<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
349942524.jpg
テアトル銀座で上演されたミュージカル『ビクター・ビクトリア』を観に行ってきました。
この作品、私がまだ観劇にハマって間もない頃の98年上演版を一度見たことがあるのですが・・・正直なところその当時の記憶がほとんど残っていません(爆)。当時のHP感想を読み返してみると、どうやらあまりピンとこなかった様子で…そりゃ覚えてないなと納得した次第w。

ちなみに98年公演時の配役は…ビクトリア役に宝塚退団したばかりの高嶺ふぶきさん、トディ役に草刈正雄さん、キング役がミュージカル初進出の羽場裕一さん、と、かなり濃いメンバーだった。

プログラムは2000円とちょっとお高いのですが、その代わりオマケとしてプロモーションDVDがついてきます。後出しジャンケンのように出されるよりも、こうして特典みたいな形で売ってくれるのは嬉しい!
まだ内容は見ていないけど、たとえそれがHP動画の焼き直しであってもw記念になるしこれは感謝ですね。


で、今回の舞台を観に行くきっかけになったのはやはりキャストさんです(笑)。ビクトリアの相手役になるキングが葛山信吾さんって…、こりゃ行くっきゃないでしょう!!しかも、ビクトリアの相棒役であるトディが下村尊則さんっていうのも超魅力的で観劇前からワクワク。
ちなみにトディ役は下村さんとダブルキャストで岡幸二郎さんが配役されていまして…こちらもすっごく気になったのですが金銭的な問題で断念してしまいました。下村さんのトディと岡さんのトディは全くキャラが違うと評判なので・・・今となっては1度きりにしてしまったことをちょっと後悔しております(涙)。もう少し公演期間が長かったら行けたかもしれないんだけどなぁ。

客席もかなり埋まっていて盛況でした。やはり元宝塚のトップさんが出ていらっしゃると違うのかなぁと。そんな中、今回かなり良席に恵まれまして…オペラグラス無しでガッツリ楽しむことができました!想像していた以上に面白かった!おそらく最初に観た時よりもいろんな意味でテンション上がって見てた気がする(笑)。


主な出演者
ビクター/ヴィクトリア:貴城けい、トディ:下村尊則、キング:葛山信吾、ノーマ:彩吹真央、マダム・ロジェ/ジプシー/記者:伊東弘美、セルマー/女社長/メイド:美郷真也、ラビス:金澤博、スカッシュ:友石竜也、サル/客/記者/警官:長谷川大祐、リチャード/ダンサー/記者:石井雅登、カッセル/ダンサー/ジャズ・シンガー:KENTARO ほか


以下、ネタバレを含んだ感想になります。



この日は公演後にトークショーがありました。実は観劇当日までそのことを知らなかったので(チェック不足 爆)得した気分でした。
が、メンバーの中に葛山さんが入っていなかったのがちょっと残念だったなぁ。下村さん、葛山さんのセットでのトークが聞きたかった~~!!と、ちとテンションが凹み気味になりましたが(汗)トーク内容はかなーりアットホームというかホンワカした感じの和み系で面白かったですw。

トーク参加者は、貴城さん・彩吹さん・下村さん。司会は貴城さんが自ら担当されてましたが、この方かなりマイペースなお話しのされ方で(笑)。まるでガクやトークみたいな雰囲気で面白かったです。
覚えているものをいくつか。ちなみにトークは開演前に募った質問を元に進められていました。

Q.1 舞台は慣れましたか?
下村さんは飛び飛び参加なのであまりお疲れがないようでしたが、連投組の貴城さんと彩吹さんは「明日がお休みなので」と翌日の休演日を喜んでいる様子(笑)。全体的にはちょっと落ち着いてきたということで話が収まりましたww。

のっけから、まったりぃ~なトークスタート。

Q.2 トディ役の下村さんと岡さんで一番面白い違いは何?
貴城さん曰く、下村さんと岡さんでは全く役の印象が違うそうです。別人みたいだって言ってたので…余計に岡さんバージョンを観れないことに悔しさが募った私(爆)。彩吹さんは「下村さんは小ネタが多くて面白い」と発言。ベッドの上でヨガポーズしてたり、とにかく仕草が面白いとのことでした。

