<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
o0800060010628435384.jpg
シアターサンモールで上演されている東京セレソンデラックス10周年公演『くちづけ』を観に行ってきました。
昨年、朝ドラ「つばさ」の真瀬社長を演じていた宅間孝行さんに興味を持ち初めてセレソン作品に足を運び…ありえないくらい号泣してしまったんですよね。セレソンの芝居、宅間孝行の作り出す世界観にドップリとはまった瞬間でした。ファンクラブにも入り(笑)宅間作品をチェックするようになり…すっかり虜です。

あれから1年、3年ぶりに宅間さんが新作を書き下ろしたということでとても楽しみにしていました。しかしサンモールはこれで3回目なんですが…余裕を持って新宿御苑駅に着いたものの道を間違えたらしく迷子状態に(爆)。刻一刻と迫りくる開演時間に焦りながらふと目に留まった「キン○ーズ」のお店。藁をもすがる気持ちで道を尋ねたところ、ものすごく丁寧に教えていただき無事に劇場に到着できました(汗)。こんなブログ読んでないだろうけど…、気持ちだけ伝えたいです。
"無事に間に合いました!本当にご親切ありがとうございました!"
しっかし私の道音痴もそうとうなものだなぁ(苦笑)。まぁ劇場も少し分かりづらい場所にあるとは思うんですけどね。

ロビーは狭いんですけど、入り口には所狭しとお祝いのお花がビッシリ。有名人からのお花がやたら多かったことから、セレソンは芸能界でも愛されてるなぁと実感した次第です。
さらに初日とあって客席は補助席も含めほぼ満席状態でした。やはり劇場はお客さんで埋まっているほうが嬉しい…。客席には明らかに一般のお客さんではないなと思しきオーラを放った方々も多数。たぶん有名な方もいらしてたのかもしれませんが(メディア業界系の方が多かったかも)誰だ誰だかは分かりませんでした。ちなみに私の近くには記録係の方と思しき方がいて暗い客席の中でノートに色々とチェック項目を書き込んでいました。あ、そういえば「つばさ」のスタッフTシャツ着ている人もいたなぁ。なんか目立ってました(笑)。

さて、前情報として「泣けるストーリー」というのは聞いていたので"前回も号泣させられたから今回も泣くんだろうな"と思いつつ期待しすぎもよくないかな…みたいなテンションで観た今回の「くちづけ」。

泣きました…。号泣です…。途中、嗚咽しちゃうかもってくらいの滂沱の涙…(涙)

初日でこれだけ泣かされるってどうよ!
私の感情の流れ的には…笑って、ズキっときて、笑って、笑って、ホロっときて、笑って、泣いて、泣いて、号泣、涙止まらず…と、こんな感じ。特に後半は本当に泣きました…。カーテンコールでも涙が止まりませんでしたし。そして号泣した後に妙に心が温かくなる。心が痛い涙じゃなくて、人に優しくなれそうな温かい涙がやけに心地よい。だから何度も会いたくなってくる…そんな舞台です。
やっぱりすごいよ、セレソンデラックス…そして宅間孝行さん!

東京のあと大阪と名古屋、そして初めての札幌遠征も決まっているようですので、ぜひぜひ一人でも多くの方に観て頂きたいです。


出演者
愛情いっぽん:金田明夫、マコ:加藤貴子、うーやん:宅間孝行、智ちゃん:東風万智子、国村先生:石井愃一、国村真理子:藤吉久美子、国村はるか:芳賀優里亜、夏目:伊藤高史、袴田:大見久代、酒巻:須賀尾由二、みなみ:尾畑美依奈、島ちん:たなかたく、頼朝くん:菊池優


あまりネタバレしないようにしますが、多少バレが含まれた感想になっています。全く内容を知りたくない方は以下スルーしてください。






今回の作品もまっさらな気持ちで観てほしいので、あまり多くは語れないのですが…ちょこっと大まかな設定を紹介します。
物語の舞台は知的障害者が暮らすグループホーム。無邪気でピュアでいたずらっ子な彼らは毎日仕事にも通いつつ楽しく暮らしてている。そんなところへ元・漫画家の愛情いっぽんと呼ばれる男性とその娘・マコが入所してくる。いっぽんは知的障害のある娘と暮らすためにグループホームでボランティアをすることに決めるのですが、彼には誰にも言えないある秘密が…。

ここから先はぜひ舞台で、ということで。

「くちづけ」は宅間さんが今年始めまで篭って書き上げた新作。たしか私が「つばさ」のオフオフ会に参加した日にちょうど脱稿したって言ってたっけ(忘れもしない2月14日、いろんな意味でテンション上がった一日だった)。何年か前の小さな新聞記事にインスパイアされて書いたという今回の作品、涙ものはこれでしばらく封印ということで…それもなんだか寂しいなと思えたり。
観終わった時、私もその小さな記事に当時目が留まったかもと思えた。なんか初めて出会うストーリーって気がしなかったので。

