FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ハケンの品格』 ホッチキス対決

この冬のドラマの中で一番興味深かった(『風林火山』を除いて…〉のが『ハケンの品格』です。
実は私、結婚前まで約3年半の間派遣社員をやっていました。当時はあまり『派遣』がポピュラーではなかったんですけど、現在はずいぶんと派遣社員が増えて雇用についても議論されるようになったようでちょっとビックリしています。ちなみに、当時登録していた派遣会社は6社(笑)。トラブルも色々体験しましたが今となってはいい思い出…。でも、最後に登録して一番よくしてくれた派遣会社が倒産したことを後日知った時はけっこうショックでした。取材まで受けさせてくれたのになぁ・・・(某転職マガジンに載ったことあるんですよ 笑)。

第1回目も非常にテンポのいいストーリー展開でとても面白かったのですが、第2回目の「ホッチキス対決」もくだらないと思いながらも楽しんで見てしまいました。部署内であんなに盛り上ってて業務は大丈夫なのか!?みたいなツッコミもありますけどね(笑)。
たしかに仕事の上でのホッチキスの留め方って決まりごとがありますよね。私も働き始めの頃に社員の人から教えてもらった記憶があります。

篠原涼子さん演じる春子が特殊なキャラクターでけっこう興味惹かれます。彼女が正社員に対して発する発言は派遣社員が実際に口にしたくても言えないことだと思います。あんなふうにバシッバシッと言い切れればいいんですけど、普通の人は彼女みたいに技術があるわけではないのであまり断れないですよね。そういえば私も、加藤あいちゃん演じる森ちゃんのように何でも引き受けちゃってたっていう一面があったかも…。だけど森ちゃんはちょっと主体性がなさすぎでイラッときますけどね(苦笑)。

今回一番よかったのがクライマックスのエレベーターでの1コマ。春子に敵意むき出しだった大泉洋さん演じる庄司主任がホッチキス対決をしてから彼女を見る目が変わって初めて名前を言うんですよね。
「挨拶くらいしたらどうなんだ・・・・・大前さん」
「・・・おはようございます。・・・東海林主任・・・」
短いやり取りでしたが、なんだかすごい好きだったなぁこのシーン。

で、次回はなんと、大泉さんが篠原さんに!?うぉ~!見逃せない(笑)!

ちなみに、このドラマでのポジションって小泉孝太郎君の方が上なんですかね?彼の演技力も初期に比べるとかなり良くなったとは思うんですが、私は大泉さんにたくさん活躍してほしいなぁ
スポンサーサイト

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ハケンの品格

[ 2007/01/17 23:43 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(0)

『ハケンの品格』3話 友情と仁義 

ちょっと遅くなりましたが、『ハケンの品格』第3話の感想をちょこっと。
相変わらずこのドラマ面白いですね。今クールではこのほかに「ヒミツの花園」と「エラいところに嫁いでしまった」を見ているんですが、最終的に保存するのはこの『ハケンの品格』オンリーになりそうです。

前回、大前春子の実力を認めざるを得ない状況になってしまった東海林さん。このまま関係が軟化するのかなぁと思いきや、やっぱり彼女とは打ち解けられない様子なのがなんだか逆に微笑ましく思えてしまいました。
東海林さんって口ではかなりヒドイこと言ってますけど(特に派遣に対して)、本当は情があって心根は優しい人だと思うんですよね。たぶん、演じているのが大泉さんだからそう思えるのかもしれないですが。

一番印象的だったのは東海林さんの危機的状況に春子が現れてマグロ解体ショーをするところかな。春子さん、マグロ解体の技術まで持っているとはすごすぎです(笑)。篠原さん、けっこう頑張って切ってましたけどあれはどこからどこまでが本人の演技だったんだろうかとちょっと考えてしまいました。客を前にタンカ切るところはちょっと迫力不足かなぁと思いましたが、本業じゃないんで仕方ないですね、これは。
で、そんな春子を見て命拾いした東海林さんは思わず涙を流してしまう。この時の東海林主任を見たとき、かなり胸キュンしてしまいました(←古っっ! 爆)。今まで強気でガンガンだった東海林さんだけど、けっこう涙もろかったりするんですね。その姿がなんだかすごく可愛かった~。
このドラマで、けっこう私の中での大泉洋さん株が上がってるような気がするなぁ(笑)。

で、そんな春子を見て「オレに気があって助けてくれたんじゃ」と勝手に勘違い(笑)。春子は怪我をしてしまったツネさんのために解体ショーをやった(ということになってますが)んですけど、それが巧く伝わらなかったようで、思い余って東海林さん、ついに春子にキスしちゃいましたよ!!しかも、春子がちょっと気になりだした小泉くん演じるケンちゃんもその現場見てるし(爆)。
次のストーリーも楽しみです!

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ハケンの品格

[ 2007/01/27 23:07 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(0)

『ハケンの品格』 恋とお自給

回を追うごとにますます面白くなってきた観のある『ハケンの品格』、ついに第4回放送は20パーセント超で某ドラマを追い抜いたらしいですね。好きなドラマがこうして結果を出すのは嬉しいです。・・・そういえば、この枠のドラマ見始めたのって『CAとお呼びっ!』からだったっけ(笑)。あのドラマはものすごい低空飛行だったけど・・・前クールあたりから勢い出てきたか!?
ちなみに、「ヒミツの花園」と「エライところに嫁いでしまった」はリタイアします。特に「エラ嫁」は見ていて自分が辛くなる(苦笑)。

さて先週放送で思わず春子にキスしてしまった東海林さん!その後の反応は・・・予想通り"相手にされない"でしたね。その後の東海林さんの立場は!?みたいな感じですが、春子らしい行動に爽快感すら感じてしまう(笑)。
でも、その後まともに春子と接することができなくて急にオドオドしてしまう東海林さんがエラく可愛いんですけど!!特に相変わらず毒舌な春子にガツンと言うつもりが
「忙しいんで要件は早く言ってください」
と逆に迫られてすごすご退散してしまうシーンが好きですね~。なんだかこのドラマ見れば見るほど大泉洋さんが可愛くて仕方ない(笑)。

