FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

函館へ行って来ます

GWに突入しましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

私たちは明日5月1日~3日まで北海道函館に行って参ります。函館といえば・・・新選組の土方歳三が最後を迎えた地でもありますが、今まで新選組史跡巡りをしてきて函館だけ行ったことがなかったんですよ。今回ついに新選組終焉の地へ向うことになりました。というわけで今回の旅の目的は『新選組巡り最終章・函館五稜郭』です!新選組に興味を持ってから約7年・・・ずっと行きたかった場所なので行けることになって本当に良かったです。
ちなみに、交通手段は飛行機より安かった電車なので時間的にはちょっとかかりそうです(苦笑)。のんびり楽しんでこようと思います。

この間、こちらのブログ更新ができません。ごめんなさい。mixiかもう1つのブログのほうには写真つきで更新できると思いますので興味がありましたらご覧下さい。

少しの間留守にします。
[ 2006/04/30 21:27 ] その他ひとこと | TB(0) | CM(3)

WOWOWで『ベガーズ・オペラ』

今年の初め、日生劇場で上演された『ベガーズ・オペラ』がWOWOWで放送されました。観劇当初、あまりにも生理的に合わない舞台だった故にケチョンケチョンにけなした作品でしたが(残りのチケット売却したくらいだったし 笑)、映像で観るとまた違うかなと思い見てしまいました

う~~~ん・・・・・

幕間ごとにジョン・ケアードの解説があったので、劇場で見たときよりは強い『嫌悪感』を感じずに済んだのですが・・・この作品はやはり好きになれません。まず以って第1幕が生理的にも私の感性と全く合わないんですよ。高嶋・モリクミ夫妻のシーンはなんだかドス黒くて訳分からないし、笹本ちゃんのルーシーは我が強すぎてどこも感情移入できない。彼女がマクヒースを愛しているっていうのが結局最後まで見ても理解できなかったのが痛かった・・・
それから内野さんの歌・・・舞台で聞くとあまり感じなかったのですが、映像になるとやはり音程のブレが目立ってますね(爆)。内野さんの歌はやはり生の舞台でのみ堪能するのがいいかと・・・。でも、以前に比べたら全然いいんですよ、内野さんの歌はこれだけは主張しときます(笑)。

もう1つ生理的に受け付けないこの芝居の点は、どこからどこまでが演技でどこからどこまでがそうでないのか分からないところです。劇中劇ということで「乞食」たちが物語を「演じて」いるんですけど、「乞食」の時の役者さんたちが私はどうしても好きになれない。舞台の上でお客さんが見ている前で『素』っぽい動作をしてほしくないというのがあって・・・劇場にいたときに感じた『嫌悪感』のほとんどがこれでした(苦笑)。今回はテレビだったのであの時ほどは強く感じませんでしたが、やはり見ていて嫌な気分にはなりました。これは完全に個人的好みの問題ですのであしからず・・・(苦笑)。

ただ、改めてテレビで見て少しだけ良いところも発見。観劇時はあまり役者さんの演技に見入る余裕がなかったんですけど(苦笑)、今回少し落ち着いて見てみたら・・・内野聖陽さんと島田歌穂さんが素晴らしい演技してますね。内野さんはアップで写ってもやっぱりカッコイイし、緩急つけた表情なども上手い。歌穂さんはマクヒースを愛していることがすごくよく伝わる演技をしていてコチラもさすがといったところ。
『あんたは私を愛していないけれど、感謝はしている』
というセリフがけっこうグッときました。
あと、さとしさんもいい役回りしてますね。2幕頭のアドリブみたいなところはさとしさんならではで楽しませてくれました。

今回のWOWOW放送観ても、結局この作品は好きになれなかったというのが結論。ラストの大団円みたいなのも個人的には大嫌いでしたね(笑)。ラストの内野さんのインタビューだけ録画残しておこうかな。

『ベガーズ・オペラ』が好きで検索でたどり着いてしまった方、こんな感想でゴメンなさい(爆)。

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2006/04/29 00:35 ] Musical観劇作品 | TB(0) | CM(0)

今月号の演劇雑誌

27日発売の『TOP STAGE』『Look at STAR』をさっそく購入してまいりました。創刊からほぼ毎号購入しているのですが、今回の2冊はかなり良いですっっ!!

