FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

『JIN -仁-』第2回 命を救う事の悲劇

今期、一番楽しみにしていたドラマ『JIN-仁』
第1回目の放送を見たあとに感想を書こうとしたのですがどうにも時間がとれずパスしてしまいましたが・・・、個人的に今クールのなかで一番ですね。正直、期待以上です!初回2時間でしたが、あっという間に感じましたから。毎週2時間でもいいくらい。映像もきれいで丁寧だし、全体のテンポも申し分なし。それに、大沢たかおさん、内野聖陽さんがガチで芝居でしているのを見るだけでも個人的テンションが上がります(笑)。
これはホント、毎週日曜日の楽しみができました。

第2回は、江戸の町にコロリことコレラ菌が蔓延することで仁が苦悩しながらも奮闘していく姿が描かれました。


以下、少し長めの感想になりそうなので追記に。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はスルーしてください。





Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/10/19 21:50 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(8)

『JIN -仁-』第3回 未来との決別…

毎回目が離せないドラマ『JIN -仁-』。視聴率も好調らしいですね。ここ最近私が応援してきたドラマは視聴率的に振るわないものが多かったので(汗)ファンとしてはうれしいです。

これまで原作ものドラマの場合は最後までそれを読まず知らないままでいようということが多かったんですが、今回の『JIN-仁-』はなぜかものすごく原作マンガが気になってて。でもこれまで発売してるコミックを買い集めるほど資金がないしなぁ・・・なんて思っていたところに総集編雑誌が発売したという一報が!
というわけで、かなり本屋を探しましたが・・・なんとかゲットしてしまいました。

JIN-仁- 総集編 神の悪戯JIN-仁- 総集編 神の悪戯

集英社 2009-10-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


買ったその日に一気に読破してしまった(笑)。やはりドラマとは違う部分がけっこう多いですね。ドラマでは鍵を握っている未来は出てきませんし、龍馬との出会いもかなり後半になってます。でも、マンガはマンガとして面白いし、ドラマはドラマとして面白い。巻末に大沢さんのインタビューが掲載されてるのも嬉しい一冊でした。ちなみに総集編の下巻は来月発売予定のようです。次回は発売日にチェックしないと(笑)。

以下、長めの感想になりそうなので追記に。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はスルーしてください。





Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/10/28 22:14 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

『JIN -仁-』第4回 運命と悲劇の再会

毎回目が離せないドラマ『JIN-仁-』。

コロリ騒動が治まったあとに出てきた"黒米いなり"が現在セブンイレブンで発売中ということでさっそく食べてみました(笑)。
o0800060010292992068.jpg
黒糖の甘みが染みてて非常に美味しかったです。「JIN」とのコラボ商品らしいので興味のある方はぜひ。

ちなみに・・・茨城県の某ロケ地にも行ってきました(笑)。
o0800060010292009013.jpg
コロリ騒動のときに出てきた長屋は、テレビで見るより奥行きも通路もとても狭かったです。ここであの大人数が芝居してたのかと思うとなんか・・・ビックリでした。
それにしても・・・この場所に来たのは2回目なんですが、相変わらず撮影のない日は入場者が少ないですねぇ(汗)。おかげで写真は撮りやすかったですけど…。


以下、第4話の感想です。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はこの先スルーしてください。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/11/05 15:46 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

『JIN -仁-』第5回 神に背く薬の誕生

関東では放送前に総集編が放映された影響もあってかついに視聴率が20%を越えたそうな。『JIN』ますます絶好調で嬉しいです。このドラマには人を惹きつけて止まない何かがあると思います。
最近では提供で流れる遠藤憲一さんの声にも聞き入るようになってしまった(笑)。エンケンさんはたしか『JIN』のPRナレーターみたいなのもやってましたよね。雰囲気がすごくあってるんだよなぁ。ご本人の出演とかあると嬉しいんだけど。

そうそう、『JIN -仁-』の原作総集編下巻が先日発売になりました。

JIN-仁- 総集編 運命の決断
JIN-仁- 総集編 運命の決断
集英社 2009-11-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
小説JIN―仁 (JUMP j BOOKS) JIN(仁) 第16巻 (ジャンプコミックスデラックス) JIN(仁) 第15巻 (ジャンプコミックスデラックス) JIN(仁) 第14巻 (ジャンプコミックスデラックス) JIN―仁 (第6巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)

こちらも上巻に続いて一気読みしてしまうほど面白かったんですが・・・これって第5巻までの総集編だったんですね。現在原作は16巻まで発売されてるし雑誌連載も続いてる様子(←たしかかなり佳境な展開だった気が…)。ここで気になるのがドラマではどこまで放送するんだろうかということ。
全10回予定ということですが…やはり1クールではドラマオリジナル展開に持っていくとしても厳しいのではないかなぁ。なにげにもう次回は第6回…早い、早すぎる(汗)。ドラマ編もじっくりと見ていたいのでできるだけ長く放送してほしいです。


以下、第5話の感想です。例によって長いです(汗)。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はこの先スルーしてください。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/11/11 16:36 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

『JIN -仁-』第6回 生きてこそ…

前回は視聴率が20パーセントを越えたという嬉しいニュースが飛び込んできた『JIN』でしたが、今回は心配なニュースが入りました。
新門辰五郎役で後半から出演予定だった藤田まことさんが病気療養のために降板されてしまいました。HPからも写真が消えてしまってちょっと寂しいですが…ここはゆっくり静養して早くお元気になっていただきたいですね。代役には中村敦夫さんとのこと。期待しております!

