FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ろくでなし啄木』 1/22マチネ

228780362.jpg
東京芸術劇場で上演された『ろくでなし啄木』を観に行ってきました。今回の作品は三谷幸喜さん生誕50周年記念企画の第一弾だそうで、チケット確保が非常に厳しい演目だったようなのですが友達が取ってくれまして一緒に行くことができました。感謝です、どうもありがとう!三谷作品はいつも大盛況ですからねぇ。
三谷さんの演劇作品といえばほとんどが渋谷のPARCO劇場で上演されてきましたが、今回は東京芸術劇場の芸術監督である野田秀樹さんのご好意もありこちらの劇場に決まったそうです。野田さんと三谷さんの接点といえば…、そう、私が熱狂的に見入っていた2004年の大河ドラマ『新選組!』がご縁。あの時野田さんは勝海舟を演じられていましたが、三谷さんたっての希望での配役だったそうです。

今回の出演者は藤原竜也くん、中村勘太郎くん、吹石一恵さんの3人。この3人と三谷さんの接点はといえば…やっぱり『新選組!』です。あの大河ドラマで撮影中に藤原君たちがたびたび現場に顔を出していた三谷さんに"何かやりましょうよ!"と何度もプッシュしていたのが始まりだったというから驚き。組!がなければ今回の演目は生まれていなかったということになります。足掛け6年ちょっとでようやく実現したんですねぇ。
ちなみに藤原君は今回の舞台実現に関して所属事務所に働きかけていたんだとか。勘太郎君もこの時期は毎年浅草歌舞伎公演に出ていましたがこの公演を優先させていますしね。色々な人の熱い想いが結集して今回の舞台は成立したんだなと思うとなんだかちょっと感慨深いものがあります。『新選組!』は本当に色々なものを残してくれたんだなぁと…。

NHK大河ドラマ 新選組 ! スペシャル DVD-BOX
NHK大河ドラマ 新選組 ! スペシャル DVD-BOX三谷幸喜

アミューズソフトエンタテインメント 2005-03-25
売り上げランキング : 2754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
新選組!! 土方歳三最期の一日 [DVD] 新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX 新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX 土方歳三―新選組の組織者 (KAWADE夢ムック) 新撰組顛末記 (新人物文庫)


東京芸術劇場に行くのは久しぶり。池袋じたい遠いのでなかなか足が向きませんが(汗)個人的には好きな劇場です。今回少し後ろの上手サイド席ではありましたがオペラグラスがなくてもけっこうよく見えました。
開演5分前くらいに劇場の諸注意が放送されるのですが、これを担当していたのが三谷さんと野田さん。様々なシチュエーションの中での注意を言っていくのですが、ことごとく三谷さんがボケて野田さんがツッコミを入れるといった…ちょっとしたコント放送になってた(笑)。


出演者
石川一(啄木):藤原竜也、テツ:中村勘太郎、トミ:吹石一恵


以下、ネタバレありの感想になります



Read More

スポンサーサイト

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 観劇

[ 2011/01/26 23:03 ] ストレート演劇 | TB(-) | CM(0)

『新春浅草歌舞伎』第一部 1/16

o0800045010986482141.jpg
浅草公会堂で行われている『新春浅草歌舞伎』に今年も行ってまいりました。
これまでは第一部と第二部の両方を観てきましたが、今回はちょっと節約という意味もあり(汗)第一部のみ…しかも一番安い3階席からの観劇となりました。

客席は盛況のようで、狭いロビーに人がごった返してました。舞台写真も発売されていたのでいくつかお買い上げ(←ほとんど愛之助さん関連ですけど 笑)。今回は昨年公演した出演役者の写真まで発売されていてちょっとビックリしました。南座での愛之助さんの『外郎売』曽我五郎もありましたよ。興味のある方は是非。ちなみに愛之助さんのアップのプロマイドだけは売り切れ御免になってた。やはり今年も大人気。
舞台写真のほかに番附とポストカードもお買い上げ。なんだかんだで浅草歌舞伎に来るとついつい散財してしまいます(苦笑)。でも今年のも内容が充実していてなかなかカッコイイ!