まず両方に泉見洋平くんが掲載されているのが嬉しい!特に「ルクスタ」では見開き2ページの特集が!レミゼのマリウス話がとても興味深かったです。洋平君のマリウスって恋した瞬間に周りが見えなくなるほど熱いんで観てるとすごく可愛いし面白い。今回『カフェソング』を歌うにあたってスランプになったというのも印象深かったなぁ。いつも一生懸命な洋平君らしくて
「トプステ」ではレミゼトークショーのリポートで掲載。恥ずかしながら、私はこのイベント全然知らなかったんだよなぁ・・・。あ、そういえば、私が観劇した日に劇場外で「トプステ」持った人の周りに人が集まってた光景があったっけ・・・(笑)。私はけっこう鬱々とした気持ちで劇場をあとにしたので、あの日こんな楽しいイベントがあったとは露知らずでした今井さんの爆笑トークとやらも聞きたかった(笑)。

また、「トプステ」では片岡愛之助さん平成若衆歌舞伎PRでこれまた2ページ見開き掲載。過去にも何度か登場されてたのに、当時はほとんど意識しないで「ふ~ん」くらいにしか見てこなかったのですが(爆)、こうしてファンになって改めて愛之助さんのページを見てみるとなんだか妙に感動してしまう。スーツ姿だとキリッとしててカッコイイです~(でもダンナに言わせると「靴下がダメだね」らしい 爆)。なんだかお部屋もちょっと豪華!?前回は宝塚の方とツーショットだったのですが、今回はピンで写っているのが嬉しいかも(笑)。
記事では平成若衆歌舞伎について熱く語ってらっしゃいます。第1回目の苦労話はなんだかとても興味深く読んでしまいました。
「歌舞伎座や演舞場に出てる人に比べれば下手だけど、こうした未完の人たちも頑張っているという姿を見てほしい」
という部分が印象に残ったなぁ。『平成若衆歌舞伎』ますます応援したくなりました。それにしても愛之助さんはやっぱり話し方が上手いと思います。文章読んでてなんか話している姿が目に浮かぶような・・・。またぜひ生でお話を伺ってみたいです。

ちなみに、洋平くんと愛之助さんは同じ生まれ年に生まれ月。そんな共通点がなんだか嬉しい今日この頃・・・(笑)。

他にもエリザベートの武田さんインタビューや、観にいけないけど「メタルマクベス」の稽古風景など・・・両雑誌とも今回はかなり満足度が高いです
『演劇界』はまだ購入できてません~。こちらには浪花花形の写真も掲載されているらしいので早く手に入れたいところです!
[ 2006/04/28 18:43 ] Musicalな話題 | TB(0) | CM(8)

銀河英雄伝説

『銀河英雄伝説』というアニメをご存知の方いらっしゃいますか?田中芳樹の小説をアニメ化したもので、宇宙を背景にした壮大なストーリーです。高校のとき友人に勧められて1巻1巻ビデオを借りて見たのが最初だったのですが、もうすっかりハマってしまってイベント参加にも行ってしまった思い出があります(しかも声優チャレンジまでさせてもらった 笑)。

最近になって、宅配レンタルDVDというのに入会したので久しぶりに『銀河英雄伝説』を1から見直してみました。第1期を見終えたのですが(1~26話)やっぱり面白いです。人物一人一人の描写が細かく、けっこう深い。声優さんもベテラン揃いで安心して聞いていられる本格派のアニメだと思いました。今は亡き塩沢兼人さんや富山敬さんの素晴らしい声の演技を堪能することも出来ますし・・・お二人が今はいないなんて未だに信じられないんですけど(富山さんはヤンの出番が終了した直後くらいにお亡くなりになったんですよね・・・)。

キャラクターではやっぱり今も昔もキルヒアイスが好きです。優しくて純粋で、温かい赤毛のキルヒアイス・・・。第1期のラストは涙なくして見られません広中雅志さんの温かみのある声も好きでした。広中さんといえば、今は『TVタックル』などナレーションでもお馴染みですね(笑)。

さて次は第2期。送られてくるの楽しみです♪

銀河英雄伝説 DVD-BOX SET1銀河英雄伝説 DVD-BOX SET1
田中芳樹 堀川亮 富山敬

徳間書店 / ハピネット・ピクチャーズ 2003-10-23
売り上げランキング : 7,861
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


