FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディズニー映画 『アナと雪の女王』

ディズニーの超話題作である映画『アナと雪の女王』を見に行ってきました。

この日はレディースデイと春休みが重なっていたからか、映画館が殺人的な混雑っぷりでビックリ仰天!しかも、『アナと~』が目当ての人が多かったらしく、巨大スクリーンの部屋があれよあれよという間に埋まっていき、私が見た回は確保されていた2部屋(アナは人気作だからか2スクリーンでの上映でした)が満員御礼になっていました。
これまでも大混雑の映画館は体験してきましたが、今回の映画はその中でもかなりすごい人気を感じましたねぇ。公開からまだ1週と少しだというのに、パンフレットも売り切れ状態で買えなかったし(涙)。ホントあまりの熱狂っぷりにビックリしました。日本はディズニーファンが多いっていうのもあると思いますが、近年は特にミュージカル映画がよく当たってますよね。けっこうなんだかんだ言っても日本人はミュージカルが好きなんじゃないかと思わずにはいられなかったりして。

さて、映画の内容についてですが、ストーリーはディズニーらしさが満載でしたね。綺麗で可愛いヒロインや王子様、さらに最初はちょっとそりが合わない二人が・・・みたいな展開などw。それから、動物やお茶目なキャラが出てくるのもお約束。
ただ、これまでと少し違うと感じたのが最後まで恋愛をテーマにした物語ではなかったことでしょうか。ネタバレになってしまうので詳しい展開は書けませんが、クライマックスにちょっとした驚きの展開があります。これは私としても予想外だったので「え!?」ってなりましたww。ディズニーとしては新しい試みだったのでは。そういったところが新鮮で面白かったですね。まぁ、個人的にはそうあってほしくなかったなと思いましたが(苦笑)。
アナとエルサの微妙な関係はこの映画の大きな核になっています。「人を愛することとは・・・真実の愛とは」といったテーマがそのなかに込められていたんじゃないかと。涙するまではいきませんでしたが、なかなか感動的なストーリーでよかったと思います。

私がこの映画に魅せられた大きな要因は、美しいアニメーションと素晴らしい楽曲です。
「塔の上のラプンツェル」のときも思ったけど、本当に映像が全て緻密で美しいのです!私はあまり立体的なキャラの映像のアニメは好きではないのですが、今回もラプンツェルに負けず劣らずで本当に感動しました。動きの一つ一つもすごくリアルに再現されているし、たまに実写ではないかと見間違えてしまうことも。あの技術は本当にすごいと思いました。
そして、名曲揃いの楽曲です!良いとは聞いてましたが、ここまで素晴らしいとは予想してなかった。エルサが歌う「Let it go」はもちろんのこと、アナや王子が歌うナンバーやオラフのコミカルなナンバーなど・・・すべてに聞いていて胸が高鳴りました!!ここまで個人的にハマる名曲が揃うディズニー映画も珍しい。

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック
アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラックV.A.

WALT DISNEY RECORDS 2014-03-11
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ディズニー アナと雪の女王 ビジュアルガイド ピアノ ディズニー ミニアルバム アナと雪の女王 Frozen (Deluxe) 塔の上のラプンツェル オリジナル・サウンドトラック Frozen Little Golden Book (Disney Frozen)

てなわけで、さっそくCDネットで購入してしまった(映画館では売り切れてたので)。日本語版の歌はmp3で販売されているようです。

ちなみに、今回は日本語吹き替えを見てきました。アニメの場合はやはり最初は字幕のストレスなく物語を入れたかったので。
声優にはミュージカルで活躍されている方が多く配役。松たか子さんはエルサを演じてましたが、彼女の心の孤独を見事に表現していたし、「let it go」の歌声は圧巻!神田沙也加ちゃんはアナを演じてましたが、予想外にハマってて声の表現や歌声が見事でした!なんか、アニメなんだけど時々実写の二人がそこに居るかのような錯覚を覚えたほど。
さらには、王子に原慎一郎くん!!いやぁ、これは嬉しい驚きでした。劇団四季にいた時にすごく注目した時期があったのですが、退団後はあまり大きな役につけないことが多くて残念に思ってたんですよね。だから今回の配役を知った時は嬉しかったです。そしてクリストフに津田英佑さん!以前は良くミュージカルの舞台で見ていたんですが最近はなかなか見られる機会がなくて…(一時期変な騒動にも巻き込まれてたし 苦笑)なので、久々に声が聞けて嬉しかったですね。あと、安崎求さん小西のりゆきさんの名前があったのも嬉しかったな。
特筆すべきなのが、雪だるまのオラフを演じたピエール瀧さん。名前が出るまであれがピエールさんだと分からなかったくらいめちゃくちゃハマってた!あんなに吹き替えを上手くこなせるとは…嬉しい驚きでしたね。面白くて温かいオラフを見事に声で表現されていたと思います。

