<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
えぇ…今期の大河ドラマ『江』については個人的にほとんど心を動かされることがないので、このまま一度も感想書かないまま終わるかなぁと思っていました。
ちなみに、ちょっとよかったなぁと思ったのが豊川悦司さんの信長の演技大地康雄さんの柴田勝家のキャラクター。この二人はいいなぁ、と思ってたのでどんなに陳腐なドラマでも心の寄りどころができて見れた気がします。

が…

第12回の放送を見て…ちょっと絶句…(苦笑)

えぇっと…、以下、またしても"毒"しか吐いてない内容になりそうですので追記へ(爆)。これだけは吐かずにはいられないもんで…。

※ "『江』面白いから好きです"って方は以下スルーしてくださいませ。いいこと書いてませんので。





ここまでストーリー的にも魅力がない大河ドラマっていうのも近年あまりなかったのではないだろうか。あの文句言いまくってた『天地人』が普通のドラマに思えそうだから怖い(爆)。これ、本当に田渕久美子さんが書いたドラマなんですかねぇ。途中で素人が変わってるんじゃないだろうか!?そう思わずにはいられない内容の気がします…。

大河ドラマの感想でありがちなのが"史実に忠実ではない"というもの。歴史を深く愛する人にとって大河ドラマの脚色された部分や主役を立てるための過度な演出は気になって仕方がないという気持ちはよく分かる気がします。でも、私は、史実にこだわるよりも"ドラマ"として心動くようなエピソードがあればいいかなと思っているので、これまでは"通説とは違うなぁ"と感じる部分があってもさほど気にしてきませんでした。

が…!!

今回の大河ドラマ『江』は"史実が…"云々以前の問題ではないかと感じざるを得ない。肝心の"ドラマ"部分があまりにもおざなりにされているような気がします。特にそれを強く感じたのがこの第12回でした。
サブタイトルは『茶々の反乱』ってことでしたが…茶々が反乱起こす前に視聴者が反乱起こす内容だよ!と思ったのは私だけでしょうか(毒)。セリフの中に「たばかられてはなりませぬ」「これではヘビの生殺し」というものがありましたが…それ、そっくりそのままこのドラマにお返ししてやりたい(猛毒)。

なんだ、あの、チャラい内容は!?

秀吉が茶々の気を惹くために食べ物で釣ろうとするシーンがありましたが…あれを見たときにものすごい嫌悪感を覚えたのは私だけでしょうかね。特にあの廊下で匂いを漂わせるといったセコい作戦…。

視聴者バカにしてんのか!?

ドラマがほとんど動かずに古臭いコメディシーンばかり見せられ(猛毒)…どんな反応とっていいのかわからなかったですよ。何が狙いなんですかね、この大河。侍女たちも妙なドタバタ芝居をさせられてるし、三姉妹のバランスも悪く下品にギャーギャー言い合うシーンが多いし、さらには秀吉はあんなだし…(爆)。
これまで色んな歴史ドラマで秀吉というキャラクターを見てきましたが、今回ほどアホッぽいというか変態っぽいというか嫌悪感を強く持ってしまう人物像は初めてなような気がします。あの秀吉に多くの女性がコロッと惚れてしまう…というのが信じられないんですが(爆)。岸谷さんが悪いわけではないと思うんですよね。元々ああいうコメディ的なお芝居は上手い方ですし。ただ、使い方が悪いと思うんですよ、制作者側の。岸谷さんのいい部分が全てチャラにされてしまってる気がする。障子に指で穴を開けて茶々を盗み見るというあの下品極まりない演出とか…ホントにどうにかならないんですかね。"大河ドラマ"の枠で放送するようなシーンじゃないと思うんですが。
しかも、江を最初に嫁に出すと決めた理由が…"茶々獲得のためにうるさい妹が邪魔になったから"的な演出…。なんて軽い見せ方…(猛毒)。

ここまで見てきて、12回の放送を見て改めて思ったのは・・・この『江』という作品はNHKの大河ドラマという枠で放送する作品ではないということ。時間の無駄と思われるシーンが多過ぎる。コメディ色を見せたいらしいですが、それにしてはあまりにも時代遅れすぎる。それに肝心のドラマが全然成ってません。キャラクターも皆好き勝手に一人歩きしている印象が強く、まとまりがないし誰にも感情移入できなくなってる気がする。
民放の歴史ドラマのほうがよほど真面目に作ってるんじゃないですかね。この『江』はせいぜい、バラエティ系歴史再現ドラマの一部として使われるくらいが妥当ではないかと(猛毒×50)

