<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
o0480080010486274208.jpg
青山劇場で上演中のミュージカル『戯伝写楽』を観に行ってきました。しかも、初日舞台です!私はどちらかというと小慣れてくる中日から後半の公演を見に行くことが多いのですが、今回は思い切って初日舞台のチケットを購入してみました(←その真の理由はちょっと秘密 笑)

上演前からお稽古場の様子が分かる公式ブログやリアルタイムで様子が分かったり時には直接やりとりをしてくれる公式Twitterを見ていたせいか、観劇前からおのずと期待度が上がってました。多分、作品に対する愛着みたいなものはこれらの媒体を見ているかいないかだけでもかなり違っていたかもしれません。「染模様~」のときもそうだったけど、やはり演劇とTwitterなどの交流媒体は個人的にはすごくいいことだと思う。今後もこういう試みをやるところが増えればいいなと…。
で、そのTwitter企画なるものも今回の「写楽」にはあるんですよ。場所探しにちょこっと手間取りましたが(笑)無事にゲットできた。それからパンフレットも今回はやたら豪華です。その代わりお値段がちょっこしお高い2000円なんですけどね(汗)。役者さんでご贔屓がいる人はぜひ。

さて初日の雰囲気ですが…楽とは違った独特の空気がやはりありましたね。なんていうか、客席の雰囲気が探る感じといいますか…「どう展開するんだ?」みたいな一種緊張感みたいなものを感じました。かく言う私も一般観客としては初めて見る舞台という妙な緊張感がありいつも以上に集中して舞台を見入ってた気がします(笑)。舞台上の役者さんもテンションが高い。ミュージシャンの皆さんも気合が入っている。そういう息遣いみたいなものを感じたのでいつもとは違った楽しみ方ができました。
ただやはり初日ということもあってか段取りみたいなのがちょっとだけモタついてるかなと感じる部分もいくつか。捌けていくシーンとかは音楽が終わると同時に姿が見えなくなってほしいところを次のシーンが始まっているのにまだ残ってたりとか(汗)大きなセットを裏方さんが一生懸命動かしていて大変そうなんですがちょっとその動きに精細がなかったりとか…。まぁ私的には"ああ、初日なんだなぁ"って目で見てそれも楽しんでましたけどね(笑)。恐らくこういう細かいことが日が経つにつれて改善されていくんだとおもいます。


おもな出演者
斉藤十郎兵衛:橋本さとし、おせい:大和悠河、鉄蔵:葛山信吾、浮雲:ソニン、与七:東山義久、太田南畝:岸祐二、喜多川歌麿:小西遼生、鶴屋喜右衛門:コング桑田、蔦谷十三郎:山路和弘 ほか


以下、ネタバレを含んだ感想です。ご注意を。



まだ初日が始まったばかりなので詳しいあらすじみたいなものは次回に回すとしまして…全体的な感想を少々。

劇団新感線の中島かずきさんが脚本を書いているということもあって、ストーリーは奇想天外だけど"ありえそう"って思える面白さがありました。やっぱし好きです、中島脚本。
荻田浩一さんの演出は今までの経験上…実はあまり好みではないので観劇前の唯一の心配点といえばそこだったわけなのですが(汗)、今回は脚本の面白さもあってか違和感みたいなものはあまり感じませんでした。ただ、冒頭の歌麿と十三郎が言い争ってるシーンのあたりはなんだかちょっとまとまりがなくてゴチャゴチャした印象。見ていて何が起こっているのか正直よく分からなかったし(爆)。そこへ主演の十郎兵衛が登場してもなんだかハッキリしない感じで…。あそこはもっと十郎兵衛にインパクトを持たせたほうがよかったんじゃないのかなぁとか思ったり。そのプロローグ的な部分が個人的にはちょっと違和感感じたんですが、そこから先の後半は見応えがあってよかったです。特にクライマックスがいい感じでした(ちょっと台が高過ぎるんじゃないかとは思いましたが 汗)

