FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

武田トート

今年の『エリザベート』は帝劇改装工事の為に日生劇場で行われるということで、しかも1ヶ月のみということもあり激しいチケット戦線が既に始まっております。内野さんが出演しないので、今回祐一郎さんとWキャストで組まれたのがなんと武田真治さん。最初にキャストが決まった時はかなりビックリしたのですが、某所で武田トート掲載の写真を見てみると・・・ビジュアル的にはかなりイイ感じでした。もともとジュノンボーイ出身だし外見はけっこうキレイでカッコいいんですよね、武田さん。中身はちょっと不思議系キャラって感じでしたけど(笑)今はどうなんだろう?最近ドラマでよく見かけるようになってきたのですが、ミュージカルは大丈夫なのかなぁ。
とにかく彼がミュージカルの舞台で歌っている姿が想像できないので『見てみたい』という想いはけっこう強いです。WOWOWで『電車男』舞台版の主演をしている武田さんを見ましたが、けっこう良い演技してたんですよ。これはもしかしたら『エリザ』でも化けるのでは!?な~んて、かなり期待したりして

でもなぁ・・・問題は・・・

チケット取れるのか!?

これに尽きますわ。日生って言ったら帝劇よりも座席数ないし、チケットガイドに申請している先行も当選する可能性はきわめて低いし・・・。去年は運良く3回観れたけど、今年は本当にダメかもなぁ。でも興味あるなぁ・・・武田トート・・・

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

今日は定刻どおり

先週はホリエモンのせいで微妙に開始が遅れた『水戸黄門』でしたが今日は無事に定刻どおり放送されました。長めに予約時間を撮っておいたので違う番組まで入ってしまいましたが(苦笑)、これでひと安心です。
今日は由美かおるさんが水戸黄門出演600回(!!!)記念ということで、お娟さんスペシャル。お風呂シーンから始まり(笑)男装姿や芸者姿、忍者姿と、色々楽しませてくれましたが・・・この方50超えているとはとても思えませんなぁ・・・。あの美しさとプロポーション、ため息モノでございまする
でも、その代償として合田格さんの出番がものすごく短かったのが残念。助さんの道場立会いシーンはあるのに格さん立会いシーンは全然なかったのは何故!?いつも水戸黄門は『合田スペシャル』として合田さんのシーンだけを編集してDVDにしているのですが(笑)、今日の回はものすごく短くなりそうだ(爆)。

そういえば、愛之助さんが以前『水戸黄門』に出演したという話をキャッチしまして・・・過去の編集DVDを探してみました。ただ、上述のように私は合田格さんオンリーのものしかDVDに入れてないので(笑)ラブリンは残ってないかもなぁと思っていたら・・・その回(33部の最終回スペシャル)だけはノーカットでまるまる残ってましたあのとき、私が愛之助さんに落ちるのを予感していたかのような奇跡でございます(笑)。で、見てみると・・・

「お~!凛々しいサムライだぁ!」

残ってて良かった・・・(笑)

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 今日見たテレビ番組

[ 2006/01/30 23:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

『12人の優しい日本人』WOWOW生放送

昨年、奇跡のチケットゲットで観劇しめちゃくちゃ楽しんだ三谷幸喜さんの『12人の優しい日本人』が本日WOWOWで生放送されました!前回、『オケピ!』放送された時はWOWOWに加入してなくて悔しい想いをしたのですが・・・今回はめでたく放送観ることができました~。今回生放送されたのは大阪公演。明日が大千秋楽というなか、一番盛り上がりを見せている時点での生放送は嬉しかったですねぇ
WOWOW生放送という事で、開演前に三谷さん直々の前説もありました。そこで明かされた生瀬さんのエピソードには笑っちゃう・・・というか「おーー!」と感動してしまった(笑)。生瀬さんはもうこの舞台の中でほとんどしゃべり倒しているのですが、あるシーンだけは出番がないんですよ。その隙を突いてトイレに行っていたらしいです(笑)。最後に三谷さんから「生瀬!トイレは今のうちに行っとけ!!」と喝が入ってました

