<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
261472529.jpg
海劇場で上演中の『マンマ・ミーア!』を観に行ってきました。本来は3月11日に行くはずだったのですが、出かける寸前に起こったあの東北関東大震災が発生したことでキャンセルに。今月はもう行く日がないなぁと思っていましたが、21日がふっと空いたので11日の代替として急遽チケットをあの日ご一緒する予定だった友人に手配してもらいました。もちろん彼女も一緒の観劇。再会してお互いの顔を見たときはなんかホッとしました…。
海劇場へ行くまでの問題としては…計画停電の影響による運休ダイヤ。私が住んでいる地域の列車は震災後約1週間、ほとんど動いていない状況だったので当日までドキドキだったのですが、この日は計画停電が行われなかったためになんとか通常の8割くらいの割合で動いてくれました。万一に備えて早めに出発したためにやけに早く汐留についてしまったくらいです(苦笑)。

休日だというのに、汐留付近は明らかに人が少なかったですね…。外出を避けている人が多いと思います。計画停電の影響からか節電しているお店も多く、今まで見てきた風景とは違う雰囲気。特に飲食店のガラガラ度はかなり深刻な状況で…この先の経済に不安を感じてしまいました。今はまだ、外食したり外出して遊びに行くなんていう気持ちにはなれないと思うので仕方がないと思いますが、この状態が長く続くと日本にとってあまりよくないことになるのではないかと心配です。
かくいう私も、正直出かけることには未だに罪悪感めいたものがありまして…今回のマンマも行っていいものかという気持ちはありました。ただ、今回逃すとまた少しの間観に行けなくなるし…お目当て役者さんがいなくなる可能性も否定できないし…申し訳ないなという想いを抱えつつも観に行ったというわけです。

海劇場のロビーは節電のために半分くらいの照明が落ちていて物静かな雰囲気。休日だというのにロビーにいる人はかなりまばらだったので客席を見るのが怖かったのですが(汗)意外にも7割くらいは埋まっている状況でちょっとホッとしました。照明の力ってすごいなぁと改めて思い直してしまう。気分的にも明るいのと落ちている明るさとではだいぶ違います。
ただ、劇場は特に舞台本番で多くの電気を使うので運営が大変なのではないかなぁと思ったり…。この状況が続けば春以降夏の公演にも影響が出てしまうのではないかとふと心配が過ぎりました。

261513962.jpg
四季劇場にも義援金ボックスが置かれていたので、今回も微々たる金額ながら募金させて頂きました。今の私にできることってこのくらいしかないし…。本当に一日も早い復興を願っています。


主な出演者
ドナ・シェリダン:樋口麻美、ソフィ・シェリダン:谷口あかり、ターニャ:八重沢真美、ロージー:青山弥生、サム・カーマイケル:渡辺正、ハリー・ブライト:明戸信吾、ビル・オースティン:脇坂真人、スカイ:鈴木涼太、アリ:木内志奈、リサ:柏円、エディ:川口雄二、ペッパー:大塚道人



以下、ネタバレを含んだ感想になります。ご注意を。





このような状況の中で舞台に立たれることに違和感を感じられている役者さんも多いと思います。ある方のブログにはスカイ役で出演されている鈴木涼太さんの心の葛藤のような心境が綴られていて胸が熱くなりました。そんななかでも、少しでも元気を与えたいと思い舞台に立っている役者さんたちに私は敬意を払いたい

今回の座席は、恐らく今後はもう座る事がないのではないかというくらいの場所で…役者さん皆さんの舞台上の熱意みたいなものがヒシヒシと伝わる素晴らしい観劇となりました。おそらく、地震前に観たあの公演よりも楽しめてしまったかもしれない。被災したわけでもない私が楽しい想いをするのはなんだか申し訳ない気持ちもあるんだけど…あの日の舞台は本当にとてもよかった
「マンマ・ミーア」ってストーリー自体には正直あまりピンと来ない部分があったりするんですけど(汗)それをABBAの素晴らしい音楽が補って余りある作品だと思うんですよね。こういう時代にあの音楽は本当に救いになるなぁと改めて感じました。
間近の舞台で発見したことも多々あり。劇中で使われている飲み物は本物だった!とか。ソフィがラッパ飲みするシーンがあるんですけど(ダイナモスのライブ前)、あれ、本当に一気飲みしてたんですね。ビックリしました(笑)。あと、SOSの前にサムがスケッチしてるのは…本当に何かを描いているんだとか(ナベさんがどんな絵を描いているのかものすごく興味津々 笑)。それから日記には本当に事細かな文章がちゃんと綴られているんだとか。これまで見えなかったものが見えてそれだけでも楽しめたかも。

