FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

『それぞれのコンサート』市村正親 3/11マチネ

o0800060010446605282.jpg
東京国際フォーラムCで開催されたホリプロ50周年記念コンサート『それぞれのコンサート』へ行ってきました。
最初に「コンサートをやらないか」と持ちかけたのが今回指揮を担当していたシオタクターこと塩田さんだったらしく、それならば所属してるホリプロさんの記念イベントとしてやろうということで実現したそうです。塩田さん、素晴らしい企画をありがとう。日替わりで鹿賀丈史さん市村正親さんがそれぞれコンサートを行いゲストも違う人がやってくるというスタイルのもので、私が行った日は市村さんのコンサートでゲストが武田真治くんでした。本当は鹿賀さんも見てみたかったんだけど日程的に合わないこともあったし、どちらかといえばやはり市村さんのほうが私は魅力を感じるので今回の日にちになったわけです(ちなみに鹿賀さんコンサートに市村さんゲストとその逆パターンもあったらしい)

ステージ中央部分にそのままオーケストラピットがドーンと置かれたようなステージ。奥には陸橋のような巨大セットがあって上手・下手とそれぞれの階段でも十分ショーができるようになってました。そのため、客席の超上手・下手の人たちはそこに来られると見えないわけで…ステージ上にはその人達用の大きな液晶テレビが(汗)。まあ、座席を埋めたほうがいいかもしれないけど、生で役者が見えないような見切れ席は作らないほうがよかったかも…なんてちょっと思ってしまった。劇場は1階から3階までありましたが、けっこう埋まってましたね。やはり市村さんのファンは多い。
幕が開くまでは舞台中央寄りに上から吊るされたビックな市村さんの肖像画が!いやぁ、かなりリアルでしたよ。で、舞台が始まるとぎこちなくそれが上に上って片付けられて(笑)、その代わりに舞台奥に曲紹介用の液晶パネルが降りてきました。これはかなり親切!どの作品のどのナンバーかあれで一発で分かります。曲紹介以外でも楽曲のイメージ的な映像が流れたりしてなかなか良かったです。

以下、もろコンサートのネタバレに触れた感想になります。まだ観てない方はご注意を。


Read More

スポンサーサイト



ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2010/03/12 21:58 ] コンサート | TB(-) | CM(7)

『ニューブレイン』ガラコンサート 6/12ソワレ

当記事は引越ししました。
お手数ですが、下記サイトまで移動願います。







ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2010/06/15 16:51 ] コンサート | TB(-) | CM(-)

石丸幹二コンサート 9/29昼

410210495.jpg
紀尾井ホールで行われた石丸幹二さんのコンサート"autumn with kanji ishimaru 2011"に行ってきました。
実は私、ひそかに今年始めに石丸さんの後援会に入ってしまいまして…(ボソ)…それ以来の初めてのコンサート参加となりました(春は行かれなかったので)。コンサートと呼ばれるものに行くことじたい久しぶりでしたし、なにぶん一人参加だったので行く前はけっこう緊張してお腹が痛くなったりしたのですが(汗)、いわゆる歌手の人のコンサートという雰囲気ではなく、落ち着いて聞いて楽しむってスタイルだったので全く問題ありませんでした。

ちなみに…紀尾井ホールへの道を間違えてしまい交番のお世話になるという失態をやらかしました(爆)。「紀尾井ホールは逆だよ、逆」と言われ大慌て…。駅にはちょっと早めに着いたにもかかわらず、会場に着いたのはけっこうギリギリになりました(苦笑)。どんだけ道音痴なんだよって感じです、ホントに…。
しかも、着いてみて気づいたのですが…数年前に愛之助さんのトークで来たことあった場所だった(爆)。

ロビーにはお花がいくつか。そのなかで一際目立っていたのはFM-NHKさんと…
410133188.jpg
GGRで共演していた坂東三津五郎さんからのお花!さすがは三津五郎さんだわ~。花にも貫禄ありw。
他には『エリザベート』で共演していた浦井健治君からもお花が届いていてちょっと嬉しくなりました。ちなみに虎ちゃんからの花を探したりしてみたんですが…なかった(笑)。

そのロビーでは石丸さんのCDを販売していて…2枚お買い上げ!

distance(DVD付)distance(DVD付)
石丸幹二

SMJ 2011-09-21
売り上げランキング : 1750

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

石丸幹二のミュージカルへようこそ石丸幹二のミュージカルへようこそ
石丸幹二

SMJ 2011-09-21
売り上げランキング : 2217

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

石丸さん曰く、赤版と白版で、つい先日発売されたのは知っていたのですが…会場で購入すると特典あるかも?なんて思ってこの日まで買うの我慢してたんですよねww。で、念願かなって購入したわけですが…その特典が、なんと、終演後に石丸さんと握手ができる権利券だった!!うぉーー、ラッキーー!!コンサート前からさらにテンション上がった私なのでした(笑)。