これ、やろうと思えば実写もできそうな作品だなと思いました。日本で実現するときは某劇団が上演権取るだろうけど、個人的にはそこ以外で見てみたいかも。まぁ、キャスティングにもよりますが(笑)。

次は字幕版を見に行きたいと思います。オリジナルのエルサを演じてるのがオリジナル『ウィキッド』でエルファバを演じたイディナ・メンゼルとの事なので、これはぜひとも大画面で聞いてみたい。そしてそのあともう一度、音響の一番いい劇場で吹き替え版を見たいな。
混雑が収まった頃に・・・の話ですがw。その時にはパンフレットありますように…!




スポンサーサイト

ジャンル : 映画
テーマ : ディズニー映画

[ 2014/03/27 22:57 ] 映画鑑賞作品 | TB(-) | CM(-)

2014年冬ドラマ感想

久しぶりにドラマの感想を。
早いもので1月に始まったドラマも一通り終わってしまいましたね。今回私がチェックしていた民放ドラマは…

「三匹のおっさん」、「夜のせんせい」、「S~最後の警官~」、「ロストデイズ」、「私の嫌いな探偵」

でしたが、「私の嫌いな~」は第一回の段階でリタイアしました(汗)。なんか、ノリが好きじゃなかった。
この他に「天誅」「隠蔽捜査」も一部見たんですが、どちらも加藤虎ノ介くんが出てた回しかチェックしてなかったりしました。

1月期のドラマはスマッシュヒットがなかったようですが、個人的には脱落したのが1本(チェックしたものだけですが)だけだったこともありけっこう楽しく見れたような気がします。


今季一番ハマって見ていたのは「夜のせんせい」でした。

夜のせんせい DVD-BOX夜のせんせい DVD-BOX

TCエンタテインメント 2014-07-25
売り上げランキング : 1894

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

視聴率こそ全く振るわなかったようですが(苦笑)、私的にはドストライクに近いドラマだったんですよね。
見る前までは、観月さん演じる夜野先生が出しゃばって生徒を説得するような作品かと思っていたんですが…蓋を開けてみればそんな浅いドラマじゃなくて。夜野先生はあくまでも前に出すぎず道を示す感じで、最終的には生徒たちが自らの力でトンネルを抜けていく形になるストーリーが多かったのがとても良かった。そのどれもがメデタシな結果にならなくても、皆最終的には一歩進んだという感慨に溢れてて。綺麗ごとじゃない感じが本当に良かったと思います。
定時制というところに着目したのも良かった。皆、社会に出て心の中に抱えきれないような悩みがある。でも、それぞれのエピソードを通して前進していく姿が清々しく感動的でした。とにかく、生徒役の役者さんたちが本当に見応えある芝居を魅せてくれて…かなり贅沢なドラマだったんじゃないかと。突出して有名な役者さんは出てないけど、上手い人揃いで毎回とても楽しかった。個人的に好きな役者さんも多かったしねw。
特に好きだったエピソードは、高橋一生くん演じる山田と、田中圭くん演じる上武と、山本耕史くん演じる大澤の回。特に、圭くんの回は個人的にドストライクなストーリーで泣きながら見たなぁ。彼は本当に芝居が上手い。あと、堀内敬子さんが美声を披露したのも忘れがたいエピソード。堀内さんは元四季で在団中は主要なキャラを何人も演じてますからね。退団してからは歌う機会がほとんど見られなくなったけど、久しぶりにあの歌声を聴けて懐かしくなっちゃいました。
視聴率の関係もあってか描き切れなかったであろうエピソードもあったのでは・・・。それが残念!同窓会SPなんてやってくれたら嬉しいんだけどなぁ。