昨年生で見て以来の『12人~』でしたが、今回テレビで見てもやっぱり

面白かったっっ

休憩も音楽もない舞台なのに、何でこんなに目が離せないくらい面白いんだろう~。皆さんの演技もますます熱くなってて、特に江口さんはかなり良くなっててビックリしました。連日のお疲れからか、けっこうセリフをかんでしまう人もいたのですが皆さんそれも全く気にならないくらいの熱演で約2時間半たっぷり楽しませてもらいました
そうそう、私が見に行った時に6号が書いていた絵は耐震偽装のア●ハ氏だったんですけど(爆)今回は松山千春の親友であるム●オ氏になってました(笑)。あのイラスト、サイコー!テレビなのでアップで絵が映るので面白さ倍増でした~!テレビってこういうところがいいですよね。たまにピントがずれることがありましたが、それでもそれぞれの登場人物の表情がすごくよく分かるし、プリンアラモードがどのくらい減っているのかも分かったりしますし(笑)、細かいところがいろいろツボで楽しめました

WOWOWは来月も再来月も舞台中継かなり頑張るみたいです!パルコ歌舞伎も生放送するらしいので、これはチケット取れなかったこともありすごく嬉しい。楽しみは続くよ~。

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 演劇

[ 2006/01/28 22:43 ] ストレート演劇 | TB(2) | CM(5)

好みの傾向

今日は大阪と岡山から観劇遠征に来ていたAちゃんとMさんにお会いしてきました。当初の予定ですと、お二人がマチネの『ベガーズ』を見て・・・私がソワレの『ベガーズ』を見る前の間に会おうという事になっていたのですが・・・前述の通り私は今日の観劇分を手放してしまったので(爆)羽田空港でご対面ということになりました。でも、そのほうがゆっくり話が出来たから結果的にオーライってことで・・・(笑)。
久々のプチオフ会はとっても楽しかったです。で、そこで話題になったんですけど・・・私にはどうやら観劇作品でダメなものにあるひとつの傾向があることを指摘されました(笑)。それは・・・

劇中劇モノ



芝居以外の役者による客いじりモノ

この二つの要素がある場合は自分の好みに合わないことが判明しました。『ベガーズ・オペラ』はまさにこの二つの要素が見事に含まれてたわけで(爆)・・・もろ個人的にアウトだったという。他にも今まで見てきた作品の中で『砂の戦士達』(劇中劇)、『ゴッド・スペル』(役者の客いじり)、『ラ・マンチャの男』(劇中劇+松本幸四郎の声が聞こえなかった 爆)はたしかにあまり良い思い出がない・・・(苦笑)。
今後、チケットを購入する場合には予習も大切だということを肝に銘じとこうと思います(笑)。

と、そのほかにも色々と・・・短い間でしたけど濃密なトークで楽しかったです 有難うございました!
今度は私も遠征したいなぁ。
[ 2006/01/26 23:17 ] Musical観劇作品 | TB(0) | CM(0)

見てしまった・・・シベ超5(爆)

表題の『シベ超』とは、かの水野晴郎さんがMIKE MIZUNOとしてメガホンを揮っている『シベリア超特急』のことです(笑)。いや~、まさか自分が『シベ超』見ることになるとは夢にも思ってなかったですよ(爆)。だって、これって完全に水野先生の趣味の世界で見るからに怪しそうですし、水野マニアの人しか見ないだろうと思ってました。
では、なぜ、そんな私が『シベ超』のDVDをレンタルしてしまったか・・・。ええ、お気づきの人も多いと思いますが・・・この『シベ超5』に

片岡愛之助さんが出演していたから

なんですよ(爆)。『新選組!!』の配役を決める時、三谷さんが『シベ超5』を見て愛之助さんに決めたという秘話をしていて(映像には出ない人だと思ったらシベ超に出てたからOKだと思ったらしいです 笑)そのエピソード聞いた時から気になってたんです。しかも、主演っぽいし、ラブリン目当てということであればけっこう楽しめるかなと。ところが、この映画、想像以上にぶっ飛んでて・・・ほとんどが

ありえねぇぇ!!!

