<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
o0800045010696264040.jpg
お盆休みの真っ只中、「アイーダ」をまたしても観に行ってしまいました。日曜日ということもあってか客席のほうもかなりの盛況っぷり。しかも、この日はイベントもあるということでアイーダ好きな友達もたくさんいらっしゃっていてとても楽しかったです。

まずはそのイベントから。今回はクイズ大会の第3回目です。
o0800045010696263433.jpg
舞台が終演後いつものようにロビーで待つのですが、今回はこの前のバクステのように長く待たされることもなく意外とすんなり再入場できました。私は既にこのクイズに参加すること3回目(笑)。雰囲気もクイズの形式も分かってはいるんですが…難しいんですよねぇ、問題が(苦笑)。

今回のクイズ問題も超難問ばっかり…。とりあえず出るかもしれないみたいなところはちょこっと予習して行ったのですが、ほとんど出題されない。また劇中にストーリーよりも数を数えたりすることに集中したりしてたんですけど(苦笑)自分が数えたものは結局1題しか出題されないというから振りっぷり。ホルスの目の数とか、背景の木の数とか必死になって数えたあの時間はなんだったのだろうか(爆)。
この日は以下のような問題が出題されました。

1.東京公演のアイーダのキャッチコピーは?
2.アイーダBWの初演の劇場はどこ?
3.三大ピラミッドの中で間違っているのはどれ?
4.今回のアイーダは通算何回目?
(こちらで数えた回数と回答の数字が食い違っていた 爆)
5.晩餐会の上に出てくるランプの数はいくつ?(唯一出てきた問題 爆)
6.博物館シーンが開けた直後に出てくるホルスの目の炎の数は?

なんだこのマニアックすぎる問題は(笑)。予習したヤマから完全にずれてるものばかりだよ…。しかし、チーム内には素晴らしい記憶力の方がいらっしゃり、我がチームはけっこう正解率が高い。しかしながら他のチームもツワモノが必ずいらっしゃるものでみんなサクサク正解していきます。
恐らく、私が参加したクイズ大会の中で一番得点率が高いチームが多かったんじゃないだろか。みんな本当にスゴイなぁと圧倒されっぱなしでした。3回も参加してるのにほとんど役立たずな私(爆)。

と、第6問が終わった時にラダメスのテーマ音楽みたいなのが流れ…舞台奥から特別ゲストでラダメス役の渡辺正さん仁王立ちで登場(笑)。登場する時から笑えるんですけどっっ!第1回目はアムネのほのかさん、第2回目はアイーダの秋さんがゲスト出演されたので残るはもう彼しかいないという予想を立てていたのですが、本当に出てきてくれたときは嬉しくて思わずテンションがブワッと上昇しました(笑)。「僕後ろにずっといたんですけどすんごい盛り上がっててビックリしました」とナベさん談(笑)。

6月のプレトークの時もかなり笑えるトークを繰り広げてくれたナベさんでしたが(オーラ話とか緑おばさんとか 笑)、今回もかなーーり素晴らしい天然トークっぷりを発揮してくれましたがなっ!登場すると司会担当の田中廣臣さんとの会話が始まったんですが、自分達の出演回数についてのぶっちゃけトークが展開。
ナベ「僕本当は1週間って最初言われてたんですけど…気がついたらもう今週で17週になってます…」
田中「実は僕もそうなんだよ」
ナベ「でも(田中さんは)僕よりも長くやってますよね?」
田中「そうなんだよねぇ」
オイオイオイ!いいのか、そんなブッチャケ話をしてしまっても(笑)。…っていうか、休み明け後の出演予定は1週間だったの!?ちょうどその1週間目あたりの時にナベさんに落ちた気がするんですけど、そのままいなくなっていたら今の私は居ないな、たぶん(笑)。

