<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
386043506.jpg
四季劇場・海で上演中のミュージカル『マンマ・ミーア!』を観に行ってきました。
本当は行く予定に入れていませんでしたが、母が興味を持っているということで急遽チケットを手配。思いがけず、千秋楽間近のマンマを観に行くことになりました。さすがに今週末海公演が終了するというだけあって大入り満員状態で客席がとても熱かったです。

386303999.jpg
まず劇場に到着してから先日BBでもらった引換券で夏休み限定チャームをゲット!31日までのキャンペーンだったのでギリギリでした(汗)。間に合ってよかった…っていうかBBの引換券忘れなくてよかったw。

386302631.jpg
こちらは千秋楽限定チャーム「限定」って言葉に弱いんですよねぇ、私…。この日のマンマが海でのマイ楽になったので記念に購入してしまいました(笑)。ちなみにこちらは500円です。


前回MM観に来たのは…あの大震災の10日後。大震災当日に観に行く予定だったチケットを払い戻してもらって改めて観に行ったわけですが…あの時はまだ日本中がすごく沈んでて汐留の付近にも人がほとんどいなかった。あれから5ヵ月半、久しぶりに訪れた汐留は活気を取り戻していてお店にも人がかなり入っている状態でした。劇場ロビーも節電で暗くはなっていますが、人がかなり多かったのであの時のような寂しい雰囲気はありませんでした。
でも、被災地はまだまだ大変な想いをしていらっしゃる方がたくさんいるわけで…やっぱり複雑な心境。その大震災を経験した『マンマ・ミーア!』公演もいよいよ今週末に千秋楽を迎えるということで、ちょっといつもとは違う気持ちが沸いてきますね。
MMに通ったのは数回でしたが、震災当日に観る予定だった作品でもあったし…震災直後の雰囲気も見たし…いろんな意味で記憶に残る公演になりそうです。


主な出演者
ドナ・シェリダン:樋口麻美、ソフィ・シェリダン:谷口あかり、ターニャ:八重沢真美、ロージー:出雲綾、サム・カーマイケル:荒川務、ハリー・ブライト:明戸信吾、ビル・オースティン:脇坂真人、スカイ:鈴木涼太、アリ:木内志奈、リサ:細見佳代、エディ:川口雄二、ペッパー:大塚道人



以下、ネタバレを含んだ感想になります。ご注意を。





3月以来の『マンマ・ミーア!』の客席はあの頃とは打って変わって大盛況でございました。1階席はたぶん満員御礼に近い状態だったのではないだろうか?客層は初めて観る人とリピーターの人とでだいたい半分半分くらいかな。お子さん連れの方がたくさんいたのもちょっとビックリ。この作品って小学生低学年くらいの子供には分からないんじゃないかと思うんですが(汗)、舞台の雰囲気が明るいので感覚的に楽しめるのかもしれませんね。
それとやっぱり、千秋楽週独特の雰囲気っていうのもありました。お客さんたちのテンション熱が明らかにワンランク上がってた(笑)。海劇場再演版は今回含めて結局3回しか行きませんでしたが…これまで見たことのないような熱気がありましたね。

そんな熱い客席、舞台への反応も非常に素直でストレート。コミカルなシーンではしっかり笑い声がおこっていたし、曲ごとの拍手も私が数回観てきたなかで一番熱い音が鳴り響いてた。
特に樋口ドナが「ダンシングクイーン」のナンバーでグラサンかけて再登場するシーン。あそこはいつも拍手が沸き起こっていたのですが(それでもこの日の拍手音はいつもの倍くらいすごかったけど)、八重沢ターニャや出雲ロージーが♪気分はダンシングクイーン♪って歌うところでもすごい拍手が沸き起こっていてビックリしました。いつの間にあのシーンで拍手が起こるようになったんだ!?
あれだけすごい拍手が随所に飛んできたら、演じてる役者さんたちはものすごく嬉しいだろうなぁって思いました。客席の熱に乗って皆さんすごい熱演でしたしね。

カーテンコールで立ち上がるのも早かったなぁ~。今年始めに観に行った頃は役者さんたちが客席に「立って!」って促すような感じで立ち上がるってパターンがあったりしたのですが、この日はもうみんな我先にとバババーーってウェーブみたいに立ち上がっていってた。
カテコナンバーもそんな客席の熱を感じてか今まで見た中で一番盛り上がってたように感じたなぁ。とにかく皆めっちゃ弾けてた!この日は千秋楽特別カテコはなかったけれども(どうやら翌日からしい…。どうせなら1週間やってくれればいいのにねぇ)、それに匹敵するくらい盛り上がってたんじゃないかな。出演者の皆さんのはじけるような笑顔を見て私もなんだかとても嬉しくなりました。

ただですねぇ、『マンマ・ミーア!』のストーリーについては…個人的にはあまりハマれなかったなぁというのが正直なところ。楽しいお話ではあると思うんですけど…なんて言うのかなぁ…途中でちょっと退屈しちゃう瞬間が何度か訪れるんですよね。ナンバーが出てこない普通の芝居部分が特に(苦笑)。ABBAの音楽にものすごく救われてるなぁって思ってしまう。
気分的に観終わったあとに"すごく楽しかった!"と満足感が得られる日とそうでない日があった。ナベさんが出ている時も進んで観に行こうって積極的に思える作品じゃなかったので(爆)通った回数が極端に少なかった気がします。

