<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
o0800045010777162891.jpg
つい先日まで『アイーダ』を上演していた海劇場でファイナルとしての公演が始まった『ソング&ダンス-55ステップス-』。本来9月に観劇する予定ではなかったのですが、友人がチケットを譲ってくださることになり少し早めに観に行くことができました。55ステップスは全国公演は一度も観たことがなかったので08年に1度観た以来久しぶりとなります。
それにしても、ロビーがすっかり様変わりして華やかになりましたねぇ…。今まで四季が上演してきた作品のポスターがたくさんペタペタ貼ってあったり、08年の時にもあったデカイ『55Steps』のロゴも健在。さらに千秋楽の時に1曲だけかかるリクエスト曲を募集するコーナーとかもありました。私は千秋楽のチケットは取れなかったので聞けないけど…(運がよければ行けるかもですが 汗)

今回の公演がファイナルということなので秋劇場での初演から全国公演でのチケットまたはパンフレットを持っていくと記念品がもらえるという企画もありました。私は08年の初演に1回だけ観たのでその時のチケットを持っていくと…
o0800045010777163320.jpg
↑こんなミニファイルがもらえました。ちょうど四季の小さめなチケットが入る大きさになっているんだとか。今回はキャスト次第で通うかどうか分かれるのでそんなにたくさんは55チケットは入らないかも(笑)。

でもまだ「アイーダ」から1ヶ月も経ってないし…なんとなく同じ劇場でもこんなに変わっちゃうんだなぁと思うと切なくなったりもしてしまったかも…。


キャストは以下の通り

ヴォーカルパート
渡辺正、平良交一、李涛、秋夢子、早水小夜子、福井麻起子
ダンスパート
加藤敬二、西尾健治、金久烈、徳永義満、水原俊、河野駿介、新庄真一、前田順弘、花島佑介、加藤久美子、杏奈、須田綾乃、荒木舞、泉春花、駅田郁美、今彩乃、原田麦子、脇坂美帆、井上佳奈      
                
ここから先の追記はネタバレ含んでいます。ご注意を。

※08年初演の時の感想はこちら



        
o0800045010777163739.jpg
第1幕の全曲リスト。写真をクリックすると大きくなります。

過去のソンダン系作品もいくつか観ていますが、最初のナンバーは変わらずに『アプローズ』から♪ようこそ劇場へ♪♪アプローズ♪が来ますね。オープニングとして一番しっくりくるので好きです。演出とかは基本的に変わっていなかったかも。
その後に出てくるのが『アイーダ』。まさに同じ劇場でついこの前まで上演されていた作品ですよ…。それだけに♪愛の物語♪の音楽が流れてきた時は思わず感極まって涙ぐんでしまいました(涙)。違う形であれ、こうしてもう一度『アイーダ』と出会えたことは本当に嬉しかった。08年に観た時は"早くこの作品見てみたい"と思ったものですが、3年後にはこんな感傷的な気分になるなんてねぇ…。
『ライオンキング』のナンバーで出てくるボクシングシーン、アレンジが面白いですよね。ライオンキングは初演に1回観たきりなので(個人的好みに合わなかったのであれ以来行ってない 苦笑)ナンバーはほとんど忘れてるのでなんだか新鮮。
『ノートルダムの鐘』のナンバーはどれも大好きです。当時の四季俳優さんが声優を担当したアニメ映画が本当に大好きで何度も観ているのでこのシーンは本当にワクワクしますね。あの映画に参加した主な四季俳優さんで今残ってるのは日下さんと村さんだけになってしまったけど(苦笑)。実際にノートルダムは舞台化もされている作品ですが、なかなか日本には来ませんねぇ。いつか観てみたいんだけど…。
『サウンドオブミュージック』からは今回もまだありました、ドレミのコーナー(笑)。これ、観客が参加する企画コーナーみたいなヤツなんですけど…どうやら最近は拒否するお客さんも出てきているらしく(最前列のお客さんが基本的には参加することになってるらしい)誘う女優さんたちも難儀をしていると聞いていたのですが、この日はすんなり皆さん舞台の上に上がっててノリもよかったような気がします。ちなみに、私はドレミでは舞台上に上がりたくない派かなぁ(汗)。初演の時はちょっと興味ありましたけど、やっぱりあまりあのコーナーには参加したくない気がする(苦笑)。
最後は『美女と野獣』♪ビーアワゲスト♪で華やかに〆。ここのステッキダンスがすごく好き!カッコイイです。

