<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
o0800045010676936279.jpg
またしても、海劇場のエジプトへ行ってきました。今回も…かなり突発です(汗)。考えてみたら、あとちょうど1ヶ月で『アイーダ』が千秋楽を迎えてしまうんですよね…。哀しいです(涙)。

そんな時期に、詰め込まれるようにして開催されるイベント…第2回クイズ大会に参加してきました!第1回目の時はかなりエキサイトして楽しめたので、今回もけっこう気合を入れて参加。景品は前回と同じくこのイベント用に作られたポスターに出演者全員の直筆サインが入っているやつ。その中に当然かの人のもあるわけで…ほしい、やっぱり猛烈にほしいよ、なべさいん…(笑)。
で、前回の教訓を生かし…今回は私、予習をいたしました。なんか学生時代に世界史の勉強をしてるような感覚だったなぁ。さらには劇中、色んなセットに目を光らせ数を数えたりセットに書かれている名称を覚えようとしたり…そんなわけで本編よりも違うところに夢中になってしまった(←いつも以上に間違った観劇方法 爆)。せめてこの中から3つくらいは出題されてほしい…と思い臨んだクイズ大会でしたが…

ちなみに今回参加してくれたのはアンサンブルさんとメインキャストではメレブの有賀くんファラオの石原さん。司会は前回と同じくゾーザーの田中さん。今回もかなーりテンションが高かったです(笑)。始まる前までは皆さん緊張されていたのか客席が意外と静かだったんですけど、キャストの皆さんのテンションに釣られるように盛り上がっていき、かなり熱を帯びたクイズ大会となりました。
今回の出題も形式的には前回と同じでしたが、イントロクイズの回答方法がちょっと変更になってました。個人的にはやっぱり前回の方式のままがよかったよなぁ。スケブに曲名書いて早く上げたチームに点数が入るって方法だったんですけど…文字を書く早さって人それぞれだし…。

問題を少し挙げてみます。第2回も難問揃いでした。

1.日本初演の劇場名は?(3択でしたが、これはサービス問題級)
2.エジプトの正式名称は?
3.参謀室で出てくるホルスの目の色は?(いつも違うところを見ていたのが仇となった 爆)
4.ヌビアの意味は?(唯一出てきた予習問題w)
5.「神が愛するヌビア」のナンバーで何回ヌビアと言っているか?(難問すぎる)
6.トニー賞受賞4部門のうち3部門は挙げたのですが残りのひとつは何?

と、ここまで一通り終わった後で1幕の船のタラップセットからアイーダを演じた秋夢子さんが登場!前回はアムネリス役の鈴木ほのかさんが登場したので今回はナベラダかなと予想していたのですが、もうここでアイーダが出てきてしまった(汗)。ラダメス問題を予測していただけにこれはちょっとした誤算…(爆)。
でも、素の夢子さんはとっても知的な美人さんで可愛らしい方。日本語もかなりお上手です。たしか来日してか8年って言ってたかな。ビールが大好きとのことでその話題が出た時はとっても嬉しそうにしてて可愛かったです(笑)。プレトークで登場した時よりもちゃんとトークできてました。
そんな秋アイーダからの質問は…「人生の苦しみ」のナンバーでアイーダに照らされるライトは最大で何個か?というもの。えぇぇ!?ワカラン…。で、答えは20個だそうです。我がチームはニアピン賞を頂きました…。しっかし、一人にそんなにたくさんのライトが当たるなんて…歌ってて気分高まるはずですわ。再現もしてくれたんですが、素で立つのは恥ずかしいと盛んに言っていた秋さんが可愛かったです。

そしてそのあとも白熱したクイズ大会は続き…またしても優勝を逃し景品ゲットならず(苦笑)。優勝したのは石原さんのファラオチームでした。さすがファラオは強し!結局私は予習したにもかかわらず1つしか問題が出題されずほぼ貢献できずに終わりました(爆)。イントロが難しすぎる!
クイズ大会はあと1回を残すのみ。3度目の正直なるか!?その時にナベラダはゲストで来てくれるのか?私はなべさいんを手にすることができるのか(笑)!?また予習がんばろ…。

こんな調子で今回も大盛り上がりだったクイズ大会。クイズのために違う部分に集中してしまったこともあり、今回の本編はいつもよりも浸れなかった気がする(爆)。


主なキャスト
アイーダ:秋夢子、アムネリス:鈴木ほのか、ラダメス:渡辺正、メレブ:有賀光一、ゾーザー:田中廣臣、アモナスロ:牧野公昭、ファラオ:石原義文、ネヘブカ:上條奈々 ほか

主要キャストは変わらずです。もしかしたら本当にこのまま千秋楽まで行くのかも!?男性アンサンブルのモリケンくんがまた抜けてしまい影山さんが入りました。このあたりの入れ替えが最近ちょっと忙しい感じ。