な展開オンパレードでして、もう、終始笑わせていただきました、色々な意味で(笑)。特急列車の上で殺陣があったり(爆)、ガッツ石松の手が全くありえない展開になってたり(爆)、ラブリンが電車から飛び出してなぜか変な滑車に乗って絶叫した上に車内へ無事帰還してしまったり(爆)・・・もう、ドラマに見入るというかあまりのB級っぷりに圧倒されっぱなしでした。まさに水野先生の趣味の世界なんでしょうなぁ~(苦笑)。
それなのに、キャストがかなり豪勢でビックリ!主演の愛之助さんや(いや、あれは主演・水野晴郎だったな 爆)進之助さんのほかにも我當さん、秀太郎さん、福助さんといった歌舞伎役者や淡島千景さん、岡田真澄さんといった重鎮もいらっしゃる。恐るべし、水野晴郎(笑)。

あ、でも、愛之助さん中心視点で見ると・・・けっこう私的にはって感じでした(笑)。ラストの奇妙なオチも可愛いし(笑)。なんかラブリンってⅤシネに興味あるらしいからこういった作品に出るの好きなのかもねぇ。・・・って私、かなりラブリンにハマっているらしい(爆)

ジャンル : 映画
テーマ : DVD

[ 2006/01/25 23:24 ] DVD作品 | TB(0) | CM(4)

新選組!!DVD発売決定(嬉)!!

新選組!! 土方歳三最期の一日
ジェネオン エンタテインメント (2006/04/21)

ついに正月に放送された『新選組!!土方歳三最期の一日』のDVD発売日が決まりました1月に放送されて4月の発売ですから、けっこう早かったですね。初回特典はアウターケースです。ファンの皆さん、早めに予約しましょう
で、内容をチェックしてみますと・・・本編89分+映像特典としてメイキングと京都トークショーが入るのだそうです。この特典がものすごく楽しみ!!ただ、DVDディスク1枚のみというのが何となく物足りないと思うのは贅沢すぎるでしょうか(笑)。本編カットされた榎本さんと大鳥さんの

『また土方がやってくれたようだ』(榎本said)
『あんたは土方に甘すぎる』(大鳥said)

といった五稜郭ジオラマ前での会話シーンも見たかったなぁ。メイキング本の写真にはこの時の様子が掲載されててけっこう可愛いんですよ~。確かこのやり取りは3日の総集編スペシャルで予告編としてセリフだけが流れていたんですよね。あ、そういえば予告編は特典に今回入りませんでした。録画しといてよかった

ちなみに私はBS2で録画したものを4回観てます(笑)。本当はもっと観ていたいんだけど、なんとなく勿体なくて切なくて・・・。その代わり・・・ではないのですが(笑)、今は『新選組!』本放送のDVDを見てます。多摩編から京都編へいく回あたりなどは今見ると当時の倍感動してしまいますね。完全に私、『新選組!』&『新選組!!』を

愛しちゃってます(笑)

あ、そういえば本編の完全版BOXがついにメーカー生産終了したそうです。購入を渋っていた方はここらで思い切っていかがでしょう?←昨年末に思い切った私(笑)。あれはもう、ファン必携モノですよん

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント (2005/02/25)
売り上げランキング: 2,405
おすすめ度の平均: 4.96
5 是非”ノーカット版”を!
5 たのしい
5 ぜひ完全版で!

新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOXはAMAZONEではユーズド商品として現在販売中。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 新選組!&新選組!!

[ 2006/01/24 09:59 ] 新選組関連 | TB(3) | CM(6)

ふたりの格さん

今日の『水戸黄門』はホリエモンのせいで10分遅れ。録画時間がずれてしまい、あわててセットしなおしましたよ(苦笑)。

ついに黄門様が鹿児島に到着。ここで出逢ったのは元・格さんでした(笑)。まさに新旧格さんのそろいぶみで、合田さんと伊吹さんが同じ画面に映るシーンが多かったです。いやぁ、元・格さんはやはり迫力がありましたぁ。合田格さんがとても可愛く見えてしまった。アクションも伊吹さんは重厚で合田さんはスマートって感じで、二人を比べて見るのも楽しめた回でした。

次回は由美かおるスペシャルだとか。由美さん、水戸黄門とのお付き合い長いしね。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 時代劇

[ 2006/01/23 23:04 ] 合田雅吏さん | TB(1) | CM(4)

曽根崎心中

関東にもついに大雪が降ったのですが、そのなか、急に思い立って(笑)歌舞伎座に行ってきました。もともと歌舞伎は好きだったのですが、なかなか観に行く機会がなくて・・・。でも、最近ではテレビで活躍する役者さんも多いので思い切って生の歌舞伎を観てみようと・・・。

