<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
109971736.jpg
約1ヶ月ぶりの『アイーダ』へ行ってまいりました。5月は後半ほとんど体調を崩し伏せていることが多かったのですが、ここにきてようやく回復の兆しが見え無事に観劇できてよかったです。ちなみにこの日のチケットは…イベント目当てで取りました(笑)。

ということで、イベントその1…3回目のプレステージトークに参加!
109997840.jpg
5月のイベント2回はあまり人数が並んでいなくてロビーも静かだったのですが(汗)この日は階段下まで列ができるという盛況ぶりで待合ロビーも賑やかでした。それがなんだか嬉しかった…。5月の1回目のイベントの時は中央ブロック2列、2回目のイベントの時は3列…、そして今回のイベントはなんと6列お客さんが埋まってました。初回の3倍ですよ(笑)。
今回のお題は"あなたの星のさだめは!?"ということで、事前にアンケート用紙が配られて自分の運命的な出来事について書いてくださいという趣向になってました。いくら考えても私には運命的・スピリチュアルなことが思い浮かばない…(汗)。でも、まぁ読まれないだろうけど何か書いておけばいいことあるかもと思い間際に搾り出して提出(笑)。

この日のセットは5月の時とは違いアイーダとラダメスの密会をアムネリスが目撃するシーンでした。音楽が鳴るとちょっと遠慮気味に「アムネリスじゃなくてごめんなさい」と言いながら出てきたのは(笑)・・・田井啓さん、大石眞由さん、メレブ役の吉賀陶馬ワイスさん、ネヘブカ役の松本昌子さんの4人でした。
前回のトークはテーマを無視した川原さんの暴走トークに爆笑だったのですが(爆)今回は皆さんちょっと大人しめでキッチリとテーマに沿ったトーク。役者さんが始めにスピリチュアルな体験談を話してその次に事前に書いたアンケートを無作為に選んで参加者に発表してもらうみたいな形になりました。え!?無作為(爆)。しょーもないことを書いた私は終始心臓バクバクでしたよ(爆)。

ネヘブカ役の松本さんはチャキチャキした感じで明るい方でした。ネヘブカの鬼気迫る演技とは違った感じで可愛いなぁと思いながら見てしまった。松本さんのスピリチュアル体験は『アイーダ』に入る直前に必ず体調を壊すのですが、その日になるとなぜかケロッと回復してしまうというものでした。へぇ。前世も聞いたことがあるそうで、いろんな国の名前が出てきました(笑)。
田井さんは司会も担当してくれたのですが舞台上でのキリリとした表情とはこれまた違ってとっても優しそうで穏やかな雰囲気のお兄さん。和み系かも。話してくれたのは水族館に行くとものすごく落ち着くみたいなトークだったかな。前世がイルカだったかもみたいなこと言ってました(笑)。
ワイスさんはデンマークと日本のハーフの役者さんだったんですねぇ。どこかの国の血が入ってると思っていたけどデンマークだったのか。カッコいいな。で、ワイスさんは最初は日本名だけで名乗っていたそうなのですが、劇団に入ってかその前後あたりでミドルネームの「ワイス」も入れてみたら運が向いてきたみたいなことを語ってました。確かに覚えられやすいしね。ちなみに劇団内では「おはようございワイス」とか「ありかとうございワイス」とか、ワイスさんの名前を使った言葉が流行してるんだそうです(笑)。一日一ワイス(笑)。
大石さんは大柄でとっても美人なお姉さまといった雰囲気。きれいな方でした~。で、彼女の体験談は…羨ましいことに歩いているとよく芸能人に出会うそうで。大ファンだったエグザイルのお一人と遭遇した時には物怖じせずに話しかけてトークしちゃったそうですよ(笑)。他にも玉山鉄二くんと遭遇したこともあるらしく、いやぁ、ミーハーな私にとっては羨ましい話です(笑)。

本来ならばこのあとにクイズ大会があるはずだったですが…参加者の人のトークも合間に挟まっていたので時間切れになってしまい(汗)景品は読まれた方へ渡る事になりました。自分のが読まれなかったのはホッとしたけど、なんとなくこのまま終わるのは物足りない気がする今回のプレトークだったなぁと…。
ところが、「今回はこれにて」のあとになぜかまた音楽が流れ出し…「?」と思っていると壁の向こうからなんと主演の二人が素のまま登場して参加者の熱が一段上がった雰囲気になりました。私は内心もんのすごいテンション上がってました(笑)。こういうイベントには主演級の役者さんは参加しないと思ってたので…しかも、すぐ目の前にあのナベさんが(笑)…と内心小躍りする私(←アホ)

