FC2ブログ

エンタメ牧場

舞台・テレビ・映画・俳優など、エンタメ関連について無駄に熱く書き綴ってます
カテゴリー  [ 未分類 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テスト

携帯からテスト送信です
スポンサーサイト
[ 2005/08/31 10:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

朝ドラ「ファイト」佳境

一時期見るのを中断していたものの、今年の夏ごろから再びしっかり見るようになったNHK朝ドラ『ファイト』。主演優役の本仮屋ユイカちゃんのピュアな演技がなかなか可愛くて好感が持てますし、優の片想いの相手太郎役の瀬川亮くんも元気で爽やかな感じがいいと思います。そしてなんと言ってもこのドラマのもう一人(頭)の主人公であるサイゴウジョンコ。この馬がとにかく可愛くて…なんか見ているだけで泣けてきちゃうんですよね~。時々番組最後に流れる「サイゴウジョンコ応援歌」は頭の中をグルグル駆け巡っております(笑)。作曲家の榊原さんはスゴイっすねぇ~。
そんなサイゴウジョンコの物語もいよいよ佳境に入ってきました。競馬はうちのダンナが好きなので私も時々見るようになったのですが、G1レースっていうのは一級の馬が揃う最高峰のレースなんですよ。そのそれぞれの馬には色々な人の想いがあって…。競馬は華やかでそして時には残酷で哀しいものだと思います。そう思うと今日の展開とか来週の展開は私にとってかなりの泣きツボにはまるんだよなぁ。特に来週は毎日泣いてそう

さて、話は変わりますが今日はTBS『世界不思議発見』でオペラ座の怪人が特集されます。どんな特集になるのか楽しみです!ちなみにうちの親のためにパソコンでは『男はつらいよ』を録画予約(笑)。
[ 2005/09/03 09:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

大河ドラマ『義経』 -壇ノ浦-

毎週週間のように見ている大河ドラマ『義経』。去年の『新選組!』ほどは個人的に盛り上って見ていないのですが(苦笑)、九郎義経は好きな歴史上の人物ということもありDVD録画しながら見ています。タッキー、殺陣とかは美しいんだけど…やはり今ひとつ存在感がないのが気になるんだよなぁ。それと、個人的にはやはり86年放送の『武蔵坊弁慶』での川野太郎さん演じる義経が強烈に好きだったのでどうしてもそれと比べてしまうと盛り上れなかったりします(苦笑)。
でも、今日放送された『決戦・壇ノ浦』は全体的になかなか迫力があって良い回だったと思います。NHK、かなり頑張って作ったようですね(笑)。「驕る平家も久しからず」…平家の女性達の最期シーンが特に哀しく美しく印象的でした。松坂慶子さんの時子、エライ美しかったなぁ…。あれ、完全に滝沢義経を食ってたよ(爆)。『この世で見るものは全て見たり』と錘をつけて海へ飛び込む阿部知盛の散り様も哀しく美しかった…。と、全体的に見ると今日は平家側の勝利かなぁ。あ、ゴマキちゃんの能子、可愛かった
これから悲劇まっしぐらな義経…。タッキーの正念場となりますが頑張ってほしいところです。
[ 2005/09/04 22:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

秘太刀馬の骨・第3回

毎週金曜日に放送されている内野聖陽さん主演の時代劇。内野ファンの私も毎週DVDに録画しながら見てます。このドラマって毎回内野さん演じる銀次郎が立会いで負けてばかりいるという異色モノでけっこう面白いのです。今日の銀次郎も前半では思いっきり頭狙い撃ちされてノックダウン、後半は拳を砕かれノックダウンと散々な目に遭ってました(笑)。いや~内野さん、身体張ってますねぇ!殺陣も木刀なんだけど真剣で経ち合う以上の荒々しさがあって毎回とてもハードです。そんななかでもウッチーの剣(木刀)の構えはやっぱり美しい…
それからもうひとつの魅力は2枚目半的な内野さんの演技ですね。コミカルな表情が板についていて可愛い~(あのドラマでますます磨きがかかったか 笑)。いたずらっぽくニヤリと笑う表情も好きだなぁ。う~ん、あのトート閣下とは思えないぞ(笑)。やはり役者畑で育っているウッチーは上手いですね。魅せ方を知っているというか…。これだから内野ファンも辞められない(笑)。
[ 2005/09/09 23:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

さよならジョンコ~

NHK朝ドラ『ファイト』…ついにサイゴウジョンコが北海道の牧場へ旅立ってしまいました~。もう今週の展開は泣き所が多くて困ったんですけど(苦笑)、特に今日の優ちゃんとジョンコの別れシーンには泣きました。ほんとに弱いんですよ、人間と動物の別れって・・・。「ジョンコー!ありがとね~!」のあと優ちゃんが号泣しちゃってましたが、私も一緒に号泣しておりました(涙)。
ジョンコ、可愛かったですね・・・ほんと。武豊にも乗ってもらったし(本戦では負け馬だったのでありえないことだよね 汗)。来週からはもうジョンコ出番ないのかな?一番気になるのはあの番組最後に時々流れる応援歌。あれってジョンコ専用の(笑)歌だからもう流れないのかな…。忘れたくても忘れられないあの旋律をもっと聞いていたいぞ~!スーザンやタロウやジャックの歌もあればいいのにね(笑)。
さて放送もラストスパートです。今後は優ちゃんと太郎くんの関係がクローズアップされそうなのでこちらも楽しみです。

あ、太郎役の瀬川亮くんはさっそく舞台の予定が入ってますね。鴻上演出の『トランス』です。これ、かつては内野さんも出てたやつですよね。興味あるなぁ~
[ 2005/09/10 12:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

始まりました、水戸黄門!

いよいよ今日から『水戸黄門』が始まりました。夕方やっていたスタート前の特番では思っていたよりも合田雅吏さんの露出度が高くかなり楽しかったです。先週の土曜日に生の合田さんに会って、そして今週から水戸黄門で合田格さんですからねぇ・・・ファンとしてはかなり幸せです。それにしても番宣冒頭では『水戸黄門祭り』についても触れるようなこといってましたが・・・放送されませんでしたよね?あれ、見逃したかな?今年は水戸黄門祭りにいけなかったので楽しみにしてたんだけど…。
2時間スペシャルの本編もけっこう面白かったです。なにやら今回から闇の組織が出てきましたが・・・毎週1話完結路線は変えないでほしいなぁ。『闇の布袋』ってなんか仏様みたいな名前してるんですけど悪魔みたいな爺さんでした(笑)。原史奈ちゃんはちょっとまだ殺陣が甘いかな。馬木也さんの夜叉王丸の殺陣がすごく綺麗だからよけいにね。夜叉王丸・・・すっかりスペシャルだけのピンポイントになってしまったけど(苦笑)、本当はもっと出てきてほしいんだよなぁ。
でもまぁ、合田格さんの堅物ぶりは健在でちゃんと日記シーンもあったし殺陣にも余裕が出てきているし、それがあればもう満足(笑)♪来月からはネットムービーも始まるし、ファンとしては二重の歓びですね
[ 2005/10/10 23:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

内野さんのドラマ

今関東地域ではフジ系で昼時に『ミセス・シンデレラ』を放送中です。そう、内野聖陽さんが『ふたりっ子』放送のあとに出演したドラマですよっ!まさに内野ファンにとってはお宝的な番組なのです。『ふたりっ子』で内野さんにはまった私は当時ドキドキしながらこのドラマを見たのを思い出しました。とにかく、ただ、ひたすら・・・

内野さんがカッコよかったっ!

