<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
386758036.jpg
再び夏劇場で上演中の『美女と野獣』を観に行ってきました。前日にマンマを観ているので、正直連ちゃんは…という迷いはありましたが…イベントという名前に釣られてついつい(爆)。
ちなみにこの日の上演回数は4060回。前回が4050回だから、ちょうど10回ぶりってことになるのかな。

しかしながら…この日を迎えるまでに色々と個人的に翻弄されまして(苦笑)。基本的にBBは飯田くんありきと考えているのでキャスト発表日は本当に緊張の一瞬って感じだったんですよね。間際にチケット買えばよかったんですけど、今週まではいてくれるだろうと信じて発表前に購入してしまったのでなおさら…。
いやはや、なんとも不確実な発表だったよ、今回…。もう抜けてしまったのかと一度はかなーり凹みましたからねぇ…まだいるって情報が流れた時にはホッとしました(手放そうかとも思ったので 爆)。で、劇場に入ってこの目で確認してようやく安堵したって感じの一日でしたww。


386858458_20110902072614.jpg
で、さらにこの日はトークイベント。BBのイベントはこれが初参加なのでとても楽しみにしていました。事前にゲストはアンサンブルさんが多いよって聴いていたのですが、それはそれで色んな話が聞けるだろうなと。ただ、この日は1周年記念イベント最終回ってことだったので、あわよくば、アイーダの時みたいに特別ゲストで主人公クラスの役者さんが出てくるかもっていう期待はありました(笑)。
終演後、ロビーに出てしばらくしてから再入場。少し時間が押してまずは司会担当のガストン役田島亨祐さんが下手扉から登場。あ、BBって舞台からゲストが出てくるんじゃないんだって思ってしまった(笑)。ちなみに田島さんはこれまでのトークイベント全てで司会を担当されてるそうな。さすがは元先生。

そして、田島さんの紹介で他の3人のゲストが登場してくるわけですが…舞台下手扉から入ってきたのは
チップ役の牧野友紀さんナプキンガール役の成松藍さん、そして大きめの男性…
私、最初入ってきた男性見て「アンサンブルの人かなぁ」って思ってて、次に「あ、道口さんかなぁ」とかノホホンと思っていたら…隣に居た友人が激しく私つついてくるんですよ(笑)。正面にやってきた時にようやく気がついた私!!!
なんと、普通にゲストでビースト役の飯田洋輔くんが参加してるじゃないかい(衝撃)!!!
あまりにもビーストでのオーラが消えていたので近くに来るまで全然気づかなかったよ(爆)。これで私のテンションが一気にヒートアップしてしまったのは言うまでもありません(笑)。表向きは平静を装ってトーク聞いてましたが、内心はもう嬉しくて顔の頬が上がりそうになるのを必死に抑えてる状況でございました(爆)。あぁ、ビックリした。衝撃的なオープニングだったww。

トークの内容を簡単にメモしてきたので少しご紹介。ただし、上記のように個人的に相当浮かれていた状況なのであまり細部までは覚えてません(爆)。

まずはテーマ語りということで『初恋』について。

田島さん
小学校4年生の時に転校してきた女の子に片想いしていたそうで。彼女のおばあちゃんが近所にいたこともあり親しくなれるかもと期待を膨らませつつそのまま過ごし、中学に入ってようやく告白したところ見事に玉砕してしまったそうな。なんとも苦い初恋経験を情感豊に語ってくださいましたw。

牧野さん
幼稚園の時に転校してやってきた男の子に7年間くらい片想い状態だったそうな。それでも結局1度も告白できずに終わってしまったとの事。なんとも可愛いほろ苦い初恋経験でした。話す前に田島さんが「えっ、幼稚園まで遡っちゃうの?」みたいにツッコミ入れてたのが笑えたw。

