<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
なんと、あの『笑っていいとも』のテレフォンゲストに片岡愛之助さんが登場!愛之助さんとこの番組とはあまりご縁がないだろうなと思っていただけにビックリしました(笑)。
しかも、紹介が、河村隆一さんからっていうから二度ビックリ!どうやら『小川の辺』の次の愛之助さん出演の映画作品で主題歌を担当したのが隆一さんだったらしい。ずいぶんとご縁が広がっていきますね~。

ということで、さっそく軽くレポートを。
ちなみに、タモリさんと客席との「そうですね」ってやり取りがなくなっててちょっと驚き。最近はやめたんですかね、あれ?ゲストトークの時間を増やそうって考えかな。ま、いいや。

で、愛之助さんがテレフォンゲストに出てくるって分かった先週からTwitterのお仲間さんの間で…
"愛ちゃん、どんな服装で出るんだろうか…"
と懸念の声が次々と(笑)。スーツとか着物だったら間違いないんですけど、それ以外だとけっこう不思議なコーディネートで現れることが多い愛之助さん(汗)。先日の映画『小川の辺』試写会挨拶での写真を見た時は私もビビリましたからね(爆)→コレ

で…タモリさんの「片岡愛之助君です」という紹介と共に現れた愛ちゃんは…やっぱり不思議な衣装だった(笑)。
薄いグレーのジャケットにチノパンみたいなコーディネートだったんですけど…ジャケットの模様が…。えっと、あれは何が描かれてるのか?鳥?貝殻?魚?アンモナイト?ミジンコ?…化石ですか?なにやら不思議な白い図柄があちこちに点在しているジャケットでして…(汗)。
私、一瞬、息を呑みました(爆)。ただ、試写会の時のような上下セットじゃなかったことがせめてもの救い…。どこぞの高いブランド物かもしれませんが…私にはよく分からない…。

気を取り直して…(私が 汗)

まずは映画の宣伝。コレ大切。用意してきたポスターを思わず落としてしまうハプニングがありましたがw、貼りにきてくれる人が現れて受け取るまでさりげなく手を添えていたのが愛之助さんらしいなと思いました。
お花もたくさんきてまして、ゲストボードの前にまで飾られていました。
舞台関係者からのお花や映画関係者からのお花のほかに、日本橋弁松というお弁当屋さんからも届いててタモリさんとちょっと盛り上がってたな(笑)。
著名人からは・・・三谷幸喜さんの花と文字がやたらデカくて目立ってたな(新選組つながり)佐藤江梨子ちゃん、賀来千賀子さん、角田信朗さん(この3人は前田慶次つながり)、あと妻夫木聡くんからも来てたのがちょっとビックリ。何繋がりかな?TUBEからもお花がきてて、ここでさっそくCD「Rジャパン」に参加したことのPRをしっかりしておりました。
ちなみに、Bzの松本さんからも大きな花が来ていたのですが…なぜか触れてもらえず(苦笑)。愛之助さんはBz大好きですからね。メル友とか言ってたし。内心触れてほしかったんじゃ…!?

トークはまず、初めましてということで愛之助さんの基礎の部分、生い立ちめいたことから。
一般の家庭から歌舞伎界に入るまでをタモリさんに説明。その過程で、実家である堺にある船のスクリュー工場の話が出てくるわけですが、ここにタモリさんがえらいいい食い付きをしてくれてました(笑)。船を持っているというタモリさんにすると、このスクリュー工場というのはものすごく気になる話題だったらしく、けっこう詳しく知ってらっしゃったので愛之助さんも感心していましたね。
ちなみに、工場は今おじさんの息子さんが継いでいらっしゃるそうですね。妹さんが…って話を以前聞いたことがあったような気がしたんだけど、変わったのかな?もしも歌舞伎役者になってなかったら工場継いでたかもって話してましたね。
ご実家のお父様とお母様は愛之助さんが若い時に相次いで亡くなられていますので、そんな話を聞いたら喜んだだろうなってふと思いました…。

そしてそのあとは子役時代に松竹芸能に入って愛之助を継ぐまでのお話。
工場が危ないからっていうんで、ご両親がたまたま子供との触れ合いができるようにと入れてくれたのが松竹芸能だったっていうことで。これに対してタモリさんが「家が危険だから行かされたんだ」って返してて笑ってましたね(笑)。かなり興味津々に話に聞き入ってくれてて嬉しかったなぁ。
愛之助を継ぐことにあたっては、秀太郎さんの養子に入って…って話で。言葉の端々から秀太郎さんや片岡家への感謝の気持ちが感じられる受け答えでした。今年頭に色々あったけど(汗)秀太郎さんは変わらず愛之助さんのことを愛してくれているんだろうなと思いました。
ここまでになるのも、すべて「家が危険だったからだね」とタモリさんがまとめると「感謝しております…っていうのかな」と笑うしかない愛之助さんなのでした(笑)。

次に話題になったのが歌舞伎公演に休みがないということ。
前日まで新橋演舞場の舞台に立っていて、これからすぐに車で大阪へ向かうという話になると会場からは驚嘆の声が!私も含めて愛之助さんのファンの方にすれば、彼が大の車好きで東京と大阪はいつも車移動ということは全く違和感なく聞いていられますが(笑)、やっぱりそれを知らないと驚くかもしれないなと。普通は新感線か飛行機でしょうからね、こういうお仕事してる人は。
で、愛之助さん、「実は今日唯一のお休みだったんですよ~」とタモリさんについポロリ(笑)。これに対して盛んに「申し訳ないです」と平身低頭していたタモリさん。一応あれは愛之助さん流の軽いジョークだったのかも!?