そんなトークのあと、ラダメス関係の問題が渡辺さんから出題されるんですが…田中さんから問題の部分はここだと教えてもらいながらも趣旨がイマイチつかめていないようで「???」な顔のまま問題読み上げてた(笑)。やめてくれ、これ以上萌えさせるのは(爆)。そんな彼が出題した問題というのが…
“ラダメスのホルスの目はどこに刻まれているでしょう”
という、極めてサービス問題に近いものだった…。もっと難しいものが出ると予想していた私は拍子抜け(笑)。で、一応シンキングタイムがあるんですが、その最中にナベさん…
「これはだって、分かるでしょう!だってねぇ、ほら、こうして…」
と、回答のリアクションをやりだしちゃったじゃありませんかっっ(笑)。私はそれを見て思わず爆笑しちゃいましたよ!!コラコラコラ、なべさん!それ回答言っちゃってますから~~みたいな。すると本人もリアクションした直後に「しまった」と思ったのか、すぐに「あれっ、こっちだったっけ?」とか違うリアクションで逆向いたりお腹出したり(笑)ジーパンめくって足首出したり(笑)ちょこまか動く動く(笑)。ちょっっっ…!その計算されていない動きが面白すぎて最高だよ、ナベさんっっ。もう色々リアクションとっても遅いですから、みたいな(笑)。その甲斐あってか、この問題は確かほぼ全チームが正解していたと思います。

クイズ問題のあと客席から「ナベさんの腕にあるホルスの目は自分で描いているんですか?」といった質問が。すると・・・
「あぁ、これ、床山さんに描いてもらってます。ペンキで」
という回答が。えっ!?ペンキ?どう見てもペンキで描かれているようには見えないんですが…(笑)。そのあとにすぐ「あれっ、ペンキじゃないかな、筆みたいなのでちょいちょいと…」みたいに答えてるナベさんが可愛いんですけどっっ!するとそのあと爆笑エピソードを自ら語りだすナベさん。

「一度この印を落とさないまま帰ったことがあったんですが、電車の中で半そでの隙間から見えちゃってて隣に立っていたおじさんがビックリした顔でこっち見てたんですよ」

ちょっっっ!!何その面白エピソードはっっ(笑)。もう客席大爆笑ですよ。そりゃおじさんビックリするわな。
で、さらに面白かったのが、田中さんの手に描かれているホルスの目のエピソード。「タダシ君は描いてもらっていいな」みたいな流れから…

「僕なんか、突然マジック渡されて“これで描いてください”って言われてビックリしたんだよ!息子はちゃんとしたので描いてもらってるのにお父さんはマッキー(マジックの名前w)だよ!!!」

という爆笑トークが(笑)。「年齢が少ししか違わないのにこの違いは何」みたいなこと言っててもう大笑いでした。いやぁ、面白すぎるよ、ラダメス親子!!!

で、最後に千秋楽までの意気込みみたいな話になり「ええぇ!?」と最初ビビってたナベさん。ここまできたら覚悟決めてくださいな(笑)。すると・・・「もうかなり体力的にも限界がきちゃってるんですが…」と全く以って正直な言葉が飛び出しました。あぁ、やっぱり疲労してるよなぁ…。それを隠さずに言っちゃうところがナベさんの魅力でもあるよ。でもそのあと「最後までこの作品の愛を伝えられるように頑張っていくのでよろしくお願いします!」とニコニコしながら語ってたナベさん。そうだ、もう、ここまできたらガンバレとしか言いようがない!あと20公演ないんだし、ナベさんには完走してほしいんで(少数派だけどw)。
意気込みを元気よく語った後、「イェェエーーイ」妙なご機嫌テンションでニコニコしながら手を振りつつ上手舞台袖へ帰っていってしまったタダシくんなのでした(笑)。すると田中さんがそんな後姿を見つつ…
「疲れすぎて彼はナチュラルハイになってますね」
と一言(笑)。疲れてなくてもきっと天然さんなんだろうと思うけど(笑)おかげさまでめちゃくちゃ楽しませてもらいましたがなっっ!いやぁ…ホンットに楽しかったです。ますますナベさんへの愛が深まった気がする(笑)。あんな面白くてツッコミがいがありそうな天然で楽しい人、そうそうお目にかかれませんよ。あぁ、この日のクイズ大会に参加して正解だった。田中さんとのやり取りもめちゃくちゃ面白かったです!

ナベさんが去ったあともクイズは続きますが・・・イントロクイズは相変わらず難問!特にイントロ3問目の引っ掛けは誰も答えられませんでした。すると田中さんが「だいたい流れとして引っ掛けだって分かるじゃないですかぁ~」とイタズラっぽく語ってて…ガックシ。
さらにラストの問題があまりにもマニアックすぎる難問で頭がパンク状態(爆)。しかしニアピンのチームがあったのでそこが優勝してました。一度でいいから優勝したかったわ~。

でも、役者さん達とかなり近くで喋れたりゾーザー役の田中さんの優しさに触れたりして…さらには素のナベさんまで登場というオマケもあったりで・・・めちゃくちゃ濃厚で楽しいクイズ大会でした。舞台が終わった後で皆さんかなりお疲れだったと思いますが、こんなに楽しく盛り上げてくれて本当にありがとうございました!!!


