FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

『不毛地帯』第7回 プロポーズ

毎度の事ながら最初に言っておきますが…
私は『不毛地帯』を真面目に見てません(爆)。
なので、ここから下の感想は『不毛地帯』というドラマの感想を期待している方にはかなり不向きと思われます。加藤虎ノ介くんのことばかり書いてますww。以下スルーしてください



Read More

スポンサーサイト



ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 不毛地帯

[ 2009/11/29 13:40 ] 加藤虎ノ介くん | TB(-) | CM(0)

『天地人』最終回 愛を掲げよ

今年は大河枠に『坂の上の雲』が入ってしまうため、11月22日で最終回。いつもよりも早い最終回を迎えることになった『天地人』…。それがよかったのか、悪かったのか…。今となってはよく分かりません(苦笑)。

この『天地人』の私の盛り上がり度を振り返りますと…1~3回までがピークだったかなと。1-2回は子役の清史郎くんや溝口くんに感心させられ(←子供嫌いな私が感心するんだから本当にすごかったと思う 笑)、田中美佐子さんの母親・藤に泣きました。そして第3回の『殿の初恋』で北村一輝さん演じる景勝にベタ惚れしてテンションMAX状態に(笑)。世間的な評価はわかりませんが、兼続との子供じみたやり取りも大好きだった。いやが上にも期待度が上がっちゃったんだよなぁ…。
それが崩れだしたのが、あの、某T演出家によるチープな演出が続きだした頃…。あれを見てなんか急降下的にこのドラマに絶望していったような…(苦笑)。しばらくしてこの方の演出はパッタリなくなりましたが、役者の熱演に反比例して脚本の粗さがいよいよ浮き彫りになっていき…北村@殿だけを救いに見るようになっていったっけ…。後半は殿の出番がなぜか異様に少なく不満もあったよなぁ(汗)。

それでも、『天地人』…嫌いになれなかった。好きってわけじゃなかったけど、嫌悪感は特になかった。なので、見続けることに苦痛は感じなかったかな。まぁ、北村さんの景勝が出てたからともいいますが(笑)。
というわけで、最終回もツッコミ入れつつ感想を書いていこうと思います。

『天地人』に嫌悪感を持ってる方はここから先スルーしてください。


NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第弐集 [DVD]NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第弐集 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2010-02-24
売り上げランキング : 1901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 天地人

[ 2009/11/27 23:18 ] 大河ドラマ 天地人 | TB(-) | CM(4)

『JIN -仁-』第7回 生きる遺言

残り回数が少なくなるにつれて、"その後"の噂がささやき始めた今日この頃…。やっぱり1クールだけでは足りないよなぁ、とは思うものの映画化で決着というのはちょっと心中複雑でもあったりして。一番ベストはシーズン2でテレビ枠作ってもらうほうがいいんですけどねぇ。
と、もう終了したあとのことまで気になってしまう『JIN』・・・すごいドラマだ(笑)。今回は『天地人』延長と時間が重なった影響からか視聴率が落ちたようですが(我が家は大河をBS-hiで見てるんで影響ないんですけど)、それでもあれだけの数字を保てるのはすごいと思います。

さて、今週はついに哀しい別れが…。泣けました、今回も…。

以下、第7回の感想です。例によってちょっくら長いです(汗)。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はこの先スルーしてください。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/11/26 20:38 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(4)

『花形歌舞伎』 11/25昼の部

o0800060010318824110.jpg
新橋演舞場で上演中の『花形歌舞伎』昼の部を観に行ってきました。気がつけば…この日がなにげに千秋楽(汗)。本当は夜の部の"三人吉三巴白浪"も観たかったんですが結局時間がとれず昼の部のみの鑑賞になってしまいました。
ちなみに前回歌舞伎を観たのも11月の新橋演舞場。…なんと、ほぼまる1年歌舞伎観劇から離れていたことになるのか(苦笑)。このところは愛之助さんが出演する歌舞伎を中心にと考えてしまうのでどうしても足が遠のいてしまっていた…。今年は遠征が一度もできなかったしなぁ。

で…久々の歌舞伎鑑賞をとても楽しみにしていたわけなのですが…こともあろうに寝不足がたたり…メインである"通し狂言:盟三五大切"の半分の記憶がない(爆)。何たる不覚!
さらに三階席からの観劇で花道が見えず生中継画像の映りもよくなかったストレスや・・・人物関係のややこしさに頭を捻って疲労してしまったことや・・・久しぶり過ぎた歌舞伎に少々疲労が・・・とか・・・様々な悪条件が重なってしまった(←完全なる言い訳 爆)
あ・・・でも・・・私の座席の後ろあたりからはものすごい大いびきが聞こえてきてたんですよね・・・。ちょっと、そこまで気持ちよく寝るのってどうよ!みたいな(←お前が言うな 爆)。誰か起こしてあげればよかったのに。

そんなこんなで、あまりまともな感想は書けないと思いますが…それでも少しだけ追記にて。


Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 伝統芸能

[ 2009/11/25 21:53 ] 古典芸能関連 | TB(-) | CM(0)