そのあとも自分の携帯番号を無理やり春子に渡してドキドキしたり、ロシアの商談で自分のカッコいいところ見せようとしたり、なんともベタな恋愛しちゃってる東海林さん
印象的だったのは寒空の下で春子と話し合うシーンかな。頑なに心を閉ざしている春子に
「一緒に働くってことは一緒に生きるってことだろう」
「オレは2ヵ月後にはもっとアンタのことを好きになっているかもしれない」

と熱弁を振るう東海林さん。この台詞はなんだかとても心に響きました。不器用だけども一生懸命な東海林主任・・・私だったら絶対グラっとくるところなんだけど(爆)、春子はそれでもチラリとも心を開かないんだよなぁ。くしゃみを一緒にして思わず笑ってしまう東海林さんにも一瞬たりとも笑顔を見せない(苦笑)。見れば見るほど応援したくなるキャラだ~東海林主任~

この時の話し合いが原因で熱風邪引いてしまう二人。会社を休んだ正社員の東海林さんに対し、派遣社員の春子さんはふらふらになりながらも出勤!すごすぎるぞ!!しかもバイク飛ばして会社の窮地を救うなんてあり得ないけどカッコイイ(笑)。
その後、風邪が回復した春子はスーツのポケットに入っていた東海林さんからの携帯番号メモを見るんですが、ここがまたとても印象的でした。メモには
"くるくるパーマけいたいばんごう"
って書かれてあっるんですよ~(笑)。もうそれだけで顔が浮かんじゃうよ(笑)。可愛いなぁ~ほんと。東海林さんが可愛いのか大泉さんが可愛いのか、分からなくなってきた
で、それを見た春子は東海林さんから言われた言葉を回想するんですよね。そのあとメモを捨ててしまったけれども、少なからずあの時の東海林さんの言葉は春子の胸に届いていたって思っていいんでしょうか。そうあってほしいなぁ~。

最後は「キス事件」を春子がバッサリ
「そこら辺に飛んでるハエが唇に止まっただけ」
と斬り捨てたところで、結局またキレてしまう東海林主任なのでした(笑)。ガンバレ、東海林主任~~

来週も目が離せませんっ!


ちなみに、冒頭で正社員と派遣社員の結婚式混乱シーンがありましたが・・・イマドキ正社員側の親が「派遣だ何て聞いてないぞ」と吹っ掛けることなんてあるんでしょうかねぇ。
今のダンナ、派遣先の会社で知り合って結婚したんでドラマのカップルと同じパターンなんだよな・・・私(笑)。ちなみにその2年後に同じようなカップルがもう1組できたそうな。雇用の待遇では確かに格差はあるけど、恋愛部分・・・というか結婚で派遣と正社員の格差っていうのはないと思いますし、そうであってほしいと思います。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ハケンの品格

[ 2007/02/02 14:57 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(0)

『ハケンの品格』6話 残業バレンタインと涙

先週の感想を書いていませんでしたが、しっかり見ておりますよ~『ハケンの品格』!ちなみに前回のツボは春子(篠原涼子)を助ける東海林主任(大泉洋)。あれを見て”いいぞ、東海林~”と感動したんですが(笑)、春子は「ばっちぃ」の一言を残し去ってしまったんですよね。いつまでも報われず空回りな東海林くんでした(苦笑)。

で、今週もやっぱりこの二人はガンガン言い争い状態(笑)。バレンタインのチョコ販売会場の控え室で「義理チョコ」論議をしていたんですが、春子がマイクの電源を切らずにいたためその内容がすべて現場に丸聞こえ状態。あんなに完璧主義だった春子なのにあんな初歩的なミスを~。でも、それを忘れてしまうほど東海林さんとやりあうってことは・・・春子自身、ひょっとしたら心の気づかない場所で彼とのバトルを楽しんでんじゃないのかなと思ったりしてしまいました。
でも、このせいで義理チョコ買いに来ていた客がみんな引いてしまうんですよね(苦笑)。・・・っていうか、そこに来ていた客がほとんど派遣社員だって言うのはありえないんじゃないか~~里中(小泉孝太郎)くんっ(笑)!

それにしてもこのバレンタイン騒動は笑えたなぁ。春子の無表情被り物(キグルミを思いおこさせるようなハート型 爆)アナウンス、最高です(笑)。よくあの無表情でよくあんな可愛い声が出せるよなぁ。
それから東海林主任の書いた原稿・・・
「人生色々な人に送る島倉チョコ」(←島倉千代子と掛けてるらしい)
っつうのはどうよ!!??もろオヤジギャグじゃないですか(笑)。この一文をすっ飛ばして春子が読んだことが騒動の発端だったんですが、春子はあれは読みたくなかっただろう~(笑)。

で、大量に売れ残ったチョコに大ショックのチョコ会社の社長さん。契約は打ち切るという剣幕に必死に土下座して謝る東海林主任の横には春子の姿も。これが、初めての残業ですね~。仕事で失敗してしまったことを彼女はものすごく悔やんでいたわけで・・・残業時間が過ぎていることなど頭の中には入っていなかった。春ちゃんのそういうところ好きだなぁ
で、謝っている最中に社長の娘さんが産気づいて・・・ここから春子の出番!なんと、助産師の資格も持ってるんですか!!??あ、ありえねぇ~~!でもテキパキと対処する姿は非常に逞しく、オタオタしながら指示に従ってしまう東海林主任はまたまた可愛かったりしたのでした(笑)。無事に生まれた赤ちゃんを見て「よかったぁ~」と喜んでいる東海林さんの姿も萌えでした(笑)。