音楽は予想していたよりもかなり多いです。1幕はだいたい7割くらいが歌だったかな(ミュージカルですから 笑)。その代わり2幕はドラマ部分に重点を置いてるといった印象。開演前の情報ではかなりバラエティに富んだ音楽だと聞いていましたが、ホントに多国籍っぽい音楽構成でしたね。どちらかというと雰囲気は南国とか東南アジアテイストみたいなものが多かったかも。それでいて音程がすごく難しそう!何人か苦労してるなぁと感じる役者さんもいらっしゃいました(汗)。耳に残るって感じではなかったけど、楽しかったですよ。
ただ、この日は音響がよくなかった。特にコーラスの部分では楽器の音のほうが勝ってしまって役者さんが何を歌っているのか歌詞がほとんど聞き取れなかったのが残念!もう少し役者側のマイクを中心に拾ってくれればよかったのになぁと…。ミュージカルは芝居でもありますから、歌詞が聞き取れないとストーリーが分からないってことがあるんで。来週の私が観に行く前々楽は改善されていますように。

以下、印象に残った役者さんについて少々。


十郎兵衛@橋本さとしさん
いやぁ、素晴らしかったですよ、さとしさん!初日であそこまでの完成度を持ってくるとは。役柄的にも中島さんがさとしさんに当て書きしたんじゃないかってキャラクターだったので(笑)もしかしたらとてもやりやすかったのかもしれません。一見するとすごいチャラ男っぽいんですが、心の内側にギラギラしたものを秘めてる。そういった芝居がすごくセクシーで目を惹きました。東山くんとの小芝居も面白かったなぁ。弾けまくってましたから(笑)。多分日替わりで色々遊んでくるのかも、とか思ったり。それから歌が本当にしっかりしてて安心して聞いていられます。声質がいいし、ソロなんかは迫力ありましたよ!観るごとに上手くなっているような気がします。初日ではありましたがすごく余裕があるなと感じる素晴らしい芝居でした。
カーテンコールでは初日ということで一言挨拶も。「ぼくたちは精一杯頑張りました!最高の初日だったのではないかと思います!」と誇らしげに胸を張っていた姿が印象的でした。これからますます進化していくのではと思うと次回がとても楽しみでなりません。

おせい@大和悠河さん (超辛口になりますので隠します。ファンの方はスルーしてくだされ 爆)
宝塚を卒業して女優デビューしてから2作目のミュージカルとのことですが、ちょっとビックリしました(汗)。もちろん初めて拝見する女優さんなのですが、観る前はけっこう期待してたんですよね。トップだった方ですし。
容姿はさすがにきれいですし、スラッとした美しさは目を惹くものがありました。が、正直なところよかった点はそこだけ。歌のほうも芝居のほうもなんだか宙ぶらりんといった印象が拭えなくてとても残念だった…。特に歌唱力が…。ファルセットが多いせいか声がほとんど通らないし、さらには音程も半音ずれていることもしばしば…。おせいの歌のシーンになると妙な緊張感が私を襲いストーリーどころじゃなくなるみたいなことも(爆)。デュエットとかになると大和さんの歌声はほとんどかき消されてしまうような状況でして…。キーが合ってないというのは感じましたが、それでももう少し歌いこんでほしかったなぁと思いました。
それから役柄的にとてもホンワカした女性っぽさのあるキャラクターだったんですけど、台詞の中におせいの心が見えてこないんですよ。喋るだけで精一杯みたいな…。キャラ的にはいつも笑顔で表に本当の感情を出さない女性なんですが、そのなかでも観ているこちらがおせいの心を感じ取れるような描写がほしかった気がする。台詞回しも固い。そういった部分が本当に残念。次回観劇のときにはもう少し完成されたものを魅せてくれると…信じたいです。とにかく頑張ってほしい。


鉄蔵@葛山信吾さん
後の葛飾北斎という役柄だったのですが、始まってからかなり時間が経つまで登場してこなかったので「いつ出るんだ?」と思ってしまった(笑)。出番的にはそんなに多くはなかったのですが、今までの葛山さんのイメージとは違った癖のある役柄でとても印象に残りました。キャラクター的にはけっこう野心家で自己中心的。さとしさん演じる十郎兵衛とは違ったギラギラ感があって面白かったですね。ミュージカルな葛山さんを観るのは「アンカレ」以来だったんですけど、難しい音程ながらも歌がお好きとあってちゃんと歌えてたのはさすがだなと思いました。
一番印象的だったのはクライマックスシーン。鉄蔵の激しい部分がバーンと弾けた感じで鬼気迫るものがあってすごくよかった。それを経てのあのラストの台詞が素晴らしくて、私は思わず涙してしまいましたよ。いやぁ、本当いい役者さんになったなぁと思います、葛山さん。次回さらに進化した芝居が見られるのではとものすごく期待してしまいますね。
ちなみにこの日は葛山さんのお誕生日だったということで終演後にお祝いしてもらったらしいです。カーテンコールでもお祝いしてあげてほしかったのになぁ(笑) 。

