FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大泉洋くん、ラジオ初全国放送

昨日、大泉洋くんの初全国向けラジオ放送がありました。今週末に行われるCUEミュージックジャンボリーin夕張の宣伝ということで、なんと3時間生放送!しかし、なぜか東京の拠点ラジオニッポン放送だけが19時からの放送で・・・前半テンパッていたという洋くんの様子を聞くことができず残念~。それでも約2時間しっかり楽しませていただきました。

19時過ぎてすぐくらいのリスナーからのメッセージがウケたなぁ(笑)。洋くんを知らない人からだったようで
「無駄に大声上げているところが気に入りました」
と、なんともストレートなご意見(笑)。褒められた~とちょっと苦笑い気味で喋ってる洋くんの姿が目に浮かぶようでした。
途中でCUEの社長である(どうでしょうのミスターでもありますが)鈴井さんがゲストで来てからはトークも乗ってきていい感じで進んでました。この二人のやり取りは本当に面白い!長い付き合いだからこそ出せる味ってやつですかね。

鈴井さんが去った後は洋くんの音楽暦紹介。北海道限定番組で作った曲が多いので初めて聞くものばかりでしたが、いや~、NACSも洋くんも色々歌ってるんですなぁ。ちなみに私はスタレビとコラボした「本日のスープ」持ってます♪これは名曲だと思う、ほんと。
本日のスープ本日のスープ
大泉洋 with STARDUST REVUE 大泉洋 添田啓二


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あと気になったのが、コーナー最後に流れたおじいさんとの思い出を歌った曲。すごく優しい感じで聞いてるだけでちょっとウルッとくる感じ…。ほしいなぁ、この曲も。

その中で大泉くんから注目発言が。なんと、大泉洋ベストアルバムちっくなものを製作する計画があるんだとか。今までの曲とか色々入れたいし他にも曲作りたいし・・・など野望を語ってました。先日「オーラの泉」で“音楽でブレークするかも”なんて言われていたのはもしかしてこのことか!?なんて思ってしまったり(笑)。とにかく実現してほしいです。

あっという間の2時間でした。これで一通りの大泉洋くんによる宣伝ラジオ放送は終わりなのかな。けっこう確保できたかも。
北海道のレギュラー放送も実は薄い電波を拾いながら聞いてるんですが(いい所で聞こえなくなること多々あり 爆)、クリアな音で今回聞けたのは本当に嬉しかったです。できれば今度はNACSメンバーのラジオ聞いてみたいな。
スポンサーサイト
[ 2007/06/28 21:36 ] NACS & 大泉洋くん | TB(0) | CM(4)

ハケンの品格DVD-BOX

前クールで私を熱狂させたドラマ『ハケンの品格』のDVD-BOXが我が家にやってきました~!!テレビ放送も1話から欠かさず録画していたんですが、キレイ画像+特典が欲しくて・・・ついに購入してしまったわけです(笑)。


ハケンの品格DVD-BOX
↑今回はAmazoneではなく楽天BOOKから購入しました。たぶん、楽天が一番安いです。今なら送料無料になります♪

まず届いてから見たのがDISC4に入っている特典“26分”とだけ表に書いてあったので「うーん、もう少し入れて欲しいんだけどなぁ」なんて思っちゃったんですが(苦笑)、見てみたら予想していたよりもなかなか素敵な内容になってました。テレビで放送された番宣部分も入ってましたが、ほとんどは初見のものだったのでよかったよかった。
主な出演者のインタビューが中心で、撮影時のエピソードとか相手の印象とか語ってくれてます。ネタバレになるので内容は詳しく書きませんが、現場がとてもいい雰囲気で進んでいたんだっていうのは伝わってきますよ。インタビューした時期がたぶんストーリー中盤くらいの頃なんじゃないかなぁ。できればラストの撮影終了風景とかも見たかったんだけど…。でも、久しぶりにハケンメンバーが見れてなんか嬉しかった

大泉洋くんもけっこう映ってました~。特に篠原さんとのやりとりのテストシーンは面白かったです(ホチキスの壁打ちとか 笑)。洋くんのリアクションにテストでは篠原さんもスタッフさんもかなりウケまくってて(笑)、やってる本人もなんかとても楽しそうでした♪最後のほうでは小松さんとハケンか正社員かで論議してます。二人ともけっこう熱く語ってますよ~。最後はグダグダになって洋くんも笑ってばっかだったけど(笑)。

ということで、まず特典から楽しんだわけですが・・・これから本編をもう一度最初から見直してみようと思います。つい先日シナリオドラマ7月号の中園ミホさん特集を購入したんですが、なんとここにはドラマの1~4話までシナリオが掲載されているんです!!ハケンファンにはたまらん企画ですな(笑)。最終回のエピソードもあってとても興味深かったですよ。オススメです。
ドラマ 2007年 07月号 [雑誌]ドラマ 2007年 07月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これ読みながらDVD見たらさらに楽しめそう♪♪
[ 2007/06/27 14:28 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(2)

『風林火山』25話 非情の掟

いよいよダークな部分に突入してきた『風林火山』。晴信もやはり信虎の子だったというエピソードが強くなってきて、最近はちょっとサスペンスチックな展開になってます(笑)。

