<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
136612896.jpg
初日以来2度目の東京セレソンデラックス10周年記念公演『くちづけ』を観に行ってきました。今回は母親と一緒です。昨年、「つばさ」で宅間さんに興味を持った母にセレソンで大感動した『流れ星』の話をしたところかなり興味を持ってくれまして…それで一緒にということになりました。宅間さん、クチコミ成功してますよ、私(笑)。
前回は道に迷って開演ギリギリに到着という大失態を犯しましたが(苦笑)今回はちゃんと地図も調べてきたし前回の教訓が生きていたせいか普通に開場前に着いてしまいました。前回あんなに迷った自分が不思議だ…(爆)。

ロビーには相変わらずたくさんの花がひしめいていました。改めてセレソンデラックス…宅間孝行さんの人脈の広さに感嘆。そんななかで大泉洋くんたちのTEAM-NACSからのお花発見!
o0800060010663273395.jpg
一際目立っておりました!そういえば洋くんもつい先日観に来たようですね。そもそもセレソンはNACSのみんなが「素晴らしい」と勧めていて気になった劇団なので、こうして劇場で彼らからの花を見るとなんだか嬉しい気持ちに駆られてしまいました。

で…今回私は2度目だったわけですが…初日以上に号泣してしまった(涙)。初日にはウルウル程度だったシーンとかもボロボロ涙が溢れて止まらなかったよ…。ラストはもう半分嗚咽に近いくらい泣いた…。今回はタオルハンカチ持ってったけど、また絞れそうになるくらい泣いた…(汗)。
だけど、なんだか、その涙が辛くて重いものではないんですよ!なんていうのかなぁ…これだけ号泣させられている自分が好きになるというか…。こなにも魂を揺さぶられる作品に出会えてものすごく幸せな気持ちにすらさせられる。2度観ればさらに泣ける作品だと思う。本当にすごいよ、セレソンデラックス…そして宅間孝行さん!

初セレソンの母はどうだったのか気になったのですが、芝居が終わった後に開口一番「これはすごい…!」と感嘆の一声をあげていました。面白いシーンではしっかり笑ってたみたいだし、泣けるシーンでも号泣してくれてたみたい。観劇後に2人で今回の「くちづけ」について色々と語り合いました。セレソンのファンにもなってくれたみたいだし、誘った私としたら本当に嬉しい。また次の作品も観てみたいと言ってくれました。母はほとんどストレートプレイを観たことがない人だったのですが、ここまで感激してもらえるとは…。そんな作品、なかなかないんじゃないかな…。
それから、同じく初セレソンというネット友様とも遭遇したのですが…彼女もものすごく感動してくれていたみたいで「泣いた」と言ってくれていました。なんだかとても嬉しかった…。


出演者
愛情いっぽん:金田明夫、マコ:加藤貴子、うーやん:宅間孝行、智ちゃん:東風万智子、国村先生:石井愃一、国村真理子:藤吉久美子、国村はるか:芳賀優里亜、夏目:伊藤高史、袴田:大見久代、酒巻:須賀尾由二、みなみ:尾畑美依奈、島ちん:たなかたく、頼朝くん:菊池優


以下、あまりネタバレに触れないようにしますが…多少はストーリーに関する感想となっているので、まだ観ていないこれからの人はご注意ください。どうしようか迷ってる方はよかったら…。



本当はあのシーンのここが笑えた、とか、ここが泣けた、とか、色々と書きたいことはあるんですけど…(汗)できるだけ先入観なしでこの芝居に触れてほしいと思うので概要だけの感想になります。ちなみに、軽いストーリー紹介は前回の初日記事を参考にしてください。

まず舞台全体を見て思ったのが、ものすごく生きた芝居に変化しているということ。初日もものすごく感動して号泣させられたのですが、東京千秋楽間近の今回は登場人物たちが以前にも増してものすごく生き生きと輝いていて…それだけに前回以上に泣かされたような気がします。役者さんそれぞれがそれぞれのキャラクターをちゃんと掴んでいる感じ。明らかに初日よりも感情表現が豊かになっていました。
それから、初日が終わった後にアンケートに個人的にちょっと気になったことを書いたのですが…その部分が改善されていて…それだけでもなんだかものすごく嬉しくなってしまった。ちゃんとアンケート読んでくれているんだなぁと思って…。
全体のテンポも初日以上に小気味よく、笑いの部分と泣きの部分とのメリハリがものすごく効いていました。それに少し余裕が出てきたのか、アドリブも飛び出してて爆笑してしまった(笑)。宅間さんの金田さんに対するイタズラ…あれは毎回やってるんだろうか(笑)。素でウケてる風だった伊藤くんや動揺を隠せなくなってた金田さんに客席も大喜び状態でした。

この物語は知的障害者との向き合い方みたいな部分で考えさせられるシーンが出てきます。無邪気で純真無垢でイタズラっ子な彼らの行動に私達は癒しみたいなものを感じ自然と笑顔にさせられるのですが、実はその根底にはもっとシビアな現実もあったりする。いざ彼らと面と向かった時、私達はどのように接することができるのか…。社会の目はシビアで冷たい、でも、私達はそのことを責めることはできるのか?なんだか心に突き刺さるような痛みが走る。さらに、この現実を認めるセリフを知的障害の娘を持つ愛情いっぽん先生にも言わせているところがなんとも憎い演出だなと思いました。
決して綺麗事として片付けていない…そんな印象。ちゃんと現実も見据えている。そんな要素が含まれているところがこの芝居のすごいところだと思う。

