<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
116256217.jpg
このところやたらハードリピートしている感がありますが(爆)…また行ってしまいました、海劇場の『アイーダ』。
実はこの日は昼に歌舞伎観劇が入っていたので入れる予定なかったのですが…ソワレのチケットが舞い込んできましてハシゴにしてしまえと思い切ったわけであります(笑)。いや…ほしかったんです…ラダメスからの手紙第2弾。その期間の日にちを探していたらもうこの日のソワレしかないということに気づきまして…つい(汗)。

ちなみにこの日はプレステージトークの最終日だったそうですが、私はその時間帯まだ歌舞伎モードだったので(笑)参加された方のレポートを楽しく拝読させて頂きました。ほのかさんも参加されたようですね~。クイズ問題を見てみると…私が参加した過去3回のプレステージトークのなかで一番答えやすいものだったかも。1回目と2回目はかなりマニアックでしたので。ちなみに3回目は時間切れでクイズなしだったんですよね(その代わりナベさんトークが聞けたんだけど 笑)。
気持ちを切り替えて海劇場に到着したのが開演20分前くらい。さっそく四季の会会員限定のラダメスからの手紙2通目をゲット。
116525546.jpg
1通目は劇中に出てくるラダメスの歌詞がそのまま載っていたような文面でしたが、今回はラダメスさんからのお手紙って感じでなかなか素敵な言葉が並んでおります。それにしても字がすごくきれいなんですよ、この手紙。どなたの字なのかものすごく気になる。ポストカードも新しいものになってて嬉しかったです。
ちなみに1通目のときに感じた手紙から漂う不思議な香り(爆)は今回ありませんでした。不評だったのを悟ったのだろか(笑)。


主なキャスト
アイーダ:秋夢子、アムネリス:鈴木ほのか、ラダメス:渡辺正、メレブ:古賀陶馬ワイス、ゾーザー:田中廣臣、アモナスロ:川原洋一郎、ファラオ:岡本隆生、ネヘブカ:松本昌子 ほか

女性アンサンブルさんが2人くらい変わった以外は前回と全く同じ布陣です。それでも舞台は日々進化し続けているんだということを改めて感じさせてくれる素晴らしいものでした。なんとなく見慣れてしまったのですが…(苦笑)それでもやっぱり相変わらず空席の多い劇場が本当に勿体無い…。
今回2階席を振り返ってみたら…前方には一桁台かと思われるくらいの人数しか座ってなくて、その代わりに2階後方席がびっしり埋まっているという不思議な光景を目にしました(苦笑)。リーズナブルな座席はほぼ満席状態のようです。

以下、ネタバレを含んだ感想になります。



実はこの日…前から2列目のセンターブロック席というものすごいところでの観劇になりまして…!海劇場でこんな前方席に座ったの初めてですよ。座った時から心拍数がものすごく上がってしまったのですが(汗)、始まってみるとさらに近さを実感いたしまして何度口あんぐり状態に陥ったことか(爆)。この座席はアイーダを初めて観るか2回目くらいの人にはオススメできません。近すぎて全体像が見えないからです。役者さんの手のシワまで見えますから(笑)。
今回は中央からやや上手寄り座席だったので下手のほうに役者さんが行ってしまうと逆に観づらいという現象も体験しました。が、逆にこちらのほうに来ると必要以上にドキドキ感が増幅するということも体験。特にラダメスがアイーダにキスをするシーンはまさに目の前で起こっていたわけで…いろんな意味で衝撃的でした(笑)。

あそこまで前の席に座ってしまうと、今まで見えなかったものが色々見えてきたり分かってきたりして新たな発見の連続
今さらではありますが…ヌビアの女性達の額に刺青のような印がついているのをまず初めて知りました(爆)。さらに、ゾーザーの手にウジャトの目がくっきりと描かれていることも初めて知りました…。ファッションショーのシーンでは埃が舞う様子や緑のフサフサな部分の羽が舞台下にまで舞ってくるのを目撃!それから…スパのシーンに出てくるダミーの女性には顔がないことも確認できました(笑)。
確認といえば…2幕冒頭「どうしたらいい」のアイーダとラダメスとアムネリスの三重唱シーン。あの場面って後ろのほうだと3人が黒い衣装を身につけているので光が当たるまで見えないんですよね。それが演出の狙いでもあると思うのですが…今回は最初から見えてしまった(笑)。さらに、ラダメスは暗闇の中で見づらくするために最初後ろを向いているということも確認できました(笑)。