ホールはだいたい800人収容クラスのこじんまりしたところだったのですが、なぜか私が割り振られた座席チケットは2階席だったりして…。その2階席、人の数が少のうござりました…。下を覗いてみると空席がチラホラありまして…うぅ…1階で石丸さんを拝みたかったとちょっと残念に思ったり…。
でもな、まだファンクラブ入って間もないし初心者状態だし、最初は2階席からのほうがいいんだよなと納得させておりましたw。それに2階席からだとライティングがとてもきれいに見えたし奥のほうまで見えてバンドの方たちと石丸さんとのコラボを全体的に楽しむことができてよかったです。オペラグラスも持っていったので石丸さんの表情もたまにチェックできたしね。


以下、曲目など当日の感想を少々。


Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 舞台俳優さん

[ 2011/09/30 23:32 ] コンサート | TB(-) | CM(0)

コンサート『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー』

渋谷のオーチャードホールで1月11日夜限りで開催された『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー』へ行って来ました。
同じ施設内にあるコクーン劇場には何度も行ったことがあるのですが、オーチャードホールに入るのは私の記憶がたしかならばw今回が初めてです。つい先日の年越しクラシック演奏ジルベスタコンサートがここで行われたんだなぁ…なんてちょっと想いを馳せてみました。

一夜限りの贅沢な演奏会だけあって会場はほぼ大入り満員状態。私は石丸さんの後援会で確保してもらったにもかかわらず思いの外やたら後ろの席だったのですが(汗)・・・それも納得な客入りでした。
ただ、クラシック演奏の色合いが濃いコンサートでもあったので後ろのほうの席でもあまり問題ではなかったかも。クラシックってあまり前方席で聞くものではないですしね。まぁ、石丸さんたちの表情がオペラグラスを通さなければ分からないという難点はありましたが(苦笑)。

しかしながら、少し問題点も…。
コンサートが終了した後ホールを出てみるとこの日に披露されたナンバーが貼り出されてあったのですが…その前には携帯電話を手に必死に写そうとしている人でいっぱいに。とりあえず適当に並んで順番待ちしてみたのですが、いざ自分の番になった時には後ろのほうが戦争状態みたいになってたようで(汗)ありええないくらい後ろからものすごい勢いで押されまくり危うく倒れそうになりました(涙)。前から抜け出たくても最前列の人はガンとして動かないしでどうなることかと思いましたが、やっとのことで混乱の中から抜け出せた…。
もう少し人数整理ちゃんとしてほしかったよ。あれ、本当にものすごく危ない状況だった。将棋倒しみたいになったらどうすんだよ、みたいな。

493730770.jpg 493731294.jpg
その決死の想いで撮影した曲目リストです(苦笑)。
ところが…、こんな苦労しなくても今日公式サイトにちゃんとリストが出てた…(爆)。そのまま帰ればよかったよ。


コンサートは2部構成で行われました。第1部は70年代以前の古きよき時代のミュージカルナンバーが中心、第2部は70年代以降の比較的新しいミュージカルナンバーが中心といった感じ。

演奏
読売日本交響楽団、指揮・円光寺雅彦
ゲスト
石丸幹二(司会)・安蘭けい(司会)・濱田めぐみ・田代万里生
特別ゲスト
ジャッキー・エヴァンコ

曲目リスト

第1部 My Old Memories

序曲 Overture 『マイ・フェア・レディ』より
見果てぬ夢 Impossible Dream 『ラ・マンチャの男』より /石丸幹二
メイビー・ディス・タイム Maybe This Time 『キャバレー』より /安蘭けい
シャル・ウィ・ダンス Shall We Dance 『王様と私』より /濱田めぐみ、石丸幹二
マリア Maria 『ウエストサイド物語』より /田代万里生
メドレー ~MY FAVORITE TUNES(1944~1969)~ 
・エーデルワイス Edelweiss 『サウンド・オブ・ミュージック』/田代万里生
・魅惑の宵 Some Enchanted Evening 『南太平洋』より /石丸幹二
・ショーほど素敵な商売はないThere’s No Business Like Show Business 『アニーよ、銃を取れ』/石丸幹二、安蘭けい、濱田めぐみ、田代万里生