飯田くん
マイク渡されてもホワワン~とした感じで(笑)「えー、恋をしていたのかそうでないのか、ハッキリ言ってよく分からないんです」と一言w。田島さんからは「えぇ!?」というツッコミも。いやいや、飯田くん、なんか、すごーく素朴だわ~~。「僕はどちらかというと恋に対してイケイケなほうじゃないので、告白せずに終わるパターンばかりかも」みたいなことを言って笑いを誘ってました。そんな感じがしたよ(笑)。可愛いぞ、飯田くんっっ(←妙にテンションアップする私 爆)

成松さん
バレエを習っていたときに発表会があって、そのときにパートナーをしてくれた男性ダンサーの方に恋しちゃったそうです。ところが発表会当日になって相手の方が怪我で出れなくなりそのまま何もいえずに終わってしまったという哀しい初恋経験だったとか。辛かっただろうねぇ…。

というわけで、初恋テーマの話は皆さん切ないものばかりでございました(汗)。田島さんが「まだみんな若いんだから!」みたいに3人を励ましてたのが微笑ましかったww。

次にクイズ大会。これがあると知っていたらもう少し気合入れて情報仕入れてたのに(爆)。これは前に参加したイベントと同じように参加者が立って間違えた人からどんどん座っていくというスタイル。私はこの手のクイズに残ったことがないので嫌な予感がしましたが…案の定1問目から玉砕いたしました(笑)。
ちなみに出題されたのは以下の問題。全て3択。

1.美女と野獣に出ている出演者は全部で何人? A.31人 ←私はここで玉砕w
2.2幕でチップがルフウに進めた飲み物は? A.紅茶 ←皆さん正解して牧野さんホッw
3.飯田くんが夢と魔法の国wでバイトしてた時にいたアトラクションは? A.ベネチアンゴンドラ
(この質問でさらに人数が減ったんですけど、この時のバイト経験がすごく楽しかったらしくニコニコしながら解説してた飯田くんの姿がやたら可愛かったですw)
4.ナプキンガールの帽子に乗っている物は? A.フォーク

最後は質問コーナー。いつものように自然に質問する紙が配られてあったので、それを田島さんが選んで質疑応答するっていうスタイルでした。

1.美女と野獣を演じるのにどんな稽古をしてきましたか?

牧野さん
京都の時に初めて出演することになったのですが、稽古中は人が少なくて大変だったそうな。本番の時に周りのキャストに助けられて演じたことが思い出深いそうです。

飯田くん
セリフのある役はビーストが初めてだったそうな。広島公演あたりの時にこの役の話をもらい、そこから約2年間必死に訓練つんで京都デビュー。凹みそうになったことも何度もあったけど、どの役もそうだと思うのでとてもいい経験だったと感慨深げに語っていたのが印象的。「今も一日一日いいものを届けようと頑張っているので、よかったら明日も観にきてください」っておっとり語る飯田くん(笑)。ヒィィ~、今の私にそれはあまりにも刺激的な殺し文句だ、飯田君よ~~(爆)。毎日でも会いたくなっちゃうじゃないかっっwww。


2.舞台に立ってる時は緊張しますか?緊張をほぐす方法は?

牧野さん
舞台の上もトークの今もものすごーーく緊張してますとのことで、可愛い。緊張しいには思えないくらい堂々とした舞台なんだけどね。緊張する時には笑うように心がけているそうです。

田島さん
舞台よりもトークのほうが緊張するとのことですが…えぇ!?その堂々とした司会っぷりからはそうは思えないけどなぁ(笑)。舞台上のほうが客席が暗くて見えないので緊張しないらしいですw。緊張をほぐす方法としては、呼吸を深くするといいんだとか。腹式呼吸とかいいらしいですね。

3.最近ハマっているものは?