迫力だったのはアンサンブルのダンスシーン。「ピラミッドを建てよう」「ローブのダンス」「神が愛するヌビア」は特にすごかったです!振動が直に伝わってくるし躍動感の臨場感がハンパない!舞台の上の役者さんから観たら笑われるんじゃないかと思うくらい、口あんぐり状態に何度も陥りました(爆)。

その他諸々…普段の観劇では体験できない出来事の連続…。前方席は作品への中毒度が高まってしまう非常に危険な場所だということを認識しました(笑)。それが証拠に…実は…今週の日曜日も突発的に行くことに(爆)。やばいぞ、自分!

以下、キャストについて少々。

※注意
今回の観劇でナベラダ愛が相当進行してしまったため、我を失いかけたナベさん感想になってると思われます(爆)。あくまでも個人的感想なのであしからず。危険を感じたらスルーしてください。


アイーダ@秋夢子さん
前回観た時は"もう少しラダメスへの恋心を表に出してほしいな"と思えたアイーダだったのですが…今回はアイーダの恋心をすごくリアルに感じることができました!相変わらず気品があって最初から王女としての風格を漂わせているのですがラダメスとヌビアについて語り合うシーンあたりから次第に意識しだすようになる様子がすごく伝わってきて可愛かった!ラダメスから突然キスをされて戸惑う仕草も前回以上に衝撃度が増していて見ているこちらがドキドキしてしまう。
最も感動的だったのはラストに刑を言い渡されて「迷いつつ」リプライズを歌うシーン。ここで秋@アイーダ…涙で一瞬声が詰まる瞬間があったんですよ。あの姿を見たら私の涙腺も壊れましたがな…(涙)。あぁ、どうしてもラダメスへの恋心は捨てることができなかったんだなと感じられて切なくて本当に泣けました…。アイーダを今まで観劇した中で一番泣けたかも。
どうやらこの日歌詞を間違えてしまうハプニングもあったらしいのですが(興奮状態で気づかなかった 爆)、それ以上に素晴らしいアイーダを見せてくれと思います。そうそう、「ローブのダンス」での♪今~!♪の部分も音程を上に上げるような感じで迫力がありました!すごくよかった。今後にも期待したいです。

ラダメス@渡辺正さん
私をここまで通わせている要因のひとつとなっているナベさんのラダメス(笑)。なんか観るたびにどんどん私の恋心も増幅していくわけですが…前から2列目の中央やや上手寄りは比較的ラダメスの表情が見えやすい席でして…正直、もんのすごくテンション上がってました(笑)。ただ、博物館シーンで目の前にナベさんがやってきた時に思ったのが…「なんか、やつれた?」ということでして…。4月中旬から下旬あたりから休みなしですからねぇ…。個人的にはもっとナベラダ観たい気持ちあるんですが、さすがに心配になりました。
しかしながら、ナベラダは今、かなり充実期に入っていると思いました。個人的感情も多分にありますが…全体的にすごい乗ってると思う。まず特筆すべきは台詞回しが最初の頃に比べるとかなりリラックスできてて抑揚もあり自然になっております。感情表現がとても豊富になったと思うんですよ。印象的な萌えシーンをいくつか。
捕らえたアイーダにキツイ言葉を浴びせられて「コイツ!」と殴りそうになるシーン。そのあと心の動揺を見せつつ服を着るナベラダに萌え(笑)。
ヌビアのことについてアイーダと語り合うシーン。「まぁな」というセリフに心の動揺が読み取れて萌え(笑)。
アイーダに去られた後の♪まったく別世界の人間なのに…♪とさらに戸惑ってるナベラダの表情に萌え(笑)。
アムネリスの部屋でアイーダに告白しそうになったときにアムネリスが現れた時の慌てっぷりに萌え(笑)。
ヌビアの民に自分の持ち物を分け与えてる時の楽しそうな表情に萌え(笑)。

