<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
o0800060010446605282.jpg
東京国際フォーラムCで開催されたホリプロ50周年記念コンサート『それぞれのコンサート』へ行ってきました。
最初に「コンサートをやらないか」と持ちかけたのが今回指揮を担当していたシオタクターこと塩田さんだったらしく、それならば所属してるホリプロさんの記念イベントとしてやろうということで実現したそうです。塩田さん、素晴らしい企画をありがとう。日替わりで鹿賀丈史さん市村正親さんがそれぞれコンサートを行いゲストも違う人がやってくるというスタイルのもので、私が行った日は市村さんのコンサートでゲストが武田真治くんでした。本当は鹿賀さんも見てみたかったんだけど日程的に合わないこともあったし、どちらかといえばやはり市村さんのほうが私は魅力を感じるので今回の日にちになったわけです(ちなみに鹿賀さんコンサートに市村さんゲストとその逆パターンもあったらしい)

ステージ中央部分にそのままオーケストラピットがドーンと置かれたようなステージ。奥には陸橋のような巨大セットがあって上手・下手とそれぞれの階段でも十分ショーができるようになってました。そのため、客席の超上手・下手の人たちはそこに来られると見えないわけで…ステージ上にはその人達用の大きな液晶テレビが(汗)。まあ、座席を埋めたほうがいいかもしれないけど、生で役者が見えないような見切れ席は作らないほうがよかったかも…なんてちょっと思ってしまった。劇場は1階から3階までありましたが、けっこう埋まってましたね。やはり市村さんのファンは多い。
幕が開くまでは舞台中央寄りに上から吊るされたビックな市村さんの肖像画が!いやぁ、かなりリアルでしたよ。で、舞台が始まるとぎこちなくそれが上に上って片付けられて(笑)、その代わりに舞台奥に曲紹介用の液晶パネルが降りてきました。これはかなり親切!どの作品のどのナンバーかあれで一発で分かります。曲紹介以外でも楽曲のイメージ的な映像が流れたりしてなかなか良かったです。

以下、もろコンサートのネタバレに触れた感想になります。まだ観てない方はご注意を。


まず最初に市村さんが指揮者の扮装で登場してオーケストラ相手にタクトを振り、オープニングの『オーバーチュア』が流れ出します。すべて市村さんが今まで関わったミュージカルナンバーで構成されてて、後ろのパネルに曲のタイトルと作品名が次々に紹介されていくんですが…ほとんど私、知ってたよ!!四季時代の市村さんは観ていないんですが作品は知ってるものだらけだったし…これまさに、私の舞台観劇の歴史を辿る旅のような感覚に陥ってしまった。改めて、この約15年色んなもん観たんだなぁと感慨深かったです。
オーバーチュアが終わると塩田さんがプンプンしながら舞台袖から出てきて「僕の居場所取らないでよ」みたいなパントマイム的小芝居が市村さんと交わされてて面白かった(笑)。塩田さん、こういう寸劇みたいなの好きそうだよなぁ。市村さんも超ノリノリだったし(笑)。
その後、客席に向かっての最初の挨拶として♪ようこそ劇場へ(アプローズ)♪ウィル・コーメン(キャバレー)が歌われました。四季でもそうだけど、こういったショーの時は大体決まって冒頭でアプローズの♪ようこそ劇場へ♪が歌われますよね。このナンバー大好きなんですが市村さんの歌で聴けたというのがまたさらに嬉しかった。

そしていよいよ本編、怒涛のミュージカルナンバーが次々と歌われていきます!