早いものでもう第6回かぁ…てな事を毎回書いている気がしますが(汗)、本当に回数が減っていくたびに妙な寂しさを覚えてしまうこのドラマ。ここまで面白いと思えた作品も久しぶりです。
今回はいろんな人の様々な想いがとても繊細に描かれていて…なんか、見てて無性に泣けました(涙)。改めていいドラマだなぁと思います…。


以下、第6回の感想です。例によってちょっくら長いです(汗)。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はこの先スルーしてください。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/11/18 00:44 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(6)

『JIN -仁-』第7回 生きる遺言

残り回数が少なくなるにつれて、"その後"の噂がささやき始めた今日この頃…。やっぱり1クールだけでは足りないよなぁ、とは思うものの映画化で決着というのはちょっと心中複雑でもあったりして。一番ベストはシーズン2でテレビ枠作ってもらうほうがいいんですけどねぇ。
と、もう終了したあとのことまで気になってしまう『JIN』・・・すごいドラマだ(笑)。今回は『天地人』延長と時間が重なった影響からか視聴率が落ちたようですが(我が家は大河をBS-hiで見てるんで影響ないんですけど)、それでもあれだけの数字を保てるのはすごいと思います。

さて、今週はついに哀しい別れが…。泣けました、今回も…。

以下、第7回の感想です。例によってちょっくら長いです(汗)。
興味なかったりこのドラマに批判的意見のある人はこの先スルーしてください。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/11/26 20:38 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(4)

『JIN -仁-』第8回 歴史の針が変わる

今回の放送はボクシングの関係で25分遅れとなったわけですが…、私の感想もかなり遅くなってしまいました(汗)。でもこのドラマだけはなんだか感想書きたい衝動に駆られてしまう。

いよいよ第8回。公式HPでWeb用のダイジェストが流されているんですが…最後の『きわめて残酷な結末へ加速する』ってフレーズがものすごく気になるんですけど!!残酷って何?丸く収めてほしいよ~。
そんなこんなで、さっそく第8回の感想を。興味ない人や批判的意見の人はスルー願います



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/12/04 00:00 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(0)

『JIN-仁-』第9回 残酷な神の裁定

仁をめぐるストーリーは回を追うごとに濃くなっていきますなぁ…。今回は野風さんにスポットが当たっていましたが、彼女の心情を思うと切なくてたまらなかったです(涙)。現代に残してきた恋人・未来とそっくりな野風…、原作にはいない未来とどんな関係があるのか気になって仕方がない。
ということで、以下、第9回感想です。興味のない人はスルーでお願いします



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/12/11 16:47 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(4)

『JIN-仁-』第10回 坂本龍馬、暗殺…

なにやら不吉なサブタイトルがついた第10回。最終回前にして放送時間5分延長するというファンには嬉しい出来事も。『JIN』ってたとえ時間が延びても全く退屈することないし夢中になって見ちゃうんですよね。こんなドラマに出会えたことが嬉しい。

ちなみに次回最終回ということで、金曜日から日曜日までにかけて主演の大沢たかおさんがTBSで番宣活動を行うようです。詳しくは公式HPに日程がありますので興味のある方は是非チェックを!私はとりあえず全部録画予約しちゃいました(笑)。

少し遅くなりましたが、以下第10回感想です。興味のない方や批判的意見の方はスルーしてください。




Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/12/17 10:48 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(8)

『JIN -仁-』最終回 タイムスリップの果て

とうとう最終回を迎えた『JIN』。視聴率は裏で『坂の上~』放送があるにもかかわらず25パーセント越えというから驚きです。金曜日から放送当日にかけては大沢たかおさんが精力的に番宣してましたし、関東では特別番組もいくつか放送されましたからね。それくらい影響力があった作品だったんだなと思います。

最終回の展開に関しては賛否両論が案の定出ていますね。根本的な謎解明が結局できないまま終わってしまったので、なんというか…蛇の生殺し状態みたいな(苦笑)。
ただ、原作がまだ現在進行中で胎児の謎が明かされていないようですので…ある意味仕方ないラストだったかなと思います。ドラマオリジナルの展開ではありましたが、結局のところは原作の展開をかなり忠実に盛り込んでいたので(総集編マンガ上下巻…原作本では1-5巻に当たります)根本的な謎についてのテレビドラマ独自の結末みたいな部分は触れることができなかったんじゃないかなと。たぶん、制作側も批判が出るのは覚悟のうえでの放送だったんじゃないでしょうか。

私的にはドラマとして完結しなかったのは残念ではありますが、ここまでかなり丁寧に原作の意図も組み込みつつ作っていた作品だったので無理やり色々詰め込んで強引に終わらせるよりかは…今回のような展開でよかったんじゃないかなと思います。そもそもエピソードがありすぎてとても1クールでは収まらないと思ってましたし。制作側もここまで人気の出る作品になるとは思わずちょっとした嬉しい誤算が生じたのかもしれません(苦笑)。2クールにしてほしかったよなぁ、本当に…。

JIN-仁- DVD-BOXJIN-仁- DVD-BOX

角川映画 2010-03-17
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DVD発売決定してます。この作品だけは絶対購入するぞ~!

以下、最終回のなが~~い感想です。





Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2009/12/22 18:43 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(4)

『JIN-仁-』続編決定!

今朝、非常に嬉しいニュースが飛び込んできました。放送後半から続編の可能性が囁かれていた『JIN』、最終回の展開からさらに色んなうわさが飛び交っていましたが…ついに正式決定したようです。

『JIN-仁-』2011年4月から連続ドラマで続編決定!