参考サイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2006/04/26 23:37 ] その他アニメの話 | TB(0) | CM(0)

まだ空席あり(^-^;

東宝のナビザ予約でことごとく撃沈した「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のチケットですが、久々に公式HPをのぞいてみたところ・・・

まだ空席あるじゃん(苦笑)

私は結局某カード会社で2公演購入したのですが、ナビザ予約で外れても一般で十分取れたってことなんでしょうか。たぶんカード会社で購入したものより座席もよかったんだろうなぁ~なんて思うとちょっと残念だったりします。
ま、いいや。観に行けるだけでも幸せ。早くあの音楽を劇場で体いっぱいに浴びてみたいです(笑)。新しい帝劇の座席配置も気になるところですけどね。

7月は『ヴァンパイア』オンリーになるかなぁ。ダンナの実家にも行かなきゃ行けないし・・・今度こそ大阪松竹の歌舞伎は諦めないと(爆)。でも本音では1日だけ観に行きたいんですけどね・・・愛之助さん(しかし1等20,000円はビックリな金額 苦笑)。

『純情きらり』 斉藤先生いい感じ

第4週に入ったNHK朝ドラ『純情きらり』。今週の副題「プロポーズは突然に」が気になるところです(笑)。
先週から登場している劇団ひとりさんが演じる斉藤先生が予想以上にいい演技をしています。書生の風貌もよく似合ってるし、近眼の為にいつも転びまくってるキャラもなんだかカワイイ。本人が言うようにたしかにあの役はひとりさんにしかできないかもしれないですね。バラエティの彼はあまり見てないんですが(苦笑)、こういったマジメなドラマでの俳優も今後行けるのでは!頑張ってほしいと思います。

さてドラマもドキドキする展開に・・・。斉藤先生、ツボ割ったあとどうしちゃったの~!?それにしても、杏子が嫁いだ家って戦前にはけっこうありがちだったんでしょうか・・・。現代でもあんな酷い家ってあるのかな私だったら発狂しそう・・・(爆)。井川さん演じる杏子の運命やいかに!?彼女もキャラがはまっててなかなかいいですよね。明日からの展開にも期待です。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 純情きらり

[ 2006/04/24 17:08 ] 朝ドラ 純情きらり | TB(0) | CM(0)

『新選組!!』がやってきた!

ついに本日やって来ました、『新選組!!』DVD

届いてからまず最初に見たのが特典メニューに入っている40分のメイキング。冒頭から突然『新選組!』最終回のシーンが入り不意打ち食らったようにウルッときてしまいました。構成もなかなかよくできていて、撮影がどんな風に進んでいったのかが分かりとても興味深いものでした。特に「試衛館's」のシーンは多めに時間を割いてますね。皆昔を懐かしむように和気藹々としてて微笑ましかったなぁ。そのあとに耕史くんがB作さんとのシーンで(『ごめんなさいでいいじゃないか』の名シーンですよ 涙)モニターを見ながら
『ダメだ、泣いちゃう』
と言って涙をぬぐってて・・・なんか耕史くんの切ない気持ちが自分の中にも入り込んだ気がして思わず涙流してしまいました。あと、照英さんや熊面さんがアップしたあとにウルウルしてる姿を見たときもボロ泣き・・・。メイキング見て泣くなんて思いもしなかったので自分で自分にビックリです(苦笑)。土方最期シーンに向かう時の撮影風景もかなりキマした・・・
でも五稜郭のメイキングは意外と少なかったです。それがちょっと残念かなぁ。でも貴重な映像をたくさん見せてもらいました。

逆にトークショーは楽しく見れました。照英さんのコメントがけっこう笑えたかな~。耕史くんも楽しそうだったし。愛之助さんはどちらかと言うと聞き役に回ってることが多かったかも(←舞台でお疲れ? 笑)。

で、このメイキングを見たあとに本編観たんですが・・・久々に号泣しました。コメンタリーはけっこう笑いながら見ちゃったんですけど(爆)改めてじっくりドラマ見ると相当泣けます・・・。

新選組!! 土方歳三最期の一日
ジェネオン エンタテインメント (2006/04/21)