そして再び会社に戻った春子。あの時間帯に春子が会社にいるなんて!
で、この展開は読めてしまったんですけど(苦笑)14日は春子の誕生日でもありマーケティング課のみんなでお祝い。テンション上げるのに例のハートの被り物している里中主任!!(笑)・・・あれ、かなりウケました(笑)。しかし、マーケティング課のお祝いムードを無表情で一喝してしまう春子。「あなたの親切は気持ち悪い」と言われてしまった里中くん哀れ。それでもなんとかバースデーカードは彼女の手に渡したんですけど、春子が怒って帰ってしまった後の雰囲気ってビミョーーだっただろうなぁ(苦笑)。

会社では一喝していましたが、バス停でカードを広げる春子にちょっとした変化が。カードにはマーケティング課+東海林主任の温かいメッセージの寄せ書きが・・・。今までこんな温かさにふれたことがなかったのかな。春子の目には。私は特に先週春子に救われた小笠原さん(小松政夫)
「春子ちゃんは本当は良い子なんだよね・・・」
っていうメッセージがジーーンときたなぁ~。ツボだったのは東海林さんの
「ウェービーなタフガイ(+自己満足なイラスト)」
でした(笑)。大泉さん、イラストがナイスでしたわ(笑)。なんだかんだ大喧嘩してもやっぱり春子のこと気になってるんですね。

これから少しずつ春子が変わってくるのかな。来週も目が離せません!
そういえば、今回は板谷さん演じる黒岩さんが東海林主任に矢印が出ているようなシーンが何度かあったなぁ。私としては春子と東海林くんにいい雰囲気になって欲しいんですが・・・どうなるのかな?

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ハケンの品格

[ 2007/02/15 15:41 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(2)

『ハケンの品格』7話 企画コンペに恋は厳禁

遅くなりましたが『ハケンの品格』7話感想です(リアルタイムで見ているんですけどね 笑)。今回のストーリーは色々とちょっと考えさせられました。

まず最初の春子と東海林主任のやりとり、これがますます面白くなってて笑えました~。ここまでくるともう夫婦漫才のようですな(笑)。何かと春子に食ってかかって来る東海林さんに
「とうかいりん主任!」(←音読み 爆)
いや~、春子さん、だいぶこの会社に馴染んできたんじゃないですか(笑)。それに対して東海林さんも
「だいぜんしゅんこサン!」(←音読み返し 爆)
と切り返し。うーん、面白かった~。

それから何だかんだ春子にケチつけていながらも派遣にたいする意見が一致するや否や突然コロッと態度軟化させる東海林主任、すかさず自分の企画を春子に見せるんですが・・・
”ツネさんvsハルちゃん どっちが解体うまいでショー”
・・・案の定バッサリ春子さんに斬られておりました(笑)。もう、東海林さん、単純すぎだよ~。春子のこと、やっぱり気になっているんでしょうけど企画書に堂々とそれ載せちゃうとはねぇ。とても仕事の出来る男のやる業とは思えん。まぁ、そこが可愛いところでもあるんですけどね。

で、今回は企画書を派遣の美雪が提出したことが大問題に。この事件で社員と派遣の差別がクッキリ出ていました。社員の作った企画書は通らずに派遣が作った企画書がベスト5に生き残ってしまうという事態が会社に知られて美雪は危機的状況になります。よってたかって美雪を罵倒する正社員たち・・・あれはちょっとヒドイと思いますね。春子の言うとおり
「自分たちが選ばれなかったことに対して派遣に八つ当たりするのは最低」
ですよ。社員は派遣よりも偉くなければいけないという意見もちょっと違うと思うんだよなぁ。あそこの社員達とは一緒に働きたくないなぁと思ってしまった。
ただ東海林主任なんかはかなりその典型でムカつくこともあるんですが・・・やっぱり大泉さんが演じていると憎めない(苦笑)。今回かなりセコイ展開だったのに・・・憎めない(苦笑)。

でも、派遣が「恋心」で企画書を提出するっていうのも立場的にやっぱり問題ありだとも思います。派遣は3ヶ月の更新でいつ斬られるか分からない。その立場も考慮するとあまり出しゃばった行動はよくない。社員よりも劣っているという意見は間違っていると思いますが、派遣には派遣の領分というものもある、というのも分かるんです。なので今回は春子の意見にかなり頷いてしまいましたね。

それにしても今回の一ツ木さん、カッコよかったなぁ~。毎回ピンポイントで良い味出してましたが今回は格別でしたよ。あんな丁寧に派遣さんをフォローしてくれるなんて・・・今どきあんな親身になってくれる担当営業っているのかな。
私が派遣社員をやっていたとき、確か4箇所くらいの会社に派遣されたんですが・・・最初に担当してた営業は最低でしたよ。電話してもいないし、派遣先にはほとんど顔出さず、フォローも全くしてくれませんでした。放って置かれたって感じだったかなぁ(苦笑)。でも最後に派遣されたところの営業さんは良かったかも。何度か会社に来てくれたし相談にも乗ってもらいました。一ツ木さんほどではありませんが(笑)気にしてくれていたのは嬉しかったですね。

美雪のクビになる危機を救ったのは優しいだけの里中主任ではなくやっぱり春子でした。でも、初期の頃の春子だったら美雪を助けるところまで行かなかったんじゃないかな。やはり前回の誕生日祝いの一件が春子を少し変えたのではと思います。
ブラックな部分が出てきた桐島部長剣道で対抗。素晴らしいです、春子さん!あのまま行けば確実に勝てたものを、部長に恥をかかせないようにわざと負けるあたりまた憎いですねぇ。

さて次回はハケン弁当事件の続き。何やら東海林さんと里中くんが取っ組み合いの大喧嘩になりそうですが・・・うーーん、楽しみ!!