本当に大好きな作品だったので、めちゃくちゃ嬉しいです~。しかも、全キャストそのままでというのがまた嬉しいじゃないですか。今年中に見たかった気がしますが、あれだけのキャストを揃えるのにはやはり時間が必要なのかなと(笑)。
ストーリーは仁先生が最終回で突然頭痛に襲われた謎にも触れるそうで…本当に続編って形になりそうですね。あの終わり方はかなり先が気になる展開でしたので(汗)色々と明らかにしてほしいところです。原作もクライマックスに入っていますし、前回よりもドラマが作りやすくなるかもしれません。そういった意味でも期待してます。
新たな登場人物も加わるそうですね。そちらのキャストも注目!

大沢さんのコメントはいつも真摯でいいですねぇ。続編に対する並々ならぬ意気込みが伝わってきます。でもそのなかでの「内野君だけは続編を喜んでた」ってコメントが笑えます(笑)。いやいや、内野さんの坂本龍馬にまた会えるってだけでもかなりこちらもワクワクですよ~。仁先生と龍馬との友情物語、ドラマではどのように描かれるのか…なんだか涙の展開とかもありそうだし…想像するだけでも泣けてくる。

ちょうど「龍馬伝」が終わった後の放送なので、また新たな視点で幕末に触れられるっていうのも個人的に嬉しいです。これは来年4月まで死ねないな(笑)。

JIN-仁- DVD-BOXJIN-仁- DVD-BOX

角川映画 2010-03-17
売り上げランキング : 423

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

資金ができたら絶対にほしいDVD-BOXです…



ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2010/06/08 23:16 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(8)

『JIN 』第1回 完結編始動!!

ついに待ちに待ったドラマ『JIN -仁-』完結編がスタートしました!!いやぁ、嬉しい!前作も大沢さんと内野さんが共演ということで放送前からかなり楽しみにしていたのですが、今回はさらにそれを上回るテンションで待ち望んでいた作品です。
前作が終了した時点で続編がありそうな雰囲気だったために色んな噂が飛び交い混乱したことも今では懐かしい思い出。あの当時は情報だけが先走りしてて役者さん立ち含めJINに関わった皆さんは困惑していたんだとか。大沢さんもファンミの時に「新聞で情報が出ててビックリした」って言ってましたし(笑)。でもねぇ、やっぱりあのまま終わらせてはほしくなかった。謎がやたら残ってましたから(汗)。それだけに、今回続編が放送されるにいたったことは本当に嬉しいです。

ちなみに、今回の続編はなんと海外80カ国で日本とほぼ同時に放送されているのだとか!!前作だけで30以上もの賞を受賞したこのドラマ。それだけでもすごいのに、世界80カ国で…って…本当にすごいこと。国民性が違う国でも放送されるってことだろうから、制作側もプレッシャーが大きい分気合も乗るでしょうねぇ。今回の第1話の世界の人の感想を是非聞いてみたい。

JIN-仁-総集編 参 命の選択 2011年 05月号 [雑誌]JIN-仁-総集編 参 命の選択 2011年 05月号 [雑誌]

集英社 2011-04-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドラマにあわせて再び総集編も発売されました。大沢さんのインタビューも掲載されているし内容も面白いです。ドラマオリジナルの展開もあるのでこのマンガと見比べてみるのも面白いかもしれません。後日4巻も発売されるらしいしガイドブックも出る予定とか。うーー、またしても本貧乏(爆)。
このドラマが始まる前、大沢さんが掲載されている雑誌が次々に出てきまして…けっこう費やしてしまいました(笑)。数冊は涙を飲んで立ち読みで脳裏に焼き付けましたが、それでも買っちゃったよなぁ。ついつい…。


さて今回の完結編第1話。まず感想を一言で言うと…期待以上だった!!いやぁ、素晴らしいクオリティ。前作も第1回目からテレビ画面に釘付けにされましたが、今回も吸い寄せられるように夢中で見入ってしまった。
2時間5分のスペシャルでしたが…その時間を全く感じさせないというのがスゴイ。もっと見ていられるといっても過言ではないほど惹きつけられる内容でした。役者、音楽、ストーリー、これほど魅せられるドラマっていうのもそんなに多くはないと思います。制作側の熱さがそのまま視聴者にも伝わってくるような素晴らしい内容でした。私は大沢たかおさんのファンクラブに入るくらいのファンですが(笑)そのことを差し引いたとしても『JIN』は"ドラマ"作品として非常に魅力的だと思います。日曜8時の時代劇制作者にも一度見ていただきたいくらい(苦笑)。

以下ドラマの感想。印象的なシーンをいくつか振り返りたいと思います。見どころだらけだったので全部書いてるととんでもないことになりそうなのでなるべく長くなり過ぎないよう注意しますが(汗)、それでも長文だと思うのでご注意を。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/04/20 21:48 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

『JIN』第2回 未来との選択

第2回目も面白かったなぁ~。時間が過ぎるのがあっという間です。

そんな『JIN-仁-』のガイドブックが当初の予定より少し遅れて発売となりました!

