FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

『八犬伝』 3/26ソワレ

o0800060012474219317.jpg
コクーンで上演中の『八犬伝』
幸運にも恵まれ、実は24日にも観劇してしまい…今回で4回目。見るごとにサダヲさんの細かいアドリブが増えたりして本当に面白いです。キャストの皆さんの熱も上がっているし、テンポの良さや一体感も感じられる素敵なステージになっているのではないでしょうか。

この日は初めてのソワレ観劇だったのですが、客席からの反応もかなり良かったと思います。以前見たときよりも笑い声が大きかったような気がするし。客席の反応が良い舞台に出会えると嬉しいものです。
で、この日は先行で奇跡的にかなりの前方席が取れた日でして。役者さんの息遣いが直に感じられてテンションも上がりました。それに、和太鼓の迫力がすごすぎる!!ドンっと鳴るたびに体全体にその振動が伝わり、まるで舞台の上に上がっているかのような感覚になったほど。さらにすごいのは、その和太鼓に負けないくらいの熱気と前に出るセリフで魅了してくれた役者さんたち。和太鼓に決して負けてないところがスゴイです。特にサダヲさんはずーっと喋りっぱなしの役柄なのにもかかわらず、アドリブ飛ばしたり貫禄の存在感。圧倒されました!


主なキャスト
犬塚信乃:阿部サダヲ、犬川荘助:瀬戸康史、犬坂毛野:中村倫也、犬江親兵衛:太賀、犬村大角:近藤公園、犬飼現八:尾上寛之、犬山道節:津田寛治、犬田小文吾:辰巳智秋、浜路:二階堂ふみ、網乾左母二郎・里見義実:増沢望、亀篠・雛衣・伏姫:内田滋、ゝ大法師(金碗大輔):田辺誠一 ほか


以下、ネタバレを含んだ感想です。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 観劇

[ 2013/03/27 23:04 ] ストレート演劇 | TB(-) | CM(-)

『火怨・北の英雄~アテルイ伝~』 前篇

今年1月にBSで放送された歴史ドラマ『火怨・北の英雄~アテルイ伝~』が地上波で放送されています。BSから地上にドラマが降りてくることはよくありますが、アテルイ伝は最初から放送日がだいたい決まっていたためけっこう早かったと思います。

すでにBSで4回分見ているのですが、今回再編集しての放送ということで少し感想を書いてみたいと思います。

火怨・北の英雄 アテルイ伝 オリジナルサウンドトラック火怨・北の英雄 アテルイ伝 オリジナルサウンドトラック
TVサントラ 川井憲次

スザクミュージック 2013-02-27
売り上げランキング : 19335

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

音楽は2年前にBSで放送された「塚原朴伝」も担当していた川井さん。ところどころであのドラマを彷彿とさせるような古典的でダイナミックな曲調が多く、今回の世界観にも合っていたと思います。

まずはこのドラマのキャスティングですけど…、待ってました!と言いたくなるような組み合わせ!!

大沢たかおさん と 北村一輝さん

私の大好きな役者さんが2人…しかも仲間として共に行動することが多い設定!!いやぁ、放送前からテンション上がりました(笑)。
北村さんは大河ドラマ経験してますが、大沢さんはまだ役者デビューした時の1回しか経験ないんですよね(しかも1日か2日しか参加してなかったらしいし 汗)。これを機に大沢さんにも大河ドラマ長期出演の依頼が来ないかなぁなどと余計な期待をしてしまいますw。


以下追記へ



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ドラマ感想

[ 2013/03/26 15:24 ] 大沢たかおさん | TB(-) | CM(-)

『八犬伝』 3/13マチネ

743888917.jpg
2度目のコクーン劇場で上映中『八犬伝』を観に行ってきました!
前回観てから中2日くらいだったんですけど、テンポも良くなってたし全体的に熱さも増した素晴らしい舞台に進化していました!好きな役者も一気にたくさん見れるしw、本当に贅沢な舞台です。

で、前回迷った挙句に見送ってしまった田辺誠一さんデザインの「八犬伝オリジナルTシャツ」。各公演枚数限定販売ということだったので…今回は迷わずお買い上げ(笑)。

o0800060012460967273.jpg
表のデザインはこんな感じ。右端に映っているのはブゥじゃなくてですよ、www

o0800060012460965102.jpg
そして裏には"八犬伝"ということで犬が8匹並んでおりますw。下にずらズラっと書かれてるのはキャストとスタッフさんの名前。一番下の"しの ♡ はまじ"っていうのが可愛らしいw。そのさらに下には河原雅彦さんのイラストもあるんですが、これが一番似てるかも(笑)。
田辺画伯の素晴らしいイラストはツイッターでも大変話題になっているので(最近はくまモンにハマッているらしく、田辺さんらしいくまモンイラストが各所で大きな反響を呼んでますwww)、このTシャツをゲットできたのはなにげにラッキーかも。記念として大切に保管させていただきます。
ちなみに田辺さん、稽古着にくまモンTシャツを使っていたとは!!そんな姿を想像するとなんか、舞台に出てきた田辺さん見たら笑ってしまいそうで怖い(爆)←めっちゃシリアスな役柄なのにw。