次にハマって見たのが「S~最後の警官」です。

S-最後の警官- ディレクターズカット版 Blu-ray BOXS-最後の警官- ディレクターズカット版 Blu-ray BOX

TCエンタテインメント 2014-07-30
売り上げランキング : 1457

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こっちはブルーレイ出ていいなぁ。しかもディレクターズカット…羨ましいw。
私は向井君の芝居があまり好きではなかったんですが(妙に淡白に思えてしまうことが多くて)、今回のドラマはなかなかいい感じで熱血漢の一號を演じてて違和感なく見れたのがまず良かったです。それと、重く辛い過去を背負った綾野くん演じる蘇我が・・・個人的にドストライクなキャラだったのが大きい(笑)。綾野くん、ああいった役が見事にハマりますね!特に第2話ラストで切ない背中を見せ帰るシーンはかなりグッときて危うく落ちそうになりましたw。
この作品は来年の映画化が既に決まってるとのことですが、そのせいか、最終回はドンパチ中心になってて人間ドラマが中途半端になってしまった感があるのが残念だった。蘇我っちにはある一定の救いというか…区切りを与えてあげたかったよなぁ。歓送迎会に参加する意思だけじゃ足りない。映画ではそのあたり描いてくれるんだろうか。個人的には来年の映画じゃなくて今年夏頃のスペシャルドラマにしてほしかった。
それにしても、イルマ役がガッキーだったので、思わず空飛ぶ広報室思い出しちゃったよw。

面白かったなぁと思って見てたのが「三匹のおっさん」です。

三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~ DVD-BOX三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~ DVD-BOX

ポニーキャニオン 2014-06-04
売り上げランキング : 3737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

有川浩さん原作の作品ですが、文句なく面白かった!視聴率で検討していたのも納得です。やはり有川作品は裏切らないなぁと。とにかく三人のおっさんの個性がハンパなく際立っててそれでいて見事なバランスを保っていたのがすごい。さすがはベテラン役者さんたちだなぁと。大石くん演じるちょっと捻くれた孫も可愛かったし。若手とベテランが良い調和をなしていたのもこのドラマの魅力ではなかったでしょうか。
これ、続編いくらでも作れそうな気がするw。またあの三匹のおっさんに会いたいのでぜひ実現してほしいです。

そして、「ロストデイズ」

【テレビドラマ・ノベライズ】ロストデイズ (宝島社文庫)【テレビドラマ・ノベライズ】ロストデイズ (宝島社文庫)
佐野 晶

宝島社 2014-04-04
売り上げランキング : 28936

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もともとミステリーもののドラマは苦手意識があってあまり見ないのですが、これは瀬戸康史くんが主演ということなのでチェックしてみました。ゲスト出演する役者はいなくて物語の舞台もほとんどが彼らが滞在する山荘のみという・・・シチュエーションドラマに近い感じでした。10日間の出来事を描いているのですが、徐々に彼らが保ってきた人間関係が崩れていく様がなんかリアルで心が痛くなる感じだったんだけど(汗)ストーリー的になかなか面白かったと思います。最初は地味な存在だった瀬戸くん演じるシノが後半になるにしたがってアクティブになってくのもドキドキしたし、なにより、桐山くん演じる亘がめちゃめちゃ怖かった。いやぁ、桐山くん、良い芝居してたなぁ!
しかしながら、惜しむらくは最終回の展開。あれだけ皆をかき回しまくった亘のラストがあまりにもアッサリしててビックリしたよ(苦笑)。もうちょっと劇的なラストでもよかったんじゃないかと。それが残念だった。


来季のドラマには間宮くんが出る「弱くても勝てます」があったりするから楽しみ。そのほかにもいくつかチェックしてる作品があるし。いい作品(私個人として)にたくさん出会えますように。


ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : テレビドラマ

[ 2014/03/25 22:29 ] その他ドラマ感想 | TB(-) | CM(-)

劇団四季『壁抜け男』 3/15 千穐楽

かべ抜け
千穐楽の『壁抜け男』を観に再び東京まで遠征してまいりました。ひとまずこれが遠征観劇の一括りとなります。やっぱりどうしても洋輔くんの楽は見届けたかったので…。
今回の壁抜けは全部で3回。もしも関東に住んでいたら絶対に倍以上は通ってただろうなぁと思うのですがw、それも叶わないところに引っ越してしまいまして無念の気持ちは強い。ただ、すごく新鮮な気持ちで向かい合うことができたのは良かったかなと。リピートしていたころとは違った気持ちで観劇できたかもしれません。だけどやっぱり、ご贔屓の役者さんの舞台はもっとたくさん見たいって気持ちは強いですけどね(苦笑)。

