<< NEW | main | OLD>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
o0800060010274947051.jpg
青山劇場で公演中のミュージカル『ALL SHOOK UP』を観に行ってきました。この劇場、観やすいのでけっこう好きなのですが・・・訪れるのはなんと、あの大沢ファントムで大感動した時以来!以前はもっと通ってた回数が多かったのに、すっかり足が遠くなってしまったなぁ(汗)。

この作品は2年前の再演だったのですが、私は今回が初見。しかも、当初は観に行く予定に入れていなかったりしたんですが・・・「ブラッド・ブラザーズ」での岡田さんがすごく好きで・・・やっぱり観に行きたいなと思い立ち急遽購入決定。でも、発売日から時間が経ってたし、ジャニーズも関わってるのでチケットは取れないかなぁと半ば諦め気味だったのですが・・・意外や意外、けっこうすぐにゲットできてしまった(笑)。ちょっと後ろのほうではありましたけどね。
開場時間の少し前に到着すると劇場前にはものすごい行列が!1年前にもこんな光景を見たのでさして衝撃度は高くなかったんですが(笑)、やはりジャニーズのファンの方も熱いなぁと思ったのでした。ちなみに客席マナーですが、私の周囲はほとんどの方が静かに観劇していたのでよかったです。ただ、若干、上演中にも関わらず携帯チェックしたりコソコソ声で会話したりする人も・・・。こういう行為、本当に迷惑ですからやめていただきたいっ!

販売グッズは意外にも少なく、パンフレット(2000円也)と坂本さんのポストカードのみ。青山劇場の売り場がなんとなく寂しく見えました(汗)。せめて輸入CDくらい売り出してもよかったんじゃないかな・・・なんて。


主な出演者
チャド:坂本昌行、ナタリー・ハラー/エド:玉置成実、ミス・サンドラ:湖月わたる、デニス:岡田浩暉、シルビア:諏訪マリー、ジム・ハラー:尾藤イサオ、アール保安官:青山明、ディーン・ハイド:神田恭兵、、マチルダ・ハイド町長:伊東弘美、ロレイン:尾藤桃 ほか


以下、ネタバレを含んだ感想になります。





エルビス・プレスリーの名曲ばかりを集めたロックミュージカルということで、私の知っている曲もいくつか出てきました。ストーリー展開はバリバリのコメディでとても楽しかったです。
監獄帰りのチャドが町長の理不尽な取締りのせいで退屈しきっている町にやってきたことで一気に空気が変わっていく。ナタリーはチャドに一目ぼれしますが、そのナタリーに前から想いを寄せているのが引っ込み思案のデニス。しかしその当のチャドは美術館のサンドラに一目ぼれ。今まで一度も女性を落とせなかったことのないチャドでしたが、サンドラだけはどうしても手に入らない。しかも、ひょんなことからナタリーの父親であるジムもサンドラに一目ぼれ。超一方通行な恋愛模様がドタバタと繰り広げられていくのですが、後半、廃れた遊園地で何かが変わる!?
と、こんな感じ。なんとなく、十二夜のドタバタ劇に似てるかなぁと思いました。

こんな風に一方通行の恋愛にドタバタと翻弄されていく人々がやたら楽しいミュージカルで、音楽も私好みのロックが多く、ダンスも迫力があってステキだったんですが・・・なーーんとなく、心が満たされないような感覚も。面白いし、こういうドタバタは嫌いじゃないんですが・・・どうにも個人的にツボにズボッとくるものがなかったんですよね・・・。
その物足りなさを感じたひとつが、セットかなぁ。少し後ろのほうで見たせいかもしれませんが、広い青山劇場の舞台を今ひとつ使いこなせていないような気がしました。後ろから見るとすごい殺風景に見えちゃうんですよね。ダンスの派手さを際立たせるためにあのようなシンプルなセットにしたのかもしれませんが、個人的にはもう少し美術がしっかりしてたほうがよかったかなぁと思ってしまった・・・。
それから、アンサンブルさんのダンスがちょっとモタモタしたような箇所がいくつかあったのも気になりました。ハードなダンスで疲れがきてるのかも・・・と思いますが、もう少しキレよく踊ってほしかったかも。坂本さんのレベルが高いので大変だとは思いますけど頑張ってほしいです。

1幕が個人的にちょっとテンポ悪いなぁと思ってしまったんですが、2幕は色々な点と線がつながっていったりするので見ていてなかなかワクワクした展開で楽しめました。特にクライマックスの結婚式シーンはとてもよかったです。このシーンだけなぜかセットがすごく豪勢に見えたし(笑)。
でも一番盛り上がったのはカーテンコールだったかも。なんとなくモヤっとしたものがあれで一気に吹き飛びましたから。これがロックミュージカルの醍醐味のひとつでもあるかなぁ。劇場総立ちというところまではいきませんでしたが(汗)、それでも舞台と客席が一体になったようでテンションが上がりました。

