<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
152206993.jpg
何度目かの突発で劇団四季の『アイーダ』観てまいりました…。今回は観劇の2日前に決断して2階席Aでの鑑賞…はい、アイーダ初の2階席観劇を敢行いたしました。
これまでは特定の役者さんを見ることに夢中になって意外とサクサク確保できてしまっていた(爆)前方席を選択していましたが…千秋楽を2階席で観ることになったのでその前に免疫をつけとこうかなと思いましてつい(笑)。それに、作品として光の芸術を見ておいたほうがいいかなというのもありまして2階席デビューです(オペラ座のときに1度2階席は体験済みですが)

平日のソワレ公演だったんですけど、先月までの同じ時間帯の雰囲気とはだいぶ違ってましたね。ロビーが賑やかだしトイレに行列ができている!あの静かだった空気はなんだったんだろうか(汗)。2階席もサイド(特に下手)はガラリとしていたものの中央ブロック付近はS席もけっこう人が入っている様子でしたね。A席も私が購入したときは両サイドに人がいない状況だったのですが(汗)いざ座ってみればお客さんが座ってたりで全体的にも賑やかでした
平日の夜公演でこんなに人が多いのを見たのは久しぶりだぁ~。もう少し前からこんな空気になってればもう少し長く続いたかもしれないのにな…なんてちょっと切なくも思いますが。


主なキャスト
アイーダ:江畑晶慧、アムネリス:鈴木ほのか、ラダメス:渡辺正、メレブ:吉賀陶馬ワイス、ゾーザー:田中廣臣、アモナスロ:牧野公昭、ファラオ:維田修二、ネヘブカ:上條奈々 ほか

体調を崩されていた維田さんが今週からまた復帰されたようです。大事に至らなくて本当によかった…。アンサンブルさんの顔ぶれが少し変わってきましたね。朱涛さんが抜けられて久しぶりに大森さんが入りました。
また、長い間体の痛みを我慢しながら頑張ってきた大石さんが抜けて小川飛鳥さんが女性アンサンブルに入りましたね。大石さん、大丈夫でしょうか?ゆっくりお休みできますように…。小川さんがアンサンブルで入ったことで選択のシーンが久しぶりに8人勢ぞろい。きれいなフォーメーションができていました。

今回はキャスト中心というよりかは2階席から見る眺めを楽しんだ観劇となりました。そんなこんなを含めたネタバレ感想です。後半はやっぱり偏りがあると思いますので(爆)ご注意を。



アイーダを2階席から見るのは初めてだったので、最初の博物館のシーンは正直ちょっと"遠いな…"と思っちゃいました(汗)。人の大きさがいつもよりもミニチュアサイズに見えてしまって(笑)こりゃ慣れるのにちょっと時間かかるかも…なんて思ったんですが、意外や意外、けっこうすぐに馴染んでしまった
と、いうのも、2階席から観る『アイーダ』はいつも観ていた作品とはまた違った魅力に溢れていたからです。1階席からは分からなかった光の芸術が2階席からはとてもよく見えてとても感動的でした。それに、キャストの皆さんの歌声も気持ちいいくらいに響いてきます。

まず感動したのがアイーダがラダメスに捕らわれたあとに歌うソロナンバー「あの日は遠くに」のシーン。ここでバックの色がゆっくりと変化しつつ椰子の木が下りてくるんですが…1階席からは感じられなかった色彩の美しさに息を呑みました!あれは本当に感動的!椰子の木の上の部分と映りこんでいる下の部分の色分けが幻想的でアイーダよりも背景の美しさに気をとられてしまいました(笑)。
さらに「おおっ」と思ったのがゾーザー軍団のピラミッドナンバー。今回初めて知ったんですが、彼らが踊っている間床にはアイーダとメレブが話をするシーンに出てくる金箔の壁と同じ△やら□やらの形が映し出されていたんですねぇ。何かライトに工夫があるんじゃないかなとは1階席から感じてはいましたが、こんな風になっていたんだ!と目から鱗でした(笑)。それに、男性アンサンブルさんたちの動きがとても機敏で上から見るときれいなフォーメーションにゾクゾクしてきますよ。皆さんの動きがなんだか本当にピラミッドのように見えてくるから不思議。色々と計算された上でのナンバーなんだなぁと…。いやぁ、新たな発見!