※黒岩さん役を演じている板谷由夏さんがご結婚されたとか。おめでとうございます。ドラマの中での板谷さんも今後どうなるか気になるところですね。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ハケンの品格

[ 2007/02/26 20:51 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(1)

『ハケンの品格』8話 派遣にプロポーズ

いよいよ架橋に入ってきた『ハケンの品格』ですが、このドラマ10話しかないんですよね・・・。毎週本当に楽しく見させてもらっているので話数が少なくて本当に残念

今回は前回から引き続き「ハケン弁当」エピソード。この話は最終回まで続いていきそうな感じですね。
まずは楽しかったシーンから。

最初の車で営業に行くところ(帰りかな)。春子の慎重すぎる運転に思わずウケちゃったんですけど、その車が煙吹いて突然止まってしまい春子が整備し免許を持っていると信じた一行が彼女に助けを求めるシーンはもっと笑えました。いつもすごい資格を持ってビックリな春子ですが、整備士の免許はなかったんですね。車を結局バラバラにしてしまって定時の6時を迎え・・・
「精一杯キャラは尽くしましたので失礼します」
とそのまま帰ってしまうという、なんともお粗末な結果に(笑)。

また、ハケン弁当アンケート取りに皆と出かけようとしたところ
「大前さんは笑顔が怖いから集計担当で」
と一緒に連れて行ってもらえなかったり、ハケン弁当のイメージイラストが幼稚園から小学生レベルで取り乱してしまったり(大事なアンケート裁断しそうだった 笑)・・・とにかく今回は大前春子の意外な一面が随所に見れてとても面白かったです。こういった弱みがあるとなんかホッとしますね。可愛いです、春ちゃん

あとはやはり東海林主任と春子のバトル。今回はあまりなかったけれども「ストレートパーマ」論争はウケました。東海林さん、一度ストレート挑戦して失敗したらしいです(笑)。それを必死にアピールする東海林を止める里中くんですが、大泉さんのアドリブともいえる必死の抵抗に抑えながら小泉くん笑っちゃってましたね。

と、面白シーン色々あったんですが・・・第8話は東海林主任が本当に切なくて切なくて・・・胸を痛めながら涙目で見てたんですよ。登場した時から非常に痛々しい表情だった東海林主任。前回マーケティング課発案のハケン弁当を担当するように部長から命令されて以来ずっと悩んでたんですね・・・。

さらに今回は部長から出世に繋がる縁談を持ち掛けられてさらに悩んでしまう東海林主任。見合い相手の前で思わず出てしまった里中くんや春子のエピソードに思わず言葉を詰まらせてしまった姿がまた切なかった・・・。もやもやした気持ちのまま春子の元へ行った東海林さんですが、相変わらず冷たい彼女。でも、春子が東海林さんに浴びせた言葉というのはすべて図星なことで・・・またどんどん切なくなっていくんだよなぁ。
「迷子の仔犬みたいなケンちゃん(里中)」
っていつも言ってたけど、今回は東海林さんのほうがずっと迷子の仔犬みたいな表情だった

それでも思い余って
「オレが結婚したいのはお前だ」
と春子に告白した東海林さん。春子の反応は予想通り冷ややかだけど、以前までとはちょっと違う反応を見せてましたね。たぶん、彼女なりに東海林の心の中の葛藤を感じ取っていたんだと思います・・・というか、そうであって欲しいな。

しかし、さらに追い討ちかけるように部長から「里中は飛ばす」と告げられてしまう東海林主任!ただでさえ里中くんに負い目感じているのにそれはないよ、部長~~。ますます悩みを深め痛々しい東海林さんに何も知らない里中君は健気に「大丈夫?」と心配してくれる。こういう時ってそういう優しさがかえって辛くなったりするんですよね。涙を流しながら
「もっとうまく立ち回れよ!!」
と里中くんに必死に訴える東海林さんが本当に哀しかった。それでも「僕は東海林さんになれないよ」と弱々しく言う里中君に耐え切れず
「ハケンは利用するだけ利用するものだ」
とわざと挑発する言葉を投げつけてしまい・・・ついに里中くん爆発。ついでに春子への恋心も東海林さんに打ち明けちゃう里中くん。その後二人は大乱闘で会社の中はめちゃくちゃ(苦笑)。
でもこの乱闘シーンは見ていて本当に痛々しくて切なくてウルウルしてしまいました。東海林さんはケンちゃんが本当はとても大事な存在、だからこそ今回の乱闘のきっかけを作ったんですよね。そう考えると胸痛みました・・・。

そして、翌日の「ハケン弁当」プレゼン。東海林さんはついに
「この企画は里中賢介とマーケティング課のものです」
と初めて部長に、会社に反抗してしまいます。この台詞を言うのって今まで会社のしがらみに縛られて必死に喰らいついていた東海林にとっては本当に勇気がいることだったと思います。その言葉はとても力強くて、そしてなんか哀しかった・・・。

雨の中を外に出た東海林さんはさらに春子に出した「結婚アンケート」の回答書を見つめるんですが・・・そこに書いてあったのは彼を否定するもの。で、「ハケンのくせに生意気なんだよ」と呟いて道端にアンケート捨てちゃうんですけど・・・なんと裏には喉から手が出るほど欲しかった春子の携帯番号が書かれていたんです!!これは驚きました。やはり春子は徐々に東海林さんに心開いてたんてですね。
でも、でも、それに気づかず去ってしまう東海林さん~~

裏、裏見て~~~~!!!

とこのドラマを見ていた何人が思ったことでしょうか(笑)。切な過ぎるよ、東海林主任。春子ちゃんは本当に少しだけど東海林さんに心開いてきているんだよ~~
なんとかこの二人が交われるきっかけできないですかねぇ・・・。ますます応援したくなってしまうよ、東海林さん。

次の水曜日がますます待ち遠しくなってしまいました!