ABBAの音楽はやっぱり素晴らしいです。何度聞いてもいい!この音楽がなければ『マンマ・ミーア!』に行くことはなかったといっても過言ではないくらい(爆)。1幕ラストの「ヴレヴ」、2幕ドナとサムが歌う「S.O.S」、ターニャがペッパーをからかう「Does your Mother Konw」…特にこの3曲が流れると私の中の血が騒ぎ出して思わず体が動きそうになります(笑)。
マンマはやっぱりABBAの音楽に尽きるなぁと改めて思ってしまった。


それにしても…週明けのキャスト発表には参ったよなぁ…。なんかすごい翻弄されてしまったよ(苦笑)。いや、もともとこの日に母親と観に行くっていうのは決めてたのでキャストはこだわらないって思ってたんだけど、数時間だけ出ていたあの名前に一度はテンションをものすごく上げてしまったではないか…(汗)。
あの最初の混乱はいったいなんだったのだろうか…。


以下、キャスト別の感想。


ドナ@樋口麻美さん
樋口さんのドナ、かなりの連投ですよね。そのせいか、3月に見た時よりもずっとドナらしくなっていて役にすっかり馴染まれてるなぁって思いました。台詞回しとかすごく聞き取りやすいし、ドナの肝っ玉母さんっぷりが前面に押し出されてて貫禄がすごく出てる。表情もコロコロ変わって芝居的に見ていてとても楽しいし、何より歌に深みが出てきたのがとても良かったと思います。とても好きなドナでした。

ソフィ@谷口あかりさん
谷口さんも前回見た時よりもすごく芝居に余裕が出てきたと思います。それにすごく可愛い!歌にも安定感が出ているし、ソフィらしくて良かったなぁ。樋口ドナとの相性もすごくいいんじゃないでしょうか。それにしても本当にスタイルバッチリで羨ましいわ~(笑)

ターニャ@八重沢真美さん・ロージー@出雲綾さん
八重沢ターニャはもう貫禄ですね。緩急つけた芝居、動き、どこをとっても絶妙です。あのちょっと気だるい雰囲気も面白くていい(笑)。出雲ロージーは今回初めて観たのですが、青山さんと比べるとやはりちょっと地味だなって思ったかも。なんとなくどこか落ち着いてる感じ。背の高さが青山さんよりあるのでビルとの身長差があまりなかったかもw。
でも二人とも熱演でとても良かったです。

スカイ@鈴木涼太さん
涼太スカイは相変わらずの爽やかさん。笑顔が可愛いですね。ウェディングドレスで登場する2幕冒頭では客席からかなり笑いを取ってました(笑)。あそこであんな反応がハッキリ出たの見るの初めてかもw。ただ台詞回しは相変わらずちょっと硬い感じ。もう少し滑らかさがほしいかなぁ。まぁ、これは涼太さんだけに限らないんだけど(苦笑)。

サム@荒川務さん
荒川サムは初めて観ましたが、すごく落ち着いた雰囲気ですねぇ。どちらかというとちょっと地味かな。ただビル、ハリーと並んだ時のバランスはすごく良かった気がする。同年代の男達って感じで。それから動きがとてもシャープできれいですね、やっぱり。特にスローモーションシーンでの動きがとてもしなやかで良かった。SOSの時の苦悩の表情もなかなかです。予想していたよりも好きなサムだったかも。
それからカテコでの荒川サムはちょっとアイドルちっくでものすごくサマになってました。本編のサムから脱皮したみたいな派手さで思わず笑ってしまった(笑)

ビル@脇坂真人さん・ハリー@明戸信吾さん
脇坂ビルと明戸ハリーのほのぼのしたような、ちょっとコミカルなキャラクターも相変わらず楽しかったです。最近「めざましテレビ」を観ていないので、ようやく明戸さんを"大塚さん"と切り離して観れた気がします(←それでもやっぱり似てると思うけどwww)

それから大塚ペッパーが前回見た時とちょっと雰囲気が変わってました。なんか若返った感じ!?坊やちゃんって呼ばれるのがピンとくるキャラにようやく見えたかも(笑)。


えぇっと・・・それから・・・ここからはちょっと個人的な感想になるわけですが・・・、やっぱり今回の『マンマ・ミーア!』といえば渡辺正さんのことは書きたくなってしまう。以下、ちょっとナベさん語り


ナベさんがいない海劇場に来たのって1年ぶりくらいだったかなあ。去年の4月の『アイーダ』から『ソンダン』、そして3月の『マンマ・ミーア』とずっとナベさんのいる海劇場に通っていた私。
今週明けのキャスト発表の時にナベさんの名前が発表された時には"また会える!"ってすごいテンション上がったのに結局はだったわけで正直ちょっとガックリ来てました(苦笑)。やっぱりナベさんがいない海劇場っていうのは気持的に寂しいものがありました

MM本編中も…荒川さんのサムを見ながらどうしてもナベさんのサムの幻影を観てしまう私(爆)。ナベサムはあんな感じだったなぁ、とか、あのシーンでは奇妙な動きで面白かったなぁ、とか(スローモーションシーン 笑)
荒川さんには申し訳なかったんですけど、何度もナベサム重ねてしまった。数回しか見れなかったけどものすごく楽しませてもらった。最後にもう一度会いたかったなぁ、ナベサム
今どうしてるのかな、ナベさん。四季にいてもいなくてもいいけどw、とにかく元気でいてほしいです。


と、まぁ、回数は少なかったのですがそれなりに『マンマ・ミーア!』楽しめました。楽はきっとかなり盛り上がるでしょう(31日の客席のテンションはんぱなくすごかったので)。私はこれにて終了です。京都公演でもたくさんの人を笑顔にする作品でありますように。




関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

劇団四季 - -
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。