少しよく見ておけばよかったなw。

「ビーアワゲスト」での角砂糖は今日はちゃんとチップの上に乗っててホッとしました(笑)。
何度見ても盛り上がりますよね、あのナンバーは。私はベルがルミエールに抱きつくシーンが見ていてなんだかすごくジーンときます。あの場面はとても可愛い。コグスワースの行動にベルが苦笑いしてるのも好きなんだけどw。
ドアマットのアクロバットには私の周囲からは感嘆の声が上がってました。あれは本当にすごいと思う。ドアマットの人見てるとサカケンさん思い出しちゃうんですけどね、未だに。彼も後々あんな風に活躍する役者さんになるのかなって温かい目で見てしまう私です(笑)。
チップ役の牧野さんは昨日よりもちゃんと声が出ていて良かったです。オフステですごく可愛らしい方だったのでいつもよりも注目して見ちゃいました。


以下、本日の印象的なキャストについて。


ベル@坂本里咲さん
近くで見るとやっぱり『娘』には見えなくて『お母さん』って思ってしまうんですが…(汗)お芝居的には本当に"思いやりのある優しい女の子"なんですよね。お父さんに甘えている時の安心しきった表情がいつもとても素敵だなぁって思ってしまう。一番好きなシーンは「ビーアワゲスト」で食器たちと踊ってるところかな。軽やかなステップとターンに毎回見とれてしまう。
1幕の飯田ビーストに対しては強気な面が前面に出てます。夕食の誘いを断ったあとにタンス夫人に笑顔を向けてるのが印象的でした。今まであそこで笑っていたの気づかなかった。ビーストに勝ったって思ってるんだろうなって。そんな気の強いベルが2幕になると本当に"お母さん"的面がものすごく前面に出てくる。超ヘタレ飯田ビーストに本を読み聞かせるシーンなんか特に"子供をあやす親"に見えて仕方ない(笑)。
なので、恋をしているっていう実感は正直あまり沸いてこないかな。鳥原さんのほうが恋愛してる雰囲気かも。でも、そんな母の愛を持った里咲ベルとヘタレでびくびくしてる飯田ビーストのコンビもすごく癒されて好きです。

ガストン@田島亨祐さん
トーク見たあとに田島がストン見ると好きになるかもって昨日書きましたが…まさにその通りでした。なんだかいつも以上にガストンに肩入れして見ちゃった(笑)。田島がストンって本当にアニメに出てくるようなキャラクターに徹してますよね。マンガがお好きとのことでしたのでそういった面からも研究してるのかな。コロコロ変わる表情が実に分かりやすくて憎めない1幕。ベルを口説いてるシーンとかものすごい微笑ましく感じてしまった(笑)。振られてガックリしてる田島ガストンになんか、ちょっと萌え入りましたよ、私(笑)。
そんな彼が「狂ったモリース」と言った瞬間に暗黒の世界に足を踏み入れる。これまでのアニメ的でガキ大将ちっくな表情が一転して悪人顔になる。このあたりの切り替えがすごく巧いなぁと思いました。

ルミエール@道口瑞之さん・コグスワース@青木朗さん
今回もこの二人のコンビが最高に楽しかった!
道口ルミエールの調子の良さが前日よりもちょっとアップしてたかも!?「あの娘居なくなったーー」と騒ぎにきてハッとベルに気がついたときの間がいいですよね。最初の頃とここの芝居はけっこう変えてきたなって思いました。ただ蝋燭つけるのにけっこう手間取ってるかも!?
青木コグスワースはこの日も絶好調でとにかく可愛くて愛しいです。ご主人に気づかれないようマットをかぶる前半、かぶったあとに中腰になっているのが面白すぎる(笑)。あとビーストに頬をつままれて「きまちぇん~」ってなっちゃうのも好き!

