<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
前回、武市さんと以蔵との別れに号泣しまくりつつ第2部が終了。いよいよ今回から第3部がスタートとのことでオープニングも冒頭が新しくなり福山@龍馬の顔がはっきりと映るようになりました。今までとイメージが変わってなんだかカッコイイし躍動感を感じます。
それから、サントラ音楽も新曲がたくさん出てきましたね。今まで聴いたことないものばかりが出てきてこれまたカッコイイ。第3弾のサントラ発売が楽しみになりました(っていうか、発売するよね?)

第3部冒頭ということでまたまた弥太郎と坂崎とのシーンからスタート。今回は弥太郎、あまり体調が優れないらしくお灸治療中。お灸師の女性の顔はなかなか見えないのですが…「龍馬」という名前が出て始めてその正体が明らかになるっていう演出が面白かったです。彼女はなんと、龍馬に恋していた千葉佐那さん(知らされた直後の坂崎のビビリ方が面白かった 笑)。けっこう中年に近い年だと思うのですが…(汗)しーちゃんの佐那は相変わらずきれいで可愛い。
佐那さんからすれば龍馬との思い出は甘酸っぱくも美しいものばかり。ところが、弥太郎はその後の龍馬の姿も知っていたわけで…「すっかり変わってしまった」と語りだす。すると目の色が変わる佐那さんたち。お灸の熱さに唸っている弥太郎に「我慢しなさい!!」と一喝してしまうシーンは笑えた(笑)。まだまだ鬼小町と呼ばれた時の勢いは持っていたのね。それにしても、香川@弥太郎のお灸…あれ、本当に熱そうだったよ(笑)。

第2部ラストで龍馬に友情のような感情を素直に表現していた弥太郎でしたが、第3部ではそれが封印されまたまた嫉妬に燃えるキャラに戻るようです。これからどのように龍馬と接していくのか楽しみ!

以下、ドラマ感想は追記にて。



長崎到着
薩摩に向かう途中で立ち寄った長崎は元・操練所メンバーにとってはまるで別世界。たしか"和華蘭"文化って呼ばれてるんですよね、長崎。
異人の女性の金髪にえらく興奮している惣之丞や長次郎たちが面白い(笑)。西洋だけではなく中国の文化も盛んで獅子舞があったり龍が踊っていたり爆竹が鳴り響いたり…長崎の町は活気に満ち溢れている。こんな町並みに大興奮している元・操練所メンバーたちでしたが…龍馬は一人だけやけに落ち着いてドッシリとしています。ここまでくるまで色々と旅をして回った経験がそうさせたんでしょうかねぇ。でも以前の龍馬だったらもっと皆とはしゃいでたような気がするんですけど…やはり武市さん達の死を目の当たりにして彼の中で何かが変わってしまったのだろうか?

小曾根登場
さっそく長崎有数の貿易商だった小曾根邸に宿を取った龍馬たち。しかしこの小曾根さんっていうのが、なんとも不敵な雰囲気で侮りがたし!見たいな雰囲気でしたねぇ。本田博太郎さんが只者じゃないような人物を好演してました。西郷さんともやけに親しい様子で語り合っていたのですが…そこへ突然何の断りもなしに龍馬が現れたものだから…そりゃ怪訝な顔にもなりますわな(笑)。ここまでの大胆さは今までになかった気がする。
龍馬の目的は西郷に「このまま長崎に置いてほしい」というもの。自分達の力だけでやっていきたいと力説する龍馬でしたが、西郷にしてみれば彼らを利用する腹積もりがあっただろうから当然面白い気持ちはしない。「幕府を飛び出してみないか」と誘いをかけてくる龍馬の言葉にはそう簡単に乗らない西郷。彼もまだ龍馬という人物を図りかねている様子ですね。この時点では「一介の脱藩浪士」と龍馬たちを評して去っていった西郷のほうが上手だったかも。