浮雲@ソニンちゃん
ソニンちゃんの芝居を観るのは恐らく「ミス・サイゴン」以来だったと思うのですが、個人的には今回の彼女のほうが好きですね。花魁の役だったのですが、立居振舞いといい台詞回しの妖艶さといい…素晴らしかったです。可愛いんだけど色っぽい、しかも危険な色気があるみたいな雰囲気で目を惹きました。
滅多に表情を表に出さない花魁の浮雲がクライマックスに自らの感情をさらけ出すシーンがあったんですけど、あそこは圧巻!ソニンちゃんの全力の芝居に胸打たれました(涙)。

喜多川歌麿@小西遼生くん
予想外に出番の多かった小西君。表にあまり感情を出さずいつも冷めた目で世の中を見ているといった感じの歌麿をなかなかクールにセクシーに演じていたと思います。石井君、ソニンちゃん、小西君と3人並んで立つシーンがあったんですが、絵的にもすごくきれいでよかったです。もうひと越え危険な色気みたいな部分を出せればもっと面白い歌麿になるんじゃないかなと思うので頑張ってほしいです。

蔦谷十三郎@山路和弘さん
いやはや、さすがですねぇ、山路さん!さとしさんと同じく初日にしては素晴らしい完成度でとにかく安心して見ていられます。舞台全体をビシッと締めてくれている様な感じ。蔦谷の商売っ気バリバリなずる賢さみたいな部分はとにかく痛快で面白い。歌声もしっかりしているし、かつ、そこには大人男の色気みたいなものも感じられてなんかセクシーなんだよなぁ(笑)。それに、あの江戸の商人の扮装がものすごいシックリきてる!「写楽」という世界観に見事に溶け込んでいらっしゃいました。次回も楽しみです。

東山君の与七も面白かったですよ。彼はダンスが得意な役者さんですが今回はそれの見せ場がほとんどない。にもかかわらず台詞回しも滑らかで芝居に余裕がある。動きのキレのよさはやはりダンスしていたからなんだろうなぁ。さとしさんとの小芝居も今後磨きがかかってきそうで楽しみです。
似合っていたといえば岸さん。あんなにお侍姿が似合うとは思わなかったよ!歌声もしっかりしてて安心して聞いていられます。それとコングさんも貫禄あってよかったなぁ。コングさんの歌ってすごい好き!
そのほかの皆さんも楽しそうに熱演していてよかったと思います。

次回は前々楽観劇なので初日とは違った印象を持つと思います。それが今から楽しみです。



関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

Musical観劇作品 comments(2) -


コメント

Re: ?

トラベラーさん、こんにちは!コメントありがとうございます。
今回のミュージカルは"写楽の絵画は女性が描いていた"という視点なので
なかなか面白いし「ありえたかも!」と思えるものになってます。
さすがは新感線の中島さんだなと。
葛山さんはかつてCD出してたこともありライブも経験してるんですよね。
何度か舞台で歌を拝見してるんですが、なかなかいい歌声で私はかなり好きです。
お芝居も惹きつけるものがあるし今後も応援したい役者さんです。
(っていうか、FC入っちゃったし 爆)
コングさんと山路さんの歌声も魅力的ですので、今週末の観劇が楽しみです!

こんばんは~
写楽でミュージカル♪
ていうと、歌はどんな感じなのかな!?とか、想像するだけで楽しいですね~
葛山さんは若い頃からお目にかかってますが、さらに演技の幅と深みが出られました。
歌は聞いた事ないなぁ~
コングさんはMOTHERの客演映像を拝見しましたが、迫力ある良い声されてて!
山路さんは言わずもがなですし♪
また、もう一度観劇された時の感想楽しみにしています(*^^*)


フォーム

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。