それから同時発売された「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集

よくぞ発売してくれましたって感じです。かなり前から第二集のことについては噂で色々言われてて発売されるのかとても気になっていたんですけど、こうして陽の目を見れて本当に良かったと思います。第一集を聴いたときも私相当泣いたんですけど(苦笑)、第二集はまたさらに泣けますっ第一集よりもメランコリーチックなものが多く走馬灯のように名シーンが思い出されて・・・かなりグッときますね。ファン必携の一枚だと思います。

これで一連の『新選組!』関連も終わりなのかな・・・。なんだかとても寂しい。自分の中でまだこんなに熱く『新選組!』熱が燃えてたのかと再認識させられた気がしますね・・・。

と、郷愁の想いになったところで以下、片岡愛之助さん関連についてちょっと・・・(笑)。思いっきりファンモードになると思うので(爆)読みたい方だけ読んでください





Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : DVD

[ 2006/04/21 23:18 ] 新選組関連 | TB(2) | CM(4)

新選組!!コメンタリーキャスト

新選組!!ロマンチ!!!サイト!!!!で先週からネット販売されている「コメンタリーキャスト」。自分の使っているパソコン以外では聞けないという(つまりパソコン買い換えたら最初からダウンロードしなきゃいけない)難点があって購入をためらっていたのですが、それも解決できそうな目途がついたのでついにダウンロード購入しました。発売前からモニターを募集したりしてけっこう盛り上っていたので本当はもっと早く購入したかったんですけどね(笑)。
ちなみに、このコメンタリーキャストというのは「新選組!!」を実際に見ながら山本耕史くん、三谷さん、吉川Pが思い出や裏話を同時進行で語り倒しているもの。こちらはドラマを見ながら同時進行でこのコメンタリーキャストを聞き「あ~このシーンはそういう裏があったのね」など違った視点で楽しむというわけです。最近こういうのって特典で多いですよね。でも本当はDVD本体の特典としてつけてほしかったなぁ。パソコンでしか音声聞けないんで(苦笑)。

このコメンタリーキャスト、今日までに2回聞きました。1度目は画像を見ずに音だけ(笑)、2度目はパソコンで録画していたドラマを見ながら同時進行で

ものすごく面白かったです!

録画DVDはもう8回以上見てるので(笑)声だけ聞いてても情景が浮かんできてすごく楽しめたし、録画を見ながら同時進行だとその倍の充実感が味わえました。ちゃんとコメンタリーの冒頭で
「今からカウントダウン入るんで」
ってタイミングを教えてくれるところもナイスです(笑)。ただし『新選組!!』の録画を何度も見た人や本当に『新選組!』が好きな人じゃないとコメンタリーの楽しさは伝わらないかもしれません。山本くんたちの語りに意識が集中してドラマ自体を堪能することが出来なくなるからです(苦笑)。だから、純粋にドラマだけを楽しみたい方はコメンタリーは購入しない方がいいかもですね

以下、ちょっとしたネタバレ・・・

Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 時代劇

[ 2006/04/20 23:22 ] 新選組関連 | TB(0) | CM(4)

プリマダム 第2話

前回なんとなく見てしまった『プリマダムでしたが、うちのブログでの検索ワードでかなり人気があったので第2話も続けて見てみることに。それにしても日テレ系というのがネックだよなぁ・・・。だって、巨人戦の野球中継で放送時間が2回続けてズレこんでるし。今後も野球が多いチャンネルということで視聴率的にもけっこう苦戦が続くんじゃないかな。ちなみに初回は12%だったそうな。予測したよりは高かったと思うんだけど、さて今週は・・・

で、このドラマ。やっぱり『昼ドラ』に見えちゃう(笑)。主婦がやりがいを見つける話なので、今のところさしたる事件はなく平和でほのぼのしてるし危機感なく見られます。夜10時枠としてはちょっと物足りない気も・・・。それに中森明菜が相変わらずの微妙な演技力で・・・昼なら許されるけど夜の視聴者はキビシイから大丈夫なんだろうか?なんて心配もしてしまう(苦笑)。しかも設定が甘甘だよなぁ。この早い段階で『この人は心臓疾患で余命悟っちゃってバレエ踊れないんだ』と伝えてるんだもん。このあたりがちょっと興醒めしてしまう。
黒木さんは逆にかわいい主婦を好演していると思います。バレエと家事を必死にこなしている姿は見ているこちらが応援したくなるし。娘たちがバレエを応援してくれてるってエピソードも良かったです。黒木さんがカワイイ主婦なので、逆に古田さんのダンナが見てて腹たってくるんだよなぁ(←キャラがね 笑)。ラストのバレエ教室のぞいてる時の顔・・・