とりあえず今日は久々ということと、突然でもあったので(笑)、一幕のみの観劇。ちょうど着いた時間に受け付けていたのが『曽根崎心中』でした。この大雪の中でも立ち見状態になるほどの盛況ぶりでビックリ!歌舞伎ってやはり人気あるんですねぇ。それに、今回は坂田藤十郎さん襲名披露とあって熱気がありました。4階席から見下ろす形だったのですが、距離感はあまり気になりません。ただ、花道が全く見えないのと女形さんの声が聞こえづらかったのはちと残念。ま、1500円だったし、仕方ないですけどね(苦笑)。

曽根崎心中は題名は知っていたのですが中身までは知らなかったので、新たな発見が色々ありました。多少聞き取りづらく分からない部分もありましたが、時折笑えるキャラも出てきたりして楽しめました!まぁ、心中モノですから最終的には悲しい話なんですけど・・・。
印象に残ったのは橋之助さん。一度彼の歌舞伎は観てみたかったのですが、やはり巧いです!人を陥れるどちらかというと『悪』なキャラだったのですが、どこか憎めず楽しませてくれました~

これをキッカケに、来月も歌舞伎観に行こうかな。あ、来月は『新選組!!』で榎本を演じたラブリンこと愛之助さんが出演するんだった!これはもう少しいい席で見たいかも

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 歌舞伎

[ 2006/01/22 00:47 ] ストレート演劇 | TB(0) | CM(0)

ベガーズ・オペラ

昨日、日生劇場で上演中の『ベガーズ・オペラ』観に行ってきました。世界で初めて上演されたミュージカルということだったのですが、観劇前までほとんど情報を仕入れず・・・まさにこちらとしても冒険でした(笑)。

舞台美術は帝劇で見た模型のものよりも数段迫力ありましたね。とある教会を貸しきって乞食たちがオペラを上演する、といった筋書きなので雰囲気はどことなく教会の感じが漂ってました。周りを囲んでいる柱はものすごく高く、そこを役者が昇り降りずっとしていて「高所恐怖症の私にはできないなぁ」と妙なところで感動してしまいました。奥行きの方も客席から見えるようになっていて、オペラを書き上げたという設定になっている橋本さとしさんはどのシーンでも後ろのほうにボーッと見えててちと恐かったです(笑)。それから脇にせり出しているオペラちっくなボックス席も印象的でした。おもわず『オペラ座の怪人』思い出してしまいましたが、あちらのセットよりも豪華でしたね(笑)。ここには金田さん演じる老役者や出番のないベガーズたちが交互に座って騒いでました(笑)。

この舞台の売りの客席日生劇場の舞台上に上手・下手に分かれて5列くらい横向きに配置されてました。また、すぐ下のオケピゾーンにも同じように客席が配置されていて、ここに座る人たちには絶えず上演中の役者さんから同意を求められたりいじられたりしてました(笑)。私はあそこに座ってみたかったかというと・・・正直それはないかな。舞台上には上ってみたいですけどね・・・。なんか話に集中できなさそう(苦笑)。

さて、ここから先は・・・
『ベガーズ・オペラ』を愛している方やこれからご覧になる予定でワクワクしている方は読まないほうが賢明です(爆)。

もしも読んでしまった場合の苦情などは一切受け付けませんので・・・(苦笑)。どうぞご注意ください。


Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2006/01/21 22:31 ] Musical観劇作品 | TB(0) | CM(9)

海老蔵の『信長』

新春に小泉首相が観劇して話題になった新橋演舞場で上演中の『信長』を観に行ってきました。何故私がこの芝居を観に行ったかと言えば…

田辺誠一さんが出てるから

これだけでございます(爆)。最近は大人計画や新感線の舞台に出演していたようですが、チケットが取れないのと大人計画に苦手意識があるので観に行かなかったので、舞台生田辺さんは本当にお久しぶりでした。以前、蜷川演出の『新近松物語』を観に行った時、田辺さんの顕著な成長ぶりが見られたので今回も楽しみにしておりました。

新橋演舞場は本当に久しぶりに訪れたのですが…やはり歌舞伎界プリンスの海老蔵が主演しているということもあってか、年齢層はかなり高め。チラッと見かける同年代の人を見てはホッとしたりしてました(苦笑)。発売日に購入したので座席は前より中央の非常に見やすい場所で視界もよく楽しめました