『コルトガバメンツ』 11/21ソワレ

o0800060010314241937.jpg
二度目の下北沢シアター711公演『コルトガバメンツ』を観に行ってきました。翌日ソワレには千秋楽を迎えるということで、舞台が久々な虎ちゃんにとっては特にに正念場みたいな日だったんじゃないかと。
今回の観劇はうちのダンナ同伴でした。といっても、私が無理やり連れてったんではなくて(爆)…「どうする?」と聞いたときに「観たい」と意思表示してたんで積極的参加です。ちりとての時から虎ちゃんのことは弟のように何かと気にかけてる私たち夫婦・・・って身内目線な私たちってナニサマ(笑)。

ちなみにこの日は色々と嬉しいこともあり、大変充実した観劇となりました。ブログを通してお友達になった方ともお会いできたことは大きな喜び。短い時間ではありましたが出会ってすぐに意気投合してしまいとても楽しかったです。ありがとうございました!
そのほかのことも含め…大変貴重な一日でした。

さて、今回の座席位置は…なんと、前から3列目。前回は後ろから3列目だったので舞台全体像が見渡せる感じだったのですが…3列目はちょうど自由席2列の真後ろになってまして…かなーり近かった!手を伸ばせば触れられるかも…という情報は正しかった(笑)。
でも、想像していたよりかは…見やすい位置だったかな。人物ドアップだけでストーリーに入り込めないんじゃないかと心配してたんですが(汗)、そんなことはなく、逆に人物の心情により近く寄り添えたような気がしました。そのせいか、1回目よりもちょっと違った感情が沸き起こったかも。

それにしても間近で舞台=藤井(瀬川くんの役)の部屋を見ると…ほんっとに舞台か?と思えてしまうほどリアルだったなぁ。整理されてない部屋の感じが余計にリアル(笑)。
部屋の壁にはガンダムのポスター2枚(1枚はララァのものでサインつき 笑)、ホワイトベースやザクなんかのプラモデルもあったし…かなーりガンダム好き!?でもその中にマクロスものもあったらしい(私は見逃したんですがダンナが発見してた 笑)。そのくせ、なぜか、ガチャピンとミッキーのお面が飾られてる(笑)。この妙なアンバランスさが藤井の心の不安定さを暗示してたのだろうか!?

まだ客電がついてる間に瀬川くん演じる藤井がこの部屋に入ってきて普通に自然にその場所に馴染んでる。現実か、非現実か…。見ている観客は第三者ではなく、いつの間にかまるでその場に居合わせたもう一人の当事者、みたいな感覚になってくる。
まぁただ、最前列はさすがに近過ぎて私だったら集中できないかもなぁ(汗)。目線が舞台とほとんど同じだし、役者と目が合おうものならどこに焦点当てていいか分からないし(笑)。実際、今回の私の座席位置は冒頭で信ちゃん、アキ、ゾメが3人並んで座って出てくるシーンで真正面にアキ@數間優一さんが見えるところで・・・どうしたって視線が合っちゃうような錯覚に陥ってしまう(爆)。數間さん、イケメンなのでなおさら赤面(爆)。で…逃げの視線を信ちゃん@虎ノ介くんに合わせる事が多かった私(笑)。いや、このシーン、信ちゃんは正面というよりも常に上手のほう向いてたんであまり視線が合う感覚にならなかったもんで。まぁ、ファン目線からついっていうのも正直ありましたけどネ(笑)。


出演者
能美信也:加藤虎ノ介/杉山湧飛、愛染正次:おかゆ太郎/市川礼武、吉田明夫:數間優一/上山風雅、藤井肇:瀬川亮/長谷川慎、男:真野圭一



前置きが長くなりましたが、以下、追記にネタバレありの舞台感想です。相当長いです(爆)。携帯の皆さんごめんなさい(汗)。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 観劇

[ 2009/11/24 17:26 ] ストレート演劇 | TB(-) | CM(8)

『不毛地帯』第6回 次男坊

まず始めに…私は『不毛地帯』を真面目に見てません(爆)。
なので、ここから下の感想は『不毛地帯』というドラマの感想を期待している方にはかなり不向きと思われます。
スルーしてください






前回は能楽師は登場しないだろうと踏んで見なかったんですが、それが見事に的中したようです(笑)。
で、1週間ぶりに見たんですが…やっぱり苦手だ、このドラマ。商社どうしの仁義なき戦いは見ていて疲れる。というか、私の頭がほとんど追いつけない情けない状況とも言えるんですけど(爆)。あ、でも、あのエンケンさん演じる鮫島の車が正たちの乗った車を追い越すシーンは笑えました。なんか、古典的なコント見たような感じだった。

で、ドラマも終盤にさしかかった頃に虎ノ介くん@丹阿弥氏が登場。京都で篭ってる千里の兄を訪ねた途中という展開だったかな。いやはやしかし、蔵之介さんの見事な減量姿…あれはちょっとビックリ。さすがだなぁと思ってしまった。
話それましたが、丹阿弥くん・・・今回約1分半のご出演(汗)。こんなに待って…それだけ…。キツイ…(爆)。どうやら千里とは7年前のお見合いでは"お互いにやることがあるから"ということで結婚には至らなかったらしいのですが…なにげにつかず離れずみたいな関係が続いているらしい。7年も!?なんか、その間、虎視眈々と狙ってることとかあるんじゃないのか?丹阿弥くん。と、ついつい疑いたくなってしまうのは虎ちゃんが演じてるから(笑)。

「こんにちはぁ~」

おおっ、その方言は京都弁?関西弁をしゃべる虎ちゃんはやはりしっくりきますねぇ。しかも、お坊ちゃまで次男坊な自由系っていう雰囲気がとても良く出てた。いつもは虎ちゃんにツッコミ愛をしてる私も今回は普通にOKだったかも(←ナニサマ 爆)