さて、ここからは本編についてになります。

主なキャスト
アイーダ:秋夢子、アムネリス:鈴木ほのか、ラダメス:渡辺正、メレブ:吉賀陶馬ワイス、ゾーザー:田中廣臣、アモナスロ:牧野公昭、ファラオ:維田修二、ネヘブカ:上條奈々 ほか

この前日ソワレになんと新アイーダ・江畑さんが誕生したようです。終了間際のこの時期に…とは思いましたが、
今回は秋さんがアイーダ役。おそらく秋さんはこれでアイーダを卒業されるのかなと思いました。
他のキャストの皆さんは変わっていませんが、東京初日からずっと出演し続けている素晴らしい筋肉の持ち主のアンサンブル田井さんがかなりの不調で心配になりました…。声が枯れてしまっててかなり苦しそう。イベントに登場されなかったのはもしかして体調不良のせいだったのかなとか思ってしまった。大事に至っていなければいいのですが…。
また、女性アンサンブルのお一人もかなり身体がきついようで洗濯シーンや神ヌビアのシーンには登場されていませんでした。皆さん、長期にわたって出演しているのでかなり苦しいんだと思います(涙)。あと少し…何とか頑張ってほしい!


以下、ネタバレありのキャスト別感想です。恐らくまた後半にかなり激しい偏りが見られると思います。ご注意を。



実はこの日の観劇もクイズ対策で数を数えたり場所を確認したり読みづらい舞台上の文字を無理やり読もうとしたり…と相当間違った観劇をしてしまったので『アイーダ』を十分に堪能することはできませんでした(爆)。そこまで必死になってたのにほとんどチェックしたところではない問題が出たという運の悪さ(苦笑)。
それでも、全体的には前回観たよりもまとまりがあって皆さん丁寧に演じられていたんじゃないかと思います。かなりお疲れだろうなぁ…というのはちょこちょこ感じたりはしましたが…あと19ステージということなので、なんとか踏ん張って乗り越えてほしいです。
ここまで役者さんたちが疲弊してしまう前に、なんとか交替させてあげるとか対策できなかったのかなぁと思います…。好きな役者さんには正直変わってほしくない気持ちはあったりしますけど、心身ともに限界近くまで使い続けるというのもなんだかとても気の毒で…。江畑さんが次週からデビューされることが濃厚になっていますが、もしかしたらそのためのお稽古とか負担も皆さん色々大きいのではないでしょうか。江畑さんだって、こんな千秋楽間際に大役デビューなんて…ちょっとお気の毒な気がします。もう少し早くデビューさせてあげてほしかったです。
それでも泣いても笑ってもあとわずか…。皆さん、本当に頑張って頂きたい!!!


以下、キャスト別の感想になります。まずはまともな感想からw。


アイーダ@秋夢子さん
恐らくこの日が秋さんの千秋楽になるんじゃないのかなと思ったのでいつも以上に注目してみました。歌声もしっかりしていたし、感情も非常に高ぶっていてよかったです。セリフとセリフの間も秋アイーダなりの感情の動きが見えてやっぱりナベラダとの相性が良さそうだなと思ってしまった。♪おしゃれリプ♪ではアムネを励ます時に肩に手を置くのではなくパッと広げて彼女を明るい気持ちにさせようとしているようなリアクションを取っていてちょっと「おっ」と思ってしまった。♪ローブのダンス♪では前回以上に上げて歌いきってたような気がします。かなり鳥肌がきました。♪迷いつつ♪ではかなり早い段階から目にたくさん涙を溜めていたし、♪人生の苦しみ♪でも感情の高ぶりが伝わってきます。そして♪迷いつつリプ♪でもボロ泣き状態の秋アイーダ…思わずこちらもウルっときました(涙)。
カーテンコールでは素敵な笑顔を見せてくれていました。これでもう終わりかなぁ。6月からずっと秋アイーダを見守り続けてきたので少し寂しい気持ちもありますが、残りは江畑さんに頑張って演じきってほしいなと思います。秋さん、お疲れさまでした…と言っていいんだよな?(←8/17現在アイーダ役が未定 苦笑)