指揮者の光さんがとにかく素敵で・・・。ただドラマ的には『不倫』『嫁姑』がテーマにあったわけで、その路線が苦手だった私は最後まで付き合えなかったのも思い出しました(爆)。今でもこの路線の話は好きではないのですが・・・若かりし内野さんのキラキラした王子顔に再びヤラレたので(笑)今度はしっかりDVD録画しながら見ております。レンタル店にもなかったしDVD化もされてなかったのでこれはありがたい放送ですわ。

で、関東では内野祭とばかりか夕方枠で『不機嫌なジーン』も放送されます。何か狙いがあるんでしょうか、フジテレビさん(笑)。しかし・・・こればかりはいくらウッチー素敵と思ってもストーリーと脚本とテンポがどうしても好みに合わないので断念します

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : テレビドラマ

[ 2005/10/29 09:51 ] 未分類 | TB(1) | CM(6)

今日の格さん

水戸黄門ご一行の四国旅も今日がクライマックス。ゲストの宇崎慧さんがカッコよかったです♪
で、今日の合田格さん・・・冒頭の泥酔っぷりがめちゃくちゃ可愛かったです。助さんや千太に悪口言われてカッと頭にきて飲んだくれて暴れちゃうのですが、いつも真面目キャラだっただけにその豹変ぶりが楽しかった!実際の合田さんはけっこう陽気だということなので、その部分が出たって感じかな(笑)。それでいてしっかり仮牢獄の中で日誌をつけている姿もまた笑えました。最近合田格さんの出番が少なかっただけに今日のサービスシーンはファンには嬉しかったですね

で、昨今、『格さん離婚危機』とワイドショーが騒ぎ立てておりますが・・・あのフレーズやめてくんないかなぁ今の格さんは合田さんなんだし、そもそも

合田さんは新婚1年目

ですよ!なんかあの話題が出るたびに不快感なんだよなぁ・・・

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 時代劇!!

[ 2005/10/31 22:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

大河ドラマ『義経』 安宅関

いよいよ今年の大河ドラマ『義経』も残り2回。今日は後半最大のクライマックスである安宅関が放送されました。
去年の『新選組!』と、約20年前に放送された川野太郎さんが義経を演じた『武蔵坊弁慶』に深い思い入れがあったので正直、今年の大河ドラマはあまり個人的に夢中になって見るということがなかったのですが、今日の『義経』にはかなり胸打たれて感動しました

先週は石原さとみちゃんが頑張っていましたが、今週の松平健さんは本当に素晴らしかった勧進帳の読み方の貫禄もすごかったし(『弁慶』に比べればちょっとあっさり感じられましたが、疑われた義経を打ち据えるシーンで涙をこらえて必死になっている表情には思わず目が潤みました。それを見つめるしか出来なかった三郎や次郎たち家人の表情にも涙・・・。そして義経と見抜きながらも情に打たれて見逃す富樫の姿にも涙・・・。『義経』のなかでも本当に切ないシーンなんですよね、ここ。マツケンさんの弁慶ってちょっとマヌケっぽいところが可愛いし、情にとても熱いのが魅力ですよね。久々に大河ドラマで感動させられました

マツケン弁慶、最高

来週は久しぶりに高橋秀樹の秀衡が再登場。そして最悪の結末へと進んでいきます・・・。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 大河ドラマ

[ 2005/11/27 22:40 ] 未分類 | TB(3) | CM(2)

『義経』最終回

1年間続いた大河ドラマ『義経』が最終回を迎えました。
うぬぬ~・・・去年の『新選組』はダンナに話しかけるなと忠告してまで号泣していたのですが(笑)今回の『義経』はウルっとくることはあってもあまり泣けなかったなぁ。もう少し義経主従のつながり部分のドラマをしっかりと描いてほしかったです。セリフとかはけっこういいんですけど、最期に至るまでの彼らの絆をもっと深くしてほしかったというか・・・いまいち中途半端な感じが残ってしまったのは私だけでしょうか
家来達の死に様で一番良い映像を撮ってもらったのはうじきさんの次郎でしたねぇ。私の中では義経の家来の順番が弁慶・三郎・喜三太・次郎・鷲尾(佐藤兄弟は衣川前に死んでしまったので除外)だったのでちょっと意外な感じがしました。弁慶の立ち往生は物悲しさが漂っていたんだけど、唯一あのダミー人形が似てなかったのが悔やまれます(爆)。折角の見せ場なのに・・・。で、一番ビツクリしたのは義経最期の瞬間・・・。刀をあてた所から光までは感動的なきれいな映像だったのですが突然

地仏堂ぶっ壊しのCGが

あ、あれは、ちと派手すぎやしないですかい(苦笑)。あの演出は

かなーーりびっくり

しました。このドラマは静かな雰囲気にしたかったのか華やかな雰囲気にしたかったのか最後までイマイチわからなかったなぁ(笑)。

滝沢君、1年間よく頑張ったと思うんだけど、去年の『新選組!』香取君のような目に見えるものとして表れなかったのが残念殺陣の型やスピードはとても美しかったので本当に残念。彼は顔に演技的表情が出にくい性質なのかなぁ。マツケンさんの弁慶はさすがでした。彼の弁慶、好きだったなぁ。他の俳優さんたちもよかったです。特に頼朝の中井貴一さんが素晴らしかったなぁ。最後の涙シーンは本当に感動的でした。

来週は座談会が放送されるとか。『新選組!』から恒例になったのか!?(笑)。どんな感じなのかけっこう楽しみかも。
そして来年からは上川さんの『功名が辻』。仲間由紀江ちゃんの演技がどうか不安がありますが(苦笑)楽しみにしたいと思います。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 大河ドラマ

[ 2005/12/11 22:44 ] 未分類 | TB(5) | CM(2)

古畑任三郎にイチロー

今日は兼ねてより注目されていたイチローがドラマ初出演の『古畑任三郎』スペシャル放送日です。昨日につづいて2日連続の三谷作品鑑賞だっ。古畑さんは毎回じっくり見ていたわけではないのですが、一度見始めるとやっぱり夢中になって見てしまうドラマ。今回はとにかくイチローがどんな演技をするか非常に気になったので録画しながら見ていたのですが…

イチローすごいじゃん

中途半端な役者よりもよっぽど巧いですよ。この撮影前に完璧にセリフを頭に入れていたというイチロー、何事にも妥協なしとはやはりさすがな人物ですなぁ。多少の棒読みチックなところがありましたが、演技的な『間』とか不敵な表情とかものすごく自然で、とても役者初挑戦とは思えません。やっぱりこの人はタダモノじゃないですね。ホント、感動いたしました
設定が「新選組の源さん」こと小林さんの義理の弟っていうのがなんとも見ていて微笑ましくて良かったです。コバさんのあの穏やかな雰囲気とイチローのちょっとクールな感じが意外とマッチしているんですよねぇ。それだけにこの二人の「兄弟愛」はなんだか温かくて好きでした
今後、イチローは引退したとしてもそのマルチな才能を生かして色々な場所で活躍できるだろうなぁ。将来役者に転向っていうのもあり!?このドラマを見てイチローの好感度がけっこう上がりました。今シーズンの彼の活躍を応援していきたいと思います。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 古畑任三郎

[ 2006/01/04 23:38 ] 未分類 | TB(1) | CM(2)

功名が辻 第二回

先週から始まったNHK大河ドラマ『功名が辻』。大河は毎年の習慣として今回も見ているわけですが・・・なんともキャストの年齢が気になって仕方がない(苦笑)
主演の仲間さんや上川さんはともかく、信長・秀吉・ねね・市といった主要人物の平均年齢が50代に迫るっていうのがどうしても馴染めないんですよ。戦国時代モノ大河で最近は同じ配役で若いキャストが多かったので、いきなり年齢が上がっちゃうとどうも見ていて違和感を感じて仕方がなく感情移入がしづらい。大御所キャスト勢揃いでたしかに『豪華』といえるのかもしれないけど、私はなんだか見ていてすごく疲れちゃうんだよなぁ…

あともうひとつ気になるのが、近年同じテーマの大河ドラマで出演していたキャストが違う役柄で出演していること。香川さんは『利家とまつ』の秀吉を演じていて、今回どうしてもそのイメージで見てしまう。津川さんと西田さんは『葵三代』でそれぞれ家康と秀忠を演じていて、特に西田さんは家康よりも秀忠の記憶が濃い。10年くらい経った後であればまだいいんだけど、間があまり開いていない同じテーマでの同じ出演者というのは個人的にはちょっと混乱しちゃうんですよね

そんなわけで、今回の『功名が辻』・・・まだ始まったばかりですが個人的にはちょっと不安要素が大きいです。まぁ、まだ主演の二人の出番が少ないこともありますけどね。上川さんが出てくるとなんかホッとするんで(笑)、今後もっと出番増やしてほしいです。あとは主演の由紀絵ちゃんがどれだけ頑張れるか・・・。

ちなみに、今のところ一番印象に残っているのは先週の舘ひろし信長

くぁくぁるぇえええ~!!
(訳・・かかれ~!)