主なキャスト
犬塚信乃:阿部サダヲ、犬川荘助:瀬戸康史、犬坂毛野:中村倫也、犬江親兵衛:太賀、犬村大角:近藤公園、犬飼現八:尾上寛之、犬山道節:津田寛治、犬田小文吾:辰巳智秋、浜路:二階堂ふみ、網乾左母二郎・里見義実:増沢望、亀篠・雛衣・伏姫:内田滋、ゝ大法師(金碗大輔):田辺誠一 ほか


以下、ネタバレを含んだ感想です。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 観劇

[ 2013/03/17 16:53 ] ストレート演劇 | TB(-) | CM(-)

『八犬伝』 3/10マチネ

742520320.jpg
シアターコクーンで上演されているM&Oplaysプロデュース『八犬伝』を観に行ってきました。

この公演、始まる前から本っ当に楽しみにしていまして…。というのも、キャストがビックリするほど私好みが揃ってるんですよ。

昨年のNHKドラマで一気にファンになった瀬戸康史くん
昨年の「RENT」でのロジャーの芝居が強烈に印象に残った中村倫也くん
ドラマ「ガラスの仮面」の速水真澄役を見てからずーっとファンだった田辺誠一さん
数年前の駄作大河の中で数少ない印象に残るキャラを演じてた太賀くん
渋い演技が光る増沢望さん
そして一度は生で見てみたかった阿部サダヲさん
などなど・・・

どうよ、この揃いっぷり!と言わんばかりのキャスティング!さらには脚本が私の好みと相性が合うことが多い青木豪さん!もうこの名前のラインナップ見ただけでテンションが激上がりしまして(笑)まさに個人的には奇跡の舞台って感じです。
なので、色々な伝手を使いましてwwチケット4回分も抑えてしまいました(爆)。

今回は初日開けて間もない頃の1回目。シアターコクーンは昨年秋以来でしたが、中2階からの観劇はものすごく久しぶり。前に一度当日券かなんかで立見席で中2階で見たことがありましたが座っては初めてだったかな。舞台との距離はかなり近いです。
が、サイド席になるので見切れるシーン多々あり(汗)。乗り出さないと見えないシーンとかけっこうあるわけですが、あまり乗り出すと隣の人に迷惑かもしれないし…ということでけっこう気を遣いつつな観劇でした。これ1回きりだったとしたら確実にストレスがあったかもしれないんですが、私の場合は残り3回あるという余裕があったので意外と平気だったかも。
それに、客席を使ったシーンがちょいちょい出てきたときにはかなーり間近で役者さんの表情が見えたりしてそれはそれで面白かったです。1階席のお客さんを見渡せるっていうのもできますし、見づらいながらもそれなりのメリットはありましたw。


主なキャスト
犬塚信乃:阿部サダヲ、犬川荘助:瀬戸康史、犬坂毛野:中村倫也、犬江親兵衛:太賀、犬村大角:近藤公園、犬飼現八:尾上寛之、犬山道節:津田寛治、犬田小文吾:辰巳智秋、浜路:二階堂ふみ、網乾左母二郎・里見義実:増沢望、亀篠・雛衣・伏姫:内田滋、ゝ大法師(金碗大輔):田辺誠一 ほか


以下、ネタバレを含んだ感想です。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 観劇

[ 2013/03/12 15:53 ] ストレート演劇 | TB(-) | CM(-)

映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』

映画館のポイントがたまっていたので、それを使って『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』を見に行ってきました。

すーちゃん まいちゃん さわ子さん
すーちゃん まいちゃん さわ子さんカサリンチュ+河野伸 矢野顕子 カサリンチュ

アリオラジャパン 2013-02-27
売り上げランキング : 1521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
カサリズム(初回生産限定盤)(DVD付) すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2) SUNNY DAY SYTLE 結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 (幻冬舎文庫) 東京家族 オリジナル・サウンドトラック


たいして大きな事件が起こったりするわけでもなく、スリリングなドラマが展開されるわけでもなく、どちらかというと普通の日常を描いている作品。かつてアルバイトで出会った三人がお互いにいい距離感を保ちながら、それぞれの悩みと向き合い前を向いていく物語。
この作品は、大きなスクリーン向けではなくてミニシアターみたいなところで上映するのがちょうどいいかもしれないなと思いました。働いている女性に特に共感される部分が多いかも。職場にもまれて心が疲れてしまった時にこの作品を見て「あぁ、そうそう、分かる!」みたいに想いを共感して癒されていく・・・みたいな。人によってはヒーリング効果のある映画かもしれないなと思いました。