トーマス・グラバー登場
フランスの後ろ盾で権力を盛り返してきた幕府は貿易の規制なども行っている様子。そのストレスから各藩の怒りはかなり増してきているようです。特に薩摩藩の小松は相当なお怒りモード。しっかし…「篤姫」の小松さんと全く雰囲気が違いますねぇ(笑)。「龍馬伝」の小松さぁはかなり激しい気性の持ち主みたいで面白いです。
そんなとき、龍馬たちは自分達で何かを始めるために船があればと思い立ってイギリス商人のトーマス・グラバー邸を訪ねます。ティム・ウェラードさんのグラバー、めちゃくちゃいい男じゃないかえ!今後が楽しみだわ(笑)。グラバー邸に置かれているものにまたしても興味津々な龍馬たち。鹿の頭を見てビビッてる長次郎を冷やかす惣之丞がなんだか面白かった。洋くん@長次郎は今後もこうしてイジられきゃらになっていくのか!?
さっそく現れたグラバーに英語で挨拶する龍馬たち。「ナイス・トゥー・ミーチュー」のシェイクハンド攻撃にかなーり迷惑そうなグラバーさん(笑)。惣之丞の通訳の声がなかなかいい感じだったなぁ。陽之助もここで英語能力を発揮。長次郎の「ナイス・トゥー・ミーチュー」攻撃もかなりオーバーで笑えました(←キャラに洋くんらしさが出てる 笑)。英語が話せる陽之助や惣之丞はもう得意げにグラバーの前で振舞っているんですが・・・実はグラバーは日本語が堪能だったりする。この時の彼らのビックリっぷりが可愛くて萌えました(笑)。
最初の感触がなかなかだと思った龍馬たちはさっそく商売のための船を借りたいと交渉開始。しかしグラバーは貸す為に三千両がかかると平然と言い放つ。龍馬たち一介の脱藩志士たちにそんな金額が払えるわけがないわけで…つまりグラバーは彼らを相手にする気持ちなどサラサラなかったということ。「丸山でボロ船を捜せ」とだけ言い放って席を立つグラバーに怒り心頭の惣之丞たちでしたが、それを必死に抑えて他の手を当たろうとする龍馬。まぁ、あそこまでバカにされたら怒る気持ちもよく分かりますけど、何の面識もない図々しい日本人を相手にしたくないっていうグラバーの気持ちも分かる気がするな。今後、グラバーはそんな彼らとどう接していくんでしょうか。

料亭・引田屋
グラバーが言っていた「丸山」という場所に興味を持った龍馬たちはさっそく訪れることに。料亭が立ち並ぶ花街にまたしても興味津々の彼ら(笑)。それにしても今回の大河は本当にロケ地とかも豪華で臨場感ありますねぇ。なんだか本物感が漂っていてすごいと思います。その一角にある引田屋にさっそく潜入する龍馬たち。
その頃、椿の間では薩摩藩士たちが長州への恨みつらみをぶつけて大騒ぎになってる。その様子を少し惹いた目で見つめている西郷。龍馬たちは竹の間へ。円卓に興味津々な彼らがなんだか可愛い(笑)。どこの部屋に潜入するかヒソヒソと相談している頃、梅の間では津和野藩の名目で長州藩がお元の踊りをサカナになにやら不穏な雰囲気になっている。とてもじゃないけどお元を見ている余裕なんてなさそう。そのなかで一人拍手を送っている散切り頭の青年が…あの、高杉晋作ですね!

長州メンバー
梅の間の皆さんがイライラしていたのは、どうやらグラバーから約束をすっぽかされたのが原因の様子。このなかで一際お怒りモードが激しく出ていたのが…おっと、加藤虎ノ介くん@井上聞多じゃないですか。久しぶりに感情を前面にバーッと出せる開放感からか思っていたよりも違和感感じなかったですね。しっかし、かなり力が入っているなぁっていうのは画面から伝わってきた(笑)。
彼らがグラバーと交渉したかったのはどうやら銃を手に入れることだった様子。しかし攘夷派の侍との交渉はそりゃ向こうも警戒するわけで…それで上手くはぐらかされてしまったようですね。そのことをシレっと語っているお元はなんだかただの芸者ではないって感じ。