でも、「くちづけ」の大きなテーマは"愛"です。
愛情いっぽん先生と娘のマコちゃんとのあまりにも切なく…そして果てしなく深い愛、マコちゃんとうーやんの間に芽生えた彼らだけにしかわからない心の通った温かい愛、うーやんと姉の智ちゃんの間にある兄妹愛、グループホームを経営する国村一家と共に暮らす"家族"への愛…。一つ一つの愛が深く深くこちらの心に染み込んできて気がついたら涙が止まらなくなっている。真摯で無垢な愛にどうしようもなく心揺さぶられるのです。

2度目だとそれぞれの抱えている想いみたいなものが分かっているだけに…かなり早い段階からボロボロと涙があふれて仕方なかった。特にいっぽん先生とマコちゃんの関係心を鷲掴みされたかのような…魂が震えるような感情がこみ上げてきてしまって号泣せずにはいられなかった(涙)。芝居を観てこんな感情にさせられることはそう多くはありません。
そしてあの、ラスト…。冒頭から繋がっているのですが…もう嗚咽に近いくらい泣きました(涙)。正直、今思い出しても涙目ですから…。あの出来事の痛みをみんな心の中に抱えながらも、前を向いていこうとしている。その時に流れる音楽が劇中のクライマックスのあのシーンと見事にリンクしていて…まさに滂沱の涙状態ですよ(涙)。まさに魂が震えるというのはこのことだなと。

宅間さんのうーやん、初日よりもパワーアップしてて可愛さ倍増(笑)。嬉しい時の仕草と両手を覆って泣く仕草がものすごくツボでした。今回のお芝居では宅間さんは一歩引いたポジションにいる印象ですが、それが実にいい効果を生み出していると思います。うーやんのシーンも泣き所がたくさんあります。やっぱり私は宅間さんのお芝居が大好きです。
加藤貴子さんのマコちゃんは笑顔が本当に天使みたいで可愛い。父親への一途で深い愛情が痛いほど伝わってきて何度も泣かされました…。東風さんの智ちゃん、兄への愛情と自分の幸せとの間で揺れ動く気持ちがすごくよかった。
金田さんの愛情いっぽん先生…すべてが見どころです。笑いどころのお芝居も楽しくて大好きですが、いっぽん先生が直面する苦悩の芝居は涙なくしては観られません。娘のマコを彼がどれだけ愛していたのか…その想いがものすごくストレートに観ているこちらに訴えかけてくる。金田明夫さん、素晴らしい役者さんだと思います。ぜひとも多くの人に観てほしい。

カーテンコールでは力強く温かい拍手がいつまでも鳴り響いていて、舞台挨拶をした加藤貴子さんや宅間孝行さんの目に涙が浮かんでいたのがとても印象的でした。私も母も泣きながら拍手してましたから…。カーテンコールが終わって客電がついてもなんだかまだ涙が溢れてきそうな状態で…あぁ、本当にセレソンデラックスの芝居と出会えてよかったなと心の底から思いました。
今週で東京は千秋楽を迎え、その後、名古屋・大阪・札幌と旅公演に出るそうです。この心震える体験をぜひとも多くの人に味わって頂きたいです。たくさん笑って、たくさん泣けます。決して辛く重い涙ではない…人間の心の奥にある温かさみたいなものを感じさせてくれるはずの涙になると思います。お芝居も分かりやすいですし、初心者の方にも超オススメ!

ちなみにWOWOWのカメラがマチネ公演に入っていました。放送日は分かりませんが、近いうちに情報が出るかと思います。劇場に足を運べない方はぜひとも放送日をお楽しみに…。



関連記事

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ストレート演劇 comments(4) -


コメント

Re: 観てきました!

さえこさん、いらっしゃいませ!コメントありがとうございます♪

セレソンの舞台、堪能させたとのことで本当によかったです。
クチコミ宣伝した甲斐がありました~(笑)。
今回のお芝居はかなりシビアな面が大きかったですが、人の心の琴線には
ものすごく触れまくりというか・・・魂が揺さぶられる感覚がすごかったですね。
私も金田さんを見かけたらしばらく涙ぐんでしまうかもしれません。
よろしければ前の作品「流れ星」や「夕」などもご覧になってみてくださいね。
心が温かくなってものすごく泣けますよ。

Re: いつかまた…

トラベラーさん、コメントありがとうございます。

確かに今回の題材は全ての人に…とは言い切れないものがあります。
実際に起こった事件を基にしているし、シチュエーションも
人に因っては耐え切れないものがあるかもしれません…。
よろしければ、前の作品「流れ星」や「夕」を見ていただきたいかも。
こちらはとても温かい涙が流せると思うので♪

観てきました!

昨日、行ってまいりました~。
今えりこさんの記事を読み返して、昨日のお芝居を思い返して、
また感情が高ぶってしまうようです。
金田さんをテレビでお見かけしたら、しばらくはそれだけで
胸がいっぱいになってしまう予感がします。
最後に皆さんが一列に並んだ時にも、涙があふれてとまりませんでした。
ホントにみてよかったです。
えりこさん、ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


フォーム

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。