Q3. 下村さんとトディの共通点は?
お節介なところが似ているかなぁということで。貴城さんや彩吹さんも「すごくお世話してくれてるんですよぉ」と大絶賛でした(笑)。下村さん、色々きめ細かくキャストさん達と接してるんだろうなぁなんて思いました。

Q4.一番好きなシーンは?
彩吹さんはショーナンバーの「ル・ジャズ・ホット」。そのシーンの間にノーマへの集中力を高めているそうです。下村さんはオープニングのナンバー。ブロードウェーで見た時から憧れていたそうですが、いざ自分がやるとなると雰囲気を作らなければいけないということでものすごくたいへんだったとのことです。
貴城さんはキングとの仲がうまくいかなくなったことをトディに相談に行くシーンがお気に入りだとか。それからラストのミニ階段シーンw。宝塚の衣装と似たような格好で出てくるんですよね。自分でも似合うなと実感したそうです(笑)。

Q5.彩吹さんは登場まで何をしてますか?
聞こえてくる音楽を聴きながら発声練習したり、時にはお菓子食べたりしてるらしいです(笑)

Q6.下村さんは他に演じてみたい役はありますか?
ここはもうビクターでしょうと言うことで(笑)。四次元の世界へ行って見たいと野望を語ってましたw。それに対して貴城さんが「負けそう」って弱音を吐くと「そっだらことねえよ」と青森弁で慰めていたのが面白かったです(←下村さんは青森出身なので)

Q7.一人の気分はどうですか? by樹里咲穂
と、いうことで、ここで突然、樹里さんが特別ゲストとして登場~。これには皆さんビックリだったみたいで相当大盛り上がりしてました。どうやら次回作の「サイドショウ」の宣伝にいらしたようで、今回のトーク参加者は皆さんこの作品に関わっているのでえらいノリノリな雰囲気でした。
私はまだ「サイドショウ」観たことがないので・・・ちょっとあのネタにはついていけなかったかも(汗)。

最後にみんなでくっついて「4つ子~♪」と仲良くお開き。ビクトリアなのかサイドショウなのかよく分からないまま終了しました(笑)が、面白かったです。
あぁ、葛山さんのトークも聞きたかったわ~。どなたかのレポを待ってますw。


さて、ここからは本編について。

ストーリーの舞台は1930年代のパリ。
ゲイであるトディはナイトクラブでショーをしている最中に同棲中の恋人が女性を連れてやってきたのを目撃して騒動を起こす。その混乱後にお腹をすかせてヘロヘロになったビクトリアが店にやってくる。クラブをクビにされてしまったトディはビクトリアを家に招き、そこである提案を思いつく。それは、彼女をポーランド人の男爵として仕立てて女装したショウガールとしてデビューさせるというものだった。
最初は戸惑っていたビクトリアですが、定職もなく生活に困っていたために渋々その案に乗ることに。ところが、デビューは大成功に終わりビクトリアはかつてない喜びと快感に満たされる。
ところが、そんな彼女にキングが恋をしてしまった。キングは自らがゲイではないと証明したいために何とかして彼女が女性であるということを暴こうとする。その思惑に気づいたトディやビクトリアは素性を必死に隠そうとしますが、キングに一目惚れしていた彼女はついに自ら女性であることをカミングアウトしてしまう。
晴れてカップルになれた二人でしたが、お互いの微妙な立場が壁になりなかなかうまく行かない。さらにはキングの愛人だったノーマの嫉妬によりマフィアも現れて現場は大混乱。次第に男装している自分を窮屈に感じていったビクトリアはついに…
と、こんな内容です。相変わらずよく分からんあらすじですみません(汗)。