演舞場ということもあって花道の演出も多く、印象としてはストレート演劇要素と歌舞伎要素がミックスされているといった感じ。位牌から火が噴出したり(笑)、大雨でカミナリが鳴るシーンでは客席の明かりをチカチカさせたりとなかなか面白い迫力ある仕掛けも多くてけっこう楽しめました。一番感嘆したのはセットの大きさ。舞台がかなり大きいのでセットもかなり壮大、しかもよく出来ています。ラストシーンでは本能寺が燃えながら回転したりして見応えありましたよ
ストーリーに関してですが、私個人としましては…

単純に面白かった

です。信長の歴史ダイジェストを見る感じで、今の大河よりも『面白い』と感じました。そりゃ、思い返せばダメだしもいくつかあるにはあるんですけど(苦笑)、あまり考えて見るというようなシーンがないので全体的に分かりやすく楽しめました。
ちなみに、ダメ出し的な部分は・・・『歴史』として見ると違和感を感じてしまうような脚本、かなぁ(爆)。そこを突き詰めるとダメな人には本当にダメだと思うし、海老蔵ファンとか私のような田辺ファンといった個人的ファンではない人はちょっと受け付けられないっていうのもでてきちゃうかも。なのでこれは『フィクション痛快時代劇』といった感覚で気楽に観るのが一番楽しめる演劇なのではないかと思いました。

以下、キャスト感想(ネタバレもあり)です

Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 演劇

[ 2006/01/16 22:20 ] ストレート演劇 | TB(0) | CM(0)

功名が辻 第二回

先週から始まったNHK大河ドラマ『功名が辻』。大河は毎年の習慣として今回も見ているわけですが・・・なんともキャストの年齢が気になって仕方がない(苦笑)
主演の仲間さんや上川さんはともかく、信長・秀吉・ねね・市といった主要人物の平均年齢が50代に迫るっていうのがどうしても馴染めないんですよ。戦国時代モノ大河で最近は同じ配役で若いキャストが多かったので、いきなり年齢が上がっちゃうとどうも見ていて違和感を感じて仕方がなく感情移入がしづらい。大御所キャスト勢揃いでたしかに『豪華』といえるのかもしれないけど、私はなんだか見ていてすごく疲れちゃうんだよなぁ…

あともうひとつ気になるのが、近年同じテーマの大河ドラマで出演していたキャストが違う役柄で出演していること。香川さんは『利家とまつ』の秀吉を演じていて、今回どうしてもそのイメージで見てしまう。津川さんと西田さんは『葵三代』でそれぞれ家康と秀忠を演じていて、特に西田さんは家康よりも秀忠の記憶が濃い。10年くらい経った後であればまだいいんだけど、間があまり開いていない同じテーマでの同じ出演者というのは個人的にはちょっと混乱しちゃうんですよね

そんなわけで、今回の『功名が辻』・・・まだ始まったばかりですが個人的にはちょっと不安要素が大きいです。まぁ、まだ主演の二人の出番が少ないこともありますけどね。上川さんが出てくるとなんかホッとするんで(笑)、今後もっと出番増やしてほしいです。あとは主演の由紀絵ちゃんがどれだけ頑張れるか・・・。

ちなみに、今のところ一番印象に残っているのは先週の舘ひろし信長

くぁくぁるぇえええ~!!
(訳・・かかれ~!)

です(爆)。あれには大爆笑させていただきました(笑)。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 大河ドラマ

[ 2006/01/15 22:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

FMラジオに西島千博さん

今日から公開の映画『るにん』のプロモーションも兼ねてか、西島千博さんがFMラジオ(J-WAVE)に出演されてました。去年の暮れ、落とし穴に落ちるがごとくハマった私(爆)としてはこれはまたしっかりチェックしておりましたです(笑)。で、聞いた感想ですが・・・

やっぱこの人面白い(笑)

パーソナリティーの方も終始西島さんのペースに乗せられて笑いっぱなしでしたよ(笑)。事前アンケートで「今悩んでいることは?」とあったのですが、その回答が

老後

ですよ(笑)。何故今老後の悩み!?って感じですよね(笑)。しかもあのオットリした口調でマイペースにお話しているからなおさらこちらもつられて笑っちゃうみたいな。それから「自分トリビアは何ですか?」との質問には