キャストの皆さんについても少々。

チャド@V6の坂本昌行さん
私はジャニーズのタレントさんがあまり好きではないんですが、V6の坂本さんは以前からなんだか気になる人でした。というのも、「ターザン」というディズニー映画で日本語の歌吹き替えが坂本さんだったんですが、このときの歌がものすごくよかったんです。ジャニーズでもこんなにしっかり歌える人がいるんだと感動して、それ以来彼の舞台は一度観てみたいと思ってました。
今回初めて生で坂本さんの歌とお芝居に触れたのですが・・・いやぁ、文句なくカッコよかったです!しかもあの抜群のスタイル!LEEのピチピチのジーンズをあそこまでカッコよく履きこなせることにまず感動!芝居もメリハリが利いててすごくよかったし、チャドの優しさや弱さと言った部分もしっかりこちらに伝わってきました。そしてやっぱり歌!素晴らしい歌唱力!これはちょっとビックリです。ダンスのキレも群を抜いていましたし、コメディ芝居もイイ!
一人のミュージカル俳優として、坂本さんのことがものすごく好きになりました。また機会があれば彼の舞台は観てみたいです。

デニス@岡田浩暉さん
「ブラッド・ブラザーズ」の岡田さんがあまりにも可愛くて、今回のチケットを購入することになったわけですが(笑)、いやぁ~~岡田デニス、最強のヘタレキャラですねぇ。扮装からしても「ホントに岡田さんか!?」と思ってしまうほどダサダサ男(笑)。それでもなんだか憎めない可愛さがあるのは岡田さんのお人柄でしょうねぇ。もう、見ているこちらが力を入れて"頑張って!"と応援したくなるようなヘタレっぷりでございました。あの芝居は・・・見た目よりもすごく大変なんじゃなかろうか!?
ただ、ヘタレ過ぎてしまってちょっと台詞回しがアヤフヤな部分があったのが残念。テンション上がっちゃうと声の感じが甲高くなったりするんで聞きづらくなっちゃうんですよね。岡田さん、もう少し聞き取りやすいヘタレっぷりでお願いします(笑)。
でも、ソロナンバーはなんだか心打たれちゃうんだよなぁ。この人の歌にはちゃんと心があるから聞いているとジーンとしてしまう。そんな岡田さんがやっぱり大好きです。

ナタリー・エド@玉置成実ちゃん
ミュージカルでの成実ちゃんは今回が初めてだったのですが、いやぁ、可愛かった!非常にキュートです。真っ直ぐにチャドにアタックしていくナタリーはデニスの気持ちにも気づいてほしいけど・・・やっぱり頑張ってほしいなと応援したくなってしまうキャラでした。チャドに振り向いてほしくて男装するシーンもあるのですが(これがエド)、どんなに髪の毛を帽子で隠してヒゲ書いて変装しても・・・やっぱり恋する乙女な部分が出ちゃって可愛い。っていうか、チャドがあの扮装に気がつかないことも笑えるんですけど(笑)。そのエドがサンドラに恋されて困惑しているシーンはかなり笑えました。
ただひとつ残念だったのは高音の声がちょっと弱かったことかなぁ。このミュージカルの曲って音域がとても広くて歌うのがとても大変そうで・・・。ガンガン自分の声で歌えているところはすごくよかっただけに苦手音域にくるとその勢いが衰えてしまうのがちょっと惜しかったかな。頑張ってほしいです。

サンドラ@湖月わたるさん
宝塚を退団されてからの舞台を見るのはこれが初めてです・・・っていうか、私は宝塚観たことないんですが(爆)。在団中から人気のある女優さんだったと聞いていますが、やはりオーラは感じますね。
チャドやジムの求愛を断り続けているときのツンとした雰囲気から、エドに惚れてしまって一気に性格が変わってしまうサンドラは本当に面白かった!特にエドに対するサンドラのテンションがものすごくって・・・湖月さんのコメディエンヌっぷりをドップリ、ベッタリ(笑)堪能させて頂きました。エドにむけての「ぶちゅ~♪」っていうのは爆笑ものでした(笑)。こんなオモロイ芝居ができる女優さんだったのかっ!ちょっとカルチャーショック(笑)。

