<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
今期、一番楽しみにしていたドラマ『JIN-仁』
第1回目の放送を見たあとに感想を書こうとしたのですがどうにも時間がとれずパスしてしまいましたが・・・、個人的に今クールのなかで一番ですね。正直、期待以上です!初回2時間でしたが、あっという間に感じましたから。毎週2時間でもいいくらい。映像もきれいで丁寧だし、全体のテンポも申し分なし。それに、大沢たかおさん、内野聖陽さんがガチで芝居でしているのを見るだけでも個人的テンションが上がります(笑)。
これはホント、毎週日曜日の楽しみができました。

第2回は、江戸の町にコロリことコレラ菌が蔓延することで仁が苦悩しながらも奮闘していく姿が描かれました。


以下、少し長めの感想になりそうなので追記に。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はスルーしてください。







コロリが流行る少し前の平和な朝。咲の家に居候することになった仁が慣れない手つきで江戸時代風の歯磨きをしているシーン、あれ、可愛かったなぁ~。当然この時代には歯ブラシなんてものはないわけで・・・当時は房楊枝と呼ばれるもので磨いてたんですね。こういった江戸の庶民の暮らしの描写も出てくるので面白いです、このドラマ。
歯磨きに悪戦苦闘してるところに咲さんの母上からの圧力も加わり(笑)オタオタ動揺してしまう仁先生も好きです。髪型が不自然だとツッコまれ・・・坊主にさせられそうになる仁先生(笑)・・・仁先生の坊主頭はちょっと見たくないかも~。

その頃龍馬は過激浪士たちの会合に参加し、成り行きから勝海舟を斬る約束をしてしまいます。そうか、この頃の龍馬はまだ勝先生と知り合ってなかったわけですね。豪快に焼き鳥をほおばりながら「わしが斬りに行くぜよ」と安請け合いしちゃってる内野@龍馬がイイ!!もう、内野さんの龍馬がハマり役すぎるよ
たまたま助けた吉原の主人に誘われるまま遊郭に入り、野風の姿に呆気にとられている内野@龍馬も可愛い。でもただ呆けてるだけじゃなくて、何かその奥で勘付いているような表情も?こういった繊細な表現も素晴らしいです。

仁が自分が今この江戸時代にいることが歴史を変えてしまうのではないかと苦悩している頃、江戸の町にコロリが蔓延しつつありました。彼の評判を聞いて治療法を教えてほしいとやってきたのは・・・武田鉄矢さん演じる緒方洪庵。緒方洪庵といえば・・・去年のNHKドラマ『浪花の華』主人公の章くんを思い出しますねぇ。あの彼が、こんな落ち着いた立派な医師になったんだぁ・・・となんだかちょっと感無量になったりして(笑)。
しかし、"コロリ征伐"を請われても仁は「治療方法を忘れてしまった」と答えてしまう。自分が関わることで歴史を変えてしまうのではないか、そのことでもしかしたら生きるはずの人の命も奪うことになるのではないかという恐怖が彼にはあるんですよね・・・。医者としてはコロリ征伐をしなければならないという想いがあるのに、過去にタイムスリップした自分の存在に苦悩する彼はそれをすることにためらいを感じてしまう。その板ばさみに遭ってしまった仁がなんだかとても切ない・・・。大沢さんがとても繊細な表現をしていてなおさら胸が痛みました(涙)。

神田川の見える丘でホルマリンを探す仁のもとに咲と喜市がやってくるシーンはほのぼのしててよかったですね。特に仁の喜市に対する視線がとても優しくて可愛い。大沢さんは子供が好きということなのでとてもいい関係が築けているのではないでしょうか。あの、笑ったときの目尻のしわとか、癒されます、ほんと・・・。
しかし、そんな平和な時間も束の間・・・ついに仁たちの住む町にもコロリが広がってきてしまった。しかも、喜市にも感染してしまい長屋は大騒ぎに。助けてほしいと懇願する母親のタエでしたが、仁は自分の医療行為が歴史を変えてしまうことになるのではと苦悩していたためにその場から逃げようとしてしまう。
そんなときに、一緒にいた咲はコロリ菌を恐れず喜市に関わろうとします。「越えてはいけない一線がある」と叫ぶ仁に
「医者が人を助けてはいけない道理とはどのようなものでございますか!?」
と詰め寄ります。咲さんのこの言葉、凛としてて真っ直ぐで心に響きました・・・。綾瀬はるかちゃんがとてもいい感じ。