以下、ネタバレアリのキャスト別中心の感想です。後半はいつものごとくものすごい偏りがありますのでご注意を。




o0800045010676940002.jpg
相変わらず1階サイド後方席は空席が多いんですが、中央ブロックは以前に比べると埋まってきたような気がします。2階席のほうも2ヶ月前よりもちょっと賑やかになっていました。楽が近くなったことで少しずつお客さんが戻ってきているんだろか?それにしてもやっぱりまだ寂しいけど…。
ちなみに私の隣に座っていた二人連れの方たちは初めての観劇だったようですが…かなり満足されていたので一安心。特に逆風を感じることもなかったし(←私にとってはここが一番重要w)


アイーダ@秋夢子さん
前回見たときに調子がイマイチかなぁ…と思っていたのですが、それよりかは上げてきているようでよかったです。最近なんだかセリフをいつも以上にゆっくりと丁寧に喋っている印象。個人的にはラダメスを誘惑するように挑発す時の秋アイーダが色っぽくて好きです。ナベラダがそれに必死に抵抗してるように見えるし(←そこかよ 笑)
♪ローブのダンス♪での迫力もあってよかったんですけど…やっぱし、ちょっと伸ばしているときの不安定さは感じてしまったかなぁ。あと♪人生の苦しみ♪のときも…。濱田さんや樋口さんに比べるとちょっとパンチが効かないので長期間演じているとそれなりに声に疲れが出てきてしまうのかも知れません。セリフもちょっと噛んじゃうことがあってお国訛りもチラホラ…(汗)。頑張ってほしいです。

アムネリス@鈴木ほのかさん
いつも冒頭からパワーを感じさせてくれるほのかアムネ。♪オシャレ~♪ナンバーでのニッコニコ笑顔での弾けっぷりは今回も健在で可愛いです。アイーダとの初対面シーンでは以前に比べるとちょっと上から目線的な要素が強くなったような気がします。ただ、コワイのではなくてどこか憎めない感じ。そのサジ加減が素敵です。
アイーダに心境を打ち明けるところや、ラダメスとアイーダの密会を目撃してしまった時のほのかアムネの涙は毎回胸打たれます…。裁判のシーンでも泣きながら判決を下しているんですよね。

メレブ@有賀光一さん
復帰直後の舞台よりもやっぱり明らかにトーンを落としている気がします。あの時は主役を食っちゃうような勢いを感じたんですけど(笑)いまは全体に溶け込んでいながら存在感をハッキしているようで非常にいい感じ。個人的にはアイーダから「王女と呼んではダメ」と強く言われ落ち込んでしまう有賀@メレブが可愛くてツボ。
それから、以前よりもラダメスとアイーダの恋に関しての苦悩が見えてきてますね。復帰直後あたりは2人の恋愛…特にラダメスに対してものすごく怒っていた印象でしたが、今ではアイーダの気持ちも分からなくもないしラダメスに対しての怒りみたいな感情も薄まっているように感じました。アモナスロの前でラダメスのことを話してしまった直後の表情にそんなことを思う今日この頃。

ゾーザー@田中廣臣さん
いやぁ…1幕のピラミッドのナンバーはまさに手に汗を握りながりの観賞となりましたよ(汗)。その前のラダメスとの会話シーンから掠れ声が目立っていたので「大丈夫か?」と心配したのですが…それが見事に的中。やはり先週からの疲れからまだ復活できていないのかも。2月からの連投ですからね…。本当にお疲れさまです。
でも、2幕の親子喧嘩の時は見事に復活。前回のような力技での〆に持っていくこともなくカッコよく歌っていたので一安心です。

アモナスロ@牧野公昭さんファラオ@石原義文さん
すみません、今回お二人一緒の感想で(爆)。とても素晴らしかったですよ。まさにベテランの味。特に石原さんは次回からさらに親近感を持って見れそうな気がします(笑)。牧野アモナスロ、船の動きに合わせての絶叫に変えてきましたね。バランスよくなりました。

ネヘブカ@上條奈々さん
先月末からの上條ネヘブカはかなりいい感じできています。慣れてきたのかもしれませんね。


ここから下はいつものごとく、激しく偏ったナベラダに関する感想です。ナベラダ完全否定の方、萌え語りが苦手な方不快に思うだけだと思いますのでこの先はスルーしてください。

別に気にならないという方はよろしければどうぞ…。相変わらずかなーり偏った感想ですが(爆)。














ラダメス@渡辺正さん
前回観劇した時にものすごい絶不調なナベさんを目撃してしまったので…それはそれは心配でしたよ(汗)。お休み2日間挟んでなんとか元気に復活してるといいなと思ったんですか…、なんと、本当に謎の復活をしてきた!どうやってモチベーションやら体力面やらを上げてきているんだろうか?かつてロック歌手として活躍していたことが今生きてきているのかもしれないなぁ。
なんていうか…、前回よりも明らかにテンションが上がったいい歌いっぷりや芝居を見せてもらって…それだけで感無量の心境になってしまった(涙)…ってなんか、身内みたいな心境だよ(←ナニサマ 爆)