今回は「甲州法度」誕生エピソードという事でこの副題になったようですが、実際は非情なる家督争いがメインでした。諏訪家の姫で晴信の側室になった由布が四郎(後の勝頼)を産んだことで、晴信の亡き妹寧々の子供で諏訪家を継ぐはずだった寅王丸が寺に出されてしまう・・・つまりは追放されちゃうわけで、なんとも心の痛む話でした。寺に預けられる日に涙ながらに抱き合う寅王丸と大井夫人のシーンはけっこうウルっときました。寅王丸役の子、本気で涙流しててなかなかうまかったですよね。最近の子役はレベルが高い。
実際に寅王丸についての記述はほとんど見られないので今後どう描かれていくのかが気になります。なんか悲劇の予感が強いですけどね。

今回の策を提案したのが勘助なんですが、四郎が産まれてからどんどん暴走しているような気が…(苦笑)。三条夫人の嫡男太郎(後の義信)を影から見つめている姿はかなーりコワイ!四郎のためならどんな黒いこともやってみせる、みたいな決意しちゃってましたが・・・勘助の愛情がこんな風にしか表に出せないって言うのも哀しいもんですね。その根底には由布への歪んだ愛情もあるだけに複雑。
でもなぁ、なんか今回の由布は好きになれない。最近丸くなってきたとはいえまだまだ気が強い部分が前面に出ちゃってどうもねぇ。南野陽子の湖衣姫は下手だったけどなんか感情移入できる魅力があったんだよなぁ。

勘助がダークになるのと比例するように晴信もどんどんダークに(苦笑)。ていうか、晴信、現在、26歳!?亀ちゃんの風貌が落ち着き払っているからか貫禄があるからか、とにかく26歳の若者には見えん(爆)。よほど谷原さんの今川義元のほうが若く見える(笑)。まぁ、昔の人の20台って言うのは今でいうのよりもずっと大人だったと思うからいいのかもしれませんけどね。晴信はこの先どんどん信虎化していくようですが、その先に待ち受けているのは・・・。その場面がきてしまうのがなんだかコワイです。

先週登場して話題になったGackt景虎ですが、今回は出番なし。来週からまた少しずつ活躍するようなので楽しみです。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 風林火山

『宝塚BOYS』 6/20ソワレ

当記事は引越しいたしました。

新しい引越し先は以下のサイトです。お手数ですがご移動願います。






ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 観劇

[ 2007/06/21 17:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

早く観たいな『ウィキッド』

ついに日本でも開幕した劇団四季の『ウィキッド』。いつだったかのトニー賞をテレビで見た時から気になっていた作品なので、日本上演が決まった時はとても嬉しかったです。

初日を観た人の感想を見るとかなり評判が高い!昨日朝の情報番組「スッキリ!」で特集されていたのもチョコッと見たんですが、それだけでもなんかワクワクしてきてしまいました。
極めつけはTEAM NACSの森崎リーダーの日記!モリさんは先日ブロードウェーでミュージカル三昧してきたようなのですが(私も一緒に連れてってほしかったくらい羨ましかった 笑)、なんと四季の初日も観に行けたらしくパーティーにも出席できたんだとか!!その興奮ぶりが手に取るように分かる(笑)。ブロードウェーと比べてどうかと思っていたのですが、四季も相当良かったらしいということで・・・それを見てさらに期待が膨らんでしまいました!

手元にあるチケットは7月5日と8月3日。観終ったら多分その先も増えていきそうな予感がしますが…(笑)。とにかく楽しみです!

ちなみに明日は念願の『宝塚BOYS』♪

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 劇団四季

[ 2007/06/19 18:21 ] 期待の舞台! | TB(0) | CM(0)

『オーラの泉』に大泉洋くん

ドラマ・舞台と俳優業がひと段落ついた大泉洋くんですが、その後もラジオゲストやトーク番組ゲストで関東でも彼の活躍を楽しめるのが嬉しい。特に私はファン超初心者なので(つい先日ようやく正式ファンクラブ会員になりました 笑)ありがたかったりします。
そんななか、念願だったという『オーラの泉』についに出演した洋くん!携帯サイトで出演前に髪の毛カットしてる写真があったりして(笑)本当にこの番組出たかったんだなぁと微笑ましく思ってました。

『オーラの泉』は深夜枠で放送していたときはよく見ていたんですが、ゴールデンタイムに進出してからはあまり見なくなってしまいまして…今回洋くんがゲストが番組リニューアル後初の鑑賞となりました。基本的には内容的に深夜枠とあまり変化ないみたいですね。

以下、番組を見て思ったことなどちょこっとレポします。


Read More

[ 2007/06/18 22:59 ] NACS & 大泉洋くん | TB(0) | CM(2)

『風林火山』24話 越後の龍

なんだかとっても久しぶりな『風林火山』感想になってしまいました。前回はなんとまだ勘助が晴信の家臣になってない頃だったり…(爆)。でも、毎週欠かさずDVD録画しながら見ておりますよ~。由布姫編はちょっと見ていて疲れた部分がありましたが(柴本さんの何とも言えない一本調子の熱入り演技がコワかった 苦笑)、再び戦シーンになって面白くなってまいりました。

この回からついにガックンことGackt景虎が登場!映画で俳優をやっていたことは知っていますが見たことがないので彼の登場は個人的にとても興味がありました。でもオープニングの名前登場を見て私もダンナも思わず苦笑い…。

長尾景虎 ガクト(Gackt)

この表示・・・どうなん!?普通だろう、名前の載せ方~(苦笑)。正式芸名は“Gackt”ですよねぇ、ガックン(笑)。これ、この先もずっと同じ表示方法なんだろか?