ディーン@神田恭兵くん & ロレイン@尾藤桃ちゃん
登場人物のほとんどが一方通行の恋愛に翻弄されている中、ディーンとロレインだけは初恋を実らせます。この2人の初々しいやり取りがとても微笑ましくてよかったです。バスで離れていくディーンを自転車で追いかけていくロレイン・・・みたいな演出が切ないけどとても面白かったな。
尾藤桃ちゃんは尾藤イサオさんの娘さんということで、やはり歌唱力ありますねぇ。もう少し声量が上がればさらによかったかな。神田くんは「サイゴン」でのトゥイ以来だったんですが・・・こんな可愛い子だったのか!踊れないダンスシーンはかなり可愛くて笑えます。そして、歌がすごくよかった!特に高音の伸びが美しくて素晴らしいです。

シルビア@諏訪マリーさん & ジム@尾藤イサオさん
この2人の芝居は安心して見てられます。尾藤さんは後半でのチャド風な変わりっぷりがやたら似合ってて笑えるんだけどかっこよかったです。諏訪さんは『タイタニック』で老婦人役だったのに、今回はかなり年齢が下がってて(笑)。でもあの肝っ玉母ちゃんっぷりが爽快でよかったです。ジムに恋しちゃった後のシルビアは少女みたいで可愛かった。

マチルダ@伊東弘美さん & アール@青山明さん
このお2人もさすがの存在感ですねぇ。マチルダはバリバリの保守的な町長なのですが、チャドの前だとガンガンとエネルギーを燃やしてパワフルで笑えます。息子を想うがための母親の愛情みたいな部分をもう少し感じさせてくれたらもっとよかったかな。
青山さんは冒頭の看守でまず笑わせてくれます。あの台詞の間が最高ですね。さすが。その後ほとんど喋らなくて立ってるだけなんですが、なぜかすごく目が行くんですよ、青山さんに。立っているだけでもオーラを発しているところもさすが。ラストのどんでん返しがかなり効いててよかったです。

そういえば、このミュージカル・・・『タイタニック』の役者さんが3人も出てたんですね。それだけでもなんか嬉しかったりしました。


関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : 学問・文化・芸術

Musical観劇作品 comments(0) -


コメント


フォーム

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
今何時?
感謝です!
現在の閲覧者さま:
カテゴリー
プロフィール

えりこ

Author:えりこ
★1973.5.16生 大雑把なO型
★丑年牡牛座
牛三昧で牛的性格
★趣味は舞台観賞
(特にミュージカル)
◎基本的にミーハーですw

★特に応援している俳優さん
合田雅吏さん、加藤虎ノ介くん、大沢たかおさん、葛山信吾さん、瀬戸康史くん、中村倫也くん、間宮祥太朗くん、大泉洋くん、内田朝陽くん、井浦新さん、北村一輝さん、堺雅人さん、大東駿介くん、田辺誠一さん、宅間孝行さん、ジェラルド・バトラーさん
★特に応援している舞台俳優さん
片岡愛之助さん、飯田洋輔くん、福井晶一さん、泉見洋平さん、宮川浩さん、畠中洋さん、渡辺正さん、北澤裕輔さん、岡田浩暉さん、石川禅さん、石丸幹二さん、鈴木綜馬さん、光枝明彦さん

★日記風ブログ
ウシの歩み


★本館HP
eribn.gif


メールフォーム
個人的にメッセージのある方はこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ
月別アーカイブ
ブログ内検索
人間が好きになる名言集

presented by 地球の名言

ミュージカルDVD

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
大好きなミュージカル映画です。これを見れば誰もがハッピーな気持ちになれるはず!

レント
レント

魂の歌声とはまさにこのこと!今を生きることの大切さが伝わります

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版

ロイドウェバーの美しい音楽の世界を堪能。これ絶対おすすめです!

エリザベート ウィーン版

来日公演の感動をぜひこの一枚で!

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)

オスカーを獲得した新人女優J.ハドソンの歌声は圧巻です<

キャッツ スペシャル・エディション
キャッツ スペシャル・エディション

現在劇団四季公演中のCATSを観れない方、このDVDでも楽しめますよ♪

レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート-

世界のレミゼをこのDVDで堪能してください!

ミュージカル 星の王子さま
ミュージカル 星の王子さま

白井晃演出のミュージカル再演バージョンです。個人的には宮川さんがオススメ♪

ノートルダムの鐘
ノートルダムの鐘

日本語吹き替えは当時劇団四季に在団していた役者さんです。退団した人も多いので貴重な一枚かも!

アナスタシア
アナスタシア

曲がとにかく素敵です。日本語吹き替えで石川禅さんがディミトリ役を熱演してます♪

PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。