で、次回はいよいよ丹阿弥氏、動き出すか!?出番分数が増えそうなのか?
ただ、ドラマ的にはやはり好きになれないので個人的には早めに退場してほしい気が…(爆)。


ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 不毛地帯

[ 2009/11/21 00:08 ] 加藤虎ノ介くん | TB(-) | CM(2)

スタジオパークに妻夫木聡くん

いよいよ最終回を迎える『天地人』ということで直江兼続を演じている妻夫木聡くんが満を持してスタジオパークに登場しました。
登場した髪型は金髪!どうやら『悪人』という映画の撮影中らしく…「グレちゃいました」と一言笑いながらつぶやいてたのがなんか可愛かった(笑)。

だいたい大河ドラマの主役がスタパに登場するのはドラマの終わりが見える頃で、トークの内容もドラマの総決算みたいな感じになるのですが…今回もその通りの展開になりまして約50分間、『天地人』思い出話一色でした。けっこうVTRとかも多く流れるんですよね。だからひょっとしたら、妻夫木君ファンの人にとってはちょっと物足りなかったかも?
私個人としては『天地人』撮影の話がたくさん聞けて楽しかったですけどね。

そのなかで一番面白かったのがやはり殿や上田衆とのエピソードでしょう!

殿・・・こと北村一輝さんは妻夫木君にとっても"理想の上司"ということで。共演するに当たってまず始めに二人でおすし屋に行って語り合ったのが最初だったらしいです。そこで意気投合しちゃったわけだね、この二人は。
ちなみに妻夫木君が選んだ景勝とのシーンは関ヶ原の戦い勃発のときに家康の背後を突くか突かないかで景勝と意見がぶつかった場面でした。どこぞの雑誌にも書いてましたが、みんなかなりこのシーンに賭けてたみたいですね。たしかに気迫溢れたいいシーンだったと思います。どうやら出来上がった台本とかなり違う展開になったらしいということで…現場の意見が総決算されたようなシーンということもあり思い出深いというのもありそう。実は脚本変更させたシーンとかって…他にも色々あったりして?などと妙な憶測が飛んでしまった(爆)。
そしてそして、キター!殿@北村一輝さんからのメッセージ映像♪

「景勝じゃ。兼続、なんじゃその頭は!金髪がそんなに楽しいのか?・・・みたいな感じでw。北村です、ブッキー、お元気ですか?」

と、のっけからお茶目な北村さんに萌えた~~(笑)。
コメントでは妻夫木くんと過ごしてきた撮影の一年について「想像の何十倍も楽しい一年を過ごすことができた」と語ってたのがとても印象的でしたね。ものすごく北村さんと妻夫木くんの波長が合ったんだろうなぁ。そういう関係がなんだか羨ましい。
で、殿の印象的なお気に入りシーンは"何気ない会話のシーンが好きだったりする"ということで第3回の「殿の初恋」から兼続と殿のじゃれあいwがチョイスされてました。私もあの二人の掛け合いがものすごく好きで…あれですんごいテンション上げちゃったんだよなぁ…(笑)。結局、その後二人のああいった自然でいい関係なシーンがものすごく激減してガックリだったんだけど…。
VTR観ていた妻夫木君も嬉しそうですね~。最初から本音で話すことができる関係だったと語ってるのが印象的だったな。

次に出てきたのが上田衆とのエピソード。本当にみんな仲がいい結束力のある仲間たちだったそうなのですが…それが十分にドラマの中で生かせない展開になってしまったのが本当に惜しまれます。上田衆の影が薄かったし…。もっと描き方があったと思うんだけど。思い出シーンは景虎との戦終結でみんなが涙を流してる場面が選ばれましたが…実際ドラマで見てあまりグッと来なかったんだよなぁ…(苦笑)。妻夫木君はウルウルしてたけどね…。
で、面白かったのがその次。最近、妻夫木君と上田衆に亀裂が?みたいな話題が出て…再び北村一輝さんのコメントが登場~(笑)。それに対してブッキーくんがツッコミいれまくりでまるで会話してるみたいに面白かった(笑)。

北 「撮影が終わって、電話で連絡すると繋がらないことがあって…。おまえ、誰と仲良くしてんだよ!みたいな」

妻 「それ、自分じゃんよ~」

北 「このまえパパさん(パパイヤ鈴木さん)たちと飲んでるときに電話したら繋がらなくて…"オイオイ、誰と飲んでんだよ、何で通じないんだ?今まで一年間通じてたのに"みたいな」

妻 「飲んでないよぉ~~、仕事だよ~」

北 「あんまり他と仲良くすんなよ、頼むよ」

 「笑」

もう、心底ブッキーのこと愛してますな、北村@殿は(笑)。嫉妬だって認めてたしね(笑)。もうそのコメントを聞いてるときの妻夫木君が本当に楽しそうで。たまには連絡してあげて、という武内アナの言葉に「あの人が忙し過ぎて連絡取れないんですよ!」と反論するブッキー(笑)。さらに

「殿あと、メール出して返信しないのやめてもらえますかw。この前出したのに返ってこないじゃないですか~、お願いしますよ~」

とカメラを通して殿@北村さんに抗議してる可愛いブッキーなのでした(笑)。まるで恋人同士やがな。こりゃ当分、彼女とかできないかも?そのときは北村さんが率先して相談に乗りそうな気がするけど…いや、反対するか?(←話がアブナイ方向に行きそうだ 爆)

