<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
SH350541.jpg
新橋演舞場で公演中の劇団☆新感線いのうえ歌舞伎『蛮幽鬼』を観に行ってきました!上川隆也さんと堺雅人さんの共演ということで、観劇前からかなりテンションアップ(笑)。ポスターでの2人がかなり綺麗だったし・・・期待しまくりでした。
今回もネット友様にチケットお世話になりまして・・・お得な金額で花道脇というかなり美味しい座席で堪能させて頂きました。すんごく楽しかった!ありがとうございました。

091015_1158~01
ちなみにこちらは演舞場の2階にドーンと構えている蛮幽像。開演前まではこのようにゴールドのマスクをしていますが・・・
091015_1421~01
1幕が終わって幕間に再び訪れてみるとマスクが取れて素顔が明らかになってます!
2階のグッズ売り場前にあるので、これから東京公演行かれる方はぜひチェックしてみてくださいね。あ、グッズといえばパンフレットですが・・・新感線のパンフは相変わらずデカイです(笑)。大きめのバッグのご用意もお忘れなく(汗)。

いやはや、それにしてもさすが新感線。めちゃくちゃハードでパワフルな舞台でした。これをこの日はマチソワですからねぇ・・・。役者さんの体力って本当にすごいと思ってしまいます。マチネとソワレの間の休憩時間なんか実質的に1時間あるかくらいなんじゃないだろうか・・・。
そうそう、この観劇日の前日は堺雅人さんの誕生日だったそうでカーテンコールにお祝いがあったとか。公演中の誕生日祝い見たかったなあ。実は堺さんとは同じ学年の私ですが・・・堺さんのほうがずーっと大人です(汗)。でもやっぱり同年代の役者さんは応援したくなりますね。

主な出演者
伊達土門/飛頭蛮:上川隆也、サジと名乗る男:堺雅人、京兼美古都:稲森いずみ、方白/刀衣:早乙女太一、稀道活:橋本じゅん、稀浮名:山内圭哉、音津空麿:粟根まこと、ペナン:高田聖子、遊日蔵人:山本亨、京兼惜春:千葉哲也 ほか


以下、ネタバレを含みまくってる感想になりますのでご注意を。





新感線の舞台は今まで時代劇モノばかりを観ているんですが、本当にどれも面白いんですよね。といっても数はそんなに多くないんですが(汗)・・・その中でも特に好きだったのが『IZO』。しかし、今回の『蛮幽鬼』はもしかしたらそれと同等かちょっと越えたかもしれません!そのくらい個人的にツボな作品でした。
今回も例によって演劇雑誌も読まず全くなんの情報も入れないまの観劇でしたが、ストーリー展開も分かりやすくとても楽しめました。"岩窟王"(『モンテ・クリスト伯』)をモチーフにしてるんですね。監獄島に幽閉されるというくだりの展開を観てピンとすぐにきた私です(←何も知識入れてなかったのでw)

簡単なストーリーを少々。
鳳来国から果拿の国に留学にやってきた若き4人の青年たちでしたが、帰国前日に仲間の一人が何者かに暗殺されてしまう。仲間の2人に裏切られその無実の罪で監獄島に幽閉されてしまった土門は彼らへの復讐に燃える。監獄島で出会ったサジと名乗る男と出会い島から脱出した土門は飛頭蛮と名乗り蛮神教の教祖として教えを説きながらも自分を裏切った浮名と空麿への復讐のチャンスを狙っている。そんなとき大王が何者かに殺害され、かつての婚約者だった美古都が大王の座に着いたことで土門は激しく動揺するも、サジに操られるように次第に彼女への憎しみも募らせていく。そして、ついに復讐の機会が訪れるのですが・・・
と、こんな感じです。脱出不可能な場所に閉じ込められた男が復讐心から脱出し、別人に成りすまして復讐をやりとげようとする・・・という筋は"岩窟王" と重なりますね。そのためか、なんとなくかつて"岩窟王"でモンテ・クリスト伯を演じた内野さんがちょこっと頭を過ぎったりしてしまった(笑)。
"岩窟王"と大きく違う点は監獄島で脱出の手助けをしてくれたのが悪魔のような人物だったということでしょうか。オリジナルではたしか人格者の神父さんと出会っていると思うので・・・ここをそれと真逆の人物に設定したことで躍動感やスリルといったスパイスが見事に効いていたんじゃないかと思います。

舞台演出が相変わらず新感線は絶妙ですね。息つく暇も与えさせないほどのスピード感が痛快で飽きるところが全くありません。
特に巧いと思うのは映像の使い方。舞台上で表現できなかった部分は映画のような映像が流れるのですが、コレがものの見事に舞台とリンクしているのです。映像と舞台の境目がないので違和感を感じません。場面転換するときに主に映像が使われているので集中力が切れることがないんですよね。実写とイラストが融合したような映像がとても新鮮でとても面白かったです。