今回はいつも参加していた中村勘太郎くんと市川男女蔵さんが他公演があるということで不参加。浅草歌舞伎に彼らがいないのはちょっと寂しかったかな…。
主要メンバーは市川亀治郎くん、片岡愛之助さん、中村亀鶴さん、中村七之助くん。新たに参加していたのが市川春猿さん、市川笑三郎さん、坂東新悟くん、市川寿猿さんです。私は一部のみの観劇だったのでこの中で見れたのは新悟くんだけでした。春猿さんも久しぶりにちょっと観たかったかも(ヒストリアに出てきたのは見ましたが 笑)


以下、浅草歌舞伎の簡単な感想です。


Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 歌舞伎

[ 2011/01/20 18:01 ] 古典芸能関連 | TB(-) | CM(0)

ミュージカル『アンナ・カレーニナ』 1/13ソワレ

当記事は移転しました。
お手数ですが、以下のサイトまで移動願います。






ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2011/01/18 18:41 ] Musical観劇作品 | TB(-) | CM(-)

『てっぱん』第91回 危険なふたり!?

今週の『てっぱん』は小夜子さんの幸せ探しみたいなテーマでした。神田さんがずっと好きだったと告白しながらも振られてしまう展開は切なかったし、社長が「ぼく、むっちゃ嬉しいねんで」と切ない気持ちを抑えて小夜子の恋を応援するシーンもホロリときましたねぇ。今週はなかなか個人的にいいストーリーだったと思います。

で、今回は小夜子さんの代わりとして浜勝にはなんと職にあぶれていた根本さんが入社!まさか根本さんがかつお節屋に就職するとは思わなかったよ(笑)。かなーり元気に張り切っていたようですが、根本さんの仕事って力仕事中心になっていくんですかねぇ?たしか小夜子さは経理とかを担当していたはずだけど…それは社長さんが頑張るの?なんとなく無理なような気が…(汗)。

小夜子さんは正式に有馬さんと婚約を交わし、おのみっちゃんでお祝いの宴。でもまだ想いが残っている神田さんは複雑な心境だろうね。それでもその気持ちを押し殺して有馬さんに小夜子さんを託すたぁ、男だねぇ!頑張れ、神田さんっ。得意のオヤジギャグでこの苦境を乗り切れ。有馬さんも懐の大きな大人の男って感じで好感が持てました。小夜子さん、幸せにしてくれそう。
ちなみに前回食べていたロールキャベツ、とっても美味しそうでしたが…あれって小夜子さんの手料理とは言えないのではないかと…(苦笑)。彼女は確かキャベツ巻いただけのような…。味付けとかは全部初音さんがやってましたよねぇ。神田さんはそれを知っているのだろうか…とか余計なことが頭を過ぎった(←今さらだけど 笑)

で、今回の一番の注目点は駅伝くんコーチのやたら怪しいシーンですよ(爆)。根本さんは浜勝での第一日目を終えて筋肉痛になったらしく、それを滝沢くんにほぐしてもらっているらしいのですが…絵的に非常に危険な演出じゃなかったか!?
田中荘の住人がみんなで駅伝くんの部屋の外からその様子に聞き耳を立てている。中から聞こえてくるのは根本コーチの「あー」とか「そこそこ」とか「うーー」とかいう声…。外から聞いて誰も怪しい想像をした人はいなかったんだろうかとか余計な心配が(爆)。民男くんに聞かせていいのか!?コーチの声、やたら妖しかったんですけど(笑)。
っていうか、根本さん、真っ先に家に帰れよ(爆)。奥さんに揉み解してもらいなさいなっ!愛想つかされるんじゃないかと本気で心配になるよ。本当のところ、根本さん、滝沢くんに別の感情抱き始めてるんじゃなかろうな(爆)。朝っぱらからその展開はないと思うけどねw。

小夜子さんの旅立ちよりも、根本・滝沢のなんとも微妙なシーンのほうが色濃く頭に刻まれてしまった(爆)。

ちなみに滝沢くんは再び陸上への気持ちを取り戻した模様。今度はマラソンに挑戦するようです。あかりのあの何とも能天気な反応がちょっと鼻につきましたけど…駅伝くん改めマラソン君の将来は応援してるぞ!
そういえば最近、滝沢を演じてる長田くんの人気が上がっているようですね。ブログの検索ワードも彼の名前がかなり上位にきています。今後の活躍に期待。




ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率

[ 2011/01/16 00:01 ] 朝ドラ てっぱん | TB(-) | CM(2)

愛之助さん、休演…

今日はハシゴ観劇をしていてほぼ半日外出していたのですが(そのレポは近日中にアップします)、その最中、友人が「愛ちゃんが大変らしい」と知らせてくれてビックリしました。

13日公演から片岡愛之助さん、体調不良により浅草歌舞伎を休演

とのこと…。それに伴い、明日予定されていた「あさイチ」でのプレミアムトークのゲスト出演もなくなってしまいました…。

ここまで約7年間ほぼ休みなく走り続けてきた愛之助さん、これはきっと、天から「少し休め」と言われたんだろうなと思うことにします…。お医者さんからのドクターストップがかかってのことということで、よほど具合が悪かったんだろうなと思うと胸が痛む(涙)。
昨年末の突然の代役騒動…あれが予想以上に愛之助さんに負担をかけていたんじゃないだろうか。舞台中の休演というのは役者にとってとても辛いことだと聞いています。愛之助さんがこのことであまり自分を責められませんように…。

私は16日に予定していますが…たぶん愛之助さんは復帰できないだろうな…。お年玉挨拶もあって楽しみだったんだけど…こればかりは仕方がないです。亀ちゃんたちがその分たくさん頑張っているだろうし、予定通り観劇に行こうと思います。でもやっぱり寂しいな…。

一日も早く、愛之助さんが元気に舞台に復帰されますように。今はゆっくり養生してほしいと思います。


※追記
15日公演から復帰するということで、どうやら16日には愛之助さんの舞台が見れそうです。大事に至らなくてよかった…。あさイチにもいつか出てほしいなぁ…



[ 2011/01/13 23:54 ] 片岡愛之助さん | TB(-) | CM(2)

2010年演劇関連ベスト5

2010年はこれまでの私の観劇人生の中で一番劇場に足を運んだ年だったかもしれません…。結婚前の回数越えたんで(爆)。作品と言うよりかは"人"に魅せられた観劇年だったような気がします。

観劇した作品は以下の通り。

ミュージカル
ウーマンインホワイト、King of the Blue、蜘蛛女のキス、アイーダ(四季)、それぞれのコンサート、ディートリッヒ、戯伝写楽、ニューブレインコンサート、美女と野獣(四季)、エリザベート、ガラスの仮面、ウィキッド(四季)、ソング&ダンス(四季)、RENT、ワンダフルタウン、ファントム、モーツァルト!、ゴッドスペル

ストレートプレイ・歌舞伎
新春浅草歌舞伎、染模様恩愛御書、ムサシ、私の頭の中の消しゴム、鳴神、ラヴレターズ、くちづけ(セレソン)、エネミィ、スリーベルズ、ロックンロール、宝塚BOYS、タンブリング、F.+2、花の武将・前田慶次、ジョアンナ、吉例顔見世興行

各作品の行った回数は数えると恐ろしいことになりそうなので割愛(特にアイーダとソンダン… 爆)。ちなみに、これらの作品感想は全て当ブログにてレポートしてあります。自分でもよくこれだけの作品感想書けたなとちょっと驚きだったりして…(笑)。興味がありましたら探ってみてください。

追記以下に2010年の個人的ベスト5作品と役者さんについて少し挙げてみようと思います。あくまでも
私個人の勝手な…独断と偏見によるランキング
なのであしからず。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 観劇

[ 2011/01/12 06:52 ] Musicalな話題 | TB(-) | CM(4)

12月の拍手御礼

新年が明けて10日以上経ちました。皆さん、いかがお過ごしですか?年末からぐっと気温も低くなり暖房をつけなければ過ごせない日々が続いてます(苦笑)。
私の近況といたしましては…昨年夏に挫折したウォーキング&ランニングを再び再開させております。というのも、今年の春先までにはなんとしてももう少し痩せなければいけない事情ができまして(汗)。いや、そのイベントに参加できればの話ではありますけど…万一当選したら…ねぇ…みたいな。今のところ大きな体重の変化がないので不安ですが(爆)運動しやすい気候ではあるので何とか頑張りたいと思います。