アムネリス@鈴木ほのかさん
今回かなり前方の座席で観たのですが、ほのかさんの歌声には本当に力があるなぁと改めて思ってしまいます。「おしゃれ~」の時の弾けっぷりとかすごいですよ!「イェイ!」とか「きりふだぁあー」とかの音量はマイクなしでも十分後ろまで響きと迫力が伝わると思うし。何より笑顔が最高に可愛い!
そんなアムネリスがふとアイーダに見せる弱み。「何から何まで…私」のセリフの言い方が毎回素晴らしいです。ラダメスへの恋に苦しんでいるアムネリス、そして心を鬼にして恋人を生き埋めにしなければならないときの強さを見せるアムネリス…どの顔もとても魅力的です。判決シーンでは今回あまり涙を見せていなかったような気がします。なおさら切なかった(涙)。

メレブ@吉賀陶馬ワイスさん
やっぱり何度観ても真面目~な青年のワイスメレブ。ラダメスに育ててもらったことを感謝してる気持ちもあるよね。キスをしたところを目撃したあともなんだかチンマリしちゃってるところが有賀君と違うところだったする(笑)。でもちゃんと「どちらかとうと脇で声援を送るほうが得意」のセリフは笑いを持ってました。初めて観劇する人も多かったみたいだったけどね。

ゾーザー@田中廣臣さん
先週はかなーり越えにお疲れが見えてしまってた田中ゾーザーですが、ナベさんと同じく今週は謎の復活を遂げております!ピラミッドのナンバーも親子喧嘩もしっかりした歌声だったのでホッとしました。ラダメスに突き飛ばされたあとの「くっ」といった表情とか個人的にかなりツボだったりします。…ていうか、これからの田中ゾーザーへの見方は確実に変わるな…きっと(笑)。かなり好意的に見ていくと思う(笑)。

アモナスロ@牧野公昭さん
牢獄での会話、本当に以前と比べるとヒソヒソって感じになっていいですねぇ。以前は「全然内緒話にならないよ」ってくらいのデカイ声で通してた雰囲気だったので(笑)。アイーダをしかりつける時の迫力もメリハリがついてていい感じです。そして問題の唐辛子船ですが…やはり動きは鈍く(笑)最後の「アイーーダーーァァァーー」のシャウトがより一層長くなっていたような…。肺活量が大変そうだ(汗)。頑張れ、牧野アモナスロ。ちなみにクイズ大会では「マッキー」と呼ばれ大人気だったそうです(笑)

ファラオ@維田修二さん
相変わらず、一番毒にやられている感の強い維田ファラオ。顔色が悪いというか…唇もなんだかワナワナ震えているし…素の維田さんは大丈夫なのか!?と思わず心配になってしまいます(汗)。でも晩餐会の最後の悶え苦しみ度は…何度見ても二日酔いの酔っ払いが●×する様子にしか聞こえん(爆)。笑いを堪えるのに必死だった…。ちなみにファラオって吐血してたらしいですね。クイズ大会の時にそんな話が出ていたらしい。知らなかった。

ネヘブカ@上條奈々さん
ちょっとまたローブのダンスでの「踊れぇ」までの流れが悪かったように感じましたが、それでもしっかりといい声が響いていたのでよかったです。普段はとっても可愛い方なんだけど、ネヘブカになるとキリっとした表情でどこか男らしさすら感じますね。



ここから下はいつものごとく、激しく偏ったナベラダに関する感想です。ナベラダ完全否定の方不快に思うだけだと思いますのでこの先は躊躇なくスルーしてください。

別に気にならないという方はよろしければどうぞ…。相変わらずかなーり偏った感想ですが(爆)。
















ラダメス@渡辺正さん
ナベさん…観に行くたびになんだか小さくなっている気がするよ…。大丈夫か!?と思ってしまうけど…反面やっぱりあと20ステージ足らずだから踏ん張ってほしいという気持ちのほうが強い。ホントに1週間の予定をよくぞ17週やり続けてくれたよ…。あ、田中さんも。色々大人の事情とかありそうだけど、必死に頑張ってるっていうのは毎回すごく伝ってくるんで。最後までこのままのテンションで応援するよ、タダシくんっっ!
で、この日はおそらく秋さんのアイーダが区切りになるであろう回だったと思うので、心なしかいつもよりもアイーダに対する接し方がソフトだったような気がします。前回みたいなセカセカした早口じゃなかったし(笑)。

以下、いつものごとく感じたことをツラツラと。ちなみに前述したとおりこの日も数を数えるのに必死になってたのでガッツリ萌えることはできませんでした(爆)。この日がナベラダ最終日になってたら激しく後悔するような観劇姿勢だったよ(苦笑)。


