FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

映画 『永遠の0』

昨年末から公開されている映画『永遠の0』を見に行ってきました。

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹

講談社 2009-07-15
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

百田尚樹さんのベストセラー小説を映画化したこの作品。映画化することが決まったと同時くらいに小説を購入しているのですが、映像を先に見てから読もうと思い今の今まで封印していました。原作が好きすぎると映画にガッカリしてしまうパターンも有り得たので(苦笑)。

公開されてから興業成績も好調ということで…レディースデーということもありましたが、私が見に行った映画館も大きなスクリーン部屋であるにもかかわらずかなりの人数が入っていました。
前評判だけは聞いていたので、絶対に泣くなと予測してタオルハンカチを用意していた私w。ちらっと周りの席を見たら…同じようにタオルを膝上に準備している人がかなり多かったので、皆思うことは一緒なんだなと思いましたw。

原作を読むのを封印していたために、ゼロ戦パイロットの話…ということくらいしか知識を入れずに見ました(本屋でサザンの歌と同時に流れているPVも極力見ないように心がけてたw)
結果、私が最初に想像していたのとは違う流れだなと思いました。メインはV6の岡田くん演じる零戦パイロットの宮部久蔵の話なのですが、彼の物語は彼の孫である健太郎が生き残った人たちから聴く証言話で紡ぎだされている。なので、現在と過去がクロスする形で進んでいきます。だいたいこういう過去と現在が行き来する作品というのは分かりにくいものが多いんですが…、この作品においては、ものすごく自然にスーッと心の奥底まで沁み込んできた。
それぞれが見た、それぞれが感じた、宮部久蔵という人物。宮部と共に生きた人々から語られるエピソードの一つ一つを紡ぎ合わせていくうちに、彼の本当の想いみたいなものが形作られていく。そして最後にたどり着いた真実…。

この作品はちょっと謎解き部分みたいなのもあってネタバレになってしまうので詳しくは語れないのですが・・・宮部久蔵の姿が色んなエピソードで明かされていくに連れてもう、胸に迫るものがあって・・・橋爪功さん演じる井崎の最後の言葉あたりからサザンの主題歌が流れる最後まで涙が止まりませんでした。

ピースとハイライト (完全生産限定“胸熱35ピースとハイライト (完全生産限定“胸熱35"カートンBOX)
サザンオールスターズ

ビクターエンタテインメント株式会社 2013-08-06
売り上げランキング : 397

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サザンのあの歌・・・反則だよなぁ。宮部の事を思い描きながらあの歌を聴くと本当に涙止まらなかったですよ・・・。

戦争ものの映画ではありますが、"なぜあの無慈悲な戦争が起こったのか"みたいなところに焦点を置いているのではなく、極限状態の中で生きた人たちの"想い"に焦点を当てたヒューマンドラマ中心のストーリーになっていると思います。「戦争モノは避けたい」と思っている人にもこれはぜひ見てほしい。
戦闘シーンのVFXはさすが山崎監督…!と唸るほどすごくリアルに再現されていてまるで当時の記録映像を見ているかのような迫力がありますが(戦争体験者の方の中にはこの映像を見れない人もいるのではないかと思ったくらい)、基本は人間ドラマだと思います。多くの人が「臆病者」と宮部を罵る中、数人は彼の中の真実を見て心を寄せている。彼らはなぜ宮部という人物に惹かれたのか…。それが明らかになるとき、見ている私も宮部を感じ…そして涙しました。

私の母の叔父は南方戦線で若くして命を落としたと聞いたことがあります。どんなことを想い死んでいったのだろう…。その話を知る人は今はもういないので聞くことはできませんが、ふとそんなことを考えました。
現代の平和な世の中は、あの戦争で失いたくない命を散らしていった人たちの上に成り立っているのだと思います。そのことは絶対に忘れてはならない。あの時代を体験していない私たちはせめて、当時の人たちに想いを馳せて戦争の愚かさを感じていかなくてはいけないと思います。終戦の日がいつなのか知らない若者が増えている中、人気のある役者さんが出ているこの映画を見て考えるきっかけになればいいなと…。

