FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます
カテゴリー  [ 朝ドラ つばさ ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『つばさ』第1週 ハタチのおかんとホーローの母

いよいよ先週から新しいNHK朝の連続テレビ小説『つばさ』が始まりました!

つばさ―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)つばさ―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
戸田山 雅司

日本放送出版協会 2009-03
売り上げランキング : 1725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前回の朝ドラは本当に中盤から最後大失速してしまったし、なんとも終始暗くジメジメした雰囲気のままで後味悪かったのですが、『つばさ』は打って変わってドタバタな明るい展開で楽しいです。前のドラマの反動から・・・というのもかなり影響はしていると思うんですけど(苦笑)、やっぱり朝ドラは明るい雰囲気のほうがいいです。なんかBKが制作しそうなテンポのドラマですよね(笑)。

主演の多部ちゃんは朝ドラ初の平成生まれヒロインということですが…なかなか頑張っているんじゃないでしょうか。台詞の言い方とかはなんとなくまだリアル感が感じられないようなところもあったりするんですけど、でも、コロコロと変わる表情なんかは見ていて分かりやすいし可愛い。土曜日は母と祖母の大喧嘩に巻き込まれて突き飛ばされるという展開もありましたが・・・身体張ってがんばってるなぁと思いました(笑)。
あと、ツッコミも間がなかなかいいですね。特に甘玉堂に借金取りが押し寄せたところをヒロリンこと(笑)斎藤が救ってくれたということを聞くシーン。斎藤は「名乗るほどのものでもない」とカッコつけてたのに結局は家族の皆に名前を名乗っていたようで・・・それに対してつばさが「ちゃんと名乗ってんじゃない」とツッコミ入れてるところがなんとも笑えました。こういうの、ちりとてでもありましたなぁ。

それからなんといっても高畑さんのテンション高い加乃子母さんがスゴイ!かなり大騒ぎのお騒がせ母なんですが、行き過ぎているにもかかわらず下品に見えないところはさすがだなぁと思います。これからも色んなコスプレやらで楽しませてくれそうだし、朝ドラ史上類を見ないぶっとびお騒がせ母っぷりが見れそうでかなり期待しています。
その夫の梅雀さん演じる竹雄父さんもいい味出てますよね~。情けなさの中に温かさもあって・・・なんだか応援したくなる感じ。今後スタパでも語られていた竹雄さんの過去話も出てくるかもしれないのでそれに期待しています。
吉行さん演じる千代おばあちゃんはこれまたすごいキャラですよねぇ。娘の加乃子さんとの大喧嘩で「私の一番の失敗はあなたを産んだことです!」なんてなかなか言えないでしょう(笑)。名前に似合わずかなり過激なおばあちゃんです。吉行さんのあんな激しい芝居見たの始めてかも?
弟の智秋を演じてる冨浦くんは声が可愛いですねぇ(笑)。声変わりがまだできてないとか?今後、智秋と加乃子さんとの関係もクローズアップされそうで楽しみです。

さらに、西条さん演じる斎藤、つばさが恋心に似た感情を寄せる翔太などなど興味深いキャラの活躍も楽しみです。ちなみに翔太役の小柳友くんはブラザー・トムさんの息子さんなんですよね。谷原章介さんともかなり親しくしているんだとか。今後の彼の芝居にも注目です。

第1週のストーリーは人物紹介といった感じで、さして濃いストーリーはなかったかな。つばさが自我に目覚め始めるきっかけになる・・・みたいな展開でしたが・・・正直なところ、もう少ししっかりとした話の核みたいなものがあってもよかったかもしれません。ドタバタドタバタだけが強くなりすぎるとそれはそれで問題ですしね(←うちの母親はけっこうテンション落ちてたんで 苦笑)
まぁ、なにより、明るいというのが第一でしょう。本格的なテーマに入るのはたぶん3週からだと思うんですが、これからも楽しませてくれる朝ドラになりそうかなという予感はあります。もう一歩テンションあがりそうなときはまたレビュー書きたいと思います。


スポンサーサイト

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/04/05 15:58 ] 朝ドラ つばさ | TB(0) | CM(4)

『つばさ』第2週 甘玉堂よ、永遠に

第2週に突入したNHK連続テレビ小説『つばさ』ですが・・・見終わった印象は・・・"こりゃ好き嫌いがかなり分かれる作品になるかもな"・・・でした(笑)。今までの朝ドラにないようなテンションの高さを売りにしているということですが、人によってはただギャーギャー騒がしいだけの朝ドラって映る危険性があるんじゃなかろうかと。ちりとてのようなドタバタの中にある人情みたいなものを期待してる人にとってもけっこうキツイと感じる人がいるんじゃないでしょうか。
戸田山さんの脚本って、小中劇場系舞台に近いのかもしれません。テンションといいノリといいハチャメチャぶりといい、なんかどこかで見たような風景かもと思ってしまう(笑)。Wikiで調べてみたら、どうやら第三舞台出身ということですので・・・なんとなく納得できてしまうかも。おそらく好き嫌いが分かれるのを覚悟の上で放送してると思いますよ。
かくいう私はというと・・・今のところは"好き"です、このノリ。役者さんたちの漫画みたいなテンションが朝から笑えますし、「なんじゃ、ありゃ」とツッコミながらも楽しんでる感じ。前作は腹立たしさしかないツッコミやってましたから(爆)それに比べれば今回は気楽でいいですよ。

甘玉堂存続危機に加乃子(←鹿の子よせからきてるんでしょう、名前 笑)さんが乗り出し、ヒロリンから1000万円を借りたはいいですが、清六さん演じる詐欺師に騙されて持ち逃げされちゃいました。清六さんがまた、詐欺師の雰囲気に合ってて笑えましたねぇ~。知秋くんの慌てぶりとコケぶりも可愛くて私は好きです。あと、ヒロリンが事務所でブーメラン弄ってたのも吹きました(爆)。このシーンはコントみたいで個人的には好きでしたね。それにしても"あずき2号"って・・・(←狩人のパクリですね 笑)
で、さらに店の存続危機に陥って加乃子さんがヒロリンの事務所にまたまた突撃!のっけからどろぼうスタイルで・・・そして出ました!センジュくん(笑)。高畑さん曰く、あれを撮影二日目に背負わされて大変だったとか(汗)。・・・っていうか、イメージ画像の"千手観音@カノン"がやけに可愛かったんですが(笑)。便利を売りにしているということですが・・・どうみてもあれ、使いにくそうだよ。通販で売れ残るのは至極ごもっともな話で・・・なんとも計画性のない母親ですなぁ。ヒロリンだけじゃなくてもあれはただでもいらないよ(苦笑)。

加乃子さんのぶっとび振りがやたら目立ってるこのドラマですが(笑)、つばさも店のために奔走してますよね。老人ホームに和菓子売りに行ったり、お父さんを励ましたり・・・できることを一生懸命やってる。翔太とつばさのツーショットシーンはけっこう個人的にお気に入りです。翔太がつばさの自転車を押してやるのとか好きだったなぁ。小柳君は芝居が上手い・・・とは思わないけれども(苦笑)嫌味がないので私はいいと思ってます。
で、結局どうにも首が回らなくなって店の売却が決まってしまったわけですが・・・つばさがヒロリンにたんかを切るシーンがちょっと違和感あったかも。多部ちゃんって表情がコロコロ変わって面白いし分かりやすいんだけど、叫んだりするときの台詞の言い回しがただ怒鳴ってるだけみたいに聞こえちゃうんだよねぇ…。一生懸命気持ちこめてると思うんだけど、どうしてもうわべだけの言葉に聞こえちゃう。それだけが残念。

店の売却が決まって引越しする日、皆で甘玉を食べるシーンがとてもよかった。あそこは見ていてなんかジーンときました。それと背比べの傷跡を見つめ、加乃子さんと千代さんがそれぞれ感慨に浸って涙しているところも感動的だったかも。それぞれの親心になんか見てて温かい気持ちになりました。
で、宇津木棟梁の隣に引っ越してきた玉木家でしたが・・・いやぁ、落ち着くまでは本当にドタバタしっぱなしでしたね(←こんなところがなんとなく舞台っぽい 笑)。センジュくんまで持ってくるとは・・・あれ、完全に邪魔だろう!知秋くん、お気の毒様・・・。でも、最近は彼のツッコミが冴えてて聞いてると楽しくて仕方ないんですよね(笑)。お気の毒といえば竹雄さん。何で一人そんな場所に寝る羽目になっちゃったんだ!?
で、新しい家に越してきて最初の朝、なぜか主婦業に張り切る加乃子さんでしたが・・・味噌汁は「あさげ」でしょうか(笑)。完璧に主婦してたつばさからすれば、加乃子さんの家事は手抜き以外の何者でもないよな(←ご飯たけただけで自慢してたし 笑)。そこに、ヒロリンがまたまた登場。そしてなぜかなぜか、サンバダンサーも乱入(笑)。つばさの「これですか!?」っていうのはここから生まれ出たものだったのか。家の中からスモークが出てきたり、完全に異次元空間になっててすごかったなぁ。ああいうシーン、ダメな人はダメかもしれないですが・・・それもこのドラマのノリでもあるのでわたしは笑いながら見てました。

ということで、来週からはいよいよ"ラジオ"が出てきます。つばさの旅立ちと知秋の再生に期待したいところです。


ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/04/12 15:15 ] 朝ドラ つばさ | TB(0) | CM(2)

『つばさ』第15回 哀しいトラウマ

第3週"家族の周波数"に入ってから新たな登場人物も出てきてさらに面白くなってきた朝ドラ『つばさ』。「天地人」へのテンションがガクッと落ちると同時に「つばさ」へのテンションが急上昇しています(←いいんだか、どうなんだか… 苦笑)
今までは週レビューにしてきましたが、今日の放送で不覚にも落涙してしまったので・・・これからは気が向いたときにちょこちょこ書いていこうかなと思っています。

家賃滞納者の真瀬を追い出すどころか、彼の仕事を手伝うことになってしまったつばさでしたが(笑)、出かける前までもちゃんとオカンとして家事をこなしてるのはスゴイと思います。10年間主婦やってきたから身体に染みこんでてやらないといられないんだろうけど。最初は嫌がってた周波数探しの手伝いでしたが、「家族の周波数を見つける」という新たな目標を得てからは俄然やる気モードでイモ呼ばわりされても平気になってました(←単純明快な子だ 笑)
しかしその一方で知秋は心の不安定さを抱え家族との距離感が広がるばかり・・・。加乃子は体操服事件以来、知秋とまともに会話ができない状況に。

知秋が深刻な状況に陥っていることに気づかないつばさは彼を勇気付けるためにも周波数探しに張り切ってますが、自分の通う大学前に来たところで突然弱気に。そんなつばさに真瀬が
「そう都合よく知ってる人間が現れるわけがないだろう」
と言い放った瞬間にタイミングよく現れてしまう親友の万理と片思い中の翔太(笑)。こういうテンポ好きだなぁ~。ほんとコントですね、コリャ(笑)。つばさが困惑しているのを見てわざと気を利かせる真瀬もオモロイ!真瀬を演じてる宅間さん、「瞳」ではかなりひどい扱いでしたが今回はかなりイイ感じですね。

万理と翔太と昼食を共にするつばさは知秋のことを相談。つばさが働き出してから様子がおかしくなったと聞いて万理と翔太は「寂しいんじゃないのか」と指摘します。言われて初めて知秋の孤独を感じ取るつばさでしたが、あまり深刻には考えてなさそうだよなぁ。
そんな話をしてるとまた真瀬からお呼び出し。「イモ」と呼ばれているつばさを見て万理が「イモ?」と不審顔になってるのがやたら面白かった(笑)。あそこは翔太がつばさにもしかして・・・みたいな直感が働くのかと思ったんですが、案外万理ちゃんって鈍感
再び周波数探しをしていると真瀬と同じキネマに住んでる伸子が通りかかり石鹸を押し売りしようとしてますが・・・40代~50代向けのものをハタチのつばさに売ってどうする(笑)。松本さんのオバちゃんぶりが堂に入ってて笑えますなぁ。一方の真瀬は保育園が気になる様子。彼も何か抱えているのかもしれれません。

玉木家ではなかなか餡が作れず竹雄が苦心しています。前回おかみさんに逆らったことに対してビビッてましたが(怒りの続かない草食動物って表現がウケた 笑)、どうやら無事に職人続けているようでよかったよかった。しかし、加乃子は餡のデキよりも知秋のことが心配でたまらない。自分のせいで知秋が情緒不安定になってしまったのではと語る彼女に竹雄は自分の責任でも在ると語ります。今までつばさに全て任せきりにしてきたせいだと・・・。餡のことも気になるし、知秋のことも気になるし・・・玉木家はもしかして今けっこう窮地に陥ってる!?その両親の話をこっそり寂しそうに聞いていた知秋の表情がめちゃくちゃ切なかったです(涙)。

そしてついに事件勃発

知秋のために好物の品を張り切って用意した加乃子。オムライスに玉子焼きって・・・ヲイ!そんなに卵食べさせてどうする(爆)・・・とは思いましたけど、これも精一杯の加乃子なりの知秋への愛情なんですよね。さらに新しく体操服を渡し、寂しい想いをさせてしまったことを詫びるのですが・・・加乃子はこのとき知秋の両頬に優しく手を添えてしまいます。
その瞬間、知秋の中である感情が沸き起こり加乃子や駆けつけた竹雄を突き飛ばし、食事が用意された机もひっくり返してしまう。こんなシーンのときになんですが・・・知秋、いとも簡単にあの机ふっ飛ばしたなぁと・・・。か弱そうに見えてけっこう逞しい!?
加乃子と竹雄を突き飛ばし狂ったように泣き叫ぶ知秋に愕然とする千代…。ちょうどそこへ戻ってきたつばさは知秋のあまりの取り乱しようにショックを隠しきれませんがその気持ちを必死に抑えながら泣き叫ぶ知秋を抱きしめてやります。
「私は知秋のオカンでいるから!もうどこにも行かないから!」
そう言いながら優しく弟を受け止めるつばさ…。その言葉で少し落ち着いた知秋…。ショックのあまり言葉も出ない千代、竹雄、加乃子…。

泣きました、このシーン(涙)・・・
ガイドブックで読んだときもウルウルッときましたが…ドラマは更に泣けました。玉木家の痛みがものすごく伝わってきて泣けて仕方なかった。

そして加乃子は気づいたようですね・・・なぜ知秋がこれほどまでに心を乱してしまったのか
10年前の秋、加乃子は幼い二人の兄弟が追いかけるのも聞かず家を出て行った。幼かった知秋はそれでも必死に母親の後を追いかけ、加乃子はそんな知秋の頬に去り際優しく手を触れていました
知秋にとって、加乃子から頬を触れられるという行為は「母親を失った日」という記憶を鮮烈に思い起こさせてしまうことだったんです。母親がいなくても真っ直ぐいい子に育っているように見えた知秋でしたが、心の底には計り知れない孤独を抱えていたんですね(涙)。
そんなトラウマに苦しむ息子の姿を目の当たりにした加乃子は思いつめたように手袋を編み続けます…。幼い知秋に思い出代わりに渡したであろう手袋…。それを今編んでいる加乃子の心の内はいかに!?


ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/04/15 09:28 ] 朝ドラ つばさ | TB(0) | CM(5)

『つばさ』第7週 もうひとつの家族

ちょっと感想お休みしてしまいましたが(汗)、私は今回の朝ドラは面白いと思っているので自分の誕生日を機会にやっぱりチマチマと書いていこうかなと思ってます。えっと、意見には個人差がありますから・・・気が合わないと感じたら回れ右してくださいまし。

本当は今週何度か感想書こうかなと思ってたんですけど・・・ちょっとオドオドしてる間に週の終わりが来てしまいました(苦笑)。先週は父親の話の割には全編ギャグマンガちっくだったりでちょっとビックリしたんですが、あのくらい徹底しているとなんだか逆に気楽に楽しめていいかなと思ったり。
それからすったもんだがあって・・・ついにラジオポテトが放送開始。このドタバタ劇が個人的にかなりツボにはまりました(笑)。ちなみにラジオポテトにはなぜか『風のハルカ』のキャラクターだったきりぼんちゃんが置いてありますよね。甘玉堂には『ちりとてちん』のヒグラシ手ぬぐいが飾ってあるし(笑)観てるだけでなんだか楽しめてしまう。

生放送のトップバッターは真瀬さん。でもその放送はお役所的な真面目~な内容でめちゃくちゃ不人気。それを知ったときの宅間@真瀬さんの表情がめちゃくちゃ面白かったです。
次のコーナーは伸子さんですが・・・さすがセールスレディーな滑らかな喋り(笑)。個人的にはあのコーナーのときに流れていた「職人さん♪」って歌がツボですww。それにしても宇津木棟梁・・・緊張しすぎ(笑)。「川越中」を「顔中」と聞き間違えたりしてるところなんかアドリブ!?と思うくらい笑えました。さらに加乃子さんの横槍も入りグダグダ・・・でしたが、これが結果オーライでリスナーの反応もよくなるんですよね。たしかにハプニングがあると楽しめます(笑)。真瀬さんは苦渋の表情が楽しくて仕方ないw。

そして苦心作のあの♪鈴本スーパー♪CMも流れてましたねぇ。鈴本社長の奥さんの声は、サザエさんでおなじみの加藤みどりさんなんですけど・・・今後顔出しすることはあるのだろうか!?
で、次のコーナーは鈴本スーパーの宣伝ということになるのですが、ここでロナウ二郎くんが思わぬ才能を発揮。つばさ、あの状況でよくピンときたなぁ。頭の回転がいい!しかしあのラーメン、本当にアッサリ味だったんだろうか?かなり油が浮いてたような気が・・・(苦笑)。
そのあとの音楽コーナーの担当はオドオドしっぱなしの浪岡さん。でも、今回ばかりは様子が違います。なんとあんなに大切に持ち歩いてたギターを売って、思い出のレコードを買ってきちゃいました。しっかし9800円・・・そんなにプレミアついてるのか、あのレコード(笑)。

と、15日放送はここで終了。16日放送分では浪岡さんの未知なる才能が開花!人と関わることを避けてきた人とは思えないような素晴らしいパーソナリティぶりを発揮。さらには真瀬さんがみんなにツッコミを入れられまくりギャグをラジオ放送で言うハメに(笑)。これが二郎級に寒いっていうオチがついてるところがまた面白い。
そしてつばさは、第2の自分の居場所を確信します。おばあちゃんはつばさのラジオは聞くことはないと言いながらも彼女の選んだ道を認めてくれます。このおばあちゃんがつばさのラジオを聞いてくれる日がきたときに本当の家族の絆が深まるのかもしれないですね。

・・・と、16日の感想を書いてますが、実は現段階(16日深夜)で私はその放送を見ていません(笑)。外出の予定が入ってるので見れないんです~。てなわけで、小説を読みながらなんとなく場面想像しながらの感想になりました。すみません。

NHK連続テレビ小説 つばさ〈上〉 (NHK連続テレビ小説)NHK連続テレビ小説 つばさ〈上〉 (NHK連続テレビ小説)
戸田山 雅司

日本放送出版協会 2009-03
売り上げランキング : 37501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


来週から、気が向いたらまたチマチマこうして書いていく予定です。よろしければお付き合いください。


※取り急ぎ…
なんとか本日分見られました。やっぱり面白かったしいい感じで終りましたなぁ。浪岡さんの9800円のレコード!あの曲は私も気になります。ジャケットとのギャップは笑えますがw。


そしてもうひとつ、「つばさ」とは関係ないんですが(笑)
虎ちゃんの新ドラマも決まったとか。WOWOW入っててよかった。詳しくは他の虎ちゃんファンの皆さんがブログに書いてると思うのでお任せします~(汗)。





ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/05/16 08:30 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(4)

『つばさ』第43回 認知度30%

今週からできるだけ「つばさ」感想書いてくことにしました(毎日は難しいかも?)。基本的に私は今回の朝ドラ『つばさ』をかなり面白いと感じ応援していますので、肌に合わないと感じる方は回れ右することをお勧めします。

今週のサブタイトルは"親子の忘れもの"ということで、特に真瀬さんクローズアップになりそうです。原作本読みましたが、けっこう面白かったしグッとくる場面もあったので期待しています。

それにしても・・・無事にラジオぽてとが開局してもう2ヶ月も経ってしまったのか(笑)。展開早ッ!それでもつばさは相変わらず真瀬さんに怒鳴られっぱなしで原稿の内容も真っ赤に訂正されまくり。訂正の内容ですが…なんかえらい細かい描写がそこかしこに(苦笑)。リポートする「こえど」の女将、麻子さんのリアクションまで指示してあったような…(ヲイヲイ 笑)
「一言たりとも変えるんじゃないぞ!」
と釘を刺す真瀬に絶妙のタイミングで「ケチケチするんじゃないわよ~」と伸子さんのツッコミ・・・かと思ったらラジオブースから聞こえてきた「丸山伸子のケチケチ山」コーナーからのコメントだった(爆)。ラジオブースの声は外に漏れないはず・・・なんてツッコミはこのドラマにはナシで(←マンガだと思ってるんで 笑)。あの♪ケチケチケチケチ♪って効果音も相変わらず笑えます。伸子さん、いつの間にか自分のコーナーを持つほどの人になったんだ!?目指すは女・み○も○た!?
真瀬さんのイライラの原因は「5月23日までに認知度30%」という目標にありそうです。イライラしている割にはあの服装・・・。派手な祭り風の半被に「I 川越」の鉢巻・・・(笑)。顔つき祭りスタイルとのミスマッチ感がウケますがなw。

で、真っ赤になった原稿を手に必死に「こえど」リポートするつばさでしたが・・・あまりに段取りと違うシチュエーションなので混乱。材料のグラム数を聞かれ「目分量」と答える麻子さんにパニック状態となってしまうわけですが・・・麻子さん意外とアバウト人間!?ただ、お店まで開いてるわけですからもう女将の勘で料理作ってるだろうなぁ。
で、混乱したまま麻子さん特製の"ロールキャベツ"を試食しようとするつばさでしたが・・・スタジオのロナウ二郎くんの「一口食べてみてください」「一口でお願いします」に聞き間違えて本当に一気食い!!ヲイヲイ!天パリすぎだって、つばさちゃん(笑)。案の定口の中火傷状態になりますが、必死で真瀬の原稿どおり「まろやかな味ですねぇ」とリポートするも・・・耐え切れず、麻子が持ってくる前にそばにあったグラスを飲み干してしまうんですが・・・これがお酒!・・・ってなんでそこにコップに注いだ酒が置いてあるんだよ(笑)。麻子さん、もしや、ラジオ取材の緊張ほぐすために飲んでたんじゃ・・・(笑)。

ひっくり返り機能不能に陥ったつばさでしたが・・・タイミング悪く(笑)加乃子が甘玉を届けにやってきた!で、麻子が自分の代わりに加乃子に喋らせてしまったからますますスゴイことに(爆)。原稿無視して何を話そうかボロボロになってる加乃子さんになぜかホウキの♪チチンプイプイ♪な呪文(ここも非常にマンガちっくw)。そこでエンジン全開で、こえどの料理ではなく女将の麻子のPRに走る加乃子。麻子→「まこ」→「魔女」の発想か!?お色気の魔女としてPRしまくりなんですが・・・ひょっとして、これって、加乃子の麻子への嫉妬からか!?「あ・げ・る♪」に対抗心が感じられるんですが(映像で見るとコワイよ、加乃子さん 笑)
つばさはダウンしているので母の暴走を止められず、もはや真瀬の期待したものとは全く違う番組になってしまいましたとさ(笑)。

真瀬のカミナリ覚悟でラジオぽてとに帰ってきたつばさでしたが、彼の反応は意外や意外、「よかったよぉ、グッジョブ!」の一言。どうやらクレームだと思ってた電話は絶賛の電話だったらしく
「アドリブこそ命」
と、すっかりご機嫌になったようで・・・いやぁ、真瀬さん、単純なオトコだねぇ~。そんなところが可愛かったりもするんですが(笑)。
この流れに乗ろうとついに真瀬は「玉木加乃子口説いて来い」と業務命令。ウケたら何やってもいい的な真瀬の態度に不信感を募らせるつばさでしたが彼の耳には届かず。何が何でも5/23までに認知度を上げることにこだわってるようです。この日にちには実は深い意味があるんですが・・・それは追々。それにしても現在のラジオぽてとの認知度は2%ですか(苦笑)。そりゃ30パーは厳しいな…。

その晩、こえどは加乃子の「魔女PR」効果でオヤジどもが殺到して大変なことに(笑)。竹雄さんも店に入れず家で食べることになってしまったわけですが・・・加乃子さんはそりゃもうご機嫌。反してつばさは母のレポートがウケたことが気に食わない。しかもよりによって晩御飯に"ロールキャベツ"出してきたもんだから、つばさのテンション激落ち。
ついに千代さんバリの勢いでテーブル叩いてその場から立ち去ってしまうつばさ。気持ち分かるよなぁ。自分の居場所だと思ってたところに加乃子が割り込んできて、さらにそっちのほうが評判よくて自分の存在意義が薄れてしまうんじゃないかって恐怖感があると思う。こういう気持ちって体験した人多いんじゃないでしょうかね。まぁ、私もその一人ですが(苦笑)。

もはや加乃子と同部屋で寝る気も起こらないつばさは知秋の部屋へ。つばさが来ると予測してなくて相変わらず万里ちゃんの卒業写真に萌えてる知秋(笑)。まだ悶々と想いを募らせているのねぇ~(つばさが知ったらどんな反応するのか・・・ 爆)。
でも、姉の悩みにはかなり敏感な知秋。悩めるつばさに「まじょのなみだ」という絵本を差し出し、ラジオで読み聞かせのコーナーをやるのはどうか提案。気が利く弟だねえ~。
「母親らしいことして、母親に勝つって・・・変な感じだけど」
という一言はウマイと思いました(笑)。

翌日さっそく"おはなしのへや"というコーナー企画を真瀬に持ちかけ、絵本の読み聞かせをやりたいと熱くPRするつばさでしたがすんなりとOK出してもらえず。それよりも加乃子を口説けの一点張りで面白くない。
そんな会議のさなか、読み聞かせにはプロのアナウンサーがいいかもということで二郎が横矢みちるの名前を出します。そんな有名人がラジオぽてとに来てくれるはずがない・・・とこの話が頓挫しかけたとき、ドンピシャのタイミングでやってくるみちる(このあたりもマンガっぽい 笑)

突然のみちるの来訪にビックリ仰天の一同ですが、どうやら真瀬は彼女を知っている様子。みちるは真瀬のことをよく思っていないような雰囲気で・・・ツカツカとカッコよく彼に近づいていこうとするのですが途中でコケてしまうところがなんとも(笑)。でもこのシーン、みちるがコケたときに後ろのみんなが本気でビックリした顔してて・・・多部ちゃんなんかはツボに入る寸前みたいな表情だったのが気になる!まさか・・・予想外の未来さんのコケ!?それ使っちゃったとか(笑)。
それはさておき、"よみきかせ"企画に目が行ったみちるはつばさに「読んでみて」と突っかかります。仕方なく読み始めるわけですが・・・あれじゃあ放送レベルには・・・ねぇ(爆)。知秋、あの読みで眠ることができたのか?イヤ、ある意味、眠くなる読み方かも(笑)。
それに見かねてブースに入るみちる。プロの読み方とはいかに!?






ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/05/18 16:28 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(4)

『つばさ』第45回 苦い思い出

※当ブログは基本的に朝ドラ「つばさ」を応援しています。

マセガキじゃなくて・・・"まなせゆうか"と呼ばれた少女が気になり探偵まがいに後をつけたつばさは川原鉄工所にたどり着くのですが、そこでみちると鉢合わせに。つばさが保育園に行ったことを知り気が気じゃない真瀬は電話で必死に真相究明しようとしますが、みちるに電話を奪われ毒舌を浴びせられてプツリ(笑)。あぁ、真瀬さん、お気の毒~。
さらにつばさは自分の番組時間が近づいていたにもかかわらず職場放棄してみちるに話を聞いてる始末。ヲイヲイつばさちゃん、自分の仕事の責任はちゃんとしようよ~。とツッコミ入れてたら今度は真瀬さんまでもが職場放棄の危機に(爆)。そんなときにタイミングよく(?)現れちゃうのが加乃子さんなんだよなぁ(笑)。そんな彼女をみて「ラッキー!」とばかりの分かりやすい表情をする真瀬社長(爆)。
「アンコール!次の番組に出演して下さい」
と調子のいいこと言ってとうとう職場放棄してしまった~。こうなると加乃子はノリノリになっちゃいますよ~。「無理無理無理・・・」と連呼しながらも顔がめちゃくちゃ嬉しそうなんですけど(笑)。やはり祭りで燃える人だねぇ。

その頃つばさはみちるから真瀬について話を聞いています。ユウカを追いかけてきたつばさに真瀬との関係を尋ね、「ただの社員」というつばさの回答を聞いて「あなたみたいな子、真瀬が選ぶ訳ないわね」と言ったみちるの一言がちょっと気になります。これ、今後、生きてきますかねぇ(笑)。
おせっかいなつばさに呆れたみちるはついに真瀬の過去を暴露。5月23日はみちるの幼馴染で真瀬の妻だった千波の命日だったんです。みちるは千波が死んだのは真瀬の責任で工場に預けられている娘の優花も捨てたんだと詰ります。ちょうどそこにやってきた真瀬に「千波の夢を奪ったあなたにラジオをやる資格なんかない」と捨て台詞を吐いて去っていくみちる・・・。みちると千波って姉妹みたいに仲良かったんだろうなぁ…。

みちるが立ち去ったあとつばさに「何をかぎまわってるのか」と探る真瀬でしたが、今までのやり取りを聞いていて正直に「保育園で真瀬の娘・優花に会った」とは言えずみちると偶然出会ったことしか話せなかったつばさ。こういう機転が利くところがなんか優しい。でも職場放棄はいかんよ(苦笑)。
で、ラジオぽてとに戻ってみるとつばさの変わりに加乃子がハイテンションでラジオ番組を盛り上げてます(笑)。その話術とテンションに伸子も二郎も感激している有様(笑)。いつものつばさのコーナーを加乃子に任せてはどうかという話まで飛び出す始末で、つばさとしては当然面白くない。でもねぇ、職場放棄しちゃったからねぇ・・・今回のは仕方ないかも。それにしても「私はトコロテンじゃありませんっ」って例えが相変わらず意味不明でオモロイよ、つばさ!ちなみに小説では「トコロテン」発言の次の行に"ところかわって"と書いてありました(笑)。

で、テレビのほうでは麻子さんがトコロテンを作っている最中だったりする(笑)。相変わらず魔女発言を信じてやってきたオヤジが押しかけて店が大変なことになってますが、その間をかいくぐっていつもの常連・鈴本さん、宇津木さん、そして竹雄さんがやってきてます。さらに今回は宇津木さんのおしゃべりな奥さんまで(爆)。
で・・・その場で宇津木奥さん、「真瀬と横矢みちるの間に隠し子がいる」といった、とんでもない勘違い話を本当の話のように触れ回ってるよ(爆)。「この話は誰にもしちゃだめよ」ってお前が言うな(笑)。あんたが一番危険人物だって。どこの世界にもいるけどねぇ、こういう噂好きな奥さんが(苦笑)。

「こえど」でお口チャックをしたはずの竹雄さんでしたが、家に帰っても言いたくてクネクネしてるよ(笑)。よりによって加乃子さんにその様子を知られてしまい、せっかく閉めたお口チャックをジリジリジリっと開けられてしまいあっさりと勘違い噂話を喋っちゃったよ(爆)。竹雄さん、そのお口チャックはかなりユルイね!?梅雀さんのあの口のユルユルっぷりがなんか憎めなくて笑えますが(笑)。
それを知ったつばさは即座に誤解を解きますが、事情を知った加乃子は真瀬と優花をなんとかしようと大乗り気になってしまう。これ以上母に出しゃばられると自分の居場所が危うくなると感じたつばさは思わず怒鳴りつけてしまいます。
それにしてもこの親子・・・本当に立場がだよねぇ(笑)。つばさはオカンで加乃子は手のつけられないじゃじゃ馬娘ってとこでしょうか。

町中で自分の妙な噂話が話題になっているとは露知らぬ真瀬は暗くした自分の部屋である出来事を思い出していました。それは妻とのある夜の会話…。
千波はコミュニティFMラジオのDJオーディションを受けて見事に合格していましたが、当時は優花が生まれたばかりということもあり真瀬は千波の気持ちを尊重することなく「そんなことしてる場合じゃないだろう」とそっけなく斬り捨ててしまいます。その言葉を聞いた千波はちょっと寂しそうに「受けてみただけ」と笑顔を見せそれっきりに・・・。
その時の苦い思い出が真瀬を今苦しめているようです。後悔しても、もう、千波はこの世にいないわけですからね。あの時もっと思いやりがあったら・・・とこの数年間自分を責め続けてきたんだろうか。切ないですねぇ。

一方のつばさは母親の加乃子との関係に悩み、さらに真瀬と優花との関係にも悩み・・・まさに二重苦状態。そんな心のうちをラジオの男はしっかりと見抜いているようで。さすがつばさの心の声を形にした人だけあるわ(笑)。イッセー尾形さんの味のある芝居が素敵です。リハしてないって言ってましたけどそれであの芝居ができるんだからすごいよなぁ。
そんな落ち込んでるつばさの前に顔に「ツバサ」とニッポンマークをペイントした万里ちゃんが登場!
「タマーキツバサッッ!!」
とサッカーのサポーター級のエールを送る万里ちゃん、単純明快でスパッとしてて良い子だわ~。翔太との恋もちゃんと応援してあげてるしね。ま、最後にはお約束っぽく苦情殺到になりましたが(笑)。

ちなみにこの「タマーキツバサッ」って応援スタイルはもう一度応用編として登場するはず。それがどんな風に放送されるのか今から期待です(笑)。




[ 2009/05/20 16:33 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

『つばさ』第46回 嫌いになれない

前回撒かれた真瀬とみちるのトンデモない噂話がついにラジオぽてとにまで。しかも

"真瀬が5/23にこだわっているのはその日にみちるとよりを戻したいからで、千波という隠し子までいる"

というかなり捻じ曲がった話として伝わっているようです。いやぁ…噂話って本当に怖いですねぇ。あることないことがこうして町中に広がってくわけですから(苦笑)。特に伸子はこの手の話を信じちゃってるようで、ラジオぽてとの雰囲気が一気に悪くなっていきます。それを否定しようとせず「言わせておけ」とだけ呟く真瀬・・・こうして責められるほうが彼の心情としては楽なんだろうか。
話は前後しますが冒頭の隼人くんの「認知」発言に対する周囲の反応、いやぁ、まさにマンガ!身体を張って皆さんマンガの世界を体現していらっしゃる(違?)。

その夜、酷評されたFAXを前に苦悩する真瀬ですが・・・あのFAX投稿、巧くできてる(笑)。"ぽてとくさってる""ラジオぽてとつまらない"と、イラストつきですよ。腐ってるポテトのイラストなんかかなり辛らつで、あれはけっこう凹むかも(笑)。
そんな真瀬につばさは優花になぜ会いに行かないのか尋ねますが、逆に「みちるの言うとおり、自分にはラジオをやる資格なんかない」と超ネガティブ発言。自分のことになると人間とたんに弱くなりますよね。千波の夢を奪ってしまった過去の過ちに今でも捕らわれ苦しんでいる真瀬でしたが、つばさはそんな彼が腹立たしく思いついに
「ラジオを言い訳にして優花ちゃんから逃げて・・・優花ちゃんにも奥さんにもぽてとのみんなにも失礼です!」
と責め立ててしまいます。いつになく興奮気味のつばさですが、実は優花を通して自分の体験を重ねていたんですよね。ハタチのオカンとしてしっかり者を貫いてきたつばさでしたが、母親に去られたときの心の傷はまだ抱えたまま…。
そんな彼女に背を向けつつも苦しげに「母親が帰ってきてよかったか?」と尋ねます。すると
「母の事は・・・嫌いになれないから苦しいんです」
と本音を打ち明け涙を流し去っていくつばさ・・・。その答えがまるで優花のものと聞こえるのか胸を痛める真瀬・・・。なんだか心がヒリヒリするような切ないシーンでした。"嫌いになれないから苦しい"って言葉は重いよなぁ・・・。真瀬さんにはつばさの言葉は優花の言葉に聞こえたのかもしれない。

その帰り、こえどに立ち寄り魔女・・・じゃなかった(笑)麻子からご馳走されてるつばさ。女将の麻子はつばさの心の痛みを敏感に察知してくれたのかもしれませんね。優しい魔女だなぁ。
そこに麻子から連絡を受けた竹雄が迎えにやってきます。親子で杯を傾けながらの会話になるんですが・・・つばさ、お酒にホントに弱いのね(笑)。またまた酒の勢いで心に溜まっていた真瀬への鬱憤をぶちまけてます。しかし、男性の立場からの竹雄の意見は真瀬に肩入れ。
「オトコって失ってから気づくもんなんだよ」
という言葉がなんとも信憑性がありますなぁ。昨日見てきた『60歳のラブレター』って映画のテーマもまさにそんな感じだったし。竹雄さんによれば、失ったあとに全てを捨ててラジオの世界に飛び込んだ真瀬はスゴイとのこと。
「僕が和菓子職人やめてIT企業を始めるようなもんだよ」
って例えがやたら分かりやすくて面白かった(笑)。竹雄さんがIT企業…想像できない(笑)。
酔っ払い竹雄の言葉を聞いていないように見えたつばさでしたが、実はしっかり聞いてたりして…。そんなところが可愛いねぇ。

その頃、行動派の加乃子は真瀬の部屋を突撃中(笑)。あんなに口説きたかった玉木加乃子が自分からオーディションしにやってきたと言っているのに真瀬は浮かぬ顔・・・というか、圧倒されてたのかも(笑)。加乃子の突撃振りは予想を超えてますからね(笑)。
よみきかせのコーナーを自分がやりたいと言い張る加乃子でしたが、それに対して「そうでもしないと親子の溝は深まりませんか」と力なく返す真瀬。つばさの言葉を聞いているだけに、加乃子の行動は娘への罪滅ぼしなのではないかと思えて仕方ないんだろうな。そんな落ち込んでる真瀬に悩みを聞こうと乗り出してくる加乃子。彼女の突撃の真の目的はここにあったのかも。にしても、
「桃栗三年、柿八年。加乃子の放浪まる十年。何事もね続けてれば得るものがあんのよ!」
って自慢げに言い放ったのには笑った(笑)。真瀬の言うとおり自慢することじゃないんだけど上手いこと言うなぁって。

そんな図太くてパワフルな加乃子に根負けしてついに本心を語りだす真瀬。娘にいまさらどんな顔をして会えばいいのかとポツリと呟きます。会いたいけど怖い。親になるのに年齢制限はなくても時間制限はある・・・という真瀬の言葉が重いです。その心情は加乃子にもよく分かるはず・・・。

真瀬と加乃子の落ちこぼれ同士が飲み明かしている頃、つばさは父の背中に背負われて帰路に着くところ(笑)。この二人の構図がなんだか異様に可愛い。家に入ろうとして滑っちゃった竹雄さんでしたが、あのときのリアクションがやけにリアルで面白かったです(笑)。

はてさて、真瀬と優花・・・そして加乃子とつばさ、二組の親子の関係はどうなるのか?5/23まであと少し。5/23にはさらにもう少し深い意味が隠されているんですが…それをどう乗り越えていくのかが今後の見所ではないでしょうか。

※当ブログは基本的に「つばさ」を応援しています
(今週分の感想はもしかしたらここでストップかも 汗)




ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/05/21 14:47 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

『つばさ』第48回 "あとで"の代償

つばさの夢にあんなリアルな形で現れるほど真に迫ってた加乃子さんの「魔女」。演じる高畑さんは朗読の仕事を経験しているだけあってやっぱり読み方は巧い。それにしてもあの「魔女」・・・某特撮ドラマの悪役もあんな感じだったんですかね(笑)。
そんなオチャラケてるように見えた加乃子でしたが、真瀬のことは自分と重なるのかとても気になっているようで・・・同時に娘がそのことで悩んでいることもちゃんと分かってる。急に真面目な顔になって「今日は5月23日なんだから」と語りだす加乃子にちょっとグッときてしまいました。冒頭に出てきた"ちちんぷいぷい"がこんなところに生きているとは!