とにかく、それくらい仲がいい妻夫木君と北村さん。上田衆も集めて「天地人がやってきた4」とかでぶっちゃけトーク大会放送してほしいよ!彼らの忌憚ない会話はぜひとも聞いてみたい。

そのあとはお船役の常盤さんからの可愛いメッセージがあったり、クランクアップの瞬間大泣きしちゃったエピソードがあったり・・・天地人な話が続いて面白かったです。本編より楽しいかも(爆)。最後のコーナーではエスニック風スープを作ってきて稲塚アナが例によって素晴らしい食べっぷりを見せておりました(笑)。

はぁ、面白かった。妻夫木君は本当に裏表が無さそうな子ですよね。スタジオにいるときもいつもナチュラル。常盤さん曰く、顔にすぐ出ちゃうタイプっていうのも分かる気がするかも(笑)。嬉しそうな時は犬がブンブン尻尾を振ってる感じ…っていうのが想像できてしまう。
いつまでも、このまま自然体で笑顔が素敵な妻夫木君のままでいてほしいなと思いました。「天地人」最終回もガッツリ見させていただきますよ~!

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 天地人

[ 2009/11/20 17:50 ] 大河ドラマ 天地人 | TB(-) | CM(6)

『コルトガバメンツ』 11/18マチネ

o0800060010311149207.jpg
下北沢にある今年新しくできた小劇場シアター711で上演中の舞台『コルトガバメンツ』を観に行ってきました。

今まで本多劇場には何回か行ったことがあったんですが、いわゆる下北の小劇場には一度も足を運んだことがなく今回が初めて。大学を卒業してすぐの頃はこのあたりで働いていたのでいくつか小劇場があることは知っていたんですが、なんとなく小劇場系演劇は足が遠のいてました(汗)。
その私が今回、下北小劇場デビューしたのは…加藤虎ノ介くんが出演するからという単純な理由(笑)。しかも、瀬川亮くんとの共演と知っては観に行かないわけにはいかんでしょう~…ということで2回分確保してしまいました(笑)。

小劇場に来るのは実はこれが2度目だったりするんですが(1回目は合田さんの舞台のとき)、劇場内に入るとやっぱりビックリ!せ…狭いっ!普段、中~大規模の演劇ばかり観ている私にとってはあの舞台の小ささはかなりのカルチャーショック。客席と舞台が異様に近いという情報は得ていたのですが…あれは確かに前3列くらいまでは手を出せば確実に役者に触れそうな距離です(爆)。特に前2列の自由席は…『笑っていいとも』のスタジオアルタ最前列状態じゃないだろうか(←体験から 笑)
ちなみに私は後方席。最初が後方でよかったとシミジミ思いました…。やはり最初は役者を見るよりも舞台全体を感じたかったので。どんな演劇でもやはり最初にストーリーありきと考えてしまう私にとっては運がよかったなと思いましたが…次回観劇はかなり前方なのでちょっと動揺しとります(汗)。
お客さんの年齢層はちょっと高めだったかな。女性の方が圧倒的に多かったのですが一緒に連れてこられたと思われる初老の男性も何人かいらっしゃいました。私が座っていた後方は意外と男性率が高かったんですが、一般の人じゃないだろうなと(汗)。役者仲間か、業界関係者か…そんな雰囲気の方たちでした。

舞台セットですが…あれはセットというよりかはひとつの部屋ですね。ある一室がシアター711に移築されたって感じです(←しかもかなりの男部屋 笑)。その部屋を見ると一発でその住人が何に興味を抱いているのか…というかマニアなのか、わかるようになってるのが笑えました(←劇中、その話題は出てこなかったような気がするけど 笑)
つまり、観客はその部屋をずーーっと覗き見しているような感じ。舞台ではなくて部屋で起こっていることをずっと観てる感覚なのでそれもあってかけっこうすべてがリアルに見えた気がします。

さてこのお芝居、過去にも上演されたことがあるようですが…検索してみるとキャラメルボックスの岡田達也さんや篠田剛さんも演じたことがあったみたいですね。おっかーさんのキモイ愛染っていうのもちょっと見てみたかった気がする(笑)。
たぶん、演じる役者によってこの芝居は色々と台詞部分を遊べるんじゃないかなと思います。なので今回のバージョンは彼らだからこその台詞ややり取りみたいなものが数多く出てきたんじゃないかなと。いろんな色に化けるようにできてるこの芝居、というのがなかなか面白い。


出演者
能美信也:加藤虎ノ介/杉山湧飛、愛染正次:おかゆ太郎/市川礼武、吉田明夫:數間優一/上山風雅、藤井肇:瀬川亮/長谷川慎、男:真野圭一


以下、もろにネタバレありき…な感想になります。知りたくない方はスルーしてください。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 観劇

[ 2009/11/19 16:58 ] ストレート演劇 | TB(-) | CM(9)

『JIN -仁-』第6回 生きてこそ…

前回は視聴率が20パーセントを越えたという嬉しいニュースが飛び込んできた『JIN』でしたが、今回は心配なニュースが入りました。
新門辰五郎役で後半から出演予定だった藤田まことさんが病気療養のために降板されてしまいました。HPからも写真が消えてしまってちょっと寂しいですが…ここはゆっくり静養して早くお元気になっていただきたいですね。代役には中村敦夫さんとのこと。期待しております!