ポット夫人@早水小夜子さん
やっぱり美しいポット夫人だわ~、早水さん!なんかソンダンで観た時よりも若く感じるのは気のせい?ルミエールやコグスワースと接しているときはお姉さんキャラ。ビーストと接してる時には家庭教師みたいな感じ(笑)、そしてチップにはとことん母親の顔。この母の芝居が泣けるんですよねぇ。
ベルとビーストがダンスをしている時に歌ってるシーン、なんか今日、ものすごく感極まって思わず涙してしまいました。早水さんの歌声はいつ聞いても本当に深みがあって素晴らしいです。

遊佐ルフウは前日に観た時よりもかなりタイミングも合っていたし調子も良さそうでした。子供のウケも良かったですしね。ちょっと大人しい系の小川バベットも、おしゃべりオバサンちっくな倉斗タンス夫人も面白かった!
林モリースはベルと接するときはものすごく優しいお父さんなのに、ビーストに対してはかなり警戒心を持っているなという印象。ベルが「彼は変わったの」と言ってもあまり信用していない感じだったのが印象的でした。ちょっと飯田ビーストかわいそうだな…なんて思ったりしてw。
寺田ダルクは相変わらずの怖い迫力で。「よく分かったすばらしい~」のところとモリースを呼びにくるシーンは思わずコワッて思っちゃったくらいです。それもまた面白い。


そしてここからは飯田君萌え語りコーナーになります(爆)。あんたの萌えに付き合ってられないよって方や、まともな感想がいいという方は以下スルーしてください。変なテンションになってますのでww。





ビースト@飯田洋輔くん
最初にも書いたとおり、彼のビーストを見たいがために連ちゃんではありましたが突発しましたので…劇場についてキャスト表見ただけでテンションが劇的に上がっていた私(笑)。一年前のアイーダを思い出すよ、このテンションw。もう見る前から嬉しくて嬉しくてねぇ、なんか胸いっぱい
私が年下の役者さんにこんなに夢中になるなんて…今までなら考えられない出来事が起こっているぞ。それくらい私にとって飯田君のビーストは絶品なのです。それに、前日にあのオフステ参加しちゃってますからねぇ、なおさらww。

・魔法使いにビーストに変えられた瞬間、つまり登場シーン。のっけから心拍数上がる(爆)。っていうか、前日のオフステでの純朴そう~なあの子が舞台の上ではこんなオーラ出してるんだなぁ…といつもとは違う感慨深さで見てしまった(←オイオイ、身内視線かよ 爆)
しおれていくバラを見て哀しそうにガラスに顔を擦り付ける飯田ビーストが切なくてウルっ。ホントにしおれて凹んでるから…。

迷い込んできたモリースを怒鳴りつけるシーン。ここって飯田君の深くていい声が冴えてますよねぇ。見るたびに野獣としての荒々しさがアップしているような気がする。モリースに顔を見られたとき、一瞬すごく傷ついた表情するんですよ。ここがもんのすごく萌え。もう何年もそれで苦しんでるんだなってすごい同調して見ちゃう。
こんなにのっけからビーストに感情移入して見るの、初演含めて飯田君が初めてかもなぁ。それだけツボなんだよねぇ、私の。「休む場所をくれてやろう!!」ってセリフはここまで見てきた中で一番迫力あったかも。あのノホホーンとした雰囲気の飯田君が演じてるなんてちょっと信じられないなぁと思いながら見てしまった(笑)。

・ベルと出会ったばかりの飯田ビーストは強がってるわがまま王子そのもの。まさに思いやりを知らない王子って雰囲気がすごく出てる。迫力出してるんだけどどこか子供っぽいというか…。今回オッと思ったのはベルが「私を身代わりに!」と叫んだあとの「何だって!?」の台詞回し。あそこで彼の中でドキリと胸が高まったのがすぐ分かった。あの一言に劇萌えして思わず頬が緩んだ私(爆)。
ベルとモリースを無理やり引き離してしまう時も、本当に人と接する方法を知らないからああいう行動をしちゃったんだよなってものすごく伝わるんだよなぁ。だから見ていて憎めないんだよ、飯田ビースト。強がってるけどオロオロしてるし(笑)。倒れたベルにどう接していいかウロウロオロオロする姿はもう、萌え以外の何物でもないww。やっぱりこの時点でもう、気づかないうちに一目惚れしちゃってたんだと思う。あぁ、可愛いわ~~(半壊)。