98年に観た時の記憶がほとんど残っていないので、新作を見たのと同じ感覚。恐らくあの時感じられなかった楽しさを味わえたと思います。出演してる役者さんたちが本当に上手くて見応えあったし、どのキャラクターも愛着があって面白かったです。
雰囲気的にはアメリカっぽいミュージカルだなっていうのが第一印象。ストーリーの中にショー的な要素が濃く盛り込まれていて後半にはコメディも散りばめられている。どちらかというと、感覚的に楽しむ作品です。私はストーリー重視のロンドン他ヨーロッパ系のミュージカルのほうが好みなのですが、今回の『ビクター・ビクトリア』はかなり好きな作品となりました。

全体的には2幕のほうがストーリーのテンポアップがあって楽しめるかな。まぁ、大好きな葛山さんが本格的に出てくるのが後半からっていうのも大いにありますが(笑)。
とにかく脇キャラたちもすごい濃くて面白いんですよ。それゆえにクライマックスでのゲイであることのカミングアウト合戦みたいなシーンはかなり笑えました。みんなのあのスコーンと突き抜けた感じがすごく面白いというか、爽快感があるというか。つまりは、ゲイであってもノーマルであっても、人を愛することのすばらしさはみんな一緒だよっていうメッセージも込められているようで、ラストはとても温かい気持ちにさせられます。

この舞台を演出していたのが浜畑賢吉さん。私は浜畑さんが役者をしている姿しか知らなかったので(四季の時代にはBBのコグスワースとか観てたしw)演出のところの名前を見てちょっとビックリしました。最近では色んな作品を手がけているとのことで…知らなかったなぁ。
出演者の中には元劇団四季の役者さんがかなりたくさん出ていたので皆さんやりやすかったのではないかと思います。

以下、キャストについて少々。

ビクター/ビクトリア@貴城けいさん
舞台で拝見するのはこれが初めてだったのですが、キュートで可愛かったです!最初に歌声を披露するシーンがちょっと微妙だったので心配になってしまったのですが、あれはどうやらお芝居だったようでw。ここ最近の退団した女優さんたちの中ではかなり安定した歌唱力だったので安心して観ることができてよかったです。
ビクトリアに扮した時のカッコよさは目を奪われるほどキラキラしていて。燕尾服もよくお似合いだし、男性的な歩き方もサマになってました。これはやはり、宝塚の男役を経験された方だからこそ出せる味だなぁと。ラストの宝塚衣装か!?と思わせるような派手な羽根ものもシックリくる感じ。
男の格好をしていながらも女性としての気持ちをちゃんと表しているところも好感度大。キングとの恋愛に心揺れているシーンとかも共感できたしとても良かったと思います。

トディ@下村尊則さん
退団してからの下村さんの舞台はこれで2作目なのですが、今回の役が一番シモさんに合っていたかも!!あんなに自由に楽しそうに演じている下村さんはこれまで観たことがなかったのでなんだか嬉しくなってしまった。演出も元四季の浜畑さんということで、気心も知れていただろうし色んな面で演じやすかったのかもしれません。
とにかくのっけからカッコイイ!!ピンスポットが当って下村@トディが現れたシーンは思わずドキリとしてしまうほどの色気がありました。そのあとのビクトリアとのやりとりも実に自然で。浜畑さんからは「お母さんのように」と何度も言われていたらしくw、本当にまるで母親のように包み込むような大きな愛でビクトリアを支えていたのがとても印象的でした。妖しい色気もあるんだけど、同時に身をゆだねたくなるような安心感を与えてくれるトディだったかなぁ。とにかくものすごく魅力的だった!
スカッシュとの恋愛部分はもうキャッキャしててすごく可愛い(笑)。まるで子供みたい。それに小ネタのような動きもたくさん出てきたし・・・四季ではできなかったことを自由に楽しんで演じているといった雰囲気だったな。ちなみに8月にはまたライオンキングに出られるそうな。これからもチョコチョコこうして客演するスタイルなのかもしれません。