早いものでもう第6回かぁ…てな事を毎回書いている気がしますが(汗)、本当に回数が減っていくたびに妙な寂しさを覚えてしまうこのドラマ。ここまで面白いと思えた作品も久しぶりです。
今回はいろんな人の様々な想いがとても繊細に描かれていて…なんか、見てて無性に泣けました(涙)。改めていいドラマだなぁと思います…。


以下、第6回の感想です。例によってちょっくら長いです(汗)。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はこの先スルーしてください。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/11/18 00:44 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(6)

『天地人』第46回 大坂城炎上

なんやかんや物議を醸し続けてきた(?)大河ドラマ『天地人』も残すところあと1回になりましたねぇ。
そういえばこの日はN響アワーで大河ドラマ特集をやってて天地人のテーマ曲も演奏されていました。あぁ、生で聞きたかったよ!! このオープニングだけは変わらぬテンションで大好きだった。しかし忙しいねぇ、こども店長@清史郎くん(笑)。まぁ、彼はこのドラマで一気に有名人になりましたからね。

NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集 [DVD]NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2009-11-26
売り上げランキング : 1325

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DVDには特典として各役者の意気込みインタビューが収録されてるらしい…。ということは、各地域の天地人博で流れてたあの北村さんのインタビューも収録されてるんだろうか?それだけはほしいと思ってたんだけど。

それにしても、最終回目前だというのに殿の出番が異様に少のうござりましたなぁ…(遠い目)。北村さんの仕事の都合で撮影してなかったんですかねぇ…(遠い目)。この大河、それだけがテンション上がる要素だったんだけど…(苦笑)。


以下、第46回のツッコミつつこの大河を嫌いになれない人の感想です(笑)。いつものことですが・・・
『天地人』に嫌悪感を持ってる方はここから先スルーしてください。


Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 天地人

[ 2009/11/17 16:57 ] 大河ドラマ 天地人 | TB(-) | CM(2)

サヨナラ… 大浦みずきさん

今朝、信じられないニュースとともに目が覚めました。

大浦みずきさん、肺がんのために天国へ旅立たれました…。

今年の始めに舞台「スーザンを探して」を降板、さらに5月の「この森で天使はバスを降りた」も降板され…じっくり静養に専念されるということは知っていましたが、来年あたりまた舞台復帰されるのだろうと楽観的に受け止めていました。
まさか、そのまま復帰することなく帰らぬ人になるなんて夢にも思いませんでした…。まだ53歳、もっともっと活躍できるはずだった女優さん。あまりにも早すぎます。本当にショックです。

私は宝塚を見ないので大浦みずきさんを知ったのは退団した後だったのですが、いくつか舞台を拝見させて頂き、立ち姿の美しさや凛とした雰囲気に魅了され続けてきました。本当にカッコイイ女優さんでした。宝塚時代からダンスがズバ抜けていたということもあって、一つ一つの動きにキレがあったのも思い出深いです。

一番の思い出はミュージカル『蜘蛛女のキス』初演のマルタ。政治犯ヴァレンティンが心を寄せていた女性の役だったのですが…とても素晴らしい存在感で魅了されっぱなしでした。
最後に生の舞台で大浦さんを観たのは2005年の『ナイン』再演。映像で最後に見たのは同年の『RED SHOES, BLACK STOCKINGS』でした…。

まだまだこれからやりたいこと、たくさんあったと思います。無念だったと思います…。
今は苦しみから解放されて天国で踊られているのでしょうか…。


心からご冥福をお祈りしたいと思います。
合掌…


[ 2009/11/16 17:15 ] その他ひとこと | TB(-) | CM(0)

『JIN -仁-』第5回 神に背く薬の誕生

関東では放送前に総集編が放映された影響もあってかついに視聴率が20%を越えたそうな。『JIN』ますます絶好調で嬉しいです。このドラマには人を惹きつけて止まない何かがあると思います。
最近では提供で流れる遠藤憲一さんの声にも聞き入るようになってしまった(笑)。エンケンさんはたしか『JIN』のPRナレーターみたいなのもやってましたよね。雰囲気がすごくあってるんだよなぁ。ご本人の出演とかあると嬉しいんだけど。

そうそう、『JIN -仁-』の原作総集編下巻が先日発売になりました。

JIN-仁- 総集編 運命の決断
JIN-仁- 総集編 運命の決断
集英社 2009-11-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
小説JIN―仁 (JUMP j BOOKS) JIN(仁) 第16巻 (ジャンプコミックスデラックス) JIN(仁) 第15巻 (ジャンプコミックスデラックス) JIN(仁) 第14巻 (ジャンプコミックスデラックス) JIN―仁 (第6巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)

こちらも上巻に続いて一気読みしてしまうほど面白かったんですが・・・これって第5巻までの総集編だったんですね。現在原作は16巻まで発売されてるし雑誌連載も続いてる様子(←たしかかなり佳境な展開だった気が…)。ここで気になるのがドラマではどこまで放送するんだろうかということ。
全10回予定ということですが…やはり1クールではドラマオリジナル展開に持っていくとしても厳しいのではないかなぁ。なにげにもう次回は第6回…早い、早すぎる(汗)。ドラマ編もじっくりと見ていたいのでできるだけ長く放送してほしいです。