あれは恐ろしかった

夜向きだね、あのシーンは(笑)。

そうそう、戸井勝海さんは今回も登場。出番は3シーンで1シーンだけセリフがついてました。けっこう軽いキャラ(笑)?この先もう少し見せ場作ってあげてほしいなぁ~。

というわけで、来週もまた見る予定(笑)。
ちなみに夜ドラで見てから挫折した新ドラマは『ギャルサー』『ブスの瞳に恋してる』の2本。未見の作品が『てるてるあした』。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : プリマダム

[ 2006/04/19 23:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

実写版 「ちびまる子ちゃん」

実写バージョンの『ちびまる子ちゃん』が放送されました。すごいマンガに忠実に作られており、マンガの面白さやほのぼのさ温かさといったものが随所に見られとても楽しめました
お母さんがまる子の写真を見て微笑むシーンや、お父さんがひそかに自転車にミラーをつけてあげたエピソードなどちょっとした場面でもなんだか和んでしまいますね~。特に感動しちゃったのがお姉ちゃんとのエピソードたまちゃんとのエピソード。この2本は漫画やアニメ『ちびまる子ちゃん』で見たときもかなりジーンときたんですけど、実写版でもウルウルきてしまいました。子役たちの熱演には拍手です

それにしても、実写バージョンのキャラクターが非常に『ちびまる子ちゃん』を研究しつくしてましたね~。まる子や友達の子役達の上手いこと上手いこと。個人的にヒットだったのが花輪くんと藤木くんと冬田さん。特に冬田さんが激似でビックリでした(笑)。
大人の役者さんたちも面白かったです。まる子の家族ではやっぱりモト冬樹さんのおじいちゃんが大ヒット。心の俳句もあったし(笑)。『不幸の手紙』のオチでは思わず爆笑してしまいました!それから、きたろうさんの「佐々木のじいさん」もヒットだったなぁ。まさか出てくるとは思わなかったし(笑)。笠井アナの先生もかなりハマっててビックリしました。

10年以上前に大人になったまる子をドラマ化したのもあって(富田靖子さんがまる子だった)それもかなり楽しめたのですが、今回のマンガに忠実なドラマ「ちびまる子ちゃん」もすごく面白かったので子役達が大きくなる前に(笑)ぜひもう一本作ってほしいところです。

久々に漫画も読み直してみようかな。新作の「ちびまる子ちゃん」も読みたいなぁ~。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ちびまる子ちゃん

[ 2006/04/18 22:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

検索キーワード

うちのブログに密かに(?)アクセス解析を設置して毎回チェックしているのですが、毎日多くの方に遊びに来ていただけて本当に感謝しております。ありがとうございます

そのアクセス解析の中で「サーチワード(どんなことばを検索してきたのか)」というのがあるのですが、これがけっこう興味深いのです。
ここ最近で上位に来てるのが

『片岡愛之助』『東宝ミュージカル』『大河ドラマ 風林火山』

特に愛之助さん関連でたどり着いてくれているのが何となく嬉しかったりします。その割には記事があまりたいしたことなかったりで申し訳ないんですけど(爆)。

そんななか、ここ2日で急速に増えたのがなんと

『プリマダム』(笑)

この検索ワードがダントツでしてけっこうビックリしております。皆さん、けっこう『プリマダム』に注目しているとか!?これは私も毎週見てレポート書かなきゃいかんかな(笑)。とりあえず今週も見るつもりなのでそのときアップしますね。
[ 2006/04/17 23:05 ] その他ひとこと | TB(0) | CM(0)

『エリザベート』顔寄せ会見

多少話題から遅れた感がありますが先日『エリザベート』の顔寄せ会見が行われたようですね。人気作ゆえに「レミゼ」よりも壮絶なチケット戦線だった模様で・・・そんななか、私は2枚チケットを手に入れられた幸運をかみ締めております。キャンセル待ちや当日券もかなり厳しいということで、改めてこの作品の人気の高さを思い知らされた気がします。