♪センド・イン・ザ・クラウン(リトルナイトミュージック)
この作品は観たことがないんですが曲はなんとなく知ってました
♪こいつはサーカス~♪空を行く(エビータ)
CDでしか聴いたことがなかった市村さんのチェが生で聞けるとは感動!!
♪ハンス・クリスチャンセン・アンデルセン~♪みにくいアヒルの子(ハンス)
四季で何度も上演されてるにもかかわらずまだ一度も観たことないや…。市村さんらしくていいナンバーだったなぁ。

ここでいったん休憩で市村さんの客席を相手にした軽快なトークが展開。改めて思うけど、市村さんって本当にお客さんのこと愛してるんだなぁと感じます。会話してるみたいな気持ちになるし。たしかここでは塩田さんとの出会いみたいなのが語られてて…かれこれもう20年くらいの付き合いらしいです。「ミスサイゴンの時にはお互いに髪も黒くて肌も艶があったよねぇ」なんて言って笑わせてくれました。
そしてさらに続くミュージカルナンバー。

♪シー・ラヴズ・ミー(シーラヴズミー)
いやぁ、懐かしい!大好きでした市村さんのジョージ!アマリアと気持ちが通じてウキウキしながら歌うナンバー。
♪ドレスアップ(蜘蛛女のキス)
なんと市村さん冒頭でトチっちゃってもう一度やり直しになりました(笑)。でも、でも、わたしは涙が出そうになりましたよ…市村モリーナ!!まさかここで逢えるとは!もう脇には宮川ヴァレンティンと麻実オーロラが見えたもん!あの頃の素晴らしい『蜘蛛女のキス』がもう一度観たい。
♪ポエトリー(シラノ・ザ・ミュージカル)
鹿賀さんがやったシラノではないもう一つのミュージカルで…これも3回くらい観に行ったなぁ。市村さんのシラノにボロ泣きさせられた。このナンバーもすごく好きであの日の感動が蘇りました…。
♪スヌーピー(君はいい人チャーリーブラウン)
あぁ、これも懐かしいよ。ダンナと結婚してからすぐくらいに観に行ったミュージカルで市村さんのスヌーピーがすごく可愛くて…ほんとに犬に見えたんだよなぁ。今回もちゃんと犬に見えるからすごいよ!
♪金持ちの歌(屋根の歌のヴァイオリン弾き)
市村テヴィエになってから2回目くらいの公演を見に行ったのかな。これも素晴らしかった。市村さん自身もこのナンバーがかなりお気に入りのようで以前『市村座』というショーをやってたときに客席に盛んにこれの振り付け教えていたのを思い出しました(笑)。
♪ぼくって何?~♪ワン(コーラスライン)
市村さんの四季時代は知らないのですが、10年位前に四季のコーラスライン観てます。ポールを演じてた市村さんが見てみたかったなぁ。♪ワンはアンサンブルの人たちと一緒に足上げのダンス頑張ってました。還暦であそこまで足が上がるのは本当にすごいと思う!

この♪ワンのナンバーでダンサーの皆さんと市村さんは踊りながら舞台袖へ入ります。すると、市村さんが出演していなかった「エリザベート」の音楽が流れてきた!ということで、ここからゲストタイム。武田真治さんの登場です!

♪愛と死の輪舞(エリザベート)
武田くん、舞台中央の一番高いところから歌いながら登場したんですが…この日は彼の初日でもあったらしく、もう、全身から緊張感が伝わってくるんですよ。肩も張ってるみたいだし階段の下り方も明らかにぎこちない(笑)。だ、大丈夫~?と思わず心配になったんですが(汗)、歌はそれはそれは安定してて今まで聞いた中で一番よかったんじゃないかというくらいの素晴らしい熱唱!いやぁ、今年武田トートが見れないのは本当にもったいない!と心から思ってしまいました。

