<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
ますます面白く目が離せなくなってきた『JIN』。なんとか旅先から見ることができたのですが…泣けましたねぇ…。ダンナと一緒に見ているので涙を落とさないようにするのに必死になってしまった(苦笑)。

今回の見どころは、仁先生と江戸の人達との絆の物語でしょう。
仁友堂の仲間たちはもちろんですが、あの牢獄の荒くれ者までも心を開かせてしまう仁先生。タイムスリップして孤独な戦いを続けてきましたが、いつの間にか、彼は自分自身の力で人々との繋がりを構築しているんだなぁと思うとなんだかちょっと胸が熱くなりました。

原作とオリジナルの部分を見事に融合させている展開。やっぱり好きだなぁ、『JIN』。



以下、印象的だったシーンをいくつか。


・牢獄暮らし
いやぁ、当時の牢獄ってちゃんと人の序列っていうものが存在してたんですねぇ。そのなかのトップにいたのが牢名主と呼ばれる人。これを宇梶さんが演じてるわけですが…こりゃすごい迫力!まさに適役って感じ。威嚇する時の暴れっぷりとか見事でしたよ。
そんな牢名主から2度も殺されかけた仁先生でしたが…ひょんなことから2回も命を助けることになったわけで、それがきっかけとなりなんと牢獄の人たちと打ち解けてしまう。そりゃ、彼らからすれば仁先生を「仏じゃ~~」と平伏したくもなりますよね。人工呼吸で牢名主の口に息を吹きかける仁先生を見てビビってる周りの人々がなんだか面白かった(笑)。
すっかり信用を得た仁先生。牢獄の中の環境も急に改善されて他の囚人からも気軽に話しかけられるようになりました。

・辰五郎さん!
なんとか仁先生を救おうと奔走する恭太郎は勝海舟の助言もあり、龍馬と一橋公へ嘆願を頼みに行ったようですが…龍馬が呼び出していた人物は火消しの新門辰五郎さん!!おおっ、懐かしい~。そういえば彼は一橋公と近しい関係にあったんでしたねぇ。
相変わらずの迫力でお元気そう。あの龍馬すらタジタジになっててちょっと笑ってしまった(笑)。

・過酷な拷問
すっかり牢獄暮らしに馴染んでいるように見える仁先生。なんだか診察してもらってる人たちも心が洗われた様に穏やかな表情だったし、あの荒くくれ牢名主もトロ~ンとした表情になってたな(笑)。ところが、そんな仁先生についにお調べの時が!周囲の驚愕の表情がすごく印象的…。
取調べに応じる仁先生でしたが…医学館の調査で安道名津から砒素が検出されたという事実が判明した今、なんと申し開きをしようが信じてもらえない。そしてついに吊責めに(涙)。縄のギーギーする音が痛々しくて見てられないよ…。しかもビシバシ打たれてるしねぇ…。現代では絶対にありえない取調べを体験してしまうことになろうとは(汗)。

・福田の苦悩
松本先生から「茶碗が出てくくれば無実を証明できるかもしれない」と言われた佐分利先生でしたが…どうにもこうにもそれを見つける術が見当たらない。医学館がこの陰謀に関わっている可能性が否定できなかったからです。
仁友堂に帰り、「お前は命を救ってくれた先生を殺すのか!!」と激しく福田先生をなじる佐分利くん…。あの悲痛な叫びが哀しくて痛かった(涙)。そして気の弱かったばかりに医学館の言いなりになってしまい震えが止まらない福田先生も哀れ(涙)。しかし彼はついに医学館へ出向き「公正なお調べを!」と多紀に頼み込みます。全て自分のせいだと自分を責め続けてる福田先生…その心中を思うとやりきれなかったな…。

・過酷な拷問・その2
大牢のなかで看病されてる仁先生。あんなに荒くれてた牢名主が本気で仁先生のこと心配してる図っていうのはなんだかちょっと心が和んだなぁ。
ところが、その後に仁先生を待っていたのは石抱きの拷問だった!!昔の人って本当に残酷な拷問をしてたよなぁ。あんなものを膝に積まれたら肉が砕けちゃうよ(汗)。それをついに仁先生が体験することになろうとは…。大沢さんの痛みを表す芝居がやけにリアルでこっちまで痛くなってきてしまった(涙)。
あまりの痛みに、ついに自らが責任をかぶればという気持が沸き起こりウソの証言をしようかというところでストップがかかる。しかしながら、それは奉行所から沙汰が決まったからという呼び出しがあったからだった…。
「死罪…ってことですか?」
と泣きそうな顔になる仁先生ですが、彼が真っ先に心配しているのは咲がどうなってしまうのかということ。自分のことよりも咲が死罪になってしまうのではという恐怖のほうが大きかったのかもしれない…。彼の中で咲の存在はそんなにも大きくなってたんですね…。

・龍馬の叫び
奉行所へ連行されていく途中で龍馬と恭太郎がその前に立ちはだかる。彼らは無事に一橋から一筆もらうことに成功したんですね…。しかし「信用できない」として突っぱねられてしまう…。そのまま立ち去る仁を乗せた罪人駕籠…。そのとき、龍馬は叫ぶ。これまで仁がこの町のためにしてくれたことを!