で、新トートの武田真治さんですが・・・なんかヒョウ柄ジャケットに伸びた前髪と、写真で見る限りけっこう怪しい風貌(爆)。その怪しさがトート閣下にいい具合に影響すればいいなと、期待半分不安半分。未だに武田さんがどんなトートになるのか全然想像つかないんですよねぇ。チラシの扮装写真見るとけっこうイケてるんだけど、如何せん歌がどのくらいのレベルなのか気になるところ。まぁ、内野さんも初演の時はかなりヒドかったので(爆)演技面でなんとか武田さん特有の味を役に生かしてほしいなと期待しております
会見では
「ちっちゃいですけど帝王です」
と言って笑いを取っていたという武田さん(笑)。頑張ってほしいです!期待してます!!ちなみに私は12日と25日、両方武田トートを観られるのでその成長過程も楽しみにしたいと思います。

それにしても一路さん、エリザベート役で600回ですか。トートやフランツ、ルドルフはダブルキャストなのにエリザベートはシングルキャストでずっとやってきてますからね。あ、ルキーニの高嶋さんもシングルか。すごいことだと思うけど、他のキャストでも見てみたいなぁ。エリザベートやルキーニをダブルにしてもいいと思うんだけど・・・。事情があるのかもしれないけど・・・。未だにルキーニは宮川浩さんで観てみたいと思ってしまう私です。

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

見続けられそう、『純情きらり』

純情きらり―連続テレビ小説
津島 佑子 浅野 妙子
日本放送出版協会 (2006/03)

最近視聴率低迷ともっぱら評判のNHK朝ドラ(苦笑)。前回の『風のハルカ』は前半から中盤までがあまりにもついていけないテンションだったので後半しか見なかったのですが、今回の『純情きらり』は最初からけっこう安心して見れる感じがします。
主演に宮崎あおいちゃんを起用したのも良かったかも。彼女、オーディションなしで選ばれた女優さんということもあり、無理していない自然な演技に好感が持てます。それに可愛いしね。脇の役者さんたちも上手い人をそろえてますし、今後も期待できるドラマになると思います。
今日の放送で早々と三浦友和さん演じるお父さんが他界。おじいさん役の八名信夫さん
『おまえのことをまだ許したわけじゃない』
と嘆いているシーンはかなり泣けました
来週はいよいよ劇団ひとりが登場。バラエティとは違った演技に期待してます!それから達彦役の福士誠治くんにもかなり期待。久々に楽しみに朝ドラになってきた(笑)。

さて、今月は大阪遠征で歌舞伎三昧+レミゼ観劇でかなり散財してしまったので来月の『エリザベート』まで観劇予定なしです。本当は久々に『オペラ座の怪人』とか観に行きたいんだけど・・・我慢です。ちなみに5月はかなり予定が詰まってます(爆)。今月よりヤバイかも!?

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK:朝の連ドラ

[ 2006/04/15 12:32 ] 朝ドラ 純情きらり | TB(0) | CM(4)

プリマダム・・・

全然見る予定なかったんですが、なぜか誤ってDVDハードに録画して残っていた日本テレビ系新ドラマ『プリマダム』・・・見てしまいました(笑)。

テーマといいストーリー展開といい・・・これはモロ

TBS系の『昼ドラ』

じゃないですかっっ(爆)。これ夜・・・しかも22時台に放送して視聴率取れるのかなぁと真剣に心配してしまいました
黒木瞳さんはかわいい主婦を演じてますが(古田さんが黒木さんを罵るシーンは心底頭にきたっ)、中森明菜さんは・・・何とも表現しがたい自分の息子を尾行するシーンでの『電車の乗り方も降り方も分からない』というのはありえないだろう(苦笑)。そんなベタな展開もいかにも昼っぽい。それから、小林十市さんがファーストフード店でいきなり32回転するっていうのも・・・これも昼枠で許される演出だしなぁ(苦笑)。

これはツッコミどころ満載過ぎて・・・来週も見ちゃいそうだよ(爆)。バレエのドラマということなので、もしかしたら西島千博さんも登場するかもしれないし
あ、戸井勝海さんが出演してたのにはびっくりしたなぁ。レギュラーなんでしょうか? 戸井さんがいつまで出演してくれるのかも興味あり。

果たして打ち切りという事態にならずに続けられるのか!?