苦しむ喜市、必死に何とかしようともがいている母親のタエ、そして咲・・・その姿を見て・・・やはり仁は医者であることを選びます。心の葛藤を抑えながらもコロリについての知識を語り始めるシーンはグッときました。今目の前で苦しんでいる人を助けたい、その衝動からは逃れることができなかった仁。たとえそれが歴史を変えてしまう行為になってしまっても、医者である自分を取った仁の行動はとても勇気があると思う。あぁ、ますます仁先生が好きになっていくよなぁ~、このドラマ。
すぐに喜市を救うべく医療行為に入る仁でしたが、それを手伝おうとする咲のことを拒絶してしまいます。彼女にコレラが移ってしまっては家族が悲しむ。咲の母親の気持ちがいたいほど分かっていた仁の精一杯の優しさ・・・。その気持ちを汲んで一人帰路につく咲の後姿が切ない(涙)。しかし、彼女は4年前に祈ることしかできないまま父を亡くしたことに対する心の傷を抱えていたので・・・やはりこのまま引き下がることはできない。その気持ちは兄の恭太郎も痛いほど分かってる。優しくて理解のあるお兄さんですよね。

勘当覚悟で咲が洪庵先生の下へ救援を頼みに走る頃恭太郎も勝海舟のもとへ向かっていましたが、
その途中で彼は偶然、勝先生が龍馬たちに襲われそうになる現場に遭遇。しかし龍馬は「緊張すると○が出てしまって」などと言って本気で斬ろうとしてるのか分からないような状況(笑)。もう、内野さんのあの大胆な○芝居が面白くって思わず笑ってしまったよ。あの自分のすべてをさらけ出してるような芝居がナイスですわ!
そんな龍馬にいらついた仲間が彼に斬りかかろうとした瞬間・・・コロリに感染して倒れこんでしまう。自分を殺そうとした相手なのにコレラ菌を恐れず仁のもとへ背負って走り出す龍馬。移らなければいいけど・・・となんだかちょっと心配になってしまうけど(苦笑)、そんなところも龍馬らしさなのかもしれないなぁ。

長屋では仁が孤軍奮闘、続出するコレラ患者相手に必死の治療にあたっていますが・・・できることといえば今で言うスポーツドリンクのような飲料水を作って体の水分を補給することのみ。つまりコレラで脱水状態になってしまった患者に点滴を打つっていう感じなのかな。しかし、一向に患者の具合は改善せず、イラつく人も続出・・・。そんななか、喜市は苦しみながらも仁を信じて必死に頑張っている。その姿がけなげで・・・なんか泣けます(涙)。ぐったりする彼に

「神様はな、乗り越えられる試練しか与えないんだよ」

と涙ながらに訴える仁の姿にも思わずウルウルっときました(涙)。


そこへ、咲が洪庵先生たちを連れて長屋にやってきた!ところが洪庵先生、急いで仁の手伝いに入ると思いきや・・・やはり信用できないのか質問攻めに。一番辛い質問は「あなた・・・その知識を、どこで学ばれました?」だよなぁ。自分が未来からやってきた人間だ・・・なんて、誰も信じるわけがない。ますます信用を失ってしまう。しかも自身の素性を明かすことで歴史が曲がってしまうかもしれない。あぁ・・・仁先生・・・切ないよなぁ・・・。
さらにその間に一人の人の命が失われてしまい、洪庵たち一行は仁が信用できずにその場から立ち去ろうとしてしまう。必死に土下座をしながら助けを請う仁の姿に心打たれたのは咲・・・。必死に追いかけていき洪庵に向かって
「先生が追いかけてこないのはコロリ菌が外に出るのを防ぐためです」
と必死に訴える。咲さん、本当に凛として真っ直ぐな勇気ある女性だよ・・・。しかしそのとき、洪庵の弟子の一人がコレラに感染。仲間の医者たちは彼に近づくことを恐れ逃げ出そうとしている。

彼らが混乱している中、コレラに感染した同志を背負った龍馬が現れます。誰も感染者に近づこうしないなか、龍馬は

「患者を触れん医師がどういてコロリを治せるのか、わしゃ、まったくわからんきのぅ」

と言い放ち、そのまま真っ直ぐと仁のもとへ向かいます。このシーンが本当にすごくよかった!コレラを恐れずにまっすぐと仁に向かってくる龍馬の姿に何か特別な感情が芽生えたであろう仁。そして、その龍馬の言葉に突き動かされた洪庵が弟子を背負って仁のもとへ助けを請う。この一連の流れが、ものすごく感動的で・・・ウルウルきてしまった(涙)。あの場に居合わせた皆さんの芝居がほんとに素晴らしかったです。