で、副題にも出てくるくらいですがどのくらいの出演シーンかと思いきや・・・放送前の番宣で見たもの「だけ」でした(苦笑)。ガックンファンはちょっとがっかりしたのでは?でもまぁ彼らしい派手な演出でしたねぇ。燃えてる城の中で斬りまくってましたから。殺陣は影絵になっていたので実際のところどう美しく見えるのか分かりませんでしたが、今後に期待してみたいと思います。
あと思ったのが『声』。いつも番組とかではボソボソ話しているので気がつきませんでしたが、ドラマで聞いてみるとなんかちょっと「アニメ系」!?声優もできそうとか思っちゃいました(笑)。とにかくもう少し活躍する回を見てみないと今のところまだ分からないですねぇ。

印象的だったのは真田の六連銭エピソード。先日甲斐と諏訪に風林火山旅へ行ってきたのですが、その時一番気になっていたのが真田の六連銭の旗印だったんです。あの旗印には真田の固い絆という意味が込められていたんですねぇ。なかなか感動的なストーリーでした。
武田を憎んでいた真田もついに勘助の説得に折れました。郷の一部ももらえたし、今後の活躍に期待です。

亀治郎くんの晴信、だいぶテレビ画面慣れしてきて今では貫禄すら感じられます。素の亀ちゃんってなんとなくオヤジくさい雰囲気があるので(笑)年を重ねてヒゲの生えた晴信が違和感なく見れますね
昨日の回からだんだんと晴信の中にオヤジ信虎の激しい部分がチラホラ見えてきましたが、そのキッカケになったのは由布姫の言葉。もう見ていて
「なんて余計なことペラペラ話すんじゃ、この姫は~!」
とツッコミまくってしまいました(苦笑)。晴信にとってはかなりショック大きかったと思いますよ、あれは。それにしても由布姫、いくら勘助に雪山の中助けてもらったとはいえいつの間にあんなに「勘助贔屓」になってしまったのだろうか!?

そして、内野さんの勘助!昨日はオープニング映像から笑わしてもらいました(笑)。なんじゃ、あの、微妙な画は(笑)。あれ、先週勘助が撃たれたことを知らない人が見たら何のことだかサッパリ分からないと思うんですが…(苦笑)。
エピソードとしては長い間生死を彷徨っていた勘助が「馬糞」を煎じたものを飲んで回復したっていうのが面白かったですね。今まで重い表情が多かった勘助の可愛さみたいなものが表れててとても微笑ましかったです。ああいうオーバーな表情を作れるのはやはり舞台俳優である内野さんならではじゃないでしょうか(笑)。

次回はついに家督について晴信の鬼の部分が見え隠れしそう。予告の亀ちゃんシャウトがとても気になる(笑)。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 風林火山

NHKBS再放送『さくら』 嘘も方便

懐かしのNHKBS2再放送中の『さくら』。今週はその中でも特に人気の高かった“嘘も方便”エピソードでした。そう、桂木先生の田舎である郡上八幡編ですよ~!本放送でもちょうどこの頃に桂木先生ファンになったのでいつも以上に毎日ワクワクしてた記憶があります(笑)。

お見合い話を断る為にさくらに無理やり婚約者の振りをしてもらって郡上八幡に帰った桂木先生が、かつての恋人である真樹子と再会して過去のトラウマから立ち直るストーリー。久しぶりに見ましたけど、桂木ファンにとっては全てが見所みたいな毎日って感じでした(笑)。真樹子との古傷を乗り越えようとしながらもそれができないジレンマに苦しむ桂木先生が特に印象深いです。小澤くんの起伏のある感情表現がとてもいいんですよね~。それにこの週でのさくらとのやりとりが本当に面白くて・・・ますますお似合いカップルみたいになってる(笑)。
郡上八幡のお母さんもとても魅力的だったし、真樹子ちゃんもとても好感の持てる女性だった。真樹子役をやってたのは高橋かおりちゃん。大映ドラマの子役をやっていた頃から知っている女優サンなので(笑)、本放送の彼女を見た時はすっかりキレイな大人の女性になっていてビックリした記憶があります。

一番笑えたのは今日最後に出てきた学校のオバケ騒動。改めて見てみても・・・これ、ものすごい面白いですわ、ホントに。暗闇の中でくっついて怯えてるさくらと桂木先生が可愛いし、懐中電灯下から照らして登場する沢田先生なんか爆笑モノ(笑)。で、来週はついにモリクミさん登場で沢田先生が大変なことに(笑)。
もはや今年度の朝ドラよりもずっと楽しみになってる『さくら』なのでした~(汗)。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK

[ 2007/06/16 23:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

ホテリアー 最終回

結局最終回までずっと見た4月期のドラマは『ホテリアー』だけでした。なんだかあっという間に終わったかな…と思ったら、全9回のドラマだったんですね(苦笑)。最近は10回か11回のドラマが主流だけになおさら早く感じてしまったのかも。