日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック
TBSテレビ

ワニブックス 2011-04-22
売り上げランキング : 96

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大沢さんなど主要キャストのインタビューや紹介のほか、第1シリーズのおさらいなどが写真多めで掲載されています。JINファン必携の読み応えある一冊です!第2シリーズが終了した時点でできればもう一度出してほしいな~、なんて。

さて今回は、新たな歴史上の人物として徳川家茂の正室である皇女和宮が登場!偶然対面してしまった時の仁先生の反応がやたら可愛くて萌えました(笑)。松本良順先生は第1シリーズからの続投になりますね。
それと、懐かしの澤村田之助さんも出てきて嬉しかった!けっこう好きだったんです、吉沢君が演じてる田之助。原作を踏襲する流れであれば今後も出番があるかも。楽しみ。


以下、印象的だったシーンをいくつかピックアップしたいと思います(←やっぱりちと長めかも 汗)



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/04/27 16:02 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

『JIN』第3回 さらば愛しき人 

ますます面白く目が離せなくなってきた『JIN』。なんとか旅先から見ることができたのですが…泣けましたねぇ…。ダンナと一緒に見ているので涙を落とさないようにするのに必死になってしまった(苦笑)。

今回の見どころは、仁先生と江戸の人達との絆の物語でしょう。
仁友堂の仲間たちはもちろんですが、あの牢獄の荒くれ者までも心を開かせてしまう仁先生。タイムスリップして孤独な戦いを続けてきましたが、いつの間にか、彼は自分自身の力で人々との繋がりを構築しているんだなぁと思うとなんだかちょっと胸が熱くなりました。

原作とオリジナルの部分を見事に融合させている展開。やっぱり好きだなぁ、『JIN』。



以下、印象的だったシーンをいくつか。


Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/05/06 17:45 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(6)

『JIN』第4回 江戸から消える

放送4回目にして5分延長のスペシャル放送になったわけですが…そういえば、前シリーズの時もそんな回があったなぁと。長期スパンのテレビ雑誌を見ても5分延長の時間帯になっていたので急に決まったことではなかったようです。

とはいえ、
"本当に5分延長したのか!?"
と思えるほどの面白さ!あっという間の賞味約50分でした。


冒頭の龍馬からの手紙、面白かったですねぇ。いつの間に龍馬は薩摩へ渡ってたんだ(笑)。
西郷さんとは裸のお付き合いで大盛り上がりしてるし(大河ドラマにはここまで打ち解けてるシーンなかったぞ 笑)、次の瞬間には長州へ渡って中岡慎太郎と抱き合って大喜びしてる。内野@龍馬だとこのくらいの行動力がなんだかストンと腑に落ちるんですよね。あのぶっ飛びキャラだったら世界にも飛び出しそう、とか思えるし。実際の龍馬さんもそんな感じの人だったのかなと思ったり…。

で、まず注目したのが…中岡慎太郎との出会い

ハイ、ようやく出ました、市川亀治郎くんの中岡慎太郎。亀ちゃん、あなた、昨年の大河ドラマ『龍馬伝』では暗殺する立場だったのに・・・今回は打って変わってされる側に回ってしまったのね(汗)。
そういった役柄の因縁も面白いのですが…、因縁と言えば、大河ファンならば『風林火山』を思い出す人が多かったのでは。かく言う私もその一人。あの大河ドラマで内野さんと亀ちゃんは主従関係だった。

内野さん、勘助(家臣)
亀ちゃん、武田信玄(御屋形様)


それが、今回はほぼ同格の立場で再会を果たすとは!二人のあのテンションは役柄を越えて喜び合ってるように見えてしまったよ。しかも、相変わらず、顔が近い近い(笑)。いつも以上に近くなった時にはマジでビックリしたぞ(爆)。まさに二人だけの熱い熱いワールドが展開されていたのでした。あぁ、面白かった。
龍馬はこうして薩長同盟締結の同志を経てますます駆け回ることになるわけですね。今回は亀ちゃんはここで出番終了。とりあえずは顔見世と言ったところでしょうか。次に出てくるときが楽しみだ。


以下、そのほか気になったシーンをいくつか追記にて。




Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/05/12 16:06 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

『JIN』第5回 消えた体の謎

今回の『JIN』も冒頭から目が離せないドラマチックな展開だった…!
少しずつ、仁先生が現代から幕末にタイムスリップした謎が紐解かれていくような…そんな回だったと思います。メインは歌舞伎役者の人生にスポットを当てていましたが、そのエピソードの中から仁の存在意義というものも見え隠れしてるようで見応えありましたね。

JIN-仁-総集編 四 奇跡の結晶 2011年 06月号 [雑誌]JIN-仁-総集編 四 奇跡の結晶 2011年 06月号 [雑誌]

集英社 2011-04-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

確かこのメインストーリー、原作では仁先生の体が消える前にあったような気がするのですが(総集編四巻によりますと)上手く組み合わせてきたなと思います。


お初の手術中に体が消えてしまった仁先生。もう少しで手術成功というときに消えてしまうなんて…!と思いながら先週見ていたわけですが、これには理由があったようです。
体が消えて魂のような状態となり上空を彷徨う仁が目にしたのは…成長した初が"南方"という男性と所帯を持ち、幸せな人生を送る映像…。そして時は一気に流れ現代、仁の生家から一人の少年が出てくる映像が目に入る。その少年の持つ手提げ袋にあった名札は"南方仁"でしたが、それは今現在の南方仁の少年時代ではなかった

つまり、お初を助けてしまうと…今、タイムスリップしている"南方仁"という人物が存在しなくなるということか!?それを、あの状況で仁に見せるという神の仕業がなんとも残酷で…。お初は仁先生の先祖に深く関わる人物だったのですね…。

仁の体が消滅している間、お初は出血多量となり…仁が戻ってきた時には既に手遅れとなってしまった(涙)。お初とまるで親子のように戯れてた仁先生の笑顔があっただけに…ああいった別れ方は辛いなぁと…。お初が好きだったイカ飛行機の折り紙を握り締めて俯く仁先生の表情がとても切なかったです(涙)。「自分と出会わなければ、お初はもっと長生きできたかもしれないのに…」と自らを責める仁を必死に励ます咲さんでしたが、その心は晴れないままです。
この出来事以降、仁は以前にも増して自らの存在意義について葛藤してしまうことに…。前向きに幕末を生きる決意を固めた矢先だったのにね…。