ストーリーの構成としては冒頭にある衝撃的事実が告げられ、なぜそんなことになったのかを時を遡って辿っていくといった感じ。そのオープニングとして面白い試みがあって…、あれは笑いました(半分ビックリした 笑)。出来事的には笑っちゃいけない展開なんですけど、あれは完全にウケ狙いかなと(笑)。10周年記念ということもありオープニングはそんなこんなでとても華やかでした。
前半から中盤にかけては天真爛漫な入居者の「子」たちの言動に笑わせられたり、ある勘違いからくるアベコベ展開に吹き出したりと相変わらず楽しいシーンがたくさん。まぁちょっとシモ系の言葉も飛び交ってますけど(笑)。でも、中盤で一つの事件が起こり…思わず落涙…。でもその直後にはまた大胆な場面転換でシンミリをひきずらずに笑いに持っていかれる。テンポもよかったし、常に見ながら感情が動いていくので目が離せない。

そして、いっぽん先生のある重大な秘密が明らかになったあたりから…もう、どのシーン見ても切なくて切なくてブワッとこみ上げてきてしまう。後半、そして冒頭にもどるラストはハンカチ絞れるんじゃないかってくらい泣きました(涙)。ものすごく胸に迫ります。心が激しく揺さぶられるっていうのはああいう時のことをいうんだろうなあ。

知的障害者のグループホームを舞台にしたストーリーなのですが、別段重苦しい空気になることもなくすんなりとその世界観に入っていけます。でも、根底に流れる問題点やそれに纏わる現実とも実はしっかりと向き合っている。ただの美談ではなく、厳しい現実にも目を逸らさずに向き合っている…そんな印象のある作品でした。
その厳しい現実と理想との間で彼らがどう向き合っていくのか、どんな結末を迎えるのか、そんな部分に注目するとなお深くこの作品を堪能できるかも。


キャストの皆さんの熱演も本当に素晴らしかったです。宅間さんの演じた"うーやん"は言葉遣いや仕草が本当に可愛い!俺様キャラは封印してます(笑)。もう観てるだけで愛しかったですよ。そして、加藤貴子さんの"マコ"がこれまた素晴らしい!!とにかく真っ白…ピュアで天使みたいな子。そのくせツッコミは鋭くてところどころで客席の笑いを誘う。温泉女将の役柄のイメージが強い彼女ですが、今回初めて舞台姿を見て感動することしきりでした。
無条件で泣けるのは"愛情いっぽん"を演じた金田明夫さん。宅間さんとは「つばさ」が縁で今回のセレソンに参加することになったようですが、あの時の親方キャラとは一転、ソフトで温かい人物を大熱演!もう、何度金田さんに泣かされたか分からなかったですよ、今回(涙)。
他のキャストの皆さんも見どころ満載です!ぜひとも一人でも多くの方に見ていただきたい!!
(ちなみに今回出演してた“うーやん”の姉を演じていた東風さん、どこかで見たことあると思ったら…真中瞳さんでした!復帰されたんですねぇ。素敵なお芝居でした)

ネタバレがほとんどできないので、あれやこれや語りたいことも今回は封印…っていうのがちょっとストレスなんですけど(笑)観て損はない作品だと思います。どこかで心の琴線に触れるシーンがあるはず…。

o0800060010629402724.jpg
帰りに今回出演を見合わせてしまったセレソンメンバーの越村さんからパンフレットを購入。さらに先着2010名にプレゼントされるというセレソン限定グッズの扇子を出口で直接役者さんから頂きました。
次回は母親と月末に行きます。全てを知った上でもう一度観たら違う感動があるはず。今度はタオル持って行こう(笑)。



関連記事

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ストレート演劇 comments(2) -


コメント

Re: 私も見てきました

瑠璃姫さん、こんにちは!お久しぶりです♪
コメントありがとうございました!

『つばさ』ファンの皆様と観劇されたんですよね。HPでレポート拝見しました~。
いやぁ、いいなぁ。宅間さんと金田さんとお話できたなんて羨ましい!
私は翌日に一大イベントが控えていたのでその前に観劇してしまったのですが…
ファンクラブの皆さんのレポートは楽しく拝見させていただきました。

それにしても、「くちづけ」泣けましたね(涙)。
ネタバレを詳しくかけないのがもどかしいのですが、ラストの展開は涙無しには見れませんでした。
次は月末に行きますのでまた感想書きますね。

8/1のお知らせありがとうございます!千葉からでも聞こえればいいんですが(汗)
今回はちょっと無理そうです…

私も見てきました

おひさしぶりです。瑠璃姫です。
私も10日に「くちづけ」を見てきました。

「くちづけ」のタイトル、はじめは「?」でしたが、お芝居が終わって思い返すと実に重いタイトルだと思いました。
一番初めに出てきた、大笑いした写真が、最後に思い起こすと逆に涙の引き金になるという・・・・。

素晴らしいドラマでしたね。

------------

ところで、8月1日に川越市で、市民パーソナリティによる「ラジオぽてと」周波数80.8Mhzが一日限りではありますが放送されます。
真瀬社長と頭からのメッセージも放送されますので、お時間がありましたら、うしえりさんも遊びにおいでくださいね。


フォーム

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。