ラジオぽてとの"音楽の蔵"コーナーで浪岡がドンヨリしたDJっぷりを発揮している頃、それと同様の気持ちで苦悩を続ける真瀬社長。浪岡さん、たしかにあなたはアドリブが無理そうだよ(笑)。今回の特集は"悲しい歌"なんでしょうかねぇ。ありゃ暗すぎてリスナー引いちゃうかも(爆)。

同じ頃つばさは川原製鉄所に花を持って尋ねていました。真瀬の関係者と知るや否や彼女を拒絶する千波の父・敏郎さんでしたが、ちょうどそこに優花を連れてやってきた母の妙子さんに促されてお邪魔させてもらえることに。
しかし相変わらず優花は可愛げがなく心を閉ざしているようで生けられた花のいたずらを始めようとする始末。そんな優花を腫れ物に触るように「あとでね」と説得している妙子。実際のところ養子にしたいといいながらも、優花との接し方に未だ戸惑いがあるようですね。
妙子の話を聞いた後、哲郎からも「あとで」と言われ独り外で石遊びをしてる優花に声をかけるつばさ。しかし返ってきた答えは「あとで・・・は、おしまいなんだよ」というドライなものでした。なんというか・・・あの、無機質な答え方がけっこうグサッときますよね。この子役ちゃんは以前ドラマ「蛍の墓」にも出てた子らしいんですが・・・今のところ芝居が巧いのか微妙なのかよく分かりません(苦笑)。
「あとで、は、おしまい」という優花の言葉が胸に刺さったつばさは母親が家を出て行った後の孤独だった自分を重ねます。他の子供たちを迎えに来る母親・・・でも、自分には誰も来ない。独りサッカーボールをけって家路に着く幼い日のつばさの後姿はとても切ない(涙)。

弾かれたように走り出しラジオぽてとに戻ってみると伸子、二郎、浪岡が優花に会いに行くように必死に説得していましたが、それに対して真瀬は「話は後で聞く」と耳を傾けようとしていない。
そんな彼の後姿につばさは「あとで、って、いつですか?」と言葉を投げかけます。優花は「あとで、は、おしまいの意味だ」と言っていたこと、彼女は「あとで」の続きを待つ間に裏切られ続けたのではないかということ・・・自分の体験談も交えて必死に真瀬に語りかけるつばさ。つばさの言葉の一つ一つが棘のように刺さってくるのか聞いている真瀬の目には後悔の涙がジンワリ…。彼はその事実から今までなんとなく逃げてきたんでしょうね。その罪の重さに押しつぶされそうになってる真瀬の表情がなんとも切なくてたまらなかった…(涙)。

でも、つばさは、そんな真瀬社長を責めるのではなく

「あとで、は、おしまいじゃなくて続きがあるって事、優花ちゃんに教えてあげられるのは真瀬さんしかいません!」

と背中を押してやろうとします。加乃子さんのメッセージ「起きてしまったことは変えられない、でも、続きはあなたの手の中にある」っていう言葉も深いですよねぇ。実体験に基づいているだけに(笑)加乃子の言葉にはものすごい説得力がある。
そして一番グッときたのが・・・

「ラジオは奥さんの夢でした。未来でした。だったら真瀬さんが作ったラジオにも後ろではなく前を向いてほしいんです」

というつばさの言葉。ラジオも親子関係も、これから作っていったってまだ遅くない・・・そんなつばさのなんとも温かいメッセージに思わず胸が熱くなっちゃいました。娘の誕生日に母親を奪ってしまったとずっと自分を責め続けていた真瀬にとって、「後ろではなく前を向いてほしい」というつばさのメッセージは一筋の光に思えたんじゃないかなぁ。たぶんあんな風に言ってくれる人、今までにいなかっただろうし。
「マナーセマサヒコ!マナーセマサヒコ!」
ラジオぽてとの仲間たちからのコールに思わず涙が溢れる真瀬社長に私もかなりググッと来てしまいました(涙)。責められても当然の自分をこんなに温かく応援してくれる人たちがいるって・・・そりゃ、涙出るよ・・・。痛んだ心に効く処方箋みたいなものだったと思うし。真瀬@宅間さんの芝居が本当によかったです。あれは芝居を越えて涙が出てたかもしれないですね。

ぽてとの面々の励ましの言葉を受けて、ついに真瀬は優花に会いにいく決意をします。外で独りで遊ぶ優花に恐る恐る声をかけてみると「お父さん?」という意外な答えが!自分を覚えていてくれたという感動と嬉しさから娘を優しく強く抱きしめる真瀬。
と、いつものパターンですと、ここで「めでたし、めでたし」みたいに終るはずなのですが、このドラマはそう簡単には解決させてくれません。

抱きしめた娘に言われた一言は
「おとうさんなんか、いらな~い」

これは真瀬にとっては再起不能になってもおかしくないような衝撃的な一言だ!!引き合わせたつばさも言葉が出ない。
真瀬がようやく前を向く気持ちになったとしても、優花自身の問題は実は何も解決していない。この結末は起こるべくして起こった出来事だと思います。現実はシビアですねぇ~。「あとで」とずっと会うことを先延ばししてきた代償はあまりにも大きい…。

というわけで、次週からは真瀬と優花の親子関係にさらに深く踏み込んだ内容になってくると思います。小説読む限りだとなんだか途中で物議を醸しそうなシーンが出てきそうですが(笑)、結末は個人的にものすごく素敵な週だと思うんで楽しみです。特に宅間さんの芝居には注目したいと思います。


※当ブログは基本的に「つばさ」を応援しています。賛同者の皆さんのコメント、拍手など待ってます(笑)。


ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/05/24 14:18 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

『つばさ』第51回 一緒に暮らしたい

ラジオぽてとに突然走りこんできた優花の祖父・敏郎さん。ものすごい剣幕で「真瀬はどこだぁ!?」とやってきているのに、下りてきた姿があれじゃあ・・・ツッコミ入れたくなりますね(笑)。それにしてもあの『落ちこぼれの兜』の"あまたま君"と"ぽてと君"・・・さすが加乃子さんが作っただけあってビミョーな出来であります(笑)。中身が黄色いのは芋餡らしいですよ。ビミョーなのになんだか細かい(汗)。
あまりの敏郎さんの剣幕にただ事じゃないことを察知した真瀬。てっきり真瀬に孫を誘拐されたと思い込んでいた敏郎も我に返り事情を説明。とうとう保育園から優花が脱走してしまったと・・・。顔面蒼白になって弾かれたように優花を探しに飛び出した真瀬さん、やっぱり娘のことが気になって仕方ないんですねぇ。しっかし、加乃子さん、あまたま君のまま真瀬を追って飛び出すっていうのもちょっと恥ずかしいよ(笑)。それからポーッと入ってきた浪岡さん、何の帰りでしょうか(笑)。

いなくなった優花を探す手段としてラジオで呼びかけてはどうかと二郎が提案。いぶかしがる哲郎さんに「この前呼びかけたら子猫が見つかった」と自信満々に訴える伸子さん・・・いや、猫と子供だとちょっと事情が違うんじゃ・・・(苦笑)。哲郎さんの一瞬気が抜けたような「ネコ?」ってツッコミがちと面白かったです。
でもまぁ、実績があるということでさっそく呼びかけ開始。そのころ真瀬は血眼になって優花を探し回ります。この前までの娘に対する無気力さとは雲泥の差。大切な娘がいなくなったと聞いて本来の父性が蘇ったんでしょうね。どんなに諦めたといっても、拒絶されたといっても、やっぱり親なんだよなぁ。
それにしても真瀬が探している道って普段もあんなに人が多いんでしょうか(←あ、ツッコむなって? 汗)

ラジオぽてとも同時進行で必死に捜索してるんですが、寄せられる情報は不確かなものばかり。メモを頼りに探しに行ったらしい浪岡さん、なにやらえらい呼吸困難状態・・・。そういえば探しに行く前に妙な準備体操してたのも気になる(笑)。ひ弱というか・・・虚弱体質・・・なんですかねぇ(汗)。そんな今にも死にそうになってる浪岡さんに容赦なく次の捜索先候補のメモを渡すつばさ(笑)。わたしゃ、優花よりも浪岡さんの体調のほうが心配だったよ(爆)。
そんな調子でなかなか有力な手がかりが見つからず焦りを感じた哲郎さんは「時間の無駄だ」と痺れを切らしてしまいます。「千波だけじゃなく優花までいなくなったら・・・」という言葉がなんだかとても切なかった。哲郎さんの本当の心の底の気持ちってここだと思うんですよね。娘を失った悲しみからまだ二人とも立ち直っていないんでしょう。そのやるせない気持ちを、真瀬にぶつけてしまっているんではないかと。
しかしつばさは「ラジオの力を信じてください」と必死に訴えます。「ラジオの力・・・」・・・ん?なんかどっかで聞いたことあるようなセリフ??ま、まぁいっか(汗)。そのあとの「(千波の夢だったラジオの)夢をかなえようとしている真瀬さんのことも(信じてください)」というつばさのセリフがちょっとグッときました。つばさは本当に真瀬社長想いだよなぁ。

その頃真瀬社長は必死の形相で人ごみの中「優花」の名前を呼び続けます。まさに、川越の中心で愛を叫ぶ状態(違)。にしても、あの自転車は危なかったなぁ。危険運転だろう、あれは。浪岡さんがぶつかってたら明らかに病院行きだ・・・(苦笑)。

ついに心配で祖母の妙子さんもラジオぽてとに駆けつけた頃、一つの有力情報が入ります。つばさちゃん、電話を取って即座に「迷子の情報ですね?」と応答するのは・・・いいのか?あれって迷子特電?・・・ってここもツッコむなって事で(笑)。
で、結局優花は甘玉堂に入ることが判明。なんとも人騒がせな・・・(苦笑)。

で、玉木家で甘玉をなんと5個も平らげているらしい優花。竹雄さんたち・・・いくらたくさん食べてくれるからってあげすぎじゃ・・・(苦笑)。しかも、優花・・・そんな5つも食べてしまったとは思えないような食べっぷり(爆)。この子はホントにとことんマイペースですなぁ。
・・・っていうか、加乃子さんっ!いつのまに玉木家に戻ってんだ!?すぐに連絡しなきゃダメじゃん。

優花が見つかったということでガヤガヤとやってくるご近所さん、そして敏郎さんと妙子さん。一緒に帰ろうと急かす祖父母でしたが優花はつばさの後ろに隠れて戻ろうとしません。そこへ同じく汗まみれで駆け込んできた真瀬は敏郎さんたちの言葉を遮ります。
「優花、やっぱり一緒に暮らしたい。何もかもなくしても優花だけは失いたくない」
と、ついに本音を娘の前で必死に語る真瀬さん。父親と呼んでくれなくてもいい、ただ一緒に暮らしたい、その正直な気持ちを訴える真瀬の言葉にちょっと胸が熱くなってしまった・・・。不器用で自分の本心を伝えるのをあんなに怖がってた真瀬が・・・と思うとなんか切ないです。
しかし、その想いはまた優花には届かず・・・哲郎からは「ふざけるな!」と一喝されてしまう。何年も迎えに行けず娘を任せきりにしてしまった負い目を感じているのか、どんなになじられても言葉を返せない真瀬。そんな大人のやり取りをつばさの後ろから黙って見つめている優花・・・。こんな争いを目の前で見たんじゃ、なおさら戻りたくなくなるかも。

ついには優花が迷いこんだのがつばさの実家だなんて偶然にしては話ができすぎてると騒ぎ出す敏郎でしたが、そんな空気をピシャリと〆たのはやはり千代さんでした。どうやら優花はつばさが持っていった「甘玉」の包みを頼りに店にやってきたようです。実はこの甘玉、千波さんが好きで優花とよく食べていたことが判明。優花は甘玉の味・・・つまり、母親の味を覚えてたんですね。父親の顔を覚えていたりと・・・この子の感性はかなり鋭い!
しかし、真瀬としては優花が母親の味を求めて玉木家にやってきたことに対してまた自己嫌悪に陥ってしまう。優花に父親としての思い出は何も残せなかったし、母親を自分のせいで奪ってしまったという強い罪悪感があるわけで・・・立場的にはかなり苦しい。

結局、優花は一晩玉木家に泊まることで決着。なんとか言葉を振り絞って優花に言葉を伝えたいものの父親に背中を向ける娘を目の当たりにしては何も言えなくなってしまう真瀬・・・。あれはかなり傷付くと思うなぁ~。目の前でプイッて感じで踵を返されるわけですから・・・かなりキツイ。
2度目の拒絶をされてしまった真瀬は「土曜日によみきかせのコーナーをやってほしい」というつばさの言葉も全く届きません。去り際の背中がなんともいえない哀愁で・・・切ないです、真瀬さん(涙)。加乃子さん、あんな状態でイケイケサインは・・・逆効果だろう(苦笑)。

ということで、優花を泊めることになった玉木家はかなり大変なことになると思われます(苦笑)。次回のつばさ感想は週末に・・・。「つばさ」を応援してる皆さんからの反応お待ちしています(笑)。




ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/05/27 20:57 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(6)

『つばさ』第53回 ラブレターの続き

今週は微妙にテンポが滞っているように感じられる『つばさ』。前回のストーリーは小説読んだ時点から自分には肌に合わないと思ってたのであえて書きませんでした(←ガキお子様が大暴れする場面ってものすごい抵抗があるので 苦笑)

それにしても優花・・・今まで腫れ物に触れるように育てられたようなところがあるだけあって、一筋縄じゃ可愛げのある子供にはなりませんなぁ(苦笑)。あんだけ千代さんに食べ物粗末にするなと叱られながらまたしても甘玉を投げる行為をするとは…。なんていうか、優花を演じてる子役ちゃん・・・芝居がマイペースって気が…。5~6歳という設定にしてはあまりにも幼児っぽすぎるし、それだけがちょっとこのドラマの乗れない部分だったりする。
それでも笑顔の玉木家。加乃子さんなどは前夜優花の猛攻撃を受けて名誉の戦死をしたと思われるあまたま君を付け焼刃で修正して復活してるし(笑)。「あっかんべぇ」も加乃子さんだから許された!?やっぱりこの子は真瀬に叱られながら育ったほうが将来のためかも・・・(苦笑)。

一方の真瀬はついにラジオぽてとをヒロリンの斎藤興業に身売りして川越から出て行く決意をしてしまう。伸子や二郎の猛抗議も耳に入らず状態の真瀬・・・。でもねぇ、伸子さんも二郎くんもたぶんこの時点では自分たちの将来のことしか考えてないよなぁ。ごもっともだけど。親身になってるのはつばさのみというところか。あれ、そういえば・・・浪岡さんどうしたんだ?あの迷子捜索騒動で寝込んじゃったとか(笑)。
目の前で優花から目をそらされたことがよほどショックだったのか、真瀬の決意は固い。「これ以上優花傷つけたくない」というセリフがなんとも痛々しいです…。それでも読み聞かせをやってほしいと懇願するつばさでしたが「俺には物語を聞かせる資格がない」としか言葉を返せない真瀬。

そして取り出された一枚のMD。それを見たつばさは前夜、優花が同じものを持っていたことに気づきます。あのMDを「ママ」だと優花が言っていたと告げると思いつめたようにそれにまつわる話を始める真瀬。優花が持っていたMDと今自分の手の中にあるMDは亡き妻・千波が吹き込んだ優花のためのオリジナルストーリーだったんですね。手術の前日、自分がいないときにかけてほしいと渡された一枚のMDは母から子への優しい物語・・・。それをどんな思いでコピーしたんだろうか、真瀬さん・・・。
MDのお話は続きが吹き込まれることなく途中で切れてしまっている。簡単な手術だったはずなのに妻はその物語の続きを吹き込むことなく帰らぬ人になってしまったというのがなんとも切ない。彼女の吹き込んだ最後の言葉は「つづきはまたあとで」。優花が最後に聞いた言葉・・・。おそらく何度も聞いたであろう母親の声のラストが「あとで」だったために優花は「あとで、は、おしまい」だと思い込んでしまったんでしょう。
「優花から物語の続きを奪ったのも俺だ・・・。千波からラジオの夢を奪ったのも・・・」
途切れたMDを前に涙とともに後悔ばかりが頭を過ぎり自分を責め続ける真瀬。ラジオDJが決まった時になぜ「おめでとう」の一言を言ってあげられなかったんだろう・・・という一言が哀しすぎる(涙)。まさか死んでしまうと思ってなかったので手術にも立ち会わなかったことも自分を責める要因になっていると思います。「俺はいつだって手遅れだ」・・・彼が今まで背負ってきた罪悪感はあまりにも重い。必死に涙をこらえながら自分を責め続ける真瀬につばさはかける言葉を失ってしまう。