で、歌舞伎公演中にセリフをとちったことがないか、みたいな会話になって。
役者同士で「あっ」ということはあるけれどもさすがに客席にはセリフを間違えたことが伝わっているとは思えないとの事で(笑)。歌舞伎初心者の私からすれば、間違いが間違いだとも分からないよ絶対(爆)。

セリフ間違えのハプニングよりもセットのハプニングがあったと言うことで去年の公演中のエピソード。
雪峠の場面で山小屋シーンに差し掛かったときの出来事。愛之助さんが小屋に入って扉を閉めた時に何か違和感があると思ったら扉が自分のほうに傾いてきたらしい(笑)。咄嗟の出来事でバシっと抑えるのに必死になっているもののシリアスなシーンなので笑いを取る事もできず何とか誤魔化していたんだとかwww。
しかしながら吹雪のシーンだったので風の強さがハンパないらしく、再び倒れ掛かってきたところで共演してた獅童さんや七之助くんたちと対峙するシーンが訪れて…彼らがその扉のほうにやってきたところで思い切りセットがバターっと二人の上に倒れてしまいドリフみたいな状況になったんだとか(笑)。
見たかったわ~、そのシーン!その時のお客さんはいったいどんな反応してたんだろうかw。このエピソードには客席もタモリさんも大笑い。こういう話術は愛ちゃん上手いわ~、やっぱり。そういえば、セットが壊れちゃったエピソードは前にも何かあったって言ってたな。愛之助さん、けっこうこれまでもセット壊してるw?

CMを挟んで視聴者からの質問。

どうしてもやめられないクセ、または変なクセってありますか?

これに対しては、ついこの前まで放送していたドラマ「ハガネの女」のエピソードを紹介。普段は時代劇が多いので現代劇での芝居にはおおいに戸惑ったようですね。いつもは大阪弁で話しているために標準語で喋るとなると仕事モードでセリフを変換する作業が必要とのことで、そこでついつい歌舞伎の江戸弁変換が出てしまうらしい(笑)。
「って言うか…っていうのが"さりとて"になったりとか」
コレには会場も大爆笑!セリフを話しているうちについつい出てしまう瞬間もあってNGになってたらしいww。たしかに現代劇で「さりとて」なんて言われたらみんなビックリするよ(笑)。

さらにはクセではないけれどもってことで・・・声が大きくなると。
お酒を飲んでいるとついつい声が大きくなるそうですが、これはあまり珍しいことではないのではとタモリさん。しかし、愛之助さんの場合は…馴染みのお店で隔離された席を用意されたにもかかわらず、店員さんが「もう少しボリューム下げてください」と注意しに来るほど声がでかくなるらしい(笑)。どんな声出してんねんw!

100人に1人アンケートは悩みに悩んだ挙句、
「血縁者(遠い親戚も含む)に歌舞伎役者がいるという方」
というものでしたが、残念ながら一人もいませんでした(汗)。かなーーり残念そうだったよ、愛ちゃんw。

その後のCM中もタモリさんとけっこう会話が弾んでいたようですね。何を話していたのか聞いてみたかった!

お友達紹介は、案の定ヒガシこと東山紀之さん。映画公開に向けてのPRですからね。
電話で話すときも、まぁ、柔らかくて丁寧な言葉遣いの愛之助さん。「さようでございます」とか「ちょっとお待ちくださいませ」とか自然に出てくるのはさすがだよなぁって思ってしまう。

こんな感じで愛之助さんのテレフォンゲストは終了しました。
タモリさんが思っていた以上に愛之助さんの話に乗ってくれててかなり会話が弾んでいたのが嬉しかったです。小さい頃は可愛かったといわれるって話した時に「今でもいい顔じゃないですか!」と大絶賛してくれてたし(ジャケットの模様のことをツッコまれなくてよかったけど 笑)
スラスラと分かりやすい語り口、人当たりの良さそうなあの柔らかい雰囲気、ちょっとコミカルな話しっぷり…、やっぱり人を惹きつけるものを持っているなぁと改めて思いました。

そういえば、この前は大東くんが司会をしている「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」にもゲスト出演した愛之助さん。あの時もすごく分かりやすくかつ面白い語り口で大東くんはじめみんなの興味を惹きつけてたよなぁ。評判も上々だった。

ここ最近は映画PRで色んな番組に愛之助さんを見ることができるので嬉しいです。特にしばらく愛之助さんの舞台を見に行けないのでなおさら…ね。あとはブランチに出てくれればって思うんだけど…せめてVTRとかw。
何はともあれ、先週から今週と、愛之助さんにはかなり楽しませていただきました!映画『小川の辺』も絶対見に行きますよ~~


関連記事

テーマ : お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル : テレビ・ラジオ

片岡愛之助さん comments(0) -


コメント


フォーム

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。