<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
272355254.jpg
V6のイノッチこと井ノ原快彦くん主演の舞台『芝浦ブラウザー』を観に東京グローブ座まで行ってきました。グローブ座は2年ぶりくらいかなぁ。久しぶり。
V6メンバーの芝居を見るのは今年は坂本くんに続いて2度目。これでV6を生で見ていないのは岡田くんだけになりました。私はジャニーズファンではないんだけどV6は皆けっこう好きなんですよね、私。『学校へ行こう』っていうバラエティ番組を毎週見ていたせいもあるかもだけど(笑)。

客席はほぼ満席状態。やはりイノッチのファンの人が多かったように思います。音尾くんのファンで来ていた人もいたと思うのですが、私の視点からは分からなかった(汗)。
1階席のちょっと後ろのほうの座席でしたけど、劇場がかなり見やすい構造になっているのでオペラグラス無しで十分楽しむことができました。

今回なぜこの芝居を見に行こうかと思ったか…と、いえば、NACSの音尾くんが出演するからってことで…またしてもヨコシマな思いバリバリです(笑)。TEAM-NACSはメンバー皆好きなんだけど、その中でも特に音尾くんの芝居がとても自分の中にスッと入ってくるんですよね。イノッチとどんなコンビを見せてくれるのかもすごく楽しみでした。
ただ、今回はヨーロッパ企画さんのお芝居ということで今までこの劇団の芝居を観たことがなかった私はついていけるかちょっと不安がありました。劇団の芝居って自分に合うスタイルのものとダメなものとに分かれることが多いので(汗)。それに前にイノッチとヨーロッパ企画が組んだ芝居『昭和島ウォーカー』も見ていないし…果たして大丈夫かなと。

しかしながら、その想いは杞憂に過ぎなかった!いやぁ、実に斬新で面白い舞台でした!これは観に行って正解。舞台を見てあんなに何度も大笑いしてしまったのは久しぶりですよ。イノッチがパンフレットの中で『面白くなかったらごめんなさいというしかない』とコメントしていたんですが、そう言いたくなる気持ちがよく分かりました。
演出がとにかく今まで見たこともないスタイルだったので、それだけでも楽しかったなぁ。ああいう舞台の見せ方もあるんだ、となんかちょっとカルチャーショック受けた感じ。新しい演劇のスタイルを目の当たりにしました。これだからやはり生の舞台は面白い。


出演者
井ノ原快彦、音尾琢真(TEAM NACS)、芦名 星、市川しんぺー、伊達 暁、石田剛太、酒井善史、角田貴志、土佐和成、永野宗典、西村直子、本多 力、山脇 唯


以下、ネタバレを含んだ感想になります。ご注意ください。







まず驚いたのが、冒頭からしばらくの間は登場人物が舞台中央に現れないということです。
最初にイノッチ演じる不動産新入社員のフジタと音尾くん演じる先輩社員のオノが出てくるんですが…舞台下手にある壁をくりぬいたような小さな狭い空間でずーっとパソコンいじって不動産物件見てるんですよ(笑)。彼らがいじっているパソコンの画面は舞台中央の大きな映像空間に映し出される。フジタにパソコンで物件を探すやりかたを教えているオノ、という設定なんですが画面で何が行われているのかが舞台中央にデカデカと映し出されているんですね。その見せ方がすごく面白いんですよ(笑)。

ちなみにブラウザーというのはWebページを閲覧するためのソフト。そのソフトの使い方をフジタはオノから色々教わってるわけです。
このソフトが実に良くできてまして、物件のマンションに空き室がどれだけあるかも一目で分かるように出てくるし、現地まで行かなくても見たい部屋をタッチすれば中の様子がリアルタイムで鮮明画像として映し出されるのです。クローゼットの中まで見れちゃったりしてビックリ。なんか、将来的に本当に出てきそうなソフトだなぁと(笑)。

二人が見ていた地域というのが芝浦。高層マンションが立ち並んでいる高級地なのですが、不況のあおりも受けてか空き部屋が異常に多い。そのマンションの売り込みをしなければいけないわけですが…ふとブラウザーで周辺の様子をリアルタイムで見てみると…川の縁には多くのバラック小屋が立ち並んでいる。その一角にやたら密集して集合住宅のようになっている場所を発見する二人。ついついその様子を覗き見してしまうのですが、やがてどんどん好奇心が膨らんでいきます。
このブラウザーのすごいところはその現地の住みかの様子が3Dでも見ることができるってこと。ここで、舞台の画面がサーッと上に引いてバラック小屋の集落のセットが登場します。この見せ方が非常に斬新で面白かった。ブラウザー画面で見ていたものがやたらリアルな空間としてそこに存在するってわけです。これには皆大爆笑でしたね。