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ドラマ

[ 2006/04/14 22:53 ] 未分類 | TB(1) | CM(2)

日生レ・ミゼラブル 4/10



こちらの記事は別ブログへ移転しました。
お手数ですが、以下のリンクから移動願います。





ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2006/04/13 22:48 ] レ・ミゼラブル | TB(1) | CM(-)

大阪最終日も愛之助さん

IMG_1652.jpg
堪能しまくった大阪旅も4/8がいよいよ最終日。
友人から『大阪歴史博物館で愛之助さんの声が聞ける』という情報を頂いたのでさっそく出向いてみることに。
この博物館の主に10F~7Fまでがメインフロアになってて、大阪の歴史を色々見て回ることができます。こういう歴史ものが好きな私は結構楽しんで見学。
で、お目当ての愛之助さんの声が聞けるフロアは9F。『文学人形の解説』と聞いていたのでてっきり「文学の歴史」を紹介しているのかと思いきや、「浪花屋寅之助」という文学人形がひとつひとつのコーナーで大阪の江戸の雰囲気を解説してくれるというものでした。この「浪花屋」さんの声を充てているのが片岡愛之助さんというわけ
この愛之助さんの声、5年前に収録されたものだとか!そういえば今よりもちょっと声のトーンも高いし語り口調が若々しかったなぁ。それがもう、この愛之助さんの声が文学人形の浪花屋さんとすごいマッチしてて可愛いんですよなんともアンニュイな柔らかい大阪町人らしいセリフが最高!!しかもコーナーごとで解説してくれるので9F中世近世フロア中に愛之助さんの声が響き渡ってるわけで・・・正直、

『萌え~~(爆)

って感じで幸せでした(笑)。愛之助さんの声には私を和ませる何かが潜んでいるに違いない!結局このフロアで1時間以上過ごしてしまった

IMG_1612.jpg
↑こんなミニチュア江戸の世界を愛之助さんの声で解説してくれるんですよ~。

と、思いもかけず最終日も愛之助さんに癒されまくってた私なのでした(笑)。その後、別の友人と合流して松竹座楽屋口前の洋食店で楽しくお食事。本当に楽しかった~

大阪でお世話になった皆さん、最後に本当に本当にどうもありがとうございました!
以上、私の大阪遠征記でした。
[ 2006/04/13 17:26 ] 片岡愛之助さん | TB(0) | CM(10)

浪花花形歌舞伎 二日目(第1部・第3部)

IMG_1565.jpg
大阪2日目(4/7)は色々な意味で濃い~~~1日でした。
実は、この日の朝12時からの1部を観劇する前に少し早くホテルを出て大阪探索していたら・・・なにやら前の方からどこかで見たことのある人が歩いてきて、「はて?この人どこかで?」と思いながら距離が近づいた時に

「あっっ!」

なんと本当に偶然にも素で歩いてる(←当たり前 爆)片岡愛之助さんとすれ違ってしまったんです。特に入り待ちするわけでもなく普通に歩いてて愛之助さんと遭遇してしまった私は第3部の当日券を購入(爆)。

というわけで、以下1部・3部の感想です。


Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 歌舞伎

[ 2006/04/12 19:05 ] 古典芸能関連 | TB(3) | CM(5)

浪花花形歌舞伎 一日目(第3部)

第2部が終了した後、一度劇場外へ出なければならなかったのでこの時間を活用して道頓堀近郊の写真を撮りまくってました(笑)。ちなみに家に着いてからデジカメをダウンロードしたところ153枚という脅威の文字が(爆)。
IMG_1554.jpg
夜の松竹座も綺麗でした。建物に趣を感じますね。

ということで、以下第3部のレポートです


Read More

[ 2006/04/11 23:55 ] 古典芸能関連 | TB(0) | CM(2)

浪花花形歌舞伎 一日目(第2部)

ついに大阪遠征実行してしまいました。単身、愛之助さんの歌舞伎観たさに大阪入りしましたが、現地ではそれ以上にステキな出来事が盛りだくさんで・・・すごく楽しかったお世話になりました皆さま、本当に本当にありがとうございました!!