「こん国の民を救うたがは、あん駕籠のなかの先生じゃ!こん国は…いつからそんな、恩知らずになったがじゃ!!」

この龍馬の言葉、涙無くしては見られない(涙)。仁先生を心から信頼してる龍馬の言葉…。その気持ちは恭太郎も同じですよね。そして駕籠の中でボロボロと涙を流す仁先生が切なくて切なくて…涙が溢れて仕方ない。自分のためにそこまで言ってくれる友・龍馬の言葉はどれだけ彼の心を熱くさせたか知れません。
もう、あの、大沢さんの泣きの演技見てると本当にこっちもボロ泣きしたくなるんですよ(涙)。仁の感情が痛すぎるほど伝わってくるから…。そして内野さんのあの魂の叫びも心を突き動かされてしまう。この二人の役者は本当にすごいと思うよ…。

・無罪放免
死罪だと思って覚悟していた仁先生でしたが、奉行所から下された言葉は「構いなし」。無罪放免でした。気が抜けたようにフラフラと奉行所を後にする仁先生の目に飛び込んできたのは…仁友堂の仲間達の姿だった(涙)。
同じく無罪放免になった咲も仁を出迎え、彼の足にすがり付いて「今宵は何をお食べになりとうございますか?」と聞きます…。その問いに「揚げ出し…」と答える仁。このなんでもない日常のやり取りを、あえてこの場所ですることにものすごく大きな意味を感じました。この演出が何とも心憎い!泣けましたよ…(涙)。
そしてそんな仁に涙ながらに駆け寄ってくる仲間達…。あぁ、仁先生はこんなにも仲間達から慕われてたんだなって思えるワンシーンで…ここも涙無くしては見れませんでしたね(涙)。

・思わぬ助け舟
松本先生からの話によれば、砒素が入れられていたとみられる茶碗を調べたいと申し出たのは陰謀に加わっていたのではないかと疑っていた医学館の多紀だったらしい。仁先生は思わぬ人物に助けられたことになりますね。
さっそく多紀先生のもとへお礼の挨拶へ向かう仁先生でしたが、そこには居場所をなくした福田先生の姿も…。仁は多紀にペニシリンの製造方法を書いた紙をお礼代わりに手渡し、その代わりに福田先生を返してほしいと頼み込みました。あれだけ責め立ててた佐分利先生も「稼ぎが頭がいないと死活問題なんですわ」と福田先生を許している様子。
仁先生の笑顔を見た瞬間に号泣してしまう福田先生の気持ち…分かるよ(涙)。私も泣きたくなったから…。よかったねぇ、福田先生。

で、真犯人は…野風の乳癌診断の時に恥をかかされたとうらみに思っていた三隅だったことが判明!今後どのように暗躍していくのか!?怖い怖い…

・野風の想い
仁友堂に気を遣って去って行った野風は仁たちが探しに行く前にハイカラな姿で異人を伴いやってくる。その姿にみんな口あんぐり(佐分利くんと山田先生の反応が笑える 笑)。しかしながら、洋装も美しいなぁ、野風さんは…!
野風の話によれば、自分が身請けして金を作り仁を助けようとした時にかつてご贔屓だった異人の使いから声をかけられたらしい。その異人さんの名前は“ルロン”。野風が塾をやっていた時にひっそりと簪を置いていった時に添え書きしてあった名前の“流龍”とは龍馬ではなくてこのルロンさんだったんですね!
で、この気の良さそうな異人さんと一緒になることを決めた野風。彼はお金持ちだというのでその支度金を御使いの人に頼んで仁と咲のために渡していたそうです。その話に納得できない様子の龍馬さん(笑)。「ぬしさんといると幸せになれる気がする」という野風の言葉を聞きたくないのか途中で妙な奇声を上げて立ち去ってしまいました(笑)。わっかりやすいねぇ、龍馬。でも、まだこの時はお龍さんと出会っていないのか?
「先生も、わが身の幸せだけをお考えください」
そう穏やかに語る野風でしたが、咲は野風が仁を好きだったことを知っています。それだけにかなり複雑な心境の様子…。

「先生と、幸せになると約束してくださんし」

去り際のこの野風の言葉が頭から離れない咲…。もしや野風は自分のために身を引いて本当の幸せを諦めてしまったのではないか…。優しい咲さんはそう考えてしまうよね(涙)。
でも、野風さんはけっこう幸せそうに見えた。じゃなければあんなに美しく笑えないと思うし…。龍馬的にはかなり納得行かないみたいだったけど(銃をつきつけてボンボヤージュとか叫んでた姿は笑えた 笑)、野風には本当に幸せになってほしいです。

・告白
野風が去ってしばらくした頃、仁は咲を呼び出し、牢獄で死に掛けた時に咲のことを考えてこの地へ残ろうと思ったことを告白します。やっぱり仁先生、咲さんのことが気になりだしていたのね…と思ったのですが、その矢先に何と!