同じ頃、龍馬は寺田屋で刺客に襲われていましたが…それを助けたのは平蔵…じゃなくて(←風林火山ネタw)修介だった。でも、助けた時のあの目が怖い!いつか襲われてしまうんじゃないかとハラハラするよ。
『龍馬伝』では襲われた後かなり大変なことになっていた龍馬を描いてましたが、ここでは現場から逃げたところで流してましたね。ま、仁先生のお話だから。


以下、そのほか印象的だったシーンをいくつか…。


Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/05/18 16:48 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(4)

『JIN』第6回 坂本龍馬の闇

「JIN」もあっという間にもう折り返し地点へ。毎回濃い人間ドラマが展開されているドラマで本当に見逃せません。そんなわけで、ついつい感想を書くのが遅くなってしまう(汗)。
第6回は坂本龍馬を中心に描かれていたわけですが、昨年の大河ドラマ『龍馬伝』の龍馬とは違った視点で描かれていたのが興味深かったです。福山@龍馬は「戦はいかん」と語っていたけど、内野@龍馬は「戦が必要な時もある」と叫んでた。色んな坂本龍馬の描き方があるなぁと思いながら見入ってしまいました。

ドラマの感想に入る前に…

現在、セブンイレブンとコラボした『JIN』と関り深い食品がいくつか発売されてます。前回は"黒米いなり"が出ましたが、今回はけっこう種類が多い(笑)。私もさっそく購入してみた!

305123462.jpg
こちらは仁先生考案の"安道名津"でございます!発売前からやたら楽しみにしていたのですが、甘すぎず食べやすい!美味しいのでけっこう何個もいけちゃうかも(←和宮さまが夢中になるのも納得w)

306804480.jpg
そしてこちらは"橘家の揚げ出し豆腐"でございます。もともと売っていたセブンイレブンの揚げ出しをアレンジしたものらしいのですが(笑)美味しかったです!!仁先生が咲さんにねだるのも納得w

そのほかにも、江戸カリントウや橘家のお弁当など…まだあるらしいのでゲットしたら次回紹介したいと思います。


以下、印象的だったシーンをいくつか。今回けっこう長くなってしまった(汗)。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/05/27 17:30 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(4)

『JIN』第7回 永遠の愛と別れ

セブンイレブンとコラボした安道名津が大人気との事ですが、私もあれから2-3個買って食べてしまいまして(爆)。甘すぎないし食べやすいんですよね。もし見かけることがありましたら是非ご賞味あれ(別にセブンイレブンの関係者ではないんですけどw)。

それで、あれからまた新商品がいくつか出てまして…とりあえず全て購入してみました。

308420223.jpg
こちらはドーナッツの中に餡子が入ってるミニ安道名津です。一口サイズなのでお茶請けにいいかも。ちなみにパッケージが違う同じような商品もありましたが…(爆)たぶん大吉屋さんのとはどこかが違うはず!?

311088108.jpg
こちらは第1話で栄さんが隠れてパクパク食べていた江戸かりんとうです。まだ未開封ですが、栄さんの気分になって食べてみたいと思います(笑)。

307532126.jpg
そしてこちらが橘家のお弁当です。咲さんが作ってくれたんだなぁ~とか想いを馳せて食べるとより一層美味しく感じられますよ!?ちゃんと揚げ出し豆腐もついてますしね。量は女性に丁度イイ感じでした。

家の近所のセブンイレブンはけっこう「JIN」フェアに気合が入ってるようで(笑)かなりの数を入荷している様子。店のBGMもずっとサントラがながれたりしてて『JIN』一色状態ですww。ここ2-3日は行っていないので分からないのですが、少しは落ち着いてきた頃かな?

ちなみに700円抽選は2回やりまして、応募券なるものはいただきました。たぶん当らないだろうけどチャレンジだけはしてみようかな、と。


以下、ドラマの感想です。


Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/06/01 15:10 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(4)

『JIN』第8回 歴史に逆らう命の誕生…

なにやら近頃、「JIN」の裏番組との視聴率争いが話題に上っているようですが…(苦笑)、どちらにもいい要素のあるドラマだと思うので(といっても私は裏番組は1回目の葛山さんが死んでしまった後から見てないのですが 爆)あまり騒いでほしくないなというのが正直なところかなぁ。まぁ、そうやって煽ったほうが世間的には面白いのかもしれないですけど。
で、今回の『JIN』はこれまでの中でもかなり壮絶なエピソードだったわけで…まぁ、あの手のシーンが苦手な人は逃げても仕方ないかなと思ったり(私も決して得意ではないわけで… 汗)。このドラマ、本当に全てのシーンに心血注いでいるっていう気迫が痛いほど感じられるので、視聴者の中にはちょっと疲れちゃう人も出てくるのかなぁとか…。裏に流れる人の気持もちょっと分かる。

ちなみに私は根本的に子供主体のドラマがダメなので(爆)たとえ視聴率で抜かれる日が来ようとも、最後まで「JIN」と心中する勢いで付き合います!っていうか、このドラマの魅力からもう離れなれないし。


1867年、世の中はいよいよ明治に向けて本格的に動いている。龍馬は大政奉還を仕掛けようと後藤象二郎と共に最後に詰めに入っています。船の中で新政府の基礎となる文言を思いつくまま必死に書きなぐっていますが…これは後に"船中八策"と呼ばれるやつですね!?こんなシーンが『龍馬伝』にもあったなぁとちょっと懐かしく思ったり。
しかしながら、よく見ると…八策ではなくて九策になっている!?これは実際の歴史には存在しない文言では!?