です(爆)。あれには大爆笑させていただきました(笑)。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 大河ドラマ

[ 2006/01/15 22:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今日は定刻どおり

先週はホリエモンのせいで微妙に開始が遅れた『水戸黄門』でしたが今日は無事に定刻どおり放送されました。長めに予約時間を撮っておいたので違う番組まで入ってしまいましたが(苦笑)、これでひと安心です。
今日は由美かおるさんが水戸黄門出演600回(!!!)記念ということで、お娟さんスペシャル。お風呂シーンから始まり(笑)男装姿や芸者姿、忍者姿と、色々楽しませてくれましたが・・・この方50超えているとはとても思えませんなぁ・・・。あの美しさとプロポーション、ため息モノでございまする
でも、その代償として合田格さんの出番がものすごく短かったのが残念。助さんの道場立会いシーンはあるのに格さん立会いシーンは全然なかったのは何故!?いつも水戸黄門は『合田スペシャル』として合田さんのシーンだけを編集してDVDにしているのですが(笑)、今日の回はものすごく短くなりそうだ(爆)。

そういえば、愛之助さんが以前『水戸黄門』に出演したという話をキャッチしまして・・・過去の編集DVDを探してみました。ただ、上述のように私は合田格さんオンリーのものしかDVDに入れてないので(笑)ラブリンは残ってないかもなぁと思っていたら・・・その回(33部の最終回スペシャル)だけはノーカットでまるまる残ってましたあのとき、私が愛之助さんに落ちるのを予感していたかのような奇跡でございます(笑)。で、見てみると・・・

「お~!凛々しいサムライだぁ!」

残ってて良かった・・・(笑)

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 今日見たテレビ番組

[ 2006/01/30 23:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ついに登場

大河ドラマ『功名が辻』にようやく登場した三谷幸喜さん。今まで数々の個性派役者さんが演じてきた足利義昭役ということで、どんな演技をするのか注目しておりました。三谷さんの役者姿って舞台はもとよりテレビではもうほとんどお目にかかれないくらい貴重。で、感想はと言いますと・・・

なんか可愛い(笑)。

まだ出だしだけなので何ともいえませんが、けっこうコメディっぽくといった感じではなく普通のトーンで演じていたように見受けられました。だけど、なんとなく、可愛かったですよ・・・三谷さん(笑)。さすがに舞台出身者ということもあり声はいいですよね~。今後、どう怪演していくのかちょっと楽しみです

それにしても、ドラマ自体はなんか面白味に欠けますなぁ・・・。上川さんはすごく味のある素敵な一豊だと思うんだけど、ドラマの中でそれがイマイチ生かしきれていないような気がします。展開がかなり「の~っぺり」した感じなのがちょっと見ていて飽きてきちゃうんだよなぁ。それ故に仲間ちゃんの演技が余計「・・・」に見えちゃう(苦笑)。うぬぬ・・・。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 大河ドラマ

[ 2006/02/12 21:36 ] 未分類 | TB(1) | CM(2)

印籠に平伏す黄門様(笑)

今日は黄門様が二人現れる『水戸黄門』(笑)。ところが、カーリング女子の『日本vsイタリア』が白熱しててそれに熱中して私も燃え尽きていた為、冒頭見損ねてしまいました(^-^;。
それにしても、印籠に『はは~っ』と平伏す里見さんってどうよ(爆)。なんか違和感…。いつもご隠居さんで満足な殺陣ができなかったから、その反動からのリクエストだったのかな、里見さん(笑)。でも、さすがに流れるような殺陣は美しかったです(すこし動きに衰えも見えますが 汗)。いつもは『ご隠居』と言って従っている原田さんや合田さんも今回ちょっとやりづらかったかも!?

時代劇関連でもうひとつ…
大河ドラマの『功名が辻』ですが・・・ついに昨日の放送パスいたしました(爆)。まぁ、歌舞伎を観に行ってて8時の時間に間に合わなかったというのもありますが、電器店テレビで少しチラ見したとき私たち夫婦に共通の想いが…

「別にこれ見なくてもいいや(爆)」

三谷さんの義昭が出演しているので興味はありますが、それだけではなんか惹きつけるものないドラマだし…。とりあえず来週は予定が入っていないので見ると思いますけど、どうも最後まで「見る気」にならなさそうな大河で残念だなぁ…

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 時代劇

[ 2006/02/21 23:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

さらば義昭(笑)

あまり気が進まないながらもなんとなく習慣で観続けている大河ドラマ「功名が辻」。でも昨日の放送はちょっと面白かったな…。
先日のスタパで三谷さんが出演した時に「”さらば義昭”って副題つけたいくらい」って話してた放送日がちょうど昨日だったわけで、どのくらい三谷@義昭が登場してくるのかけっこう楽しみに見ておりました。ところが、本題が『信玄の影』ということで(苦笑)なかなか三谷@義昭の出番なし。うぬぬ…と思っていた中盤にまず1回目。明智役の三津五郎さんに怒鳴り散らしてるシーンではまぁ三谷さんの好きにやらせてもらってるなぁと思うくらいドタバタ気味(笑)。御簾の中から出てくるときの動きなんか絶妙でした。去り際にはしっかりマンがチックなすっ転びしてましたし、セリフ以外のところではもうやりたい放題でした(笑)。
役者さんとのセリフのやり取りについてはスタパでも言ってた通りちょっと役者さんと『絡み』がないかなと感じますが、声はやっぱりいいですよね。ハキハキしていて非常に聞き取りやすい。

で、そのあとまた出番がなくて・・・クライマックスに見せ場が。信長が攻め込んでくるって時の慌てぶりがまたかなり面白かったですよ。
『信玄の援軍はまだか!?』とヤキモキしているところに飛び込んできた『信玄は死んだ』の知らせ。すっかり援軍が来たと思い込んで最初興奮気味に「うん、それで!」と言っていたのが『死んだ』のセリフ聞いたあと一旦興奮気味に返事しといてちょっとした間のあとに出た

『・・・え!?・・・』

こりゃかなり絶妙で思わずウケてしまいましたよ(笑)。『功名が辻』観てて面白いと感じたのはきっとこれが最初で最後かと(爆)。そのあとはもう目を回して倒れちゃったり信長の前で情けない姿さらしたりで三谷さんのお得意とする(?笑)シーンが続いて終了しました。

さらば、三谷@義昭(笑)

それにしても、そのほかのシーンは全く以ってピンとこないなぁ。長澤まさみちゃんの小りん、可愛いけどあのドラマに必要なキャラなんだろうか…。私には無駄なシーンにしか見えない。それにこのドラマ、主演の二人があまり出てこないので何が主題なのかサッパリ見えてこない。たまに出てきてもドラマの核になるようなストーリーだと感じられないので見ていて面白くないんですよね。上川さんは好きだし好演してるんだけど、なんとなく周りとうまくかみ合ってなくて(特に仲間ちゃん)逆に浮いて見えることも多々あり…。ううむ・・・

