<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
o0800060010507031870.jpg
海劇場で上演中の劇団四季ミュージカル『アイーダ』を観に行ってきました。
今回はアイーダ初心者の母親と一緒の観劇です。エルトン・ジョンの楽曲なのでたぶん気に入ってもらえるかなと思っていたのですが、予想以上に感動してくれたようでCDもお買い上げしたようです(笑)。喜んでもらえてよかった。
しっかし、この日も極寒の一日だった…。またしても冬用の洋装に身を包んでの観劇になろうとは(苦笑)。何で私の観劇日は最近こんな天候ばっかりなんだろう。

それにしても…2月に来たよりもまたさらに集客率が落ちているような…。私達は上手ブロックの中央寄りゾーンだったのですが、隣の席は誰一人現れず(苦笑)。埋まっていたのは1階席の中央ゾーンのみといった感じで…ちょっとあまりの人の少なさにビックリというか、ショックを受けました。だいたい始まってから半年以上すると客席も落ち着いてくるものではありますが、ここまで海劇場に人が入っていない光景を見たのはおそらく初めて。なんだか舞台上の役者さんとかに申し訳ないなぁという気持ちさえ起こってくるような感覚でして…。
ただ、福岡での上演中止ニュースなどさらに厳しい状況も耳に入ってきているので…もしかしたら東京はまだマシなほうなのかもしれないです。ここ最近は四季に限らず他の劇場でも空席が目立っている現象を目の当たりにしているのでなんだか観劇ファンとしてはとても複雑な心境。色んな原因が考えられるとは思いますが…その中の一つとして不景気の影響というものも無いとは言いきれないのかも。観劇という分野は恐らく一番最初にカットされてしまうと思うので…(涙)。現に私も、なにげに最近はかなり回数減りました(これでも 爆)
今の政治にはあまり期待が持てないし…なんとか舞台を観に人が足を運べるような状況にならないものだろうかとちょっとブルーになった観劇でもありました。

ちなみにこの日は久しぶりにネット友様ともお会いできまして、幕間に色々とお話できました。2階席の状況はどうやら1階席以上に寂しい状況だったそうで…(汗)すぐに遭遇できてしまったくらい。ううむ…、『アイーダ』公演をどこまで伸ばすことができるのか非常に不安になってきた。

そんな寂しい状況での観劇となりましたが…素晴らしかったです、今回の『アイーダ』!個人的には予想以上に感動できた。これは次も早く観に行きたい!と思わせてくれるような舞台だったと思います。今回で4回目ですが、もしかしたら一番ドンピシャって思えた舞台だったかも!


主なキャスト
アイーダ:樋口麻美、アムネリス:鈴木ほのか、ラダメス:渡辺正、メレブ:有賀光一、ゾーザー:田中廣臣、アモナスロ:石原義文、ファラオ:岡本隆生、ネヘブカ:河内聡美 ほか


以下、ネタバレを含んだキャスト別感想になります。




前日のキャスト発表を見たときはアイーダに濱田さんが入っていたのですが、この日は樋口さん。実は個人的にはとても評判のいいゴールデンペアとされる濱田@アイーダと阿久津@ラダメスといった組み合わせに当たらないかと期待していたので、正直、"あぁ、また見れないのか"と見る前にちょっこしテンション落ちました(爆)。もう少し早い時期に予定に入れていれば見れた可能性高かったんですけどねぇ。
ところが、今回の樋口@アイーダと渡辺@ラダメスのコンビが予想外に素晴らしかった!というか、個人的にかなり好みでございました。なんだろう、相性がよかったんだろうか。この二人のバランスがすごく良く思えたんですよね。パズルのピースがピッタリとはまったような感じ。もしかしたら濱田@アイーダと渡辺@ラダメスの組み合わせでなかったのが逆にいい効果をもたらしていたのかも。このコンビは近いうちにまた見てみたくなりました。
他のキャスト、アンサンブルを含めて、大熱演の素晴らしい舞台でございました。この日に当たったこと本当によかったと思いました。

それとやっぱり音楽や魅せ方の演出が最高です!ものすごい完成されたものになっている。改めて素晴らしい作品だなぁと感動。できるだけ長く上演してほしいなぁ…。何とかもう少し客足が増えてほしい。

以下、キャスト別感想です。


アイーダ@樋口麻美さん
前回樋口@アイーダを見たときは"ちょっと王女の風格が足らないかも"なんて思ってしまったんですが、今回は全くそれを感じることが無かったです。進化しましたねぇ、樋口さん!濱田さんの完璧なアイーダも素晴らしいのですが、樋口さんのちょっとチャーミングな魅力も可愛くて素敵です。特にラダメスに「愛してるわ」と言った後の仕草がすごくいい!
一番変わったと思ったのは奴隷でありながらも王女の風格を漂わせるアイーダのオーラみたいなもの。前回見たときはほとんどそれを感じられず残念に思ったのですが、今回は"卑しい身分に落ちても根は王女なんだな"ということをすごく感じさせてくれました。声の出し方も前回とは違って威厳ある感じだったし。全体的に抑揚が出てかなりいい感じになっているんじゃないでしょうか。「ローブのダンス」での声の張りも強い決意が込められていて胸にビリビリとくるものがありました!あともうチョイ声が伸びればもっといいんだけどなぁ…とは思いましたけど、それでもやっぱり素晴らしかった。