武田君が歌い終わると市村さんが舞台袖から登場、中央で「弟よ!」と抱きしめてました(笑)。すると開口一番武田くん「緊張しましたよぉぉ」とガクガク(笑)。それは十分客席にも伝わってたよ。ここから市村・武田・塩田による3人の中間トークショーが始まりまして非常に面白かったです。武田君はなんと今年が芸能生活20年目。早いなぁ…ジュノンボーイデビューしてからそんなになるんだ。それにしては全く老いを感じさせないあのきれいな顔立ちはなんだ!?ビックリですよ。
もうねぇ、武田くん終始市村さんに翻弄されっぱなしで気の休まることがないって感じ(笑)。北海道出身ということで北海道にいるお母さんについて盛んに市村さんにツッコミ入れられてて必死に応対しててやたら笑えました。そんな武田君を見てたまらず塩田さんが助け舟を出したりしてました(笑)。
で、市村さんが何でこんなに激しく武田くんイジリを楽しんでいたかというと…このあとに、武田君とのサックスセッションが待っていたからなのでした!市村さん、もうこの時がくるのを一時でも先延ばししたかったらしい(笑)。今までも色んな楽器に挑戦してきた市村さんですが、とうとうサックスですか!!あの楽器って武田君も言ってたけどすごい鳴らすまでが難しいらしいんですよね。それをやるというチャレンジ精神にはホント拍手ものですよ。

♪砂に刻む歌(ラ・カージュ・オ・フォール)
ザザとジョルジュが一緒に歌うナンバーですが、これを武田君と市村さんのダブルサックスで披露してくれました。武田君はもう15歳くらいからやっているということで水を得た魚のように伸び伸び吹いてるんですが、市村さんはその場に固まって必死に吹いてるといった感じで可愛かった(笑)。でも、すごいですよ、市村さん!最後までしっかりと音が出て武田くんとのセッションも素晴らしい音楽で聞かせてくれました。よくあそこまで短期間でマスターしたなぁ。進化し続ける市村正親!
終わった後はもうホッと力が抜けた~と市村さん。あんなにド緊張してる市村さん見たの初めてだったかも(笑)。このあと再びミュージカルナンバーへ。

♪彼らの心は天国に(ジーザスクライストスーパースター)
なんとなんと、武田真治のユダが聞けちゃいましたよ!最初のうちは、「おっイケルじゃん!武田ユダも見たいかも!」と思ったんですが、キーが上昇していくにつれ苦しげな表情に変わっていく武田ユダ(笑)。もう最後のほうのシャウトはある意味伝説ってくらいいろんな意味ですごかったです(笑)。後ろではそんな彼の苦しみを知らず自分の世界に入ってノリノリロックな動きで塩田さんがタクトをブンブン振り回してるし(笑)武田君には申し訳ないけどもう笑こらえるので必死だったよ。あれ、四季のお偉いさんが見たらぶっ飛ばされてるだろうな(汗)。いやぁ、すごいもの観させてもらいました。面白かった!
♪ヘロデ王の歌(ジーザス~)
おおっ!あのCDで囁き声で歌ってた市村ヘロデが…普通の声でガンガン歌ってるよ!!ヘロデガールを脇に沿えノリノリで歌ってる市村ヘロデ、絶品でした!
♪スーパースター(ジーザス~)
メドレーとくれば最後はやっぱりこのナンバーだよねぇ!ここは武田くんのサックスとアンサンブルの皆さんの歌で〆!やっぱし武田君はこの作品においてはサックスのほうが伸び伸びしてて楽しそうでした(笑)。

いよいよフィナーレへ。

♪アメリカンドリーム(ミス・サイゴン)
もう音楽聴くだけで痺れちゃうよ!好きだなぁこの作品の音楽。そして市村エンジニア最高!!ちゃんと赤いジャケット着て歌ってくれるところが嬉しい。「ゲストにはフレッドアステア」と歌うところの動きは市村さんが一番きれいで絶品なんですよ!
♪ミスター・ボージャングル
♪バイバイ・ブラックバード

この2曲はミュージカルナンバーではないようで私の知らない曲でしたが、とても素敵でした。ここでも武田君が歌とサックスで参加。市村さんもダンスと歌で盛り上げてくれました。
♪ありのままの私(ラ・カージュ・オ・フォール)
市村さん、本当にこのナンバー大好きですよね。こういったショーの時には必ずクライマックスに歌い上げていますから。市村ザザのこのナンバーは想いが目いっぱい込められてて本当に感動的です!