で、1幕の曲目当時と比べてみたんですが…結局変わってなかったみたい(汗)

o0800045010777164090.jpg
第2幕の全曲リスト。写真をクリックすると大きくなります。

2幕の幕開きはこちらもお馴染みの『夢から醒めた夢』から♪夢を配る♪でスタート。ここでこのあとに続くナンバーが俳優さんからいくつか告げられます。
2幕は昭和3部作でけっこう時間を割いてますね。これも前回と変わらず。『李香蘭』は大好きな作品なので何度も観てナンバーも覚えているのですが使われるのは♪二つの祖国♪のみっていうのがちょっと寂しい。『異国の丘』は石丸さんと保坂さんの時に2回観たきり。個人的にはあの最後の長台詞がちょっと重すぎてあまりハマれなかった作品なんですけど…ここからはダンスシーンと♪名も知らぬ人♪がチョイスされています。ダンスシーンのダンサーさんの動きはけっこう見応えがあります。
そして観に行った友人から"過去2作品より重かった"と聞かされてから一度も観に行かなかった『南十字星』(苦笑)。ここからは3曲チョイスされていますが、一番長く感じるのがバリ舞踊。08年初演に観た時も感じましたが…ソンダンの中で一番退屈してしまうのがバリ舞踊なんですよ…(苦笑)。たしかにダンスとか音楽とか異国情緒溢れてて見応えあると思うんですけど、ここの時間帯だけがものすごく長く感じてしまうんです…。正直うっすら記憶が遠のきかけてしまったり…(爆)。
昭和三部作のあとはロイドウェバー祭りになるので目がしゃっきり(笑)。『オペラ座の怪人』『エビータ』『スターライトエクスプレス』『ジーザスクライストスーパースター』と畳み掛けるように出てきます!今回一番印象に残ったのは「JCS」の♪スーパースター♪でしたね。久しぶりに観てみると、全体的にとってもカッコイイ!ものすごくワクワクしました。早く再演しないかなぁ…ジーザス。あ、でも、ジーザス役ができる役者が今いないのか…(苦笑)。

カーテンコールは『クレイジーフォーユー』から♪アイ・ガット・リズム♪『マンマミーア』から♪恋のウォータールー♪『ウィキッド』から♪魔法使いと私♪と続き、会場がオールスタンディング状態になりました。
すると、役者さんたちが客席のほうまで降りてきてくれて通路側に座っているお客さん達と握手して回ってくれてたんですよ!たしか08年の時はそれがなかったと思うんですが、今回のファイナルは通路側にいると特典があることを知りました(笑)。ウィキッドのナンバーのあと数人の役者さんの姿がなかったのですが、その人たちは2階席にまで足を運んでくれていたようで。最上階のC席のほうにも役者さんが行くみたいですよ。まさに至れり尽くせりなファイナル公演なのでした。
08年と変わったところといえば、最後の握手が加わったことくらいだったかな(笑)。

ヴォーカルパートの役者さんたちについて少々。

平良交一さん
今回が初参加のようです。前日までは高井さんが務めていらっしゃったそうですが、どうやらあまり体調がよくなかったらしい。ということで、新しくデビューした平良さん。いやぁ、ナイスミドル!!抜群の美声を響かせ十二分にこちらを魅了してくださいました。バリトン歌手の方のようで今回外部出演していらっしゃるらしい。♪ミュージックオブザナイト♪は絶品でございましたよ!それから♪スターライトエクスプレス♪の朗々と伸びやかな歌声も最高に心地よかった!♪チムチムチェリー♪の煙突掃除とかダンスナンバーとかの動きとかはかなーり怪しかったんですが(笑)それもご愛嬌って感じでとにかく可愛らしい。
カーテンコールでは立ち位置がよく分からなかったようで秋さんに誘導されているという一幕も(笑)。ドレミのときのお客さんとの掛け合いも楽しそうで笑顔がとってもチャーミングでした。今後が楽しみ!

