FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』

ディズニーアニメ50作目記念として制作された映画『塔の上のラプンツェル』を見に行ってきました。
ディズニーアニメの映画を見るのはとても久しぶり。これまでのディズニー作品の歴史なるものを見てみると…なんと、『ターザン』以来だということが判明!そんなに見ていなかったのか(苦笑)。

グリム童話が元になっているとのことですが、映画のストーリーとはだいぶ違うようです。元になっているストーリーを後から調べてみたら…お子様にはちょっと早いかなって内容でビックリしました(笑)。映画のほうが夢があるし老若男女誰でも平等に楽しめるものになっています。
全く予備知識も何もないまま見に行ったのですが…予想していた以上に面白かったです!ストーリーが本当にテンポよくて飽きることなくガッツリ楽しめます。

髪の長い女の子ラプンツェルが塔に閉じ込められて18年目の誕生日。その日がくるとなぜか空にたくさんの灯りが舞う様子を遠くから眺めていた彼女は実際に見に行きたいと"母"の目を盗んで偶然であったイケメンの盗賊と旅に出ます。そこで色々な出来事が起こるのですが…いやぁ、ザ・ディズニー作品って感じの爽快感。方程式に当てはめたような、ディズニー作品のファンだったらきっと誰でも楽しめるんじゃないかな。熱烈なディズニーファンじゃない私もかなり満足しましたし。

今回初めて3D映画バージョンで見まして。3Dメガネ初体験ですよ(笑)。最初はあまり乗り気ではなかったんですが、この映画に限っては3Dのほうが楽しめるかもしれません。奥行きが出てキャラクターが立体的に見えるのでまるでディズニーの絵の世界に入り込んだかのようなワクワク感が味わえます。過度なドッキリ映像もなかったし(飛び出しすぎてビックリみたいなのはなかった 笑)普通に落ち着いてじっくり楽しめました。
面白いなと思ったのが字幕の出方。キャラクターが字幕よりも手前に見えていたり奥にいったり。文字そのものもアートみたいな感じに見えて楽しかったですよ。

それにしても…最近のアニメの技術っていうのは本当にすごいですねぇ。あの繊細で美しいアニメ映像には心底ビックリしましたよ。キャラクター一人一人の動きがものすごくリアルで、顔の表情はアニメっぽい可愛さがあるのにふと実写の人間かと錯覚しそうになるくらい繊細なタッチで描かれています。
ラプンツェルの長ーーーい髪の毛も一本一本とても丁寧に描きこまれていてまるで本物の人間の髪の毛を見ているようだった。それから手や足の質感が本物の人間のものにそっくりに描かれていたのも驚き。アニメなのにアニメじゃないみたいな(笑)。それに…ラプンツェルの恋の相手役の盗賊フリンが超イケメン!!めちゃくちゃカッコイイですやん。それだけで私のテンションかなり上がってましたよ(笑)。
出てくる動物達の動きもとても個性的で面白かったなぁ。カメレオンくんの尻尾の表情も楽しかったし、まるで警察犬みたいな動きをする馬のマキシマスも最高だった。こういうところはさすがディズニーだなぁと。

そして何と言ってもあの美しい背景ですよ!クライマックスでラプンツェルとフリンが船から光を眺めるシーンはぜひとも映画館で見てほしいです。息を呑むような美しさで思わずウルっときてしまいました。ほんっとにここ最近のアニメ技術ってすごいなぁと感動することしきり。
あとは音楽ですね。あんなにナンバーが多いとは思わなかった。音楽担当は『美女と野獣』などでお馴染みのアラン・メンケンじゃないですか!そりゃいい曲揃いのはずだよ!!

塔の上のラプンツェル オリジナル・サウンドトラック塔の上のラプンツェル オリジナル・サウンドトラック
(オリジナル・サウンドトラック)

WALT DISNEY RECORDS 2011-03-09
売り上げランキング : 255

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オリジナル版の声優さんの歌とセリフも表情があってとても素晴らしかったです。アニメの口の動きと全く同じなのでなおさらリアルに思えてしまった。
で、これ、日本語版はラプンツェルをしょこたんこと中川翔子ちゃんが担当してるそうですね。そちらのほうも評判がいいので見てみたいです。それに…フリオ役が…畠中洋さんじゃないですか!!!ぬおおーー、畠中さんのフリオ、見たいっ、聞きたいっ!!絶対ハマりそう。時間があれば日本語版も行きたくなってしまうなぁ。それがダメならDVD出たら買ってしまうかも(笑)。



いろんな方にオススメしたい作品です。心が元気になると思う。
ただ、一箇所だけ、今のこの時期にちょっとキツイかもしれない…と感じざるを得ない場面があるのが気になりました。ディズニー作品にはありがちなシーンではあったけど、見る人に因っては辛くなるかも…かなぁ。ストーリーとかアニメの美しさとかは最高にいいんですけどね。あの部分だけ・・・。


関連記事

ジャンル : 映画
テーマ : ディズニー映画

[ 2011/04/02 01:07 ] 映画鑑賞作品 | TB(-) | CM(4)
Re: タイトルなし
夏さん、こんにちは!コメントありがとうございます。

おおっ、日本語吹き替え版見てこられたんですねぇ~。いいなぁ。
畠中さんのフリンは絶対にハマりそうだと思ってたんですけど、やっぱり!
うぅん、見たかった。DVDになったらちょっとチェックしようと思います。
映像が美しい映画なので、大きな映画館で見るとけっこう感動も大きい作品ですよね。
[ 2011/04/14 16:08 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
華さん、コメント遅くなっちゃってごめんね!

この映画に日本人スタッフが関わっているっていうのは聞いてたんだけど
あの髪の毛のCGがそうだったんだ~。
日本人の技術って本当にすごいよねぇ。
[ 2011/04/14 15:39 ] [ 編集 ]
私も見てきました。
吹き替えでしたが、良かったです。
しょこたんも良かったし、フリンの畠中さんもすごく良かったです。
ラプンツェルの歌がすごくうまくて、しょこたんってこんなに歌がうまいんだって思っていたら、歌は別の人がうたっていました。でも、声が似ているみたいで、まったく違和感なかったです。
劇場で見て、正解でした。えりこさんの、お勧めも
見に行くきっかけになったので、ありがとうございました。
[ 2011/04/11 22:49 ] [ 編集 ]
あの髪の毛のCGは日本人がやったんだってね。
この間テレビに出てた。
[ 2011/04/03 22:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。