以下、第5話の感想です。例によって長いです(汗)。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はこの先スルーしてください。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/11/11 16:36 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

『天地人』第45回 大坂の陣へ

大河ドラマ『天地人』も残すところあと2回となりましたので、ここからは1回1回のレビューを書いていこうかなと思います。最初の頃はものすごいテンション高く見てたんですがねぇ・・・いまや"殿頼み"みたいな部分が大きくなってしまった(苦笑)。嫌いじゃないんですけどね。

天地人 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)天地人 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

日本放送出版協会 2009-10
売り上げランキング : 684

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現在、完結編のドラマガイドが発売中。『篤姫』に続いての完結編発売ということで・・・今後も恒例化していくんでしょうか。でも、北村一輝さんのかなーり素敵なショットが掲載されてるので個人的にはすごく嬉しい。殿ファンの方は買いだと思いますよん。


以下、第45回の殿中心萌え気味な感想(爆)。いつものことですが・・・
『天地人』に嫌悪感を持ってる方はここから先スルーしてください。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 天地人

[ 2009/11/09 16:21 ] 大河ドラマ 天地人 | TB(-) | CM(2)

『不毛地帯』第4回 見合い相手

なんだかんだ言いつつも・・・まだ見てます、『不毛地帯』。

あ、最初に言っておきますが・・・私はこのドラマはモロ苦手分野です。戦後だろうが戦前だろうが、現代だろうが・・・経済戦争・政治との癒着・主導権争い・権力闘争・・・と、こういった類のドラマは好きではありません。私個人の感情の問題です。
それでも見続けている理由というのは非常に邪な想いからですので(爆)、ドラマ本来の内容には今後もまともに触れていく可能性は低いです。

なので、

『不毛地帯』というドラマを真剣に見ている方は私の『不毛地帯』感想は読まないほうが賢明です。
華麗にスルーしていただければと思います。


てなわけで・・・以下、怪しい能楽師な加藤虎ノ介くんについて少々(笑)。
ドラマの内容についてはほとんど真面目に触れてないと思うのであしからず(爆)。





Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 不毛地帯

タグ : 加藤虎ノ介

[ 2009/11/07 21:32 ] 加藤虎ノ介くん | TB(-) | CM(2)

黄門様ご一行 in 東京フレンドパーク

水戸黄門ご一行様が東京フレンドパーク出演ということで久しぶりにこの番組を見ました。おそらく、今の時間枠に引っ越してから初めてまともに見たんじゃなかろうか(汗)。
私のお目当ては・・・もちろん格さんを演じている合田雅吏さんです♪格之進姿ではありましたが、ほとんど素の状態の合田さんは久しぶり…。本当はもっと現代劇とかでも使ってほしいんですけどねぇ(たまに「侍チュート」に出てるらしいけど)

前回登場したのが2003年・・・あれからもう6年も経ったのか・・・。たしかダーツで合田さんだけがお目当ての商品もらえなかったんだよな(笑)。
今回は里見@黄門様と三平@八兵衛も一緒。皆様扮装姿で・・・どちらかというとドラマの世界からやってきましたみたいな雰囲気でのっけから面白かったです(笑)。

最初のウォールクラッシュでの皆さんの競技ウェアが黄門様衣装仕立てなのがまず笑える!八兵衛も言ってたけど、黄門様は羽織を脱いだらどこぞの作業屋のおじいさんって感じだった(笑)。しかし、とても70代とは思えないような見事なジャンプ力で得点稼いでる里見@黄門様にビックリ!いやぁ、お若いです、ほんと。ちなみに合田@格さんは一発クリア。一度は落ちそうになったものの素晴らしい運動能力を発揮して見事に片手をクリアのところギリギリに持っていくところはさすが。

カバに餌やりながら出てくるヒントから答えを導くみたいなアトラクションは初めて見たんですが・・・ここでも黄門様が素晴らしい体力で。あのカバに餌やるのけっこう大変そうだよ!?その甲斐あってか皆さんスイスイ答えてましたがな。合田さんもいい勘働かせてましたね。

ストッパーキューブリッジはみんなの呼吸と合図が鍵になるアトラクションなんですが・・・黄門様ご一行、皆さんとてもセッカチで人の意見に耳を貸さずに自分のペースでプッシュしてしまい(笑)ここでクリアならず。三平さんのミスにみんなで寄ってたかってツッコミ入れてましたが、由美さんも黄門様も助さんも・・・そして格さんもみんなヘナヘナでした。
ちなみにこの叩く順番を黄門様が決めていったのですが、最初の順番で合田さんが一番ラストに指名されてしまい思わず「え!?僕がラストですか?」とプレッシャー負けしそうになってたのが可愛くて笑えました(笑)。

5アトラクションで合田さんはピザ投げを選択。かなりいいペースで見事全部にイン!でもこのアトラクションでのヒーローは原田さんだったな。あの手裏剣最後の1投は素晴らしかったぞ!
ちなみにハンバーガーアトラクションでは合田さんと由美さんが後ろでちょこまか動いててセコくて笑えました(笑)。あまりの早いペースにハンバーガーがなくなるというアクシデントもあったりしてドタバタでしたね。

そしてハイパーホッケー。開始前に水戸黄門お決まりの「控えおろう~」なパフォーマンスも(笑)。しかしホッケー本番は・・・やはりホンジャマカ強し!ということでクリアならず。