李涛くん
08年の時にも観ていますが、個人的には前観た時のほうが印象深かったかなぁ。特に♪僕の願い♪は以前観た時「惚れてしまうかも!」というくらいツボにはまってすごく良かったのに、今回はあまり胸に迫るものを感じられなかったのが残念…。それと♪スターライトエクスプレス♪のナンバーは完全に平良さんに歌が飲み込まれてしまって…まぁ、平良さんがすごい声量だったので声質とか色々仕方ないところはありますけどね。
ただ、♪ラムタムタガー♪はノリノリですごく良かったです!李くんはダンスもできるので(BOGではダンサーさんと混じって踊っててビックリした)立ち姿もきれいだしタガー役もできるぞってくらいカッコイイ。

秋夢子さん
『アイーダ』以来!役メイクなしの夢子さんは顔立ちも華やかでとにかく美人!!色も白いし舞台栄えしててカッコよかったですよ~。特に印象的だったのが『エビータ』のナンバー。秋さん、エヴァできそうだよ!♪ブエノスアイレス♪のナンバーがすごく良かったです。

早水小夜子さん
08年の初演でも観ていますが、相変わらず素晴らしい声量で魅了してくださいました。『アイーダ』の♪愛の物語♪の時なんかこみ上げてくるものを感じてしまったくらいですから…。声質では本当にアムネリス向いてるんですけど…スタイル的に…(苦笑)。それから『キャッツ』♪メモリー♪は相変わらず絶品ですね!素敵でした。

福井麻起子さん
今回初めて見る女優さんだったんですけど、可愛らしい方で歌もなかなかよかったですよ。特に『マンマミーア』でのソフィのナンバーがとっても印象深かった。彼女のソフィは観てみたいかも!

ダンサーさんはほとんど顔と名前が一致しないんですけど(爆)、この作品の演出も手がけている加藤敬二さんはやっぱり一番目を惹きますね。彼のダンスは本当にすごいと思う。実際にやるとものすごく大変そうな動きでも涼しい顔してものすごく簡単そうに踊れてしまう。全体的な体の動きのキレとかもすごく美しく見応えあり。笑顔もとっても素敵でした。
それから、加藤久美子さんのソロダンスもすごかったなぁ~。エスメラルダのダンスなんか釘付けですよ!そして何と言っても女性ダンサーさんのスタイルのよさがハンパない!!まったく脂肪を感じさせないあの肉体…すごすぎる…。
そうそう、『アイーダ』に出演していた杏奈さん河野駿介くんもソンダンに参加していたのが嬉しかった。彼らはすぐに分かりましたよ。河野君はちょっと髪型がスッキリして髭も蓄えていたのでなかなか発見できなかったけど(汗)。


で、ここから先は渡辺正さん語りになります(笑)。アイーダが終わってもナベさん好きは変わっておりません(笑)。ということで、彼が苦手な方はここから先は読まないほうが懸命です。躊躇なくスルーしてください











今回のソンダンで1枠起用された渡辺正さん
私は『アイーダ』が終わった後、彼はしばらく舞台には出ないんじゃないかとずっと思っていたのでオープニングキャストに選ばれたと聞いたときには正直ちょっとビックリしました。アイーダ公演でかなりお疲れの様子だったけど…続けて出演で大丈夫かなと体調面とかも心配だったり…。
でも、実際に今回の舞台での渡辺さんを観て…すごく生き生きしてて楽しそうだなと感じられたのでそれだけでもうホッとしたし嬉しかったです。アイーダ楽からまだ1ヶ月も経っていなかったのに、なんだかものすごく長い期間ナベさんに会ってなかった様な気がして懐かしさすら感じましたよ。アイーダが終わった後しばらく抜け殻状態が続いてナベさん関連の写真とかも辛くて全く見れない状況でしたからね(苦笑)。