右腕にボタンが埋まってる

といった珍回答も(爆)。実際ラジオでは分からないんですが、あとから更新されていた番組のサイトを見てみると・・・なんと、本当にボタンらしきものが腕の中に!それをまたケロッとした感じでケタケタしゃべってるから面白いんだよなぁ(笑)。なんか、この人といると『幸せ』でいられそうな気がする今後はクリエイティブな仕事をしていきたいということで、これからも頑張ってほしいと思います。

ちなみにアンケートの失敗談のところには先日のスタジオパークで風邪で声がでなかったことが書かれてました。やっぱり気にしてたのね(笑)。

番組HP

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : FMラジオ

[ 2006/01/14 22:05 ] その他気になる人々 | TB(1) | CM(0)

祝・「オペラ座の怪人」汐留1周年

IMG_0895.jpg
入り口でもらった記念品のコースターです♪

昨日、今年の観劇初めとなる劇団四季の『オペラ座の怪人』観に行ってきました。去年の観劇納めも『オペラ座の怪人』だったんですけど(笑)、やはり今年も『オペラ座~』一色になりそうな気配!?
何故この日を観劇日に選んだかというと・・・汐留公演1周年記念公演だから。発売日前からチェックし、初日に必死に電話してゲットしました(ネットはつながらなかったんで 苦笑)。しばらくは座席が余っていたようなので「あれ、皆知らないのかな」と思っていたのですが、さすがに当日は全席売り切れの満席でした(←イルムート時のフィルマンのセリフが実感あるものになるんだよね 笑)。テレビカメラも入っていてかなり熱気にあふれてました。今回の座席は気合入れてチケット取ったおかげか久々の1ケタ台センターブロックでとにかく役者さんたちの顔筋肉の動きがみえるくらいだったので非常に感情移入しやすかったです。しかも、シャンデリアが上るときや下る時のスリルもリアルに感じられたし・・・うーん、やはり前方中央席は迫力が違うなぁシャンデリアの下の車輪も初めて見ちゃったよ(笑)。

以下、主要キャストの感想です。


Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 劇団四季

[ 2006/01/13 18:12 ] オペラ座の怪人(四季) | TB(-) | CM(-)

2005年私のベスト5

遅ればせながら、恒例の(?)年間観劇私的ベスト5を発表したいと思います。毎年本館のHPで発表していたのですが、今年はコチラのブログから失礼します

昨年は16本の作品観劇で計45回劇場に足を運びました(つまりリピーター)。結婚前は年間約70回の劇場通いをしていたわけですが(爆)、結婚後のこの記録は正直かなり自分でも「行っちゃったなぁ」と思うくらい快挙な数字となりました。観劇した作品16本をここで挙げておきます。カッコ内は観劇した数です

<ミュージカル>
タック・オペラ座の怪人(11)・エビータ・レミゼラブル(7)・シンデレラストーリー・ナイン・風を結んで・モーツァルト!(3)・CATS(3)・アスペクツオブラブ(4)・エリザベート(3)・李香蘭・マイフェアレディ・ジキル&ハイド(3)
<ストレート>
OZ(2)・お父さんの恋・12人の優しい日本人


そして私的ベスト5は・・・

Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2006/01/12 09:18 ] Musicalな話題 | TB(0) | CM(2)

おはスタに三谷さん

新婚当初(横浜にいたとき)は毎朝見ていたテレビ東京系の『おはスタ』。千葉に越してきてからすっかり見なくなっていたのですが山ちゃんの代わりに(大阪『12人の優しい日本人』のせいらしい)三谷幸喜さんが出るということで久々に『めざまし』から『おはスタ』にチャンネル合わせてみました。すると・・・三谷さん、オープニングからなんとも言えないノリで突っ走ってました(笑)。もう、朝っぱらから大笑いさせていただきましたよ~!あまりに面白いんで録画しちゃった(爆)。
段取りも何も、もう三谷さん終始混乱状態で、鉄拳に突っ込まれる有様(笑)。それでも最後には「ようやく慣れてきたんで、山チャンもう帰って来なくてもいいからね」とコメント(爆)。明日も担当するらしいけど、大丈夫か!?まったくこれがあの感動の「新選組!」を書いた人だなんて信じられないよなぁ(笑)。それにしても、改めて山寺さんのMCの巧さを思い知らされたって感じですねぇ。さすが山ちゃんだ!