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 功名が辻

[ 2006/03/27 17:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

プリマダム・・・

全然見る予定なかったんですが、なぜか誤ってDVDハードに録画して残っていた日本テレビ系新ドラマ『プリマダム』・・・見てしまいました(笑)。

テーマといいストーリー展開といい・・・これはモロ

TBS系の『昼ドラ』

じゃないですかっっ(爆)。これ夜・・・しかも22時台に放送して視聴率取れるのかなぁと真剣に心配してしまいました
黒木瞳さんはかわいい主婦を演じてますが(古田さんが黒木さんを罵るシーンは心底頭にきたっ)、中森明菜さんは・・・何とも表現しがたい自分の息子を尾行するシーンでの『電車の乗り方も降り方も分からない』というのはありえないだろう(苦笑)。そんなベタな展開もいかにも昼っぽい。それから、小林十市さんがファーストフード店でいきなり32回転するっていうのも・・・これも昼枠で許される演出だしなぁ(苦笑)。

これはツッコミどころ満載過ぎて・・・来週も見ちゃいそうだよ(爆)。バレエのドラマということなので、もしかしたら西島千博さんも登場するかもしれないし
あ、戸井勝海さんが出演してたのにはびっくりしたなぁ。レギュラーなんでしょうか? 戸井さんがいつまで出演してくれるのかも興味あり。

果たして打ち切りという事態にならずに続けられるのか!?

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ドラマ

[ 2006/04/14 22:53 ] 未分類 | TB(1) | CM(2)

実写版 「ちびまる子ちゃん」

実写バージョンの『ちびまる子ちゃん』が放送されました。すごいマンガに忠実に作られており、マンガの面白さやほのぼのさ温かさといったものが随所に見られとても楽しめました
お母さんがまる子の写真を見て微笑むシーンや、お父さんがひそかに自転車にミラーをつけてあげたエピソードなどちょっとした場面でもなんだか和んでしまいますね~。特に感動しちゃったのがお姉ちゃんとのエピソードたまちゃんとのエピソード。この2本は漫画やアニメ『ちびまる子ちゃん』で見たときもかなりジーンときたんですけど、実写版でもウルウルきてしまいました。子役たちの熱演には拍手です

それにしても、実写バージョンのキャラクターが非常に『ちびまる子ちゃん』を研究しつくしてましたね~。まる子や友達の子役達の上手いこと上手いこと。個人的にヒットだったのが花輪くんと藤木くんと冬田さん。特に冬田さんが激似でビックリでした(笑)。
大人の役者さんたちも面白かったです。まる子の家族ではやっぱりモト冬樹さんのおじいちゃんが大ヒット。心の俳句もあったし(笑)。『不幸の手紙』のオチでは思わず爆笑してしまいました!それから、きたろうさんの「佐々木のじいさん」もヒットだったなぁ。まさか出てくるとは思わなかったし(笑)。笠井アナの先生もかなりハマっててビックリしました。

10年以上前に大人になったまる子をドラマ化したのもあって(富田靖子さんがまる子だった)それもかなり楽しめたのですが、今回のマンガに忠実なドラマ「ちびまる子ちゃん」もすごく面白かったので子役達が大きくなる前に(笑)ぜひもう一本作ってほしいところです。

久々に漫画も読み直してみようかな。新作の「ちびまる子ちゃん」も読みたいなぁ~。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ちびまる子ちゃん

[ 2006/04/18 22:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

プリマダム 第2話

前回なんとなく見てしまった『プリマダムでしたが、うちのブログでの検索ワードでかなり人気があったので第2話も続けて見てみることに。それにしても日テレ系というのがネックだよなぁ・・・。だって、巨人戦の野球中継で放送時間が2回続けてズレこんでるし。今後も野球が多いチャンネルということで視聴率的にもけっこう苦戦が続くんじゃないかな。ちなみに初回は12%だったそうな。予測したよりは高かったと思うんだけど、さて今週は・・・

で、このドラマ。やっぱり『昼ドラ』に見えちゃう(笑)。主婦がやりがいを見つける話なので、今のところさしたる事件はなく平和でほのぼのしてるし危機感なく見られます。夜10時枠としてはちょっと物足りない気も・・・。それに中森明菜が相変わらずの微妙な演技力で・・・昼なら許されるけど夜の視聴者はキビシイから大丈夫なんだろうか?なんて心配もしてしまう(苦笑)。しかも設定が甘甘だよなぁ。この早い段階で『この人は心臓疾患で余命悟っちゃってバレエ踊れないんだ』と伝えてるんだもん。このあたりがちょっと興醒めしてしまう。
黒木さんは逆にかわいい主婦を好演していると思います。バレエと家事を必死にこなしている姿は見ているこちらが応援したくなるし。娘たちがバレエを応援してくれてるってエピソードも良かったです。黒木さんがカワイイ主婦なので、逆に古田さんのダンナが見てて腹たってくるんだよなぁ(←キャラがね 笑)。ラストのバレエ教室のぞいてる時の顔・・・

あれは恐ろしかった

夜向きだね、あのシーンは(笑)。

そうそう、戸井勝海さんは今回も登場。出番は3シーンで1シーンだけセリフがついてました。けっこう軽いキャラ(笑)?この先もう少し見せ場作ってあげてほしいなぁ~。

というわけで、来週もまた見る予定(笑)。
ちなみに夜ドラで見てから挫折した新ドラマは『ギャルサー』『ブスの瞳に恋してる』の2本。未見の作品が『てるてるあした』。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : プリマダム

[ 2006/04/19 23:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

浦沢直樹原作 『Happy!』

Happy! (1)Happy! (1)
浦沢 直樹

小学館 1994-02
売り上げランキング : 555601
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今さらって感じですが(苦笑)、4月に放送されたスペシャルドラマ『Happy!』の録画をやっと見ました。今ちょうどフランスではテニスの4大大会であるローランギャロスも行われていますし、ある意味時期的にはちょうど良かったかなと(そういう問題じゃないって 爆)。

さて、見た感想ですが・・・単純に、面白かったです。今をときめく漫画家、浦沢直樹氏の初期の作品(『YAWARA!』の後の作品らしいですが)で当初はあまり人気がなかったとのことですが、今回のドラマを見る限りですと私的にはかなり楽しめました。
借金取りに追われる少女がプロのテニスプレイヤーを目指す物語で、今回のスペシャルはいわば『序章』といった感じ。ラストは「続きがないとは言わせないよ」と言いたくなる様な展開でして(笑)、とにかく早い時期に続編を放送してほしいところです。スペシャルでもいいけど、連続ものとしても見てみたいかも

役者陣について・・・
主演の海野幸を演じた相武紗季ちゃん、演技はまだまだってところがありますがあの明るい笑顔が可愛くて魅力的ですね。NHK「どんまい」でもなかなか可愛かったし、キャラクター的にはいいかも。続編の時もまた演じてほしいところです。
御曹司の鳳圭一郎を演じたKAT-TUNの田口淳之介くん、顔は綺麗だと思うけど、演技がかなりダメだったのが残念。そしてある意味スゴイ演技といえばライバル蝶子役の小林麻央さん。彼女、女優・・・これからもやるんですかねぇ(苦笑)。まぁ、キャラ的にはハマっているからよかったけど、どうも好きになれないかも。
若手陣がちょっと演技的に未熟だったのですが、ベテランの渡辺えり子さんや片平なぎささんはさすがの存在感で上手くドラマを盛り上げていたと思います。
その中でも光っていたのは桜田純二役の雨上がり決死隊の宮迫博之さん。以前から彼の役者っぷりには注目していたんですけど、やっぱり上手いですね。バラエティの宮迫さんはあまり好きではないんですが(苦笑)、役者の宮迫さんは好きなんです幸との今後の展開も気になるところだし・・・続編放送のときもぜひとも宮迫さんで見てみたいです。