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ハケンの品格

[ 2007/03/03 18:57 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(0)

『ハケンの品格』9話 スーパーハケンの過去

もう前回終了から次のストーリーが気になって仕方がない『ハケンの品格』(笑)。はぁ~・・・本当に終わってほしくないドラマだなぁ。

ついに会社に反旗を翻した東海林さんは春子からの”結婚アンケート”NOの返事を見て切なく姿くらましてしまいました。で、東海林さんが裏を見ないで捨ててしまったアンケートをなんと小笠原さんが拾ってしまった(笑)!「ありえねぇぇ~!!」とツッコミながらも笑ってしまった
当然マーケティング課はこの話題で持ちきりになるのですが、裏の携帯番号に気づかれたときに美雪ちゃんが春子を庇ってシュレッダーにかけちゃいます。哀れ東海林・・・これでまた春子の携帯番号は闇の中(笑)。

プレゼンは結局里中主任が急遽任される事になり、見事にハケン弁当の企画は採用決定。喜ぶマーケティング課のなかで一人何となく気になる表情をしていたのが春子さん。彼女はきっと東海林がこういう行動をとることをなんとなく予測していたんでしょうねぇ・・・。心なしか彼のことを気にしているような!?(←そうあってほしいんだけど)
プレゼン成功して喜んでいる最中、里中君は今回の顛末を初めて部長から聞かされてショックを受けます。東海林主任・・・辞表出してしまったんですね。そうさせた原因の桐島部長もなんだかちょっと寂しそうだったり・・・。
里中君は東海林主任が好きだった黒岩さんと一緒にマンションを訪れるも反応無し。心配する二人・・・というか、黒岩さんは何も言わずに去ってしまった東海林さんにかなりご立腹(笑)。でも内心はすごく複雑なはず。そんな微妙な女心が出ていてちょっと可愛かったです

一方春子はマネージャーの一ツ木さんから契約更新を頼まれるも、いつものように冷たく拒絶。派遣さんに対してあそこまで下手に下手に出てる営業さんっていないんじゃないのかなぁ(笑)。しかもなんか半分恐がってますしね、一ツ木さん(笑)。このあたり、安田さんの演技が絶妙で面白い出番は多くないんですがいつもいい味出してるんですよね~。

ある日行方不明の東海林主任から里中君に留守電メッセージが。
「会社は自分がいなくなって大変なんじゃないか?」
と言ってはいるものの、彼がいなくても会社は普通に回転して東海林さんを気にかけている様子はなし。結局心配してくれているのはマーケティング課だったりするんですよね。それでも東海林さんは自分はヘッドハンティングされてバリバリ働いているから心配するなと嘘のメッセージ入れてるんだよなぁ。
「なんてったってウェイビーなタフガイだからさ」
とバレンタインのときにも出てきたフレーズまた言っちゃってるし(苦笑)。しかも内緒にしてって言ってる春子へのプロポーズ事件はとっくに会社に広まってたりする(笑)。もう東海林さんのメッセージのすべてが空回りしまくってるわけですよ。聞いてるこちらが切なくなりますよ。里中君が迷子の仔犬みたいな表情になるのも分かるなぁ~。

東海林主任が現れないままハケン弁当試食販売会の日を迎えます。やたらサバ味噌にこだわる春子さんがなんだか笑えます(笑)。何か深い思い入れでもあるんでしょうか?準備をしている間、東海林がこなかったことにガッカリするマーケティング課(春子除く 笑)。春子と東海林のバトルがないと寂しいという浅野君の言葉を聞いた里中は突然
「とっくり!!」
と春子に向って叫んじゃう(笑)。これ面白かったなぁ~!近君や浅野君からツッコミされまくって落ち込んじゃうんですが(可愛かったけど)、里中君は本当に「ツッコミキャラ」似合わないねぇ(笑)。やっぱり「とっくり!!」って春子に言えるのは東海林さんしかいないんだって今さらながら気づかされてしまいました。

いよいよ試食販売というとき、たまたま流れてきた一枚のファックスを見つける春子さん。それは東海林さんから届いたハケン弁当アナウンス用の原稿・・・。原稿を見つめながら春子さんは何を思ったのかな?以前までだったら絶対捨ててたと思うんだけど、彼女は嫌がっていた弁当の被り物をして里中君が事前に用意した原稿ではなく東海林さんが送ってくれたファックス原稿を読むんですよね。このあたり、だいぶ彼女は東海林さんに心開いているように思うんだよなぁ・・・。
原稿の内容は東海林さんらしく
「落ち込んだときにはドンマイ弁当、タイに行きたいときはチェンマイ弁当」
などわけ分からん笑えるものだったけれども(笑)、でも、それを読んでくれた春子を見てなんだかとても温かい気持ちになりました。

で、今回の副題は「スーパーハケンの過去」なのですが・・・春子が休憩を取っている間に元同僚さんが現れてようやくその話題に。元同僚役が石田ひかりだったのにちょっとビックリ。久々に彼女見ました(笑)。そういえば昔「輝く季節の中で」ってドラマで篠原さんと共演してるんだよね。
里中はその同僚から春子が昔銀行に勤めていた頃、統廃合でリストラされてしまったことを聞きます。銀行時代は明るくてカラオケ好きという今ではちょっと想像つかない性格だったことを知る里中くん・・・。でも、みんなから頼られるっていうのは「今も同じですよ」と答えるシーンがなんだかすごくジンワリきましたね。
で、石田ひかりの出番はこれで終わり!?なんか最終回にも出てきそうな感じはあるんですがどうでしょう。