V6の岡田准一くんは何と言いますか、アイドルという枠を超えた役者だなぁと改めて思いました。「静」の部分が多く感情表現が難しい宮部という役を見事に熱演。「生きることに執着する」人物という点では今年の大河ドラマ『軍師官兵衛』に通じるものがあるなと思いました。誠実な芝居が心を打ちました。
現代パートに出てくる三浦春馬くん、最初は現代っ子のような雰囲気だったのが話を聞いていくうちに宮部という人物にのめり込み彼に想いを馳せていく姿を熱演。春馬くんは少年の頃から見てきたので本当に大人になったなぁと。ラストシーンには賛否あるようですが、私はあの時の彼の表情に泣かされました。
他にも濱田くん(大河でも岡田くんと共演)や染谷くん新井さんなどといった若手の実力派役者さんたちが素晴らしい熱演を魅せてくれていました。それと同時に、生き残った人を演じるベテラン役者さんたちのオーラがすごかった!平さん、橋爪さん、山本さん、そして田中泯さん。田中さんの迫力は特に印象深かったです。春馬くんとのクライマックスは涙なくしては見れません…。
そして、今は亡き、夏八木勲さん…。まさに、命を削るかのような魂の芝居に涙が止まりませんでした…。最後に一人静かに語りかけるシーンは特に心に残りましたね。エンドクレジットで"亡くなった方に捧ぐ"といったような形でお名前がもう一度出てきた時も涙しました…。
戦争中の出演者である若手俳優さんたちと、現代の出演者であるベテランの役者さんたちのバランスがとても良かったと思います。

見終った後、なぜかもう一度見てみたくなった映画でした。原作を読んだ後、まだ上映していればまた行きたい。




スポンサーサイト



ジャンル : 映画
テーマ : 邦画

[ 2014/01/15 17:57 ] 映画鑑賞作品 | TB(-) | CM(-)

劇団四季『ソング&ダンス60-感謝の花束-』 1/5千穐楽

そんだん4
約半年間全国ツアー公演を続けてきた『ソング&ダンス60-感謝の花束-』が、ついに大阪シアターBRAVA!で大千穐楽を迎えました。
ちょうどこのタイミングで関西住まいになっていたこと、なんだかとても幸運だったなと改めて思いましたね。関東にいてもきっと遠征していただろうけど…年末年始に4回も行くことはできなかったと思うし。

なんていうか…もう、本当に、胸いっぱいという言葉じゃ足りないくらいの気持ちにさせられました、この日の楽は。
思い起こせば昨年8月、「お兄ちゃんのファンなら一度は見たほうがいい」と友だちに背中を押され福岡に飛んだのが始まりだった。あの時はキャストがいつ変わるか分からないっていう危機感もあったのでw無謀にも福岡まで行ってしまったんだよなぁ。そこでもう、感激のあまり泣きまくって(笑)。そしてようやく関東に来たときに行った多摩公演…。その数日後に関西への引っ越しを控えての観劇だったなぁと。
そして関西へやってきたばかりでまだ不安な気持ちが多かった頃に行った大阪の門真公演と岸和田公演。全く大阪というものが分からない中での観劇で…ソンダンカンパニーや大好きな洋輔くんの顔を見てものすごくホッとしたっけなぁ。で、年末年始でのクライマックスBRAVA公演。4回も通うことができ、おかげでBRAVAまでの道はすっかり覚えたw。年始は都合で行けなくて残念だったけど(特に洋輔くんの和装が見れなかったのが悔やまれる 苦笑)、楽しい企画やカテコを見ることができました。
私は結局全部で8公演行くことができて。もっと多くの公演地に足を運んでいる人もたくさんいますが、例え1回しか観れなかったとしても、今回のソンダンは今まで以上に心に残る公演だったと思います。