オール・アイ・アスク・オブ・ユー All I Ask of You 『オペラ座の怪人』より /ジャッキー・エヴァンコ
ネッラ・ファンタジア Nella Fantasia 映画『ミッション』より /ジャッキー・エヴァンコ


第2部 My Recent Memories

サウンド・オブ・ミュージック メドレー Sound Of Music Medley 『サウンド・オブ・ミュージック』より
闇が広がる The Shadows Grow Longer 『エリザベート』より /石丸幹二、田代万里生
ディファイング・グラヴィティDefying Gravity 『ウィキッド』より /濱田めぐみ
メドレー ~MY FAVORITE TUNES(1975~2004)~ 
・ワン One 『コーラスライン』より /石丸幹二、安蘭けい、濱田めぐみ、田代万里生
・すべては幻 Evermore Without You『ウーマン・イン・ホワイト』 /田代万里生
・夢やぶれて I Dreamed A Dream 『レ・ミゼラブル』 /濱田めぐみ
・オール・アイ・ケア・アバウト All I Care About 『シカゴ』 /石丸幹二
・メモリー Memory 『キャッツ』より /安蘭けい
ひとかけらの勇気 『スカーレット・ピンパーネル』より /安蘭けい
時が来た This is the Moment 『ジキル&ハイド』より /石丸幹二

アンコール

ブロードウェイの子守唄 Lullaby of Broadway 『フォーティセカンド・ストリート』より /石丸幹二、安蘭けい、濱田めぐみ、田代万里生
ホール・ニュー・ワールド A Whole New World  『アラジン』より /石丸幹二、安蘭けい、濱田めぐみ、田代万里生


以下、印象的だったことをいくつか。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2012/01/12 22:54 ] コンサート | TB(-) | CM(1)

 『The Harmony〜Diva の響演〜』 10/5 昼夜

667179933.jpg
ヤマハエレクトーンシティ渋谷で行われた『The Harmony~DIVAの饗宴・ミュージカルの調べと共に~』に行ってきました。
出演は五東由衣さん、井料瑠美さん、村田恵理子さんという…かつて劇団四季の最前線で活躍されていた女優さんたちのミュージカルコンサートです。そこにさらに福井昌一さん(四季時代は晶一さん)がゲストで登場という…この上ない豪華なキャスティング!まさに夢の競演実現で…本当に素敵な一時を過ごすことができました。
ちなみに、このコンサートのチケットを取ったきっかけは東京『アイーダ』で福井ラダメスに出会ってしまったこと。もうあれで一気にテンション上がりまして今回のコンサートチケットも昼と夜2回分確保してしまったわけです(笑)。

昼の部は受け付け開始の5-6分前に到着したのですが、会場外の廊下にはすでに長蛇の行列ができていてビックリ!自由席だったので座席はかなりの後方席になってしまいました。でも、狭い会場だったので最後方からでも役者さんの顔はオペラグラスがなくてもハッキリ見えたと思います。それくらい濃密で近い空間に感激。ただ、なにぶん段差がなく舞台の高さも低いので(椅子もパイプっぽい)前の人の頭で前方が見えないこともしばしば(汗)。それだけがちょっと難点だったかな。まぁ、あの会場では仕方がないことなのですが。
昼の部の反省を生かし、夜の部は受け付け開始の45分くらい前に行ったのですが、その時も既にけっこう長い列ができていてビックリ(汗)。気合が足りなかったかなぁ…。でも、昼よりかなり近い位置に座ることができたのでよかったです。昼の部に見えなかったところもなんとか見えましたしw。
客層は昼間はかなり年齢層が高い女性が中心だったかな。私の周りなどはミュージカルナンバーもよく知らないというような高齢の方がいらして途中船漕いでましたし(←勿体ない!!)。男性は1割いたかどうかくらいだったかなぁ。夜は比較的若い世代の方が多くて、さらには男性の数も3割くらいいたと思います。劇団の役者さんの姿も見かけました。そんな感じだったので、ノリの良さは夜のほうがあったかも。

今回のコンサートの音楽監督、並びに演奏を担当されたのは宮崎誠さん。これまで数多くのミュージカルの音楽に参加され、さらには様々な歌手に曲も提供していらっしゃるようです。もう、とにかく演奏が本当に素晴らしくて!!エレクトーンって1台でオーケストラができちゃうんですねぇ。臨場感たっぷりで本当に感動させていただきました。


当日披露された楽曲は次の通り。

<第1部>

1.美女と野獣
・オーバーチュア(宮崎誠)
・変わりものベル(五東・井料・村田・福井)
・我が家(村田)
・美女と野獣(五東)
・チェンジ・イン・ミー(井料)
・愛せぬならば(福井)