千穐楽ということもあってか、2階席までほぼ満席だったと思います。ただ、私の横はずっと空席になっていて・・・お陰様で、心置きなくゴーゴー泣いてくることができました(笑)。
カーテンコール、盛り上がりましたねぇ!スタンディングになるのは意外と遅かったように思いますが、それでも拍手がすごく熱かった。いつもカテコの一番最後に「皆さんも一緒に」という洋輔くんデュティユルの声で客席も一緒にフィナーレを歌っているのですが、今回は拍手が鳴りやまなかったので2回それがあって。ここまでの公演の中でも2回歌うことはあったらしいのですが、私の時にはそれに当たらなかったので今回が初。なんだか本当に感極まって…涙止まりませんでした(泣)。アカペラでもあるのでキャスト皆さんの声がストレートに伝わってきて…それが本っっ当に温かいんですよ。心の奥底が癒されていく感じでした。
それでも拍手が鳴りやまず、キャストさんたちが登場するたびに客席からワッと歓声が沸き起こってました。ただビックリしたのが、その中に「キャーーッ」っていう黄色い歓声も含まれてたことかな(笑)。特に洋輔くんが出てきたときの黄色い声がけっこう大きく響いていてビックリしましたw。ソンダンを経てファンが増えたかな。

あと、楽だからか…劇中の拍手がやたら多かったですね。過去2回はほとんど拍手入らなかったのに(というか、入れづらい演目でもありますが)。この作品に限って言えば、あまり拍手は入らないでほしかったかなと思わなくもありませんでした。

最後の最後の締めは、カーテン幕の中から洋輔くんが一人で登場して「(⌒∇⌒)ノ""」←こんな顔しながら「またね~」って帽子を持ちながら客席に手を振って去っていく形で終わりました。めちゃめちゃ可愛かったです(笑)。また再会できるかな。かつて潰れてしまった関西公演・・・私が関西在住の間に実現してほしいものです。


出演者
デュティユル: 飯田洋輔、イザベル: 坂本里咲、部長/刑務所長/検事: 青木朗、八百屋/娼婦: 佐和由梨、デュブール医師/警官2/囚人/弁護士: 明戸信吾、B氏(公務員)/警官1/看守1/ファシスト: 金本和起、C氏(公務員)/乞食/看守2/裁判長: 川原信弘、画家: 永井崇多宏、M嬢(公務員): 戸田愛子、A夫人(公務員)、共産主義者: 久居史子、新聞売り: 有賀光一

以下、ネタバレを含んだ感想になります。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 劇団四季

[ 2014/03/17 17:02 ] 壁抜け男(四季) | TB(-) | CM(-)

映画『偉大なる、しゅららぼん』

レディースデイを利用して、映画『偉大なる、しゅららぼん』を見に行ってきました。

偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)
偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)万城目 学

集英社 2013-12-13
売り上げランキング : 533

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫) 鴨川ホルモー (角川文庫) 鹿男あをによし (幻冬舎文庫) ホルモー六景 (角川文庫) 下町ロケット (小学館文庫)


なぜこの作品に興味があったかというと、昨年の夏に長浜へ旅行に行った時(その当時はまだ関西に暮らすとは思ってもいなかったw)この映画のポスターをたくさん見まして。さらに、彦根にゆるキャラ祭りに行ったときにもしゅららぼんがやたら目に留まりwww、極めつけは、ひこにゃんの宣伝と。もう、これだけ目にしたらいやでも気になるってもんです(笑)。

しゅらら
ね、可愛いでしょw

ただ、万城目さんの作風を私はちょっと苦手にしている節があって(あをによし脱落しました 爆)。果たして面白いと思えるのかという不安はありました。
が・・・、予想外に楽しめてしまいました!!たしかに奇想天外で“そんなアホな"と言いたくなるようなシーンがてんこ盛りなのですが(笑)キャラクターたちが個性的で彼らを見ているだけで面白かった。濱田くんが演じた淡十郎の殿さまっぷりが見事にハマって笑えたし(「くるしゅうない」とか普通に殿様言葉話してるのに違和感ないってすごいなとw)、涼介役の岡田くんのヘタレっぷりも可愛くてその振り回されっぷりが最高(笑)。この二人の何とも言えない凸凹コンビがすごく魅力的に見えたし会話のテンポも良かったと思います。

淡十郎のライバルとして出てきた棗役の渡辺大くんも印象深いですね。棗と淡十郎がライバル心むき出しでバチバチしてるシーンは笑ったなぁw。でも攻撃的かと思えば実は優しくていい奴で。そんな彼に淡十郎と涼介が心を許していく感じがとても良かった。大くんは渡辺謙さんの息子さんですが(杏さんのお兄さんでもあります)目がますますお父さんに似てきたなと思いました。
フカキョンはああいったドSなお嬢様の役がハマるようになったなぁと思いましたねw。超高飛車なんだけど、なんだか憎めない感じがすごく良かった。淡十郎と姉弟っていうのも納得できてしまうようなキャラでしたw。
村上さんもカッコよかったし、貫地谷しほりちゃんの飄々とした芝居も面白い。格闘家の高田さんやGO-BANG'Sの森若さんが出てきたのはビックリしたww。あと、短いシーンながらも浜村淳さんが出てきたときは思わず吹きました。そうそう、淡十郎の初恋の人役で「あまちゃん」の”がばい”真奈ちゃんだった大野いとちゃんも出てきました。可愛かった。