終盤は杏子と水沢の兄妹説やらホテル買収株云々といったストーリーがほとんどでしたが、正直このあたりはさして個人的に盛り上りもせず「ふ~ん」って感じで見てました(爆)。なんか今ひとつ盛り上りに欠ける展開なんだよなぁ。先が見えちゃってるからかもしれないけど。特に買収エピソードで株が何パーセントとかナントカっていうシーンが増えてきてからはちょっと引き気味でした私。正直株の話されても私はサッパリ分からないもんで(苦笑)。

結局最後はみんな丸く収まるところに収まったという感じでめでたしめでたし。杏子と水沢の関係も巧くまとまってました。…っていうか、これ韓国本場ではどういう展開なんでしょうかね?日本版は時間が短かったこともありかなーりアッサリしてたような…。韓国はこういった血筋関係が出てくるドラマけっこうありますよね。
二人は発展的未来を含ませた形である意味ハッピーエンドになりましたが、なんだか感情移入できなかったです。上戸彩ちゃん、可愛いんだけどこの役はちょっと時期尚早でしょう。背伸びしすぎといいますか、大人の恋愛表現を演じきれてません。なんか上辺だけって感じ。そして及川ミッチー、なんというか、あまり水沢の孤独やら背負っているものの大きさを感じられなかったのが非常に残念。それに二人の関係が非常に希薄でアンバランスな印象・・・。それゆえこのことに関するストーリーはあまり好きじゃなかったです(毒)。

それでも見続けたのはやっぱり田辺誠一さんがカッコよかったから(笑)。相変わらず田辺さんのカツゼツはあまり良くないんだけど、立居振る舞いがすごくキレイだったし毎回とてもいい表情してました。これだけでもこのドラマ見る価値ありって思ってましたし・・・というか、それだけを楽しみに見てたわけなんですが(爆)・・・終盤8話9話くらいになってからもうひとつ面白エピソードが!
東ミッキー演じる岩間副支配人!いや~、特に最終話での彼は最高でした!今まで散々怪しいことばかりやってたのに買収されたらホテルがなくなるということを知ってから改心。でも今までが今までなだけに周りから冷たい目で見られちゃって萎んでるところに西田尚美ちゃん演じる上田マネに庇ってもらって急に彼女を意識しちゃうんですよ(笑)。それからはもう、前半までの威勢のよさはどこへやら、上田マネの前ではオドオドしちゃって可愛いヘタレ男に(笑)。最後の最後までヘタレでしたが、なんか応援したくなるキャラでした~。主演の二人の恋よりも東ミッキーの恋の行方のほうがよほど気になってたよ(笑)。

あ、でも、そうすると田辺さん演じる緒方総支配人は結局相手がいないまま終わったことになっちゃったわけか…。なんだか複雑だなぁ。

というわけで、ホテリアー、それなりに楽しんで見てました(笑)。田辺さん、今後は風林火山に専念すると思いきやまたしても新しいドラマに出演が決定してますね。でもなぁ、主演の某女優さん・・・個人的に嫌いなんだよなぁ。うーーーん、どうしよう。

ホテリアー DVD-BOXホテリアー DVD-BOX
ペ・ヨンジュン チャン・ヨンウ ソン・ユンア


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こちらは本家本元の「ホテリアー」。噂のヨン様主演です(笑)

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ホテリアー

[ 2007/06/15 23:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ジーザスクライスト=スーパースター ジャポネスク 6/13マチネ

待ちに待った「JCSジャポネスク」観て参りました!!前回公演からもう3年も経ってたんですねぇ。なんかもっと最近観たような気がしていたんですが、自分のHP観劇記録見てちょっと意外に感じてしまいました(笑)。
464495648_212.jpg

もう大好きです、この作品!
ジャポネスク演出は全体的に日本風アレンジがされていて、大八車を黒子ならぬ白子さんたちが自在に動かして様々な場面を作り出しています。一見無機的なんですけど、逆に日本特有の空気を醸し出していてなんだか美しくさえ思えるんですよね。今回で通算3回目のジャポネスクだったんですが、何度見てもあの大八車の斜度はすごい!俳優さんたちの足の裏どうなってるんだろうとか思っちゃいます(笑)。しかも、その斜度から一気に駆け抜けてくるわけですからそんじょそこらの迫力じゃないですよ、ホント!
メイクも徹底的に歌舞伎塗り(笑)。写真で見ると不気味って思う人もいるかもしれませんが、これが実際に見ると舞台上ではものすごくシックリきてるんですよ。面白メイクもあるし(笑)百聞は一見にしかず!是非多くの人に見てほしいと思います。

音楽にも尺八や鐘の音、鈴の音など随所に散りばめられていて非常に日本チック。初めて観た時からものすごくストレートに私の胸に響いてきたんですが・・・何度見ても大好きですね、ジャポネスクアレンジ。心地が良いんですよ。そう感じてしまう自分はつくづく日本人なのかなぁと思ってしまう(笑)。そういえば今回、若干アレンジ変わりました?なんかそんな気がしたんですが気のせいかな?なにせCD出てないもので記憶が…(涙)。出してほしいなぁ~近年のJCSのCD!特にジャポネスクは絶対に欲しい!!