・ベルを最初に部屋に案内するシーン。西の塔に入るなと怒鳴るんだけど、明らかにうろたえてるんですよね。彼女にだけは絶対に見られたくないっていう気持ちの焦りが出てて…可愛いんだよ、萌えるんだよっっっ(半壊)。
そのあともどう接していいか分からないからいつものように命令口調になってしまう。それをピシャリと拒絶され扉を閉められたときのあの圧倒されちゃう飯田ビースト、激萌え(←エンジンが全開になってきた 爆)。ガキっぽいのよ、可愛いのよ、萌えるのよっっ、みたいな(←落ち着け 爆)。怒ってるのにどこかおっとりした雰囲気かもし出してる飯田ビーストが可愛くて仕方ないw

ルミエールやポット夫人にやいのやいの言われるシーン。ここはもう、可愛くて仕方ないですねぇ。特に「彼女はとてもきれいだけど…私を見ろ…」っていう台詞回しがわたしの萌えツボを恐ろしく突いてくるわけですよ(笑)。なんだあのヘタレっぷりはっっっ!!!さらにはちょっとむくれて椅子に体育座りみたいに縮こまってルミエールとポット夫人の話にキョロキョロ翻弄されてる姿に…撃沈(爆)。なんだあの可愛さはっっ!!
「癇癪を起こさないことっっ」と説教された後に振り上げた手を渋々下げてコグスワースにヤンワリ接するシーンも飯田君の間がいいんだよねぇ。ここ、回を追うごとに無理やり感情押さえつけてフルフルしてる感が強まってる気がしてすんごーーく萌える(壊)。来ないとわかった時の「くぅぅーーっっぐわーーっ」っていうあの感情爆発寸前みたいな様子もものすごく好きだっっ!!

・その怒り爆発スレスレで頑張るのがベルを夕食に誘うシーン。ここ、オール萌えシーン(爆)。ベルに言い返されるたびに癇癪爆発寸前までいくんだけど、ホントにギリギリのところで必死に我慢してる。その様子がもう何ともいえず可愛くて可愛くて仕方ないざんす(←口調までおかしくなった 爆)「夕食を一緒に食べてほしいからだっっ」と地団駄踏む仕草は今回もまたさらにパワーアップしたような感じで。もう、ほんっとにワガママ王子そのものだ(笑)。それを飯田君が演じると何でこんなに可愛く感じて萌えが破裂しそうになるんだろう、私ww。
最後のやりとりの「わたしと一緒に、夕食を食べっっ!!!…ない…か……ね…」の言い方は最高だよ!「か」と「ね」の間が昨日よりもさらに空いてた気がするし(笑)。「よろしくおねがいします」もグッと感情堪えて自ら姿勢を正す時間を取るようになってますね。その細かい間がすごくいいと思う。
「よーーーし、飢えるがいい!!」の言い方も、もう、ホントにプツッて何かが切れちゃった感じでガキっぽくてすごく可愛かったよw。もうねぇ、なんつうか、雰囲気が可愛いのさ、萌えるのさ(壊)。

・ベルを怒鳴っちゃったものの彼女が気になって鏡で様子を伺うシーン。もう、西の塔で完全に凹んでるんだよねぇ。ベルが「彼はわたしにチャンスをくれた!?」と食って掛かっているのを見て自らの過ちと向かい合ってグサリときてる。この時の飯田ビーストのヘタレッぷりがもう…激萌え(笑)。近くに行って慰めてあげたくなっちゃう。
で、ビーアワゲストが終わった後にひっそりと自分で作った食事を持っていくシーン。「これを食べてくれるかな」っていう台詞回しがまた可愛過ぎるんだよっっっ(激萌)。扉をたたく時の高い声での「ベッぇぇ~ル~♪」って言い方が超ウルトラツボwwww。なんって可愛いんだよっっ!さらにベルに「彼さえいなければ」って言われた後のガックリの仕方が、白目向いてたし(笑)。なんだあのマンガチックなヘタレ方はっっ(全壊)。