試食販売会は盛況のうちに売り切れるのですが、4月からコネ入社で入ってくるという浅野君のバカ後輩が連れてきた犬が逃げてしまい大騒ぎに。このバカ後輩を演じてたのが斉藤祥太くんだったんですが・・・あまりにも非常識キャラで見ていてかなーり腹立たしかったです(苦笑)。春子が言うように、あんな非常識正社員を入れなければいけない会社に同情しますよ。
このワンコの名前が”クルクル”っていうのがまたウケます。最初にこの名前を聞いたときみんな東海林主任のことだと思ってキョロキョロしてましたからね。すっかり「クルクルパーマ」が定着してしまったようで(笑)。このクルクルちゃんがめちゃくちゃ可愛くてお利口なのでビックリ!まさに名演技でしたよ。

そのクルクル、なんと春子と一緒に東海林主任まで探し当てちゃうんだからすごい!再就職がことごとく失敗して落ち込んでるところに猛ダッシュするクルクルにビビリまくりの東海林主任・・・っていうか、大泉さんの素だね、あれは(笑)。聞くところによると大泉さん犬が大の苦手ということでまさに迫真の演技(?)だったようです
相変わらず二人は顔をあわせると言い争いが始まってしまうのですが、二人ともなんだかその会話を楽しんでいるような感じがします。
「そのヘッドがハンティングされるわけないでしょう!!」
「クルクルパーマは古巣に戻りなさい!!」

と春子から一喝された東海林主任。春子の後ろ姿を見送りながら
「とっくり・・・オレは犬じゃないんだよ」
と呟く姿がなんだかとても可愛かったなぁ。不器用ながら会社に戻ることを説得してくれた春子の気持ちが伝わったような感じでしたし・・・春子も心なしかなんだか微笑んでる。やっぱりこの二人はお似合いだと思うんだよなぁ。

すっかりあたりが暗くなった頃に仕事が終わって東海林さんの元に駆けつける里中くん。東海林さん、春子に「そこで待ってなさい!」と言われて素直に何時間待ってたんだ!?(笑)
「一緒に働くことは一緒に生きることだって言ってたじゃない」
と里中くんに励まされてウルウルしてしまう東海林さんがまた可愛いし切なかったです。もう東海林さんが涙目になるとこちらもなんか泣きたくなっちゃうんだよなぁ~~。東海林さんもすっかり迷子の仔犬になっちゃってるよ。
で、その後アンケートの裏側に春子の携帯番号が書いてあったという衝撃の(笑)事実を知らされた東海林は大ショック!
「ば、ば、番号何番!!??」
と里中君に食いつく姿がなんとも滑稽で笑えました~。シュレッダーでなくなってしまったことを知ってクルクルパーマかきむしって悔しがる姿も可愛い。このところ大泉さん演じる東海林主任に萌えまくりです(笑)。

里中君から春子の過去を聞いた東海林さんは
「オレは木っ端微塵にフラれたけど賢ちゃんはまだ何もやってないぞ」
と背中を押してあげます。春子さんのこと、賢ちゃんに譲るつもりみたいだけど・・・本当に諦めちゃうの!!??
そしてたまたまバス停で春子と一緒になった里中くんは
「僕にはあなたが必要なんです」
と熱く説得。この言葉は春子の胸にもかなり響いたようですが・・・。

ついに次回最終回ですよ~。最終回のヒントは主題歌にありってことらしいけど、うーーん、そこからもう一歩進んでほしい!!
見えない星見えない星
中島美嘉 長瀬弘樹 羽毛田丈史


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラストで流れる中島さんの主題歌です。これを聞くたびになんだかとても切なくなります。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ハケンの品格

[ 2007/03/09 18:36 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(0)

もうすぐ最終回かぁ・・・

いよいよ本日『ハケンの品格』最終回ということですが・・・早いなぁ。最初に見始めた頃はこんなに激ハマリすると思わなかったので(笑)とても寂しいです。

番宣のために『ズームインSUPER』篠原さん、加藤さん、小泉くん、大泉さんが生登場してました。なんかドラマ以外でこの4人が並んでいる姿を見ると妙に嬉しかった・・・。
篠原さんはクランクアップで泣いた映像が映ると恥ずかしがって加藤あいちゃんに抱きついてて可愛かったなぁ。大泉さんは東海林さんキャラで小泉くんや篠原さんにツッコミ入れてて面白かったし(笑)。チームワークの良さが画面から滲み出ていました(でも大泉さん、回転椅子に座ってるとき終始落ち着きがなかったぞ 笑)。それだけに彼らが見られなくなるのはやっぱり寂しい。

『ハケンの品格』を見ていて不覚(?)だったのは大泉洋さんのイメージが嘘みたいにアップしてしまったことかなぁ。今まではオモロイ北海道のお兄ちゃんって感じで見てたんですが、このドラマで彼の俳優としての魅力にものすごく惹かれました。ちょこっと調べたところ、大泉さんは私と同い年じゃないですか!ますます親近感が・・・。今に私も大泉さんのことを『洋ちゃん』と呼んでしまう日が来るんだろうか(爆)。
今後は彼の記事を書くことも多くなるような気がします。

今日は一層気合入れてテレビの前に・・・と言いたいところですが観劇予定があるので明日録画DVDをしっかり見ることにします。途中から見ると感動がマックスにならないような気がするし(笑)。ドラマ感想はまた見てから書きますね。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ハケンの品格

[ 2007/03/14 14:59 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(0)

『ハケンの品格』最終回 契約終了!…スーパー派遣最後のスキル

いつもリアルタイムで見ていたのですが、最終回だけは外出中で見れず・・・ようやく先ほど鑑賞いたしました。
なんと、最終回の関東の視聴率は26%だったそうですね!このドラマ離れと言われていた時代、キ●タクなどアイドル役者を使っているわけでもなくこの数字を出すとは!本当に素晴らしいです。見続けてきてよかった・・・ハケンの品格。ありえない展開も多かったけど、それでも本当に面白かったですものね。キャストやスタッフの皆さんもとても良いチームワークだったようですし、すべてにおいて素敵なドラマだったんだよなぁと改めて思います。