田島さん(←みんなが考えている様子だったので率先して自分から語るところが優しいわ~)
ハマッてるのはマンガだそうで、今はワンピースがお気に入りなんだとか。あとは「宇宙兄弟」も好きらしいですよ。もうひとつなんかマニアックなマンガの名前があったけど忘れちゃったw。意外と掘り出し物が多いので皆さんも是非万が読んでみて、と宣伝するところがいいわ~。

牧野さん
カレーにハマッているそうで、ルーを細かく砕いて色んなものを作るのが好きなんだとか。この話にはけっこうみんな食いついてて、飯田くんが隣で「へぇぇ」って顔してシゲシゲと聞き入ってる姿がやたら可愛くて一人で超萌えてました(爆)

飯田くん
この回答の前にずっとキョロキョロして「あれもこれも…」みたいに考えてる姿がやたら可愛くて激萌えしたんですが(笑)、たしかにたくさん出てきましたw。まず最初に出てきたのがスマートフォン。どうやらつい最近手に入れたらしくてアプリをかなり楽しんでいるらしい。「あれ、本当に楽しいですよねぇ」と嬉しそうに語ってる姿はホントに普通のお兄ちゃんw。YouTubeとかよく見てるらしいですよ。
それから野球。チーム名は出てきませんでしたがどうやら阪神ファンのようで、混戦するセリーグから目が離せないらしいw。そしてシリコンスチーマー「これはいいですよぉ、便利ですよ~」と嬉々として語ろうとしたものの「僕ばっかり話しすぎると時間が…」と気を遣って話が終わってしまいましたww。ハマりものについては飯田くん、けっこう語りたかったみたい。もっと聞きたかったなぁ~。

成松さん
筋トレにハマッているとのことで。あの素晴らしいスタイルはやはり日々の鍛錬から作られているんですなぁ。オススメなのは骨盤を動かすこととのことで、骨盤運動を中心にやっていると徐々に痩せてくるのでいいですよ、みたいな感じで語ってくれました。


以上でオフステージトークイベントは終了。最後はみんなで手をヒラヒラさせながら舞台下手扉から帰っていきました。田島さんは最後に「台風来てるので気をつけて」と気遣うお言葉も。田島さん、楽しい司会をありがとう!
飯田君はもう、本当に素朴な感じの子で…顔はすごく精悍なのに(目元が祐一郎さんに似てるかも)ホワっとした雰囲気でそのギャップがたまらなく可愛かった!最後もちょっと遠慮気味ながらもニコニコと客席に手を振ってて…超萌え(笑)。なんかこのトークショー見て、私はこの飯田くんが演じてるビーストに惚れたんだなと再確認しましたw。いい声してすごく男前なんだけど、役者オーラみたいなものはほとんど感じられなくて…どことなくおっとりした感じの好青年ってイメージだったなぁ。すごい好みだww。

全体的に和やかな雰囲気だったトークでしたが、落ち着いててポワッとした感じで楽しかったです。飯田んくも来てくれたしね(笑)。参加できてよかった~。


主な出演者
ビースト:飯田洋輔、ベル:坂本里咲、モリース:林和夫、ガストン:田島亨祐、ルミエール:道口瑞之、ルフウ:遊佐真一、コッグスワース:青木朗、ミセス・ポット:早水小夜子、タンス夫人:倉斗絢子、バベット:小川美緒、ムシュー・ダルク:寺田真実、チップ:牧野友紀


以下、ネタバレ含んだキャスト中心感想です。



386761956_20110902072620.jpg

2週間前と変わったキャストはベルが鳥原さんから坂本さんになったくらいかな。

でも、客席がちょっと寂しい状況になってて驚きました。
今までは後ろのほうまでけっこう人が埋まっていたのですが、この日は1階席の後ろと2階席S席部分はほとんど誰も座っていなかった。夏休み中はあんなに人がたくさんいたのになぁと。友達の話によると最近の平日はだいたい6-7割って所だそうで…この日はイベントがあるので少し多いくらいかもとのこと。やはり1年経過すると客席も落ち着いてしまうのね…。