2.ウィキッド
 フォー・グッド(五東・村田)

3.ウェストサイド物語
 ワンハンド・ワンハート(井料・福井)

4.アイーダ
 お洒落は私の切り札(井料・五東・村田・福井)

5.夢から醒めた夢
 二人の世界(井料・村田・五東・福井)


<第2部>

6.CATS
・おばさん猫(福井・井料・五東・村田)
・ラムタムタガー(福井・井料・五東・村田)
・メモリー(五東・井料・村田)

7.李香蘭メドレー(宮崎誠)

8.オペラ座の怪人
・スィンク・オブ・ミー(村田・井料・五東)
・エンジェルオブミュージック(五東・井料・村田)
・オペラ座の怪人(井料・村田・五東・福井)
・墓場にて(井料)
・オール・アイ・アスク・オブ・ユー(福井・五東)
・マスカレード(五東・井料・村田・福井)

<アンコール>

マンマミーア!
・スーパー・トゥルーパー(五東・井料・村田・福井)


以下、当日の感想など。


Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2012/10/09 16:49 ] コンサート | TB(-) | CM(-)

輝 ~福井昌一・友石竜也コンサート~ 11/10ソワレ

685135828.jpg
元・劇団四季の友石竜也さん福井昌一さんのジョイントコンサート『輝~shine~』へ行ってまいりました!
このコンサートの情報はつい先日の井料さんと五東さんと村田さんのコンサートの時に初めて知って。で、その時の福井さんがあまりにも素敵だったので追加公演として発売されたこの日のソワレ公演を申し込んだ次第です。場所は井料さんたちのコンサートと同じ渋谷のヤマハエレクトーンシティ渋谷。この日のマチネと前日ソワレ公演は完売してしまっていたようなので追加公演はギリギリゲットできてよかった。

客席数は全部でだいたい160~170くらいだったかな。数席空いてましたがほぼ満席です。女性の方が多かったですが、男性の方の姿もチラホラ。お子さん連れの方も数人いらっしゃってまして。それはそれでいいんですが…けっこう落ち着きのない子供だったのがちょっとね(苦笑)。コンサートの最中にもけっこう大声が聞こえてきたので、ああいう場所にはもう少し慣れさせた時に連れてきてほしいものだなと思ってしまいました。
椅子は前回と同じくパイプ椅子。あの時は自由席でしたが今回は指定席だったので背の低い私はちょっと不安があったんですけど…、けっこう隙間が見える位置だったのでバッチリ福井さんと友石さんを堪能することができました。

開演前と休憩時間にはオリジナルグッズなるものが販売。1幕最後の曲の前には福井さんと友石さんもユルいやりとりでw宣伝してまして(笑)。タオルと生サイン付き布バッグ。あとタオルとポストカードのセット。ポストカードはチラシの写真と同じような感じだったんですけど、福井さん曰く、「あの日は雨降って来ちゃたよねぇ」とのこと。多摩川のほとりで小雨のなか撮影してたらしいですw。
どちらのセットにしようか迷ったんですが…数量限定って言ってたし、生サインにものすごく惹かれたのでバッグ購入しちゃいました。福井さんと友石さんの生サイン付きなので使用せずに保存だな(笑)。大切に保管させていただきます。

さて、コンサートの曲目リストが椅子の上に置かれてたんですけど…それ見て開演前から一気にテンション上がりました!!なにあの、ツボだらけの選曲!!!内心、めっちゃ興奮してしまった私です(笑)。


出演者
福井昌一、友石竜也、久保田彩佳、手島梓

エレクトーン奏者
宮崎誠


以下、曲目リスト中心にした感想です。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 舞台俳優さん

[ 2012/11/11 16:48 ] コンサート | TB(-) | CM(-)

ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL 12/26マチネ

707842606.jpg
シアタークリエ5周年記念として期間限定で上演されている『ONE-HEART MUSICAL FESTIVAL』へ行ってきました。
たしか昨年もクリエで似たようなミュージカルコンサートがあったようなのですが、チケットがあっという間に売り切れてしまって行かれなかったんですよね。で、今回はどうして行けたかですが…後援会さまのおかげでございます。しかも良席を確保していただきまして感謝感謝!この公演もすべて売り切れらしいのでラッキーでした。ちなみにこの日ももちろん満員御礼でした。