・西の塔にベルが入ってくるシーン。「触るなっっ!」って怒鳴るんだけど、怒ってるっていうよりも完全にうろたえてるんですよね。目が泳いでるし焦って完全に自分見失っちゃってる。そんな姿がなんだかとっても切なくてウルウルきてしまう…。「いる権利はないっ」って思わずベルの袖を破った時、ハッと我に返る。あそこの飯田ビーストの「どうしよう…」っていう動揺の芝居が最高にグッときますよ(涙)。後悔先に立たず。まさにそれ。手を差し伸べようとしたのに拒絶されちゃって、ちぎった袖を見つめてもう泣きそうになってる。
なんってヘタレ可愛いの~~~(全壊)。もう、可愛くて切なくて萌えて、私の感情もおかしなことになってて…とにかく飯田ビースト観ながら、「愛せぬならば」を聞いてボロ泣き(涙)。もう、飯田君のビーストはホンットに泣ける。あの深みのある最後の伸びがいつ聞いてもものすごくドラマチックで泣けるのです。

・狼に襲われたベルに手を差し伸べようとするシーン。そこでも拒絶されちゃうんだけど勇敢に狼と戦う。その姿が本当に一所懸命で…。あの後悔の念から何とかしようって自分で奮起したんだろうなって伝わるから本当に感情移入してしまう。

・手当てしている時にベルと言い合いになるんだけど、「ありがとう」って言われた瞬間に今まで心の奥底に芽生えていた感情がふっと出てくるんですよね。そのちょっとした変化があの表情で伝わる。その流れでの「どういたしまして」なので、急激にベルと近づくっていう印象がないんですよね。ちゃんと段階踏んでる。あのハッとした表情がもう、可愛くて可愛くて仕方ないですよ。
ベルの鼻の頭にチョンってタオルを乗せる仕草が、恐る恐るでこれまた萌え!!!恋心が芽生えてからのヘタレっぷりがわたしの萌えツボを激しく刺激するぞ(笑)。

・彼女に何かプレゼントしたいって語ってる時の飯田ビーストの乙女っぷりが最高!!!これ、あのオフステでのおっとりした雰囲気の飯田君だから出せる味だよなぁってシミジミ思ってしまった。図書館へ連れて行こうとするのにベルを置いていってしまいルミエールに指摘されるシーン、もう、ウキウキしまくりで先走りしてる時の表情が激萌えなんですけどっっっ!!!ちょっ、飯田君、わたしも萌で倒れそうだよ(←既にぶっ壊れてますが 爆)

図書館のシーンも好きだなぁ。もう彼女と一緒にいられるのが嬉しくて嬉しくて手すりから昇ろうとするんだけどベルに「階段から」って指摘されて「?」ってなっちゃうのが可愛くて仕方ないっっ!もう本当に純粋な子供っぽさがあっていいっっ!
ベルに本を薦められて読めないことを告白する時の飯田ビーストの哀愁がまたいい!!ここにきて初めて後悔したんだろうね、ちゃんと勉強してこなかったのを。その後悔がなんだかとても切なく見えてグッときちゃったよ。それなのにベルはビーストの気持ちを察して読み聞かせをしてくれる。まさに母と子みたいな構図萌え(笑)。
ベルの読んでくれてる本を聞いてるときの飯田ビーストの無防備な表情がたまらなく可愛かった!!!

そして、夕食に誘われ…「もちろん、イエスです!!」って言ったあとの小さなガッツポーズが…も…もう…萌えて倒れそうになった(笑)

・いざ夕食会になるって時に緊張からかヘタレ全開な飯田ビースト。ルミエールにまで「何をビクビクしてるんですっっ」って猛ツッコミされたときの「してない…」って言い方が完全にビビりで可愛くて仕方ないよ(激萌)。「彼女に嫌われるかもしれない」ってガックリ肩落としてる表情なんて、傍に行って抱きしめたくなるような感覚に陥るよ(←すみません、ぶっ壊れてるので感情がおかしくなってます 爆)
そして鏡を見せられたときの反応が…「!?…あれぇ~…!!!よっしっ」とガッツポーズ。ぐおおおおーーーっっ!!かーわーいーいーーーー(崩壊)。そのあとさらに「やっぱりダメダメダメ…」って戻ってくる時の超ウルトラヘタレっぷりが…泣きたくなるほどかーーーわーーーいーーーーいーーーー!!!!
すみません、我を失いました、私(爆)。これが見られるだけでも突発した甲斐があるってもんだよw。