アムネリスのスパシーンの冒頭も印象的だったなぁ。上から見るとちゃんと水の中にいるかのような不思議な空間が光によって作り出されている。プールのような色も透き通っていてきれい。二人の女性がスパを泳ぐシーンも2階席からだとすごく絵になります。
アムネリスのファッションショーも2階席からだと華やかさが寄り一層強調されてて面白かったなぁ。このシーンもいつも以上になんだかゾクゾクワクワクって感じでとても楽しめた。で、このファッションショーのときに使われていた台が次の晩餐会のシーンではテーブルに早変わりするんですけど…その様子が今回2階席から初めて確認することができました(笑)。1階席からはいつもラダに注目していたのでいつ机が出てきたのか全く気にしてなかった(爆)。上から見ると台が舞台上で回転して横になりテーブルになっていく様子がよく見えてとても面白かったです(それと同時進行でラダも観てましたが 笑)。

ローブのダンスはアンサンブルの動きが1階席とは違った迫力で見えてゾクゾクきました!2階席からだと奥の動きとかもよく見えるのでアイーダを取り囲む時のフォーメーションとかが分かってなお一層迫力を感じられるように思います。あの輪の中にいたらアイーダが戸惑う気持ちもすごく分かるよ。アンサンブルさんたちの気合十分のダンスは本当にすごいです。
それからアイーダが王女の決意を下あとローブを被るシーンも2階席からだととてもきれいに見えました。

ラダメスがアイーダに愛を告白する「迷いつつ」のシーンでの蒼い光もとても印象的で美しかったですねぇ。静かな歌い出しから徐々にテンションをあげていくラダメスの感情が光で表現されているようでとてもドラマチックです。この作品は本当に光も重要なんだなぁと今さらながらに思いました。
1幕最後の「神が愛するヌビア」も圧巻でしたねぇ。やはり上からだと奥の動きまでよく見えるのでヌビアの人々が徐々に力を得ていく様子がとても分かりやすくいつも以上に感動してしまいました。後ろにドーンと存在感を放っている太陽も見事なインパクトでしたよ。

2幕冒頭の「どうしたらいい」は緑のレーザー光線のなかを主演の3人が歌うシーンなのですが、これも2階席から観ると非常に幻想的です!巨大三角形が形成されているのでピラミッドに見えるんですよ、それが。その巨大な三角形の中で3人がそれぞれの愛に苦悩してている様子が1階席よりも2階席のほうがストレートに伝わってくるような気がしてとても感動しました。
アモナスロの牢獄シーンでは、ちゃんとアモナスロの空間に牢獄の檻のライトが照らされているんですね。アモナスロはその中から一歩も出てなかった(当たり前 笑)。ちゃんと牢獄の中のお芝居なんだなと改めて実感いたした次第です。ちなみにバックの捕らわれ人のイラストですが…2階席からだと一番上の3人が全く見えませんでした(←あ、これ、クイズ大会の問題で出たんで 笑)
それからアイーダのソロの「人生の苦しみ」ですが、ここはクイズ大会にも出てきたように大量のライトがアイーダにいっせいにかかるシーンがあります。2階席からだとそのライトの雨がいっせいにアイーダにかぶっていくのが分かってものすごい迫力でした。それから今回初めて発見したのがソロの冒頭シーンで舞台中央の床部分に蒼いライトのキラキララインができていたこと。今まで全く気づきませんでした。これも2階席に座らなければなかなか発見できないかも。