まだ序盤ですが…この先思いやられる内容だったなぁと(毒)。田渕さんの作品は今までそんなに嫌いじゃなかったのになぁ。これに限ってはかなりレベルが低い気がする。なんていうか…独りよがり的な部分が見え隠れしてみているこちらが置いてけぼりを食らってるみたいな…。
次回から新キャラがまた出てくるのでもう少し様子を見ようと思いますが…期待してません(毒)。

はぁ…違和感をここで吐き出せて少しスッキリしました。お目汚し失礼いたしました(爆)。



関連記事

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

その他ドラマ感想 comments(6) -


コメント

Re: mmさんと同じく

双子星さん、こんにちは!コメントありがとうございます。

たしかに『江』は最初からあまりドラマとしても魅力を感じませんでしたねぇ…。
私はただでさえ女性が主人公のドラマはあまり興味が持てなかったりするので…ドラマ的に
面白い展開にしてほしいと思ってたのですが、スタッフさんたちの考える「面白い」とは
趣向が全く違ってしまい戸惑いを隠せません。というか、ドン引きです(爆)。
そう、「天地人」はダメだけど嫌いになれない大河だったんですよね!同感です。

Re: 捨てました(爆)

けろちゃんさん、こめんとありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい!

もはやファンタジーとしても見れなくなったような気がします(苦笑)。
紀行の部分だけで本当に十分って感じですよねぇ。
なんであんな内容の大河ドラマにGOが出たのか謎で仕方ありません…。
秀吉の描き方が特に違和感ありますよねぇ…。あの人物に女性が次々に心許すっていうのが
全く腑に落ちない私です(汗)

Re: タイトルなし

mmさん、コメントありがとうございます!お返事が遅くなってごめんなさい。

「篤姫」の場合は私的には堺雅人さんの演技力に引っ張られたのが大きかったです、今から思うと。
堺さんの家定は本当に最高だったと思うので。そのあと多少退屈しちゃったりすることも
実はあったりしたんですよね(笑)。でも、今の「江」よりは断然マシだったなぁと…。
『江』はホームドラマとかいう以前の問題だと最近は感じております(苦笑)。
大河ドラマという枠で放送する内容ではないのではないかと…。
田渕さんやスタッフのやっつけ仕事みたいな印象が拭えませんねぇ。どうしちゃったんでしょうか(汗)

mmさんと同じく

私も「篤姫」からしてダメだったんですが、それでも8話くらいまでは持ったんですけどねぇ・・・今回は冒頭でアウトでした(汗)。豊川さんの信長は割と好きだったし、岸谷さんも宮沢さんも、主演の樹里ちゃんも好きなんですが・・・脚本が酷すぎます(汗)。岸谷さんと樹里ちゃんは「てるてる家族」の時に良い味だったので楽しみなキャストだっただけに・・・勿体ないです。

「天地人」は、確かに構成スキルは酷いものでしたけど、「全キャラを良いように見せようとする努力」は感じられたので、「ダメだけど好き」なドラマでした(笑)。「江」は・・・そもそもキャラが作れていないというか・・・そういう意味では「てっぱん」と同じ系統といえるかも?

捨てました(爆)

あまりのファンタジーっぷりに12回はほんのチラッとだけ。もう見ることはないだろうと思います(苦笑)最後の紀行部分だけみようかなと。
ほんっとうに(力を込めて)内容のない大河。3流エロ雑誌で描きそうな秀吉像に 岸谷さんが気の毒でなりません。

毎度です(笑)。
「江」に毒舌を吐きたくなる気持ち、私も同感です。でも私はえりこさんと違って、「篤姫」の脚本も好きじゃなかったんですが。

「篤姫」は現在のホームドラマ並みの心理描写(特に篤姫と帯刀、篤姫と家茂のシーンが…)というのに引っかかりを感じていて、近代以前の人物を描く、それも歴史の流れを大局から描く大河ドラマものとしてはいかがなものか?と思っていたんです。

ただ「篤姫」は人物がきちんと描かれ、かつ役者さんもきちんと役を生きているという感じがすごくあって、普通にドラマとしてよくできていると思いました。だから最後までちゃんと見続けられたんです。

でも、あのときに、田渕さんにはホームドラマ風の歴史ものの脚本は書かないでほしいなと思っていたので、この人を再度大河の脚本に起用するなんて…??という感じでした。

というわけで、私はその点についてえりこさんとは意見が違いますね。でも「篤姫」と同じ人が書いたとは思えないくらい、今回の脚本はダメだという点については、激しく同意します。


フォーム

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。