・着飾ったベルの姿を見てもう完全にドギマギして腰が引けてる飯田ビースト。恋愛することで色々と世界が広がっていくことに臆病になったりしてるんだろうなって。
食事の席でベルにどう接していいのか分からず手を振ったあとに椅子に押し付けられたような感じで凹んじゃう仕草が…もう、胸がキューッと苦しくなるほど萌え!!!あの怯えっぷりが何ともいえずリアルで可愛いんですよ、本当にっっ!!派手じゃないんだけど、しっかり伝わるんだよねぇ、ビーストの戸惑いが。それをあんなに可愛く演じてくれるなんてもう、…はぁ…(言葉が出ない 爆)

ベルに誘われて恐る恐るダンスするシーン、わたし今回、ここで涙がブワッと溢れてしまった。なんか、楽しそうに踊りだした飯田ビースト見てたら…感極まっちゃって涙だよ…。ついに萌が頂点に達して涙…。
ダンスのあとに恐る恐る「私といて幸せ…かい?」って訪ねるときのヘタレっぷりも最高だなぁ。「ええ」って回答が帰ってきてものすごくホッとしてるのが分かりやすくて可愛いのさ。でもモリースが気になって鏡を覗いてるベル。その後ろで飯田ビーストがちょっと嬉しそうにしてるのがものすごく印象的だった。ベルが喜んでくれてる姿が嬉しくて堪らないんだよね。
でも、モリースがピンチになってうろたえてるベルを見て一瞬どうしたらいいかオロってなる。でもすぐそのあとに、ものすごくごく自然に「行ってやりなさい」って言葉が出てくる。この流れが飯田ビーストものすごく自然でいいっっ!!だから「ずっと前から捕らわれの身じゃなかった」ってセリフがものすごくグッと胸に響くんだよねぇ…(涙)。ベルが立ち去ったあとの飯田ビーストは切なくて切なくて…また涙しちゃったよ…。

・ベルの腕の中で息を引き取りそうになってる飯田ビースト。あそこは色々秘密が詰まった場所なのでww表情が暗くてよく見えないんですけど…虫の息の飯田ビーストは本当にものすごく泣けます。搾り出すようにベルへの愛を必死に伝えようとしてて…もう、すごくこみ上げてしまった…。一瞬事切れた時には泣いたし…。
その流れで王子になるわけで。王子になった瞬間のあの何ともいえない嬉しそうな顔観た時には…今までにないくらいわたしボロ泣きしちまったよ(涙)。これまでBBで涙するっていうのがイマイチよく分からなかったんだけど、今になったらよく分かる。ビーストに過剰に感情移入すると、本当にこの変身シーンはものすごく泣ける(涙)。最後にベルとダンスするハッピーエンドの瞬間まで涙止まらなかった。飯田王子の幸せそうな顔がただただ嬉しくて泣けた(涙)。


すみません、超萌え文章になりました(爆)。ほんっとに好きなんです、飯田君のビースト。前日のオフステを観ているだけにさらに愛が深まりました(笑)。

なんか、不思議な縁を感じるんだよなぁ。四季には個人的に色々と思うところがあって距離を置きたくなることがけっこう多い。特にこの9月はわたしにとってものすごく微妙な時期で…。これまでにも何度かそういう時期が訪れているんだけど、その最中にこうしてパッと私の心を捉えて離さない役者さんに出会ってしまう。北澤さん、ナベさん、そして飯田くん。
妙な引力を感じるのは気のせいだろうか…。

飯田君、いつまでビーストで居てくれるのかなぁ。毎日は無理だけど毎週は会いたい(笑)。でもそろそろいなくなりそうな予感も…。そういった意味でも、今回思い切って行ってよかったかもしれない。飯田君、ありがとう!!






関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

美女と野獣(四季) - -
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。