そこになぜか神出鬼没の(苦笑)みちるさんが登場。追い討ちをかけるように川原の家での養子縁組の時間だけ告げると退場。えぇっと・・・ここにみちるさんが登場する意味が・・・イマイチ不明!?っていうか、いつもドンピシャのタイミングで登場するのがある意味すごいなと(笑)。

その晩、真瀬のことで悩みが尽きないつばさのために加乃子はかつて自分が読み聞かせた「まじょのなみだ」の創作話を話し始めます。知秋が覚えていたらラストも加乃子さんの創作話のほうだったわけですね。なのに、加乃子さんに呼んでもらった記憶が全く抜けてしまっている薄情な子供たち(笑)。まぁねぇ、加乃子の場合はその後の行動のほうがインパクト強すぎますから。
それに触発されて「物語の続きを書けばいい」と閃いたつばさは初めて(?)母親に感謝して飛びつきます。いきなり飛びつかれてビックリした加乃子さん、ついでに知秋くんも抱きしめちゃって「なんで僕まで~」と困惑されてるのが面白かった(笑)。
で、経費削減中ということもあってか続きの創作作業は新聞チラシの裏ってところがなんとも現実的です(笑)。にしても、綺麗に縦書きしてたよなぁ。あれはちと感心してしまう。ところが、突然千波の物語の続きを書くにしてもそう簡単にはいかぬもの。脇でゾンビの木の話にすればいいと好き勝手言ってる加乃子でしたが(笑)、つばさとの押し問答の中で出てきた「名前というのは親から子へのラブレターなのよ」という加乃子の言葉がつばさにまたしても閃きを与えます。そんな娘の脇で相変わらず「ゾンビの木~」と子供地味たアクションしてる母親ではありますが(笑)、ちゃんとツボを押さえたことを何気に伝えてるってところがすごいかも。

ラストのラジオの男さんのナレーション「続きはまたあとで・・・じゃなくて、また明日」というのが芸が細かくて笑えました。いよいよ明日、真瀬と優花の間に一つの結論が出ます。小説読んだときからけっこう期待している回なので楽しみ。感想はまた後日…。


ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/05/29 09:50 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

『つばさ』第54回 たびびとさん

真瀬と優花のストーリーを2週にしたために、多少テンポが悪かったかもと感じることがあったんですが、最後の土曜日はとても素晴らしい展開でとても感動しました。小説で読んだ以上に胸が熱くなったかも…。

で…私の文章はかなりタラタラいつも必要以上に長引くので(爆)、今後は追記に感想書く事にしました。『つばさ』を応援している皆さん、よかったら追記からお読みください。(全く興味ない人やアンチの人はスルーしてくださいまし 汗)



NHK連続テレビ小説 つばさ〈上〉NHK連続テレビ小説 つばさ〈上〉
戸田山 雅司

日本放送出版協会 2009-03
売り上げランキング : 102346

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/05/31 14:13 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(4)

『つばさ』第56回 紀菜子の正体

今週からまたテンポアップした『つばさ』が楽しめそうですね。サブタイトルの「愛と憎しみの川越」っていうのが昼ドラを連想されるようで笑えます(笑)。

それにしても斉藤由貴さんの「はね駒」からもう20年以上が経つとは…(汗)。


NHK連続テレビ小説 つばさ〈上〉NHK連続テレビ小説 つばさ〈上〉
戸田山 雅司

日本放送出版協会 2009-03
売り上げランキング : 173401

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

13週までのネタバレが知りたければこの小説をオススメ(笑)。

続きは追記から。


Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/06/02 15:14 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

『つばさ』第58回 貴婦人と妙な若旦那

今朝の朝日新聞に投書で「つばさ」についての記事が掲載されていました。17通のうち15通はかなり厳しいご意見だそうで(汗)。"やかましい""もとの健気なヒロインものに戻して"などといったものが多いんだとか。そんな中で唯一同調できたのが"川越の風情が生きていない"って意見。これはたしかになぁと思います(苦笑)。
ただ、見かけはドタバタしてるかもしれないけどストーリーの芯はちゃんとしていると思うし、ヒロインも前向きに頑張ってるし・・・少なくとも前作の「始めてみたけどすぐやめる」「悲劇のヒロインです」的なジメジメした空気は今のところないんで、私は好きなんだよなぁ。朝は明るいほうがいい。まぁたしかに過去の朝ドラの空気感に慣れてしまった・・・特に高齢者の方にはこのドラマは冒険しすぎでついていけないかも(苦笑)。

と、ちょっとだけ反論してみた(笑)。まぁ、意見は色々ありますしね。

NHK連続テレビ小説つばさ写真集 多部未華子NHK連続テレビ小説つばさ写真集 多部未華子
佐内 正史

日本放送出版協会 2009-04
売り上げランキング : 29685

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回の放送もビックリ展開などもあり面白かったので追記に・・・。興味のある方、つづきからどうぞ。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/06/04 22:39 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(4)

『つばさ』第66回 とおりゃんせ

今週の『つばさ』は"愛の複雑骨折"。各回感想を書く予定でしたが、いろいろとありまして(汗)1回きりになってしまいました。こえどの女将、麻子さんとお父さんのエピソードでしたね。小説を読んだときに結末を見てちょっとウルウルっときたのがこの週でした。

NHK連続テレビ小説「つばさ」オリジナル・サウンドトラック(仮)NHK連続テレビ小説「つばさ」オリジナル・サウンドトラック(仮)
TVサントラ

PONYCANYON INC.(PC)(M) 2009-06-17
売り上げランキング : 5464

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以下、感想。ただ、ちょっとパソコンの調子が悪いので短めです(←そうでもない!? 苦笑)


Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/06/13 09:20 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

『つばさ』第80回 オーディション

久々に『つばさ』の感想再開させたいと思います。なにげに今週からなんとなく個人的に望んでた展開に移っていきそうなのが楽しみ(笑)。

それにしても「つばさ」ファンミが立て続けに企画されてますねぇ。7月のイベントもまだ始まってないのにもう8月のイベント告知してるとは(笑)。ちりとて以来、NHKのこういった企画が多くなったような気が。ひょっとして視聴者を繋ぎ止めたい一心だったりして!?
まぁ、NHKにしては冒険が多いドラマなので好き嫌いがはっきり分かれそうな作品だとは思いますが(汗)、私は大好きですよ。同じく「つばさ」ファンの皆様からのご賛同お待ちしています(笑)。


NHK連続テレビ小説「つばさ」オリジナル・サウンドトラック(仮)NHK連続テレビ小説「つばさ」オリジナル・サウンドトラック(仮)
TVサントラ

PONYCANYON INC.(PC)(M) 2009-06-17
売り上げランキング : 7499

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サントラ発売してたんですね~。経済的に少し余裕が出たら購入したいかもw

今週のサブタイトルは「女三代 娘の恋」です。けっこう期待してる週でもあります。
感想は追記より。




Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/06/30 17:12 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

『つばさ』第81回 芽生え

いよいよ7月に突入しました。『つばさ』もこれから後半戦に向かいますね。

そんななか・・・

つばさ 完全版 DVD-BOX Iつばさ 完全版 DVD-BOX I
多部未華子, 高畑淳子, 中村梅雀, 吉行和子

NHKエンタープライズ 2009-08-21
売り上げランキング : 23126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんと、もうDVD完全版の発売が決定しているようです(笑)。私は毎週録画してるんですが・・・特典の中身によっては考えちゃうかも!?まぁ、我が家の景気が回復したらの話ですけど(苦笑)。


以下、今回の感想になります。興味のある方は追記からどうぞ♪



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/07/01 10:47 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(6)

『つばさ』第83回 母娘の婦系図

今回の『つばさ』はけっこう今後に深く関わってくるような・・・伏線を張りめぐらせたような・・・そんなストーリーだったと思います。婦系図がこうも見事に「つばさ」世界に脚色できるとはねぇ(笑)。って言うか、もういきなり本番だったのが驚きましたけど。

NHK連続テレビ小説「つばさ」オリジナル・サウンドトラック(仮)NHK連続テレビ小説「つばさ」オリジナル・サウンドトラック(仮)
TVサントラ

PONYCANYON INC.(PC)(M) 2009-06-17
売り上げランキング : 9992

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちなみに来週渋谷で行われる『つばさ』のファンミーティングに奇跡的に当選しました。しかも、ダンナがシャレで応募したヤツが・・・(苦笑)。その当日は午前中に一大イベントも控えてる私・・・かなり忙しくなりそうですが楽しみです。


以下、今回の感想。興味のある方は追記からどうぞ♪






Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/07/03 12:39 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(6)

『つばさ』ファンミ ラジオぽてとin渋谷

7月12日に開催されたNHK朝ドラ『つばさ』のファンミーティング~ラジオぽてとin渋谷~に行ってきました!
実は当日外せない用事があり応募するのを諦めていたんですが、ダンナがそうとは知らずに申し込んでしまい(爆)・・・なんと、それが、まさかの当選してしまったんですよ。シャレで申し込んだらしいんですが・・・案外そういうノリのときが当たるんだろうか(苦笑)。
o0800060010213172970.jpg
というわけで、急遽、用事の時間調整をしてもらい・・・無事にファンミーティングに参加できたというわけです。

この日はNHKワンダーランドという野外イベントも同時開催されていて、いろんな番組のブースやお笑い系番組ライブなんかの収録も行われてて(明和電機の土佐さんがいた)とても賑やかでした。その一角に思わず目が留めてしまったのがこれ・・・↓
o0800060010212165107.jpg
サラリーマンNEOのセクスィ~武将の衣装じゃないか~(笑)。こんなところで『恋』兜にお目にかかれるとは思わなかったので激写してきました(笑)。しっかし沢村さんって・・・細いんですねぇ~。さすがは元モデルだ。

開催場所はNHKみんなの広場ふれあいホール。よく公開番組収録とかに使われているホールで収容人数は大体300人弱くらい。後ろのほうに座ってもけっこう見やすいホールだったと思います。
o0800060010213174450.jpg
到着するとハガキを出して座席に入る順番を決めるクジを引かされました(←自由席だったので)。出てきた数字は120番台・・・こっちのクジ運はあまり強くなかったらしい(苦笑)。開演時間の約20分くらい前に番号順に並び会場へ。
客層はまさに子供から大人まで老若男女といった感じで幅広かった気がします。ちなみに今回の抽選の確率はなんと8倍だったそうです!多部ちゃんが来なかったのでそんなに高い倍率ではないかもと思ってたんですが・・・前回うちがハズれたイベントのときよりも倍率上がってることにビックリ!

というわけで、相変わらず前置き長くなりましたが(苦笑)、以下追記にイベントレポをざっと挙げたいと思います。後日情報番組やHPなどで詳しく紹介されると思うのでそれまでの繋ぎって感じで(笑)。

ただ・・・ここから先の注意点なのですが・・イベントの後半はかなり濃い~ネタバレトークが展開されまして・・・最後はなんと5週分の予告まで見せてもらっちゃったんです(笑)。私はネタバレ大歓迎派なのでほほぉ~と思いながら見ましたが、ネタバレは絶対イヤっていう人にとってはビックリだったんじゃないかなと(汗)。
というわけで、このレポートの中にもネタバレとおぼしき記述がボロボロと出てくると思われます。けっこう面白い話多かったんで。なので、どうしても先を知りたくない方は追記の中にもう一度空間箇所つくりますので、そこから先へは進まないほうがいいと思います。そのあたりは自己判断で(笑)お願いします。





Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/07/14 15:01 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(4)

『つばさ』第95回 運命の河川敷

ここしばらく『つばさ』感想を中断していましたが・・・決してリタイアしたわけではございません(笑)。まだまだテンション保って私は見てますよ~(笑)。先日のファンミに参加したこともけっこう大きいかも。

さて今週は台風直撃に纏わるエピソードなわけですが・・・本格的にみちるが参戦してきて何やらややこしいことになってます(汗)。じわりじわりと今後に繋がっていくような伏線も出てきたりして・・・これらがどう回収されていくのか注目したいところ。
そんななか、ついに河川敷でのシーンが~。これって4月のまだ肌寒い時期に撮影したらしく皆さん凍えながら頑張ったってやつですよね。「つばさ」ブログに掲載されたときいつ放送されるんだろうかと気になっていたんですが・・・3ヶ月のときを経てようやく日の目を見たと(笑)。
今回の放送分についてはけっこう賛否両論出てきているようですが、私はけっこう好意的に受け止めながら見てました。少数派かもしれないけど・・・(苦笑)。なのでここから下は否定的意見を持っている人は読まないほうがいいかも。危険を感じた方は回避願います

ちなみに、本日7月17日は真瀬社長熱演中の宅間孝行さんのお誕生日です。
おめでとうございます
宅間さんの誕生日にこの回が放送されたのはなんとなく因縁めいたものを感じます(笑)。

さらに・・・愛ヘルメットが出てきたということで『天地人』繋がりと強引に追加(笑)。
7月17日、『天地人』で素晴らしい景勝を演じている北村一輝さんのお誕生日でもあります。
おめでとうございます
ちなみに宅間さんよりも1つ年上なんですよね、北村さん。お若いですッ!