私が一番共感しやすかったのはやはり、柴咲コウさんが演じてたすーちゃんかなぁ。環境とかは違うけど、あるときフッと心が孤独になって泣きたくなる瞬間があるっていうシーンはものすごくよく分かると思ってしまった。差して何か大きな出来事があって哀しいわけじゃないんだけど、時折ふっと心に穴が空くような感じ。そういう時って、他人がものすごく輝いて見えたりする。あの感覚はものすごくよく理解できる。
クライマックスで、すーちゃんが疲れた心を癒すようにヘリコプターから夜景を眺めるシーンがあるのですが…その時の柴咲さんの表情がとても良くて。なんか見ていて自然と涙が零れてしまいました。

恋に関しては3人ともすごく男運が悪い(笑)。一番気の毒だと思ったのはさわ子さんのパターンだったな。久しぶりに再会した友人と恋愛関係になってデートして気持ちも盛り上がるんだけど、その頂点になったときに男性から信じられないような言葉を言われてしまう。あれはキツいよなぁ…と思わずさわ子さんに感情移入してしまった。
彼女は介護もあったりして自由な時間がなかなかできず、そこにストレスを抱えていたりしたわけで、つい恋愛に心が揺れてしまったんだと思うのですが、早めに相手の本性が見えてよかったなと思ったよ(汗)。彼女もそれなりに傷ついたりストレスがあったりするわけだけど、どちらかというと、3人の中では一番心が安定していて幸せを感じやすかったのはさわ子さんじゃないかなと思いました。

まいちゃんはキャリアウーマン。上司の尻拭いをさせられたり後輩のキツイ一言一言にいらついたりとストレスがたまる一方。得意先に謝罪に行ったときにお辞儀をしながらストレッチっていうのは思わず吹きましたが(笑)。
そんな彼女が最終的に選んだ道はちょっと意外な感じがしました。しかし、その選んだ道とは違う人生もあったのではと悩み切なくなる気持ちはなんかわかる気がしたな。写真館の帰り道に「かつての自分」に対して静かに別れを告げるシーンが印象的でした。

で、いまさらですが、なんでこの映画見たかというと…井浦新さんが予告編で見たときに可愛いなと思ったからです(笑)。
新さんはすーちゃんがほのかな恋心を寄せる中田マネージャー役。彼もなんとなくすーちゃんにアプローチをかけていたりして、傍から見るとお似合いみたいに見えるんですが…まさかねぇ(汗)。なんともあの煮え切らないような感じが新さんにしてはけっこう珍しい役柄だなと思いました。オドオドしてる姿とか、なんか、実際にやられたらイラッとくるかもしれないんだけど、新さんが演じてると可愛いんですよ(笑)。
一番萌えたのは幼稚園児に襲撃されてオタオタしてるシーンかなw。あれは新さんファン必見かも!?これが見られただけでも映画館に来てよかったと思ったので(笑)。あと、今となっては懐かしい短髪な新さん!個人的にはやはり中田マネージャーのような短髪青年が好きだなぁ。早く切らないかなぁ、なんて(爆)。

そうそう、「ちりとてちん」のA子こと佐藤めぐみさんもけっこう重要な役で出てました。この映画の中ではちょっと嫌な子って感じかな(汗)。表はすごく良い子を演じてるんだけど腹の中ではけっこうしたたか、みたいなww。ブラックA子か!とか一人ツッコミww。
さわ子さんを演じた寺島しのぶさんはちょっとふっくらした感じだったから妊娠中だったのかな。真木よう子さんは相変わらずスタイル抜群の美人さんでした。

この映画って、ホッコリできる人はできるんだろうけど・・・逆にシンドイって感じてしまう人もいるだろうな。ホンワカしているんだけど、ちょっと見る人を選ぶ作品かもとも思いました。



ジャンル : 映画
テーマ : 邦画

[ 2013/03/07 16:14 ] 映画鑑賞作品 | TB(-) | CM(-)

風琴工房『国語の時間』 2/28千穐楽

738014542.jpg
座・高円寺で上演された風琴工房の舞台『国語の時間』を観に行ってきました。高円寺に行くのは今回が初めてだったので、かなり遠いイメージが合ったのですが…乗り継ぎが上手くいけば意外とそうでもないことが分かりましたw。
小屋はとても小規模な…下北沢の劇場のようなものをイメージしていたんですけど、予想外に立派な建物でこれまたビックリ。まだできてそんなに日が経っていない感じ?ロビーがとにかく広かった!2つの劇場があるようで、「国語の時間」は1階のほうで上演されていました。