…、とまぁ、個人的萌えポイントを挙げていったらキリがないんですが(爆)、最大限にドキドキしたのがアイーダとの恋愛シーンです。間近で見ると、いかにナベラダが一所懸命にアイーダに愛を伝えようとしているかが伝わってくるんですよ。ヘタレといいますか、素直といいますか、なんか後押ししてあげたい気持ちに駆られる(笑)。あんな姿見たらますますナベラダ愛が深まってしまうよ…。
えぇ、まだ言いたい事があるんですが、とりあえず次の感想に回したいと思います…って、次も会えるのか密かにちょっと心配になりつつある今日この頃。今週の日曜日…なんとかもう一回…頑張れ(汗)。

アムネリス@鈴木ほのかさん
ほのかさんも休みなしでかなり長い期間アムネリスを演じられているわけですが…見れば見るほど演技に深みが増していって本当に素晴らしいです!スパのシーンでは御み足が大胆に出ていて前方で観ていた私はなんだかドキドキしてしまった(笑)。ファッションショーでの弾けっぷりもすごく楽しいです!ラスト「イェイ!」って叫ぶところなんかコンサートのノリかと思えるくらいのシャウトで可愛かったですよ~。あ、このファッションショーでラストの衣装のときの帽子の下の表情が初めて見えました。ホントに楽しそうに歌ってて可愛いなぁと萌えてしまった。
そんな元気いっぱいのアムネリスが髪をとかしながら女王としての重圧に悩んでいるシーンは秀逸!ため息ひとつにしてもアムネリスの苦悩が伝わってきます。そのあとラダメスがやってきて寝室から声をかけてるアムネリスはめちゃくちゃ嬉しそうなんですよね。「準備はOKよ」のセリフのあとにハートマークが見えるほどはしゃいでて(笑)客席からは笑いが漏れていました。
さらに秀逸なのが「真実を見た」のシーン。信じていた二人に裏切られたと歌うアムネリスの哀しみの深さが痛いほど伝わってきてかなり泣けました(涙)。さらにさらにアイーダとラダメスに刑を言い渡すシーン…涙を流しながらも毅然としてて…その姿がなおさらグッときて涙腺が壊れました。何から何まで素晴らしかった!

メレブ@古賀陶馬ワイスさん
今回のワイス@メレブは今まで見た中で一番よかったんじゃないかな!前から2列目で観たからかもしないけれども表情がすごく豊かでメレブの感情が伝わってきたんですよ。特にゾーザーに刺されて虫の息になってしまうシーンは「故郷に帰りたかった」と呟くメレブに思わず涙…。歌声もきれいだったし、すごく良かったです。

ゾーザー@田中廣臣さん
田中さんも本当に長い間ゾーザー役で頑張っていらっしゃいますよねぇ。2月中旬から下旬あたりからといいますから…既に4ヶ月超え。でも、その頃に見たよりもずっとゾーザーの悪の表情が磨かれていてかなり魅力的です。飯野さんに負けないくらいの迫力が感じられてきましたよ。「この父親にしてこの子あり」のナンバーの時の田中ゾーザーとナベラダのケンカは今回も迫力満点ですごく面白かった!この二人のケンカも日々進化しているようです(笑)

アモナスロ@川原洋一郎さん
いやぁ、熱いですよ、川原@アモナスロ!アイーダと再会したときの「娘よ!!」の抱擁が熱い!短い出番の中でもしっかりとした存在感と熱い芝居を見せてくれる川原さんが好きだぁぁぁ!でも、あの服装を見るとプレトークの時の「ズタ袋みたいな服着てるんですよ、私」という川原さんのトークが思い出されてついつい笑いがこみ上げてしまうのでした(笑)

ファラオ@岡本隆生さん
岡本さんのファラオとしてのオーラも素晴らしいんですよね。ゾーザーの企みで毒をられてて必ず最後には「ううっ」ってなるんですけど(汗)その苦しみ方も威厳があるというか…王なんだってことを失ってない感じで。それから刑を言い渡すシーンでアムネリスを庇おうとする姿も印象的です。娘を愛してるんだなということが伝わってくる。


あぁ、本当にそのほかの皆さんも素晴らしくて非常に充実した観劇でした。カーテンコールでは後ろのほうから「ブラボー」と感動を素直に表現する男の子達の声も聞こえて嬉しかったな。本当に叫びたくなるのが分かるくらいの素晴らしい舞台でしたから。次回も楽しみ…♪


関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

アイーダ(四季) - -
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。