以下、興味のある方はどうぞ~。






Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/07/17 12:27 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(6)

土スタに翔太・真瀬さん登場

今週の「つばさ」は本当に波乱万丈でございました。96回の詳しい感想を書く時間が無さそうなので(汗)、とりあえず土スタレポの前に少しだけ簡略に上げようと思います。個人的にかなりテンション高く応援してますので(笑)、この作品に興味のない方、スミマセンがスルーしてくださいませ。

嵐の中、翔太のいる目の前でつばさを救出した真瀬でしたが・・・つばさの実家で家族に感謝されるとどこか翔太の目が気になって自分の気持ちを押し殺してしまったようですねぇ。これは仕方ないよな。つばさの気持ちは翔太にあることを知ってるわけだし、少なからず翔太への罪悪感もあったと思う。なんか最近の真瀬さん見てると切なくて仕方ないよ(苦笑)。
そしてもう一人見てるだけで切なくなってくるのが翔太。気がついたつばさに無理に笑顔を作ってる姿とか胸が痛むよ~…。さらに、足の怪我を悪化させてしまったかもしれないことをまたつばさに言えずにいる。翔太、なんでもう少しつばさの前で素直になれないんだろう。彼、つばさの前では本当に自分の弱いところを見せないようにしてますよね。たぶん、つばさが翔太に「弱さ」を見せる隙を無意識に与えていないからかもしれないなぁ。お互いに好きだという気持ちはあるのに、本当の自分を見せていないような気がする。これが本当に見ていて危なっかしいんですよね…。

もうひとつグッときたシーンは加乃子と千代さんの親子の会話「私は母さんに許せないと思われても全然構わない。でも、つばさを産んだことは絶対失敗だなんて思ってない」・・・この言葉はなんだかとても胸に響いてきました。親子の絆って・・・ほんとに色んな形がある。この二人も徐々に母と娘に戻りつつあるのかなぁなんて思いました。
それから優花。最近の彼女はつばさにベッタリなんですけど・・・母親になってほしいという気持ちは本物だと思うんですが、それ以上に何か策略があるような気も・・・(笑)。父親がつばさを好きだということは敏感な優花は察していると思われるだけに・・・ひょっとして真瀬のための行動でもあったりして・・・なんて、ちょこっと考えたりする私です。この親子もなんだかんだで距離を縮めているように見えるし。

で・・・あのラストシーン。私は真瀬さんがどんな風に愛の告白をするんだろうかと思ってたんですが・・・非常に自然な台詞まわしで・・・自分の中にものすごくスッと入ってきた。真瀬さんが「愛してる」っていう言葉を口にすること事態想像できなかったので(笑)、いったい宅間さんはどんな風に言うんだろうかと気になってたんですよ。なんかものすごく自然で・・・あの短い言葉の中に真瀬の気持ちが凝縮されてたと思う。宅間さんの台詞まわしはホントに好きです。
それにしても・・・みちるさん・・・あの行動は・・・。ん~~・・・つばさが来ている事を確認した上でやってましたからねぇ。正直、コワイ女!!と思ってしまった(苦笑)。彼女の想いも切ないけど、あの行動はちょっと・・・ねぇ(苦笑)。


・・・あれま、結局長い文章になっちゃった(爆)。すみません。

というわけで、真瀬と翔太が恋のライバルとなってしまったことを受けて(笑)・・・土曜スタジオパークゲストに真瀬役の宅間孝行さん翔太役の小柳友くんが登場。この日をものすごーく楽しみに待ってました♪
以下、激しく長い文章になってしまったので(爆)追記に感想など書きます。興味のある方はどうぞ。




Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/07/19 17:02 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(4)

『つばさ』第100回 おかんの悲劇

『つばさ』も早いもので始まってからちょうど今回で100回を迎えました。
今週はつばさと翔太の関係が山場といった感じですが・・・私的には"来るべきときが来ちゃった"って想いです(苦笑)。ラブラブなんだけど、本音で付き合っていないように見えたつばさと翔太は危なっかしく見えて仕方なかったんですよね。

この100回はファンミで宅間さんが熱弁してた、多部ちゃんの”センジュくん"芝居が登場。土スタのときもチラリと言ってましたが、確かにあれを背負ってあそこまで泣けるのはすごいなと思いました。あのセンジュくん、ぶつかりそうになるので避けるのが大変だったらしいですよ、宅間さん(笑)。

以下、感想です。興味のある方だけどうぞ。

Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/07/23 15:54 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

『つばさ』第101回 致命的ミス

とうとうやってしまいましたねぇ、つばさ。"15分"の悲劇(苦笑)。城之内さんが怒り心頭なのもごもっともな話なんですが・・・なぜか、ちょっと、笑えてしまった。

ちなみに明日の放送はオンタイムで見れるか非常に微妙…。というのも、1週間遅れでバタバタの帰省(←ダンナの実家)が入りまして。個人的には年に2回の一大行事なので外せないんですよね(苦笑)。土スタで宅間さんたちがガン泣きポイントっていってたシーンがあるのになぁ~。月曜日放送までには何とか見れますように。


以下、本日の感想です。興味のある方は追記からどうぞ。




Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/07/24 13:48 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(4)

川越探訪記

8月1日、つばさが長瀞から川越に戻ってくる回が放送された日・・・川越で『つばさ』のファンミーティングが行われました。実は・・・幸運にもこのファンミに参加することができました。
そのレポートをする前に、ファンミ開始までの川越探訪の様子を少し紹介したいと思います。


ファンミーティングは18時30分からだったのですが、15時くらいに会場に着いた私たち。到着してからハガキと座席番号チケットを引き換えるのに抽選が行われ・・・引いた番号はかなりの後方席(汗)。まぁ、見晴らしがよさそうだし来れただけでもラッキーだと思うことに。

o0800045010226058116.jpg
時間がまだあるということで、川越の町をスタンプラリーで回るというイベントに参加しました。チェックポイントにスタンプがあるのでそれを4箇所押して戻ってくると記念品がもらえるという企画でした。

6_20090803225652.jpg
町にはこんな旗がたくさんはためいてました。

そんなわけで、せっかくなので川越の町を散策。気になる方は追記からご覧ください。


Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/08/03 23:22 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(3)

『つばさ』ファンミ ラジオぽてとin川越 前編

8月1日に川越市民会館大ホールで開催された『つばさ』ファンミーティング・ラジオぽてとin川越に行ってきました。これに行かれたのは、本当に幸運としかいいようがないです。

川越探訪をしたあと、市民会館に戻りいざ客席へ。
客席に入る前に入り口で色んなものを配られまして・・・その一覧が↓コレ。
つばさ
多部ちゃんの顔だらけ(笑)。ご当地ステラは欲しかったのでラッキー♪ DVDのお知らせやらオリジナル葉書やら・・・色々いただきました。ちなみに、ラジオぽてとのシールは帰り際アンケートを提出した際にもらいました。これけっこう嬉しかった。

客席は大ホールというだけあって1000人以上入れるくらいの広さ。そんななか、私たちはクジで決められたかなーーり後ろのほうの座席へ(笑)。でも、意外と見やすかったです。スクリーンにキャストの皆さんの大写しがあったりしたし、肉眼でもけっこう表情を拝むことができました。
そんなこんなで18時30分頃にファンミスタート。まず最初にNHK埼玉放送局長、つづいて川越市長が挨拶されてました。これって・・・全国ファン向けというよりも川越・さいたまの皆さん中心のイベントじゃなかろうか・・・と思ってしまった私たちはちょっと肩身が狭くなった(苦笑)。ちなみに川越市長のお話によりますと、つばさ効果で観光客がかなりアップしたんだそうです。なんだかんだ言われてる朝ドラですが(汗)、けっこう皆見てるんじゃないだろうか。
そして挨拶のトリとして(?)後藤CPが登場。「わたしが出てくるという事はまだモメてる最中でして」ということで(笑)。どうやら皆さん、最終ロケを夕方までやっていてそのまま川越にきてくれたようで、準備が大変だったようです(←盛んに「宅間さんがズボン履けてない」とか言ってたな 笑)。なんか渋谷のときよりもやけにノリがいいようで・・・あぁ、この人が統括するからあの「つばさ」なのか・・・と思ってしまった。私は嫌いじゃないですよ。ちなみに後藤さんのファンミ限定の注意事項は・・・
1. 石を投げない(←んな人いるわけないだろ 爆)
2. 席を立たない(←トイレに行く人は別。それ以外だと目立つし凹むらしいので 笑)
3. 面白くなくても笑う(←きっと「つばさ」もこんな感じで見てほしいんだろうな 笑)
とのことでした。そんなこんなを話してるうちに「宅間さんのズボンが履けた」ということで(←なにげにイジられキャラ!? 笑)ファンミーティングスタートです。

以下、当時の記憶と走り書きのメモを頼りにレポ書いてます。書いてるうちに色々と蘇ってくることもあるわけで・・・相当長くなること間違いないかと(爆)。なので、前半と後半に分けてアップしようと思います。
そんな長ったらしいレポートでも読んでみたいかも・・・という心の広い方は追記からお進みください。



Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/08/04 15:29 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(6)

『つばさ』ファンミ ラジオぽてとin川越 後編

この記事は『つばさ』ファンミーティング・ラジオぽてとin川越の後編になります。よかったら前編を読んだあとにご覧ください。

ファンミも中盤から後半に差し掛かったところで結城アナウンサーから特別ゲストが登場してくることが告げられました。つまり・・・優花ちゃんはその枠には入ってなかったようです(汗)。
で、名前を告げられて出てきたのは竹雄役の中村梅雀さん加乃子役の高畑淳子さん!夫婦揃って仲良く登場でした。二人一緒というのは嬉しい驚きだったかも。客席のボルテージもさらにワンランクアップした様子で盛り上がってましたよ。
ちなみに・・・私は『特別ゲスト』にアンジェラ・アキさんが登場するものだと予測してたんですよね(爆)。そんな訳ないか。

梅雀さんは甘玉堂の竹ちゃん、高畑さんは最初に出てきた頃の加乃子の扮装でやってきました。ちなみに、この日のイベントも渋谷同様みんな役柄の衣装でした。多部ちゃんはラジオぽてとのTシャツにロングのスカートといった感じでしたよ。

というわけで、後半は玉木家についての話題に入っていきます。続きは追記から…。今回もかなり長くなっていると思うのでご注意ください(汗)。それと、最後のほうにファンミで出てきたネタバレ話を書いてます。先を知りたくない方はスルーしてください。




Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/08/04 22:09 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(6)

『つばさ』第113回 ヒロリンの夢

ファンミのレポに集中していたせいか、今週の『つばさ』感想がほとんど書けずに終わってしまいました(爆)。が、ファンミーティングに2回も参加してからはさらに『つばさ』への愛着が深まってるんで(笑)しっかりと毎日見てますよ~。
つばさが長瀞から戻ってきてからちょっと展開が重くなってきていますが、このドラマには必要な時間じゃないかなと思ってます。

ちなみに今週は極端に出番が少ない真瀬さん。ちょうどこの時期に宅間さんの舞台が入っていたというのが原因ということで・・・6月くらいに撮影されたものなんでしょうね。そんな『つばさ』のスタジオ撮影もあと少し・・・。ドラマはまだ続くけど、撮影終了が近いとなんだか寂しい気がします。

では久々に『つばさ』感想を・・・。興味のある方は追記からどうぞ。


Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/08/07 17:04 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

「つばさ」サウンドトラック

発売してから少し経ちましたが(汗)、とうとう購入してしまいました・・・朝ドラのサウンドトラック(笑)。ドラマ初期のころは"今回は買わなくてもいいかも・・・"なんて思ってたんですが、だんだん作品にハマっていくにつれて欲しくなっちゃって・・・少しお金の余裕ができたので購入に踏み切っちゃいました(←ポイント付のネットショップですけど 笑)

NHK連続テレビ小説「つばさ」オリジナル・サウンドトラックNHK連続テレビ小説「つばさ」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

PONYCANYON INC.(PC)(M) 2009-06-17
売り上げランキング : 24634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一番聞きたかったのが浪岡さんが「音楽の蔵」コーナーで最初にかけた曲「Prayer On The Hill」。いやぁ・・・この曲、好きです!浪岡さんが涙ぐんでいたのも判る気がする。矢幅歩さんのちょっとハスキーな歌声がなんだかジーンときます。

最初のほうにはサンバのリズムのときに流れる「太陽の街、川越」や玉木家のテーマ曲っぽい「元気な甘玉堂」といった明るいメロディーが多いです。『つばさ』のテーマ曲みたいな感じですね。音楽聴くだけでドラマの情景が浮かんできて楽しいです。
こういった明るい曲が多く選曲されているんですが、意外と感動的なメロディーのナンバーが多く入っているのもポイント高いです。「大空に向かって」、「夕焼けの川越」、「誰にも言えず」、「大切な想い」は個人的にかなり好き。特に「大切な想い」を聴いているとなんだか胸が熱くなってきます…。

ちなみにベッカム一郎のラジオ番組テーマ曲や、婦系図のときの劇中曲なんかも入ってます。「つばさ」が好きな人にはけっこうおススメの一枚かもしれません。

愛の季節(初回生産限定盤)(DVD付)愛の季節(初回生産限定盤)(DVD付)
アンジェラ・アキ

エピックレコードジャパン 2009-09-16
売り上げランキング : 170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アンジェラ・アキさんの主題歌発売はもう少し先かな。ドラマが終わる間際なんですね(汗)。

さて、今週と来週は竹ちゃんの秘密についてかなり濃いストーリーが展開されています。現在はちょっとワケあって一時的に日記ブログに感想書いてることが多いです。もしも私の『つばさ』感想読んでみたいなぁという方がいらっしゃいましたら日記ブログ「ウシの歩み」までお越しくださいませ。

「つばさ」の収録もついに14日で終了とのことです。ドラマはまだ続くけど・・・撮影終了っていうニュースはちょっと切ないかも。
スタッフ・キャストの皆さん、お疲れ様でした!


ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/08/13 23:42 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(0)

『つばさ』DVD-BOX1

最初はサントラと同じく購入予定に入れていなかったのですが・・・つい先日ある週の録画を失敗していたことが判明・・・ということで、

ついに購入してしまいました(爆)。

つばさ 完全版 DVD-BOX Iつばさ 完全版 DVD-BOX I

VAP,INC(VAP)(D) 2009-08-21
売り上げランキング : 2129

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

朝ドラのDVDに手を出すなんて・・・「ちりとてちん」以来だ。個人的にこの朝ドラはかなり好きだったのでまぁ購入しても悔いはないかなと(笑)。
まだDVDは見ていないんですけど、特典映像の中には未放映だった多部ちゃんのサプライズバースデーや甘玉堂紹介映像なんていうのも入ってるようなので楽しみです。ちなみにこのBOX1で個人的に好きだった週はDISC4の第7週・8週ですね。ラジオぽてとがつばさのもう一つの家族になるってストーリーと、真瀬さん苦悩の始まりのストーリー。この頃にはかなり真瀬さんに肩入れして見てたよなぁ~(笑)。

ブックレットもついてたんですが、美術さんの細かいこだわり(「風のハルカ」や「ちりとてちん」の小道具秘話とか)などが載っていてなかなか面白いです。このオマケはけっこう嬉しい。

BOX2は10月発売とのことですが、こっちにはファンミーティング東京・渋谷の映像特典があるらしい。ということは、BOX3には川越ファンミも入る可能性が!?全国放送しないで今回はDVD特典にしたのかも。少しずつお金ためとこ・・・(笑)。


そういえば、「つばさ」ノベライズ下巻がついに発売しまして・・・

NHK連続テレビ小説 つばさ〈下〉NHK連続テレビ小説 つばさ〈下〉

日本放送出版協会 2009-08
売り上げランキング : 8409

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

誘惑に負けた私はラストの部分を読んでしまいました(爆)。撮影を見学した人の噂としては色々聞いていましたが・・・

そー来るかぁ~
えぇ!?
うーーー・・・


と、こんな感想(笑)。渋谷のファンミで「続編が作れそうな雰囲気で終わりたい」みたいなことを後藤CPが言ってた意味がなんとなく分かったような、分からなかったような。本編でもあの終わり方だったとすれば・・・「ちりとて」とは違って、私個人的には、続編希望します。まぁ、実現するかどうかは視聴率的に微妙な気はしますが(苦笑)。
このことについて語りたいけど語れない~。そのときの皆さんの感想はある意味興味津々かも。


※現在『つばさ』の各回感想は日記ブログにて展開中



ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/08/25 07:55 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

スタジオパークに多部未華子ちゃん

残すところあと1週間とちょっとの朝ドラ『つばさ』。色々ツッコミどころも多いけど、私的にはかなり大好きな朝ドラだったので終わりが見えているのはなんだかとても寂しいです…。
ということで、満を持して、主演のつばさを演じている多部未華子ちゃんがスタパに登場しました。髪の毛もウェーブがちょっと入ってイメチェンしたのかな。まだ大学生なんですよねぇ・・・。その若さが羨ましい(笑)。近頃ちょっと強気なつばさとは違って、素の多部ちゃんはホンワカした雰囲気でなんか心なしか登場したときからウルウルしていたような・・・そんな可愛い20歳の女の子でした。

スタジオ席に座ってもまだ緊張している多部ちゃんのために、ドラマで登場した"あまたま"が用意されてました。じっくり、ゆっくり味わって食べるといいそうですが、稲塚アナは食いしん坊なので一口で食べちゃってて笑えましたね(笑)。
この"あまたま"、ついにドラマの中だけの貴重な和菓子ってことになってしまいましたが・・・やはり一般売りは難しかったですかねぇ。私はそんなに甘いものが大好きってわけじゃないんですが、"あまたま"は毎回ドラマで見ているうちにかなり猛烈に食べたくなりました(笑)。一度食してみたかったです。

落ち着いたところで多部ちゃんの今までの役者人生について軽くトークがあったんですが、ここはさらりと流す感じで終わってしまった。『HINOKIO』のときは高1だったんですねぇ。映画は見ていませんが、作品の存在は知ってたんで。ちなみに私が多部ちゃんを認識したのは『夜のピクニック』のPRを見たときだったかな。あの映画はちょっと後日見てみたいです。
今回のメインはやはり『つばさ』の撮影を振り返ってのトーク。"玉木家はヤバイ"ということで、玉木家の家族ひとりひとりについての思い出話が中心となりました。もう、のっけから多部ちゃんウルウル状態で・・・見ているこちらも思わずもらい泣きしそうになってしまった(涙)。そういえば、川越のファンミのときも「もうすぐ家族じゃなくなっちゃう」ってボロ泣きしてたよなぁ・・・。本当に大切な存在なんでしょうね。

まず最初は竹雄役の中村梅雀さんとの思い出。もう、スクリーンに映し出された梅雀さんを見るだけでも泣けてきてしまうという多部ちゃん・・・本当に良くしてもらったんだなぁというのがジンワリ伝わってきました。あの、クランクアップのときの梅雀さんと多部ちゃんのやりとりは・・・見ているこちらも思わず落涙ですよ・・・(涙)。アイコンタクトだけで通じ合える関係になれたことがとても思い出深いとか。深刻なシーンでもいつもニコニコ普通に接してくれたという梅雀さんは、多部ちゃんにとって本当に大きな支えになったようです。
ディズニーランドに行ったときの写真が可愛かったなぁ~。梅雀さん、スティッチの被り物をして超ハイテンション(笑)。若者よりもパワフルに見えたよ。あとそのほかにも高畑さんや宅間さんたちと飲みに行く機会も多かったようでかなり親交を深めたようですね。とにかくオフの期間も絶えず『つばさ』仲間と一緒にいたということで・・・いいなぁ、そんな仲のいい現場。
そんな多忙な状況でも、いつも現場ではバッチリとセリフを覚えてきてたっていう多部ちゃんは本当にすごい。

続いて登場したのが加乃子役の高畑淳子さんとの思い出。意外にも、プライベートではあまり多く接する機会がなかったというのがちょっと驚き。高畑さんも他のドラマと掛け持ちしたりしてお忙しかったからかな。
クランクアップの映像ではなく、第1週のシーンが紹介されました。ここは重要なシーンだからと多部ちゃんが気負ってしまってたときに、心を落ち着かせるために撮影前、高畑さんに「ハグしてください」とお願いした思い出の場面だったとか。突然帰ってきたホーローの母につばさが初めて涙を見せて苛立ちをぶつけるってシーンですよね。ちなみにオーディションもこの場面が出てきたらしいです。

続いては知秋役の冨浦智嗣くん。もう映像が出てきただけで笑っちゃってる多部ちゃんですが(笑)、クランクアップのときの2人の掛け合いは面白かったですねぇ。
「最初はこの子、アホなんじゃないかなぁと思ってたんですけど」
「すみません、アホな弟で」
後ろでは梅雀さんが2人のやり取りを涙ぐみながらも楽しそうに聞いてる姿が映っていました。
で・・・冨浦くんですが、なんでもリハーサルと全く違う行動を本番でやっていてビックリする事が多々あったんだそうです。ベテランの役者さんたちがいるなかであんな大胆な行動ができるのは度胸がある!と多部ちゃんも絶賛(笑)。その行動で現場が和むことも多かったということで・・・冨浦くん、ムードメーカーでもあったんだ~。
多部ちゃんに寄せたメッセージによりますと・・・彼女が落ち込んでいるなと感じたときについついアホなことをやってしまったということで・・・いい子だなぁ~。このエピソードを聞いて冨浦くんの好感度がかなりアップいたしました。
ちなみに、アホっぷりな映像ではということで・・・家出した竹ちゃんを戻すのにラジオで呼びかけたシーンが紹介。あのときの知秋と頭のやりとりも笑えたんですが、そのあと、ラジオを聞き入るシーンで知秋のコーラが見事に噴火してたんですよね(笑)。佑子さんは一瞬ですが知秋のコーラにビビッた顔してます(笑)。あの場面を見たとき、ファンミで「ハプニングも積極的に使ってる」って後藤CPが言ってたのでそのまま使ったんだろうなと思ったんですが・・・多部ちゃん曰く、本当にハプニングだったみたいですね。みんなあの時は「NGじゃなかろうか」とドキドキしながら芝居してたんだとか(笑)。

そして最後に千代役の吉行和子さんとの思い出。ここでもクランクアップの映像が流れたんですが、多部ちゃんについての感想をしばらく述べた後に思い出したように
「あ、お疲れ様でした」
とコメントして全員が爆笑しながらコケるといった楽しいやり取りがありました。本当に天然で可愛い方ですねぇ。多部チャンも大絶賛です。そんな吉行さんが一番印象に残っているセリフだったというのが
「つばさ、羽ばたきなさい」
あぁ~~・・・このセリフ、私も思わず落涙しちゃったくらい感動したんだよなぁ。ガンコで娘にすら言わなかったあの言葉を初めてつばさに言ったときの千代さんの優しさに、つばさと共に私も泣きました(涙)。と、言うことで、ここで遅ればせながらの稲塚アナコーナー。羽をつけて張り切ってました(笑)。
そして吉行さんからは多部ちゃんに向けてのコメントも。
「全部人のセリフを自分の心で聞いているっていう、その凄さに感動したんです。あれが出来る人は、そんなにいないんですね」
と大絶賛で・・・この言葉に多部ちゃんもまたまた涙。吉行さんからの最大限の賛辞、これは嬉しいですよね。自分のセリフだけではなく人のセリフもちゃんと聞ける女優さんとして、今後も頑張ってほしいです。

コーナー最後に今後の『つばさ』の見所が紹介されたんですが・・・まさか、最終週の予告をここで流すとは思わなかった(爆)。いいのか!?NHKぇ!せめて今週分にしようよ(苦笑)。私はラストまでの展開をなんとなく知ってるからいいんですが、その先を知りたくない人にとってはちょっと衝撃だったかも?

続いては、"ラジオぽてとinスタジオパーク"ということで、スタジオ内にはラジオのセットがちゃんと作ってありました。このコーナーではDJになった多部ちゃんが視聴者からの質問に答えていくって感じで進められて行くのですが・・・この企画には、NHKのある作戦が潜んでおりました。
まず紹介されたのは本当に視聴者からきたと思われるメッセージ。結婚式をするとしたら和装とウエディングドレスどちらがいいですか、ということですが・・・これには即答でウエディングドレスと答えてましたね。今後出てくるであろう和装な多部ちゃんも可愛いと思うんですが、あこがれるのはやっぱりウエディングドレスのほうなのかもしれませんね。
で、ここからがNHKの企みで・・・・次にきたFAXを見た多部ちゃん、思わず涙!徳島から届いた冨浦くんからのFAXじゃないですか~。その文面には多部ちゃんへの想いが語られてて・・・彼女だけではなく私も思わず涙してしまった(涙)。さらに続けざまに、高畑さん、梅雀さん、吉行さん・・・・それぞれ多部ちゃんへの愛のメッセージで、もう、ボロボロ状態に。これは泣けるよなぁ~~。私もなんか、多部ちゃん見てたら涙が止まらなくなっちゃいましたよ(涙)。玉木家は本当に素敵な家族♪

ニュースを挟んでちょっと落ち着いた多部ちゃん。ここからは質疑応答コーナー。

Q1. 初恋はいつ、どんな人?
幼稚園のとき。あまり覚えてないけどスポーツをやってた子だったみたいです。

Q2. 疲れたときのリフレッシュ法は?
よく寝て、誰かに会いに行くそうです。ファンミのときも行ってたけど、友達や親しい人と一緒にいるときが一番リラックスできるみたいですね。

Q3. 家に帰って一番最初にすることは?
ソファに座ってボーっとすることだそうな。なんか目に浮かぶかも。可愛い♪

Q4. 好きな言葉は?
『我、わが道を行く』だそうです。これは即答していたので座右の銘みたいにしているのかもしれませんね。

最後に視聴者からのメッセージが読まれたのですが、後半はまたまた多部ちゃん涙涙・・・。もう、目が真っ赤になってました(涙)。
このスタパが『つばさ』での最後の仕事だったということで寂しさもひとしおだったんじゃないでしょうか。スタッフ・キャスト一人一人に多部ちゃんの手作りのプレゼントを渡したってエピソードもあったくらい、彼女にとって忘れられない現場・作品になったんじゃないでしょうか。

これからも注目していきたい女優さんです。多部ちゃん、頑張れ!


※私の『つばさ』後半の感想はコチラのブログです。興味のある方はどうぞ…





ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/09/15 17:28 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(10)

『つばさ』ファン・オフ会 in川越 第一部

今年の9月まで放送されていたNHK連続テレビ小説『つばさ』。こちらのブログでの感想は途中で途切れましたが実は別館ブログで細々と感想を書き綴るくらい大好きだった作品です(笑)。放送が終わった作品にもかかわらず、かえって放送後のスタッフブログがものすごく充実してて…実はまだ『つばさ』は終わっていないと思ってたりします。
そんなとき、年末の総集編前にスピンオフが放送されることが決まり…そのPRも兼ねたオフ会をやることになったという告知が。終わった作品なので人が集まらないだろうというスタッフの予測に反して定員の4倍以上の応募があったとか。こりゃ当選難しいなと思っていたところ…たくさんの人に集まってほしいというスタッフさんの心遣いにより当選枠が広がり私もその中に入ることができました。一緒に楽しんでたダンナと二人の参加でした。

当日は午後からかなりの雨で久しぶりの川越も散策する気になれずそのまま直接会場へ。1時間前に着いたときには受け付けも始まっていなかったので展示物を改めて見物。懐かしい小道具がたくさんあってまたまたカメラに色々収めてしまった(笑)。ちなみに続編希望の署名箱もありましたね。ちょうどこの日が締め切りだったので私も一票投じてきました。「ちりとて」は続編は要らないと思っていますが、「つばさ」はああいうラストを迎えたので…やはりどんな形でも続編というものは見てみたい。
このときはあまり人がいなかったんですが、開始15分前くらいにはかなりの人数が集まってきました。

ちょうどこのオフ会の日はスピオンフの撮影最終日だったようですが、雨の影響もあってかかなり遅れてしまった模様で開始時間がちょっとズレこんでいました。15分くらい遅れて入場開始。整理券番号順に会場に行って自由な場所に座るといった感じ。この会場の様子は後日HPにて詳しく写真つきでレポートされると思いますので気になる人はそちらを参考に。
会場入りして一番驚いたのが男性の参加者様がかなり多かったということです。「ちりとて」はどちらかというと女性比率のほうが高かったんですが、『つばさ』に関しては男性のファンがかなり多いんだなと実感。中央ブロックに座ろうと思ったのですが、男性の方が多く前が見難い状態だったので端っこのエリアにすわり斜めから中央舞台を観る形になりました。
集まったのはだいたい120人前後くらいかな。会場はあまり暖房の効いていない場所ではありましたが、ファンの熱気でそんなに寒いとは感じませんでした(コートは着たままでしたけど)。もう終わってしまってから2ヶ月も経っているにもかかわらずコレだけ集まったわけですから…、いうなれば、本当に『つばさ』が好きな人たちが集ったということでしょうか。オフ会というには人数が多いといった批判もあるかもしれませんが、より多くの本当に『つばさ』好きな人が参加できたといった点では…やはりファンミーティングというよりかはオフ会といった意味合いのほうが強かったんじゃないかなと私は思います。スタッフの心遣いに感謝です。
以上、ここまでが長い前置き(笑)。