満員ということもあり、ちいさな売店コーナーがスゴイことになってました!クリエの売店に係員が整理要員として出なければならないほど大行列を作っている光景をたぶん初めて見たよ(笑)。で、その物販の中に今公演のオリジナルグッズなるものも販売されてるんですが、よく見ると、"2幕で使用"と書かれているデザインタオルとなぜかペンライトが売っていたw。何に使うんだ!?と不思議に思ってしまったではないか。
ちなみに私はパンフレットのみ購入。オリジナルグッズには手を出しませんでした(2幕使用と書いてあるものもなくても平気っていう情報を頂いたのでw)

それにしても…クリエは開館してまだ5年なのか。なんだかもっと年数が経っているような気がしてしまうのだけど…。杮落しで上演されたのはたしか三谷幸喜作品の『恐れを知らぬ川上音二郎一座』だったなぁ。しかも最前列ど真ん中で観たんだっけ。あれには本当に驚いたw。それ以来数多くの作品を観にこの劇場に足を運んでいます。
一番最近ではやっぱり『RENT』。今年のRENTも最高だったなぁ。千穐楽には行けなくなってしまって本当に残念だったけど…また上演されるときには中村くんのロジャーに会いたい。

707843505.jpg
出演者は日替わりで組み合わせもその日によって違うようです。この日の私のお目当ては、石丸幹二さん!

石丸幹二/伊礼彼方/佐々木喜英/古川雄大
大塚千弘/香寿たつき/昆夏美/シルビア・グラブ/涼風真世
マテ・カマラス/チョン・ドンソク

ほか、アンサンブルさんが出演。人数も多く楽しいショーでした。


以下、ネタバレを含んだ感想です。


Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2012/12/27 22:57 ] コンサート | TB(-) | CM(-)

福井晶一ファーストソロコンサート 1/26マチネ

722712039.jpg
昨年末で劇団四季を正式退団した福井晶一さん。2013年からアトリエ・ダンカン事務所への所属も決まり新たなスタートを切られました。その最初の一歩として3日間開催されたファーストソロコンサート「旅立ちのとき~」に足を運んでまいりました。
会場が調布市の仙川・・・と聞いていたので、正直行くのをためらったんですが(かなり遠い 汗)…ソロとして新たな門出を迎える福井さんのコンサートにやはりどうしても行ってみたくて抽選に応募。落選される方もいるなか、奇跡的に当選いたしまして行くことができました。

コンサートが行われた仙川アヴェニューホール。HPで見たときにはこじんまりとしたホールのイメージだったのですが、実際にはホールではなくスタジオっぽい雰囲気。ロビーはかなり狭くどちらかというと玄関って感じw。昨年福井さんがゲストでコンサートを行っていたヤマハの会場をコンパクトにしたような雰囲気だったかな。
最初にチケットが届いたときにかなり大きな数字が書いてあったのでやたら後ろのほうを想像していたのですが…実際に行ってみるとビックリするほど良席だったことが判明!ここで運を使い果たしたか!?みたいなw。ちなみに2階席もあったのには少し驚きました。どうやら2階ゾーンは福井さんの関係者の方が多くいらっしゃったようで、私が見に行った日にはご家族の方の姿があったそうです。

これまで福井さんが参加するコンサート公演には2度行っていますが、ゲスト(その割には相当歌われてますがw)かジョイントという形のもので、ホスト公演になるのは今回が初めて。あまりトークが得意そうではない福井さんwがいったいどんな感じにコンサートを進めていくのか興味深々でした。
ですが、福井さん曰く…「一人きりで乗り切るか迷ったけど、周囲の人に"晶ちゃんには無理"と言われたのでコーラスの助っ人を頼みました」との事(笑)。実際、コーラスのお二人がいらっしゃって良かったと思われる瞬間がいくつもありました(笑)。

福井さん以外の参加者は稲田みづ紀さん鎌田誠樹さん(コーラス)、宮崎誠さん(演奏)です。

稲田さんは「♪君の朝」で有名な岸田智志さんのお嬢さんで前回のレミゼ公演ではコゼットを演じられてます。福井さんは実はサイゴン初演を見て岸田さんの大ファンだったらしく、先日コンサートに来てくれた時に初演CDを持参してサインまでしてもらったとかwブログにもアップされてましたが、よほど嬉しかったらしいです(笑)。
鎌田さんは過去2回くらいレミゼ出演経験ありとのことで、福井さんが盛んに「鎌ちゃん、心強いよ!よろしくお願いしますっっ」とディナーに誘うビーストっぱりに頭を下げまくってて笑えました(笑)。福井さんに頭を下げられるたびに「いやいや、僕のほうこそ晶一さんと一緒になれて光栄ですっ、ついてきます!」と恐縮しまくって謙遜し合ってましたwww。