ここでいったん幕。鳴り響くアンコールの拍手。ここまでたくさんナンバーを見てきましたが、一本だけ入っていない作品があるんですよね。それが、ついにアンコールで披露されます。『オペラ座の怪人』メドレーです!

♪ザ・ミラー(エンジェル・オブ・ミュージック)~♪オペラ座の怪人~♪ミュージック・オブ・ザ・ナイト~♪ザ・ポイント・オブ・ノーリターン~♪怪人の隠れ家

いやぁ、この時の感動をどう表現すればいいんでしょうか
私、先に観た友人からアンコールで市村さんが『オペラ座の怪人』を歌ってくれるというのは聞いていたんです。が、まさかこんな最初から最後まで怪人になりきって蝋燭の演出までつけて一連の流れをすべて演じて歌ってくれるとは思いませんでした!冒頭が「愛を与えた~音楽を与えた~」っていう怪人の悲痛な歌声から入るのも反則!!
私は市村さんのオペラ座の怪人を生で観たことがなくて、廃盤になってしまったCDを友人からお借りして聞いたことがあるんですが…あのときが初めてだったよなぁ、CD聞いただけで涙が溢れたの。そのくらい猛烈に感動したんです、市村ファントムの歌声に!それが、ついに、今回、まるで舞台作品のように市村さんが怪人を最初から最後まで表現してくれるなんて…感動の余りもう、ボロ泣き(涙)。市村ファントムの歌声、動きで、そこにクリスティーヌがはっきりと見える!怪人の孤独で哀しい心が手に取るようにわかる!市村ファントムも泣いてるんですよ(涙)。ナンバーがすべて終わったときには私号泣しておりましたよ(涙)。
今回こうしてガッツリと「オペラ座の怪人」を見せてくれたのはおそらくリクエストがものすごく多かったからだと思います。今まで何度かショーをやっていますが、最初の頃は「オペラ座の怪人」だはほとんど歌ってくれなかったんですよね。それだけに今回のサプライズ的な演出は本当に嬉しかったです。市村さん、ファンの声に答えてくれてありがとう!あぁ、幸せだった…幻の市村ファントムが観れて。