ダーツの商品で合田さんが欲しいと提示したのはオーダーメイドの靴!意外だったなぁ。
ダーツの前には弥七からの文付きの風車が飛んできてたわしコーナーに突き刺さるという芸の細かいパフォーマンスも(笑)。ところが、弥七のアドバイスも虚しく合田さんは見事にたわし(しかも中央 笑)を獲得(笑)。ここでもヒーローは原田@助さんでした。黄門様も視聴者プレゼントで手裏剣投げが決まってましたけどね。

何はともあれ、かなり楽しかった黄門様ご一行様のフレンドパークでございました。合田さんのこれからのますますの活躍を願ってます。
ちなみに次回は由美かおるさん演じるお絹のお風呂200回記念らしい。これ、ある意味すごい記録ですぞ。


ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : TBS

[ 2009/11/06 15:45 ] 合田雅吏さん | TB(-) | CM(0)

『風が強く吹いている』

三浦しをん原作の小説を映画化した『風が強く吹いている』を見に行ってきました。
アオタケ荘に住む個性豊かな寛政大学の10人がハイジの提案で突然箱根駅伝を目指すことになり、紆余曲折を経ながらも成長していくストーリーです。

私は原作を読んでいないのですが、先日WOWOWで今年始めに上演された舞台作品のほうを観てまして・・・それがすごくよかったので映画も絶対に見に行こうと決めていました。
先に舞台作品のほうを観てしまっていたので映画を見ながらどうしても比較してしまう部分もあるんですが・・・正直、アオタケのメンバーたちの人物描写については舞台のほうがとても繊細に描かれていたと思います。ハイジが提案した箱根駅伝出場も、舞台版だと映画のようにあっさりとはみんな受け入れてなくて・・・それでもハイジの気持ちにみんなが徐々に引き込まれていくといった感じになってたんですよね。
あと、留学生のムサが差別的な言葉を投げかけられて落ち込んでしまうエピソードやニコちゃん先輩が走りながら「こんなことならタバコをやめておけばよかった」と後悔するエピソードなんかも映画では見られずちょっと残念・・・。そのなかでも"これは入れてほしかったな"と思ったのがカケルが9区を走りながら「走りは自分を傷つけない」と悟るシーン。映画ではしばしの静寂といった感じでカケルの心情を表現していましたが、私としては舞台の「走りはカケルを裏切らない」という台詞に感動したのでこの言葉はどこかに入れてほしかった気がします。

舞台「風が強く吹いている」 [DVD]舞台「風が強く吹いている」 [DVD]

コロムビアミュージックエンタテインメント 2009-10-28
売り上げランキング : 826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑舞台のDVDが発売中です。映画を見たあとにこちらを観るほうがオススメかも。色々脳内補完ができると思います。

とはいえ・・・、映画版『風が強く吹いている』も大いに感動したのも事実。やはり舞台では表現でききらなかった走るシーンはとてもリアルで感動的です。
特に予選会のシーンは舞台よりも詳しく描かれているのでかなり泣けました・・・。素人同然だった彼らがハイジを中心に必死にひとつの目標に向かって頑張ってきた結果ですからね。そういえば、今年の予選会のドキュメントが先日テレビでやっていて、それを見ていたハイジ役の小出くんが思わず涙を流していたのが印象的でした。この映画を体験したあとに予選会を見たら・・・たしかに今までとは違った感情が沸き起こって泣けると思います。

箱根駅伝のシーンはかなりこだわって撮影したようで・・・素晴らしい出来上がり。かなりリアルです!時折本物の箱根駅伝の空撮が挟まっていたりしてかなりの臨場感がありました。
この駅伝シーンで特に泣けるのが第1区の王子第5区の神童
王子はマンガが大好きで走ることには最後まで乗り気じゃなかったんですが(あのマンガの山の部屋は実写で見るとかなりの迫力です 笑)、それでも必死にくらいついて走り続けてきた。その努力の過程は本当にものすごく泣けます・・・。王子のシーンは最初から最後までボロ泣きしてしまいました。中村優一くんの熱演が光ってます。
神童は「ちりとてちん」で正平を演じてた橋本淳くんだったんですが、キャラクター的にすごく正平と重なる部分が多かったのでなんだか懐かしかった。駅伝の当日風邪を引いてしまい本来の走りができなかった神童のエピソードもボロ泣きしてしまった(涙)。

カケル役の林君、正直台詞を通した芝居はちょっとまだ堅いかも・・・と思わなくもなかったんですが、走りの姿は一番美しかったですね。まさにマラソン選手の体型ですし、走っている姿が本当に軸がぶれてなくて惚れ惚れするほど美しいんですよ。あれは本当にビックリしました。相当訓練したんでしょうねぇ。
ムサはダンテ・カーヴァーさん・・・あの某携帯電話CMで有名なあの方です。目立ったエピソードがあまりなかったにもかかわらず独特の存在感で目を惹きました。駅伝を走っている中での心の声がけっこう笑えます(笑)。
双子ランナーは斉藤兄弟。なんか年齢を重ねてくると微妙に顔のパーツが違ってきてるような気がしました。でもどちらがどちらか分からなかったんですが(笑)。
川村くんのニコちゃん先輩、森くんのユキ、内野くんのキングも魅力的なキャラクターで面白かったです。