それから、広い演舞場の舞台を余すところなく活用している点も非常によかったと思います。歌舞伎で使われる"せり"もうまく利用していたし、を回しての場面転換もダイナミックで見応えあり。さらには花道の"すっぽん"演出もあったりで視覚的にも非常に楽しめる作品でした。
花道もかなりの頻度で活用してましたねぇ。登場と退場に花道を使うことがかなり多くて、花道脇の私はすぐ近くに上川さんや堺さんや稲森さんや・・・その他きらめく役者さんたちが頻繁に通ってるのでさらにテンション上がって見てしまった(笑)。特に近くで見て衝撃だったのは堺さん。肌がものすごく綺麗!!ビックリ!それにあの足音も立てずに走り去るときに軽快さ・・・惚れ惚れいたしました。

新感線ならではのコミカルなシーンもありました。その大部分を担当してたのが悪役担当の橋本さん、山内さん、粟根さんトリオ。1幕の途中で客席との台詞のキャッチボールするところがあって、じゅんさんが「なんぼの」と言ったら「もんじゃー」と客席が返すみたいな(笑)。客席のテンションがイマイチだと「コレがうまく行かないと芝居先に進めないんで」と懇願してるのにはかなりウケました(笑)。
それからペナン役の高田さんも楽しかったですねぇ。鳳来国の言葉はカタコトという設定の人物で自国の言葉をしゃべるときは○×△・・・・といった感じで何言ってるのか理解不能(笑)。そんな中にたまーに単語やら方言やらが組み込まれててそれがまた絶妙で面白い。さすがです。

ストーリー全体として見ると、実はものすごく哀しい物語だったりする「蛮幽鬼」。復讐に縛られてしまった土門の悲劇はもちろんですが、殺し屋として育てられその有望さから裏切られ殺されかかった過去があるサジの人生もものすごく哀しいです。クライマックスで2人が対峙するシーンは息を呑むほどの迫力だったのですが、同時になんだかとても切なくて胸が痛みました・・・。土門がサジに投げかけた「来世で出会ったら本当の名前を教えてほしい」といったくだりの台詞は特に泣けましたね・・・。
そんな切なく哀しい展開でありながらも終わった後には引きずることのない爽快感を感じさせる新感線舞台はやはりすごいと思う。悲劇だけどエンターテイメント。殺陣シーンが特にスピード感溢れてて素晴らしかった。

キャストについても少々。

伊達土門/飛頭蛮@上川隆也さん
毎度毎度、上川さんの素晴らしい演技力には脱帽ですね。冒頭ではとても爽やかな青年だったのが監獄に閉じ込められて人格が変わってしまうくだりの芝居は圧巻です!牢の中で狂った振りをするシーンとかはゾクっときました。
脱獄した後、教祖となって現れた土門@上川さんは・・・それはそれは綺麗なお顔で!ちょっとあの変化は衝撃だったかも(笑)。内にはメラメラと復讐心を燃やしながらも心のどこかでそのことに戸惑ってるといった微妙な心情表現も繊細で素晴らしい。
それからやっぱり殺陣!上川さんの殺陣はいつ見ても本当に惚れ惚れするほど熱く迫力満点。今回はかなりの運動量だったせいか滝のように汗が流れ落ちていたのが印象的でした。あ、それから、歌も1曲歌うシーンがありましたね。最近は歌にも慣れてきたのかも!?願わくはあのシーンで堺さんとのデュエットとかほしかったような(笑)。

サジ@堺雅人さん
クリエ杮落としの「川上音二郎一座」以来となる堺さんの舞台姿。待ってました!です、ほんとに。いやぁ~・・・ドラマや映画の堺さんもステキですが、やはり生の舞台での堺雅人はさらに魅力的ですよ。一本の糸が張り詰めたような気持ちのいい透き通った声が舞台だとものすごく生きる。特に挑発的になるシーンでの声の出し方がドキッとするほど魅惑的。
サジは長髪なキャラなんですけど・・・これがまた、ホントに堺さんに似合ってるんですわ(笑)。ポスターを見たときも綺麗だなぁと思ったのですが、実際に見ても本当に美しい。そしてあの笑顔。サジは笑顔で人を殺しまくるといった男の設定なので、舞台本編では堺さん9割近くは笑ったままなんですよね。コレってかなり大変なんじゃないでしょうか。ハードな殺陣も笑顔でこなしてますし、顔の筋肉が固まっちゃうんじゃないかな、なんて(笑)。
しかしこの役は、堺さんに来るべくして来たって感じですね。こういった毒のあるキャラクターがピタリとはまってます。笑顔で人を殺し国を滅ぼそうとする悪魔のような人物なんですが、堺さんが演じるとなぜだかそこに哀しい過去が見えてきて切なくなるんですよ。堺さんのサジを見ていると、なんだかものすごく彼が愛しく思えてしまう。非情な男なのに哀しく愛しいサジ。そう感じさせるのはやはり堺さんの繊細で綿密な演技プランあってこそだと思います。
今回の芝居を見てますます堺雅人さんのことが好きになった気がします。