エンタメ関連としましては…ドラマは今のところ1月期はNHKオンリーになりそう。民放で見たいと思う作品がなかなかなくてねぇ。ただ、石丸さんが第3回から出演するらしいやつはチェックしようかなとは思ってます。舞台は既に「美女と野獣」を突発で行ってしまいましたが(笑)、1月は「銀河英雄伝説」「アンナ・カレーニナ」のダブル観劇w、「新春浅草歌舞伎・第一部」、「ろくでなし啄木」の4本を予定しています。BB突発も視野に入れてましたが飯田君が外れてしまったのでしばらくまた四季からは遠ざかりそう(苦笑)。またビーストで戻ってきてね、飯田君!
ちなみに2月以降の舞台予定は今のところ1本も入っておりません(汗)。

そんなこんなではありますが、皆様、今年もどうぞよろしくお願いします。


さて、昨年12月もたくさんの拍手ボタンクリック&コメントありがとうございました。
よろしければ1月もどうぞよろしくお願いします。表コメントもお待ちしていますね♪

以下、12月10日から1月7日にいただきました拍手コメントに対するお返事です。なお鍵付きコメントを下さった方もお名前とコメント返しを掲載させて頂いています。もしも問題がありましたらメッセージ欄からお知らせください。アルファベット表記にさせていただきます。



Read More

[ 2011/01/11 16:20 ] その他ひとこと | TB(-) | CM(-)

劇団四季『美女と野獣』 1/8ソワレ

o0800045010970508893.jpg
2010年最後の観劇が劇団四季の『美女と野獣』でしたが、くしくも2011年最初の観劇も劇団四季の『美女と野獣』になりました(笑)。
この日の観劇は前日昼まで全く予定に入れてなくて…夕刻"そろそろ何か行きたいな"と某チケットサイトを覗いた時にタイミングよく良席が出ていてゲットできたという、新年早々ものすごい突発でございました(汗)。そんなわけで予定よりも早く新年初観劇の日を迎えることに。昨年は本当に狂ったように四季通いをしてしまったので(爆)今年は四季は控えるぞ…、と思った傍からこれですからね(苦笑)。でもやっぱり会いたかったのだ、飯田ビーストに~~。

で、譲っていただけた座席というのが…なんと、センターゾーンの最前列!以前前から2列目でもビックリしたのに新年早々の最前列に仰天ですよ。超突発の観劇だったのに突然のこの良席がゲットできてしまったとは…これで一年の運が終わったかもとさえ思ってしまう(汗)。
この演目は火花やらドライアイスやらがかなり多く登場してくるんですが、最前列だともろにその恩恵を被りますねぇ。幕開き早々プロローグ場面のドライアイスなんか本当に津波のように浴びましたよ(笑)。さらには1幕のクライマックスもすごい。雲海の中から飯田ビーストを見上げているような感覚。目の前には役者さんしかいないわけで直にくるんですよね。そのせいか、自分も舞台の上の一員になったかのようなありえない錯覚まで起こってしまったという(爆)。
それからやっぱり最前列だとふとした瞬間に役者さんと目が合うかのような錯覚も起こるわけで。特によくガストンに殴られて倒れる赤間ルフウとは視線がぶつかるような感覚に陥ることが多かった(笑)。それとカーテンコールの時にふっと飯田くんとも目が合ったような錯覚もあり思わずドキリとしてしまった(爆)。
あとは!間近で見ると皆さん本当に汗をにじませての熱演ですよ。特にガストンの酒場シーンは皆さんすごい汗かいてました。何気ない動作に見えてもあれってかなり体力使ってますよね。改めてそのすごさを実感してしまった。

と、新年早々にこんな贅沢な観劇をしてしまっていいんだろうか(汗)。ただ、あんな良席にもマナーがあまりよくないお客さんがいたもので…。それだけが残念だったなぁ。観劇態度が悪くてビックリしちゃったよ。2幕からはいなくなったのでホッとしたけど、微妙に空いた良席の空間がなんだか役者さんに申し訳ないなと思ってしまい少し哀しかった…。


主な出演者
ビースト:飯田洋輔、ベル:鳥原如未、モリース:石波義人、ガストン:田島亨祐、ルミエール:道口瑞之、ルフウ:赤間清人、コッグスワース:吉谷昭雄、ミセス・ポット:遠藤珠生、タンス夫人:織笠里佳子、バベット:長寿真世、ムシュー・ダルク:川原信弘、チップ:牧野友紀