2週間分のテレビ雑誌では54分の最終回になっていたのを10分拡大にしたというのも人気の高さが伺えます。しかも、大泉さんは放送週の日曜日、篠原さんは翌日の月曜日がオールアップだったとか!!大泉さんは北海道向けのラジオを撮影の合間に東海林主任の格好で放送してたらしいし(証拠写真まであるよ 笑)、篠原さんはオールアップの時に『家族みたいだった』と涙を流してました。みんなそれぞれこのドラマを愛していたんだなぁと思うとなんだか我がことのように嬉しいです。

さて10分拡大の最終回ですが、全体的にはとても面白かったです。里中くんも森ちゃんもそれぞれちゃんと成長していましたし、何より彼らになかなか心を開かなかった春子が最後にそれぞれ自分の想いを伝えていたことが嬉しかったな。特に森ちゃんが辞める日に「働くことは生きること」と励ましのメッセージを言ってあげたシーンがとてもよかった!ここは私も感動してウルウルしてしまいました
里中くんは春子を引き止めることができなかったけれども、彼女がいなくても立派に成長していてなんだか逞しく一回り大きくなったような感じ。「会社人間になるかも」という桐島部長の言葉どおりにならず、人を思い遣る心を忘れずにいてくれたのもよかった。社長賞授賞式で、ハケン弁当に携わった人たちへ・・・特に派遣社員の人たちへの感謝の言葉はとても感動的でした。

春子と敵対していた黒岩さんですが、最後は彼女も春子を認めることになり笑顔でむきあえるようになってましたね。東海林さんが好きだったみたいだけど、最終回はなんだか吹っ切れたような感じ。ウケたのは前回の非常識社員のナスダくんを本気で平手打ちしてたシーン(笑)。あれは見ていてスカッとしました。
小笠原さんはなんとパソコンを覚えて頑張っているじゃないですか。その頑張っている姿がなんだかとてもよかったなぁ。
近くんは違う派遣先に行って頑張るようですが、最初は嫌味言われたりしててちょっと辛そう・・・。でも彼のスキルは相当だと思うのでいずれ認めてもらえるんじゃないかな。なにげに近くん好きだったので本当に頑張ってほしいです!
浅野君は里中君と一緒に営業部でバリバリ頑張ってますね。森ちゃんがまた正社員目指してS&Fにきたみたいだから、今度こそアタックしてほしい。
一ツ木さんはますます素敵な営業さんになってましたね。あんな親身になってくれる派遣の営業っていないんじゃないかってくらいですよ。安田さんの演技が絶妙で本当に毎回楽しませていただきました。

で、なんと言っても気になっていたのが東海林さん。会社に逆らったということで、里中君が飛ばされるはずだった名古屋の子会社に左遷されてしまいました。東海林さんが会社を去った時点でなんとなくこうなるんじゃないかなと予測はしていたのですが本当に飛ばされてしまうとは・・・(苦笑)。しかも、意気込んで挨拶してみたもののスタッフからは冷たい視線を浴びて肩身の狭い立場に最初から追い込まれちゃう。
今まで派遣社員に対して差別的なことをしてきた東海林主任が今度は自分がその立場に立ってしまったわけなんですよね。なんとも皮肉なことですが、それも東海林さんにとっては必要なことだったのかもなんて思ってしまいました。

しかしここで金子賢さんを見ようとは(苦笑)。確か彼、格闘技の世界一色に染まるって言ってなかったっけ?諦めたのかな。でもそんな金子さんに睨まれる大泉さん・・・いや東海林さん、お気の毒です(笑)。怯えまくってましたね

でも、周りがみんなで集まってお昼食べているのに東海林さんだけ一人デスクでヤキソバパンをかじっている姿はあまりにも切ないっっ!!なんともいえない寂しそうな顔してるのでどうしたって同情してしまうんだよなぁ。このあたり、大泉さんの演技が本当に憎いほど巧い
寂しさ紛らわすのにパソコンから里中くんに「大前春子引止め作戦」なるものを指図しているんだけど、それもなんだか姑息なものばかりですべて空回り(苦笑)。でも、「サバ味噌作戦」とか「黒岩作戦」とか・・・東海林さんは本当に春子のこと見てたんだなぁってちょっと嬉しくもありましたね。

そんなある日、疎外感に耐えられなくなった東海林さんは思い余って里中くんに弱音メールを送っちゃう。それを消してくれと電話したところ出てきたのが春子。森ちゃんに代わってという東海林さんでしたが、春子は森ちゃんを呼ばずに妙な声色を使って森ちゃんになりきって東海林さんと電話で話し続けるんですが・・・春ちゃん、それ、全然似てないよ(笑)!メイキング見たときに後ろで小泉君たちが笑っていたんですが、あれは本当に笑えるわ。でも、それを信じちゃう東海林さんもかなり鈍感ですなぁ(笑)。
で、森ちゃんに成りすまして電話に出ている春子ですが・・・
「春子先輩に代わらなくて本当にいいんですか」
とか言ってなにげに東海林さんにアプローチかけてるところが可愛い!それに対して東海林さんが
「とっくりがそう言えって言ってるのか?」
と返すんですが、
「ぜーんぜんっ」
と意地張って春子は電話を切ってしまうんですね。気にしてるんだなぁ、東海林さんのことって思うとなんだか嬉しくなります。でもそんな彼女のことを知る良しもない東海林さんは
「だったら聞くなよ」
と電話を切っちゃう。このあたりの台詞にも春子への未練が感じられてなんだか切なかった・・・。

で、その弱音メールがまた切ないんだよなぁ。『ハケンの気持ち』がイヤでも身に染みてしまう東海林さん。
「賢ちゃんは見捨てないでいてくれるよな、ね?」
っていう台詞がなんともいえず切ない!大泉さんの読み方が特にそう感じさせるんですよね。春子も「情けなっ」と呟きながらも気にしている様子・・・。