このことがきっかけで、今後、仁と龍馬の間に友情が芽生えていくのかな。その日が来るのがすごく楽しみ!!と期待したのも束の間、来週、とうとう仁先生にコレラが感染!?何とか助けてあげてぇ!ってじゃないとドラマ終わっちゃうんですけどね(汗)。
早く続きが見たいなぁ・・・っていうよりも、このドラマ、2クールくらいにしてほしいかも。また時間があれば第3回の感想も書きたいと思います。





関連記事

テーマ : JIN-仁- - ジャンル : テレビ・ラジオ

JIN -仁- comments(8) -


コメント

Re: NoTitle

まあしゃさん、こんにちは!コメントありがとうございます♪
いやぁ、ホントにいい役者・いい本・いいスタッフが揃った作品だと思いますよ。
見ていてものすごくワクワクしますし、1話終わった後もまだ見たい!という
気持ちがふつふつと沸き起こってきます。
作品そのものが素晴らしいですよね。漫画原作ファンの方からも
受け入れられているというのも頷けます。
内野さんの龍馬、本当に素晴らしくて・・・来年の福山さんの龍馬と比べてしまわないか
自分でも心配になってきました(爆)。
でも、福山さんは福山さんなりの龍馬を築いていってほしいと思います。

Re: やっと~!

ゆうさん、こんにちは!コメントありがとうございます♪
私も今クール一番期待してたドラマだったんですが、それ以上だと思ってます!
第2回になっても失速感がまるでないのが素晴らしいですね。
大沢さんと内野さんの熱い芝居がまたたまらなくイイ!!
また今度もレポできるように頑張ります~

Re: ご無沙汰です

古酒さん、こんにちは!コメントありがとうございます♪
漫画が原作になっているとどうしてもそちらに思い入れがあって
ドラマが見づらくなるといった人が多くなりがちですが・・・
このドラマは漫画ファンの人からも受け入れられているようですごいなぁと思います。
たしかに大沢さんと漫画の仁先生はちょっと外見イメージが違うかなぁって感じですが(^-^;
そのぶん芝居で魅せてくれてるんでこれからも期待できそうですね♪

Re: こんばんは

ぱるさん、いらっしゃいませ!コメントありがとうございます。
第2回もかなり面白かったですよね「JIN」。期待以上です。
コロリが流行した江戸時代は本当に大変だったと思います。
仁がどのように向かい合っていてくのか気になりますね。

NoTitle

こんばんは。
いやーはまりまくっております。
背景が大好きな幕末ですし。以前某プロデューサーが言っていたいい本と演者とスタッフが集まった奇跡のドラマという感じがします。
こんなにワクワクするなんて久しぶりです。見た後は年甲斐もなく興奮しちゃって早く次が見たくて見たくて(笑)
誰がいいとかこの役者さんが好きだからとかではなく、ほんとに作品自体のファンになったしまったようです。
大沢さんなどは今までゼンゼン興味がなかたのですがすごくいい演技をされるのでびっくりしてます。
内野さんは・・・少々福山さんが可哀想になってきました。この後の竜馬はきついでしょうと。今まで見た中では竜馬of竜馬で、ほんとに素晴らしいとおもいます。
虎さんが出るので「不毛地帯」は見なくてはと思ってはいるんですがすべてのエネルギーがJIN-仁のほうにいってしまっているので見れるかどうか・・・誕生日の日に「あ・・今日誕生日じゃん!」と思ったくらいですから。

とにもかくにも次回が待ちどおしいJIN-仁です。

やっと~!

やっと見ました~♪
今クールは、これだけになりそうです!
大沢さんと内野さんのガチ芝居、いいです☆最高です。
内野龍馬にハマり中(笑)
えりこさんのおっしゃるように、2クールで丁寧に描いてほしいな
なんて思いますけど
今朝のはなまるカフェの内野さんのお話を聞いてると
撮影場所までの移動が大変そうですね(^_^;)

えりこさんのレポは、いつも、丁寧で分かりやすいので
私は大好きです♪
いつもありがとうございます!!

ご無沙汰です

今クールはお気に入りのマンガが原作になっているドラマが2本!
どんなに原作が好きでもキャストのイメージが私のイメージと違う場合が多いので、基本は見ないことにしていました。
が、『JIN-仁-』はキャストも良い感じなので第1回を見て、今後の視聴決定です!!
我が相棒も読んでいる原作なので、2人で「仁先生はもう少し線が太い感じでもいいね」と言いあっていましたが、大沢仁もいい感じです。

こんばんは

JIN、第2話も面白かったですね
コロリって何だろうと思ってましたが、コレラのことなんですね、なるほど
医療知識も、薬もない当時、こういう流行り病は本当に恐ろしいものだったのでしょうね


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。