一方の仁先生は龍馬との手紙が盗まれたことから、新しくもらい受けた手紙も勝先生のアドバイスもあって燃やしてしまいます…。一方の恭太郎は盗み出した手紙とその中にあった龍馬と写った仁の貴重なツーショット写真を燃やしている。こうして仁と龍馬の思い出の品は次々と消されていってしまうのかなぁ。なんか切ない…。
しかし仁には何としても思い出さなければならないことがある。坂本龍馬が暗殺される日にち…。でもいくら考えても浮かんでこないんだよなぁ。で、せめて危険を知らせることだけはということで頭痛に襲われながらも必死で龍馬に忠告めいた文を書き上げる。大沢さんのあの頭痛の芝居は見ているこちらも痛くなってくるほどリアルなんだよなぁ(汗)。

決死の想いで龍馬への忠告文を書き送った後、今度は野風の出産準備に大忙しの仁先生。咲は熱心に産婆の勉強中。このシーンの中でノイロシートというものが出てくるんですが、皆「呪いシート」と読み間違えててその度に仁先生が「ノイロシートですっ」と言い直してるのが面白かった(笑)。たしかに言いづらいし呪いって聞こえる気がするぞ(笑)。
さらには田中久重さんから電球が届けられています!あの時の豆電球をヒントに立派なものを作ったんですなぁ。これがいわゆる、日本初の電球なんですかね。その誕生の裏に仁先生ありってことになってるし(笑)。


以下、追記へ


Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/06/09 01:38 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

『JIN』第9回 坂本龍馬、暗殺

ついにこのサブタイトルが出てしまったか…。っていうか、これ、前シリーズの時も同じタイトルありましたよね?
あの時は龍馬が仁先生と谷底に転落して消滅してしまうっていう展開だったけど(しかもただ流されただけで元気に復活してたしw)、今回ばかりはどうやら本当に起こってしまうようで…内野@龍馬ファンとしては辛い(涙)。

仁先生が龍馬暗殺の史実を咲さんに話そうとして激しい頭痛に襲われている頃、龍馬は新しい政府の構想を考えています。"新政府綱領八策"と呼ばれるものです。新しい世の中を創りだしていくであろう人物を書き連ねている書でもあるわけですが…この中に「○○○自ラ盟主ト為リ」という文面が存在します。
この「○○○」に誰が入るのか…そのことを巡っては大河ドラマでもかなり大きく取り上げられてて龍馬暗殺の引き金にもなったような描き方になっていました。果たして、今回の龍馬はこの「○○○」に誰の名前を想定してたのでしょうか?

頭痛が治まった仁はすぐさま京へ行く準備を始めます。察しのいい咲さんは龍馬が約1ヵ月後に暗殺されるということを悟った様子。本当に理解が早いよなぁ、咲さん。
さらに準備しているところへやってきた佐分利先生にも「先生の力が必要な気がするんです」と同行を依頼。その時の佐分利先生の嬉しそうな顔といったら(笑)。「どこまでも着いてきます!!」と超テンション上がってるよ。尊敬している仁先生に認められたような気がして嬉しかったんだろうねぇ~。もしくはそれ以上の感情も!?って誤解しかねないくらいの喜びっぷりに思わず吹き出してしまった(笑)。

「歴史は変えられないわけではない」
船中八策のはずの龍馬の案にもうひとつ、自分が語った言葉が盛り込まれた九策目が記されていたことに勇気をもらった仁は勝先生から通行手形をもらい京都へ旅立ちます。
龍馬の暗殺まで時間がないということでかなり早足で先を急いでいる仁先生と咲さんですが・・・事情が分からないまま頼られた喜びでついてきたであろう佐分利先生はかなり遅れ気味(汗)。なんだか一人だけ蚊帳の外にいるような感じでちょっと気の毒だったかも。仁先生、少しは後ろも振り返ってあげて~…とか思ってしまったけど(汗)そんな余裕はないみたいだよなぁ。

「南方仁がおれば、坂本龍馬は死なん」

「助けますよ…!俺が、この手で!」

龍馬と仁が交わした二人の約束。自分がこの幕末に飛ばされたのは、きっと坂本龍馬を救うためなんだ。大切な親友となった坂本龍馬を救うためなんだ。
何の根拠もないけれど、そう自分に強く言い聞かせ、仁は京都へ向かいます。その使命を信じて…。

しかし、確実に龍馬暗殺の日の足音は近づいています。恭太郎にはついに龍馬暗殺指令が出てしまい…彼らも京都へ向かうことに。辛いよなぁ、恭太郎さん。幕府側の立場ゆえに龍馬を暗殺しなければならないなんて…。しかも栄さんと咲さんを人質に取られるような形でっていうのがさらに辛い(涙)。
「体には気をつけるのですよ」
と優しくお守りを渡してくれた栄さんの心が恭太郎には痛かったに違いない…。


以下、追記へ。
でも…かなり長いぜよ(爆)。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/06/16 13:42 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

『JIN』第10回 最終章前編~タイムスリップの結末…~

いよいよ最終章まで来てしまいましたか…。なんだかここまでものすごく夢中で見続けてきたのでとても早かったなぁという印象です。ラスト1つ前の今回は仁と龍馬の最後の友情を中心に描かれていて…泣きました…ボロ泣き(涙)。


龍馬を護衛していたはずの東が、龍馬の額を斬ってしまった…。
前回見た限りだと、東が襲ってきた浪士を斬ろうとして謝って龍馬の額を斬ってしまった…というように見えたのですが、どうやら真相は違ったようです。