一番好きなシーンはターニャがペッパーをからかう「Does your Mother Konw」のナンバーかなぁ。あの音楽聴くと自然に体が動きたくなってしまう。マンマ・ミーアの劇中で私のテンションが一番上がるしーんでもあります。ただ歌詞は個人的には英訳のほうがシックリくるんですけどね(ipodに映画のサントラ入れていつも聞いてるせいもあるんだけど 笑)
前回観た時に大塚ペッパーが坊やちゃんに見えなかったことに違和感を感じてしまったんですが、今回は大塚ペッパーがなぜかちょっと若く見えてターニャに翻弄される"坊やちゃん"に見えました(笑)。全体的にノってるなぁと思える舞台だったのでなおさら好転的に見えたのかも。

カーテンコールでは前回手を打つだけで手一杯だったんですけど、座席が座席だっただけにそれだと逆に浮きそうな気がしてついに振り付きで一緒に歌ってきました(爆)。しかし場所が狭いので手を振りかざすのも一苦労でしたけどね(汗)。あ、ペンライトは持って行ってないですよ。
間近で見る役者さんたちの笑顔がとても眩しかったのが印象的でした。それに面白い人も何人かいて思わず吹き出しちゃったし(ナベさんとか 笑)。なんだかここ最近の中で私、一番笑ったかもしれない。名古屋で見たマンマで感じたような満足感が得られる公演だったと思います。行ってよかった。

以下、キャストについて少々。


ドナ@樋口麻美さん
前回観た時よりもすごくスッと「ドナだな」と感じられるようなシックリ感がありました。♪この手すり抜け♪のナンバーはもう少し高音に気持ちを乗せられればなぁとは思いましたが、それ以外ではドナ役に対する違和感みたいなものはありませんでした。特にいいなぁと思ったのが、ドナのサムへの未練っぷり。サムを愛する気持ちが表に噴出しそうなのを必死に押さえ込んでいるみたいな芝居はグッとくるものがあったしとても良かったと思います。表情も豊かでとても活動的な樋口ドナ。疲れてるけどカッコイイお母ちゃんを熱演してて好感が持てました。
それからカーテンコールでのはじける笑顔がとてもいいです。樋口さんのあの明るい表情にホッとする想いが沸き起こりました。色んな想いがあるだろうけど、それでも舞台上であんな笑顔を作ってくれてありがとうって思いました。

ソフィ@谷口あかりさん
仙台公演での評判が今一つという感じだったので、ある程度覚悟はしていたわけですが…なかなかいいじゃないですか!私は谷口ソフィが好きです。なんていうか…樋口ドナの娘っていう雰囲気がすごくよく出てた。歌も悪くないし、ちょっと勝気な表情も可愛いです。個人的には江畑ソフィよりも好きだなぁ。涼太スカイとの相性も見ていてとてもしっくりきました。私の中で思い描いていたソフィ像に近いかもしれない。

ターニャ@八重沢真美さん・ロージー@青山弥生さん
このお二人に関してはもう、言うこと無しって感じです(笑)。芝居の間といい、コメディのテンポといい、長い間この役を演じられてきたからこそ出てくる味みたいなものが随所に発揮されています。青山ロージーがハリーに迫るシーンなんかはあまりの意気込みっぷりに笑えるし、八重沢ターニャのペッパーをもてあそぶ時の態度が男前でカッコイイし、もう完全にこの作品に馴染んでるなぁという印象。

スカイ@鈴木涼太さん
前回よりも間近で見たということもあるんですが…めっちゃカッコイイじゃないですか、涼太スカイ!危うく惚れそうになりましたよ(爆)。笑顔がとっても爽やかでそれでいて雰囲気が柔らかくて優しさが滲み出ているところがイイ!!花嫁姿の男前っぷりもちょっとドキリとしたりして(笑)。谷口ソフィとの相性もいいと思います。