♪勝利ほほえむ♪ではけっこう最初飛ばしてていい感じだったんですよ。兵士達に命令する時のあごをツンと上に上げる仕草が毎回面白くて萌えてしまう(笑)。でも、歌ってる時の表情がなんか余裕を感じないんだよなぁ。必死に歌ってるって感じ。相当疲れがピークなんだと…。
ちなみに「危険ぉか」されました、しっかりとかなり目の前で(笑)。裏っかえらなかっただけでも私的には合格点だよ、もはや(笑)。

船室へアイーダを連れて行って上から目線で語るシーン、あの言い方が好き。そのあとの「アッハハハ」の笑いとのギャップがなんか面白くて萌える(笑)。しかし、前回バクステでラダメスの体を拭く布がボロキレだということを発掘してしまったせいで…アイーダにゴシゴシされるときのナベラダ見てたら自然に笑いがこみ上げてしまった(笑)。

「危ない生き方が好きなんだな!コイツ!」で殴りかかろうとするシーン、今回けっこう勢い余って止めたときにオットットみたいになってた気がする(笑)

ゾーザーに戦況報告するシーンですが…けっこう間近にナベラダを見たんですけど…肌がすごい荒れていて少しビックリした…。あぁ…こりゃかなり疲労が身体に影響を及ぼしてるなぁと感じたら切なくなった(涙)。でもね、あと少しだから頑張って完走してほしいのよぉぉ~(少数派だけど)

晩餐会のシーン、アムネとの談笑は相変わらず可愛かった。最近アムネのマントに思いっきり触れてますな(笑)。フムフム、へぇ~って感じで素直に彼女の話を聞いてやってるナベラダがツボで萌える。

♪勝利ほほえむリプ♪でグラスを投げつけるシーンですが、最近さらに慎重に投げてる気がする。この前はサイドスローに近いくらい低空で投げてたけど(笑)今回は少し高めだったかな。そんなところにもナベさんらしさ(笑)。

アイーダとヌビアの話をする時「川の色が全く違うな」はニコニコっと感情が表に出ていて萌える。最近ナベラダかなり疲労してるからか、ただでさえ分かりづらい表情の芝居がさらに分かりにくくなってるので(爆)こういったところで少しでも変化が見えると嬉しくなる。「ヌビアのことを話してるの?」とアイーダに問いただされたときはここ最近、「あぁ、まあな」がムスっとした雰囲気に変わってきた。こっちのパターンでも萌えるからいいや(そういう問題か? 笑)

アイーダに説教されて苛立つシーン。私が一番大好きなナベラダの動揺っぷりが見られるんですが…この日はなんと、「止ぉまぁれぇ」の叫びが完全に裏返ってしまった…しかも目の前でそれをやられた(爆)。あ゛あ゛…私がナベラダに恋に落ちたきっかけのセリフが不完全燃焼て終わってしまった~。ギリギリのところで頑張ってんだろうなぁ~…とまたちょっと切なくなる。心なしか最後のフレーズを歌い終わった時の表情が「やっちまったよ…」みたいに見えた、気のせいだと思うけど(苦笑)。

アムネリスが寝室へ去ったあと、アイーダを口説くシーンですが…怒り方が若干ソフト。「俺が間違っていたと気づいたんだ」のセリフのあと秋アイーダがフッと笑って「驚いているんです」って言ったのがなんとなく印象的だったな。ナベラダ、鼻で笑われちまったよ…みたいな(笑)。

洗濯シーンでアイーダをチラ見するナベラダは相変わらず可愛くて萌える。でも、「今はグラスなど持っていない」のセリフのところでグラスを持つ仕草が観られなくなってしまったのは寂しい気がする…。前回もそうだったし。グラスを持つ手すら疲労で作れなくなっているのか!?なんとかまた謎の復活劇であの仕草を見せてほしいっす。
去っていこうとするアイーダを引き止めたときの「あぁ、そうだ」のセリフのところではここ最近の中で一番いい笑顔を見せていた!あの表情はナイスだ!好きだ!可愛かった!萌えた(←結局それだよ 笑)