しかしながら、この日はクイズ大会でして…あの景品を狙いたい気持ちがあり…100パーセントなべらだに集中することができず…ほとんど泣けないまま不完全燃焼で終わってしまった(←何やってんだよ 爆)。他のシーンに比べればナベさんをガン見する率は高かったんですが(笑)、なんか、元気で芝居している姿見ただけで安心してしまったというか…そんなこんなで浸れなかったよ…。
もしこれが、私が目撃した最後のナベラダになってしまったら…と思うと恐ろしくてたまらん(爆)。キャスト変更はないと信じているけれども、四季は何をしてくるか分からないからなぁ。たのむから、来週も頑張ってほしいよ…。

と、言うわけで、以下いつもよりかは薄いナベ感想です(笑)。

♪勝利ほほえむ♪のナンバーでの勢いで「あ、今日は調子戻ったかも」と安堵してしまった。危険は「ぉ」かしていたけど、ひっくり返らなかったので私の中では許容範囲萌え(笑)。

そのあとの台詞回しですが、いつもよりも確実に丁寧に話している印象。前回声があまり出なかった笑い声とかもしっかり出ていたので安堵。

晩餐会シーンでのアムネリスとの談笑の時、今回はほのかアムネに乗せられる形で衣装を実際に触れて感触を確かめてました(笑)。アムネ衣装に触れてるの初めて見たので萌えた(笑)。

♪儚いよろこび♪での動揺っぷりは今回も素晴らしい目の泳ぎっぷり!さらには前回不発だった「人間なのに」の「げ」もしっかり多重音声(笑)。あぁ、本当に復調したんだなと…そんなところで感動して涙目になってしまった。

アムネの寝室でアイーダを口説いている時、手がアイーダの頬に少し触れるところまでいってました。この前はほとんどそこまで行かなかったので、今回はとてもいい感じ。ただ「それはアムネリスではない」のセリフでいつも寝室を振り返っていたんですが今回はなかったな。気のせい?

洗濯シーンでのアイーダを見つめる目がやっぱり可愛くて萌え~(笑)。そのあと上から目線で語りかけるのも好き。「いまはグラスなど持っていない、なのに見ていた」の台詞の時の得意げな顔が特に私のツボを刺激します(笑)。

「何かが変わった」の歌いだしの時のナベラダの表情も大好き!大きく見開いた目が明らかに動揺してる(笑)。ナベラダの恋に落ちた瞬間の表情はたまらなく萌える(笑)。

♪迷いつつ♪のナンバーも丁寧に歌っていたし、キターも調子よかった(笑)。アイーダに対する優しさが何度見ても好き。目を開けて抱きしめちゃってるけどね(笑)。イチャイチャシーンは前回よりも明らかに嬉しそうな顔をしていてものすごく萌えた!「聞こえたぞ!もう一度言ってくれ」のあとの「命令だ」までの間が特によかったです。

ゾーザーとの親子喧嘩シーン、なんだかいつも以上に力が入っていてものすごくゾクゾクした!「結婚はしない!」の時の突き飛ばしっぷりが最高だったよ!!あのシーンでのナベラダは何度でも見ていたい。

ラダメスからの手紙も非常に丁寧に歌ってました。今回は音がずれることもなかったし、優しさがにじみ出ていて泣けた…。

♪星のさだめ♪でのアイーダへの愛が溢れてるナベラダにひたすら萌え(笑)。アイーダを説得しようとするけれども拒絶されてしまった時のあの仕草が特にツボ!アイーダの首筋に顔をうずめるのも前回以上に愛しそうに演じていて泣けました…

桟橋に向かうまでの勢いがとてもよかった。さらにアイーダへの絶望を語るシーンもすごく力が入っていてよかった。個人的にはここに限っては前回の言い回しのほうが好みなんですけどね(笑)。メレブから剣を託された時の、あの瞬間に全てを悟ったかのようなハッとした表情もすごく好きです。

裁判の判決を聞いたあと、アイーダと向かい合う前にやっぱり体を微妙にクネクネさせてました(笑)。ただ、前回よりかはクネ度が少なかったから…やっぱしあの時は体調があまりよくなかったのかも…。

石棺では優しく温かくアイーダを包み込んでいて泣けます。やっぱしナベラダのあの優しさが好き(涙)。

カーテンコールでもやりきった感のあるいい笑顔を見せていたのでとても安心しました。というか、よくぞここまであの絶不調だったものから上げてきてくれたなという驚きと嬉しさでいっぱいになった。こんな風に思っちゃうほど、私はナベさんに魅入られてしまっているんだなぁ…。いつの間に(笑)。
次回観劇でナベラダ20回を迎えます…っていうか、迎えさせてくれ(笑)。本当にここまできたら最後まで完走してほしいです。頑張れ、ナベラダ!少数派なりに必死に応援してますからっ!(←どこか応援の言葉が間違ってる気がする 爆)



関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

アイーダ(四季) - -
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。