ストーリーとして見ると・・・正直、クライマックスの戦いの定義みたいなものがよく分からなかったかも(汗)。本当の黒幕が意外な人で驚いたけど、この人は結局何をしたかったのかがちょっとボケてしまっていたような…。でもまあ、よく分からない部分も含めて、なんか面白かった(笑)。ちょっと癖になる感じ?
個人的には、ラストシーンの展開がすごく温かくて好きでした。この作品、ちょこちょこ伏線みたいなのが出てくるんですけど…ラストのが一番良かったな~。岡田くんの表情が特に印象的でした。

高校生というには年齢がヤバくないか!?と思わなくもなかったですがwww、キャラ的に皆面白かったので私は最初しか気にならなかったかな。気楽に見て楽しめる作品だと思います。あと・・・この映画を見ると無性に彦根に行ってみたくなるんじゃないかと(私はまた行きたくなったw)。
あ、エンドクレジットの最後に”しゅららぼん”とはなんだったのかというオチがあります(笑)。モモクロの音楽が終わった後も席を立たないことをお勧めします。


)



ジャンル : 映画
テーマ : 映画館で観た映画

[ 2014/03/13 15:29 ] 映画鑑賞作品 | TB(-) | CM(-)

片岡愛之助さん生誕前夜祭 3/3

らぶりん
3月3日、愛之助さんの誕生日前日になんばHatchで行われた「片岡愛之助 Anniversary TALK&LIVE 42nd 生誕前夜祭」へ行ってまいりました(長いタイトルw)。
これまで、愛之助さんの誕生日会というとずっと後援会のみで行われてきたと思うのですが…今回はなんと一般の人も参加できるというスタイルでちょっとビックリしました。私は一度だけ後援会のみの誕生日会に友だちと参加したことがあるのですが…その時の内容がけっこう微妙な感じで(苦笑)それ以来ご遠慮してたんですよね。でも今回は企画もちゃんとしていそうだったので思い切って一人で参加w。なんばが遠い距離じゃなかったというのが行く決め手になりました←ゆるいファンですみません(汗)。

まず入ると「教えてらぶりん」なる質問を書く紙が置いてあって(笑)。そもそも、ファンの人が「らぶりん」って呼ぶのをこれまで私はあまり聞いたことがないんですけどwwテレビとかに出るとなぜか連呼されているというwwww。
まぁ、自分のは選ばれないだろうと思いつつもせっかくなので書いてBOXへ入れてみました。後にこの質問内容が現実のものになるとは思いもしませんでしたが(詳細は追記にて)
そのあと、エスカレーターで上に昇ってワンドリンク券と飲み物の交換。アルコールもありましたが、私は苦手にしていたのでソフトドリンクを…(笑)。ペットボトルで置いてあったので持ち帰れてよかったです。

なんばHatchの中に入るのは初めてだったのですが、後ろからでもかなり近い印象。普段はここで色んなアーティストさんがライヴを行っているそうで、ほとんどがスタンディング形式なんだとか。でも今回は座席指定もされているので会場にびっしりと椅子が並べられてました。もしかしたら、けっこうHatch的には珍しい光景だったかもしれません。
私が見た限りは空席はほとんどなし。ビッシリ後ろのほうまで埋め尽くされていて…驚いたのは男性の方の姿も多かったこと。愛之助さんの関係者の方もいらしたかもしれませんが、それでも7対3くらいの割合でいたかも。愛之助さんのファンの広さというものを実感いたしました。

幕が開くと生バンドの演奏が始まり大迫力にびっくり(笑)。ライヴハウスですからね。音もかなり良かった。1曲終わった後くらいに客席後方から紋付き袴姿で愛之助さんが登場!!その通路側の盛り上がりっぷりがかなりすごいことになってましたが(笑)相変わらず慌てることなく穏やかな笑顔を会場全体に向けていた愛之助さんでした。
藤色のきれいな和装姿の愛之助さんはやっぱりカッコいいし似合う。テレビゲストでたまに不思議な衣装着てくることあるのでね(笑)。


以下、イベント詳細は追記にて。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : あれこれ

[ 2014/03/07 21:47 ] 片岡愛之助さん | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。