東にとって坂本龍馬は仇だった…

これまでずっと東の龍馬を見る目がヤバかったので、きっと肉親か友人の仇なんだろうって思っていましたが…やはりそうでしたか。前作、仁と一緒に歩いていた折に龍馬に襲い掛かって斬られた浪士がいました。なんとそれが東の兄だったとは…!だから彼は禁門の変の時に龍馬に助けられたことを良く思わなかったわけですね。
しかし、龍馬を護衛していくうちに東は徐々にその憎しみの感情が消えていったはず。「もういいですよね、兄上」って呟いていたし…東の中ではとっくに龍馬を許していたんだと思います。それはきっと龍馬も感じていたこと…。
だから、「仇だったから斬っただけ」という東の言葉は本心ではない。それを一番分かっていたのは東に斬られた龍馬だったんじゃないかな。そう思ったらなんだかすごく泣けました(涙)。

龍馬の返り血を浴びた仁は必死に龍馬のもとへ駆け寄ります。薄れ行く意識の中で、龍馬は言葉をかける…。

「南方仁がおれば、坂本龍馬は死なん…!、じゃろ」

この前は「なんて言ったか覚えてない」なんて笑ってたけど、ちゃんと覚えてたじゃないか…仁先生との約束の言葉(涙)
そして、その言葉に仁も力強く答える。

「はい…!助けます、俺がこの手で…!!」

あの時と同じ言葉で…(涙)。仁先生…血の涙を流してたよ…(涙)。そして安心させるために龍馬に向かって精一杯の笑顔向けてた…(涙)。
この一連の大沢さんの芝居がやたら泣けて仕方なかったです…。

そして、いよいよ坂本龍馬の手術が始まります。仁は「坂本龍馬を助けるためにここにいるんだ」と自分に言い聞かせる。脳裏に蘇ってくる龍馬との楽しかった日々…。その時をもう一度取り戻すために、仁はメスを執りました。

それにしても、内野さんはまたしてもここで坊主姿になりましたねぇ。あ、いや、こんな大変な時になんですが(汗)大河ドラマ『風林火山』の時も思ったけど、やっぱり頭の形が坊さん型w。DNAってやつですかねぇ。たぶん今回は特殊メイクだろうけど、きれいな頭の形だなぁって思ってしまった。

しかしながら…毎度の事ながらも手術シーンがやたらリアルでちょっと目を背けたくなってしまいます(汗)。ここで裏番組に移動した人がいてもおかしくないなと(苦笑)。見ててヒィィ~って言いたくなるようなのの連続でしたから、今回特に。
これ、大沢さんはじめ、演じてる役者さんたちって相当精神力使ったんだろうな。寝てるだけの内野さんもかなり大変そうだし(汗)。本当にこのドラマはいっさい手抜きらしいところがありません!

激しい頭痛に襲われながらもなんとか坂本龍馬の開頭手術を終えた仁先生たち。しかし予断を許さない状況…。
お登勢さんの協力もあって少し休憩をとることができた仁は、事情が良く飲み込めていない佐分利先生になぜこうなったかの状況説明をしています。一番大変な時に酔いつぶれて寝てたからね(汗)。もう驚くことだらけですよ、彼からすれば。
さらに辛いのは咲さん。兄の恭太郎さんが龍馬を襲った張本人だと知ってショックを受けていますが、龍馬の容態のこともあり気が張っているのか「私も医者の端くれですから」と気丈に振舞っています。その姿がなんだか痛々しくて泣けてくる(涙)。


以下、長くなるので追記へ。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/06/24 09:53 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(2)

JINが終わってしまった・・・

6月26日、ついに「JIN」が完結してしまいました。
毎週毎週、本気でのめりこむように見入っていたので、終わってしまってちょっと気が抜けました(汗)。

最終回の視聴率も26.1%とすごい数字が出てますし、瞬間最高視聴率にいたっては30%を越えたのだとか!皆さんやっぱり謎の部分がどう決着していくのか気になったのかも!?
でもこのドラマは、それだけの数字を取る価値のある作品だったと思ってます。

主演の大沢たかおさんはじめ、綾瀬はるかちゃんや内野聖陽さん、小出恵介くんや桐谷健太くん・・・などなど、若手から実力派まで、みんな本気のすごい芝居を見せてくれた。ゲストも含め、これだけ全体の役者のクオリティが高いドラマというのもあまりないのではないかなと思います。

最終回を見る限り…続編はもうないなと思いましたし、作らないほうがいいと思いました。たぶん大沢さんも燃え尽きたんじゃないかと思うし。
ちょっと「?」が残ったシーンもありましたが(個人的には10円玉のなぞがイマイチわからなかった 汗)、ドラマ全体としてはあれでよかったんじゃないかなと。パラレルワールドの話はちょっとややこしかったですけどね(笑)。

大沢さんが台本を白紙にしてまで本番一発で撮ったという、咲からの手紙のシーンは泣きましたねぇ…(涙)。大沢さんのあの本気の号泣も見ているだけでこちらも涙涙でした…。


ちなみに、本編とは全く関係ありませんが…(爆)、蚊取り線香のCMに山口祐一郎さんが出てきてビックリしました(笑)。噂には聞いてましたが、本当に存在してたとはwww。


さて、感想書きたいんですけど…そうとう濃くて長いものになりそうで…今週中にアップできないかもしれません(今週観劇が2本入ってるし 爆)。いつも待っていてくださる皆さん、ごめんなさい。時間がかかるかもしれませんが、JIN最終回に関する私の感想はもうしばらくお待ちください。
とか言って、結局たいしたことない内容だったりするかもしれませんけど(汗)。


[ 2011/06/27 16:01 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(-)