それぞれ自分の空間を個性的にアレンジしていて不自由なく快適に暮らしている。傍から見るとあんな狭い空間に縮こまって住み着いているなんて窮屈なんじゃないかと思うんですが、本人たちはそれが至って普通のことであって、食事なんかもすごく上手く機能している。不思議と彼らの住んでいる世界がだんだん羨ましい快適空間のように思えてきてしまう不思議!この見せ方も上手いなぁと。
それに、この集落に住んでいる人たちの個性的なこと!!その辺に生えている草や川の魚を釣り上げて独自の方法で調理して生活してるサバイバー。彼の作る料理はみんな内心ものすごく食べたくなくて遠慮しあってるんだけど表立った言い出せないでいる(←このときのせめぎ合いがものすごく面白い 笑)。多感な時期を迎えたとバラック生活してるオヤジはコソコソ覗き窓みたいな空間から周りの様子を伺ったり嫌なことから上手く逃げ回ったりしてる。なぜか六法全書を抱え込んで司法試験勉強に頭を悩ませてる苦学生がいたり、その隣の部屋にはレコードに囲まれながらシャカシャカとヘッドホンから音が漏れるほどの音量で音楽を聴きまくってる内気そうなDJもいる。ほんとにみんなものすごく個性的で、その行動パターンを見ているだけでも大爆笑の連続。

そんな彼らをキリモリしているのがなぜか高層マンションから移り住んできたという超美人の管理人さん。料理の腕も抜群でみんなから信頼されている。彼らの生活をブラウザーから眺めているうち、オノは彼女に恋をしてしまうわけで。このあたりから集落とその傍観者との接点が見えてきます。
そして翌日、外回りをするといって会社に来なかったフジタが向かった先が芝浦の集落。ブラウザーで美人の管理人に一目惚れをしてしまったオノもいつの間にか集落に混じっていく。そこで繰り広げられるますます濃密になっていく人間模様がとにかく面白い。

こんな風に、この舞台にはほとんどストーリーらしいストーリーがありません。はじめは傍観者だった主人公二人がいつの間にか当事者に成り代わっていくことの面白さをとても巧みに表現しているなぁと思いましたね。
とにかく、登場人物一人一人が濃いんですよ(笑)。私達観客はまさに動物園の動物を見て喜んでるみたいな感覚かなぁ。キャラクターがしっかりしていればしっかりしたストーリー構成がなくても十分に楽しめる、そんなことを感じさせられる舞台だったと思います。こんな魅せ方をする舞台っていうのも楽しいものです。
それでもラストシーンはなんだかとても胸に染み入る感動があったりする。フジタとオノの最後の会話の「間」がすごくよかったです。ちょっとウルっときてしまった。なんか、やられたなぁって。

群像劇のような芝居でしたが、主人公はフジタ役のイノッチことV6の井ノ原くん
前に見た長野君の時にも思ったけど…舞台の上のイノッチはアイドル色が全くなくて、ものすごく自然体の一人の青年なんですねぇ。そこらへんにいるノホホンとしたお兄ちゃんって感じでものすごく親しみやすい雰囲気がありました。劇中のセリフも台本があるのだろうか、と思わせるほど自然体で完全にあの世界の中に溶け込んでいる。とっても良かったです!集落の中に自分の「家」を作ってコーディネートするシーンが特に面白かったなぁ。あれ、イノッチの本当の願望が詰まった部屋らしいですね(笑)。生放送の朝の情報番組があって色々大変だろうに、その中でこうして舞台の主役も勤めてるってスゴイですよね。頑張れ、イノッチ!

そして同じ会社の社員オノを演じたのがNACSの音尾くん。いやぁ…やっぱ好きだわ~、オッティーの芝居!台詞回しも明瞭で聞き取りやすいし、なんだかよくわかんないけど惹き込まれるんですよね(笑)。音尾くんの芝居から目が離せないみたいな。美人の管理人さんに片想いしてしまう役なんだけど、けっこう切ないラストがありまして。この時のガックリくる芝居が個人的に超ツボ!!なんかあの場に行って慰めてあげたくなったくらい(笑)。はじめのうちは集落の人間達をバカにしたようなところがあったオノですが、次第に彼らの生活に馴染んでいってしまう。そうした変化がわざとらしくなくてとても自然。いつの間にか彼らのリーダーシップをとるようになってしまうクライマックスは大笑いでした(笑)。イノッチとの息もピッタリで会話劇が続く冒頭シーンもすごくテンポよくて本当に楽しませてもらいました。

集落の住民役の役者さんたちも芸達者な方が多い!特にサバイバーオッサンには何度笑わされたか分かりません(笑)。あとピンポイントで出てくる"66円ショップ"の店員さんも爆笑!実に絶妙のタイミングで出てくるんですよね。
いやぁ、ほんっとに予想していた以上に楽しませてもらいました。お勧めの舞台です。

終演後のカーテンコールではイノッチから募金のお願いがありました。今回も気持ちばかり入れさせていただきました。





関連記事

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ストレート演劇 comments(0) -


コメント


フォーム

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。