ところで、大人の私はかなり爆笑で楽しめたけど(ダンナも朝から爆笑してたし 笑)、いつも見ている子供達はどう思ってんだろうか(爆)。明日も頑張れ、コーキー(←ボディアクションで自己主張してました、三谷さん 笑)

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : TV番組

[ 2006/01/11 17:16 ] テレビな話題 | TB(1) | CM(0)

ブロードウェーの100年

先週NHKで再放送されていた『ブロードウェーの100年』。NYブロードウェーの変遷について5回連続で放送されたのですが、古き良き時代の作品から最近の進化型作品まで幅広く網羅されていて非常に面白かったです。市村さんのナレーションもなんか温かい感じでしたしね
最近のウィーンミュージカルやロンドン発のミュージカルは物語もしっかりしているし曲も酔えるものばかりで私も大好きなのですが、ロジャース&ハマーンスタイン作品のようなちょっと古典的な作品も素晴らしいと思うんですよね~。なんといっても私を舞台観劇に駆り立てるきっかけとなったのがR&Hの『回転木馬』でしたし。あと見たことはないんですが『オクラホマ!』もCDで聞く限りかなり好きな作品です。たまにはこういった作品も上演してほしいなぁ~なんてこの番組見て思ってしまいました。ただ、最近の作品に慣れてしまっている人や「ミュージカル嫌い」の人にはあまり受け入れられないかもしれないですけどね
ほかに放送された作品の中で気になったのが『カンパニー』『アニーよ銃をとれ』『ラ・カージュ・オ・フォール』だったかなぁ。この3作品は過去に私がリピートして観に行ったくらい好きで、思わず「再演して!!」と思っちゃいました。特にソンドハイムの『カンパニー』は玄人好みっぽい作品ではあったのですが曲がものすごく好きで即座に海外公演CD購入してしまったんですよねぇ。「結婚しない男」とかいう副題で当時上演されていて、その主演が山口祐一郎さんだったというのが妙にハマッてたのを思い出します(笑)。あと石川禅さんがカーテンコールで踊り疲れて灰になってた姿も印象的だったよなぁ(笑)。そんなことを思い出しながら久しぶりに『カンパニー』のCDを聴いてみました

やっぱ好きだなぁ~、ソンドハイム

複雑怪奇な音楽なのに心踊りたくなるようなあのナンバーの数々…。ここらでぜひ再演してほしいです。

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2006/01/10 12:58 ] Musicalな話題 | TB(0) | CM(2)

土方歳三に触れた1日

もうひとつのブログダンナのブログにあるとおり、本日初詣でがてら日野の方へ行ってまいりました。お参りは高幡不動尊(土方歳三の菩提寺)、その帰りには昨年リニューアルした日野新選組歴史会館へ。この歴史会館には貴重な歴史資料のほかにも大河ドラマで使用された小道具がたくさん展示してあって面白かったですよ~。なにしろ入ってすぐのところに『新選組!!』で使用されたボロボロの誠の旗と大鳥さんがひっくり返した五稜郭のジオラマ(函館山は取れて無くなってます 苦笑)がありましたからねぇ。ドラマで使用されたものは撮影可能だったのでバチバチ撮りまくってきました(笑)。他にも大河ファンだったら「おお!」と唸るような小物がたくさんあってかなり楽しめました。
そして新年の挨拶で立ち寄った私の横浜の実家マンションでBS2の『新選組!!』を再び観賞。ただ、家族揃って見たのでちょっと落ち着かなかったというか…じっくりと観賞に耽ることが出来なかったんですけどね。今回のBS2再放送でとりあえずNHKドラマの『新選組』は終了したって事になるんですかね…。なんだか無性に寂しいなぁちなみに初めて見たうちの両親は榎本さんの『サンドウィッチ』にけっこうウケてました(笑)。来週、録画したものを一人でじっくり見ようっと…。そしたらけっこう泣けるだろうなぁ。ちなみに山本君はこのドラマをすでに10回以上見ているそうですね。やはり思い入れが深いんだろうなぁ。それから愛之助さんの榎本にかなりハマりそうな自分が恐かったりしてます(爆)。ラブリンに落ちる日は近い!?新年早々危険です(笑)。

