<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
ここのところの怒涛の観劇で『龍馬伝』の感想が滞ってしまいました(汗)。
第32回の『狙われた龍馬』も書こうと思ってたんですが…実はこの回のストーリーは個人的にあまり好きではなかったんですよね。新選組の近藤さんがちょっと情けなく描かれてるような気がして…。そう思うということは、私はやっぱりまだ佐幕派なのかなとか思ったり(汗)。それに上に出ていた西郷さんも下関へ行かなかったことでヘコヘコ頭を下げてしまい立場が逆転してしまったのもなんとなく見ていていやな感じだったし(苦笑)。一瞬だけ虎ちゃんの聞多が出てきましたがストーリーに絡んでることもなかったので感想はパスしました。まぁ、今回の虎ちゃんはあまり前面に出る役ではなさそうですしね。

で、第33回の「亀山社中の大仕事」ですが…第34回が始まる直前にようやく録画を見ました(汗)。どうやら本放送の時は視聴率が恐ろしく落ちたらしいんですけど…録画を見る限りは32回よりもずっと面白かったですよ。それにチラチラと次の会に繋がるような伏線が出てきているのも切なかった(涙)。


龍馬伝 III龍馬伝 III
福田 靖

日本放送出版協会 2010-07-17
売り上げランキング : 9621

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
もうこの小説の半分までドラマの展開は進んでしまいました。早いなぁ(汗)



以下、簡単に33回の感想を。




龍馬vsグラバー
薩摩が長州と結ぶ決意をようやく固めたことで龍馬たちはグラバーに商談を持ちかける。薩摩が幕府のためと見せかけて長州への贈り物として軍艦と銃を手配するということになっているのですが、そのことはなかなかグラバーには言い出せず。そのおかげで最初は「この場に薩摩がいないのはおかしい」と突っぱねられる。グラバーさんのいうこともごもっともな話だったりしますね(笑)。
で、秘密を抱えたままでは商談できないと悟った龍馬は今度は全てを明かすつもりでお慶さんの誕生パーティーをしてるグラバー邸に乗り込んでく。すごい大胆不敵!そこで龍馬は偶然、芸子のお元がキリシタンであることを知ってしまうんですが…この時の映像がなんだかサスペンスチックで面白かったです。
そしてグラバーとお慶さんに秘密裏に今回の商談について持ちかけ説得にかかる龍馬。ガンガン前に出て二人を圧倒していく大胆さが見ていて痛快です。さらに最後の切り札である長州からの手紙。桂さんは龍馬にものすごく怒ってたけど、結局は幕府を倒すために薩摩との交渉を受け入れたみたいですね。そこに書いてあった15万両の文字に目の色を変えるグラバーとお慶さん。さらには龍馬の
「自分の取り分は一銭も要らん。私心があっては志といわんき」
という言葉にコロッと態度が変わって商談の取り合い(笑)。グラバーさんのあの変わり身の早さには笑える。イギリス商人の抜け目なさみたいなのがあって面白い。それにしても、今の世の中に日本のためなら自分は一銭も要らないなんて言い切れる人…いないだろうなぁ。そう考えると龍馬ってすごい人だなぁと改めて思う。

亀山社中の大仕事
商談が成立したことで一気に沸く亀山社中の面々の男臭さがなんだかいい感じ。みんなやる気に満ち溢れてて生気を感じます。商談の交渉としての仕事を任されたのは惣之丞と長次郎。これまでけっこういいコンビやってる二人が選ばれました。特に長次郎の嬉しそうな顔が印象的でしたねぇ。彼は饅頭屋から日本を変えたい一心で並々ならぬ決意によって土佐を離れた男ですから…この瞬間は本当に嬉しかったに違いない。洋ちゃんがとてもいい表情をしてた。
商談は秘密裏に行われ…交渉の席には長州から聞多と俊輔が同席。おおっ!洋ちゃんと虎ちゃんが同じシーンで並んで映ってるよ!!それだけで感動~~。交渉の席でペラペラと英語を喋る虎ちゃん@聞多に目を輝かせる洋ちゃん@長次郎。彼が留学へ興味を持ち出したのはこの瞬間からだったかもしれないなぁ。虎ちゃん、英語喋る時も若干アヒル口(笑)。で、船を選ぶ段になると長次郎が実力発揮。わざと古い船を売りつけようとしてたグラバーの意図を見破ってできるだけ最新式の船を用意させるようにします。さすが長次郎!聞多たちも思わずニヤリです(笑)。交渉が成立して「ナイストゥ・ミーチュー」と場違いな英語で挨拶する長次郎が可愛かったなぁ。

長次郎からの手紙
長次郎の妻・お徳のもとには彼の活躍が記された得意げな手紙が届いています。その文面からは長次郎の充実した日々が目に浮かぶよう…。日本を変えるという自分の志に向けて働けてることへの喜びが切々と語られていてなんだか泣けてきます(涙)。
長州の聞多や俊輔たちからイギリス留学した時の話を聞いたことも嬉々として書かれている。グラバーとの食事を囲む場所でみんな英語でイギリスについて語り合っている中、長次郎だけがその言葉についていけない。それでも、その会話の中では長次郎の知らない大きな世界が広がっていることは分かっている。惣之丞から通訳してもらったりしてますます留学への夢を膨らませていく長次郎…。「もしも留学できることになったらお徳や息子の百太郎を一緒に連れて行きたい」という文面にお徳は頬を緩めます。このくだり、なんか、龍馬が父の八平さんに黒船に家族を乗せて旅をすると語ったシーンがリンクしてしまって…ものすごく泣けました(涙)。この長次郎の純粋なイギリス留学への夢が後に悲劇へ繋がってしまうと思うと…温かいシーンなのに泣けて仕方ないのです…。