演奏はヤマハのコンサートのときと同じく宮崎誠さん。今回はピアノも弾きこなすという素晴らしさ。相変わらずとっても魅力的な演奏をされていました。ミュージカル界には欠かせない逸材です、ほんとに。宮崎さんを見ていて何となく誰かに似てる…と思っていたのですが、泉見洋平くんとちょっと被るような?私だけですかねw。
ちなみに福井さんとは3回目の共演ということですが、実は四季時代に影の共演を果たしていたことが判明。もうBBが終わってしまったので聞けませんが、かつてりんかい線の大井町の発車ベルは美女と野獣の音楽だったんですよね。この音楽づくりを担当したのが宮崎さんだったそうです!ビックリ!分かっていればもっとじっくり聞いていたのにぃ(笑)。で、福井さんがビースト役としてりんかい線の1日駅長をしたときに、宮崎さんがその近くで一生懸命写真撮ってたとww。こういった四季時代の細かな共演があるそうです(←その当時は福井さんとは面識なかったようですね)

以下、コンサートの様子についてのレポです。



Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 舞台俳優さん

[ 2013/01/28 17:25 ] コンサート | TB(-) | CM(-)

『4Stars』 6/18マチネ

2919868_1953616648_47large.jpg
青山劇場に世界を股にかけ活躍するミュージカルスターがやってくる!ということで・・・行ってきました、『4Stars』!!
私はこれまであまり海外ツアーのミュージカル作品とか観に行ったことがないのですが(エリザベートは行ったけど)、今回はどうしても行きたい衝動に駆られまして。というのも、「オペラ座の怪人25周年コンサート」で主演のファントムを務めていたラミンとクリスティーヌを演じてたシエラが二人揃ってやってくるからでして!劇団四季のイベントの時に一度来日されていたのは知っていたのですが、私はそのイベント抽選に見事に外れてしまい行けなかったんです。あのファントムを演じたラミンはぜひとも生で拝みたいっ!この一念でチケット取りましたw。

今回はプログラム以外のものは買わない予定だったのですが、売店に″レア・サロンガのサイン会開催″と銘打ってあるじゃないですか。CDか特製写真を購入するともれなくサイン会参加券がもらえるということで…あの、世界のレア・サロンガからサインをもらえる機会なんかこの先訪れない!と思い、思わず特製写真購入(←CD購入するお金が足りなかった為 爆)
さらに、ふと違うところに目線を置くと〝ラミン・カリムルーの生サイン付きCD″とまであるじゃないですかっ!私はまだ、ラミンのCD持っていなかったので…予算オーバーながらも生サイン付きという謳い文句に釣られてこちらもご購入(笑)。先着順ってありましたからね。手に入ってラッキーです!

で、レア・サロンガさんのサイン会は終演後に開催。CDを購入した人にはCDに、写真を購入した人には写真にサインをしてくれるということで。地下ロビー入口から2階席ロビーにまで行列ができていました。待つことだいたい30分…いよいよ、レア・サロンガさんのサイン会がスタート!ちなみに握手・写真・ハグなどの行為は禁止されてました(そりゃそうだ)
ドキドキしながら並んでたんですけど…よくよく考えてみると私は英語が話せない(爆)。これまで有名人のサイン会とか握手会に何度か参加したことありますが、その時何かしら必ず一言二言勇気を奮って言葉をかけている私。応援してる気持ちとか、その時の感動とか、やっぱり少しだけでも伝えたいって気持ちがあって。しかし、今回は日本の有名人ではない…!どうしよう…英語話せない…という妙な焦りが頭を駆け巡る(苦笑)。前のほうに並んでいる人はけっこう英語が堪能な方が多くて一言二言レアに話しかけて和やかな雰囲気になってまして。そうこうするうちに、私の番が…。
サラサラーっと落ち着いた雰囲気で穏やかな表情でサインをしてくれるレア・サロンガが目の前に!!ステージから降りた彼女は穏やかな笑顔を讃えたた本当に素敵な方でした。このまま無言でサインを受け取るのはあまりにも勿体ないと思った私が出したとっさの一言…
「Thank-You…」
一応、英語っぽく聞こえるように決死の想いで発したわけですが通じないかもと覚悟はしておりまたw。が、チラッとこちらを見てニッコリと微笑んでくれまして…!!つ…通じたらしい!!?この瞬間、私の心はかなーり舞い上がっておりましたwww。

数年前、ジェラルド・バトラーさんが来日した時の握手会で思わず日本語で「頑張ってください」と言って「?」とされた苦い過去がある私(←通訳の人が訳してくれて事なきを得たのですが 笑)。今回は、何とか、単語を一つ出せたことで多少の進歩…とは言えないよなぁ。
今後海外のスターさんとこういう機会はめったに訪れないとは思うのですが…いざ、という時にやっぱり日常会話レベルの会話はできなければだめだということを痛感いたしました(汗)。NHKのラジオ講座でも聞いて英語勉強しよう…。