ゾーザーとラダメスのケンカシーンのライトはとても活発にいろんな色に変わっていて、二人の激しさが寄り一層際立って見ごたえがありました!それと、兵士の模型がある机の上に色んな地図などが置いてあるのも確認できました。バクステツアーの時に見たものがそのまま置いてあった(笑)。
星のさだめのときの夜の空気を演出する蒼い色合いもとても美しく、二人の別れのシーンやアムネリスの哀しみを表現していました。

裁判のシーンに入る前、アムネリスがラダメスとアイーダに会いにくる場面がありますが…あそこはちゃんと牢獄のライトが当たってたんですねぇ。捕らわれの身になったラダメスとアイーダはあの時牢獄にそれぞれつながれているということが改めて実感できました。アムネリスはそんな二人に密かに会いにいったんでしょう。そう考えるとなんだかとても切ないシーンに思えました。
そして石棺のシーン。2階席から観ると石棺のところ以外は本当に真っ暗な空間なんですよ。なのでアイーダが「真っ暗だわ」と恐がっている気持ちにものすごく共感できた。あれは本当に怖いよ!そんななかラダメスは「手をつなごう」と声をかけて抱きしめてやる。今まで見た中で一番ラダメスが頼りがいのある勇敢で優しい男性に思えた。そしてキスをする二人を暗闇が遮っていくんですけど…2階席から観るとあれは本当になんというか身につまされます…。本当に真っ暗な空間になっていきますから…二人の生が終わってしまうのをものすごく実感してしまって思わず涙が溢れました(涙)。その直後に広がる星空はいつも以上に美しく哀しく見えましたねぇ。
そしてラストの博物館シーン。二人の再会と共に閉じていく左右の扉幕が非常にドラマチックで印象的でした。

うーーん、2階席からの観劇侮りがたし!!もう少し早くから2階席に座っておくべきだった。とりあえず千秋楽までに1度体験しておいてよかったです。『アイーダ』は2階席からだと1階席とは違った世界を味わうことができますね。


今回は舞台全体に視点を置いて観劇したのでキャスト感想は少しだけ。


アイーダ@江畑晶慧さん
前回はかなり違和感を持ってしまった江畑アイーダでしたが、今回は自分の中で免疫ができたのか苦手意識が多少薄らいだような気がします。やっぱりかなり黒く塗りすぎだとは思いますが(2階席からもその黒さが際立ってた 笑)言い間違いや歌いだしのミスなどはなくなっていたし、少し毒気も抜けたように思いました。まぁもしかしたら前回よりも遠目から観たからかもしれませんが…。ただやっぱり王女には最後まで見えなかったし、ラダメスとの恋愛もまだもう一歩踏み込みきれていない。もう少し時間があればねぇ…。
ただ、歌声は素晴らしかったですよ。彼女の歌は2階席のほうがものすごくビリビリくるような気がする。ローブのダンスのときのあの伸びのパンチ力は最強でした!だけど役として歌っているというよりかは自分のパワーを出し切るっていう印象に見えちゃったんだよなぁ…。歌い終わったあとの表情がなんか「どうだっ!」みたいな逞しさがあったし(笑)。

アムネリス@鈴木ほのかさん
ほのかさんの歌声も2階席までものすごく響いてきますね。あの声量パワーは素晴らしい!アイーダと接するときはやっぱり女性同士の友情というよりかは妹という感覚に見えました。以前に比べるとお姉さん目線でアイーダと話しているような気がしてなりません。なので「友達として」というセリフがちょっと違和感なんだよなぁ…。
裁判のシーンの時の涙の命令は2階席からもアムネの痛みが伝わってきて泣けました…。

メレブ@吉賀陶馬ワイスさん
江畑アイーダと並ぶとやっぱりお兄さんにしか見えない(笑)。ちょっと気の弱い真面目なお兄さん。王女様に接しているように見えないのでなんとなくワイス@メレブを応援したくなってしまいます。ラダメスとの関係はやっぱり良好ですよねぇ、彼の場合。それだけに刺された後にラダメスに剣を託すシーンは泣けました…