そして春子は契約終了してスペインへ行ってしまうんですが、なんとそこに第4話で東海林さんが半ば無理やりに渡した「クルクルパーマケイタイばんごう」持ってきていて電話しようとしてるじゃないですか!やっぱり気になってたんだよね、東海林さんのこと。春子は情が深いから・・・。その気持ちだけでも嬉しかったです。それにしても春子、3ヶ月間でゴミはあれだけ!?東海林さんのメモ捨てたのってだいぶ前だよねぇ(苦笑)。それが残っていたのにビックリしてしまいました

相変わらず職場では村八分で気の毒な東海林さん。今までのツケが回ってきたとはいえ、なんともその姿はかわいそ過ぎて見てられない・・・。他のみんなはそれぞれの道をちゃんと歩いて前に進んでいるのに東海林さんだけが取り残されちゃってるんですよね。でも、表の求人広告・・・あれは笑ったなぁ。どのフレーズにも春子に関する情報がカッコの中に入ってるんですよ(笑)。もう春子に対する未練タラタラ。そんなところが憎めないんだよなぁ。

そんな東海林さんのもとになんとスペインにいるはずの春子が現れた!実はそんな展開になればいいなぁと思っていたので、実際にそうなってくれたのが本当に嬉しかったです!!
今回は一ツ木さんのところを介していないということは、春子の意思で東海林さんのところに来たってことなんですよね。相変わらず夫婦漫才みたいにやりあってる二人だったけれども
「今度はあなたに社長賞を取らせます」
という春子の台詞にウルウルとしてしまう東海林さんが最高に良かった!
「雇っていただけますか」という言葉に
「当たり前じゃねぇか・・・。宜しくお願いします」
と素直になる東海林さん。これって見方によればものすごく遠まわしなラブシーンですよね。東海林さんの気持ちは春子に確実に響いていたってことで、それがなんだか無性に嬉しかった

そのあとキスシーンか!?と見せかけといて、春子は東海林さんの眉毛抜いて「眉毛はクルクルパーマじゃないんですね」と(笑)。そこでプッツンしてしまった東海林さんはいつものように春子に食って掛かる。もうこのドラマの王道ですよ(笑)。この二人はこういう風にやりあいながらお互い向き合っているんですよね。楽しいラストでよかった!

でも、本音を言えば・・・もう一歩踏み込んだ二人が見たかった!!

ということで、あのラストはいくらでも続編できそうな感じだったので早いうちに是非実現させてほしいです。春子と東海林さんにはハッキリとした幸せの形をみせてほしいんで・・・。宜しくお願いします!!

それにしても春子の最後の資格ラッシュはありえなさ過ぎて笑えました。スカイダイビングもビックリしたけど、ふぐ調理師、理容師、ヒヨコ選別、あんま師、果ては核取り扱い!?ありゃ東海林さんならずともツッコミたくなりますわね(笑)。


あ~本当にいいドラマだった!ものすごく熱中させてもらいました。篠原さん、大泉さんが特に最高だった。『ハケンの品格』本当にありがとう!!あ~来週の水曜日から寂しくなるなぁ・・・。



『ハケンの品格』サウンドトラックでドラマ終了の寂しさを紛らわそう~。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ハケンの品格

[ 2007/03/16 00:04 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(0)

ハケンの品格DVD-BOX

前クールで私を熱狂させたドラマ『ハケンの品格』のDVD-BOXが我が家にやってきました~!!テレビ放送も1話から欠かさず録画していたんですが、キレイ画像+特典が欲しくて・・・ついに購入してしまったわけです(笑)。


ハケンの品格DVD-BOX
↑今回はAmazoneではなく楽天BOOKから購入しました。たぶん、楽天が一番安いです。今なら送料無料になります♪

まず届いてから見たのがDISC4に入っている特典“26分”とだけ表に書いてあったので「うーん、もう少し入れて欲しいんだけどなぁ」なんて思っちゃったんですが(苦笑)、見てみたら予想していたよりもなかなか素敵な内容になってました。テレビで放送された番宣部分も入ってましたが、ほとんどは初見のものだったのでよかったよかった。
主な出演者のインタビューが中心で、撮影時のエピソードとか相手の印象とか語ってくれてます。ネタバレになるので内容は詳しく書きませんが、現場がとてもいい雰囲気で進んでいたんだっていうのは伝わってきますよ。インタビューした時期がたぶんストーリー中盤くらいの頃なんじゃないかなぁ。できればラストの撮影終了風景とかも見たかったんだけど…。でも、久しぶりにハケンメンバーが見れてなんか嬉しかった

大泉洋くんもけっこう映ってました~。特に篠原さんとのやりとりのテストシーンは面白かったです(ホチキスの壁打ちとか 笑)。洋くんのリアクションにテストでは篠原さんもスタッフさんもかなりウケまくってて(笑)、やってる本人もなんかとても楽しそうでした♪最後のほうでは小松さんとハケンか正社員かで論議してます。二人ともけっこう熱く語ってますよ~。最後はグダグダになって洋くんも笑ってばっかだったけど(笑)。

ということで、まず特典から楽しんだわけですが・・・これから本編をもう一度最初から見直してみようと思います。つい先日シナリオドラマ7月号の中園ミホさん特集を購入したんですが、なんとここにはドラマの1~4話までシナリオが掲載されているんです!!ハケンファンにはたまらん企画ですな(笑)。最終回のエピソードもあってとても興味深かったですよ。オススメです。
ドラマ 2007年 07月号 [雑誌]ドラマ 2007年 07月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これ読みながらDVD見たらさらに楽しめそう♪♪
[ 2007/06/27 14:28 ] ハケンの品格 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。