ちょっとマンガも読んでみようかな~と思い、さっそくamazoneで1巻申し込んじゃいました(笑)。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : テレビドラマ

[ 2006/06/08 23:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

『プリマダム』 最終回は生放送

今日の朝、いつものように新聞を見ていると『プリマダム』が最終回に生放送するという文字が目にはいってきました。第1話から4話くらいまでは毎週見ていたんですが、その後はちょっと遠ざかっていたこのドラマ(苦笑)。しかし、生放送というのは気になるぞ!ということで、さきほど最終回を見てしまいました~。

だいたい40分くらいまでは普通にドラマが進行していたんですけど、内容的には当初予想していた通りに展開してました(笑)。中森明菜は最初の頃から『死』を匂わせた発言を何度かしてましたけど、こういうほのぼの昼ドラ系は最後はハッピーエンドで終わりにしないとね。
しかし、今回は明菜さん、降板なしだったようで・・・スタッフもひと安心といったところでしょうか(笑)。

で、どこからが生かなぁ~と見てたんですが・・・ちょうど古田新太さんが客席に向って挨拶するシーンあたりからがそうだったのではと思います。カメラワークに生放送独特の臨場感がありました(っていうか、カメラさんバリバリ映ってたし 爆)。それにしても古田さん、やはり舞台慣れしてますなぁ~!あの前説、さすがですよ。

そして問題のバレエ発表会、いや~、キャストの皆さんお疲れ様でしたって感じでしたねぇ。女性のキャストの方たちはけっこう綺麗に決まってたんですけど、男性キャスト(特に加藤さん 笑)がちょっと緊張気味でなんかドラマの設定のまんまな感じがリアルで面白かったです。舞台慣れしている古田さんと黒木瞳さん、このお二人はさすがですね。安定感があります。
お稽古事の発表会という設定だからプロっぽく見えなくてもいいし、生放送という緊張感が良い意味でドラマにリアリティをもたらしてました。素直に面白かったです、最終回!贅沢言うと・・・小林十市さんにも踊ってほしかったかも(ま、先生ですからね、今回は)。
ラストの皆さんのやり終えた達成感からくる笑顔が印象的でした。あの黒木さんのキャストインタビュー、途中で切れて残念!もっと聞きたかったなぁ~。

あ、そういえば、戸井さん・・・どうされたんでしょうか?私が見ていない間に何か事件で消滅されてしまったのかな・・・(爆)。もう少し長くドラマ見てれば良かったかも(苦笑)

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : プリマダム

[ 2006/06/21 23:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

『功名が辻』 家康恐るべし!?

つまらないと言いつつも、とりあえず習慣で見ている大河ドラマ『功名が辻』。今回の唯一のヒットは『どん亀』コンビついに仲間割れってとこですかね(笑)。

明日から始まる『水戸黄門』の前番組『特命!刑事どん亀』(←なにげに毎週見てた 笑)で西田敏行さん柄本明さんとーーっても仲良し(!?)だったんですが、今回の『功名が辻』ではかなり微妙な間柄になったわけです。しかも今日はしてましたからね。『どん亀』終了のタイミングの何といいことか(笑)。ここだけがツボでした。

それ以外はやはり何ともパッとしないドラマですなぁ…。なんと言っても一豊が千代にやり込められるシーンが多くて疲れます。そりゃ千代は主役だから仕方ないですけど、なんか一豊がどんどん情けないキャラにさせられているような(苦笑)。『利家とまつ』の時も同じようなこと思いましたが、まだあの時は利家が一生懸命対抗姿勢示してたからマシだったかも。

そういえば、利家が全く出てこないのはおかしいとずーーっと気になってたのですが、ついに唐沢さんが再び利家役で登場するらしいですね。しかし秀吉が死ぬ間際の1回だけかよっ(爆)。利家はそんな軽いキャラじゃないはずなんだがなぁ

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 功名が辻

[ 2006/07/23 22:11 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)

「がきんちょ ~リターン・キッズ~」 最終回

ここしばらく昼ドラから遠のいていたのですが、今夏の昼ドラ(TBS系)は久しぶりに楽しませてもらっています。そのうちのひとつ、「がきんちょ~リターンキッズ~」が本日最終回を迎えました。

がきんちょ―リターンキッズ〈1〉がきんちょ―リターンキッズ〈1〉
おーつ るりーこ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ストーリーとしては主人公の真知(辺見えみり)が18年前にタイムスリップして子供達と触れ合い成長していくというものだったのですが(←まとめすぎ 爆)、テイスト的には数年前に気に入ってた昼ドラ『虹のかなた』に似ていましたね。MBS製作ということでしたし、BGMもけっこう被ってました(笑)。
8月いっぱいは18年前の子供の頃の自分や友人と出会うストーリーだったのですが、9月からは18年後に真知が戻ってきて大人になった友人達との関わりが中心に。ということで、録画は9月から始めました。

公式ページ←詳しくはここを見てね。

そもそも、子供系ドラマが苦手な私がなぜ『がきリタ』を見てたかというと・・・姜暢雄くんが出演すると知っていたからです(笑)。姜くんがいつからこのドラマに登場するかは未定になっていていつだろういつだろうと気を揉みながら子供時代は見ていたんですが(爆)、9月の大人編に入ってようやく登場。2年前のNHK朝ドラ『わかば』で見てから応援している姜暢雄くんですが、ドラマで見るのは久しぶり・・・(『大人の夏休み』はリタイアしました 爆)。

今回は真知の幼馴染の孝之役。18年前の優しくて勇敢だった孝之とは正反対の・・・冷徹で人嫌いな孝之を演じてました。父親の自殺という悲しい過去を引きずってしまっていたので最終回直前までずーっと心を閉ざしているキャラクターだったのですが、そのなかにもチラッと昔の面影が見えたりして・・・もう私、感情移入しまくりでした。特に昨日の放送で真知の父親から温かい言葉をかけてもらった時に初めて感情を表に出して涙するシーンは胸打たれました。
台詞回しではちょっと"舌っ足らず"な場面が多かったものの(笑)、繊細な演技で難しい孝之役を魅せてくれた姜くんに拍手です。特に"目"で魅せてくれますね、彼は。哀しみの表現はピカイチ的に素晴らしかった
この勢いで、姜くんが12月に出演する舞台『紫式部ものがたり』を申し込んでしまった私です(爆)。

と、久しぶりに姜くん語りに熱が入ってしまいましたが(笑)ドラマもなかなか良かったです。最終回は真知と過去の桃との別れという悲しい場面もありましたが(桃役の美山可恋ちゃんが上手かった)、ラストは再び18年前の桃と真知に出会うという・・・なんかパートⅡできそうじゃん!?みたいな感じになっていたので上手くまとめたなぁと感心してしまった(笑)。

最終回で一番ジーンと来たのは、真知、すっかり明るくなった孝之、結婚して幸せそうな麻由香拓実、真知の弟のが18年前に埋めたタイムカプセルを開けるシーン。18年前の桃は過去に還ってしまったと同時に大人時代のみんなの記憶からも消えてしまったのですが、タイムカプセルには18年前の桃や真知が収めた『オオマチ(←18年後の真知)ちゃん、大好き』というあぶり出しの紙が入ってて、真知はそこで過去のタイムスリップした時の記憶を取り戻すんですね。最初のほうから見ていた人にとっては、このシーンはかなり泣けたと思います。私も思わず落涙・・・。胸が熱くなりました。
私の「がきんちょ」時代ってどんなだったかなぁ。テレビの子供達のようにキラキラ輝いた子供ではなかったような気がする。それでも、やっぱり大人になった今よりも純粋なものっていうのはやはりあったのかな。ふとそんなことを考えてしまったドラマでした。公式ページ最後のメッセージ、けっこう感動しますよ。興味があれば見に行ってみてください。