そんだん3
開場する時間まで扉は閉まっていますが、この日は開くまでかなり多くの人が並んでいたように思います。12時半開場だったけどそれより早くに入れてもらえたような気がする。入口付近にあった差し入れコーナーにも多くの人が並んでてあっという間に後ろの棚が紙袋でいっぱいになっていってビックリしました。遠征してきた方もこの日はかなり多かったと思います。

そんだん2
大千穐楽ということで特別カーテンコールがありましたが、驚いたのが、キャスト全員の一言挨拶の時間が取られていたことです。これまでも四季舞台で千穐楽公演を何度か見てきましたが…、こんな風に楽で役者にクローズアップするような公演に出会ったのは初めてです。
他の舞台(特に東宝系)ではよくある光景ですが、四季は「作品主義」と表では銘打っているのでたとえ楽でも役者の素直な言葉での挨拶があるカテコはしないものだと思っていました(今までがそうだった)。ソンダン55のときもなかったのに…。だから、今回の特別カテコは本当に言葉では言い尽くせないほど感動して涙が止まりませんでしたね(泣)。

「アイガットリズム」のいつものカテコのあと、洋輔くんを中心に全キャストが一列に整列。この時点で、ほとんどの役者さんが涙を流してて…それ見ただけで今まで以上に涙があふれた私。まず最初に洋輔くんが代表して千穐楽の挨拶。約6か月間で107公演こなしてきたとのこと。丁寧語を語るのが大変そうでちょこちょこ噛みながらも一生懸命心を込めて挨拶してる姿にまず涙…。
全国公演、本当に大変だったと思います。約半年間…、北から順番にとかそういう感じではなく、バラバラに色んな都市を巡り巡って…バス移動などで体力的にも精神的にもかなりきつかった日も多かったのではないでしょうか。それであれだけのパフォーマンスを披露できるって本当にすごいことだと思います。

そんな苦楽を共にしてきたメンバーとこの日の公演でお別れということもあり、殆どの役者さんが涙を流しながら挨拶していた姿が非常に印象的でした。達郎くんは並んだ瞬間から顔を歪めてかなり泣いてたけど、順番が回ってくるまで時間があったのでそれまでに落着けた感じだったかな。光川さんは何度も何度も涙を拭ってたし、ダンサーの女性キャストの皆さんはほぼ全員が泣きながらの挨拶で何度ももらい泣きさせられました。みんな一様に、
「大好きなキャストの仲間たち、大好きなスタッフの皆さん、そして温かい全国のお客様と出会えて本当に幸せだった」
と語ってて…しかもそれは、その場で皆さんが感じた素直な気持ちとして定型文ではない言葉で語られていて…、四季の役者さんのそんな素の姿初めて見たのでもう涙が止まりませんでした(泣)。

松出くん
涙を必死に堪えながら「一番下っ端で分からないことだらけだったけど素敵な先輩たちに支えてもらえたし全国のお客さんと触れ合えて幸せでした」といった感じのご挨拶。そうか、松出くんが一番若かったんだね。

水原さん
感極まりすぎて「日本語考えてきたんですが、すべて忘れてしまったので韓国語で話させてください」と語り会場が温かい笑顔で包まれていたのがとても印象的だった。何を語ったのかは分からなかったけど、素直な感謝の気持ちがストレートに伝わってきて泣けました。

カトクミさん
涙を抑え笑顔で「全国のお客さんに感謝の花束を届けようとずっと頑張ってきたけど、花束をもらったのは私たちの方でした」と語られていたのがとても印象深かったです。

厂原くん
話そうとした瞬間に感極まって頭が白くなってしまったようで止まってしまい、後ろから西尾さんに激励のツッコミを入れられてて可愛かった。「僕にとってこの舞台は再出発でした」と語っていたので、それまでは劇団を離れていたのかもしれませんね。「かつて自分が四季を見て感動したように、僕も皆さんに感動を与えられるようにまた舞台で頑張っていきたい」というようなことを力強く最後は語っていたのがとても感動的でした。