乱入
このピリピリムードの中に龍馬たちが突然乱入!いやぁ、大胆ですなぁ。個人的には大泉洋くんと加藤虎ノ介くんが一つの画面の中で共演しているという貴重な画がなんだかえらい嬉しかったりしました(笑)。カラカラと笑ってる洋くん@長次郎と怒りで火を噴きそうな虎ちゃん@聞多のちょっとしたやりとりが面白かったなぁ。
自らの素性を明かした上で蒸気船を貸してくれと堂々と言ってのける龍馬たちに一人興味を示す高杉晋作。いやぁ、いいわぁ、伊勢谷くんのあの不敵な目!晋作のオーラがバリバリ出てる。あっさりと津和野藩士ではなく長州藩士だとバラしてしまった高杉に伊藤も井上もただただビックリするばかり。虎ちゃん@井上なんて怒りモードすぎてひっくり返るんじゃないか位の勢いですよ(笑)。長州は長崎には出入り禁止だったために偽名を使って入り込んだという彼ら。それを察していたのは龍馬だけだったみたいですね。惣之丞はえらく動揺してたし。
しかし、高杉は桂から龍馬の事を聞いていたらしく一気に気持ちがほぐれた龍馬。ところが惣之丞たちは長州と聞くや否や思いっきり警戒態勢で龍馬を引きとめようとする。とりあえずは薩摩がいるからこの店を出ようと提案した龍馬でしたが…「薩摩」という言葉にものすごく敏感に反応した伊藤や井上たちはまたまた噴火しそうな勢いで斬りかかりに行こうとする。それを必死に止めてる長次郎くんたち…ご苦労様です(笑)。っていうか、伊藤も井上も、よくもまぁ、血管切れないなと思うほどのキレっぷりぜよ。特に全力でこの役に入り込んでるらしき虎ちゃん@井上は止められたあと相当消耗しちゃってるじゃないの(笑)。
そんななかで一人冷静に見えた晋作ですが…「ここで話しましょう、敵に逃げたと思われるのは心外ですから」と語る口調は明らかに薩摩への恨みで満ち溢れている。こういう静かな怒りを表現するのが上手いですねぇ、伊勢谷君。カッコいいわ…。

長州vs薩摩
その場で話し合うことになった龍馬たち。晋作によると長州はもう武力で異国と戦うことはしないという考えに至ったらしい。あれだけ武力で異国を叩くと息巻いていた長州でしたが、さすがにこれまでの流れのなかでそれが叶わないことなのだと思い知ったようです。だとすると、彼らがなぜ大量の武器や蒸気船を欲しているのか…。彼らの矛先はいつの間にか異国ではなく幕府に向けられていた。薩摩との一件もあったし、長州の幕府への恨みつらみは相当大きく膨れ上がっていたんですねえ…。晋作曰く「長州は独立する」…これにはさすがの龍馬も息を呑ん無ほど驚いてる。
と、そんなところへ彼らの存在をかぎつけた薩摩藩士たちが突然乱入!ここでまたさらに怒りモードを爆発させなければいけない尾上くんの伊藤と虎ちゃんの井上は大変だ(笑)。この撮影終わった後、2人ともグッタリ状態になったんじゃないか!?テンションのあげ方がハンパじゃなかったし(汗)。今回はシチュエーション的にそれがハマってたから違和感感じなくてよかったけどね。
もはや一触即発になっていたのを龍馬がものすごい剣幕で止めます。「一番恐ろしい敵は異国じゃろうが!」という彼の言葉に息を呑む一同。すごいね、龍馬。なんだか一人だけ別の次元にいるような気がした。福山@龍馬が久しぶりにカッコイイと思えたわ(笑)。さらにピストルをぶっ放して去っていく伊勢谷@晋作もカッコよくてシビれた!
この騒動のなか、お元の密告で長崎奉行所が長州を捕らえに乱入してくる。おや、乱入してきたのはキッチュ@松尾さんじゃないですか~。なんだかあの情けない雰囲気が面白そうです(笑)。

いやはや、なんか、アクション映画みたいな第29回でした。全体的にカッコよかった。前回の涙涙な展開だったドラマと同じ作品だとは思えなかったなぁ。虎ちゃんも登場してきたし(笑)しばらくの間はドキドキワクワクな心境でちょっと気楽に見れそうです。もう少し進むと…悲劇の展開も待ってますけどね…。



関連記事

テーマ : 龍馬伝 - ジャンル : テレビ・ラジオ

大河ドラマ 龍馬伝 comments(2) -


コメント

Re: 楽しみ~

トラベラーさん、こんにちは!コメントありがとうございます♪

第3部は龍馬ナビゲーターですからね(笑)。これまでとは雰囲気が一転して
けっこう動きのある面白いドラマになってきました。
29回、30回と虎ちゃん@聞多はお怒りモードでしたが^^;
なかなか存在感あると思います。
しゃべり始めがアヒル口になるのがちょっと目立ちますけどね(笑)。
今後の展開楽しみです。

楽しみ~

こんばんは~
第3部以降は龍馬の人生でも、怒涛の時期ですよね~
龍馬のこれから成し遂げる事の為にも、薩摩と長州の仲の悪さは見せておかないといけないのでこの演出かな(長州藩士は草履の裏に薩賊と書いて踏んでたとか)
みんなあの時期は熱い男達ばかりだった!?
戦国時代とこの時期の熱い群像、大好きです♪
勿論、虎ちゃんも(*^^*)
しかし、男性の茶色率高い!
虎ちゃん元の色白の方が目立つのになぁ~爆
これからの展開が楽しみです!!


フォーム

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。