ノーマ@彩吹真央さん
この方の舞台も今回が初めてだったのですが、素顔がけっこう男性的な方だなと思ったのですが・・・見事におバカなハイテンションガールを熱演。甲高い声で終始歌って踊ってと、観ていてかなりカロリー消費しそうだなぁという印象(笑)。
ノーマはキングの愛人なんだけど、あまり乗り気ではないキングを自分から強引に誘って押し倒しちゃうようなすごい積極的な女性。そしてそのあとアッケラカンとキングの気にしていたことをペラペラ喋っちゃうという大胆さがすごい。それでも憎めないのは、振り切れすぎてておバカなところが可愛いから(笑)。言葉遊びみたいなナンバーも上手く歌いこなしていて面白かったです。

キング@葛山信吾さん
なかなか登場してこないんですよね、キングさん。1幕のかなり後半になってノーマをつれたキングが登場するわけですが、ポスターにあったお姿のまんまでした(笑)。マフィアのボスということで恰幅もちょっとよくなって、お髭も地毛ということでw、今までとはちょっと雰囲気の違う葛山さんを楽しむことができました。
葛山さんのイメージからすると、ちょっとマフィアのボスと言うには優しくおっとりした感じになるのかなぁって思っていたのですが、これが不思議としっくりハマって見えた!コワモテって雰囲気じゃないんだけど、なんかドッシリとした存在感があるんですよね。「おおっ」って思っちゃったw。そんなキングさんがビクトリアに恋をしてしまうわけですが・・・この時の描写がちょっとアッサリしてたかも!?オリジナルがどうかは知らないけど、葛山さんだったら観ているこちらがドキドキするような戸惑いを見せてくれたに違いないのになぁ、なんて。それがちと残念。
しかしながら、2幕はすごくよかった!まず開けてすぐにソロのビックナンバーがあるんですが…これがセリフと歌が両方入り混じってる難しい曲で。それを実に上手く歌いこなしていたことにまず感動。葛山さん、最初のミュージカルで見た時よりもずいぶんと馴染んできたなぁって思えてなんだかとても嬉しかったです。最後の歌い上げのところはもう少し安定感があったほうがよかったけど(ちょっと手に汗握ったw)、それでもちゃんと声も出てるし歌詞もセリフも聞き取りやすいし私的にはすごくOKみたいな。
さらには、ビクターが男か女か分からなくて動揺してるシーンとか・・・その葛藤の末に「君が男でも構わない」とキスをするシーンとか・・・もう、観てて萌えが止まらない(爆)。極め付けだったのが、「一緒にはなれない」と一度は別れようとしたものの、やはり我慢できなくてビクトリアの部屋を訪ねるキングがめちゃくちゃよかったです!!「一緒に暮らそう」ってセリフに年甲斐もなくものすごいトキメキを感じました(←死語!?)
ビクトリアとのデュエットソングもすごくよかったし、クライマックスで色んなカミングアウトに混乱して目を白黒させてる可愛い表情も萌えたし・・・この作品、葛山さんファンとしてはかなり最高なんじゃないかと!あぁ、やっぱりもう1枚購入しておけば良かった~~~。

印象に残ったキャストさんはほかにもたくさんいましたが、ラビスを演じた金澤さんはかなり美味しい役!あの見事な体系を生かしたキャラで、メイド姿とかは笑撃的でしたね(笑)。あと、KENTAROさんが特に1幕で大活躍していたのも見ものでした。ダンスもバリバリ踊ってましたしね。
元四季では友石くんがキングのボディガードでかつトディと恋に落ちるスカッシュというかなり美味しい役を演じてました。下村@トディとラブラブになっている画がなんか、ものすごーく普通に見えたりして(笑)。二人の雰囲気がものすごく良かった。キングにゲイをカミングアウトする時のテンションも可愛くて好きだったなぁ。最後には歌い上げるシーンもあったし大活躍。
それから、石井くんが1幕でビクトリアに殴られる役で出てきてました(笑)。そのあともダンサーとして出てきたりとこちらも大活躍。田村さんも色んな役で出てきましたがやはり目立ってましたw。


全体的にかなり満足度の高いミュージカルでした。期間が短いのが残念。機会があればまた同じメンバーで再演してほしいなと思います。葛山@キングのさらなる進化も見てみたいのでw。



関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

Musical観劇作品 comments(0) -


コメント


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。