「♪何かが変わった~」の歌いだす時の表情だけど、あの瞬間に変わったんじゃなくてキスをする時にはもうナベラダは恋に落ちた状況だったというのが分かる感じだった。だからあまり衝撃受けた顔して歌ってなかった気がする。もうすでに恋に落ちたのを自覚して納得してる感じ。
前傾ダッシュして舞台袖に入っていく時、なんかかすかにクッみたいな声が聞こえた気がする。歯を食いしばって走ってたんだろか(汗)。ヌビアの民に自分の物を分け与えている時の表情は相変わらず見ていてものすごく萌えるんだけど、どこか必死感も漂ってた気がしました(汗)。

♪迷いつつ♪は秋アイーダに対していつもよりもさらに丁寧に優しく歌ってた気がします。キターも力いっぱい振り絞るというよりかはちょっこしソフトな感じ。まぁ微妙にだけど(笑)…でもすごく丁寧に演じてるなぁって言うのは伝わってきました。秋アイーダも目にたくさん涙たまってたし…ナベラダの心が伝わってたのかもしれないなぁあなんて。
で、前回事件発生してしまったイチャイチャシーン。服を着るところからドキドキしてしまったんだけど(笑)でも今回はスルリとお守りを首から外すことに成功。ホッ…としていると、なんかアイーダの首にお守りをかけるときかなり慎重になっているナベラダ。アイーダの髪の毛を丁寧に直す時間がいつもよりも明らかに長い。何か想うものがあったのかな。で、告白に対しての「聞こえたぞ、もう一度言ってくれ」のセリフは前回よりも余裕があってかなり嬉しそうだった。ただ「命令だっ」のセリフがちょっと遅くてこのままだとじゃれあい時間が少なくなっちゃうんじゃないか!?と思っていたところ案の定兵士登場。でもナベラダ、兵士が登場したギリギリまで秋アイーダと遊んでて(笑)、閉じた口を無理やり「バァー」っと開かせる仕草までやりきってた。これをやらねば兵士には振り向けないみたいな雰囲気だったぞ(笑)。あれ、最近のナベさん的ラダブームだったりして!?もう面白くって思わず笑い萌えしちまったよ。

参謀室での怒りっぷりは前回よりもかなりテンションが高くてカッコよかった!「ほぅ~?優秀な部下をお持ちですね」「ほぅ~?」の言い方がものすごくツボ!あと「もう無駄なんだ~」のちょっと音を落として歌う歌い方も好き!「しはぁーい」はちょっとできてなかったけど(汗)「結婚はしない!!」とゾーザーを振りほどく時の表情はすごく燃えてる感じがあってかっこよかったです。

♪ラダメスからの手紙♪も全体的にとても丁寧に歌っていてよかったんですけど、歌いだしの音程がちょっと不安定になっちゃったのが気になったかも(汗)。

♪星のさだめ♪では切々と歌いこんでて秋アイーダへの愛情をすごく感じました。前回はあまり泣けなかったんだけど(違うとこに集中してたせいもあるけど 爆)今回はウルっときました…。アイーダと別れたくない感がすごく出ててよかったよ、ナベさん。

桟橋シーンでは前回と同じくアイーダに対する絶望からの怒りの感情がちょっと強く感じられたかな。それでもやっぱり彼女への愛を忘れられることができなくてヌビア王を逃がしてしまう。そしてアイーダをしっかり抱きしめるわけですが…何度見てもあのギュッときれいな手で抱きしめるナベラダは萌えて仕方がない。

裁判の判決を待つ間は今回けっこうシバシバする回数も多かったし息を呑む回数も多かった気がする(そんなところ普通見ないよ 爆)

石棺でアイーダを抱きしめた時のナベラダはどんなに疲れていても優しさが最大限に発揮されていると思う。あんな風に抱きしめられて諭されたらすごく安心すると思うよ。アイーダもラダメスも悲劇的な最期だけど、幸福な瞬間でもあるんだろうなって感じる。私の席からは最後までキスシーンは見えなかったけど、優しさだけはしっかり伝わったよ。

カーテンコールでアムネのマントを持って袖に下がる時、相変わらず…というか、いつもよりもさらにバタバタしてて転んじゃうんじゃないかとハラハラしつつ一人で爆笑してしまった(笑)。最後まで可愛くて萌えるよ、ナベさんは(笑)。
笑顔は見せていたけど、やっぱりちょっとどこか疲れた表情だったのが気になりました。そんななか、ナチュルハイでイベント参加してくれてありがとう、ナベさん!また謎の復活をしてくれることを待っている~~(笑)。

ナベさんが完走すると信じて数えると…彼のラダメスに逢えるのはあと5回。いよいよ少なくなってきた…。寂しいな…。


関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

アイーダ(四季) - -
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。