夏休みの盛り上がりとは雰囲気がかなり違ってはいたものの、舞台本編は素晴らしい内容でものすごく楽しませてもらいました。
私の回りの席は初めて見るという人がけっこう多くて、ビックリするシーンとかは思わず声が上がってしまうという新鮮な反応も。そういうのってなんだか嬉しい。特にラストのビーストが王子に変身したシーンでは、「あらまっっ」というものすごい素直な声が聞こえてきてちょっと笑ってしまった(笑)。チップがミセスポットのところへ駆け寄る時も「まぁ~」って喜んでいたようですし、舞台観劇ってこうあるべきだよなぁ…なんて思っちゃいました。

「ビーアワゲスト」は何度見てもいいですよねぇ。あのシーン見ているとこちらもものすごく幸せな気持ちになる。
でもこの日はちょっとハプニングも。角砂糖をチップの上に乗せる場面で…なかなか手から角砂糖が離れなくなっちゃってそうこうしているうちにチップが袖に下がってしまい落ちちゃったんですよね(汗)。どうするのかな、と思っていたらさりげなく里咲さんが拾って下がり行くチップの台に乗せてました。ナイスフォロー!
あとは「ガストンの酒場」とか「人間になりたい」とか大好きなビッグシーンがたくさん。ダンスもナンバーも最高です。


以下、キャスト別感想を少々。

ベル@坂本里咲さん
ものすごく久しぶりに里咲ベルを見ました。昨年秋ぐらいに観て以来かなぁ。鳥原さんと比べるとやっぱり年齢的に「娘」ではなくて「お母さん」って見えちゃうんだけど(汗)でも、ベルなんですよね。芝居の余裕があるしお芝居的にどこをとっても完璧です。前に観た時よりも声がちゃんと出てきれいな歌声を響かせていたし、表情もすごくいい。里咲ベルは心根がとても温かいしっかり者のお嬢さんってイメージかな。鳥原ベルが気が強いタイプなのでなおさらそう感じたのかも。ビーストに怒ったりするシーンでもどこかソフトに感じられたり。
なので、思いの外、飯田ビーストとの相性もすごくいいように思えました。里咲ベルの「お母さん」的な雰囲気があの臆病なヘタレ飯田ビーストを癒しているような感じで…観ている私もかなり萌えました(笑)。

ガストン@田島亨祐さん
トークの前に観た田島ガストンだったわけですが、あのイベントのあと観ていたらもっと好きになってたかも(笑)。以前に比べると前半の田島ガストンはなんか憎めないというか…可愛いなって思ってしまう瞬間が何度もあるんですよね。特にベルに振られたあと酒場で凹んでる姿はちょっと萌える。椅子についてるシカの剥製いじってたりね(笑)。
そんな彼が悪事を思いついてどんどん悪いほうへ行ってしまうので…そのあたりの転落が切なく思えたりします。とても安定したいいガストンでした。

ルフウ@遊佐真一さん
前回はけっこういい感じだなって見たんですけど、この日はちょっと物足りない気がしたかも。なんとなく田島ガストンとのコンビネーションがユルいというか…。もう少しダイナミックに演じてもいいんじゃないかなと思うシーンがいくつかあったのが気になりました。

ルミエール@道口瑞之さん
前回はビックリするほどのハイテンションだった道口ルミエールでしたが、今回はちょっと落ち着いたかなと(笑)。道口ファンの友達はちょっとガッカリしてましたけどw、個人的にはちょうどいい感じでした。まぁ、面白さから言えば前回のほうがぶっ飛んでて笑いましたけどね。
道口ルミエールってバベットとじゃれあってるときがけっこう大人モード濃いですよね(笑)。グフグフって笑い声はなんとなく下村さんに似てるなぁと。ちょっと懐かしく下村ルミエール思い出したりもしましたw。

コグスワース@青木朗さん
私めっちゃだい好きです、青木コグスワース!召使の長でカタブツ系なんだけど、青木さんの場合は最初からかなり三の線を出してるんですよね。だからセリフの抑揚とかものすごく面白い。道口ルミエールとのコンビネーションもテンションが高くてすごく楽しいし、何よりも親しみやすいです。