そして主演の小出恵介くん、ハイジの独特の存在感を非常に繊細に巧く表現していたと思います。いつもみんなのためにニコニコと尽くしペースについこれない仲間にも根気強く付き添い続ける優しい一面を見せつつ、他校の選手から挑発されるとそれに乗ってしまいハラハラさせてしまう人間的な一面もあるハイジ。その落差がとても面白い。そんな彼が走ることに焦りを感じていたカケルに対して
「長距離ランナーに必要なものは"速さ"ではなく"強さ"だと思う」
と語るシーンはとても印象的です。ハイジの駅伝に対する真摯な想いが痛いほど伝わってきてなんだか泣けました。

全体的には王道の青春ストーリーといった作品だとは思いますが、0からスタートした彼らが必死に目的に向かってもがきながらも努力してくらいついていく姿はとても感動的で胸が熱くなります。その努力が報われた人もいれば報われなかった人もいる。それでも最後はみんなとてもいい顔をしていたのがとても印象的でした。
見終わったあと、爽やかな感動とともになんだか無性に走りたくなる・・・そんな作品だと思います。


ジャンル : 映画
テーマ : 邦画

[ 2009/11/06 00:10 ] 映画鑑賞作品 | TB(-) | CM(8)

『JIN -仁-』第4回 運命と悲劇の再会

毎回目が離せないドラマ『JIN-仁-』。

コロリ騒動が治まったあとに出てきた"黒米いなり"が現在セブンイレブンで発売中ということでさっそく食べてみました(笑)。
o0800060010292992068.jpg
黒糖の甘みが染みてて非常に美味しかったです。「JIN」とのコラボ商品らしいので興味のある方はぜひ。

ちなみに・・・茨城県の某ロケ地にも行ってきました(笑)。
o0800060010292009013.jpg
コロリ騒動のときに出てきた長屋は、テレビで見るより奥行きも通路もとても狭かったです。ここであの大人数が芝居してたのかと思うとなんか・・・ビックリでした。
それにしても・・・この場所に来たのは2回目なんですが、相変わらず撮影のない日は入場者が少ないですねぇ(汗)。おかげで写真は撮りやすかったですけど…。


以下、第4話の感想です。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はこの先スルーしてください。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/11/05 15:46 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

『天地人』 殿はいづこ・・・ -その5-

えぇ・・・これまで『天地人』の北村一輝@上杉景勝を中心に・・・というか、ほとんどその部分のみにだけ楽しみを見出していたわけなのですが(苦笑)、第43回、44回はほとんど出番がなく・・・・正直テンションがかなり落ち気味。

でも、とりあえず習慣として。第43回、44回の感想を簡単に。

その前に・・・いつものことですが、

『天地人』に嫌悪感を持ってる方はここから先スルーしてください。




Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 天地人

[ 2009/11/03 14:50 ] 大河ドラマ 天地人 | TB(-) | CM(0)

大河ドラマ『龍馬伝』 第三次キャスト発表

来年放送開始のNHK大河ドラマ『龍馬伝』の第三次キャストが発表されました。
龍馬伝公式HPによりますと・・・これまたかなり魅力的な役者さんが!

まず注目したいのは桂小五郎役の谷原章介さんです。谷原さんといえば04年の大河『新選組!』で新選組隊士の伊東甲子太郎を演じてましたよね。それが今回は桂小五郎に大抜擢とは!谷原さんの知的な雰囲気が生かされるんじゃないでしょうか。なんかすごくハマりそうで楽しみです♪

それから、望月亀弥太役の音尾琢磨くん。なんと、大泉洋くんに続いてTEAM-NACSから二人目の大河出演者が!二人が共演するシーンとか・・・あるんでしょうか!?亀弥太が悲劇の死を遂げてしまう前に実現すればいいなぁ。音尾くんはとてもいい役者さんでもあるので色んな意味で本当に楽しみです。

そのほかにも生瀬勝久さんの吉田松陰や、近藤正臣さんの山内容堂といったベテラン陣のお芝居も楽しみ。リリー・フランキーさんも配役されてるんですよね。どんな存在感を大河で見せてくれるのか期待したいところです。
それから、青木崇高くんが後藤象二郎役で出演するのも嬉しいです。先にキャスティングが決まってた千葉道場の娘・佐那役の貫地谷しほりちゃんと共演するシーンとかあると面白そうなんですけどね(笑)。


現在TBSでやっている『JIN』の内野聖陽さんによる坂本龍馬の完成度が非常に高いので、正直、ちょびっと不安がある来年の大河なんですが・・・(汗)、こうして新しいキャストが続々と発表されてくると期待が高まってきます。大河の龍馬も応援したいと思います。


[ 2009/11/02 23:22 ] 大河ドラマ 龍馬伝 | TB(-) | CM(2)

10月の拍手御礼

いつも遊びに来てくださる皆様、ありがとうございます。

10月もたくさんの方から拍手コメントをいただきました。本当に感謝です。

以下、10月8日から10月31日までにいただきました拍手コメント返しです。
今後もまたどんどん残してくださると嬉しいです。もしよかったら、表コメントのほうにもどうぞ(^-^)。

なお、コメントのお返事として鍵付きの方もお名前だけ書かせていただいています。もし、お名前を出してほしくなかった方はメッセージでお知らせください。アルファベット表記に変えさせていただきます。




Read More

[ 2009/11/01 14:09 ] その他ひとこと | TB(-) | CM(-)