ゾーザー@田中廣臣さん
2階席から観ると田中さん、ずいぶん痩せてしまったなぁ…と思ってしまったのですがまだまだパワーは健在です。ピラミッドのナンバーの時もすごい貫禄あったし、ラダメスとのケンカシーンもすごい迫力がありました。

アモナスロ@牧野公昭さん
牢獄でアイーダを叱りつけるときの声の迫力、あれは2階席からも十分堪能できました。あの声はすごい!!
で、問題の唐辛子船ですが…この日は「アイーダァーっ!」と短めのシャウトで船が引っ込んでいく時間よりもかなり早く叫び終わってましたね(笑)。船が引っ込むまで手を伸ばして固まっている牧野アモナスロがなんだかとても可愛かった(笑)

ファラオ@維田修二さん
病み上がりの維田さんですが、休演前よりもお元気になられたような印象がありました。よかったよかった。でも相変わらずファラオの苦しみ方が笑えてしまう…(笑)。一番大胆に苦しんでおいでです。


ここから下はいつものごとく、激しく偏ったナベラダに関する感想です。ナベラダ完全否定の方不快に思うだけだと思いますのでこの先は躊躇なくスルーしてください。

別に気にならないという方はよろしければどうぞ…。相変わらずかなーり偏った感想ですが(爆)。

























ラダメス@渡辺正さん
いつもよりもちょっと遠くからのナベラダ鑑賞でしたが、しっかりオペラグラスでチェックいたしました(笑)。なぜだか分からないんですけど、2階席からのナベさんのラダメスは…いつも以上に萌えてしまったんですよ。もうなんか、観ていて可愛くて愛しくて仕方ないみたいな(爆)。なんだったんだろうか、あの感覚は。
それにしても先週観た時よりもかなり元気だなぁという印象だった。1階席の近くから観たら「疲れてるかも」って感じることもあったかもしれないけど、2階席からはとても溌剌としているように見えました。今週頭は休むことができたんだろうか。この調子で楽まで頑張ってほしい!!
以下、箇条書き風に萌え視点をいくつか(笑)。


博物館シーンでナベさん観た時、正直、あぁ…遠いな…とちょっと思ってしまった(苦笑)。でも、目がいい輝きはなっていたように見えた。頬はコケてしまってたけど目は死んでないみたいな。

♪勝利ほほえむ♪は2階席からも十分いい声が響いてきました。こもってたり聞きづらかったりすることはなく、不安なく聞いてられましたよ。それに勢いもあったし最後のキメまで全力出し切れてた。「ぉ」はもうこの際彼の個性だと考えることにする(笑)。

地図はできたか?のシーン、真上からナベラダを見ると…てっぺんが多少うっすら…(爆)。ナベさん、禿げないでね…(苦笑)。でも髪の毛伸びるの早いから大丈夫か(←余計なお世話 爆)。ちなみに地図を説明してるシーンを初めて上から眺めたんですが、ちゃんと場所を指し示して書いてたんですねぇ。

アイーダに体拭かれた後バカにされて怒るシーン、いい怒りっぷりだった。あの江畑アイーダの言い方がけっこう癇に障っているらしい(笑)。

帰ってきてメレブに家のことを訪ねるシーン、酒樽がなくなったというメレブに「またか」と言った後フッと微笑んでたよ…!ワイスメレブに優しいよねぇ、ナベラダ。ここかなり萌えました(笑)。

連行されるアイーダを引き抜いて「コイツはダメだ」と言うときの手が2階席から観てもすごくきれいだった。

「晩餐会であおう」のコクリは上から見るとほとんど感じられないくらいになってしまった。あそこはもう少し深くコクリとやってほしいんだけどなぁ(笑)

