<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
新選組のエピソードはどれもドラマチックなものが多いのですが、その中でも最も哀しい事件の一つだと思うのが今回の油小路の事件です。大河ドラマで見た時も泣いたからなぁ…。
最初はほとんどの隊士の役者さんの顔と役名が一致しなかったりしましたが(失礼 爆)、ドラマもここまで進めばけっこう愛着が沸いてきて皆さん魅力的だなぁと思い始めた私。でもこのドラマ、全12回と尺が短い故に…各々キャラクターに感情が入ってきたところで哀しい末路が早くに訪れてしまったりする…。切ないなぁ(涙)。

ただ、今回のストーリーは…前半がちょっと個人的に「・・・・・」状態(苦笑)。
前回のストーリーで密偵を勤めてしまったがために家族を殺されて天涯孤独になってしまった美代ちゃん。そんな彼女への強い罪悪感で鬼の副長がすっかり凹んでしまいました。個人的にはこの展開、嫌いじゃないんですよ。むしろ好きなほう(笑)。いままでバリバリ強気で攻めてた人があるキッカケで心を折られ悩み苦しむっていうのは私個人としてはど真ん中に好みのストーリー、の、はずなんですが・・・、この時の土方と美代のやりとりはちょっといただけない。
なんだろうなぁ・・・。たぶん、二人の恋愛めいたエピソードが少なかったから・・・というか、浸透していなかったからかもしれない。それまでの分をこの前半の約10分強に詰め込んだって感じで・・・正直、退屈しました(爆)。直前の大河で猛烈に退屈させられていたので(毒)もしやあのエキスが今回のストーリーに紛れ込んできたんじゃなかろうな!?とすら感じてしまったり(苦笑)。
土方のモヤモヤヘタレっぷりが、どうも見ていてイライラしてくるんだよなぁ。鬼といってもそこまで感じさせる何かが今まであったわけでもないし(ちょい毒)、桂小五郎にまで説教される土方歳三っていうのなんかは正直見たくなかった気がする(苦笑)。このあたりは、永井くんの演技力っていうのがちょっと…って感じてしまう部分だったかもしれない。

土方さんが腑抜けになっている間に歴史的な大事件である坂本龍馬暗殺まで起こってしまった!『JIN』ではここまでのエピソードにえらい力を入れて熱く描いているのに対して、このドラマは龍馬の顔すらはっきり映さないままサラ~っと終了(苦笑)。まぁ、こちらは新選組のストーリーですからね。それに時間もないし(汗)。
この事件で問題になってるのが、原田左之助が疑われてしまっていること。「身に覚えのないこと!」ときっぱり局長に言い放ってる左之助、カッコいいわ~。あの真っ直ぐな眼差しがいい。でも、こちらのエピソードもあまり引っ張ることなくって雰囲気だったな。新選組が敵役になっていく序章、みたいな感じで描かれていたと思います。

で、土方はというと・・・沖田くん、近藤さんから諌められてようやく自らを取り戻しました。正直、ここまで長かったよ(汗)。
でも、近藤さんの「大義のために闘い抜け」ってセリフがカッコよかったなぁ。宅間さんの演じる近藤は回を重ねるごとに貫禄を増しているような気がします。前にも出すぎず、ちゃんと自分のポジションをキープしてる。なのでとても魅力的に見えると思います。

そして…ここからが本題。土方ウジウジ以降のドラマ運びは個人的に今回の「血風録」の中でもピカイチ級だったのではないかと思ってます。泣きました…(涙)。


以下、追記へ



伊東の目的は倒幕。そのために薩長と組む計画を立て、その手土産に近藤の首を持っていくという恐ろしい策略を打ち明ける。御陵衛士は新選組と分離していたのではなく、いまや完全に敵対する組織に変わってしまった…。
そんな話を聞いて斉藤は平助に新選組へ一緒に戻ろうと必死に説得します。それに対して平助は「新選組はいずれ跡形もなく消え去る」と言い放つ。平助の口からそんな言葉聞きたくなかったよね…斉藤さん(涙)。

「オレは御陵衛士の藤堂平助として生き、そして死ぬ」

平助のあまりにも固く重い決断に斉藤はそれ以上引き止めることができなかった…。この二人の決別は悲しかった(涙)。斉藤さんにはいつも自分の胸を打ち明けてきた平助だっただけに…、お互いにとても辛かったと思う。
無念の想いで新選組に戻った斉藤。前回の放送を見た時は平助のことが心配で自ら御陵衛士へ乗り込んだように見えていましたが、やはり近藤さんから密かに指令を受けて潜り込んでたんですね。近藤は御陵衛士のことを探ることも視野に入れていましたが、それよりも平助をなんとか新選組に戻してほしいという願いを託していた感が強いように思えました。「手ぶらでか…」と言う言葉に無念が滲んでたよ…(涙)。