この日はそのあとにトークショーがありました。司会は塩田さんだったんですがまたまたのっけから「山崎ホ○セ○です」と自己紹介しちゃってるよ(笑)。塩田さん、それ、ウーマンインホワイトでもやってただろう。
冒頭で軽く3人のトークがありましたが、今日のトークショーがあったためにあそこでネタを使い果たしてしまうのではと塩田さん的には実はハラハラしてたらしいです(笑)。これに対して市村さん曰く、せっかくお客さんが楽しんでくれてるからと思ったらついつい長くなっちゃったと。ほんとにお客さん想いな役者さんですねぇ。そんな市村さん、「丈史の前ではちょっと緊張しちゃうんだけど、真治の前では全然平気~♪」とまた小悪魔的な顔が出てきましたぞ(笑)。武田くんは必死の応戦が続く。そんな彼の緊張エピソードはかなり面白かったです。
「エリザ」のナンバーはいつも歌っていたナンバーだったけれどもこういうコンサートになると勝手が違うということで「間違って2番から歌ってしまったんじゃないかと内心はドキドキしまくりでした」と話してました。あぁ、それであのガチガチ緊張な動きだったのね(笑)。でもそんな武田君に対して塩田さん「武田くんは誰よりも練習熱心で楽屋入りしてから本番まで一通りすべてのナンバーを全力で歌うんだよね」と努力家な一面を明かしてくれました。その勢いで本番臨んでたらしいので、それであのテンションだったわけか。
一番爆笑したのは伝説的な武田@ユダによる♪彼らの心は天国♪にのときのこと。ふと「あの時妙にキーが高かったような気がするんですけど…」と塩田さんに話を振る武田くん。あぁ、やっぱし自分の中ていっぱいいっぱいになってたのね(笑)。それに対して「いや、あれでいいんじゃない」とあっけらかんと返されても「そうですか?」「何があったんでしょうか?」と不安顔。それを聞いててフォローしようとした市村さんも喋りだす前に笑ってたよ(笑)。そんな市村さんユダがあの曲を歌う背景を説明しつつ「劇中では静かな音楽のあと突然シャウトして入るんだよね」と(笑)。「でも、コンサートであれを突然歌うと…何ヒーヒー言ってるんだろうとお客さんは思っちゃうかもしれないんだよね」と(爆)。これにはもう、客席大爆笑ですよ!!涙出るかというくらい私も笑ったし(笑)。「ぼくあのときケンシロウになった気分で歌ってたんですけど…」とオドオドしながらコメントしてた武田くん、超ウケた!!
するとその直後、市村さんの口から禁断の発言が連発(爆)。とてもこのブログでは恐ろしくて書けません。嫌、私も市村さんにあの時同感しちゃったけど(笑)。武田君も聞いているうちに不安に刈られたらしく、「その話はいったん置いておきましょう」と市村さんの暴走を止めてました(笑)。
コンサート中のもう一つの武田くんエピソードで面白かったのが♪ミスター・ボージャングル♪のナンバーのときのこと。あそこは武田くんがサックスと歌で参加して市村さんがそれにあわせてパントマイムみたいに踊るというシーンだったのですが、武田くん曰く、「今日ぼくの真横にやってきてクルっと回りましたよね?やめてくださいよぉ、見とれちゃったじゃないですかぁ」とのこと。半分泣きが入ってたよ(笑)。どうやらリハーサル中にはそのような段取りではなかったらしく、本番で突然目の前で市村さんがアクションしたことにビックリして動揺してしまったらしい。とてもそんな風には見えませんでしたけど、武田くんの内心は心臓バクバクだったみたいね(笑)。それに対して、じゃあ次からはもう少しはなれて回るわ、ということで解決させてました。
市村さんのダイエット秘話も面白かったなぁ。今まで毎日バレエ教室でレッスンしてるという市村さん(この日も!)。とても還暦の人とは思えないパワフルさで改めてビックリなんですが…「ANJIN」公演終了後、自分のボーダーラインの体重を越えてしまったらしい。そのあとに参加したバラエティ番組の衣装合わせのときに以前までのものが入らなくなっててスタッフさんが大慌てだったとか(笑)。それを見て危機感を募らせた市村さんは某元ボクサー開発の通販で売ってるサウナスーツを着て毎日汗を流し…元の体重に戻したんだとか!す、すごいバイタリティだ!盛んにそのサウナスーツを絶賛してて「あの人から宣伝依頼来ないかな」とニヤニヤしてるところが市村さんらしくて可愛いんですけどね(笑)。
あとはお顔のお手入れの話しとかもあったな。化粧水とクリームって男性はどうして面倒だと思っちゃうんですかねぇ、とは武田くん談(笑)。彼は時々お手入れを忘れて寝てしまうらしいのですが、それにしてはあのきれいな顔立ち!大丈夫だよ全然。ちなみに市村さんは毎日キッチリとお手入れしてるそうです。さすが!
最後に武田くんは市村さんを絶賛。「本当に心の底から市村さんみたいな役者になりたい」と思ってるとのこと。みんなの目標でもありますよね、市村さん。夏には武田くん市村さんのストレートプレイがあるとのこと(これがあるのでエリザに出られないらしい…ちょっと残念)。絶対観に行こう!あとはそれぞれ宣伝してお開き。あぁ、面白かった!

今回のコンサートを見て感じたのは、市村正親は本物のエンターテイナーだということ。素晴らしいエンターテイナーです、本当に。常にお客さんと対話するようにショーを楽しんでるしそれを見て客席も楽しむ。プロですね。そんな市村さんだからみんなから愛されるんだと思います。私も市村さん大好きだし、今回でますます好きになりました。これからの活躍も期待しています!!