モリース@林和夫さん
ベルに対するまなざしがとても優しくて温かくて、なんか林モリース見てるとウルッときてしまうんだよなぁ。特に最初のシーンとか観ていてすごく癒される。でも後半お城に駆けつけるときはけっこう精悍なお父さんっぷりを発揮。なんだかとてもかっこよかったです。

ポット夫人@早水小夜子さん
早水さんのポット夫人、なんだかものすごく美人!それでいてあの深く愛情のこもった歌声。本当にとても素敵なポット夫人。ビーストを諌めるときは母と姉の中間くらいの雰囲気なんだけど、2幕で「やっと愛することを知ったのね」というセリフの時にはすごく情感こもってて泣けました。そして何よりチップに対する母性が素晴らしい!ラストシーンで息子を抱きしめる早水ポット夫人見たらウルルっときてしまいました。

小川@バベットはあまりキャピキャピした感じはしなくて、どちらかというとおっとりした雰囲気かな。バベットの今までのキャラクターとちょっと違う気もするけど、時折見せる大人っぽい雰囲気がけっこう印象的でした。
倉斗@タンス夫人はベルに服を渡すシーンがとてもコケティッシュで笑えます。強引にコグスワースを連れて行くシーンも楽しかった。
寺田@ダルクは前回よりもなんだか迫力が増した感じ(笑)。病的ではなくて悪徳商人の迫力で攻める感じで面白かったです。

ビースト@飯田洋輔くん
もう、最初から最後まで前回以上に萌えっぱなしでしたw。これ、トークショー見たあとじゃなくてかえってよかったかも(爆)。すべてが見どころっていうか…飯田ビーストばっかり観てた気がするww。
今回も彼のビーストについての萌え語りを綴っていこうかと思ったのですが…編集段階で全て消えてしまったので、今回は控えたほうがいいのかなということで割愛しますw。それでも少しだけ…。

飯田ビーストは前回よりもさらにお芝居が大きくなっていて萌えどころ、笑いどころ、泣きどころが満載でした。特に前半のイライラっぷりの芝居がすごく進化しててすごく面白かった。「私と一緒に夕食を食べ…!!!ない…か…ね」の言い方が超ツボすぎて萌えまくりwww。
それでも飯田ビーストって最初の段階からベルに一目惚れしちゃったんだなっていうのがすごく伝わってくるので、怒っててもイライラしててもそれは愛情表現が巧くできなくて苦しんでるからだって納得できるんですよね。そこがものすごく好き。それが一番切ない形で現れる、1幕のクライマックス。ベルを去らせる原因を作ってしまった自分を激しく責めながら歌う「愛せぬならば」は涙無しには見られませんでした(涙)。飯田君もウルウルして歌ってるように見えたし、なおさら…。
そんな彼の気持が報われる2幕はもう、微笑まし過ぎて萌えの連続(笑)。飯田ビーストの一挙手一投足に私のテンションのバロメーターが振り切れるくらいになってまして(爆)ますます愛を深めていく結果に。ベルをモリースのところへ返してやる時の、あの、断腸の想いがそれだけに痛いくらいに伝わってきてまた涙…。純粋なんだよねぇ、本当に。
そして王子へと変わる瞬間。またあのシーンで泣いちゃったよ~。本当に心の底から「よかったねぇ」って思うから。もはや身内目線みたいになってる気がする(爆)。

あぁぁ、好きだなぁ、飯田ビースト!!またすぐにいなくなるんだろうか…。まぁそれだったら突発しなくて済むけど…やっぱり一度会ってしまうとすぐにでも会いに行きたくなってしまう。飯田君のビーストには私にとってはそれだけの魔力があります。
ひょっとしたら…血迷って、翌日も観に行っちゃうかも!?


関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

美女と野獣(四季) - -
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。