主要キャスト
ジーザス・クライスト:柳瀬大輔、イスカリオテのユダ:芝清道、マグダラのマリア:高木美果、カヤパ:青木朗、アンナス:明戸信吾、司祭:阿川建一郎・田辺容・川原信弘、シモン:神崎翔馬、ペテロ:飯田洋輔、ピラト:村俊英、ヘロデ王:下村尊則


以下、ネタバレな感想をちょこちょこ…。

Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 劇団四季

[ 2007/06/14 17:11 ] 劇団四季 | TB(-) | CM(-)

『300<スリーハンドレッド>』

前回の記事で「行こうかどうしようか迷っている」めいたことを書きましたが、初日レイトショーと2日後の2回も見に行ってしまった映画『300』(爆)。R-15作品ならではのバイオレンス描写があると事前に情報を得ていたので正直見るのを断念しようと思ったのですが…、ジェラルド・バトラーさん来日フィーバーぶりに心揺り動かされ(笑)見に行くことを決断。久々のGerry新作映画が日本に来てくれたんだし、これは見ておかなきゃなと(笑)。

以下、多少のネタバレ含みますが、今回は隠してません。あしからず…。




1度目のレイトを見るまで(R-15をレイトっていうのも勇気がいることでしたが、ダンナと一緒に見に行ったのでより安い金額の回を選択しました 苦笑)相当覚悟しておりました、私。絶対何度かは目を逸らさざるをえないだろうなと…。そんな感じですごい緊張感のもと映画を見たわけですが・・・これが見終わってみるとなんとも意外なことに

平気だった・・・というか、面白かった!!

最初かなりドキドキしてたんですが、終わってみれば一度も目を逸らすことなくしっかり最後まで見入ってましたよ(笑)。これでR-15かぁ、とまで思ってしまったほど私的にOKでした。そりゃ、たしかに、手やら足やら首やらがスッポンスッポン飛んでましたけど(爆)嫌悪感をあまり感じさせないような…ある意味ちょっと笑えるような感覚。非常にマンガチックでリアリティが薄い印象がありました。極論を言えば、マネキンの一部がスポンスポン取れちゃうみたいな(爆)。よほど『プライベート・ライアン』のような現代戦争もの映画のほうがリアルでコワイです。

まずストーリー。これはもう単純明快です。紀元前のギリシャvsペルシャ軍によるテルモピュライの戦いがベースになっているということですが、原作はあくまでもフランク・ミラーのアメコミ。なのでこの映画は理屈で見てしまうと絶対に楽しめないと思います。背景とか政治的意図とか民族のこととか、そういう細かいことは一切考えずに、ただただ映画の画面で起こっていることを漫画のように追って見ていくべし!
300人のスパルタ兵士が100万人のペルシャ軍と壮絶な戦いを繰り広げる、これだけです(笑)。なのである意味B級アクション映画でしょうね。何も考えずにマンガ見ている感覚で見る映画だと思うし、見終わったあとにストーリーの重さとか残らないし、妙にスッキリしています。こういう作品は多分に賛否両論分かれるのではないでしょうか。好きな人は好きでハマるし、ダメな人はもう二度と見なくていいやと思う。幸いなことに私は前者でした。

そして「300」の最大の魅力は映像美!ほとんどブルーバックで撮影したということですが、出来上がった映像は本当に素晴らしいの一言です。たしかにCGで作った映像だって分かるんですが、ひとつの芸術作品のような画なので“作り物”っぽさを感じることがありませんでした。
映画全体をセピア色っぽく加工しているのも非常に良かったですね。また『赤』の使い方がとても印象的。スパルタ兵士たちは赤いマントを纏っているんですが、戦いの時に飛び散る血は『赤』ではなくセピア色の背景と混じった感じの色を使っています。なのでハードなシーンも美しくさえ感じられてしまうわけです。私が戦いのシーンで目を逸らさず済んだのもこういった映像美あればこそだったと思います。

また戦闘シーンの動きがとても美しかったのも良かった!スパルタ兵士たちの動きがスローモーションになるところがいくつか出てくるんですが(これがマトリックス系映像革新てやつですかね)、鍛え上げられた肉体が華麗に舞う画が感動するほど美しかったんです。ただ前に進んで斬っていくというのではなく、日本の時代劇の殺陣のような身のこなし爽快感すら覚えました。
スパルタ兵士達が大群に対して見事なほど統制された動きをしていたのも印象的。いっせいに盾と槍を構えるところなど、見ていてゾクゾクするほどカッコよかったです。

300 [Original Motion Picture Soundtrack] [Deluxe Edition]300 [Original Motion Picture Soundtrack] [Deluxe Edition]
Allen Walley Christopher Laurence Dominic Black


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
映像とマッチした迫力の音楽!戦闘シーンの音楽が特にカッコよくてよかったです!

もうひとつの見所としては、これはもう、見事なまで鍛え上げられたスパルタ兵士役俳優達の筋肉!!でしょう。背景はCGですが、俳優達の筋肉は本物です!ジェラルド・バトラー氏曰く、あそこまでの筋肉を作るのに相当苦労したんだとか。ビリーズブートキャンプを集中的にやったとか言ってましたしね(笑)。その甲斐あって見事なまでの筋肉の割れっぷり!スゴイの一言です。
でも確かに筋肉もすごいんだけど… 私的にはやっぱりGerryが演じたスパルタ王レオニダスが最大の魅力だったかな。ほとんど激しくシャウトしてたんだけど(CMで流れてた『This is Sparta!!』は特に大迫力)、時折ふっと見せる“静”の表情がとてもよかった。
「こんな王のためだったら死ねるぜ~!」
と仲間が集まってくるのも納得できるGerryのレオニダス王でした。(レオニダスが仲間に号令を促す場面が特に好き!一緒に叫びたくなる 笑)。
また、王妃ゴルゴの女優さんがとても気高く美しかったのも印象的。
「スパルタ兵を産むのは女よ」
と敵の使者に物怖じせず言い切る姿に感動してしまいました。ラストの悲しみを抑えた表情もとてもよかったです。