視聴率もかなり高かったようですし、DVD化も決まったようですし、公式の掲示板への書き込みもヒートアップしてます(笑)。でも、イマドキの若い子達の字は読みづらい(苦笑)。半角文字や記号文字が駆使されているし言葉の使い方も個性派揃いで・・・。私も年をとったのかのぉ・・・(苦笑)。

さて、残るは13時からの『スイーツ・ドリーム』か。これも面白いんだよねぇ

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : テレビドラマ

[ 2006/09/29 15:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ドラマ色々・・・

10月に入り新しいドラマが続々と登場しそうですね。

まずは今月から新しく始まったNHK朝ドラ『芋たこなんきん』。前回の『純情きらり』高視聴率を引き継いだ形になったようで初回の視聴率はかなり良かったとか。思っていたよりも面白いので今のところ見続けられそうです。でもちょっと出演者の平均年齢は気になるんですが(爆)。
ドラマの内容ですが、今までのような子役→大人という形式ではなく大人編で子供時代がちょくちょく思い出として登場するといった感じでなかなか新鮮でいいと思います。あの町子の子役!藤山直美さんに笑っちゃうくらい似てますよね(笑)。
主演の藤山直美さんはさすがの演技力。安心して見ていられます。ネイティブな大阪弁の役者さんが多いのも今回のドラマの特徴。個人的にはTOKIOのリーダー城島パパが気になるかな。いい味出てると思います。

今後チェックする予定の新ドラマは・・・
谷原章介さん、北村一輝さんが出演する『嫌われ松子の一生』と、同じく北村一輝さん出演の『14歳の母』。それから田辺誠一さん出演の『だめんずうぉーかー』、話題の月9『のだめカンタービレ』かな。このなかで脱落するものも出るかもしれないのですが。『嫌われ~』は谷原さん2話と3話のみの出演なので怪しいところですが(谷原さん出てなかったら見ないと思うし 爆)北村一輝さんにちょっと期待したいところ。

現在放送中の昼ドラ『スイーツ・ドリーム』は現在かなり個人的に盛り上って見ております(笑)。恋愛部分の描き方がかなり私好みでドキドキしっぱなし。ちょっと苦手系な俳優だった東幹久さんも素敵に見えてしまう(笑)。あ、でも、直接ファンにはならないと思いますけどね。

そうだ…北村一輝さんといえば…
今日が『恋の骨折り損』チケット当落発表日だった…。まだ知らせが来ないよ~~。心臓に悪い。北村さん&姜くんのコンビ…絶対観たい!!
[ 2006/10/06 16:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

14歳の母 第1話  

前クールの雰囲気とは全く違ったドラマ『14歳の母』登場です。最初に予告編を見たときはあまりに重そうなテーマに"このドラマはパスだな"と思っていたのですが、私の注目している俳優である北村一輝さんが重要そうな役柄で出演と知って方向転換(笑)。とりあえず、第1話見てみました。

1話ということもあり、思っていたよりもライトな感じでスタートしました。子供ができてしまうまでの過程も、そこにはちゃんと二人の"愛"は存在していたし… イマドキの乱立する性といった状況の中で妊娠してしまう展開でなかったことにちょっと安心感がありました。
でも、やっぱり重いです…このドラマ。「これって悪いこと?」とその場の瞬間的に盛り上った恋愛感情だけで体の関係を結んでしまう中学生…、これって今普通にリアルに起こりうることなんですね。ある雑誌アンケートで「初体験の年齢は平均14歳」というのを読んで衝撃を受けた記憶があります。これはまさに、その年代の子がストーリーの主人公なワケで…なんか痛いです。

主人公役の志田未来ちゃんは『女王の教室』で注目された若手の女優さんで年齢も13歳とかなりリアル。私は『女王の教室』をほとんど見なかったのでこのドラマではじめて彼女をみたようなものですが、明るくてかわいいですね。ちょっとテンションが高いのが気になりますが(笑)ラストシーンで泣いている演技はけっこう良かったと思います。今後に期待。
相手役の三浦春馬くんはNHKドラマでよく見かけますよね。記憶に残っているのは大河ドラマ『武蔵』と朝ドラ『ファイト』。特に『武蔵』でのかわいい子役だった姿が印象的だったので、今の青年になった彼をみて「男の子の成長は早いなぁ」と感慨深くなってしまいました(笑)。

お目当てである週刊誌記者の北村一輝さん、出番は少なかったのですがやはり存在感がバリバリあります!風貌とか胡散臭いし(笑)よく研究されてるなぁなんて感動してしまいました。感動といえばオープニング!みんな胎児のようなイメージで映っているのですが・・・北村さんの美しさには本当にビックリ!あの写真だけでも欲しい~。
そういえば、お昼前の情報番組にゲスト出演してた北村さん。生放送は慣れないということで終始テレテレでしたが(笑)、うまい棒をパクついたり”やっさん(横山やすしさん)”の真似してくれたりと楽しませてくれました。
数年前、ある劇場前で見かけたときに『素敵な俳優になってください』と声をかけたら『どうもありがとう!頑張るよ』と力強く応えてくれた北村さんを思い出しました。今後の北村一輝さんに期待です!

ということで、北村さんの今後が気になるのでもうしばらくこのドラマと付き合ってみようかなと思います。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 14歳の母

[ 2006/10/12 15:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

『スイーツドリーム』主題歌

今週がいよいよ最終週になってしまった昼ドラ『スイーツ・ドリーム』。2週目からずっと録画しながら楽しんできたドラマなだけに残念です。このドラマ見て私の東幹久さんの株もけっこう上がりましたしね(笑)。
少女漫画チックでベタな展開ではありながらも毎回ドキドキさせてくれた思い出に残るドラマになりました。最終週のあらすじが公式HPに掲載されていて読んでしまっているのですが(笑)、このままいくと第2弾っていうのもあるかも!?なんて期待してしまいます。でもその場合、キャストの予定組むのが難しそうですけどね。きっちり決着つくまで続けてほしいな…。

さて、ドラマと共にもうひとつハマったのが主題歌RAINBOW DUSTです。榎本くるみさんという新人が歌っているのですが、これがものすごくいいんですよ!!最初にドラマ見たときからずっと気になってて…つい最近CDが発売されたようなのでさっそくプロモも合わせて聞いてみました。


↑楽天の購入サイト行きます♪

大感動ですよ!詩の意味をかみ締めながら聴くとさらに泣けます!これは久々に私の中で大ヒットミュージックになったかも。ただ前向きに励ますような詩ではなく、人間の持つ弱さを分かった上で「それでも大丈夫だよ」っていうメッセージが込められているようなそんな優しさを感じます。曲調もポップだし、これはかなり好きですねぇ。プロモを見ながら聴いたときには思わず涙しちゃいましたし(最近涙もろいのかなぁ。年かもねぇ…)。

ちょっと気になる方、昼ドラ(愛の劇場)『スイーツドリーム』見てみてみるか、こちらのサイトを見てみてくださいね。
[ 2006/10/22 22:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

『スイーツドリーム』 最終回

個人的にけっこう盛り上って見ていた昼ドラ『スイーツドリーム』が本日最終回を迎えました。

最初の頃はあまり魅力を感じなかったんですけど、シュウとあんこのメールのやり取りが頻繁になってきた頃からけっこう面白くなってきて…気がついたらストーリーにも人物にも主題歌にもハマりまくってました(笑)。

最終回は主人公の史織がパティシエ修行の為にパリへ出発するシーンで幕となりましたが、これはちょっと第2弾を期待したいところですねぇ。だって、一之瀬との恋愛部分が中途半端になってしまっているし(苦笑)そのあたりはハッキリ白黒つけて欲しいかなと。
ただ、キャスト…今回と同じメンバーってうまいこと揃うのかな?絶対同じメンバーで続編やってほしいんだけど…。うーん、実現して欲しいなぁ。

次に始まるのは石野真子さん主演の『いい女』。なんか、一気に出演者の平均年齢がアップするようです(苦笑)。あまり主婦もののドラマって好きじゃないんだよなぁ…って自分も主婦(グータラ 爆)なんだけど。ミュージカルで最近活躍中の岡田浩暉さんが出演しているのは気になるところですが、たぶん見ないかも

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : §スイーツドリーム§

[ 2006/10/27 14:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

土曜ドラマ 『ウォーカーズ』 発心

先週から新しく始まったNHK土曜ドラマ『ウォーカーズ』、なかなか面白かったです。歩きお遍路さんの話なのですが、登場人物がみんな悩みを抱えていて今後波乱の予感…。派手ではありませんが、なかなか興味惹かれるドラマだと思います。お遍路って今静かなブームらしいですね。ドラマ見ているうちに私もお遍路体験してみたくなるかも…!?