洋一郎くん
ソンダン55のときかなり緊張して企画でのコメントがあやふやだったことがあったのでちょっと心配したのですが、涙をこらえながらも立派な挨拶で…最後はマイク無しの生の声で「ありがとうございました!!」と叫んでいた姿が非常に印象的でした。

麦子さん
最初は本当にすごく泣いていたんだけど、コメントの時には素敵な笑顔を作って「また新たに前に進んでいこうと思います」と決意表明していた姿がとても眩しくて印象的でした。

タオさん達郎くんはとてもしっかりした挨拶、松島さんは明るい感じの挨拶、大森さんは日本語と中国語の両方で挨拶してました。最初のほうにあいさつした林くんは涙で言葉を詰まらせつつだったのが泣けました…

西尾さん
一番印象的だったのが、この長い公演の間にあったメンバーのあれこれを話されたことです。「稽古中に怪我で出演できなくなってしまった者、やむを得ない理由で母国に帰らなければならなかった者もいました」と…。これは四季ではとても珍しいコメントだなと思いました。さらに、この半年間で色々ぶつかることもあったけど、そのたびに一致団結してきたからこそここまで来ることができた…というようなことも話されてて。本当に素直にこの公演のことを振り返って感慨深げに語られていたのが非常に心に残りました。母国に帰ってしまったのは…たぶん、朱涛さんのことでしょうね…。

一番最後にあいさつした松元さんは、もう涙涙で・・・それでも一生懸命感謝の言葉を語っていた姿が見ている者の涙を誘いました。

洋輔くんの挨拶は・・・私個人の主観が入りすぎるのでここでは書きません(汗)。

特別カテコ挨拶の後の感想は追記にて…。


【ヴォーカルパート】
飯田洋輔 李涛 飯田達郎 
光川愛 福井麻起子 松元恵美

【ダンスパート】
西尾健治 松島勇気 厂原時也 大森瑞樹 斎藤洋一郎 水原俊 松出直也 林晃平
須田綾乃 井上佳奈 高田直美 坂本すみれ 相馬杏奈 西田ゆりあ 加藤久美子 原田麦子


以下、ネタバレを含む感想になります私情がけっこう入ると思います 爆)。諸々ご注意を。





Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 劇団四季

[ 2014/01/07 21:28 ] ソング&ダンス(四季) | TB(-) | CM(-)

ミュージカル『モンテ・クリスト伯』 1/3ソワレ

BdCwINBCIAAVuqH.jpg
2014年最初の観劇は梅田芸術劇場で上演されたミュージカル『モンテ・クリスト伯』です。
実は、引っ越しが決まる前に東京公演のチケットを確保していたのですが・・・転勤本決まりになった後遠征を断念して手放していました。が、大阪にもやってくるということでこうして観に行けることができたというわけです。やっぱり石丸さんの舞台は観に行きたいと思っていたので本当に良かった。

東京での上演は約1カ月だったようですが、大阪での上演は3日間。まぁ…博多と名古屋はもっと短いらしいのでラッキーと思わなければいけませんが、やはり東と西の演劇上演日数は差があるなぁと実感します。たぶんこの先もそんなことが多々あるんだろうなと(汗)。
観劇した1月3日は大阪初日。マチネ公演の時には紅白饅頭が配られたそうですが私が見たソワレでは配られていませんでした。でも、小さなモンテクリスト伯のステッカーは頂けたのでラッキー!

また、劇場ではライヴ盤CD発売の予約を行っていたのでさっそく申し込みをしてきました。石丸さんもカーテンコールの時に「ロビーで予約受付中です」と何度もアピールしてたしww。あ、カテコの時の一番最初に石丸さんから「新年あけましておめでとうございます」って挨拶があったのは嬉しかったな。


BdDH9uqCQAABDhi.jpg
で、私はチェック不足で知らなかったのですが(爆)、この日の上演終了後にトークショーがありまして!貼り紙見たとき思わず心の中でガッツポーズw。殆どのお客さんが帰らずに残っている中、終演後にトークが始まりました。
参加者は、石丸幹二さん、濱田めぐみさん、坂元健児さん、そして司会のホリプロの方でした。けっこうトークの間石丸さんがリードしている感じだったので司会者いらないかも?と思ってしまったのはここだけの話w。