商談成立
そしてとうとう最終交渉。長次郎の長州へ有利になるような交渉術にグラバーも折れて無事に商談成立。すごいよ、長次郎!その瞬間、聞多と俊輔は抱き合って大喜びしてるんですが…虎ちゃん@聞多の興奮っぷりが画面に映ってなくてもすごく伝わってきて面白かった(笑)。映ったときにはも笑いが止まらないみたいな感じだったねぇ。その興奮したい気持ちは分かる。長次郎にも感謝してね、聞多くんたち。
いやぁ、なんか、洋ちゃんが虎ちゃんとこうしてお芝居してるのを見られるだけでも個人的にはかなり嬉しかったです。何か話が弾んだりすることとかあったのかな。聞いてみたい気がする。メイキングとか見たいな(笑)。
全ての商談が終わった時、長次郎は笑顔でグラバーに「ナイストゥー・ミーチュー」と場違いな言葉をかけて握手を求める。彼にとってこの言葉は「サンキュー」の意味だってこと、グラバーも分かってきた様子ですね(笑)。握手をしながら「いい仕事をした」と長次郎を称えていました。達成感の喜びに浸る長次郎がグラバー邸に並ぶ大砲を見つめてる表情がなんだかとてもグッときました。いい表情するなぁ、洋ちゃん…。なんか泣けるよ。
惣之丞と聞多が大砲で遊んでる姿はなんか可愛かった(笑)。

隠れキリシタン・お元
グラバーと亀山社中・長州の商談を影からこっそり聞き耳を立てようとしていたお元でしたが龍馬に目をつけられる。お元はグラバー邸でかつて十字架の前で祈っていた姿を龍馬に見られているだけに彼を何とかしたい気持ちもあった様子。こっそりと部屋に引き入れて自分がキリシタンであることを喋らなければ今回の秘密の商談のことは奉行所には言わないでおくと交換条件で龍馬を脅します。この時代、キリシタンは「生血を飲む」と恐れられ見つかると弾圧されてしまってたんですね。しかし、龍馬は簡単にはお元の脅しには乗らない。
そんな彼に、涙ながらに自分の不幸な境遇をぶつけ「この国から出たい」と訴えるお元。彼女はそのために奉行所の隠密となって小銭を稼いでいた。彼女の願いはただ一つ、自由にマリア様を拝める場所に行きたいということ…。それもなんだかとても切ない話。信教の自由がまだない時代ですから、隠れキリシタンは相当の覚悟で生きていたんでしょうね。龍馬はお元がキリシタンでないことを約束した上で
「お前が逃げ出したいと思う世の中はのうなるぜよ」
と言葉をかける。日本の国は変わる。しかし、その言葉はまだお元には信じられないわけで…今後どのように彼女が龍馬に心を開いていくのか興味があります。

商談が成立したことは薩摩と長州にも知らせが届く。覚悟をいよいよ本格的に決める西郷と、がけっぷちから一筋の光を見出して士気が上がる高杉。手紙を読みながら今後のことに想いを馳せている谷原@小五郎の表情には緊張感が溢れててなんだかとてもカッコよかった


こんなうまくいったあとに、ついに、悲劇が訪れるなんて…(涙)。久しぶりに次は泣いてしまうかも…。
(34回が始まる前に感想書けてよかった 汗)


関連記事

テーマ : 龍馬伝 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 龍馬伝 comments(4) -


コメント

Re: 大仕事のままで

トラベラーさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

「大仕事」の回は長次郎の次への悲劇の伏線になっているシーンが多くて
グラバーとの交渉が成功した場面とかもなんだか泣けて仕方なかったです(涙)。
洋ちゃんも同じ心境だったみたいですね…。
それにしても洋ちゃんと虎ちゃんが意気投合して並んでいる姿が見れようとは!
ファンにとっては嬉しいひとコマでした~。
虎ちゃん、たしかにアヒル口でしたねww

大仕事のままで

後の、長次郎の悲劇が解っているだけに、グラバーに交渉中の大活躍とか妻子への手紙の場面が切なすぎて…
でも私もこの回が大好きです、社中の大仕事の様子、洋さんと虎ちゃんが同じ席についているのを見るだけでも嬉しい♪
虎ちゃん、一生懸命になるとアヒル口になるのか!?
サイン場面はめっちゃアヒルでした、爆
契約成立の笑顔が一転、悲劇に繋がって行くとは(/_;)/

Re: 同感

ぽんすけさん、こんにちは!コメントありがとうございます♪

やっぱり32回はぽんすけさんも好きではありませんでしたか。
なんだか創作が行き過ぎるというか…新選組をあんな風に描いてほしくなかったですねぇ。
酒に酔わせて…とか、ちょっとバカにしてると思ってしまいました。
それ以外の「龍馬伝」はすごく好きだっただけに残念です。

でも、昨日の洋ちゃん@長次郎の回は泣きました~~~(涙)
またレポートしますね。

同感

私も・・32回は今までで一番おもしろくなかったです。
いかにも、作ったような話で、近藤勇にせまられるおりょうさんのくだりは、それはないでしょうって。本編に関係ない回だったですね・・おりょうさんと龍馬さんの距離が縮まったというだけで・・


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。