以下、ネタバレ含んだキャスト中心感想です。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 劇団四季

[ 2011/01/09 17:35 ] 美女と野獣(四季) | TB(-) | CM(-)

『てっぱん』第85回 駅伝くんの涙

久しぶりの『てっぱん』感想になります。実は11月後半から12月にかけての"おのみっちゃん"開店前後の話あたりからどうも展開が肌に合わなくなってきて…クリスマス前の2週分は録画を消したくらいでした(爆)。なんていうか…あかりの行動や言動がどうも共感できないことが多くなってしまってねぇ…。
しかしながら、店が落ち着いてきたクリスマスのストーリーあたりからだんだん待ってましたの駅伝くんにスポットが当たりだしまして、見るテンションが上がってきました(笑)。

いつも自分のことを考えて一緒に走ってくれた根本コーチのためにと広島駅伝に向けてハードトレーニングをしてきた滝沢くん。ところが、古傷が再発しても無理をし続けたことがたたり出場辞退するという最悪の結果に…。「滝沢が走れなくなったのは自分のせいや」と自分を責めてる根本コーチが痛々しいわ(涙)。自分の家族を犠牲にしてまで滝沢くんに入れ込んできただけにねぇ…。
そして…自己管理不足といえばそれまでかもしれないけれども、不器用に真っ直ぐ必死に頑張ってきた滝沢くん。自分を支えてくれた根本コーチと、自分を応援してくれている人たちのためにもどうしても走りたかったんだよね。それだけに出場できなくなってしまったことは誰よりも辛くて悔しいはず。

しかしながら、他人の前では自分の本心をほとんど出さない駅伝くん。レースの当日もいつもどおりのローテンションで食卓へ。あかりの提案でその日の朝食には滝沢くんの故郷のお雑煮が出されます。はまぐりとあなごが入ったお雑煮って…兵庫あたりかな。全国で色んな味があるみたいですね。
「お前が作ったんか?」とあかりに尋ねてましたが、それを聞くって事は…期待してたのか!?なにげにあのクリスマス会から駅伝くんの心があかりにシフトしてきてるような気がしますなぁ。まぁ、あれだけ自分のことを親身になって考えてくれてたら気持ちも揺らぐかなぁ。まったく何も思ってなければウザイだけですけど(爆)。
お雑煮を食べている時の滝沢君はけっこう前向きな様子。みんなの前では心配かけたくないって思ってるんだろうね。それだけにちょっと痛々しい気がした。たしかに根本コーチの言うとおり以前よりも周りが見えるようになっている気がする。走らせてあげたかったなぁ…。

おのみっちゃんにはいつもの面々が集まって滝沢君が出場するはずだった駅伝中継を見ている。ちょうどお休みタイムだったのかな。岩崎先生も何気にいつもいるよね(笑)。大阪は最終区の時点で40位らしい。そういえば滝沢くん、いつも一人で走って練習してたけど他のメンバーとはいつ合流してたのだろうか…駅伝ってチームプレーでもあるんだよね?(←そこツッコミいれちゃダメか 苦笑)
「コーチの出番じゃないな」とあかりに滝沢を励ましてほしいと暗に合図を送る根本さん。いや、あかりは滝沢君の彼女じゃないし根本さんが傍に行ってあげてもいい気がしますけど…(苦笑)。さらにはあかりに片想い中の浜勝の社長さんも後押ししてしまい…あぁぁ~。浜野さん、ホントは行ってほしくないだろうにねぇ。

以前、尾道焼きをまた食べたいと言っていた滝沢くんの元へあかりは尾道焼き豚玉を持っていく。その時に彼が聞いていたのは音楽ではなく駅伝中継「あほやろ、関係ないのに…」とぶっきらぼうに語りつつもう一方のイヤホンを明かりに渡す滝沢くん。自分が出るはずだったレースを一人で聞いているよりも、きっと、自分を変えてくれたと思い始めているあかりと一緒に聞きたかったんだろうね。「どっかのお節介焼きに自分の走りを見てほしかった」というのが素直な気持ち。うーーん、これは、駅伝くん、かなり気持ちがあかりに向いてますな。
滝沢君が出ていない駅伝中継を尾道の村上家でも見入っています。「見届けるんじゃ」と滝沢が出ていたであろう中継を見入っている欽兄ぃが優しくて好きだなぁ。欽也は滝沢君のこと親友のように思ってるのかも。田中荘でもみんなそれぞれ中継を見ている。大阪を応援するどころの心境じゃないよなぁ。