見に行くのを迷っていた方の参考になりましたでしょうか(笑)。男性のほうがハマりやすい映画だと思いましたが、女性でも楽しめる人には十分楽しめる内容になっていると思います。Gerry目当ての私でも映画の面白さにハマったくらいですから(笑)。っていうか、私ってかなり男性的なのかな(爆)。

ジャンル : 映画
テーマ : 300<スリーハンドレッド>

[ 2007/06/12 21:10 ] 映画鑑賞作品 | TB(0) | CM(0)

ジェラルド・バトラーさん、また来てね

先週来日してファンを感動の渦に巻き込んだジェラルド・バトラーさんですが、どうやら日曜日あたりに帰国の途に着かれたようです。行くことを断念したジャパンプレミアでしたが、色々なレポを読めば読むほど「行けば良かったかなぁ」と後悔の念が…(苦笑)。取材を受けたあと、ファンの元へ急いで戻ってできるだけ多くの人にサインをしたというエピソードがとても印象的でした。それにファンの「Gerryコール」に併せて自分もノリノリで連呼してたとか(笑)。なんとも可愛いじゃないですか!

映画『300』に併せていくつかテレビ取材があったらしく、公開前に流れた情報番組をチェックしたんですが・・・少なっっ!!前回来日した時のほうがよほど多く扱ってくれてたような気がするんだけど…。
とりあえず家で見られた地上は番組は以下の通り。

「ズームイン朝」
唯一レッドカーペットの模様を流してくれました。短い紹介だったけどとてもありがたかった。他の局はいなかったのか!?

「めざましテレビ」「土曜めざましテレビ」
けっこう期待してたんですが、見事に裏切られるような短さで(特に土めざ 爆)ガックリ。ちなみに「めざまし」ではサッカーのスコットランドリーグについて語ってました。Gerry、セルティックのサポーターだしね(笑)。

「おは4」
司会の女子アナがなんとなく脱力系なのが気になりましたが(笑)Gerryのインタビュー映像はけっこう良いのを流してくれました。映画で叫びまくっていることについて、監督からもっと出せと要求されてヘトヘトになった話をGerry特有の(笑)感情豊かな口調で熱く語っててなんだかとても可愛かった♪

「知っとこ!」
この番組も短いながらもなかなか楽しいインタビューでした♪話題は肉体改造について。映画ではものすごい筋肉を披露してくれてるGerryですが、あれはなんと今話題のビリーによるブートキャンプのおかげなんだとか(笑)。いや~、あれって本当に本気でやるとものすごい効果出るんですねぇ。そのあと、司会のオセロ二人を選ぶなら誰?ってコーナーがあったんですが、二人の写真を見て本気で悩んでる姿がめちゃくちゃ可愛かったです。結局悩んだ末に選んだのはセクシー系だという中島さんのほうでした(笑)。
この番組が一番好意的に紹介してくれたかな。"ジェリー"って呼んでたのもポイント高し!

「王様のブランチ」
期待通り、一番長く紹介してくれましたが単独特集ではなかったせいかちょっと物足りなかったなぁ。Lilicoさんとの再会に外国式のご挨拶・・・それでもなんだかスマートというよりも無邪気で可愛くみえてしまうのは何故だ(笑)。話題はやっぱり体力づくりについて。LilicoさんがGerryの胸元をジーッと見ているのにハッと気がついて「何見てんだよ~」とおどけて見せるなど、気取ったところがなくてまた可愛い(笑)。
ブランチはたぶん映画がランキングしている間、インタビューを小出しに出してくると思うのでしばらくチェックしようと思います。

私が見た番組はこれだけ。もっと多くを語っていたと思うんだけど本当にホンの一部しか紹介されなくて残念!Gerryのインタビューは本当に見ていてとても微笑ましいのでもっと見たかったなぁ。他にも番組があるようですが、地方のとかスカパー関係のものなので見れない(涙)。雑誌も楽しみだけど、やっぱり動いてるGerryがいいなぁ。

と、こんな感じで今回の来日も個人的に盛り上りました(笑)。本当は会いたかったけどねぇ…。Gerryの魅力って他の映画スターには無いオーラの無さ(いい意味の)だったり無邪気さだったりすると思うんですよ。それに人一倍ファン想い。2年前の来日の時からその姿勢は全然変わってなかったGerry、今回も楽しませてくれて本当にありがとう。日本滞在も楽しんでくれたみたいだし、また早い時期に新しい映画を引っさげて来日してほしいです。

ちなみに「300」既に2回見ました(笑)。この感想は次回書きます。
[ 2007/06/11 23:04 ] その他気になる人々 | TB(0) | CM(2)

観劇予定追加!

先月18日の「血の婚礼」以来舞台観劇予定がなかったのですが、いよいよ今週13日からまた再開です(笑)。まずは「JCSジャポネスク」!久しぶりなのでとても楽しみ!!