ということで、最後の時間を使って二人にもスピリチュアルな体験を語ってもらうことに。秋夢子さんはとっても美人でお茶目な可愛い方で、常になんかナベさんにちょっかい出して遊んでました(笑)。秋さんのスピリチュアル体験は特になかったかな…たしか。ナベさんで遊んでる姿ばかりが印象に強く残ってたんで(笑)。
そしてナベさんこと渡辺正さん。この方はかなりポジティブ志向っぽい面白い天然なお兄ちゃんで、その話しっぷりには魅了されましたよ。体験談で、劇場にちょっと遅刻しそうになったとき走っていたらおばあさんとぶつかったらしいのですが、振り向いた時のその表情がこの世の人間のものとは思えない顔つきだったそうで(←ナベさんの再現アクションありw)「あれは絶対幽霊だった」と言い張ってました(笑)。これには会場爆笑(笑)。さらには自分は霊感があるようなことを言われたことがあるらしく(←あちら系の人間だといわれたこともあるらしいw)、なんとたまに人間の後ろにオーラが見えるそうです。すごく調子のいい人は真っ白なオーラで、すごく調子の悪い人の後ろにはグレーでハエがブンブン飛び回ってるオーラが見えるんだとか(汗)。それってすごくないか!?実際にこういう人が居るとは知らなかったよ。

最後に二人に『アイーダ』の見どころを語ってくださいみたいな流れになったんですけど、ナベさんが『アイーダ』ですからアイーダを観てくださいみたいなことを言って秋さんを立てようとしながら一所懸命ストーリーを説明してたんですけど、そのあとに秋さんに話を振ろうとしたら彼女は田井さんとなんかゴソゴソ語ってて「聞いてないよ」と凹んでるナベさんに会場がまた大笑い(笑)。その時のリアクションがやたらウケたよ(笑)。そのあと秋さんがまたナベさんにちょっかい出してたりしてて松本さんが「二人はほんと仲いいよね」と。そんな二人を見て田井さんが「あと1時間後にはちゃんと化けますので」とフォロー入れててまた爆笑(笑)。あぁ、ラストに面白い出来事があってよかった。主演の二人が登場した短い時間が一番盛り上がってた気がする(汗)。
それにしても、ナベさんは仲間から慕われてますなぁ。登場してからみんなナベさんに何か期待してるような雰囲気があって微笑ましかったです。

プレステージトークはラスともう1回あるのですが、私はその日に観劇するもハシゴになるので(爆)今回が最後です。3回も参加できて楽しかった。


主なキャスト
アイーダ:秋夢子、アムネリス:鈴木ほのか、ラダメス:渡辺正、メレブ:古賀陶馬ワイス、ゾーザー:田中廣臣、アモナスロ:川原洋一郎、ファラオ:岡本隆生、ネヘブカ:松本昌子 ほか


以下、ネタバレありのキャスト別感想になります。


相変わらず空席の多い劇場…。静かめなロビーが悲しいのですが…この日はネット友様とも遭遇して(すぐに発見してしまうところがなんとも 汗)楽しい観劇となりました。彼女は久しぶりの『アイーダ』でこの雰囲気に衝撃を受けていたようですが、なんか私は…少し慣れてきてしまった(爆)。

イベントその2はラダメスからの手紙がもらえるというもの。四季の会の会員限定でラダメスからの手紙とポストカードがもらえるのですが…手紙からはなんだか独特の香りが…(汗)。紙質の問題?中の字は誰のものかは分からないんですが、ものすごくきれいで読みやすい字。ポストカードはアイーダとラダメスのキスシーンでした。
第2弾はどんなものか、同じ香りがするのか…いろんな意味で楽しみ(笑)。


以下、キャスト別の感想になります。


アイーダ@秋夢子さん
ついに3人目のアイーダに遭遇です。秋さんは中国の女優さんなのですが、台詞回しとかを聞いてちょっとビックリ!ほとんどお国訛りを感じませんでした。たいていの海外の役者さんは台詞になるとどうしても日本語に違和感を感じてしまうのですが、秋さんはそれを感じさせることがなかったです。すごく勉強したんだろうなぁ。そのことにまず感動いたしました。
秋@アイーダはスラッとしててとても美しい。最初から王女としてのオーラをものすごく感じさせてくれます。奴隷になっても凛としてるし只者ではないなという雰囲気。気高くプライドを持ってて民衆に後押しされなくても自然にそれが出てきそうな感じでした。きっとラダメスはこういった空気に呑まれたんじゃないかなぁと妙な納得をしてしまった(笑)。ただ、個人的にはもう少し恋する乙女な部分を出してもいいんじゃないかなぁと思ったり…。ラダメスと恋をしているシーンでもそれに没頭してるんじゃなくて王女としての自分を常に持ってるといった雰囲気なのでなんだかラダメスの一方通行に見えてしまうことも(汗)。樋口さんの少女っぽい一面がすごく好きだったのでそう感じてしまったのかもしれません。
歌はとてもよかったです。濱田さんや樋口さんのようなパンチ力はないのですが(「今~」の部分がちょっと物足りないけど)全体的には安定していて聞き応えがありました。これにもっと感情が乗ってくればさらにいいものになるんじゃないでしょうか。今後に期待です。