伊東が近藤の命を奪う計画を立てていた頃、土方も伊東を討つ策を練っていた。プライドの高い伊東の性格を見抜いて彼を呼び出そうというもの。囮となるのは近藤局長。伊東が帰路一人になったところを斉藤と山崎が討ち取るという案を告げます。
近藤からの誘いの手紙を見た他の御陵衛士たちは罠ではないかと引き止めようとしますが、土方の読みどおりにプライドが高い伊東はその誘いに堂々と乗ることを決断。逆に、それを利用して篠原と平助に近藤暗殺を命じます。
お互いに、相手の隙を突こうと虎視眈々と狙ってるみたいな腹の探りあいの展開がスリリングで面白かった。

そして…策を成功させたのは新選組のほうだった。
近藤は伊東が出て行ったあとにすぐ裏から抜け出し、篠原と平助は間に合わなかった。伊東のほんの少しの油断が命運を分けてましたね。で、最初に彼を襲ったのがこれまで密偵で活躍してきた山ちゃんこと山崎。まさかこんなところで活躍の場が与えられるとは!ただ、槍で一刺し突く手柄は立てましたがそれで倒れる伊東ではなかった(汗)。実戦慣れしてないからねぇ。
そんな山崎の窮地をフォローしたのが斉藤です。北辰一刀流の伊東と一刀流の斉藤。この二人の斬り合いは迫力があった!このドラマの役者さんは皆すごく殺陣を頑張ってますね。戦いの末、山崎に最初に突かれた傷が致命傷となり伊東は斉藤の剣に敗れます。その遺体は油小路まで二人が運び放置することに…。

ちなみに、史実では伊東甲子太郎は新選組の大石鍬次郎に斬られたという説が有力みたいですね。大河ドラマでも大石が斬ってたし(ただ、あの時は近藤は伊東を殺すつもりはなかったんですけどね)。今回は大人の事情で(?)大石までは出てこなかったので、ドラマ的には斉藤と山崎でよかったと思ってます。

油小路に置き去りにされた伊東の亡骸を引き取ろうと、罠だと悟りながら御陵衛士たちが数人で駆けつけてくる。彼らがその感傷に浸る間もなく、複数の新選組隊士に取り囲まれて一気に斬り合いに。激しい戦いを繰り広げられる双方。篠原たち数名はその場から脱しますが、藤堂平助は逃げようとせずに決死の想いで戦っている…。
そんな彼の前に現れたのが斉藤…。「相手にとって不足無し」と強い眼差しを向ける平助に対し、斉藤の心の中は悲しみで満ち溢れてましたよね(「勝負だ」ってセリフがちょっと涙声 泣)。二人が剣を交える最中、斉藤は平助に対し最後の説得を試みる。

「命を無駄にするな、藤堂平助!」

斉藤の決死の説得も死を覚悟した平助の耳にはもう届かない…。平助の頭の中には「逃げる」という文字はもう存在していなかったんだよなぁ。死を覚悟した人の剣は鋭く激しい。なんとかして平助を救いたい斉藤は押されてしまう。哀しすぎる戦いだった(涙)。斉藤と平助の心情を思ったらもう、涙が…。

そんな二人の前に現れたのが土方。彼は平助との最後の勝負を申し出る。それに対して刀の鞘を捨てて無我夢中で切り込んでいく平助。武士が戦う時に刀の鞘を捨てるということは、つまりは、死を覚悟したということなんですよね…。この演出も切なかったなぁ(涙)。
そして土方の剣に平助はついに力尽きてしまいます…。その時の、他の試衛館時代からの仲間の隊士たちの顔が…。皆、平助が倒れる瞬間を時が止まったように見つめてた…(涙)。うぅぅぅ…ここも泣けた…。江戸からの仲間をこんな形で失ってしまうことほど辛いことってなかったと思う…。大河のときもかなり泣けたけど、今回もものすごく胸に迫ってきて泣けました(涙)。

ちなみに、ドラマでは平助は土方に斬られましたが…実際のところは他の隊士に斬られた説が有力です。ただ、江戸からの仲間たちが平助の命を何とか助けようとしたというのは本当にあったみたいですね。それは私も真実だと思いたいです…。

藤堂平助の死は近藤局長はじめ、他の隊士たちにも暗い影を落としました…。そして、ついに次回は沖田くんが…。
新選組の末期の時代は本当に哀しい出来事が多いので切ないです(涙)。


関連記事

テーマ : 新選組血風録 - ジャンル : テレビ・ラジオ

新選組関連 comments(0) -


コメント


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。