<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
とうとう土佐に戻ってきた龍馬。目的は一つ、煮え切らない容堂公に大政奉還を実現させるために動いてもらうこと。史実では龍馬は実際に容堂に会っていないし、そもそも会える身分ではないということですが…、まぁ、ドラマですからここは龍馬の活躍を見せるということで。それに彼に残されてる時間もなくなってきましたしね…(涙)。
決死の覚悟で容堂に「龍馬と会ってほしい」と頼み込んでいる象二郎。まさか彼が龍馬のためにこんなに苦労することになろうとはねぇ…最初の頃からすれば考えられないですよ。容堂は徳川への忠誠心から今の幕府に違和感は抱いていてもなかなか首をたてに振ろうとしない。

一番印象的だったのが、薩長を結びつけ薩土盟約を結ぶ立役者になっていたのが龍馬だと容堂に告白したシーンですね。容堂から「なぜ早くそれを言わなかった」と責められた象二郎は今まで自分の胸の中に溜め込んできた感情をついに表に出す。

「妬ましかったがです!坂本が!!」

自らの感情をぶつけた上で、それでも今は上士だ下士だと言っている場合ではないと必死に説得する象二郎の姿に胸が熱くなりました。ムネくん、大熱演(←シャレじゃないですよ 笑)。最終撮影ということもあったらしくさらに気合が入っていたのかもしれませんね。
この象二郎の決死の告白で、ついに容堂は龍馬に会う決心をするのです。象二郎の功績は限りなく大きい。

容堂公に会う前、龍馬は久しぶりに実家へ戻ります。しばらく家を離れている間に八平さんの後妻だった伊興さんが亡くなっていたことを知らされる龍馬。坂本家の中でいつも龍馬のことを親身に考えてくれていた優しい伊興さん…とても人間ができた人だったと思う。
乙女姉やんは坂本家に出戻ってるし(笑)権平兄さんも女家族の中で孤軍奮闘してる(笑)。驚いたのは春猪が人妻になって既に二人の娘の母親になっていたこと!前田あっちゃんが母親役って…スゴイな(笑)。皆変わらず温かく龍馬を迎えてくれる。
夜にはなぜか岩崎家の面々が押しかけてきて宴会になってるし(笑)。これ、弥太郎の近況を語らせるための演出ですかね。ちと不自然ではありますが久しぶりに登場した岩崎家の皆さんも相変わらずでした。特に弥次郎父さんは変わってないね(笑)。でも、龍馬は弥太郎の家族と顔を合わせるのがなんとなく気まずい。やはり弥太郎から「疫病神」と言われたことが彼の中で傷になっている…。それでも明るく岩崎家の面々に弥太郎は優しい男だと語る龍馬がなんだかいじらしく思えました。

その弥太郎は商売で転機を迎えている。独立しようとしている彼のもとに上士の高橋と森田が賛同してくれた。時代は確実に変わってきているんですね。「よろしゅう頼みます、岩崎さん!」と彼らが弥太郎に頼み込んだシーンがとても印象的でした。以前なら下士の弥太郎に「さん」付けして上士が呼ぶなんてありえない出来事ですからね。

そしてついに容堂と龍馬が面会する時が訪れる。龍馬を見て「わしが憎くはないのか」と問う容堂。容堂は龍馬の親友だった武市や以蔵を死に追いやり、土佐勤皇党を弾圧した張本人。ずっと下士をさげすんできた。そんな容堂に龍馬は堂々と「憎いですき」とハッキリ答える。精一杯の抵抗ですね。これは直訴というよりも容堂と龍馬の一対一の勝負だなと思いました。下士が殿様に意見するなんて周りから見れば前代未聞。でも、たしかに時代は動き、変わってきている。
しかし、その憎しみを水に流し、これからは上士も下士もない日本にならなければいけないと必死に説く龍馬。幕府も武士もない世の中にならなければいけないと、決死の覚悟で容堂に訴え続ける龍馬の目からは一筋の涙が…。福山さんは感情が高ぶる芝居になるとこうして素で涙を流されてますよね。それがとても印象的です。
そんな龍馬に容堂は武士も幕府も無くなったら何が残るかと問いかける。龍馬の答えは…

「日本人です。異国と堂々と渡り合える日本人が残るがです」

このセリフもなんだかとても心に響きました。異国の脅威が迫る中、今こそ日本がまとまらなければいけないという龍馬のメッセージ。これは今の日本にも言えることかもしれないなぁと思ってしまった…。

そしてついに容堂は大政奉還の建白書を書き上げる。「なぜ書くと分かっていたのか?」と問いかける容堂に対し「武市さんと同じ地べたに座ったという話を聞いたから」と答える龍馬。下士である半平太と同じ目線で「えい家臣だ」と確かに容堂は語ってた。完全にフィクションだと思いますけどね…でも、あのシーンは今でも心に残っていて泣きそうになる。
龍馬はそうした容堂の度量を信じてたんですね。まぁこの直接対談もフィクションだと思うけど。

大きな山を越えた龍馬、そんな彼に自ら手を差し出す象二郎。シェイクハンドする二人の姿がとても感動的だった。妬みも恨みも越えて二人が本当に結び合えた瞬間だったと思う。

土佐を出発する前、龍馬は海岸で乙女と語り合う。「家族みんなを黒船に乗せて世界を旅する」…死の影が迫っていた父・八平さんの前で語っていた龍馬の夢…。あのシーンを思い出すだけでも涙が出てくるよ(涙)。その想いは数年たった今でも龍馬の中で生きている。すべてが終わったら、坂本家皆で世界旅行に出る夢を語り合う二人。
でも、乙女姉さんはこの時妙な胸騒ぎがしていたのかもしれない…。波打ち際で二人が戯れる姿がなんだかとてもとても泣けた(涙)。龍馬が家族と会えたのはこれが最後になってしまうから…。

いよいよ「龍馬伝」も残すところあと2回…。その時がくるのがなんだか怖い気もします…。
そういえば昨日11/15は龍馬の誕生日であり命日でもありましたね…


関連記事

テーマ : 龍馬伝 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 龍馬伝 comments(0) -


コメント


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。