『JIN』最終回 ~完結 時空の果て…~

1週間前に最終回を迎えてしまった『JIN』。毎週今の大河の毒を洗い流してくれるような素晴らしい内容のドラマだっただけに、それが無くなってしまった事は個人的にかなり痛手であります(苦笑)。
2時間スペシャルでしたが、あっという間に終わってしまったなぁって感じ。時間が経つのも忘れるほどこうしてのめりこめる内容のドラマってそんなに多くはないと思います。それほど素晴らしかった!小さな疑問はいくつか残ったけど(10円玉がなぜあそこに落ちていたか、とか 汗)それでも、見事な着地だったなと。

1週間遅れとなりましたが…、最終回を振り返っての感想を書いていこうと思います。

ちなみに…
『JIN―仁―』完全シナリオ&ドキュメントブック (TOKYO NEWS MOOK 232号)『JIN―仁―』完全シナリオ&ドキュメントブック (TOKYO NEWS MOOK 232号)

東京ニュース通信社 2011-06-29
売り上げランキング : 21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんなすごい本が発売されております!!パート1からパート2の最終回までのシナリオが掲載されてます!予想外に大きなサイズで重かったけど(汗)読み応えがありますよ。JINファンにはお勧めの1冊。


仁先生の病状が進む中、咲と野風は何とかして未来へ戻れる方法はないかと話し合っています。しかしながらこればかりは彼女達だけではどうにもならない。うーーん、辛いねぇ(涙)。日に日に弱っていく仁先生を見るのはこちらも辛いよ(大沢さんの芝居がリアルすぎるので 汗)

同じ頃、恭太郎にはフランスへの留学話が持ち上がっていました。しかし恭太郎は素直にその話を受けることができない。坂本龍馬を死に追いやってしまったという罪悪感からどうしても抜けられないんだろうな(涙)。そんな彼の心を見透かすように勝海舟は

「前を向けよ、恭太郎!」

と励ます。このセリフ、なんだかすごく胸が熱くなってしまった。勝先生の親心みたいなものを感じましたね。小日向さんのお芝居も素晴らしい
その勝先生はというと、新政府側の西郷から上野の寛永寺に彰義隊が結集していることを責め立てられています。大政奉還したはずの幕府がまだ新政府に逆らうのかということで西郷さんはかなり苛立っている様子…。そんな彼にも勝は毅然とした態度で臨んでいました。カッコいいわ~、小日向@勝先生!!

そんな不穏な情勢のなか、仁は良順先生から万一の時に医学所へ指示を出してほしいと頼まれます。その話に

「私、そういう時、一番間違っちゃいそうな気がするんですけど…」

と自信が持てない仁先生でしたが、その間違った道を示せばいいと良順先生は全幅の信頼を置いているようです。あの松本良順にここまで信頼されるとは…医術だけではなくやはりこれは仁先生の人柄もあるんだろうなって思いました。
しかし、仁の病状はその帰り道に出会った辰五郎親分に指摘されるほど酷くなっている…。頭痛に加えて手の痺れ…、顔色も明らかに悪い。徳川の世の終わりと同時に自分も終わっていくのだろうと覚悟しているというのが何とも哀しい…。

夕餉の席でも揚げ出し豆腐の器を落としてしまう仁…。咲を心配させまいと笑顔をむける仁先生でしたが、彼女にはその笑顔を見るのが辛い。元の世界に戻れる方法はないのかと聞くと、それでも行ったり来たりできるならやっているし、もしそれができたらすごく便利じゃないかと…、まるで他人事のように笑う仁。江戸の人は笑うのが上手だから、自分もそうありたいと寂しく笑っている姿が逆に辛い(涙)。
この世界では仁の病気を治すことはできないということを改めて思い知らされ落胆する咲。そんな彼女を「そんな顔してたって何も良くならないですよ」と優しく励ます仁…。本当は不安で仕方ないはずなのにね…(涙)。必死に笑顔の練習している咲さんも悲しかった…(龍馬伝で出てきた「うーみ」っていうの思い出したけどw)

翌日、自らの命がもう長くないと悟った仁は自分の死後に体を腑分けしてほしいと頼みます。あまりの申し出に衝撃を受ける仁友堂のメンバーたち…。これは哀しい(涙)。自らの体で将来の医学に役立ててほしいっていう仁の想いは分かるけど…、それを言うほうも言われるほうも、やっぱり身を切られるように辛かったと思う…。

「私が皆さんに遺せるのは、知識だけです。だったら、できるだけのものを遺したいんです!」

自分の死を、信頼している仁友堂のメンバーに意味のあるものにしてほしい…。これが先立つ自分ができる最後のことだって覚悟した上でのあまりにも重い発言…。仁先生の気持ちが痛いほど分かるが故に切なくて切なくて涙してしまった(涙)。
そして、その言葉を受け止めなければいけないという覚悟を持たなければならないメンバーたちの気持ちも切ない…。みんなが言葉を失い立ち尽くす中、咲は涙を堪えて「ハイ」と応えます。咲さんが一番辛いはずなのに…(涙)。仁先生のことを本当に愛しているからこそあそこで「ハイ」って言えたんだろうな…。練習したての笑顔で…。これまでのなかで一番泣けたオープニングだったかもしれない(涙)。

そんなわけで、仁先生の脳に関する講義が始まるわけですが…途中でやはり倒れてしまう。
床に伏した仁先生を訪ねて勝がやってきます。彰義隊に頭を悩ませている様子ですが、そんななかで恭太郎にフランス留学の話をしたことが出てくる。なかなかその話を受けないらしいということを聞いた仁は咲と一緒に恭太郎に会いに行くことに。

以下、長くなるので追記へ。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : JIN-仁-

[ 2011/07/03 17:55 ] JIN -仁- | TB(-) | CM(4)