そんな中、前回紹介した予定のほかに新たにいくつか追加されました~(笑)。

6/20(水)ソワレ 『宝塚BOYS』
なんとかチケット確保できないか色々探っていたところ、ついにゲットできました♪いや~、嬉しいです、ほんと。とても興味深かったし、NACSのシゲさんがあの面子の中でどんな役回りなのか今からとても楽しみ。

8/3(金)マチネ 劇団四季『ウィキッド』
7月に一度観るのですが、前評判が高かったので早い時期にもう一枚あればなぁと思っていたところ、運良く譲ってくださる方に出会い1ヵ月後に再び行ける事になりました!この作品、なんだかハマりそうな予感がします♪

8/22(水)ソワレ 地球ゴージャス『ささやき色のあの日たち』
某チケットサイトの先行で1次・2次とも落選したので完全に諦めていたのですが・・・なんと、発売日のお昼過ぎになんとなくチェックしていたらチケットがまだあったんですよ!!ビックリして慌てて購入(笑)。2階席いちばーん後ろの果てからの観劇になりますが、これはもう行けるだけで本望です!当日はオペラグラス忘れないようにしなきゃ。北村一輝さんの舞台とはご縁があるのかな。

ちなみに『ウーマン・イン・ホワイト』はまだ座席待ち(苦笑)。そろそろ購入時だとは思うんですけどねぇ。何はともあれ、こうしてチケットが増えていくと満たされた気持ちになります。でもお財布の中身のことを思うとここらで一旦休憩しなきゃな(爆)。


※最近ブログ下に「拍手」ボタンができたみたいです。コメントはちょっと気が引けるかも…っていう方は「拍手」ボタンだけでも押していただけると嬉しいです♪もちろんコメントも大歓迎!宜しくお願いします
[ 2007/06/10 21:48 ] 期待の舞台! | TB(0) | CM(0)

BS再放送『さくら』 ホレホレ節

ダンナの会社に行く時間に合わせている都合上、毎日7時30分からのNHK朝ドラを見ています。4月から始まっている『どんど晴れ』は…個人的にかなりダメなドラマになっております(爆)。
なんていうか…主人公に全く感情移入できない。それにストーリー展開も甘甘でイラッとくること多々あり。近年の朝ドラでイラッとくるのは「こころ」「天花」に続いて3作目だ(苦笑)。期待していた内田朝陽くんも…なんか演技が一本調子で期待ハズレ。早くも心は次の朝ドラを待ちわびております。

その後に再放送されている『さくら』。『どんど~』がダメなぶん、本放送時よりもさらに面白く感じてしまいます(笑)。演技的にはダメな人もいますけど(太田裕美とか 爆)ストーリー展開がよく脚本も面白いためほとんど気にならないです。

現在は”親の心 子知らず”の回まで進んでいますが、今日は山場であるハワイ移民講義の話でした。さくら(日系4世)の父である一朗は日系3世で教師ということもあり、その説明は大変分かりやすく感動的。一番印象的なのが一朗の母、つまりさくらの祖母である淑子がハワイ移民の歌である“ホレホレ節”を披露するところ。辛い移民生活を送る中で必死に生きていた当時の日系人たちの心が痛切に感じられてその場にいた人たちは涙を流しながら聞き入るのです。
本放送でこのシーンを見た時は桂木先生を演じる小澤くんのマジ涙に感動していた私ですが、今回の再放送では淑子さんの歌う“ホレホレ節”に素直に感動して自分もマジ涙してしまいました

うーん、本当にいい話だった、今日は。

ちなみに今週の副題での中心人物は一朗さんともう一人、さくらが下宿している蝋燭屋の娘・佳奈子ちゃんでした。ハイ、今もうすっかり有名人となり月9にも出てしまっている長澤まさみちゃんですよ。正直この頃彼女が今みたいに大注目されるなんて思ってもみませんでした。「さくら」でのまさみちゃんはとても初々しいながらしっかりした演技をしてて可愛いです。今よりもこの時のほうが好きかなぁ。


※最近ブログ下に「拍手」ボタンができたみたいです。コメントはちょっと気が引けるかも…っていう方は「拍手」ボタンだけでも押していただけると嬉しいです♪もちろんコメントも大歓迎!宜しくお願いします

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK

[ 2007/06/08 14:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

Gerry来日記事♪

昨日の『300』日本プレミア1200人以上がレッドカーペットに集結したようですね。ジェラルド・バトラーさんはファンの人たちとできるだけ長く接していたんだとか 
ちなみに私は2年前に来日した時の郵便局イベントに参加したんですが、その時、時間を気にせずにファン一人一人とちゃんと向き合って接してくれたのにエラく感激したのを思い出しました(そのときの興奮ぷりはこのへん 笑)。今回もファンを大切に思ってくれてるGerryなんだなぁと思うと・・・なんていうか、すごい感慨深いものがありますね。本当に素敵な人だと思います。私もレッドカーペット参加したかった~

昨日のプレミアの様子を朝の情報番組で見ようと構えてたんですが、『オーシャンズ13』のプレミアのほうが大きく取り上げられてて・・・結局扱ってくれたのは「ズームイン」の約2分弱だけでした(苦笑)。舞台挨拶ではオチャメに日本語で挨拶してたらしいので、その映像期待したんですけどねぇ。たぶん、土曜日あたりの情報番組で取り上げてくれるんじゃないかと・・・密かにまだ期待を寄せてる今日この頃です(笑)。特に『王様のブランチ』は期待大!(それにしても公式HPで放送予定が消されてしまったのは何故?)