782507242.jpg
レア・サロンガさんのサインを頂いた特製写真と、数量限定のラミンの生サイン付きCD。宝物にいたします!レアさんのCDは後日金銭的に余裕ができたときに入手したい。ほんっとに素敵な歌声だったので。多分、今回の公演で一番泣いたのはこの方の歌だった。


出演者
ラミン・カリムルー、レア・サロンガ、シエラ・ボーゲス、城田優


以下、ネタバレを含んだ感想です。





Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : ミュージカル

[ 2013/06/20 17:09 ] コンサート | TB(-) | CM(-)

福井晶一 Live@STB139

791545028.jpg
7月18日に行われた福井晶一さんのソロライブへ行ってきました!場所は六本木にあるSTB139というオシャレで大きなライブ会場。表の案内看板にはSOLD OUTの札が貼ってあり当日券はなかったそうです。
ライブ会場という場所には今まで数回足を運んだことがありますが、規模はすごく小さい所だしワンドリンク制みたいな雰囲気だったので・・・正直、今回のような規模の大きめな綺麗でおしゃれな場所が未経験で色々ビックリしました(笑)。会場は縦長でレストランのようにイスと机が向い合せに3列に並んでいる感じ。その脇にバーカウンターみたいなところとかあって…これ、舞台がなかったら普通にレストランだなって。2階にも席があったのでかなりの人数が入ったと思います。そこを満席にするとは…福井さん人気、すごいんだなと改めて実感。

入場は整理券番号順に行われ、番号を呼ばれた人から中に案内される仕組み。ファンクラブで取ってもらった人とSTBで取った人が優先的番号になっていた様子。私も一応ファンクラブでお願いして購入した口ですが、申し込んだ時期が締切ギリギリだったこともあり100番越えた番号でした(汗)。自由席になっていたので、これはかなり後ろのほうかなぁ…と思っていたら、入口で席に案内してくれる係員さんがいて「どのあたりご希望ですか?」などこの時点で一番見やすそうな場所をチョイスしてくれて予想以上に見やすいところに座れてよかったです。
ところが、周囲を見回すと…私の目に入ってくる限り圧倒的に2-4人のグループでいらっしゃる方が多い。ロンリー参加だった小心者の私はけっこうビビってしまい冷や汗(爆)。私が座った場所の周りは皆さんグループ参加だったのでこりゃどうしようかなと。ところが、お隣の2人組の方がとてもフレンドリーで「お一人ですか?」と話しかけてきてくださり…舞台のこととか四季のこととか、もちろん福井さんのこととかw、徐々にいろいろ話が弾んでとても楽しかったです!福井さんファンの方って優しい人が多い。その節は本当にありがとうございました。

開場は18時で開演が19時半。だいたい18時半あたりには8割くらいの人が入っていたと思いますが…開演までの約1時間どうしていたかというと、これがお食事タイムになっていました。席に着くとメニューが配られ、好きなものを注文。イタリアンレストランみたいな感じで、お食事内容もけっこうちゃんとしています。アルコールもありましたが、ビール飲めないしカクテル飲んで眠くなるのもまずいので(爆)ソフトドリンク注文w。夜ということもあり、食事として菜の花スパゲティも食べました。
791554682.jpg
すごく美味しかった!!
ちなみに、このお食事タイムの間に色々と歓談したりする時間が取られてて、同席だった方とも仲良くなれました。ロンリー参加で不安が大きかったけど、蓋を開けてみれば楽しい時間ができて本当に良かったです。

前置きが長くなりましたが、以下、ライブについてのレポになります。この日この時間限りのライブだったのでとても貴重で濃密な時間でした。


福井晶一さんがメイン(もちろんですがw)、ゲストに駒田一さん坂元健児さん。バンドメンバーはピアノ、パーカッション&ドラム、ヴァイオリンといった布陣でした。ちなみに駒田さんとサカケンさんは福井さんが退団後に入った事務所アトリエ・ダンカンの先輩。つまりはチーム・ダンカンでのライブとなりました。福井さんと仲がいい(四季に入ったのもほぼ同時期だったそう)サカケンさんの紹介でダンカンに入ったいきさつがあったみたいです。
「僕が紹介したのに晶一はなんか突然ポーンと俺の膝を蹴って上の方に行っちゃってさー」
とサカケンさんが恨めしそうにボヤいていたのが笑えました(←この時福井さん着替え中でいなかったww)