ソンダンのナベさんを観るのは今回が初めて!今回こそはキャスト変動があると思っているので配役されているうちに観れて本当によかったです。しかも1枠で…出番も多いときてる!自ずとテンション上がりました(笑)。さらにはこの日の座席位置が前方のほぼど真ん中ゾーンだったので、目線が中央に来るナベさんとぶつかる錯覚が起きるようなところだったものでそれはそれは楽しかったです。
まず冒頭の♪ようこそ劇場へ♪で一番たくさん歌ってくれてたような気がする。「ようこそ~!」ってセリフみたいに叫ぶところもナベさんが担当してたのがなんだかこの上なく嬉しかった。以前に観た友人の話を聞くとその時よりも役割が上がっていたらしい。それを見れた私はラッキーだったかも(笑)。♪アプローズ♪でも頑張って動きながら歌ってたけど、最初に興奮し過ぎてあまり覚えてない(爆)。
そして冒頭のセリフでのご挨拶。四季発声ながらも一所懸命客席に語りかけてるナベさんの姿がなんだかとても眩しく見えた…。

そして聞こえてくる『アイーダ』のナンバー…!これだけで涙モノなんですけど…何より嬉しかったのは秋さんと一緒に♪星のさだめ♪を歌っていたこと!もう、溢れる涙が止まりませんんでしたよ…。ついこの前まで同じ海劇場でラダメスとしてこのナンバーを歌ってきてくれたナベラダが再び形を変えながらも観ることができるなんて(涙)。もう色んな想いが次々にこみ上げてきましたねぇ…。しかもアイーダ役が長かった秋さんとのデュエットなのでなおさら感極まってしまった…。やっぱりナベラダから「別れ」という言葉を聞くのは切なかったけど(涙)。
ちなみに♪勝利ほほえむ♪を歌ったのは李くんでした。彼の溌剌とした歌い方もいいんだけど…やっぱり私はナベさんのほうに思い入れが強いのでちょっと違和感感じてしまったかも(汗)。

♪王様になりたい♪のシーンではナベさんは観客役として参加してます(笑)。一番上の端っこの席にいるのですぐに分かった(笑)。この時のリアクションが…いちいち可愛いです!!あれは萌える(笑)。これまでずーっと思いつめてるようなラダメスの姿ばっかり観ていたのでとにかく新鮮。応援してる姿とか、ウェーブしてる姿とか、目の前の試合に一喜一憂してる姿とか、一つ一つが笑っちゃうほど可愛かったです(笑)。メインのボクシングシーンよりも私はずーっと観客席のほうを見てしまった(爆)。

李君の♪僕の願い♪が終わった後に♪トプシーターヴィー♪が始まるんですが、その時に後ろのほうでナベ@クロパンが必死に腰をかがめて待機している姿がバッチリ見えてしまった(笑)。あれってもっと見えないようにかがんでなきゃいけない気がするんですけど…、そんな不完全さもナベさんの魅力ですよ(笑)。
でも、ナベさんのクロパン…すっごく良かった!!なんだかとっても楽しそうに歌ってるのが伝わってくる。生き生きしてたし「すーべてが逆さま!」のシャウト気味の歌い方も面白くて笑えます(笑)。一番笑ったのは「あっちも、こっちも、どっちも、こっちも」の部分。もうあっちもこっちもゴッチャになりそうになりながらも必死に歌ってるナベさんが可愛くて面白くて仕方なかった(笑)。
カジモドが登場した時のちょっと悪の顔が垣間見れるような歌い方も好きだなぁ~。色んな表情で歌っててとにかく観ていて飽きなかった。こんな楽しそうなナベさんが観られるなんて…なんか嬉しくて笑いながらも感無量でした。

そして1幕ラストの♪ビーアワゲスト♪。ここは歌とダンスが入る最も華やかなシーンですが、ダンスが苦手っぽいナベさんにとってはかなり鬼門とも言えるナンバーだったんじゃないかと(汗)。最初はどこにいるか分からなかったんですけど、列がバラけた時に後ろのほうで目線が若干下になりながら位置確認をしつつ必死に踊ってるナベさんを発見(笑)。
さらに、ナンバーの中盤ではいるステッキアクションの最初の音出しがナベさん担当だったのでビックリ!もう目線下加減で必死にカッカッカッカッと叩いてて…"あぁ、余裕なさそうだなぁ…"と思いつつも微笑ましく笑いつつ魅入ってしまった(笑)。足が上がってないのは仕方がないかなと思いますが、みんなが上向いて余裕の笑顔を見せる中、時折下目線になり動きについていくのに必死になっているナベさんがやたら可愛く愛しく見えました(笑)。

