<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
今回『99年の愛~JAPANESE AMERICANS』で放送前から期待していたのが片岡愛之助さんの出演でした。
2月頃に雪深い山の中で撮影したと聞いていたので、どんなシーンなのかずっと気になっていました。まさかあんなに哀しいシーンを撮っていたとはねぇ…(涙)。ということは、時期的に…あのハウステンボスでの逃走前後の撮影だったんだろうか?とか今になって思います(笑)。

愛之助さんは第4夜から第5夜にかけて登場。草なぎ君演じる一郎の戦友・夏木という役どころで…予想以上に出番はかなり多かったです。愛之助さんが兵士の役をやるのはもう3回目くらいですかね。『Beauty』でも『私は貝になりたい』でも死んでしまう役柄だったので今回も…と覚悟はしていましたが、生き残れてよかった(汗)。
でもねぇ、私は愛之助さんの出ているシーンはほとんど泣きましたよ…。そのくらい印象的だったしとてもいい芝居をしてたと思います。

初登場では訓練中の一郎と隣同士になったにもかかわらずあまり相手にされない空気でしたが、アメリカの軍曹と1対1の勝負に見事な柔術で勝利してから関係がよくなっていきました。あの背負い投げはすごかったけど、愛之助さんが演じてたかどうかは謎(汗)。でも最後アメリカ軍曹に手刀でグッと睨みつける表情はとてもよかったしカッコよかった!
訓練の時も一郎とけっこう一緒が多かったらしく、大写しにはならないまでもけっこう画面にはチラホラ映ってましたね。

イタリア戦線に送られた時に一郎と家族について語り合うシーンも印象的でした。「お前には家族が居るけれど、自分のところは死んでしまったら誰も頼る人が居なくなるから何としても生き延びたい」と家族への想いを熱く語ってる夏木。それをじっと見つめる一郎…。夏木さん、奥さんと3人も子供がいたのね…。愛之助さんの覚悟のセリフもとてもよかったなぁ。この言葉を重く受け止めていたからこそ、一郎はあのような行動を…(涙)。
それから日系人で構成された442部隊がテキサス部隊を救出するために戦闘の最前線へ送られる時のシーンも印象的。「自分達の功績が認められているから送られるんだ」と熱弁を振るう夏木ですが、「おめでたいヤツだ」と非難されてしまう。このセリフを言うときの愛之助さんの表情が鬼気迫るようなものではなくてけっこう柔らかで純粋だった。夏木は素直で心優しい人なんだろうなぁって思いました。

そして最前線での哀しいエピソード…。次々と倒れていく442部隊があまりにも痛ましくて涙…。もういつ弾が中って死んでしまっても不思議ではない状況。そんな中、一郎の「大和魂見せるんだ!」という決死の突撃があって夏木もそれに続く。その攻撃が功を奏し先に進もうとした矢先、生き残ったドイツ兵が夏木めがけて銃を撃つのですがとっさに気づいた一郎は必死に彼を庇って銃弾に倒れてしまう。あぁ…一郎、夏木の家族の話を聞いていたからこそのとっさの行動だったんだろうね(涙)。必死に助け起こそうとする夏木に苦しい息のなかテキサス部隊救出へ行くことを強く勧める一郎…。
「必ず戻ってくる」と約束して夏木は一人突進していく。狙い撃ちしようとするドイツ兵を柔術で倒し、取り憑かれたように猛進していく夏木の姿は涙無しに見られませんでした(涙)。まさに愛之助さん渾身の芝居だと思いましたよ…。自分を庇ってくれた友のために一心不乱に走り続ける夏木の決死の想いが痛いほど伝わってきた。

そしてテキサス部隊の元へ到達した夏木。極度の興奮状態で襲い掛かる夏木の鬼気迫る表情がとても印象的だった…。ただただ一郎の想いを胸に必死にここまできて敵も味方も分からない錯乱状態の夏木から目が離せなかった。愛之助さん、いい芝居するなぁ。
テキサス部隊と合流できたことを確認した夏木は一人で一郎のもとへ走って戻る。虫の息の一郎に「お前にも家族がいるんだろう!?」と必死に呼びかける夏木の姿に涙が止まらなかったよ(涙)。そして必死に呼びかけてももう一郎から返ってくる言葉がない…。「平松~~!!」と泣き叫ぶ夏木の声が痛くて痛くて…。彼は重い十字架をこの時背負ってしまったんだろうなと思った。

第5夜では442部隊が凱旋パレードするシーンで登場。テキサス部隊救出の功績を称えられてのパレードに一郎の遺影を持ち行進する夏木…。彼はその後も戦火を生き延びることができたんだねぇ…。その姿をパレードを観に来ていた一郎の母・ともや弟・次郎、妻・しのぶが目撃する。「一郎!!」と思わず叫んでパレードする夏木に泣きながら追いすがるとものシーンはこれまた涙無しに見られなかった(涙)。一郎の家族なんだと悟った時の夏木のなんとも言えない戸惑いや胸詰まるような想いの表情も泣けましたよ…。涙を堪えながら一郎の写真を抱きしめ再び歩き出す夏木の姿が泣けて仕方ない。愛之助さんのこういう繊細な芝居、いいよなぁ…。
パレード後に平松家と面会し、一郎の戦場での様子を語る夏木。涙ながらに聞き入る平松家に胸潰れる想いの夏木が「自分が死ねばよかった」と語るシーンに涙が止まらない(涙)。自分を庇って死んでいった一郎の家族の前で涙ながらに謝罪する夏木のなんと哀しいことか…。ずっとずっと彼の心の中に罪悪感があったんだろうなと…愛之助さんのあの芝居から察することができました。生き残れはしたけど、夏木は本当に切なく辛い役どころだよなぁとシミジミ思いました。平松家の前で「一郎の分まで生涯平松家に尽くしたい」と頭を下げる姿に胸が熱くなりました。

そんな夏木のラストシーンは彼の家族との再会と、442部隊を称えるアメリカ人との握手でした。息子を愛しそうに抱きしめる時の表情がとてもよかった。アメリカ人との握手は日系人にとっては歴史的な出来事。そのシーンを愛之助さん演じる夏木が担っていたのがとても嬉しかったです。


いやぁ、本当に泣けました…愛之助さんの夏木(涙)。あんなに出番が多いと思わなかったこともあり、個人的には大満足です。アメリカ軍服姿も似合っててなかなかの男前だったし。何より愛之助さんの芝居が本当によかったですよ。全体を通せば多い出番ではないけど、見事な存在感を放っていた。こういう現代劇での愛之助さんの芝居もいいよなぁ。やっぱり大好き…。またこういった映像にも出てほしいと思います。
今年はもう愛之助さんを観ることはありませんが、来年はまた歌舞伎舞台もあるしヒガシと撮ったという映画公開もありますし色々楽しみです。今後の片岡愛之助さんからも目が離せません。

99年の愛 〜JAPANESE AMERICANS〜99年の愛 〜JAPANESE AMERICANS〜
橋田 壽賀子

小学館 2010-11-05
売り上げランキング : 440

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このドラマの原作本が発売されているようです。


関連記事

テーマ : ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

片岡愛之助さん comments(0) -


コメント


フォーム

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。