落ち込んだ気持ちを必死に押し込めて尾道焼きを食べる滝沢君が切ない…。そんな時、あかりは「大丈夫、うちには見えとる…見えとるよ!」と笑顔で滝沢くんがタスキをかけて走っている姿を想いながら語りかける。トランペットのマウスピースをくわえ、まるで彼を励ますように吹き続けるあかり。初音の耳にも、店で観戦していた人たちの耳にもその音は「大丈夫」と言っているように聞こえている。浜野さんがますます自分の不利を感じて複雑な心境になっているのを岩崎先生がポンポンと励ましていた姿が印象的だった。あのさりげない優しさが好きだ!
そして…あかりの吹くマウスピースの音に、滝沢君は堪えていた気持ちがついに表に出てしまうんですね。

今まで抑えてきた気持ちが溢れ出し涙する駅伝くん(涙)

駅伝くんが涙する日が来るなんて…。切ない、切ないわ~~…。誰よりも走りたかっただろうし悔しかっただろうね。抑えても抑えても溢れてくる涙。思わずホロッともらい泣きしてしまったよ…(涙)。尾道焼きを食べながらも涙が止まらなくなってしまった滝沢くんが切なすぎる…。

あかりとの恋愛っていう点ではあまり興味ないけど、駅伝くんの今後の未来は応援したいぞ!頑張れ駅伝くん!辛いことがあった後にはきっと明るい明日が待ってるよ。これからも駅伝くん視線で(笑)「てっぱん」見ていくことを改めて思った土曜日でした。

またテンションが上がって気が向いたら「てっぱん」感想書いてきます。



ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 瀧本美織 てっぱん 朝ドラ あらすじ 視聴率

[ 2011/01/08 12:27 ] 朝ドラ てっぱん | TB(-) | CM(2)

2010年ドラマ関連ベスト5

2010年中盤から後半にかけては舞台観劇が連続して重なっていたため(爆)ほとんどドラマの感想を書くことができませんでしたが、録画しつつけっこう色々な作品を見てきました。昨年は個人的ベスト5記事を挙げられなかったので今回は久しぶりに書いてみようと思います。

あくまでも、私個人の勝手な感情による順位ですのでその点ご了承くださいませ。


第1位 『龍馬伝』 NHK

NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]
NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2010-09-22
売り上げランキング : 2653

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX2 (season2) NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―3(season3) [DVD] NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―4(season4) [DVD] NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2 NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.3

これはもう、個人的にはダントツでした。史実との相違点など色々あったようですが、ドラマとしては全体的に約一年間本当に堪能させて頂きました。大河ドラマでこんなに毎回のように涙腺壊された作品って今までにそんななかったような気がします。前年に放送されていた「JIN」での内野@龍馬が非常に魅力的だったので大河での福山@龍馬は果たしてどうなるのかと放送前は不安がありましたが(汗)、かなり健闘されたのではないでしょうか。ちなみに、私がこのドラマで特に深く印象に残ったキャラは大森@半平太と大泉@長次郎だったかな。この二人には後半本当に泣かされました(涙)。
それから、忘れてはいけないのが佐藤直紀さんの音楽です!!心の琴線に触れるような名曲ぞろいで何度胸震わされたか分かりません。「謳歌」「想望」「これあらた」は名曲中の名曲だと思います。


第2位 『タンブリング』 TBS系

タンブリング コンプリートBOX [DVD]
タンブリング コンプリートBOX [DVD]
TCエンタテインメント 2010-09-03
売り上げランキング : 3929

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タンブリング ~初回2時間スペシャル・エディション~ [DVD] 舞台 タンブリング [DVD] bino! Vol.8 (SOFTBANK MOOK) 夏どこ2010-D-BOYS大運動会- [DVD] 夏どこ2010-D-BOYSフットサルワールドカップ- [DVD]