今回この作品を観に行くことにしたのは・・・ズバリ加藤虎ノ介くんが出演(しかも主役)するからです。昨年は大河ドラマも入っていたせいか舞台が1本もなかったので今回2年ぶりの登場ということに。ちなみに今年は9月にも舞台がもう1本決まっているようですね。昨年舞台出れなかったからかな。もともとは舞台役者さんですから(解散してしまったけど升毅さんのMotherという劇団出身)こうしてコンスタントに舞台が決まってくれることは観劇好きな私としては嬉しいところです。
ただ今回の舞台、東京のみの上演で…しかも1週間しかやっていない(汗)。関東圏以外の虎ノ介くんファンの方にとってはかなり厳しいスケジュールになってしまったのではないでしょうか。せめてあと3日くらい多くあればなぁ。かくいう私は関東圏ではありますが、予定をどこに入れようかかなり迷いまして…図らずも千穐楽のみのエントリーになってしまいました。

ちなみに、千穐楽ということもあり多くの虎ノ介くんファンの皆さんと久しぶりにお会いすることができました。観劇後には色んなトークで盛り上がり(虎ちゃんの話題から清盛の話題まで多岐にわたるww)本当に楽しかったです。ありがとうございました。
お会いできなかった方もいらっしゃいますが、また次の機会にぜひ。


さて、舞台のほうですが…いやぁ、終わった後ぐったり(汗)。まっさらな気持ちで観ようと思ったので前知識などほとんど入れずに臨んだわけですが…最初の10分くらいはどこのどんな出来事をやろうとしているのか掴めなかった。私の思考能力がかなり弱っていたのだろうか(爆)。しばらくして、ようやくテーマが見えて"あぁ、なるほど"と合点したわけですが…時代背景、人々の抱えている問題、そのすべてがズッシリ重かった。こりゃ大変なテーマの舞台を観に来てしまったぞと(苦笑)。
「国語の時間」の"国語"というのは単なる授業で行うものではないんですよね。国…すなわち、日本。時代は戦中。舞台は朝鮮半島でのとある学校の教室の出来事。その環境下で巻き起こる事件、思想、などなど…。終わった後は脳がしびれて心にずっしり重い課題を突き付けられたような気持ちにさせられグッタリでした(汗)。

だけど、過去の虎ちゃん舞台から比べてみると…今回の舞台作品は個人的に嫌悪感のあるものではありません。というよりも、とても興味深い題材だった。ストーリーもしっかりしているし人々の感情の動きに同調したりできて自分の中でいろんな感情が動いた。そういう作品は私は嫌いではない。


キャスト
甲斐壮一郎:加藤虎ノ介、柳京子:中村ゆり、根岸虎雄:栗原茂、張本英紀:佐藤拓之、丸尾仁:松田洋治、千代田慎吾:斉藤悠、木ノ下公平:酒巻誉洋、丸尾哲:大政凜、伊東君代:清水穂奈美、金村尚之助:仗桐安、日野さだ:峯岸のり子


以下、ネタバレなど含んだ感想です。




Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 観劇

[ 2013/03/02 00:31 ] ストレート演劇 | TB(-) | CM(-)

再開します

2月いっぱいブログのほうをほぼ閉鎖状態にしていましたが、今月からまた細々と再開しようと思います。

ネット生活は長い方だと思うのですが、今回はけっこう私の心が痛む出来事がありまして・・・。でも、当ブログは私にしては珍しく長く続けているので完全閉鎖にはしたくありませんでした。そのための処置として、1か月間のお休みをいただいていました。

あれから時間も経ちましたし、気持ちも多少は落ち着きましたので今回全体公開に踏み切りました。

ただ、一部記事は当面パスワード制にさせていただきたいと思います。パスワードはすべての方にお伝えするとは限りませんのでご注意ください。お名前と、当ブログに関するコメントをいただける方のみお知らせしようと思っています。この件で色々ありましたので…ご面倒だと思いますが、どうかお察しください。

なお、閉鎖中の2月も実は少し記事を書き溜めていました。大したことは書いていませんが(汗)、もし興味がありましたら2月記事からご覧ください。


楽しみにしていただいていた皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしました。本当に本当に申し訳ありませんでした

今後もマイペースに好き勝手書いていくと思いますが(汗)、また気が向くことがありましたらお立ち寄りいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

※各ブログ記事へコメントをお寄せくださる場合は「拍手」ボタンをクリックしてください


2013.3.1 エンタメ牧場管理人 えりこ


ジャンル : その他
テーマ : お知らせ、その他。

[ 2013/03/01 14:27 ] その他ひとこと | TB(-) | CM(-)