長くなるので追記へ。




Read More

ジャンル : 学問・文化・芸術
テーマ : 舞台俳優さん

[ 2013/07/19 07:17 ] コンサート | TB(-) | CM(-)

スラップスティック・リメンバーコンサート 9/14昼

BUGaPi-CAAAMCfg.jpg
天王洲の銀河劇場で行われたスラップスティック・リメンバーコンサートに行ってきました!9/13~9/16までの5公演限定ライブです。発売初日にはあっという間にチケット売り切れになっちゃって諦めたんですが、2次発売の時に運良くゲットできまして、ダンナと一緒に行くことができました。

まずは、スラップスティックとは何かってことですよね。1977年から1986年にかけて活躍した声優さんを中心にしたバンドです。メンバーの名前を見れば、"あぁぁ!"と思う方も多いのではないでしょうか。

野島昭夫さん(リーダー)
曽我部和恭さん
古川登志夫さん
古谷徹さん
神谷明さん
三ツ矢雄二さん(77~84年在)
鈴置洋孝さん(84~86年在)


今ではもう、大御所と呼ばれている声優さんばかりでございます。三ツ矢さんは「グレーゾーン」発言でバラエティ番組で見かけることが多くなったし、古谷さんも「ガンダム」のアムロ人気でテレビに出る機会も増えたので声優さんを知らない方でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。
今回再結成したメンバーは・・・野島さん、古川さん、古谷さん、三ツ矢さんの4人。神谷さんは用事があったのか理由は分かりませんがメンバーに入っていませんでした。

しかしながら、悲しいことに曽我部さんと鈴置さんはもうこの世にはいらっしゃいません…。7回忌も終わったそうで、もうそんなに経つんだなぁと。お二人とも、何の因果か同じ年に亡くなられました。
私は「キャプテン翼」のアニメの大ファンで毎週テレビにかじりつくように見ていたんですがw、その時に日向小次郎役で声を充てていらっしゃったのが鈴置さんでした。それ以来、鈴置さんの出るアニメはずっとチェックしてた。だから、02年に亡くなったというニュースが流れたときには本当にショックでした…。
今回のスラップのコンサートには"曽我部和恭・鈴置洋孝を偲んで"というタイトルもついてます。メンバーたちによる、今は天国にいる二人に向けた追悼コンサートでもありました。


さて、そして今回、ゲストとしてもう一組このコンサートに参加してくれました。私はどちらかというとそちらの方がメインだったりしましたw。というのも、結成当時から知っている…というか、大ファンだったので!
バナナフリッターズです!こちらも名前を聞いただけでは分からないと思いますが、メンバーの名前を見れば一度は聞いたこと・見たことがあるはず。

関俊彦さん(リーダー)
日高のり子さん
山寺宏一さん


1991年から95年にかけて活躍したユニットです。還暦になったらもう一度結成しようと言っていたのに、10年早まりましたと言って笑いを誘っていました(笑)。
このバナフリこそ、私の青春ど真ん中でございます(笑)。中学高校時代、アニメが大好きでアニメ雑誌とか色々買っていたのですが、だんだん声優さんファンになりまして。井上和彦さんとか古谷徹さんとかを経まして、一番熱く応援していたのが山寺宏一さんと関俊彦さんでした。この二人と日高さんがユニットを組んで活動すると知った時はそりゃもう大喜びで(笑)。CDも発売日に買いに走ったくらいです。
今は巷にたくさんの声優さん専門雑誌が売られているようですが、あの当時は全くと言っていいほどなくて。売られていてもある限定の店のレコードショップに自主販売みたいな形でひっそり置かれているといった感じでした。友達と「声優の専門雑誌欲しいよね」って何度も語ったことがいつの間にか実現してる昨今。私の青春時代もこうあってほしかったなと思ってしまいますw。
ただ、「TKOYO CITY めるへん」とか声優さんを中心にしたオリジナルビデオとかは発売されていたり、個人のCDもちょいちょい出始めた時期でもありましたね。今ほど派手ではないにしても、イベントなんかもあっていくつか見に行ったことがあります。

・・・と、脇道に話がそれましたが(汗)、そこまで大好きだったバナフリだったのですが、実は一度も生のコンサートを観に行ったことがありませんでした(爆)。なので、今回の再結成を知った時は何が何でも見に行きたくて。チケット取れてホントに良かったです。


以下、少し長くなるので追記へ。



Read More

ジャンル : 音楽
テーマ : コンサート

[ 2013/09/16 13:46 ] コンサート | TB(-) | CM(-)