「私と一緒になってもらえませんか?」

と突然プロポーズしてしまうではないですか!!ビックリしたよ、突然だよ(汗)。咲の答えをハラハラしながら見守ってる姿がなんだか初々しくて可愛い仁先生だけどね(笑)。
で、咲さんからすればもう、天にも上る気持ちで即OKしたいだろうとは思ったのですが…彼女は夕日を見つめながら仁のプロポーズを断ってしまう。野風のことがどうしても頭から離れなかったから…。その気持を押し隠して
「私の幸せは…後の世に仁友堂を残すことでございます」
と答えます…。仁が戻ってしまうかもしれない未来には咲の姿はない。ならばせめて仁友堂という形を…自分がいたという証を残したいという咲の切なる想いに涙…(涙)。消えてしまうかもしれない人と人生を共にする勇気がない…と、その場を立ち去る咲ですが、その言葉を言うことがどんなに苦しいか痛いほど伝わってきて本当に泣けます。

その帰り、咲は恭太郎と出会い…抑えていた感情があふれ出す。自分だけ幸せになることなんてできない…。泣き崩れてしまう咲さんが切なくて切なくて涙無くして見れないよ(涙)。本当に優しい子だよね…。
咲さんからフラれたと思っている仁先生ですが、あまりダメージは受けていない様子。それよりも自分のことを心から慕ってくれるこの世界の仲間達のために、自分も彼らを幸せにしたいと願っています。仁先生もやっぱりとても温かくて優しい…。

龍馬はいよいよ薩長同盟に向けて動き出すらしい。勝先生との掛け合い漫才みたいな関係も面白いです(笑)。
龍馬との帰り道、仁は初めて「ペニシリンをもっと扱いやすくしたい」と夢を語る。そのことが龍馬には嬉しい。そして二人は笑顔で別れる…。このあと龍馬に待ち受ける運命は…恐らくあの事件だよな…。仁の頭痛も気になります。

次回、仁先生が消えちゃう!?龍馬は西郷さんと!?色々気になることが多い。編集も通常時間内に収めることができなかったらしく、5分延長するそうです。早く続きが見たいぞ!!




関連記事

テーマ : JIN-仁- - ジャンル : テレビ・ラジオ

JIN -仁- comments(6) -


コメント

Re: 初めまして

ラッキーさん、初めまして!コメントありがとうございました♪
検索できていただけたとの事、嬉しいです。

JINは続編になってますます面白さがパワーアップしてますよね。
毎回本当に目が離せなくて時間が経つのが早く感じられてしまいます。
野風さん、今後はドラマにどう関わってくるんでしょうか?
中谷さんが「特別出演」ってなっているのも気になるんですが(汗)
再登場はありだと思ってます。

それから、ご指摘ありがとうございました!!
気がつかない間に安道名津に魅入られてしまってたらしい私(爆)
さっそく訂正させて頂きました~。そうですよね、ペニシリンですよ(笑)。
また何かありましたらお知らせください。

これからもよろしくお願いします。

初めまして

ドラマ・仁が大好きで色んな感想をネットサーフィンしながら読み漁っていたところ
こちらに辿り着きました。

第一シリーズからの感想をとても楽しく拝見させて頂きました!

待望の完結編、とても面白いですね~。
私は花魁野風が大好きだったので、彼女の出番と花魁姿がなくなってしまって
残念ですが、この先どう完結するのかドキドキワクワクしています。

あとあのぅ、すみません、上記に書かれてる感想で、
仁先生が多紀にお礼した書物はペニシリンの作り方だったではないでしょうか?

お初の書き込みにも関わらず、ご指摘してしまい申し訳ありません。

が、いつも楽しく拝見させて頂いてますので、
これからも感想楽しみにしております。

Re: No title

あすきさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

仁先生が牢獄から出てきて仲間達と再会するシーン、本当に感動的でしたね!!
仁先生のあの泣き顔を見たらこちらも泣きたくなってしまいます(涙)。
今後、龍馬との関係もどうなるのか気になりますよね。原作とどのくらい違うのかとか…。
内野さんの龍馬は本当にハマリ役です。本当に役者バカな方だなぁと(笑)。
また時間空いたら感想書きます~

Re: No title

きょろさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

今週の「JIN」はご覧になれましたか?
おそらく前回のを見逃しても分かるような流れだったような気がしますが…。
それにしても、本当に無駄なシーンがなくて見応え十分なドラマです。
今回も5分の延長がウソみたいに短く感じました^^;。
また余裕ができた時に感想書きますね~。

No title

JINは、本当に面白いですね。仁友堂の人たちとの絆 じわっと泣けました。内野龍馬さんは、ハマリ役 ドラマなのに、
この世界では生きててほしいと思ってしまいました(苦笑)
咲さんは、素敵は女性ですね。幸せになってほしい
これからも 楽しみです。感想楽しみにしています。

No title

えりこさん、こんばんは。

『JIN』先週の放送、他局でフィギュアスケート見てて
すっかり忘れていました(^_^;)
えりこさんの解説を読ませてもらうと涙なくしては
見れなかったんですね・・・。見逃したことが悔やまれます。
再放送を・・・期待したいと思います。
今週は絶対見るぞっと(^_^)v


フォーム

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。