Webのほうではいくつか記事が挙がってきてます。とある取材に対しては写真撮影時サービス精神旺盛だったとか(笑)。来日中はほとんど取材攻勢になると思うのでGerryも大変だ。こちらも記事チェックに忙しくなりそうです(汗)。

ところで、前回Gerryネタを書いたところ、「ジェラルド・バトラー 来日」の検索でこちらに来ていただいた方がいらしてくださったようです。こんなブログに遊びにきてくださってありがとうございます!
ちなみに一番上に旧ブログで書いた記事が掲載されてビックリ。あれはそう…『オペラ座イベント事件』発覚前のぬか喜び記事ですわ(爆)。久々に旧ブログ見てみたら「その」後の凹みっぷり(このあたり)が切々と語られておりました(苦笑)。なんか、懐かしい・・・・。



※最近ブログ下に「拍手」ボタンができたみたいです。コメントはちょっと気が引けるかも…っていう方は「拍手」ボタンだけでも押していただけると嬉しいです♪もちろんコメントも大歓迎!宜しくお願いします
[ 2007/06/07 23:37 ] その他気になる人々 | TB(0) | CM(0)

TEAM NACS 全国CM

昨日Gerryが来日したので今日の情報番組に映像が流れるかなぁと期待したのですが・・・どこも空振り。どうやら雑誌社などは来ていたようですがテレビクルーはいなかった模様(苦笑)。来日映像楽しみにしてたのに残念!

で、その捕獲すべくスタンバッてた映像(「ラジかるっ!」)のなかにずっと見たかったTEAM NACS初の全国CMグリコ DONBURI亭が偶然捕獲されておりました

ちなみに商品はコチラ↓



グリコのホームページ(コチラ)でも見ていたんですが、やっぱりテレビ画像で見ると感動もひとしおです。ものすごい男臭いCMに仕上がっててけっこう笑えますよ。

洋くんが注文受けてリーダーがご飯よそいで、重さんがお湯沸かしてヤスケンさんがレトルトパックを湯きり(笑)、最後に音尾君が封を豪快に開封して出来上がり

かなりムキムキ感溢れているのでこれを初めて見た人は彼らが演劇ユニットだって分からないんじゃないかな(笑)。初っ端の洋くんによる
「中華丼いっちょ~~う!」
っていう掛け声がなんとも豪快で面白いです。商品がレトルトだからなおさら面白く見えるかな(笑)。

私が今回見たのは15秒バージョンだったので今度は30秒バージョンを見てみたいです。


※最近ブログ下に「拍手」ボタンができたみたいです。コメントはちょっと気が引けるかも…っていう方は「拍手」ボタンだけでも押していただけると嬉しいです♪もちろんコメントも大歓迎!宜しくお願いします
[ 2007/06/06 15:48 ] NACS & 大泉洋くん | TB(0) | CM(4)

ジェラルド・バトラーさん来日!

久々のGerryネタでございます(笑)。2年前、映画『オペラ座の怪人』で私を熱狂させたジェラルド・バトラーさんが本日無事に来日したようです!(オペラ座の怪人イベントキャンセル事件もふと思い出す 爆)

Gerry! Welcome to JAPAN!

目的は映画『300』のプロモーションということで、明日はレッドカーペットイベントだそうですよ。はぅ~、逢いたかったなぁ~Gerry~。でもウイークデーの夜間ということで申し込みしなかったんですよね。ワイドショー待ちです。
今回は来日時間がオープンになってなかったようで待っていた人数も前回より少なかったらしく、Gerryも余裕を持ってファンと接することが出来たみたいですね。いいなぁ~、成田~。ちなみに私は今回の来日に合わせてテンション上げるためにオペラ座の怪人DVD(ドイツ版も 笑)見たりGerry掲載の映画雑誌購入したりしてます(笑)。

実は『300』、個人的には苦手分野の映画なので(R-15指定だし)観に行くことを断念しようかなと思ってました。が、この前「世界ふしぎ発見」で特集されていたのを見てちょっと考えが変わってきました…。歴史モノは好きだし、凄惨なシーンもCGが多用されてそんなに不快感がなかったというレポートもあったので、やっぱりGerry大好きだし近いうち水曜レディースデーで映画見に行こうかなと思っています。

300アートブック300アートブック
フランク・ミラー/ザック・スナイダー/タラ・ディルーロ 平林祥


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Gerryの雄姿がたくさん掲載されてます♪

これからしばらくは情報番組チェックだ!またオチャメっぷりを発揮してくれるのかな~(笑)。インタビューにめちゃめちゃ期待してます。特に「王様のブランチ」が楽しみだなぁ。Lilico姉さんとはお友達みたいだし(笑)。Gerryにとって良き日本滞在となりますように


※最近ブログ下に「拍手」ボタンができたみたいです。コメントはちょっと気が引けるかも…っていう方は「拍手」ボタンだけでも押していただけると嬉しいです♪もちろんコメントも大歓迎!宜しくお願いします

ジャンル : 映画
テーマ : 300<スリーハンドレッド>

[ 2007/06/05 19:33 ] その他気になる人々 | TB(0) | CM(1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。