晩餐会シーンでのアムネとの会談(笑)。相変わらずとても素直に「へぇ」って感じで聞き入っていて可愛くて萌える。アムネのマントには最近特にご執心のようで両手で触れてますね(笑)。ファラオに呼ばれたあとにアムネをそっと上手側に送り出す時のナベラダの優しさが本当に好き。

アムネとの結婚を言い渡された後の苦虫潰したような顔で目を泳がせる表情が激しく萌える(笑)。グラス投げは相変わらず慎重になってるのもナベラダっぽい(笑)。

ヌビア語りの時の「川の色が全く違うな」の言い方がいつも以上に嬉しそうで激しく萌えた(笑)。なんか妹に接するような感覚に見えたなぁ。ちなみに「あぁ、まぁな」は怒りモードではなくはぐらかしモードに変わっていた。どちらも可愛いから萌えるけど(笑)。

アイーダに挑発された後の「とぉまぁれっ!」が江畑さんになってからかなり短くなってしまったのが残念…。このセリフで私はナベラダに落ちたんですが(笑)動揺しながら「とぉまぁぁれぇぇっ」と長めにシャウトしてるのが好きだったんです…。萌えたんです…(笑)。もう観られないかな。
でも、そのあとの動揺っぷりはいい感じだった。「人間なのに」は2階席からは音声多重に聞こえなかったけど…この日はあまり多重っぽく歌ってなかった気がする。ただ、ナンバーの終わりにけっこう大きな拍手が起こったのは個人的にとても嬉しかった。

アムネの寝室に現れてアイーダに「俺が間違ってると気づいたんだ」と言うシーン、戻ってきたアイーダに「何だ!?」と言葉をかけるんですが、この言い方がものすごくビックリしたような口調ですごく良かった!あれを引き出したのはチョコッと顔出した江畑アイーダのおかげだよなぁ。グッジョブ(笑)。
それでもアイーダを口説いているナベラダと口説かれてる江畑アイーダの間にあまり恋の予感がしてこない(苦笑)

洗濯シーンでのナベラダのチラ見は2階席からもすごく可愛く見えて萌えた(笑)。でも「グラスなど持っていない」のアクションがなくなってしまったのはちょっと寂しいかも…。「許さん、止まれ」のあとの「あぁ、そうだ」は今回もとっても嬉しそうな顔してて萌える(笑)。ほんっとに素直で一所懸命なんだよねぇ、ナベラダ。妹タイプの江畑アイーダにも懸命に恋をアピールしようとしてるからなおさら萌えるよ(笑)。

「どうもおかしい」の歌いだしの表情がいい!今回はキスをしてから恋に覚醒したって雰囲気だった気がする。もうその歌ってる姿が…2階席からだとものすごく可愛く見えてしまって…やたら萌えてしまった(爆)。なんだこの2階席の魔力は!?ヌビアの民に自分の持ち物を与えている時の笑顔が…これまたやたら萌えちゃったし(笑)。もう本当にこのシーンの恋愛に目覚めて一所懸命なナベラダには萌が止まらない(爆)。

♪迷いつつ♪での冒頭の「わからないのか…」の言い方がものすごく優しくて萌えた!!そして抱きしめあうシーンですが…相変わらず江畑アイーダに頭つかみ取りされててちょっと吹きそうになった(笑)。ここはナベラダも不自然な格好から必死のお触りですから(違)、なんとも不思議な光景といいますか…なぜか面白く見えてしまう。

イチャイチャシーンでのナベラダ、今日はなんだか前回よりもとっても逞しいお兄さんに見えた。「兵士たちが戻ってきた」とアイーダを抱きしめるシーンが特にグッとくるものがありましたね。そして「聞こえたぞ!?もう一度言ってくれ!」の表情が嬉しさの衝撃で固まってて…激しく萌えたっっ(笑)。さらにその後の「命令だっ」でアイーダとお遊びするシーンですが、やっぱり今回も江畑アイーダは頑なに手をどけず、でもこの日のナベラダはそれを分かっていて「おおっ!?」となりながらもやたら嬉しそうに笑ってたよ(笑)。ひょえぇ…萌えるよ…ヤバイよ(笑)。アイーダよりもずっと可愛く見える。