まず、用意された椅子に反応する石丸さん。「これ、かなり立派じゃないですか?」というツッコミに「新年ですから石丸さん仕様で」みたいに反応してて、しまいには「石丸さんのお宅の椅子です」ってことになっちゃってて笑いましたw。実際は、普通の椅子です、はい。まぁちょっと立派でしたけど(笑)。
で、石丸さん、東京公演でもトークショーの時にどうやって座ればいいか悩んでいたらしいw。というのも、衣装がモンテクリスト伯のままで長いマントみたいになってるんですよね。それで、悩んだ挙句に後ろの衣装を自分でヒョコッと持ち上げてヨイショって座ってたのがめちゃめちゃ可愛らしくて萌えました!

まずは大阪公演の感想

石丸さん
会場が広く、色んなところから見守ってもらえてるので気持ちよかったです。お客さんも温かいし、ありがとうございます。
濱田さん
前日のリハではお客さんがいなかったのですが、今日本番でお客さんがたくさん入っててテンション上がりました。温かさを感じ圧倒されて緊張してしまいました。
石丸さん
あなたに緊張というものがあるんだ(驚)、どこにも感じなかったw
坂元さん
正直あまり出てないし運動量もかなり少ないので本番中は暇してるんですがww、舞台に出た瞬間は興奮して思い切り悪巧みしてスカッとしていますw

石丸さんは自分のことをおでんの串に例えているようで。「皆さんが刺さって来てくださる(賑やかな具で)」と。

次に、指輪がたくさんついているというところから舞台中のエピソード。

坂元さん
大変なところは指輪の心配(ダングラールは全ての指に指輪ありw。東京公演で1個飛んでしまうハプニングがあったらしい)と、一番大変な動きである1幕の悪役3人で歌うシーンで椅子に登るところ。椅子に登るアクションが一番激しい運動です(椅子に上がって歌うのがいかに大変な事かを実演付きで詳しく説明するサカケンさん 笑)。バランスとるのがすごく大変。そこで、首を振ってバランスとることを学んだんです(劇中よく首を振っているのはバランスを取っているからだと力説してましたwww)。その様子を下からまじまじと見つめてた濱田さん、今度確認してみると言ったもののそのシーンを聞いて「カツラつけてる時間でダメだわ」と残念そうにしてて笑えましたwww。

石丸さん
本番で発見したことというか・・・楽屋に戻ることがないのでスタミナの調整に苦労中。大げさかもしれないけど命がけでやってます。

濱田さん
いかに出てくる時に爆発して去っていくかが鍵ですね。どうやってテンションあげて舞台に上がればいいか悩みました。舞台に出る直前は足を踏み鳴らしたりとエネルギーが有り余る状態ですww。
石丸さん
役に入り込むと濱めぐは変化がすごくて面白いんですよ~。袖では普通なのにw。あ、そういえばこの二人ライオンですから(←サカケンさんと濱田さんを見て突っ込む石丸さんw)

坂元さん
具体的に言えないけどw、某劇団○季のww、某ライオンがキングになる話でwww。だけど濱めぐとは舞台上で会うことが一度もなく、カテコでおはようということが多々あるんですよねw。せっかくライオン初演以来十数年ぶりに会えたのに。あ、だけど、カテコの並びがライオンだよね(笑)。
濱田さん
そうだそうだ(笑)
石丸さん
今回はチビライオンだった子が成長して大人になって一緒の舞台に立ってるんだよね(モンテゴの息子役とその婚約者役はライオンキングで子役でした)

ちなみに私、ライオンキングはたった1回しか見たことないんですが・・・その時シンバをやっていたのがサカケンさんでナラをやっていたのが濱田さんでした。そうか、それ以来の共演だったのか!!