その中に、朝ドラ『ファイト』に出ていた瀬川亮くんを発見!ホストのヒロシという、なんとも笑える設定ですが(笑)なにかワケがありそう。それにしてもカワイイです、瀬川くん。お風呂の初登場シーンなんてかなりツボでした。あまり出番は多くなさそうですが、次回からも楽しみです。

全4回と短いですが、濃密なストーリーを魅せてほしいです。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : NHK

[ 2006/11/13 21:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

『14才の母』 第5話

第1話を見たときに「見続けるの難しくなりそう」って思ったのですが、あの時に感じた「難しい」のとは違った意味で「見づらい」ドラマになってしまったと思ってしまいました(苦笑)。テーマが重いから見るのが辛いんじゃなくて、キレイ事に流れが進んでるから見てられないって方向になったかな。

そもそもこのドラマって、見ている人に『痛み』を分かってほしいといった趣旨で始まったんですよね?たしかに主人公の未来は14才で妊娠してしまい、学校の友達も去って行ってしまったし彼氏とも分かれる運命に晒されています。だけど、今日の放送見ると・・・なんだか周りがかなり甘くないですかね?あんなに理解ある周囲って現実的にあるんでしょうか。

そもそも未来が子供を産みたいという覚悟が曖昧『会いたいから』という気持ちは分かるけれども、それだけでは子供は育てられないと思う。私は子供がいないからあまり大きなことは言えないけれども、現実的な話、産むまでにお金だって相当かかると思うし家族にだって多大な負担がかかる。"誰にも迷惑かけない"というのは無理な話では。それなのに、今回のストーリーでは家族は未来の出産を応援することになったわけですよね。私は正直言って賛成できないです。甘いって思えて仕方がないですね。

私としては視聴者が見ているのが辛くなってもいいからもっと現実的な「痛み」を感じるようなストーリーにしてほしい。今のドラマの流れを見ると10代の性について真剣に捉えていないような気がするのです。だからなんだか見ていてイライラします。

だったら見るなって感じですけど、個人的に北村一輝さん演じる波多野がどう変化していくのかが気になるので・・・なんとか付き合っていこうかなと。波多野って根っからの悪どい週刊誌記者じゃないと思うんですよね。北村さんがどんな感じで今後演じていくのか、これだけに焦点置いて見ようかなと。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 14歳の母

[ 2006/11/15 23:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

『ウォーカーズ』 修行

もうすぐ第3回が放送されますが…遅ればせながらようやく録画していた『ウォーカーズ』の第2回目を見ました。

”修行”という副題のとおり、お遍路をしているメンバーたちの苦悩が浮き彫りにされていました。
三浦さんと風吹さん夫婦は前回からなんとなく夫婦仲が冷め気味の様子でしたが、今回はその原因がさらに掘り下げられてて深刻に。ダンナさんの側の気持ちも分かるし、奥さん側の気持ちも分かるんですよねぇ…。現に、それが原因で熟年離婚してしまう夫婦も今多いといいますからよりリアルな問題に感じます。
さらに深刻なのは森本さんと鷲尾さんのご夫婦。いつも仲良く手を繋いでお遍路しているように見えたのですが、実はものすごい覚悟で二人歩いている。彼らにとってお遍路は死出の旅立ちでもあったわけで…。でも旅の中で人の優しさに触れて一度は死を思い留まるも再び絶望の淵に追い込まれる。江口洋介さんの『何があっても生きてほしい!』という彼らへのメッセージは心に残りました。

森本さん夫婦に一瞬でも死を思い留まらせるような原因となったのは瀬川くん演じるヒロシ。見かけは茶髪でチャラチャラした兄ちゃんぽいのですが、旅に疲れた夫婦の荷物を進んでもって歩いてあげたりしてとても優しい好青年。そんな彼にも深い悲しみがあって・・・海岸でそれを皆に打ち明けて涙する姿に思わずこちらもウルウルっときてしまいました。今までカラカラ笑ってたのに感極まって泣き崩れたヒロシ君、切な過ぎるっ瀬川君がとても温かいいい演技してました。

ベッキーちゃんの悩み告白は今週かな。先達の原田さんにも何かありそうだし、江口さんが最終的にどんな答えを出すのかも気になります。

う~ん、深くていいドラマだなぁ。4回きりなんて勿体ない!

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ドラマ

[ 2006/11/23 18:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

『ウォーカーズ』 目覚め

今日はリアルタイムで『ウォーカーズ』を見ました。このドラマもあと1回かぁ…。なぜかとてもハマってしまったので、来週が最後だと思うと寂しいです。

今回は”目覚め”。遍路の旅の途中で会社に戻った徳久(江口洋介)寺島(三浦友和)でしたが、自分たちが不在の間に状況が一変してしまい居場所を見失ってしまいます。会社のなかでただがむしゃらに出世を目指して進んでいくのが果たしてよりよい人生なのか?悩んだ末に彼らが出した答えは再びお遍路旅に出ること。
こういう決断のできる人って、いまの現代社会ではいないですよね。やりたくてもできなくて、ただ置いていかれたくなくて必死になって…。立ち止まることが怖い人ってたくさんいると思います。そんななかで、あえて自分を見つめなおす旅を選んだ彼らは勇気があると思うし、幸せなんだと思いました。

いっぽうお遍路チームはそれぞれ自分たちの悩みと戦いながら歩いています。前回、足摺岬から自殺しようとするほど悩んでいた進藤夫婦(森本&鷲尾)はまわりの人たちの温かさに触れて立ち直った様子。
でも、いつも明るく元気だったエリ(ベッキー)は看護士でありながら『死』というものに鈍感になってしまった自分の心の闇を告白し、さらに先達の坂田(原田芳雄)はベトナム戦争での忌まわしい過去を告白。この二人の話はとても重かった…。「命」が軽んじられるようになってしまった現代だからこそ、なんだかとても心に響きました。こうして立ち止まって「命」と向き合うことって今の時代とても必要とされることなんじゃないかな。

それにしても、ヒロシを演じる瀬川亮くん・・・毎回見るごとに可愛く思えて仕方がない(笑)。出番は少ないんだけど、瀬川くんが映るだけでなんだか微笑ましいのです。来週は最終回だし、もう一度見せ場がくるといいなぁ。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : テレビドラマ

[ 2006/11/25 23:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

『ウォーカーズ』 結願

ついに終わってしまいました…『ウォーカーズ』。毎回とても考えさせられたし心が洗われてくようないいドラマでした。

お遍路旅の最終回は”結願(けちがん)”。約40日間歩き続けた末に迷い苦しんでいた人々が自分なりの答えを見つける時です。

最初は「お遍路」に興味を示していなかった徳久(江口洋介)隆彦(三浦友和)の迷いから決断に至るまでのドラマは大変見応えがありました。最初にその答えを見つけたのは隆彦。妻である靖子(風吹じゅん)から「本当はずっと話がしたかった」と打ち明けられて初めて今までの夫婦生活を振り返り後悔します。
「今までの結婚生活は失敗だった。彼女にあんな辛い想いをさせ続けたのか」
と一人夜中に号泣する隆彦にこちらも思わずこみ上げるものが…
でも彼はここで自分自身を素直に見つめなおすことができたわけです。「一緒にもう一度やり直そう」と告白したシーンはとても素敵でした。夫婦がお互いに信頼しあって、同じものを見て同じように感動して・・・そんな些細なことが幸せだと感じられればそれでいいんだろうなぁって思いましたね。