と、今日は一日中土方歳三さんに関わってました。やはり新選組めぐりは楽しい…。今年も時間が出来たら改めて回ってみようかな。

※面白かった話をひとつ…
今日、高幡不動尊の参道で土産物屋に立ち寄った時のこと。後ろから若い兄さんが店の人にある饅頭を指差して何度もこう言ってました。
『ここのサイゾウ饅頭ちょうだい』
店の人もキョトンとしてるし私も始め何のことだか分からなかったのですが…よくその饅頭を見ると『歳三饅頭』とあるではないですか(爆)。そうです、彼は新選組を知らなかったらしく「トシゾウ」「サイゾウ」と堂々と発言していたんですねぇ(笑)。かなり笑えました
[ 2006/01/07 23:03 ] その他ひとこと | TB(0) | CM(0)

古畑任三郎にイチロー

今日は兼ねてより注目されていたイチローがドラマ初出演の『古畑任三郎』スペシャル放送日です。昨日につづいて2日連続の三谷作品鑑賞だっ。古畑さんは毎回じっくり見ていたわけではないのですが、一度見始めるとやっぱり夢中になって見てしまうドラマ。今回はとにかくイチローがどんな演技をするか非常に気になったので録画しながら見ていたのですが…

イチローすごいじゃん

中途半端な役者よりもよっぽど巧いですよ。この撮影前に完璧にセリフを頭に入れていたというイチロー、何事にも妥協なしとはやはりさすがな人物ですなぁ。多少の棒読みチックなところがありましたが、演技的な『間』とか不敵な表情とかものすごく自然で、とても役者初挑戦とは思えません。やっぱりこの人はタダモノじゃないですね。ホント、感動いたしました
設定が「新選組の源さん」こと小林さんの義理の弟っていうのがなんとも見ていて微笑ましくて良かったです。コバさんのあの穏やかな雰囲気とイチローのちょっとクールな感じが意外とマッチしているんですよねぇ。それだけにこの二人の「兄弟愛」はなんだか温かくて好きでした
今後、イチローは引退したとしてもそのマルチな才能を生かして色々な場所で活躍できるだろうなぁ。将来役者に転向っていうのもあり!?このドラマを見てイチローの好感度がけっこう上がりました。今シーズンの彼の活躍を応援していきたいと思います。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 古畑任三郎

[ 2006/01/04 23:38 ] 未分類 | TB(1) | CM(2)

新選組!!!

続編決定からずーっと楽しみにしていた『新選組!』続編がついに放送されました。当初は近藤の死を以ってドラマは終了としていた三谷さんの心を動かしたほどこのドラマに対するファンの思い入れは深い…私もそのうちの一人でした。
夕方から本編の総集編が再放送されていたのですが、DVDを持っていて何度か見ているにもかかわらずやっぱり夢中で見てしまいましたねぇ。なんだろう、このドラマの魔力は続編が始まる前から総集編で『新選組!!』テンションがみるみるうちに上昇しておりました

そして始まった続編『土方歳三最期の1日』…。やはり三谷脚本のこのドラマは素晴らしかった。ただ期待がかなり大きかったので正直「あと1時間くらい時間がほしかった」と思ってしまいました。それほど面白いドラマだったし、もっと長く『新選組!!』と接していたかったという想いがさらに強まったような気がしますね。


Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 新選組!&新選組!!

[ 2006/01/03 23:57 ] 新選組関連 | TB(2) | CM(4)

あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます

去年の暮れは紅白を見つつ(山本くん、おめでとう!)…ボビーの勝利に驚き吉田の勝利を確認しておりました(笑)。そして年明けはテレ東系で放送されたジルベスターカウントダウンコンサート。今年の第九も時間ピッタリでなかなか感動的でした。そういえば去年は西島さんがボレロ踊ってたんだよなぁ~。

今年も良い観劇をしたいし、良い番組ともたくさん出会いたいです。そしてまた好きな人は増えるのか!?
こんな調子でいきたいと思います(笑)。次のブログでは去年のベスト3なんかを発表する予定ですのでお楽しみに。

今年もどうぞよろしくお願いします!

ジャンル : 日記
テーマ :  ☆Happy new year ☆

[ 2006/01/01 01:47 ] その他ひとこと | TB(0) | CM(0)