方白/刀衣@早乙女太一くん
大衆演劇のプリンス・太一くん、今回初めて生の彼を見たのですが・・・冒頭の女形の踊りはさすが!あれは本当に美しい!これは人気が出るのも分かるわ~・・・と感動していたのですが、さらに衝撃的だったのが本当の顔である刀衣になったときの殺陣!!!稽古中にも他の役者が見に来たというエピソードがあるそうですが・・・分かる!!!なんなんだ、あの美しくスピード感溢れるキレキレな殺陣は!!斬り終わった後の体の形まで美しいですよ!流れるような動き、正確な型。まさに、"蝶が舞い蜂が刺す"といった表現がピタリとくるような殺陣で見ていて鳥肌が立ちました!
さらにお芝居もしっかりしている。声もしっかりお腹から出ていたし刀衣の哀しさの表現なんかも感動的でした。特に最期、愛する人の腕に抱かれながら・・・といったシーンはウルウルっときましたね。それだけに、ラストはちゃんと果てさせてあげたかったかも(←舞台袖にはけて退場だったので 苦笑)
いやはや、末恐ろしい17歳。

美古都@稲森いずみさん
今回が舞台2度目という稲森さん。細くて可憐で美しく、美古都キャラにはピッタリだったと思います。そこに立っているだけでも目が行くほど綺麗でした、ホントに。
1幕ではまだ頼りない感じで声もヘロヘロだったので、正直最初は「このまま最後まで大丈夫なんだろうか」と心配したんですが(苦笑)、2幕からの別人のようなハリのある芝居には惹きこまれました!特に大王になってからの美古都は凛として美しかったです。強くなければいけないと気を張りながらも心のどこかに弱さがあってくじけそうになってしまう美古都の心情表現がなかなか繊細でよかったと思います。

稀道活@橋本じゅんさん・稀浮名@山内圭哉さん・音津空麿@粟根まことさん
この3人のコミカルな悪役っぷりが本当に絶妙で面白かったです。山内さんと粟根さんは最初に土門@上川さんを裏切る役回りなんですが、このときはすごい非情でカッコよさすら感じさせるワルっぷりだったんですけどじゅんさん演じる道活と絡みだすと急にコミカルなテンションになっちゃったりして、何度も笑わせていただきました。特にじゅんさんの弾けっぷりが最高でしたね。
そんな彼らの末路はなんとも哀れで・・・。浮名も道活も空麿も土門の復讐によってではなく果てていくというのがなんとも切ないというか・・・。一番人間臭かったのが粟根さん演じる空麿かなぁ。追い詰められたときに彼が起こした行動はあまりにも姑息。小さい男の哀れさが見事に表現されてました。
それと気になったのが山内さん演じる浮名のヘッド(笑)。独特のメイクと少量の髪の毛のバランスが絶妙でした。

山本亨さん、千葉哲也さん、高田聖子さんといったベテラン勢のお芝居も安定感があって素晴らしい。高田さんは今回はどちらかというとちょっと脇に徹したみたいなところがあったかな。山本さんの芯の太い芝居も見事だったし、千葉さんのラストの展開にはビックリだったし、魅せられました。
それから、右近健一さんの大王がすごく可愛かったです。右近さんの可愛いアドリブ(?)に思わず稲森さんが吹き出しそうになる一面もあって笑えました。右近さん・・・少しやせたのかな?

この舞台、どうやら撮影も入る予定らしいので映像化が楽しみです。余裕があればDVD購入しちゃうかも!!


関連記事

テーマ : 劇団☆新感線 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ストレート演劇 comments(4) -


コメント

Re: タイトルなし

ひかりさん、ゴメンナサイ。私のミスでひかりさんのコメントが表に出てませんでした(爆)。
コメント承認制にしてるんで、ちょっと見落としがありまして…
次回からは気をつけますね。これに懲りずまた遊びに来てください。

花道横の席はやはり見やすかったですか。
役者さんたちの息遣いがすぐ近くで感じられますしね♪
「蛮幽鬼」今は大阪かな。早く映像化してほしいです。
堺さんの舞台、来年はもっと見たいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 10/26マチネ

ひかりさん、こんにちは!
例のお席で前楽堪能できたようでよかったですね♪
殺陣がさらにスピードアップしてたんですか!?あれ以上とは!!
堺さん、本当にダークヒーローがハマリますよねぇ。
しかもこちらが感情移入してしまうわけですから・・・すごい。
私も今からDVDを楽しみに待っている一人です(笑)。

10/26マチネ

えりこさん、こんばんは。
「蛮幽鬼」前楽に行ってまいりました。
殺陣も進化しておりスピード感が増していました!
上川・堺・早乙女のお三方が交わってのシーンはお見事でしたね。
それにしても堺さんはダークヒーロー的な役がよく似合うな~と
しみじみ思った観劇でした(笑)
DVDに加えてゲキシネにも期待しています(^-^)


フォーム

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。