2幕冒頭の♪夢を配る♪には、加藤敬二さんはじめダンサーの皆さんと一緒にヴォーカル枠でただ一人ナベさんが参加していたのにもビックリした(笑)。ここで2幕のナンバー説明もこなさなきゃいけないんだけど、加藤さんと一緒に喋らなきゃいけないところでは明らかに四季発声が目立つ不思議な言い回しに聞こえてしまう(笑)。いろんな意味でハラハラドキドキだった…でも面白かった2幕冒頭でした。動きも何とかこなしてたので一安心。

そのあとしばらく出番がなかったんですが、『南十字星』のバリ舞踊が終わると同時に後ろからナベさんが真っ白い保科衣装で登場。なんか、ナベさん痩せてしまっているので…その姿に悲壮感みたいなものすら感じてしまったよ(汗)。しかも、見た目が入院患者のようで…。私はこの作品を観ていないのでよく分からないんですけど、たぶん、♪祖国♪は保科が処刑台に上がるシーンあたりで流れるんじゃないかなと…。そう考えると、ナベさんのこの雰囲気はかなり作品に合っていたような気がする。
これまですごく生き生き元気そうだったナベさんが、♪祖国♪では静かに丁寧に背景を噛み締めながら歌っていました…。思わずぐっときて涙が溢れてしまった(涙)。しかも、目線がちょうど真正面だったのでなおさら感情移入してしまった。とても良かったです。

そして…『JCS』♪スーパースター♪ですよ!!今まで動画でしか観たことがなかったナベさんのこのナンバーを歌う姿がついに生で!!いやぁ…最高でした!ナベ@ユダを本気で観たくなりました。っていうか、このナンバーはナベさんものすごく好きなんだと思う。ところどころシャウトも入っていたしとても生き生きしててキラキラ輝いてた。衣装も黒でとっても似合っていたし、すべてが見どころでしたね。

そのあとに待ち構えていたのが『クレイジーフォーユー』♪アイガットリズム♪。このシーンは役者たちが総出で楽器を手に歌うんですけど…ナベさんはシンバル担当。08年に観た時は高井さんがマイペースで太鼓を叩きながらうろうろしている姿に笑ってたんですけど(笑)、今回はシンバルを持ちながら必死の形相のナベさんに思わず吹き出しまくり(笑)。平良さんの太鼓もかなり怪しかったんですけど(笑)ナベさんのシンバルもかなーり余裕がなかったですよ。皆が上を向いてニコニコ叩いたりしているのにナベさん、一人、またしても俯き加減でしかも顔が硬直してる(笑)。もう間違わないようにシンバル叩かなきゃと必死になってるのがものすごく伝わってくるんですよ。
で、その最中に笑顔のダンサーさんとすれ違う場面も何度かあって…その時にハッと我に返ったかのように急に笑顔になるナベさん(笑)。ところがそれも束の間、しばらくするとまたすぐに必死の形相に逆戻り。で、また思い出したかのように笑顔を出したりと、まぁ、これ、ナベさんにとっては過酷なナンバーの一つでしょうなぁ(笑)。その動きといい表情といい、他の人とは違った意味でものすごく楽しませてもらいました!最高だよ、ナベさん(笑)。

ウィキッドのナンバーの時になぜか姿が見えなかったナベさん。どこへ行ったのかと思っていたらなんと2階席に握手に行っていた!ナベさんの握手ゾーンは2階席のようです。いいなぁ、ナベさんと握手できた人は。ちなみに私の座席はど真ん中ゾーンだったので誰とも触れ合うことができませんでした(汗)。まぁ、間近で正面からナベさんを楽しめたからそれでよかったかなと。

アイーダのときとは違って重責から解き放たれたように全体的に楽しそうに生き生きと歌っているナベさんが観れて本当によかったです。いつまでソンダンにいるか分かりませんが、なんとか配役されているうちはナベさんを観に劇場に足を運びたいと思います。


関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ソング&ダンス(四季) - -
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。