と、そんな話をしていると突然村井國夫さんが帰り支度をした格好で登場ww。「あれ、こっち帰り道じゃなかったww」とボケをかまして石丸さんたちにエールを送りつつ舞台袖に再び帰って行かれました(笑)。そんな村井さんはカンパニーの中でも盛り上げてくれてる頼もしい存在ということでした。
石丸さん
村井さんは服があれ1着なんですよね(ボロの乞食のような恰好)。カテコくらい綺麗な格好させてあげればいいのに(笑)
濱田さん
でも最初は「俺だけこんな服」とボヤいてたのに、最近は誇らしげに「俺だけこんな服」って言ってるんですよねw
石丸さん
よかったよかった(笑)

大阪の思い出については。

石丸さん
梅芸はエリザベートで初めて来ました。大阪のお客さんはポッと火が付くと大きく盛り上がってくれて…僕は大阪のお客さんが大好きです(会場から大きな拍手!)
濱田さん
某四季で長い間滞在してたので、西の人間でもあるので大阪は落ち着くし来るのを楽しみにしていました
坂元さん
某ライオンキングで大阪に1年くらいマンションに住んで自転車で通ってました。なので懐かしいし第二のふるさと(メグさんの言葉を借りる感じだったので隣でえぇ?ってツッコミいれられてたww)。フレンドリーなお客さんなのでため口で話せるかも?

最後に一言ずつ。

坂元さん
正直あまり僕出てないですけどww、これからの公演も思い切り悪巧みして、思い切り叫んで・・・石丸さんに思い切り倍返しされたいと思います(笑)

濱田さん
大阪でやれるのをとても楽しみにしていました。あと2回、石丸さんのおでんの串にグサッと刺さるように頑張りたいです(石丸さんからは「刺しますっ」との返しがw)

石丸さん
東京でほぼひと月「倍返し」してまいりましたw。話も面白く変化してきたし、これを大阪で見せられるのが嬉しいです。まだまだ変化すると思います。名古屋でも博多でもすると思うので、よかったら私たちと一緒に…行きましょうよw。ありがとうございました。

とても和やかで楽しいトークショーでした。石丸さん、濱田さん、坂元さん、ありがとうございました!


主なキャスト
エドモン・ダンテス/モンテ・クリスト伯:石丸幹二、メルセデス:花總まり、モンデゴ:岡本健一、ヴィルフォール:石川禅、ダングラール:坂元健児、女海賊ルイザ:濱田めぐみ、ファリア神父:村井國夫、船主モレル:林アキラ、ジャコポ:岸祐二、アルベール:大川勇、ヴァランティーヌ:ジェイミー夏樹 ほか


以下、ネタバレを含む感想です。







Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2014/01/05 00:02 ] Musical観劇作品 | TB(-) | CM(-)

あけましておめでとうございます2014

2014年が明けました。

皆さま、あけましておめでとうございます。

2013年は、当ブログが一時期閉鎖状態になったし、10月は主人の転勤で大阪に引っ越してバタバタして更新できない日が多かったしと・・・何かとお騒がせいたしました。

それでも、舞台はかなりの数観れたと思います。14年ぶりのスクルージも観れた、才能ある若い役者さんにも出会えた、大好きな飯田洋輔くんの舞台も年末かなり観に行けた。観劇年としては、とても幸せな一年でした。

ドラマでは「あまちゃん」「半沢直樹」そして今放送中の「ごちそうさん」。盛り上がれる作品にも出会いました。

そして何より、拍手コメントを頂けたりメッセージ頂けたり・・・多くの方に支えていただきました。
本当にありがとうございました。

2014年も、また一人勝手に熱くなってるブログになると思われます…(汗)。閉鎖にならないように自制しつつw、マイペースに書いていこうと思います。

2013年の総括は1月中旬頃に書いていこうと思います。

この一年が皆様にとっても素晴らしい一年になりますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


2014.1.1 「エンタメ牧場」管理人 えりこ

ジャンル : その他
テーマ : ご挨拶

[ 2014/01/01 02:20 ] その他ひとこと | TB(-) | CM(-)