ビル@脇坂真人さん・ハリー@明戸信吾さん
脇坂ビルのあのマイペースな雰囲気がとても好きですねぇ。ぎこちない動きを一所懸命やっているところも可愛い(もともとダンスはキレる方ですから 笑)。それにちょっと…戦場カメラマンの陽一さんっぽい所も感じられたりして!?脇坂ハリーをもっとゆっくりにすると渡部陽一さんになるかもなんて(笑)。
そして明戸ハリー…もう、出てきた瞬間から「大塚範一」だよぉぉ(笑)。なんだろうねぇ、あの似て方は。髪の毛の後退の形も顔の骨格も…しまいには声質まで「大塚さん」に思えて仕方がない。そう思い出したら本当に止まらなくなってしまって…物語とはまったく別のところで吹き出しそうになること多々あり(爆)。サムとハリーと3人揃うシーンは色んな面白さが混じり合っていてどこに視線を置けばいいのか困ってしまった(笑)。


ここから先、ちょっとテンションが変わります(爆)。苦手な方ご注意を。





サム@渡辺正さん
今回は簡略感想なのであまり離さないで書くことにしましたが…、やっぱりナベさんのサム面白くて好きだわ~。ちょっと気になったのが首筋が少し赤くなってたこと。友人とも話したんですが「変な虫に刺されたんじゃ」という妙な結論に達しましたが真相は謎です(爆)。
サムって傍から見ると本当にヒドイ男だなぁと思っちゃうんですよね。ドナを愛していながら突然詳しい事情も話さないまま「婚約者がいる」って言って本国に帰って行ったわけですし。そりゃドナが傷つくのも当然だなと。しかも一度戻ったというのも「ドナが落ち込んでふさぎこんでると思って」というなんとも身勝手な理由だし。ただですねぇ、ナベさんの演じるサムってこういうマイナス要素が中和されてるっていうか…見ていて本当に憎めないんですよ(笑)。これはファン目線だからだっていうのもあると思うけど。サムにはサムのどうにもならない想いとかもあったんだろうなって同情的な視線で見えてしまう。それはたぶん、ナベさんが本来持っている優しさが役に自然に投影されているからではないかなぁと…。ナベさんのサムの笑顔は本当になんだか屈託なくて憎めないんですよ。ドナに責められて目が泳いでしまう弱さも愛しく見えてしまう。あ、これもファン目線だと思いますが(笑)。結婚式シーンでの笑顔はとても可愛くて癒されます…。あの笑顔のナベさんが本当に好き。
四季の教育に忠実に従ってるっぽいナベさんだと思うので(汗)芝居的には客席に伝わらない部分も多いと思うんだけど、それでも、こういう人の良さみたいな部分を感じさせる雰囲気を持っているというのは一つの魅力でもあるのではないかなと。そんなナベさんだから、やっぱりファンは辞められない。
カーテンコールでの妙な弾けっぷりがまた面白すぎて思わず笑っちゃいましたよ。樋口さんや谷口さんも「!?」というような表情になるくらいのノリっぷりなんですけど、なぜかちょっと中途半端っぽくも見えてテンションがちょっと不思議な感じに写る(笑)。そこがまたナベさんらしい。黄色い派手衣装を着て下手後ろに下がった時には一人3回くらいジャンピングスピンしてて(ちょっと転びそうと思えることもあり 笑)見ているこちらはもう笑いが止まらなくなりましたよ!なんだあの張り切りっぷりは(笑)。ナベさん、この作品好きなんだろうなぁ。かなり長いこと演じてるのになぜか初々しく見えるあの硬い動きや懸命なダンス。それもひっくるめて愛しく見えます。

あれま、結局ナベさんだけ異様に長くなっちゃったよ(爆)。そんなナベサムとも少しの間お別れ…かな。来月もナベサムに会いたいけど、アイーダにもキャスティングされてるらしいのでいつ会えなくなるか分からないし。四季はキャストが見えないから予定も立てづらい(苦笑)。もし来月もナベサムがいたらまた突発的に行ってしまうかもしれません。


関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

劇団四季 - -
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。