徳久は八十八箇所目にたどり着く寸前に自分なりの答えを出します。恋人の翔子(戸田菜穂)に自分はどう向き合っていけばいいのかずっと悩み続けていた徳久は、隆彦と靖子夫婦や進藤夫婦の関係を見て彼女と生きていく道を心から選択することができました。
「自分は翔子のことを誰よりも大事だと思える人でありたいし、翔子もそう思ってくれればそれが一番幸せだと思う。」
今まで徳久の煮え切らない態度に不安でいっぱいだった翔子にとってこの言葉はとても嬉しかったはず。40日間歩いてきたからこその答えだからその言葉にはとても重みがあるし深いですよね。

エリ(ベッキー)ヒロシ(瀬川亮)の二人はその後大きなドラマもなかったようですが、今まで心の中を打ち明け合ってきた仲間として帰ってからも連絡を取り合うことを確認しあいます。二人とも本名がちゃんとあったんですね。とても微笑ましくて良かったなぁ~。辛い過去を背負っているけれども、きっと二人でならこれからどんなことでも乗り越えていけると思う。そんな彼らを祝福して見守る坂田さん(原田芳雄)がとてもよかったです。

最終地点で徳久は逆さお遍路へ出発する父(市川左團次)母(加藤登紀子)に出会います。交わした言葉は他愛もなかったけれども、親子の絆はとても深くて温かいものでした…。余命わずかの父を見送る徳久の目に涙が浮かんでいたのがとても印象的で、私も知らず知らずに涙がこぼれておりました

それぞれ結願に至った人達を一枚一枚の写真に納めいく坂田。みんな素敵な笑顔で本当に感動的!なかでも瀬川くんの笑顔はめちゃくちゃ可愛かった(笑)このドラマでかなり瀬川君の笑顔に癒されてた私なのでした~

短いドラマでしたが、深くてとても素晴らしい作品でした。しばらく経ってからもう一度最初から見たいドラマですね。
実は生まれた土地が香川の高松である私はなんだかとても懐かしいような感じだったなぁ~。お遍路にも興味が出てきたし、讃岐うどんもおいしそうだったし・・・また四国へ行ってみたいと思いました。

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : テレビドラマ

[ 2006/12/03 17:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

スペシャルドラマ『李香蘭』

先日テレビ東京系列で放送された2夜連続ドラマ『李香蘭』をようやく見終えました。劇団四季のミュージカルや昔放送された沢口靖子主演の「さよなら李香蘭」など、今までも題材として取り上げられているのでけっこうこの時代に関しては興味がありました。テレビ東京系列ということでどんな感じに仕上がるのかなぁ・・・という一抹の不安もありましたが(笑)、全編中国ロケだったようですしかなり内容も重厚な仕上がりでなかなか見応えあるドラマだったと思います。
李香蘭李香蘭
上戸彩 山口淑子(李香蘭) 橋爪功


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
4月にはDVD発売されるようです!

Read More

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : テレビドラマ

[ 2007/02/17 16:24 ] 未分類 | TB(1) | CM(3)

『芋たこなんきん』 健次郎さん倒れる

いつも朝仕事をしながら何となく見ているNHK朝ドラ『芋たこなんきん』ですが、今週はちょっとウルウルしながら見ています。

ドラマも佳境に入り、町子の愛する夫である健次郎さんが脳出血で倒れてしまいました。町子が健次郎さんの手を握りながら
「自分のお父さんには何もできなかった。だから健次郎さんの手は何があっても離さない」
と語りかけていたシーンが泣けましたねぇ・・・。藤山直美さんの心のこもった台詞が特に涙を誘いました(涙)。健次郎さん、早く目覚めてほしいです・・・(なんとなく先の展開は知っているんですがね)。


※このところ更新が滞っててすみません。実は、最近長々熱血執筆(特にハケンの品格が… 笑)してしまったのが災いし首が動かなくなるほどの肩凝りになってしまい(爆)泣く泣く書きこみ控えてました。だいぶ回復したので、身体と相談しながら書くと思うんでよかったらまた遊びにきてください~。
ちなみに本日は『オペラ座の怪人』観劇 + 『ハケンの品格』最終回。楽しみです!!


ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : ドラマ感想

[ 2007/03/14 11:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

『芋たこなんきん』最終回 ほな、また!

ついに本日NHK朝ドラ『芋たこなんきん』が最終回を迎えました。
一度見逃してもさして気にするようなドラマではなかったので(笑)毎日欠かさず見ていたわけではないのですが、ここ1ヶ月ほどはけっこう熱心に見ていました。

町子の良きパートナーだった健次郎さん、ついにお亡くなりになってしまいました。最終回(週)で主役級が亡くなるというのは前回の『純情きらり』に続いて2度目ですよね。昨日の健次郎さんの死のシーンもなんだかとても哀しかったけれども、「芋たこ~」らしく最後はホンワカ面白い雰囲気でまとめていたのが印象的でした。

でも、やっぱり今週はけっこうウルウルすることが多かったなぁ・・・。町子が健次郎の病を告知されて泣きながら原稿を書くシーンや、健次郎が最後に町子と言葉をかわすシーンは特に泣けました。健次郎の
「可哀想に・・・。僕はいつでもあんたの味方やで」
と町子に語りかけた台詞、あれは実際に田辺聖子さんのだんな様が最後にかけられた言葉と同じなんだそうですよ。自分の最期が近づいていることを悟ってもなお相手を思いやる心・・・本当に素敵な方だったんですね。

最終回の今日は町子が健次郎と本当の別れをしなければならない日。お葬式が終わってから健次郎の遺影を前にお酒を飲む町子のシーンは本当に泣けた・・・。
「この先何度生まれ変わっても必ずプロポーズしてくださいね」
って語りかける町子からは健次郎への溢れる愛がひしひしと感じられました。「またね」・・・この言葉で健次郎とひとまずの別れを告げた町子の姿には本当に胸打たれました。さすがは藤山直美さん、素晴らしい名演技でした。

そして2007年!早!!(笑)。飼ってるワンコの名前が「マルグリット」・・・ってどこかで聞いたことあるんですけど!もしやあの作品から取ったんじゃ・・・!?(笑)。
で、ついに最終回に登場しちゃいましたね、田辺先生とその秘書の方。ホンの一瞬でしたけど。でも近所の夫人であんな濃い化粧の人いるか!?(笑) 何はともあれ、最後のシーンはとてもほのぼのしていてとても楽しく良い感じでありました。
ひとりよりふたりひとりよりふたり
FAYRAY H.WEST Dougie Bowne


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
FAYRAYさんの主題歌も日がたつに連れてジンワリ胸にくるような感じで良かったですね。

さて、いよいよ来月からは新朝ドラ「どんと晴れ」です!個人的には内田朝陽くんが楽しみだったりします(笑)。それから昨年はまってた昼ドラ「スイーツドリーム」で親子を演じていた東幹久さんと鈴木宗太郎くんが今回もまんま親子で登場するということで、このコンビを見るのも楽しみです。

そうそう、BS2の朝ドラ再放送枠では4月からついに「さくら」が始まるようですね。もう待ちに待ちましたよ、この時を!これでDVDのキレイ画像に残せます~(笑)。こちらもすごく楽しみ♪

ジャンル : テレビ・ラジオ
テーマ : 芋たこなんきん

[ 2007/03/31 12:35 ] 未分類 | TB(1) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。