ラダメス@渡辺正さん
昨年の12月以来の渡辺@ラダメスだったわけですが…今回見て、前回以上に惚れたかもしれません(笑)。渡辺さんの声はちょっとハスキーでくぐもる印象があるので好き嫌いが分かれるところだと思うんですが、私的にはかなーり好みなんですよねぇ、あのロックな歌い方とか。たしかにちょっと高音に不安が過ぎることもあるんですが(汗)、それでもなぜか分からないんですがものすごく惹かれました。
将軍ラダメスが初めてアイーダと出会い少しずつ心に波風が出て戸惑う様子が個人的にものすごいツボ!自分の言うことを聞かずに去っていくアイーダに「止まれ!」と叫んでしまい「どうしたんだ、俺は?」と苦悩モードに入るときの渡辺@ラダメスはかなりお気に入りです。なんかねぇ、萌えるんですよ、彼のラダメス(笑)。そしてついにアイーダと両想いになったときの「キター!」なシーンも"おおっ!"となってしまう。アイーダに対する恋の情熱がすごいストレートに伝わってくるんですよねぇ。見ていてすごいドキドキしましたよ(←本気でアイーダになりたいと思った 爆)。捕らわれの身になってアイーダと砂に埋められるときの優しい顔も好きだなぁ。これであの四季の独特の発声法がもう少しスムーズになればなぁ…個人的にかなり完璧なんだけど。
ヤバイ、見れば見るほどものすごく好きになってく渡辺@ラダメスかもしれない。いいんです、少数派と呼ばれても(笑)。できれば樋口@アイーダとのコンビで渡辺@ラダメスをもう一度観たい!

アムネリス@鈴木ほのかさん
まさか、ほのかさんを四季の舞台で見る日がこようとは思いませんでした。前日のキャスト発表を見てすごく楽しみにしていました。「ミス・サイゴン」のエレン以来かも。ちなみに四季の舞台は過去に「マンマ・ミーア」や「55ステップス」にも出演されていたようで四季には馴染んでいるように思えました。
客演ということですが、やはり劇団員の役者さんとは雰囲気がちょっと違いますね。発声法とか歌い方とかはほのかさんの今まての役者経験で積んできたキャリアを感じさせるものだったし。役への感情の乗せ方も違うなぁと思いました。でも、違和感は全然ないんですよね。前半のアムネリスのキャピキャピッとしたところとか、予想していた以上にものすごく可愛くてちょっとビックリ!ほのかさんってこんな可愛い芝居ができるんだぁ…となんだか感動してしまった(笑)。
そしてそれとは全く違う顔を見せる後半の芝居が素晴らしいです!アイーダとラダメスの密会を目撃してしまったときのアムネリスの芝居が秀逸で切なくて思わず胸が痛くなりました。刑を言い渡すときの断腸の想い、王女としての威厳、そういったものもすごく感じさせてくれました。いやぁ、さすがだなと!

メレブ@有賀光一さん
前回見たときよりもさらに磨かれたメレブになってたと思います!いやぁ、演技の間とかがすごくいいですよねぇ。ラダメスに遣えながら祖国への愛も失っていない、そういった強さも感じさせてくれます。「闘うよりも声援を送るほうが得意です」と語るときの可愛さもすごく好きです。
あと、ダンスも素晴らしいですよね。「ローブのダンス」のときの有賀@メレブの動きに思わず目が釘付けになってしまいました。

ゾーザー@田中廣臣さん
前回見たときは飯野@ゾーザーの印象がものすごく強かったので影が薄く感じたのですが、今回は悪の魅力が前回よりも3割増くらい上がってまして非常に魅力的でした。渡辺@ラダメスとの後半の対立とかすごく迫力があって二人ともカッコよかったです!回を重ねるごとに慣れてきたのかもしれませんね。これからもますます悪な部分を磨いてってほしいです(笑)。

アモナスロ@石原義文さん
石原@アモナスロも前回はすごい影が薄く感じたのですが(汗)、今回はなんだかヌビア王としての威厳が感じられてとても良かったと思います。感情表現も前回よりもよかったし、アイーダへの父としての愛も感じられました。

ファラオ@岡本隆生さん
ついに初めましてのファラオが登場。前田@ファラオはなんだか病的でものすごく弱々しいイメージだったのですが、岡本@ファラオはもう少し力強い感じ。王としての威厳を保ちながらも体調の不安に悩まされてる…感情表現も豊かで魅力的なファラオでした。

ネヘブカ@河内聡美さん
こちらも初めましてのネヘブカだったのですが、今回唯一ちょっと残念に思ってしまったキャストさんだったかなぁ。松本@ネヘブカがアイーダに負けないくらいの力強い歌声だったので、それに比べるとやはり弱い。ヌビアの女の強さというものも少し足らないような気がしました。まだ新人さんかな?頑張ってほしいです。


今回の観劇でますます『アイーダ』が好きになったっぽいので、上演している間はなるべく時間作って劇場に足を運びたいなと思いました(もちろん財布との相談もしなければいけませんが 爆)。次にもう一度渡辺@ラダメス見たら本気で惚れるかも!? 笑



関連記事

テーマ : 劇団四季 - ジャンル : 学問・文化・芸術

アイーダ(四季) - -
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。