1_20091208115522.jpg

追記からは『つばさ』ファンオフ会のレポートになりますが…、冒頭にかなり嬉しい事があってテンションが激上りしてしまい(笑)記憶が飛んだ部分が結構多くなってると思われます。おそらくこの模様は公式HPにもアップされる予定ですし、総集編のDVDにも編集したものが収録されるそうなので、詳しく知りたい方はそちらのほうを参考にするか、もっと詳しくレポートしているサイトをご覧くださいませ。とりあえず、テンション抑えながらも簡単に単語メモを残したのでそれを参考にしたものを搾り出して思い出す限り挙げていきたいと思います。

以下、レポート本編になりますが…、
『つばさ』に苦手意識…というか拒絶反応がある方はこの先スルーしてください。読んでいて気分のいいものじゃないと思うんで(汗)。『つばさ』が好きな人間の書いているものだということを理解できた上か、『つばさ』が今でも大好きという方はたいした記事じゃないと思いますが(汗)興味がありましたら読んでやってください。よろしくお願いします。






Read More

ジャンル : 日記
テーマ : どうでもいい報告

[ 2009/12/08 14:05 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(2)

『つばさ』ファンオフ会 in川越 第二部

こちらの記事はNHK連続テレビ小説『つばさ』のファンオフ会第一部の続きになってます。こちらからいらした方は第一部から読んでくださいね。


約10分の休憩を挟んで再び皆さんが登場。一部では前方にいた住友さんは二部では後ろにあるキーボードのほうへ移動。みんながトークしているときのBGM担当みたいになってました。
一通り皆さんがそろったところで『つばさ』に関わったスタッフの皆さんのご紹介が。ステラ担当のK友さんがいらっしゃってたのですが…初めて近くで拝見させていただいたんですけどすごくきれいで可愛い方でした。

3_20091208152210.jpg

以下、第二部レポート本編になりますが…、
『つばさ』に苦手意識…というか拒絶反応がある方はこの先スルーしてください。『つばさ』への愛が詰まった内容になってると思うので(笑)、それを承知の上で先にお進みいただければと思います。






Read More

ジャンル : 日記
テーマ : どうでもいい報告

[ 2009/12/08 18:18 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(8)

年内最後の『つばさ』

今年の4月から9月まで放送されたNHK朝ドラ『つばさ』。朝ドラとしてはかなり画期的な試みが多く視聴者も戸惑った作品と言われておりますが(汗)、私はあの最終回最後の顛末を除けば(←ここだけは強調w)…本当に大好きな作品でした。

つばさ 完全版 DVD-BOX I
つばさ 完全版 DVD-BOX I
VAP,INC(VAP)(D) 2009-08-21
売り上げランキング : 5001

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
つばさ 完全版 DVD-BOX II つばさ 完全版 DVD-BOX III NHK連続テレビ小説「つばさ」オリジナル・サウンドトラック NHK連続テレビ小説つばさ写真集 多部未華子 フィッシュストーリー [DVD]

好きが講じて「ちりとてちん」以来のNHK朝ドラDVD-BOXもお買い上げ(総集編ディスクも購入予定w)。一緒についてくる冊子…ファンには嬉しい工夫が凝らされてました!こういう遊び心が本当に好き。

放送終了後から盛り上がりを見せている公式ブログ。ここ最近ではキャストの皆さんの近況報告も投稿されていて本当に楽しませてもらってます。さらには公式HPも充実した再更新っぷり!!以前レポートしたオフ会の様子もこと細かく掲載されてています。すべてひっくるめて一冊の本にしてほしいくらいです。
で、そのブログで応募していた企画に参加したところ…「つばさファン応援隊」というものを任命されまして(笑)。さらには応募したときに書いたメッセージまでもブログに掲載して頂きました。『つばさ』クルーには本当に放送中も放送後もファンミ・ファンオフなどに参加させてもらったりととても幸せな体験をさせていただいているので、感謝を込めてファン応援隊員としてこちらのブログでも今後の放送に関しての宣伝をしようと思います。
…って私ごときのブログに影響力があるとはいえないんですけどね(爆)。

『つばさ』が27日から30日にかけて地上波に登場いたします。

27日午後2:15~『つばさ』スピンオフ第1弾"好きと言えなくて-青春編-"。こちらは知秋と万里ちゃんのその後が描かれており、鈴本スーパーの俊兄ぃが活躍しております。
28日午後1:45~『つばさ』スピンオフ第2弾"好きと言えなくて-中年編(仮)-"。こちらは真瀬さんと浪岡さんのドタバタ喜劇(笑)。二郎くんの食べっぷりも注目!ただ、私はこのストーリーの中での真瀬さんの顛末がやはりどうしても納得いかなかったりするんですけどね(汗)。
と、個人的見解はあったりもしますが…w、あの世界観・テンポ・キャラクターたち…やっぱり大好きです。見ていて「あぁ、この感じだよなぁ」となんだか心が温かくなったりして。ちなみに年内30日までだったら公式HP内で何度も見ることができますよ。

そして、そのスピンオフを経ていよいよ『つばさ』総集編
<前編>12/29(火)・総合・午前8:15~9:44
<後編>12/30(水)・総合・午前8:15~9:44

この期間に放送されます!公式ブログによりますと、どうやら宅間さんたちが関わった編集箇所みたいなのがあるらしく…それは見てのお楽しみらしいので興味のある方はぜひチェックを!

この朝ドラ『つばさ』には本当に放送中も放送後も楽しませてもらいましたし元気をもらいました。できればやはり、パートⅡを制作してほしいです。ただ、そのときには今回の真瀬さんの顛末は「なかったこと」にしてほしい気がする。あのまま落ち着いてしまうと「つばさ」パートⅡの夢も潰えてしまうような気がするし…。つばさとくっついてほしいという夢は無理ということにしても(苦笑)何かしらつばさと関わってスピンオフと違う結末を迎えてほしいなぁなんて。もしもこの記事を読まれた関係者様がいらっしゃいましたらよろしくお願いします(汗)。
その前にサウンドトラック第2弾を出してほしい。ちりとての時もすごい望んだんですが結局実現せず…だったので難しいかもしれないんですが…やっぱり出してほしい。大河は出るのに朝ドラは難しいんでしょうかねぇ。

年末の忙しい時期ですが、『つばさ』スピンオフ・総集編、見てくださいね~!
※こんな感じの宣伝隊活動で大丈夫だろうかw。


なお、当記事は『つばさ』をこよなく愛する個人が書いております。ご承知おきを。



ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/12/26 23:00 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(4)

『つばさ』総集編

たぶん最後の『つばさ』感想になります。
年末ということでスピンオフに続けて総集編が放送されました。
以下、『つばさ』が大好きで、なおかつ宅間孝行さんが演じた真瀬昌彦というキャラをこよなく愛した一個人による感想になります。ご承知おきを。危険を感じたらスルーしてください。



前半部分は“家族”にテーマを絞った編集。つばさと玉木家の温かさが伝わる感じでよかったなあ。それから真瀬さんと優花ちゃんが家族になれるシーンはなんだか、上手いこと編集したなと(笑)。あの抱き合うシーンの直後に「お父さんなんていらなーい」と無表情に言われたんだけどそこは温情からか(笑)カットされておりました。
嵐のシーンは個人的にベスト3に入るくらい好きなシーン。かなりカットされてはいましたが…真瀬さんのつばさへの溢れる想いが凝縮されていて何度見ても救出する場面は泣けます。宅間さんと多部ちゃんの芝居が非常によかった。ここを見たときは「キターー!」と思ってものすごいテンション上げたんですけどねぇ…(苦笑)。
ちなみに、前編には未公開シーンが挟まってました。婦系図を稽古中だった真瀬さんがリハビリに苦しむ翔太と交わすふとした会話。あんなことがあったのね…。

後半部分はつばさの恋と玉木家の再生がメイン。玉木家再生のエピソードはやはり短くなっても胸が熱くなる。竹ちゃんの家出騒ぎのシーンは特に見ていて胸が痛くて泣けます(涙)。こういった人の傷みの部分が繊細に描かれていたのがこのドラマの一番好きだったところかも。なんか、人の心の痛みを温かく包み込む優しさみたいな部分が「つばさ」のなかには溢れてると思うんですよね。
心の痛みといえば真瀬さん。つばさに別れを告げた翔太に「あいつには俺じゃなくてお前が必要なんだ」と詰め寄るシーンは何度見ても本当に切ない…。別れを告げたほうの翔太も辛いんですけどね…やっぱり私は真瀬さんのほうに感情移入してしまう。

その後、真瀬さんは自分の想いを封印してしまい…総集編後編ではその後の顛末がカットされてました(苦笑)。あれだけ見ると、真瀬さんは完全につばさへの想いにピリオドを打って翔太が再浮上してめでたし…って思えちゃうかもしれませんが…すべてを見届けてきた私としてはなんとも複雑な心境でございます(苦笑)。
真瀬さんのつばさへの再アタックシーンがオールカットされていたことはよかったような、そうでないような…。なかったことになったということか?真瀬さんがつばさからの答えを得ないまま失恋したことになった部分がなかったのはよかったんですけど、なんだか腑に落ちないような…。翔太が前面に出て奮闘したような流れになってたんですが、私的にはそうではないという想いの方が強い。一度別れを告げた相手の前にもう一度現れて再び想いを伝えようとしていく翔太は個人的にはちょっとズルいと思えてしまうんで(苦笑)。

で、新撮したシーンになるわけですが…、まさかつばさと翔太の仲があそこまで深まっているとは予想外だった(爆)。…っていうか、結婚の約束になるわけですか!?それだけは見たくなかった…。
私的にはスピンオフの真瀬さんは結局みちるさんとは結ばれずに…みたいなことを脳内妄想してしまったので(本編を見た限りではみちるさんと真瀬さんは友達以上の関係になれるとは今でも考えられないので 苦笑)…この妄想をどこに置けばいいんだろうか(汗)。

翔太と落ち着いてしまったつばさ。みちると落ち着いてしまった真瀬。これが『つばさ』の現時点での結末だとすると…パート2は正直もういらないかもと思ってしまう。そういった意味では非常に複雑な心境でございまして…総集編で『つばさ』を見れたことの喜びと結末に対する絶望が一気に押し寄せたような気分になってしまった(苦笑)。

何はともあれ、やっぱり『つばさ』は大好きな作品です。最近は8時15分に朝ドラを見ない習慣になってしまったのでこの時間につばさと再会できたことも嬉しかった。

連続テレビ小説 つばさ 総集編 [DVD]連続テレビ小説 つばさ 総集編 [DVD]

NHKエンタープライズ 2010-03-26
売り上げランキング : 18782

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ありがとう、『つばさ』!


ということで、たぶんこれが2009年最後のエンタメ関連記事になります。今年もお付き合いくださりありがとうございました。




ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK 朝ドラ「つばさ」

[ 2009/12/30 15:05 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(6)

『つばさ』オフオフ会 1.葛藤

本放送が終わってからもうかれこれ半年近くが経過しているNHK連続テレビ小説「つばさ」。視聴率では不名誉な記録を残してしまったことがニュースになってしまいましたが…ファンや制作者のこのドラマに対する愛情はまだまだ深いものがあります。私もその愛情をこのドラマに注いでいるうちの一人なんですが…、そんな「つばさ」のイベントがなんとまたまた開催されたのです!もちろん公式に。私はあの12月のファンオフ会で最後だと思っていただけに、この企画が立ち上がったときはビックリいたしました(笑)。
しかしこのイベントに参加するにはちょっとした条件がありまして…参加人数もかなり少人数に絞られるとのこと。そんな会に、なぜ私が参加できてしまったのか…そのいきさつから少しご紹介します。

以下、ぐだくだしたオフオフ会参加までの経緯です(汗)。ほとんど自分語りですので興味のない方はスルーしてください。

Read More

[ 2010/02/18 22:54 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(0)

『つばさ』オフオフ会 2.視聴会

2月14日、NHK連続テレビ小説『つばさ』のオフオフ会なるものがNHK渋谷にて開催されました。ここに至るまでの経緯は前記事をご覧ください(笑)。

集合時間は13時ということで、少し早めに渋谷に到着したのでNHK前にある大画面でちょうど盛り上がっていたオリンピックのモーグル競技を見入っておりました。さらにはオリンピックに関連したイベントなんかも開催していまして…携帯クイズなるものにも参戦し…
o0800060010413728928.jpg
バンクーバーオリンピックの赤いミトンをゲットしちゃいました。いや、このクイズがやたら簡単過ぎたんで早いもの順って感じでしたけど(笑)。さらには違うゲームにも参加してオリンピックのロゴ入りシャツももらってしまったり…「つばさ」イベントに参加する前にオリンピック一色になっておりました(爆)。

ちょうど里谷選手の2回目滑走が終わったあたりで集合時間間近になったのでNHKへ。スタパ以外でAKに入るのは数年前にトップランナー収録に参加した時以来。しかも、今回はNHK関係者が入る表玄関みたいなところからということで…なんだかそれだけでちょっと興奮。テレビ局ってものすごく興味あって…かつてはテレビ局に就職したいと思ったことすらあるので(汗)オフ会前からドキドキしてしまいました。
入口には何人かのオフ会関係者以外の人が入り混じっていたのですが、その中で「つばさ」のスタッフさんを発見。入場券代わりのハガキを見せてから
5_20100221212000.jpg
このような首から提げる参加証を引き換えにもらいいざNHK内へ!ちなみに私は投稿王者となってしまったので参加証ナンバーが1番になっており、ちょっと気恥ずかしかったです(笑)。HNうしえり、というのはもう一つの私のネットでの名前。「つばさ」掲示板には"うしえり"という名前で書き込みしていました(mixiでもこの名前ですが)


以下、「つばさ」関連色の強い長ったらしいレポートになります。危険を感じた方はスルーで…興味のある方は追記からどうぞ。


Read More

[ 2010/02/21 22:38 ] 朝ドラ つばさ | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。