視聴率的には苦戦したようですが(苦笑)素直に面白かったです。かなりハマって見てしまった。ストーリーも単純明快で面白かったし、ベタなようだったけどキャラクターそれぞれに隠されていたドラマが感動的でウルッとくることも何度かありました。一番記憶に残ったのはやっぱり大東くんが演じてた木山だったかな。過去のトラウマに苦しんでいた彼が仲間と接していくうちに心を開いていく過程がとてもよかった。
そんな木山が成長した姿が舞台化され…2回も見てしまったよ(笑)。事故から復帰してすぐの舞台だったけど大東くんはすごく頑張ってた。舞台に向いているなと思ったら今年は色々と舞台作品のオファーがあるようで楽しみ(チケット取れなさそうだけど 苦笑)


第3位 『モリのアサガオ』 テレビ東京系

モリのアサガオ BOX [DVD]モリのアサガオ BOX [DVD]

角川映画 2011-02-25
売り上げランキング : 26204

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マンガが原作の死刑を扱ったドラマで、非常に重いテーマの作品ではありましたが…毎回かなり夢中になって見入ってました。辛いシーンや考えさせられるシーンがたくさん出てきましたが、人間関係のドラマがとても繊細に描かれていて後半は涙無しには見られなかったです。死刑制度についての是非を問いかけるといった内容というよりかはその立場におかれた人々の心の動きを魅せる作品だったと思います。このドラマも制度についての良し悪しは語っていなかったし。
悲劇の死刑囚・渡瀬満を演じたARATAさんが特に素晴らしかった!後半のあの鬼気迫る心身ともにすり減らしたような芝居は圧巻でした。


第4位 『853〜刑事・加茂伸之介』 テレビ朝日系

853-刑事・加茂伸之介 DVD-BOX(仮)853-刑事・加茂伸之介 DVD-BOX(仮)

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2010-07-21
売り上げランキング : 20168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あまり話題には上らなかった刑事ドラマではありましたが(汗)とても面白かったです。8回だけしかなかったのが残念!相棒を卒業した寺脇さんがやたら熱い突っ走り系の刑事を熱演。それを冷たい目で見ていた周囲が徐々に影響されていくといったベタな展開ではありましたが(笑)単純明快で楽しめました。NACSのシゲくんがクールな刑事を熱演してたのもよかった!それに、田辺誠一さんがやたらカッコよかった(←明智中五郎とは真反対のキャラ 笑)


第5位 『臨場 season2』 テレビ朝日系

臨場 続章 BOX [DVD]臨場 続章 BOX [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2010-10-21
売り上げランキング : 5419

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「俺のとは違うなぁ」でお馴染みの倉石検視官を描いたドラマの続編。非常に丁寧なつくりで今回も魅せられました。また第3弾も予定していると聞いていますが…色々とあったので(汗)実現するのかどうか不安です(爆)。


そのほかにも「日本人の知らない日本語」「小田霧響子の嘘」なんかもかなり楽しんで見てました。ちなみに見てすぐに脱落したドラマが…「土俵ガール」。題材はいいと思ったけど(逆にタイムリーで 苦笑)主演の芝居があまりにも…(以下省略… 爆)。

2011年もいいドラマにたくさん出会いたいです。目下一番楽しみにしているのは4月に放送される『JIN』完結編。そろそろ衣装合わせに入っている頃かな。放送されるよりもかなり早くから撮影開始されるらしいので今からちょっとドキドキしてます。
ちなみに1月から見るドラマは今のところまだ決まってません~(汗)。大河、朝ドラ、ベティのNHK3本のみになるかも!?


ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : テレビドラマ

[ 2011/01/06 16:55 ] その他ドラマ感想 | TB(-) | CM(2)

あけましておめでとうございます

2011年になりました!
あけましておめでとうございます。

今年も例年通り紅白歌合戦を見て(ましゃの断髪はビックリした)、ジルベスターで新年を迎えました。
皆さんはどんなお正月を迎えましたか?

昨年は観劇に没頭しすぎた気がするので(爆)今年は少し控えめにしようかなぁ…とか。でもやっぱりたくさんのいい作品に出会いたいです。ドラマでは「JIN」の続編が目下のところ一番の楽しみ!また色々レポート書いていきたいと思います。

思いっきり自己満足な感想ばっかりになると思いますが、よろしければどうぞ今年もお付き合いいただければ幸いです。皆さんにとっても素晴らしい一年になりますように♪



[ 2011/01/01 00:00 ] その他ひとこと | TB(-) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。