関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

コンサート comments(7) -


コメント

Re: マニアック…

トラベラーさん、こんにちは!コメントありがとうございます。
市村さんの「エレファントマン」はとても評判がいいですよね。
市村さんご自身もかなり思い入れがある作品だと以前語ってたことがあるのですが
今回はミュージカル限定みたいな形だったのでその話は出てきませんでした(^-^;。
「コーラスライン」の話は出てきましたよ~。
こういったコンサートの時には必ずナンバーを歌ったりダンスを披露したりしてくれます。
かなり思いいれの深い作品のようです。

マニアック…

こんばんは~
コメント前後して失礼します。
少しマニアックな市村さんの舞台の見方でしたので…
最初に観たのが「エレファントマン」で、市村さんエレファントマンと二役(昔なので記憶違いでしたらすみません)違った役を巧みに演じられ切り替えの見事さに凄い役者さんだなぁと!
あと「カッコーの巣をこえて」は二度観ました。
そして、コーラスライン♪
この頃は仕事帰りに芝居好きグループで労演の舞台見に行ってました~
今は数える程しか観れませんが、舞台映画好きはたぶん死ぬまで続くでしょうね。

Re: はじめまして

tiroさん、初めまして!コメントありがとうございました♪
いつも遊びに来てくださってるとのこと、嬉しいです(^-^)。

「それコン」での市村ファントム本当に素晴らしかったですよね!!
私はあそこまで歌ってもらえると思わなかったので感動のあまり
涙が止まりませんでした。
ユダの歌は皆さん苦戦されてたんですねw。武田くんはある意味忘れられない
シャウト・ケンシロウでしたwww。

観劇予定は春先にかけてまたチマチマ増えてくと思うので
よかったらサイドバー注目してみてください♪
またお暇がありましたら遊びに来てくださいね~

Re: さすが!

ぽて猫さん、こんにちは!コメントありがとうございます♪
市村さんの四季時代を生でご覧になっているというのは
本当に羨ましいことです。
特にファントムを生で観られたというのは心底羨ましい!その頃に
観劇に目覚めればよかったんですが…とき既に遅かった私です(^-^;。

「ミスター・ボージャングル」の解説ありがとうございました!
オーバーザ・センチュリーは観た筈なんですが…このナンバーは
覚えていませんでした(爆)。
フォッシーのダンスがあるといっていたのはこれだったんですねぇ。
勉強になりました。

あ、ちなみに、市村さんの禁句発言は日記ブログに種明かししてますw。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さすが!

詳細なレポありがとうございます♪
幸いにも?年齢的にも?市村さんの四季時代の舞台に出会えた私でした(笑)
でもまさか「ミスター・ボージャングル」を演じてくれるとは思いませんでした!
「バイバイ・ブラックバード」とともに、ジャズの名曲なんですよ♪

「ミスター…」は、確か四季の「オーバー・ザ・センチュリー」だったかな?あのシリーズの中にも入っていました
特にフォッシーが好んで踊っていました

※今は昔の名ダンサー、ミスター・ボージャングル
今はアル中でまともに歩けやしない
会いたければ裏街の酒場に行ってごらん
酒の一杯でも奢ってやれば、よれた足でタップを踏むさ
昔のようにはいかないけれど、それでも彼はミスター・ボージャングル
何のために踊るのさ?金?酒?
いや自分の為に踊るのさ
ミスター・ボージャングル、そういう奴さ
彼は永遠のダンサーなのさ※

(完璧な意訳!原曲と少々違います笑)

四季では菊池正さんが老いたダンサー役を、味わい深く演じていました
数年前に来日した「ザ・フォッシー」の舞台でも定番でした(^^)

どちらの楽曲も、ユーチューブあたりで拾えると思います
心に染みる「ミスター…」
ノリの良い「バイバイ・ブラックバード」
おすすめです♪


フォーム

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。