というわけで、まずは大阪観劇一日目(4/6)レポです。

大阪に着いてから友人と会って難波の街を案内していただきました。美味しいタイ料理も満喫させていただき、とても有意義な時をすごしました。
で、現地に行って気がついたのですが・・・私は偉大なる勘違いをしてた(爆)。宿泊するホテルと『浪花花形歌舞伎』上演中の大阪松竹座劇場、これが意外と距離があったのですが・・・実は、このホテルのすぐそばに『新歌舞伎座』なる立派な建物がありましてこれを『大阪松竹座』と呼ぶものなんだと思い込んでたのです。ちなみに新歌舞伎座では『川中美幸』公演をやってました…(笑)。
IMG_1580.jpg
↑これ(笑)

松竹座はその先にある道頓堀にありました(爆)。

前置きが長くなりましたが(いつものことだけど 爆)以下、舞台感想です。この日は2部と3部を観劇しました。客席総入れ替えのため、2部が終わった後は外で待機。この時間は道頓堀の写真撮りまくってました(笑)

Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 歌舞伎

[ 2006/04/10 10:43 ] 古典芸能関連 | TB(1) | CM(2)

明日から大阪遠征

チラホラとそれらしきことは書き込んでおりましたが(笑)、正式に告白するのはこれが初めてかと・・・。

明日6日~8日まで大阪で上演されている『浪花花形歌舞伎』を観に遠征してまいります!!大好きなミュージカルでさえ大阪遠征はしたことがなかったのに歌舞伎で大阪遠征実現という運びになろうとは・・・昨年までは夢にも思ってていませんでした(爆)。ここまで私を動かしたのは・・・らぶりんこと片岡愛之助さんです(^-^ゞ。2月の「真っ赤ならぶりん」を初めて観たときに(笑)『この人の歌舞伎をもっと観てみたい!』と痛烈に感じ、決断した次第です。この私の決断に大いなるサポートをしてくださったrukoさんには本当に感謝感謝でありますm(__)m。

日程予定は以下の通り。
6日に第2部「土屋主税」「お染の五役」と第3部「浪華騒擾記 大塩平八郎」
7日に第1部「伊勢音頭恋寝刃」
8日はフリー

特に伊勢音頭恋寝刃は愛之助さんが主役とのことなのでものすごく楽しみ!東京の歌舞伎座の方では仁左衛門さんが同じ役を演じていらっしゃるとのことでプレッシャーも大きいと思いますが、初日をご覧になった方の感想だと愛之助さんもかなり健闘しているとか。なんか今からどきどきしちゃうなぁ~
先月の対談を聞いた時に歌舞伎(特に上方)に関してとても真摯に向き合っているなぁと感じたので、そんな愛之助さんの演技を生でじっくり堪能したいと思います。あぁ~・・・らぶりんの歌舞伎を大阪で観れるってなんだか幸せなことなのかもしれないなぁ。

もしかしたら最初で最後の大阪遠征かもしれないので、楽しんでこようと思います!千葉に帰ってからレポート入れますね。
[ 2006/04/05 17:27 ] 古典芸能関連 | TB(0) | CM(2)

菊田一夫演劇賞

菊田一夫演劇賞が発表されました。今回の受賞者はほぼ全員がミュージカル関係者ということで、ファンとしては嬉しいところです。

大賞には「ジキルとハイド」での熱演が記憶に新しい鹿賀さん。大好きな作品が対象に入っていて嬉しいです。「レミゼ」のジャベールも対象になっているので、観損ねた私はちょっと悔しかったりするんですけど(苦笑)。

演劇賞には来年大河主役が先日発表された内野さん、「ジキハイ」での進化するルーシーが印象的だったマルシアさん、対象作品は観れなかったけど近年活躍目覚しい新妻さん、そして「アルジャーノン」での感動的な熱演が印象的だった浦井くんが選ばれました
内野さん、絶好調ですなぁ~。先日の大河発表の時の坊主頭がかなり気になってはいるんですが(笑)メタルマクベスはあのまんま!?でもこうして内野さんの実力を賞として評価してもらうのはファンとしても嬉しいですね。それから、浦井くんが「アルジャーノン」から選出されたこともすごく嬉しかった!ほんっとにビックリするくらい浦井くんのチャーリーには感動させられたので。これからの彼の成長ぶりがますます楽しみになってきました!いつか洋平くんも選ばれるといいなぁ~

特別賞にはビリー先生こと山口先生が選ばれました。最近色々なミュージカル作品でこの方の名前を見ないときがなくなってきましたし(笑)今後ますますの活躍を期待したいです。
[ 2006/04/04 23:34 ] Musicalな話題 | TB(0) | CM(2)