ゾーザー父ちゃんとのケンカは今回も素晴らしい怒りっぷりで最高にかっこよく見えた。「しはーいは」もこの日はかなり調子よく支配できてたし、「結婚はしないっっ!!」の激しさも絶好調だった。何度見ても好きだなぁ、このシーン。そしてこの時の田中ゾーザーとナベラダ。本当に大好き…。

♪ラダメスの手紙♪シーンでちょっと変わったなぁと思ったのが「この愛を」のフレーズの歌い方です。以前までは囁き声に近い感じで歌っててとても切なく胸を熱くしていたのですが、今回は普通にけっこうハッきりと「この愛をー」と歌ってました。もしかして江畑アイーダ仕様か!?愛の形がやはり相手に因って違うのかもしれない。

♪星のさだめ♪でアイーダが登場した時にギュッと抱きしめるナベラダが愛しくてたまらん(笑)。あの一所懸命な優しさが本当に萌えるんだよなぁ…。なんとなく江畑アイーダにはそれが届いてないように見えちゃうんだけど(汗)。最後にアイーダを抱きしめて首に顔をうずめるシーン、今回はけっこう長めに愛しむようにうずめててなんだかとても切なかったです。

桟橋シーンでアイーダにまくし立てるナベラダですが…なんとなくいつもよりも早口に感じた(笑)。もともとけっこう早口系なんですけど、さらに早く感じたんだよなぁ。12日に観劇したのと同じような感覚。あの時はその後にラジオ収録があったからだと思ったんですけど(笑)今回もひょっとして何かあったのか?
でも、メレブから剣を託された時のあの一瞬のアイコンタクトの表情はすごく良かった。ナベラダはワイスメレブのこと可愛がってたと思うし全てを悟ってもやはり彼のことは気にかけていたんだと思えるんで。

裁判シーンはいつもナベラダの挙動不審っぷりをチェックしていましたが(爆)今回はちょっとオペラグラスからもあまりよく見えなかったので確認できず。ちょっと残念。

石棺でのナベラダの優しさは前述したとおり2階席からだとなお一層際立って泣けました。本当に真っ暗な空間での、あの優しさは絶対にアイーダの心を癒してくれたはず。ものすごく萌えて泣けた…。

ラストの博物館にナベラダきたとき、急に「もうすぐ本当に会えなくなるんだ…」というストーリーと関係ない感情が久々に襲ってきて一人涙ぐんでいた私なのでした(爆)。

カーテンコールでは「ふぅ」と息をつく姿も見られましたが、それでもとってもいい笑顔を見せていたと思います。アムネのマントを持って退場する時は袖に入る前に既に翻弄されてバタバタになっていました(笑)。今に袖に引っ込む前に転んじゃうんじゃないかと想像すると本当に笑えて仕方ない(笑)。
カーテンコールは平日ソワレにもかかわらずかなり盛り上がっていて、もう少しでスタオベになるんじゃないかくらいのテンションでした。それだけでも嬉しかったです。

ちなみにこの週に放送されたナベさんゲストのラジオ放送聞きました。あまり作品PRができてるトークだとは思えませんでしたが(爆)あの激しい天然トークっぷりはものすごく笑えました。ホントに正直な人だ(笑)。私はあんなナベさん大好きだよ。

ナベラダ見たさに4ヶ月間集中的に通った『アイーダ』もとうとう終わりが見えてきました…。次回はイベントがあります。それが終わったら千秋楽へ向かうわけで…。楽しみなような切ないような、とても複雑な心境。
とりあえず、次回の観劇・イベントの様子はまた報告します。



関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

アイーダ(四季) - -
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。