ラダメス@渡辺正さん
前回観た時にもう今月は会えないだろうなと思っていたので個人的に嬉しかったです。なんか、観れば見るほどこの人のラダメスの魅力にハマっていってしまうんですよねぇ(少数派かもしれないけど 笑)。
秋アイーダとの相性はけっこういいんじゃないでしょうか。なんか、先月よりも無理なく感情がスムーズに表現できているような感じで、台詞回しもいつもよりも自然に聞こえましたよ。強めに行くところと抜くところのサジ加減も私個人的な主観ではありますが最高でした。それだけに、ナベラダが観れば見るほど愛しく感じられるようになってしまって…かなり感情移入したかも。最初の苛立ちの部分もアイーダへの愛に目覚めてきたからだって伝わるし、強がってるところもアイーダへの愛の裏返し。愛に目覚めた時はとにかく懸命にそれをアイーダにアピールしている姿がなんとも愛しく感じるというか…萌えるんですよ(笑)。ナベラダは素直で優しいんですよねぇ。と、私には思えるわけで。それゆえに何度も会いたくなってしまうこの衝動…どうすればいい~♪ww
いつの間にかナベラダ中毒におかされてるみたいです(笑)。ちなみにですが…つい最近、ナベさんが日本「RENT」初演のロジャー役だった渡辺忠士さんと同一人物だと知りました(笑)。ちなみにちなみに…ミュージカル「出島」にも出てたらしく…私、見てるよ…みたいな。

アムネリス@鈴木ほのかさん
ほのかさんのアムネリスは観るごとに成熟度をましていきますねぇ。最初の明る~いファッションショーしてるときの弾けっぷりが今までの中で一番だった気がします。声に張りもあるし、笑顔がキュートでこう言っては失礼ですが…可愛いのです。その反面、王女としてのプレッシャーに悩んでいる一面もある。鏡を見つめながら「息が詰まりそう」とアイーダに告白するシーンが今回特にグッときました…。アムネリスの戸惑いがすごく繊細に伝わってくる。さすがはほのかさん。
そして、あの、アイーダとラダメスが密会しているところを目撃してしまったあとのアムネリスの哀しみが切ないのです(涙)。心に傷を負いながらもウエディング姿に身を包むシーンは見ていて泣けてきました…。

メレブ@古賀陶馬ワイスさん
ワイスさんの歌声も好きです。きれいな声をしていますよね。有賀さんのようなコミカル味はないんですけど、メレブの生真面目さがすごく良く表現されていると思います。ラスト、ゾーザーにグサッとやられた後の芝居はなんだか切なかった…。

ゾーザー@田中廣臣さん
最初に観た時よりも格段に悪の顔が迫力を増して気た気がします。今回初めてゾーザーが部下と相談してファラオに毒を盛る瞬間と思われるシーンを目撃できました!ずっと気になってたんだよ~(笑)。ラダメスとの親子喧嘩のシーンも大好き!ナベラダとのケンカは毎回迫力があってドキドキします。

アモナスロ@川原洋一郎さん
もう、前回のプレトークでの川原さんか思い出されてしまって(5/13観劇分参照)、登場するだけでもなんだか笑えてしまう(爆)。座って、立って、座って、サヨナラ・・・のあの例えが忘れられん(笑)。でも、アイーダに対する父としての愛は十分短い時間でも伝わってきましたよ。

ファラオ@岡本隆生さん
岡本さんもトークの時に川原さんにツッコミ入れてたお茶目な一面が忘れられず、登場するとなぜか微笑ましく見てしまった(笑)。威厳のあるファラオの雰囲気はさすがです。アムネリスに対する親の愛情みたいなものも伝わってくるし、さすがですよね。

ネヘブカ@松本昌子さん
トークの時のチャキチャキした明るいお姉さんといった雰囲気は微塵も感じられないほど、強く、逞しい、素敵なネヘブカでした。あの迫力の歌声は本当にすごいと思う。そこにちゃんと故郷に対する愛も感じられるしアイーダへの想いも伝わってくる。素晴らしかったです。


秋さん以外のキャストは皆さんほとんど4月からの連投で正直ちょっと体調面とか心配だったのですが…観るごとに調子が上がっている方が多くすごいなぁと思います。次回の観劇はどのキャストになるか分かりませんが楽しみです。


関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

アイーダ(四季) - -
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。